サロンドスイーツ【東京ソラマチ】口コミ スカイツリーでビュッフェタイム

サロンドスイーツ【東京ソラマチ】口コミ スカイツリーでビュッフェタイム
今回は、東京スカイツリータウン「東京ソラマチ」にある“Salon de Sweets”(サロンドスイーツ)に行ってまいりました!

色とりどりのたくさんのスイーツだけでなく、お食事メニューも楽しめる美味しいビュッフェを楽しんできましたので、レポートいたします!

スポンサードリンク

 


もくじ

東京ソラマチ「サロンドスイーツ」の料金など

東京ソラマチ「サロンドスイーツ」の料金など
“Salon de Sweets”(サロンドスイーツ)は全席ビュッフェ形式のレストラン。名前の通りケーキやタルトなどのスイーツがメインなのですが、パスタ、サラダ、スープなどの食事メニューも種類が多く、甘いものだけを食べ続けなければならない……ということがありません。
その種類はデザート、お料理共に約30種類!もあるそうです。

メニューはスイーツビュッフェだけで単品注文などはありません。

気になるお値段は・・・

<ランチ>
平日 1,890円(税抜)
土日祝日1,990円(税抜)

<ディナー>(17:00以降)
平日・土日祝日共通で2,400円(税抜)
※ドリンクバーを付ける場合は、それぞれ100円アップ。

※2017年10月現在

制限時間が決まっていて、ランチタイムは70分制、ディナータイムは90分制となっています。このあたりでちょっとお食事したら使ってしまいそうな額で、美味しいケーキとお食事のビュッフェがお腹いっぱい食べられるというリーズナブルな値段も人気の秘訣なのかもしれませんね。

東京スカイツリーや東京ソラマチ観光のついでにというよりも、はじめから“Salon de Sweets”(サロンドスイーツ)をお目当てに来るというお客様も多いそうです。

スポンサードリンク

 

東京ソラマチ「Salon de Sweets(サロンドスイーツ)」へのアクセス

東京ソラマチ「Salon de Sweets(サロンドスイーツ)」へのアクセス
“Salon de Sweets”(サロンドスイーツ)があるのは、東京ソラマチ6階 ソラマチダイニングの一角です。
004salondesweets
東京ソラマチは区画によって住所のように番地が降られているのですが、“Salon de Sweets”(サロンドスイーツ)は9番地。スターバックスの隣にあります。

東京ソラマチの最寄り駅は、京成電鉄・地下鉄都営浅草線「押上」駅、東京メトロ半蔵門線・東武伊勢崎線の「押上」駅もしくは、東武伊勢崎線(スカイツリーライン)「とうきょうスカイツリー駅」です。
東京ソラマチはそれぞれの駅と直結しているので、雨に濡れずに行くことができますよ。

東京ソラマチ「サロンドスイーツ」は混雑してる?待ち時間は?

東京ソラマチ「サロンドスイーツ」は混雑してる?待ち時間は?
“Salon de Sweets”(サロンドスイーツ)ですが、平日のディナータイム(17:00~23:00(最終入店21:30)を除いて予約ができません。
となると、気になるのは待ち時間ですね。

お店の方に聞いてみたところ、“Salon de Sweets”(サロンドスイーツ)のランチタイムのビュッフェは入場後70分制なので、随時お客様の入れ替わりがあるため、実際に何時間も待つということはないそうです。(ディナータイムは90分制)

私がサロンドスイーツにうかがったのは土曜日でしたが、お昼のピーク後の14時過ぎに来たので、ラッキーなことに待ち時間は10分程度ですみました。当日雨だったせいもあるかもしれませんが……

どうしても待ちたくない!という方は、ランチやディナーのピークタイム(11:00~13:00/17:30~19:00あたり)を外すか、平日のディナータイムに予約をおすすめします。

スポンサードリンク

 

東京ソラマチ「Salon de Sweets(サロンドスイーツ)に入りました!

東京ソラマチ「Salon de Sweets(サロンドスイーツ)に入りました
さて、待ち時間を経ていよいよ“Salon de Sweets”(サロンドスイーツ)へ入ります!
サロンドスイーツの店内
明るい店内。客層はほぼ女性グループ。カップルと週末だったせいもあって、家族連れもちらほらと見受けられました。自分ももし子供だったら、可愛いインテリアと食べ放題スイーツのここは天国ではないかと思います。
008salondesweets
店内は白がメイン。明るくて可愛いインテリア小物でいっぱいです。特にマカロンを模したこちらの照明がとっても素敵。

スタッフさんの制服も可愛いかったです。自分が学生だったらバイトしてたかも……?
皆さんキビキビ働いてて、食べ終わったお皿もすぐに下げてくれました。

東京ソラマチ「Salon de Sweets(サロンドスイーツ)」メニュー

サロンドスイーツメニュー
それでは、気になるメニューを見ていきましょう。

スポンサードリンク

 

画像は入口にあったサンプルですが、品数の多さがうかがえますね~
サロンドスイーツ ケーキ
まずはこちらのショーケースにはケーキ・タルトがズラリと14種類。これは高まりますね~
全部食べたいですが、そうもいきませんので泣く泣くセレクト。

少なくなっているのが人気ケーキであると思われますが、“Salon de Sweets”(サロンドスイーツ)では、少なくなったケーキは随時補充されていくので、自分の好きなもの優先で取ることにしました。
サロンドスイーツ フレンチトースト
ケーキのショーケースの隣には、30分に1度焼き上げるというフレンチトーストが。
結論から言うと、私はこれが一番お気に入りでした。

パンの焼き加減と柔らかさが絶妙で、焼き立てでも、時間が経って冷めてしまってからも美味しく食べられます。

また、付け合わせのホイップクリームとカスタード(この時はハロウィン仕様でパンプキン入りでした)クリームもトーストとマッチ。

次回はチョコソースとメイプルシロップも試したいです~
012salondesweets
次に、これはアイディア賞!と思ったのが、サラダ部門。
ビュッフェでサラダはありがちですが、手前に良く見ると野菜スティックがありますよね?
013salondesweets
野菜スティックは、各種ディップとバーニャカウダのペーストなどが用意されており、飽きずに野菜をたくさん食べることができます。
「ダイエット中で、友達に誘われたけどスイーツブッフェに行けない!」という方もここなら、野菜スティックを食べるという技が使えますね。

目の前のケーキやスイーツやご飯の誘惑はありますが、たいていのスイーツブッフェはそもそも生野菜という選択肢がないので“Salon de Sweets”(サロンドスイーツ)なら我慢さえすれば一緒に行けるかもしれません。

また、サラダの後ろには香味野菜のアスピック(ゼリー寄せ)や鯖のエスカペッシュなどオードブル的なメニューも用意されていました。
サロンドスイーツ パスタ
さらにさらに、甘くない主食が欲しい方にはこちらのパスタ。パスタの後ろにはミートボールやポテトフライなどの副菜も。

パスタは人気メニューで、すぐに取っておかないとなくなってしまいます。
どうやら6種類ほどをローテーションしている模様なので、次に来る一皿は前のお皿とメニューだったりするのも楽しいです。

この時、好評だったイカと明太子のクリームパスタは何回か出てきました。(写真にはありませんが……)

正直、“Salon de Sweets”(サロンドスイーツ)なのに、パスタが美味しくてつい食べ過ぎました…(笑)パスタでお腹一杯にならないよう調整しましょう!(笑)
サロンドスイーツ スープ
そしてスープやパンも。スープは冷たいものと温かいものと両方が用意されています。
この日のスープは冷製のビシソワーズとコーンポタージュ。
さらにその向こうにはハッシュビーフと白米のジャーが……!
これくらいご飯ものが充実していれば、甘いものが苦手な人に対しても、普通のビュッフェとして誘いやすいですね。
サロンドスイーツ プティフール(小菓子)
プティフール(小菓子)は入り口付近のテーブルに。
こちらはちょっとつまむのに良さそうなミニタルトやパウンドケーキ、プリンやゼリーなどが集められていました。
サロンドスイーツ ドリンクバー
ドリンクバーもあります。
冷たい飲み物は、コカ・コーラ、コカ・コーラゼロ、カルピス、カルピスソーダ、アイスコーヒー、ジンジャーエール、QOO、ファンタ、烏龍茶が用意されています。
サロンドスイーツ ソラマチ 紅茶やハーブティ
紅茶やハーブティも。
サロンドスイーツ ソラマチ コーヒー
もちろんコーヒーメーカーもあります。
コーヒーだけでなくラテやカプチーノも淹れられます。
020salondesweets
これらのドリンクバーは別料金ですが、なんと100円(税別)。
席に着いてからドリンクバーを付けるか聞かれます。

サロンドスイーツで私が食べたデザート・お食事

サロンドスイーツで私が食べたデザート・お食事
それではまず1回目。
1回目ですでにテンションが上がってしまい、想像以上にお皿に取り分けてしまいました。
左にはご飯もの、右側にはスイーツとすでにこれで完成!って感じですが、

☆ご飯もの
・イカと明太子のパスタ
・ミートボール
・鯖のエスカペッシュ
・塩レモンポテトフライ
・香味野菜のアスピック

塩レモンポテトフライがなんだか癖になり何度も食べてしまいました。
これもお腹にたまりますね(笑)
そして、前にも書いたのですが、イカと明太子のパスタがこの日は人気で、出るたびに瞬殺されていました~確かに甘いものとパスタのコラボはやばい。何度でも食べられそう。

☆スイーツ
・いちごタルト
・アップルパイ
・フルーツタルト
・巨峰のムースケーキ
・プレミアムロールいちごのソース
・手絞りレアチーズムース

サロンドスイーツのケーキは全般的に甘さ控えめで美味しいです。この中での私の一押しはアップルパイとフルーツタルト、それから手絞りレアチーズムースです。

アップルパイはリンゴの甘みが程よくパイ皮もしっとりしていて、カスタードクリームとマッチ、フルーツタルトもフルーツとカスタードクリーム、それからタルト生地の程よい堅さがとても食べやすかったです。(書いていてまた食べたくなってきてしまいました)

こちらのスイーツはあらかじめ切り分けてあるのですが、結構大きなカットなので、複数人で連れ立って行ってシェアし合えば、もっとたくさんの種類を食べられそうです。
022salondesweets
パスタが美味しかったので、

次は
・味噌香る豆乳カルボナーラ
・海老とブロッコリーのトマトクリーム

をセレクトしてきました。

もちろんどちらも美味しい!
カルボナーラが味噌+豆乳というのも新鮮です。今度自宅で再現してみたいと思いました。“Salon de Sweets”(サロンドスイーツ)は、スイーツもそうなのですが、ご飯ものやパスタも味付けが優しいのでするすると入ってしまいます。

しかしこのパスタが、私の胃に思いのほか溜まってしまいました。まあ2つでたぶん200gくらい取ってしまいましたからね……
美味しいからって盛り過ぎ注意です!
023salondesweets
スイーツの二皿目はフレンチトーストにチャレンジ。ホイップクリームとかぼちゃのカスタードを添えて。栄養バランスを考えて、バーニャカウダも取ってみました。

フレンチトーストは、少し冷えてもパリパリが維持されてて、湿っぽくなくて美味しい!
甘過ぎず、かすかな塩気がきいてて、ホイップとカスタードがよく合います。
ホイップクリーム
ホイップクリーム取り放題なので、後で追加。
やはりクリームはたっぷりのせた方が美味しいですね。
バーニャカウダのディップも程よい塩気で、パプリカもブロッコリーも美味しく食べられました。
サロンドスイーツ ソラマチ タルト
食べている間にも、絶え間なくタルトが作られて補充されていきます。
途中で目当てのケーキがなくなっても、しばらくすると追加されて出てきますからご安心ください。
ビュッフェの時間が70分というのは、最初は短いと思ったのですが、スイーツもご飯も本当にスピーディに出てきますので、意外にも充分でした。

またお店側でも、ビュッフェ台が混雑しないように、お客様の入店を少しずつずらしているので、取る時に並ぶということもあまりなく、スムーズにスイーツや料理を見て選ぶことができます。

今回は、4皿・14種類でギブアップしてしまいました。さすがに全部(約60種類)制覇は難しかったですね……やはり途中のパスタが重かったようです。それだけ美味しかったということなのですけれども。

なお、ディナーメニューではこれにさらにマカロンと、牛ほほ肉のワイン煮込みが加わるそうなので、行かれる方は万全の態勢で臨むべしです。
026salondesweets
本日はこれでお腹一杯!大満足で終了です!
お店を出てからもまだ少し行列ができていました。これからディナータイムになったらさらに増えるのかもしれませんね。

027salondesweets
東京ソラマチ「“Salon de Sweets”(サロンドスイーツ)」はスイーツが好きな人だけでなく、ご飯ものや副菜も充実しているので、スイーツが苦手な人でも満足できるスイーツブッフェであると思いました。

幅広いメニューがそろっているせいか、スイーツブッフェにしては男性率が高かったですね。デートにも誘いやすいのだと思います。

隣の席のカップルは、女性はスイーツメイン、男性はご飯ものメインで食べていたりと、その人の好みに合わせてセレクトして楽しんでいたようです。

また、お子様の誕生日などにもピッタリの場所ではないかと思いました。こんな可愛い場所で、ケーキやパスタが食べ放題なんて夢のような空間ですよね。

季節ごとにケーキやご飯ものの内容も変わるそうなので、いつ行っても楽しめそうなところも魅力です。

“Salon de Sweets”(サロンドスイーツ)にせっかく行くのであれば、この日だけはダイエットを忘れて、たくさん食べて幸せ気分を味わってみることをおすすめします!

以上、“Salon de Sweets”(サロンドスイーツ)体験レビューでした!ごちそうさまでした!

☆“Salon de Sweets”(サロンドスイーツ)

<東京ソラマチHP>
http://www.tokyo-solamachi.jp/shop/296/

<食べログ>
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13141308/

※上記記事のメニュー・値段等は2017年10月現在のものです。

スポンサードリンク

PAGETOP