後れ毛【出し方・量・長さ・コツ】ヘアアレンジ集

001ushirogedango
後ろ毛の適切な量や長さ、後ろ毛を上手に出すコツなど、後れ毛の出し方や編み込やアップスタイル、ハーフアップ、ヘアターバンを使った後ろ毛アレンジなどを紹介します。

スポンサードリンク

 


もくじ

後れ毛とは?

後れ毛とは、髪の毛を結んだ時に出てしまう短い髪の毛のことを言います。数年前までは後れ毛がある髪型はあまりなく、キチッとした髪の毛にカールがあるような髪型や面を出す感じの髪型が多く、後れ毛はない方がいいと思う人の方が多かったと思います。

ですが、最近では、外国人風ヘアなどが出てきてからは、あえて後れ毛を作り“ゆるふわ”にするのが流行になっています。全体的にキチッとするよりルーズな感じにすることで〝こなれ感〟を出すことが出来ます。

後れ毛がある時とない時、どこの部分にどのくらいの量を出すのかを細かく紹介していきます。

後ろ毛を作るのにおすすめのスタイリング剤

<ワックススプレー>
001ushirogestyle
ハードスプレーと違い軽い仕上がりになります。カールが取れやすい方は、ワックススプレーをかけた後にハードスプレーをするとしっかりキープできます。スプレーのハード数値は5番の中間。中間なので固まりすぎず取れにくいのでオススメです。

5番の数字のスプレー↓
002ushirogestyle

バームワックス
003ushirogestyle
普通のワックスと違い髪に馴染みやすいのでカールさせる前に軽くつけて巻くとキレイにカールがキープできます。巻いた後にハードスプレーでキープするとより持ちがよくなります。

後れ毛がある・ない比較

後れ毛あり・なし「左右比較」

001ushirogehikaku

<後れ毛がある>
メリットは、前から見た時に顔の輪郭が隠れたり小顔効果が出る。髪型に華やかさが出る。
デメリットは、少しルーズさが出るのでキチッとした服の時などには不向き

<後れ毛なし>
メリットは、顔まわりに髪がないので清潔感が出る。
デメリットは、輪郭がはっきりしてしまうので小顔効果もでない。

後れ毛あり・なしをポニーテールで比較

後れ毛なしのポニーテール

トップにボリュームなし、後れ毛のないポニーテール
001ushirogenashi
002ushirogenashi
ボリュームも後れ毛もないポニーテールはキチッとした印象になります。ルーズな感じがないので会社などきちんとした場所でする髪型になります。顔周りがスッキリ見える分、明るい印象、清楚な印象に見えます。

トップにボリュームあり、後れ毛なしポニーテール
003ushirogenashi
004ushirogenashi
ボリュームありで後れ毛がないポニーテールは少しルーズ感が出ますが、顔周りはスッキリしているのでラフさの中に清潔感が出ます。少しオシャレにできる職場などにできる髪型になります。ボリュームを出すだけで頭の形を丸く矯正できるので絶壁の方や髪のボリュームを出したい方にはオススメです。

後れ毛ありポニーテール

後れ毛ありポニーテール
002ushirogeari
003ushirogeari
004ushirogeari
後れ毛ありのポニーテールは、全体にラフな印象を与えるので仕事場が限られてきます。お出かけなどでは全体のラフさでオシャレに見える髪型になるので今流行りを取り入れたい方にはオススメです。顔周りに髪の毛があるので小顔効果も出ます。

後れ毛を引き出す部分(ポイント)

ポイント①前髪横の後れ毛

前髪の横に作る後れ毛です。※コメカミあたりから下ろした後れ毛。
前髪の横に作ることで後れ毛が頬骨あたりにくるので前から見た時に小顔効果が出てきます。
001ushirogepoint

ポイント②耳後ろの後れ毛

耳後ろに後れ毛を作ることで色っぽさや首周りを細く見せます。また、前から見た時も遠近法により小顔効果があります。エラ張りさんは輪郭を強調してしまうことがあるので前髪横の後れ毛と一緒に後れ毛を作るといいでしょう。
002ushirogepoint

ポイント③もみあげの後れ毛

もみあげに後れ毛を作ることで顎ラインに髪の毛がくるので顔の輪郭補正ができます。輪郭補正ができるのでエラ張りさんや丸顔の方にオススメです。面長の方は長さを強調してしまうことがあるので、もみあげのみの後れ毛ではなく前髪横の後れ毛や耳後ろの後れ毛も一緒に作ることをオススメします。
003ushirogepoint

ポイント④襟足の後れ毛

襟足の後れ毛は首周りの太さを細く見せる効果があります。お団子の時や襟足をアップにするときなどにオススメです。襟足の後れ毛を作ることで後ろから見た時の首周りのうなじ、産毛などが隠れるのでその部分を隠したいときなどはオススメです。
004ushirogepoint

後れ毛アレンジ集

後れ毛×アップスタイル×お団子

後れ毛×アップスタイル×お団子

スポンサードリンク

 

<手順>
1.後れ毛のポイントの部分の髪の毛を引き出しておきます。※ポイントは後れ毛を引き出す部分(ポイント)を参考にしてください。
002ushirogedango

003ushirogedango
反対の部分の耳後ろ↓
004ushirogedango
2.後れ毛のポイントの髪の毛を出したら、全体の髪の毛を整えてポニーテールの部分のところで1つに結びます。最後の1回は毛先を通さずにお団子になるように結びます。※1つに結ぶところは自分の好きな高さでOKです。
005ushirogedango
※短い髪が出ない程度のお団子にする↓
006ushirogedango
3.残っているお団子から毛先の部分は2つに分ける。
007ushirogedango
4.2つに分け、毛先の部分をロール編みにする。※キチッとしたロール編みではなくルーズな感じでOKです。
008ushirogedango
ロール編みにする↓
009ushirogedango

5.ロール編みにした髪の毛をゴム周りに巻きつける。※巻きつける時もキツく巻きつけるのではなく、ゴムが隠れる程度に緩くでOKです。
010ushirogedango
巻きつける↓
011ushirogedango

6.巻きつけた毛先の髪の毛はアメリカピンで留めます。
012ushirogedango
ピンで留めた後↓
013ushirogedango

7.全体を引き出しボリューム感を出します。
014ushirogedango
引き出した後↓
015ushirogedango

8.襟足の部分も少し引き出す。
016ushirogedango
横から見た時↓
017ushirogedango
9.お団子にした部分の髪の毛も同じように引き出しボリュームを出します。※ボリュームを出しすぎるとバランスが悪くなってしまうので少しずつ引き出してください。
018ushirogedango
引き出し後↓
019ushirogedango
10.後れ毛を巻き整える。※内巻きにすると浮いた感じになってしまうので外巻きにすると顔や首周りに近い巻きにできます。
11.全体にスプレーをかける。
12.完成。

※前髪などが長い方はサイドに持ってきてバレッタなどで留めてもいいでしょう。
020ushirogedango
021ushirogedango
001ushirogedango
023ushirogedango
024ushirogedango

後れ毛×ハーフアップ

後れ毛×ハーフアップ
00ushirogehup

スポンサードリンク

 

<手順>
1.耳から前と後ろに髪の毛を分ける。
001ushirogehup

2.反対のサイドの部分も同じように耳から前と後ろに分けます。
002ushirogehup

3.後ろの髪の毛を斜め上に分け、逆Vの字になるように分ける。
003ushirogehup

斜め上に分ける↓
004ushirogehup

反対斜め上に分ける↓
005ushirogehup

4.逆Vの字に分けた髪の毛を後ろに向かってキレイに整えたら少し緩いところで1つに結びます。
006ushirogehup

5.ゴムの上の部分に隙間を開けて毛先を上から通します。
007ushirogehup

6.ねじった部分の髪の毛を引き出しボリュームを出します。
008ushirogehup
引き出し後↓
009ushirogehup

7.顔周りの部分の後れ毛を出します。※ハーフアップなので後れ毛は前髪横の髪の毛ともみあげくらいでOKです。
010ushirogehup

8.サイドの髪の毛は上から2つに分けロール編み込みをしていきます。※後れ毛はゴムで軽く結んだりして別になるように分けておきます。
011ushirogehup

9.ロール編みをします。ロール編み込みは、前から編むときに下の髪の毛を分けとりロール編みにするとできます。※最初は普通にロール編みにする。
012ushirogehup

10.下の髪の毛をすくい上からロール編みに合わせる。
013ushirogehup
編み込んでいく↓
014ushirogehup

11.ロール編みをして下から分けとり編み込んでいく。
015ushirogehup
下からすくい編み込んでいく↓
016ushirogehup
12.サイドの髪の毛ですくい取る髪がなくなったら毛先までロール編みにしていく。
017ushirogehup
13.毛先は後ろに向かってロール編みにする。※後ろに向かって編まないともみあげ部分にたるみができてしまうので注意が必要です。
018ushirogehup
ロール編みにする。
019ushirogehup

14.毛先までロール編みにしたら髪を引き出しボリュームを出します。※毛先はゴムで結ぶとしっかり固定できますが、ゴムが見えないようにピンで留める必要があります。
020ushirogehup
15.毛先の部分はトップのゴムの上にロール編みをおき、毛先をピンで留めます。
021ushirogehup
ピンで留める↓
022ushirogehup
留めた後↓
023ushirogehup
横から見たとき↓
024ushirogehup
16.反対のサイドの部分をキレイに整える。
025ushirogehup

17.反対も同じようにもみあげに後れ毛を作る。※こちら側は前髪なのでもみあげ部分のみ後れ毛を出しています。
026ushirogehup

18.上の部分を2つに分け、上の方からロール編み込みをしていく。
027ushirogehup
ロール編みにする↓
028ushirogehup
ロール編みにする↓
029ushirogehup
19.下から編み込む髪をとり、上からロール編み込みを作る。
030ushirogehup
編み込む↓
031ushirogehup
20.下から編み込む髪を分け上から編み込む。サイドの髪の毛がなくなるまで編み込む↓
032ushirogehup

21.編み込む髪がなくなったら、毛先までロール編みにする。
033ushirogehup

22.ロール編みを引き出しボリュームを出す。
034ushirogehup

23.毛先を後ろに持っていき、同じように後ろで毛先をピンで留める。
035ushirogehup
ピンで留める↓
036ushirogehup
留めた後↓
037ushirogehup

24.残っている髪の毛をカールアイロンで巻きます。※内巻き外巻きランダムに巻く。
038ushirogehup
25.全体にスプレーをかける。
26.完成。
039ushirogehup
00ushirogehup
000ushirogehup
042ushirogehup
043ushirogehup

この髪型は、クリスマスデートや結婚式など特別な日にもピッタリな髪型です。飾りをつけてあげても可愛くなります。

後れ毛×編み込み

後れ毛×編み込み
00ushirogeamikomi

スポンサードリンク

 

<手順>
1.前髪から上をジグザグに分けます。
001ushirogeamikomi

ジグザグに分けた後↓
002ushirogeamikomi

2.耳から前と後ろにサイドの髪の毛をジグザグに分ける。※少し耳後ろ気味に分ける。
003ushirogeamikomi
ジグザグに分けた後↓
004ushirogeamikomi

横から見た時↓
005ushirogeamikomi

3.反対のサイドも同じように少し耳後ろ気味に前と後ろにジグザグに分ける。
006ushirogeamikomi

4.後ろの髪をキレイに後ろに向かって整える。
007ushirogeamikomi

5.キレイに整えた髪をV字になるように分ける。
008ushirogeamikomi

6.分けた髪を整えて、 緩い位置で髪を結ぶ。
009ushirogeamikomi
結んだ後↓
010ushirogeamikomi

7.ゴム上の部分に隙間を開け、毛先を上から通します。
011ushirogeamikomi

8.ねじった部分を引き出しボリュームを出します。
012ushirogeamikomi
引き出し後↓
013ushirogeamikomi

9.毛先を左右に引き、ゴムを隠す。
014ushirogeamikomi

10.残っている襟足の髪を片方に寄せて結びます。
015ushirogeamikomi
片方に寄せて結ぶ↓
016ushirogeamikomi
11.ゴムから先の毛先をロール編みにします。
017ushirogeamikomi
毛先までロール編みにする↓
018ushirogeamikomi

12.ロール編みにした髪の毛を引き出しボリュームを出します。
019ushirogeamikomi

13.ロール編みにした髪の毛をゴムの周りに巻きつける。
020ushirogeamikomi

ゴム周りに巻きつける↓
021ushirogeamikomi

14.巻きつけたら毛先をピンで固定します。
022ushirogeamikomi
留めた後↓
023ushirogeamikomi

15.サイドの髪を整え、後れ毛を出す。※後れ毛は前髪横、もみあげ、耳後ろあたりの髪を出します。出す位置は好きなところでOKです。
024ushirogeamikomi
前髪横の後れ毛↓
025ushirogeamikomi
もみあげの後れ毛↓
026ushirogeamikomi
耳後ろの後れ毛↓
027ushirogeamikomi
自分の好きなところの後れ毛を出す↓
028ushirogeamikomi

16.後れ毛を巻き込まないようにしながら上から裏編み込みをします。毛先はゴムで結びます。
029ushirogeamikomi

17.裏編み込みを横に引き出し、ボリュームを出します。
030ushirogeamikomi

18.反対のサイドの髪の毛も同じようにキレイに整え、後れ毛を出します。
031ushirogeamikomi
もみあげの後れ毛を出す↓
032ushirogeamikomi
耳後ろの部分の髪も出す↓
033ushirogeamikomi
19.上から毛先に向かって裏編み込みをします。
034ushirogeamikomi

20.毛先まで編んだらゴムで結ぶ。
035ushirogeamikomi

21.編み込みを横に引き出しボリュームを出します。
036ushirogeamikomi

22.編み込みの毛先を後ろに持っていき毛先を隠してピンで留めます。
037ushirogeamikomi
毛先をピンで留める↓
038ushirogeamikomi
ピンで留める↓
039ushirogeamikomi

23.反対のサイドの編み込みの髪の毛も同じように後ろで留める。※毛先は見えないように内側に隠して留める。
040ushirogeamikomi
留めた後↓
041ushirogeamikomi
24.残っている後れ毛をアイロンで巻きます。
042ushirogeamikomi
巻いているところ↓
043ushirogeamikomi
巻き中↓
044ushirogeamikomi

25.全体にスプレーをします。
26.完成。
045ushirogeamikomi
046ushirogeamikomi
047ushirogeamikomi
048ushirogeamikomi
049ushirogeamikomi
000ushirogeamikomi
051ushirogeamikomi
052ushirogeamikomi
053ushirogeamikomi
054ushirogeamikomi

この髪型で飾りを変えるだけでも結婚式や浴衣、着物など色々な服にも似合う髪型になります。

後れ毛×ヘアターバン

後れ毛×ヘアターバン

<手順>
1.トップの髪の毛を後ろに持っていき、全体をキレイに整え分けます。
001ushirogetaban

2.トップの髪の毛は後ろのところでVの字になるよう分けます。
002ushirogetaban

3.Vの字で分けたらキレイに整え、少し緩いところで1つに結びます。
003ushirogetaban

4.ゴムの上に隙間を開けて毛先を上から2回通します。
004ushirogetaban

5.ねじられた部分を引き出しボリュームを出します。
005ushirogetaban
引き出し後↓
006ushirogetaban

6.毛先を左右に引き、ゴムを隠します。
007ushirogetaban

7.もみあげのところと耳後ろのところの髪の毛を引き出し後れ毛を作ります。
008ushirogetaban

8.耳後ろの後れ毛の下のところから斜め上に向かって髪の毛を分けます。
009ushirogetaban

9.分けた髪の毛を後ろに向かってキレイに整え結びます。
010ushirogetaban

10.後ろの少し緩いところで1つに結びます。
011ushirogetaban

11.ゴムの上に隙間を開けて毛先を上から通します。※髪の毛を分ける時に斜めになるように分ける。
012ushirogetaban

12.ねじっている部分の髪の毛を引き出しボリュームを出す。
013ushirogetaban
引き出し後↓
014ushirogetaban
13.引き出したら毛先を左右に引きゴムを隠します。
015ushirogetaban

14.反対サイドの髪の毛も同じように後れ毛を引き出します。
016ushirogetaban

15.耳後ろの後れ毛の下のところから斜め上に向かって髪の毛を分けます。
017ushirogetaban

16.後ろに向かって整え、少し緩いところで1つで結びます。
018ushirogetaban

17.ゴム上の髪の毛を後ろに向かって斜めに分け毛先を上から通します。
019ushirogetaban

18.ねじった部分を引き出します。
020ushirogetaban

19.残っている髪の毛を後ろでキレイに整えます。
021ushirogetaban

20.襟足の部分の髪の毛を少量引き出し後れ毛を作ります。
022ushirogetaban
襟足の後れ毛↓
023ushirogetaban

21.残っている髪の毛をキレイに整え、1つに結びます。※最後の1回を全部の毛先を通さずにお団子になるようにします。
024ushirogetaban
横から見た時↓
025ushirogetaban

22.お団子の毛先の部分はゴムを隠すようにゴム周りに巻きつけます。
026ushirogetaban

23.ゴムの周りに巻きつける。少しキツく巻きつけると短い毛が出にくくなります。
027ushirogetaban

24.巻きつけた毛先はピンで固定します。
028ushirogetaban
ピンで留める↓
029ushirogetaban
留めた後↓
030ushirogetaban

25.お団子の部分の髪の毛を引き出しボリューム感とルーズ感を出します。
031ushirogetaban
引き出し後↓
032ushirogetaban

26.ヘアターバンを用意します。
033ushirogetaban

27.ヘアターバンから下に後れ毛を出します。※後から出しにくい方は先に後れ毛を下に分けて置いてからターバンをするとやりやすくなります。
034ushirogetaban

28.残っている後れ毛の髪の毛をカールアイロンで軽く巻きます。
035ushirogetaban
29.後れ毛を巻いたら全体にスプレーをする。
30.完成。

※襟足の後れ毛が長い方はもみあげと耳後ろだけなど自分にあった後れ毛を作るとバランスよく髪型を作ることができます。
036ushirogetaban
037ushirogetaban
000ushirogetaban
039ushirogetaban

この髪型は、巻くのが後れ毛だけなので巻くことが苦手な方でもやりやすい髪型になります。ヘアターバンを使うことでオシャレ度が増していきます。

後れ毛を作る際の注意点・コツ

後れ毛が長いときの対処法。ロングヘアの場合のどうする?

耳にかける

後れ毛の長さの理想は顎先あたりから肩くらいがベストです。胸くらいまである場合は少し長すぎます。ストレートだと長さがより出てしまうのでカールにするだけでも長さを短くすることができます。

長すぎると全体のバランスが悪くなるのであまりオススメはしません。顔周りに作った後れ毛が長い場合は、耳にかけ長さを短くします。耳にかけることでカットしなくても後れ毛を作ることができます。

後れ毛が長い方は、耳後ろの髪の毛で後れ毛を作った場合顔周りの後れ毛よりも長くなるので耳後ろの後れ毛は作らず耳にかけるようにするといいでしょう。

長い時↓
001ushirogenagai
耳にかけた時↓
002ushirogenagai
長い後れ毛を前から見たとき↓
003ushirogenagai
後れ毛耳にかけたとき↓
004ushirogenagai

ロングの方でカールにしても長いとき、耳にかけると短くできます。

カールの後れ毛長い時↓
005ushirogenagai
耳にかけた時↓
006ushirogenagai
耳にかけ横から見た時↓
007ushirogenagai
後れ毛が長い時↓
008ushirogenagai

カットする

長すぎて耳にかけても解決しない方、カットしてもいいと思った方にオススメの簡単カット方法。

<使うもの>
・カミソリ
安全ガードが付いているカミソリ。※カミソリは種類があるのでよく見て買いましょう。
001ushirogecat

刃に白いギザギザがついてる部分が安全ガードです↓
002ushirogecat

力を入れてカットするとぶつ切りになってしまうので1度でカットしないで数本ずつカットするようにします。
003ushirogecat

<手順>
1.後れ毛を作る部分の髪の毛を下ろし、その髪を少し濡らします。
2.カールさせる場合後れ毛が巻いた時に短くなるので巻いてちょうどいい長さを決めておきます。ストレートの方はそのままどこでカットするか決めておく。
004ushirogecat

3.髪の毛をねじります。
005ushirogecat

4.カミソリを髪に平行になるようにもち、眉毛をカットする感じに優しく上下させてカットする。
006ushirogecat
5.完成。

出し過ぎ注意?!後れ毛の量はどれくらいがベスト?

後れ毛の量が多い時と少ない時を比較してみましょう。

<後れ毛が少ない>
全体的に軽い印象を持ちます。柔らかい印象もします。

<後れ毛が多い>
顔周りなどが重たい印象になります。
001ushirogeryo

後れ毛が多い。重たい印象になる↓
002ushirogeryo
後れ毛少ない。ふんわりした印象になる↓
003ushirogeryo
後れ毛が少ない方が今風で“ゆるふわ”を作ることができます。

<ポイント>
細さは、太くても1センチ未満がベストです。束を全部持った時に1センチ未満であればOKです。
004ushirogeryo

やつれて見えてる?後れ毛はストレートでもOK?

カールとストレートの比較

<後れ毛がストレート>
長さが肩より下の長さになっていくと疲れた感じややつれた感じに見えてしまいます。
001ushirogekarust

<後れ毛がカール>
ストレートと同じく肩より下の長さでも巻いていることで疲れた感じややつれた感じが出にくく柔らかい印象になります。
002ushirogekarust

左右での比較。バックスタイルはポニーテール

003ushirogekarust

◎アレンジをした後での比較↓
004ushirogekarust
カールが少ない、ストレートの方が間延びした感じに見える↑

☆ストレートの場合の後れ毛は、長さは顎くらいベストでしょう。それより長い方はアイロンでカールさせることをオススメします。ストレートの方がいい方はカットすることをオススメします。

スポンサードリンク

PAGETOP