面長顔女子がしちゃダメなヘアスタイルと似合う髪型11選


もくじ

スポンサードリンク

面長顔女子のOK・NGヘアスタイル

面長顔女子のスタイルでOK・NGスタイルを説明します。今まで悩んでいたことが解決しますよ。面長顔を錯覚で小顔にみせよう!
ポイントを覚えるだけでどんなスタイルでも自分に似合うスタイルができちゃいます。

面長型の特徴

顔、頭を含め細長くなっている形です。一見卵型(理想的な形)と似ているので間違えやすいですが、卵型は縦と横が同じくらいの幅の形です。面長の特徴としては顔の横幅に比べ縦の長さが長く長丸に見えてしまう。顔のパーツ的にも目と目の間の距離が近く見え、目から口までの距離が長く縦長に見えるなど…

メリット

顔幅が狭いので顔が小さく見える。キュート系よりキレイ系・クール系の顔立ちに見える。大人っぽく見られる大人しい印象。など…

デメリット

横幅より縦幅の方が大きく見える。間延びした感じの印象。人によってはアゴが長い・目から口までの距離が長く馬っぽい顔立ちになっている。など…

面長顔女さんNG前髪

センターパート

真ん中で前髪を分けているスタイル。センターで分けることにより縦長を強調してしまうのでNG。
1-2sa323

ショートバング

眉毛より上の長さで切られている前髪。おでこを隠すスタイルは良いのですが、眉毛の上では目から口までの距離が長い方はより長さを強調してしまうのでNGになります。
1-11sa323

面長顔女子のNGシルエット

前髪流しロングスタイル

ロングで前髪を流すのは良いですが、サイドの部分の髪の毛が巻かれていないのでボリュームがなくスッキリしたシルエットになると縦長の印象になり面長が強調されてしまいます。
1-6sa323

前髪ロングお団子スタイル

前髪を長い状態でセンターなどで分けている時にお団子にアップしてしまうと顔が長く見られてしまいます。お団子で頭の高さを出しているので縦長の形がしっかり見えより頭が長く見られるのでNG。
1-9sa323

面長顔女子のOK前髪

目の上ギリギリバング

目の上ギリギリでカットされている前髪だとおでこが隠れ縦の長さを隠すことができます。顔の面積が丸く見え小顔にも見えます。
1-3sa323

8:2バング

前髪を8:2で分けおでこを半分以上隠した前髪。分かれていてもおでこを隠すことで縦の長さを軽減させることができます。
1-4sa323

面長顔女子のOKシルエット

お団子ヘア

前髪が目の上ギリギリにカットされていておでこが隠れ顔の輪郭が丸い印象であればOK。縦に長さがあっても目の錯覚で面長の印象はなくなります。
1-10sa323

ショートボブ

前髪を頬の長さで流していて縦長の顔がそのまま出ていても、目・耳横の髪の毛が横にボリュームのあるシルエットであれば頭全体がひし形になりキレイなシルエットとんり面長型は解消されます。
1-1sa323

Aラインシルエット

前髪がセンターで分かれていても耳横からアゴにかけてボリュームが出ていれば目の錯覚で全体が丸い頭の形になり綺麗なひし形シルエットになります。
1-5sa323

ストレートヘア

サイドの毛がボリュームなくても目にかかるか、かからないか長さがあればサイドのボリュームがなくても顔の輪郭を丸にすることができるのでOKです。
1-7sa323

面長顔女子のヘアカラー

面長さんは横のボリューム・前髪が大事になります。髪の毛が肌の色より明るい色、特に金髪などはボリュームを出しても輪郭がしっかり出てしまうので面長が隠すことができません。顔の色と髪の色でコントラストを出すことで面長を隠すことができます。

面長型顔女子 ボブのアイロン・ヘアアレンジ3スタイル

面長さんのボブスタイルで悩んでいたらこのスタイルがオススメです。面長から卵型に見せて理想のシルエットに。ふんわりアイロンで面長から卒業。
<使う物>
鏡、ワックス、コーム、ゴム、ハードスプレー、ダックカール、カチューシャ、ワッフルアイロン、カールアイロン32mmor25mm

カールアイロンボブスタイル

カールアイロンボブスタイル<


 
スポンサードリンク

 



<手順>
1.髪の毛を耳から前と後ろに分けます。
2.耳前の毛を顔の方が多くなる様に斜めに髪の毛を分けます。※幅は2㎝くらいです。
8-2sa323

3.斜めに分けた分け目と平行になる様にアイロンを持ち、毛先をカールアイロンで巻きます。※アイロンは内巻きになる様にして巻きます。
8-3sa323
巻いた後↓
8-4sa323
4.更に2㎝上に髪の毛を分けます。分け目は斜めにします。
8-5sa323
巻いた後↓
8-6sa323
5.トップの残っている毛も同じく内巻きに巻きます。※アイロンは下と同じく斜めにアイロンを入れて巻く。
8-7sa323
巻き後↓
8-8sa323
片方巻き後↓
8-9sa323
6.反対も耳前・後ろに分けます↓
8-10sa323
7.顔側に斜めに髪を分け、アイロンを分けと平行に入れて内巻きにします。斜めの分け目と平行にアイロンを持ち巻く↓
8-11sa323
巻き中↓
8-12sa323
巻き後↓
8-13sa323
8.トップも同じく内巻きに巻きます↓
8-14sa323
9.後ろは耳の高さから横に分けトップの部分は留めておきます。残っている襟足の毛をセンターで分け右・左に分けます。
8-15sa323
10.襟足の毛も同じく内巻きになる様にアイロンで巻きます。
8-16sa323
巻き後↓
8-17sa323
11.右も同じく内巻きにします。
8-18sa323
12.トップの毛を分け、上に留めます。残っている中間の毛を(2㎝くらいの幅)センターで分け、右左にします。
8-19sa323
13.中間の毛を頭皮に対して少し斜めにアイロンを入れて内巻きにします↓
8-20sa323
14.反対も同じく斜めにアイロンを入れます↓
8-21sa323
巻き後↓
8-22sa323
15.残っているトップの毛は後ろで1つに持ち、1回で髪の毛を内巻きにします。※中間から毛先のみで根元は巻きません。
8-23sa323
巻き後↓
8-24sa323
16.このままではカールがまとまっているのでワックスを手に取り、髪の毛全体を揉むようにしてワックスを馴染ませます。
8-25sa323
17.全体的にふんわりAラインぽくなればOKです。
8-26sa323
後ろビュー↓
8-27sa323
18.スプレーを軽くかけたら完成です。
8-26-1sa323
耳の横からボリュームが出るので全体的に丸い印象になるので面長の形がなくなります。前髪で縦の長さをなくすことで小顔効果もありカワイイ印象になります。

ワッフル巻きボブスタイル

11-13sa323


 
スポンサードリンク

 


<手順>
1.髪の毛を下ろした状態で顔の生え際から2㎝の幅で髪の毛を分けます。
11-1sa323
2.髪の毛を中間から毛先にかけてワッフルアイロンで巻きます。※根元の部分は巻かなくてOKです。耳の横あたりから毛先にかけてアイロンで巻けていればOKです。
11-2sa323
巻いた後↓
11-3sa323
3.巻いた隣の毛を同じく2㎝の幅で髪の毛を取りワッフルアイロンで同じく巻きます。
11-4sa323
巻き中↓
11-5sa323
巻き後↓
11-6sa323
4.同じ要領で反対のサイドもワッフルアイロンで巻いていきます。
11-7sa323
巻き後↓
11-8sa323
5.後ろの毛も少し難しいですが、同じ要領で全体を巻きていきます。
11-9sa323
6.全体が巻けたらトップの毛を適当につまむようにして髪を取ります。※1㎝ずつ毛を3本ほど取ります。右3つ左3つくらい。
11-10sa323
7.取った毛を根元近くでワッフルアイロンで巻きます。※毛先は1つにまとめてアイロンで後を付けます。
11-11sa323
8.左右、計6本の毛を巻いたらアイロンは終了です。
9.全体を巻いたらワックスで全体を整えます。
11-12sa323
10.完成です。
11-13sa323
11-14sa323
11-15sa323
このスタイルはトップにボリュームがなく、耳辺りから横にボリュームの出るスタイルなので面長さんのような縦長の顔をボリュームで横に大きくすることで全体が丸い印象になり面長の形を隠すことができます。全体的にはAラインシルエットになります。

ワッフルボブスタイルアレンジ編

12-9sa323
12-10sa323

<手順>
1.髪の毛を耳から前と後ろに分けます。(左右)前の部分は仮留めしておく。
2.耳から後ろの部分の髪の毛にワックスを付け、手クシで髪をとかします
3.後ろ毛をゴムで1つに結びます。
12-1sa323
4.耳前の髪の毛をとり、モミアゲの部分少量下ろしおくれ毛を作ります。写真のように↓
12-2sa323
5.髪の毛にワックスを付け、手クシでサイドの毛をとかし毛先をねじりながら後ろのゴムの部分に髪を持っていきます。
6.ゴムの上辺りでアメリカピンで毛先を固定します。※アメリカピンは表面に出ない様にしっかり内側に入れ込みます。
12-3sa323
7.反対側のサイドの毛も同様にモミアゲの毛をおろして、毛先はねじり後ろで髪の毛を留めます。
12-4sa323
留めた後↓
12-5sa323
8.全体の毛を軽く引き出しルーズ感を出します。※トップにボリュームは出さなくてOK。後頭部の辺りにボリュームが出る様にすると良いでしょう。
9.モミアゲの毛をアイロンで巻いたりして整えます。※ストレートでも良いですが軽く巻いておくと軽い雰囲気になります。
10.全体がOKであればスプレーをかけて完成になります。飾りを付けるのであればカチューシャなどが良いでしょう。
12-6sa323
12-7sa323
12-8sa323
12-10sa323
12-9sa323
このスタイルはサイドのおくれ毛があることによりアップスタイルでも面長型を隠すことができます。前髪は下ろしているので顔の面積も小さく見え、小顔に見えます。

面長顔女子さん ロングヘアアレンジ2スタイル

ロングヘアの面長型女子さんにオススメのカールアイロンの巻きテク&アレンジスタイルを紹介します。アイロンで巻いた下ろしたスタイルでも小顔に見せることができます。アレンジでもカワイイスタイルを作り面長型から卒業です。

<使う物>
鏡、ワックス、コーム、ゴム、ハードスプレー、ダックカール、バレッタ、カールアイロン32mmor25mm

カールアイロンロングヘアスタイル

7-17sa323

<手順>
1.耳から前と後ろに髪の毛を分けます。↓
7-1sa323
2.耳前の毛を上下半分になるように分けます。分けたら上の部分の毛は留めておきます。
7-2sa323
3.下の部分の毛を半分に分け前と後ろに分けます。
7-3sa323
4.前の髪の毛を取り、カールアイロンを当てます。カールアイロンは髪の毛の表面に持ってきて内巻きに巻きます。※首側(髪の裏側)からアイロンを入れると膨らんだ巻き方になってしまいます
7-4sa323

巻き後↓
7-5sa323
5.後ろの毛も同じように表面からアイロンをあて内巻きに巻きます。
7-6sa323
6.反対側のサイドも同じように髪の毛を上下、前後に髪を分け髪の毛を内巻きに巻きます。
7-7sa323
上からアイロンをあて内巻きに巻き中↓
7-8sa323
後ろを巻き中↓
7-9sa323
巻き後↓
7-10sa323
7.後ろの残っている毛は、耳の高さから横に髪の毛を分けます。
8.トップの毛は留めておきます。
9.襟足の毛を横2㎝の幅で取り分けます。2㎝の幅の毛をサイドと同じように表面にアイロンを当てて内巻きに巻きます。
7-11sa323
10.同じようにさらに2㎝幅の毛を取り内巻きに巻きます。
7-12sa323
11.後ろの毛をセンターを中心に左右前側に内巻きになる様にして巻きます。※写真の矢印の方向に巻くようにする。
7-13sa323
12.残っているトップの毛を下ろします。
13.トップの毛は床と平行にアイロンを持ち内巻きに巻きます。※この時アイロンは髪の裏側にアイロンを当てて内巻きに巻きます。
7-14sa323
巻き中↓
7-15sa323
14.サイドの毛も同じく床と平行にアイロンを持ち内巻きに巻きます。
7-16sa323
巻いた後↓
7-17sa323
15.全体をワックスで馴染ませながらカールを整えたらスプレーをかけて完成になります。
☆グラマラススタイル~前髪を8:2で分け外巻きに流す。女性らしさとクールがミックスしているスタイルになります。
7-18sa323
☆オーソドックスヘア~8:2で前髪を分けアゴの下まで長い前髪。女性らしさとキュートがミックスしたスタイルになります。
バックからの見た時、襟足の部分を表面からアイロンを当てることとトップを膨らまして巻いたことにより全体がくびれた印象になり頭の大きさを小さく見せることができます。
7-19sa323
7-21sa323
7-20sa323
耳横にボリュームが出るスタイルなので縦の長さを軽減させることができます。逆に丸顔の方やエラ張りの方がこのスタイルをするとより丸顔やエラ張りを強調するスタイルになってしまうのでNGです。
 

ロングヘア編み込みアレンジ

4-17sa323
4-15-1sa323

<手順>
1.髪の毛を後ろの所でジグザグに分けます。量は3分の1と3分の2の量になるように少し量を変えて分けます。
4-1sa323
2.少ない方の髪にワックスを付け、顔周りの方から表編み込みをします。※編み目は少し緩くなる様に編みます。
4-2sa323
3.反対の多い髪の毛の方もワックスを付け、緩めの編み込みを作ります。※編み込みは少ない方のけに向かって編み込みます。
4-3sa323

編み込み後上から見た時↓
4-4sa323

サイドから見た時↓
4-5sa323
4.後ろの毛束を毛先が内側に隠れるようにしながら折りこみ髪の毛を留めます。
4-6sa323
5.毛先をアメリカピンで留めます。※アメリカピンは表面に出ない様にする。
4-7sa323
留めた後↓
4-8sa323
6.前の部分の毛も内側に入れ留めます。※前の部分は後ろの毛の方に持っていき留めます。
4-9sa323
4-10sa323
留めた後↓
4-11sa323
サイドビュー↓
4-12sa323
斜めバックビュー↓
4-13sa323
バックビュー↓
4-14sa323

7.全体にスプレーをかけたら完成になります。
8.飾りを付けるのであればジグザグに分けてある部分にバレッタなどを付けると良いでしょう。
4-15
4-16sa323
4-15-1sa323
4-17sa323
このスタイルは前から見た時にアシンメトリーになるので輪郭を錯覚させることができます。前髪で小顔に見せることもできるので前髪は下ろすと良いでしょう。後ろはスッキリクラシカルな印象になるので結婚式などでもアレンジ可能になります。面長さんの場合はトップにボリュームを出すことは禁止です。

面長型顔女子 ストレートヘアの方にオススメ3スタイル

長さ別で教える3スタイル。アレンジが苦手な方でも簡単に出来るスタイルになります。ストレートでも少しのアレンジでフワフワスタイルになれるんですよ。アイロンは軽く巻ければOK。三つ編み、ロール編み適当でもOK。ふわふわになるにはしっかりより適当がちょうどいい。

<使う物>
鏡、ワックス、コーム、ゴム、ハードスプレー、ダックカール、バレッタ、カチューシャ、カールアイロン32mmor25mm

ストレートヘア ボブ三つ編み崩しアレンジ

9-9sa323
9-8sa323

<手順>
1.髪の毛をまとめる方を決めます。
2.まとめる方の髪の毛を、分け目から適当に髪の毛を取り分けます。
3.取った毛にワックスを付け、三つ編みに編みます。
9-1sa323
4.三つ編みの毛先を2本と1本に持ちます。
9-2sa323
5.1本に持っている方はそのまま軸にして持ったままにしておき、2本に持った方の毛を根元近くの方に押し上げます。
9-3sa323
6.耳上辺りまで押し上げたら毛先はゴムで結びます。
7.上で結んだ下の部分の髪の毛を取り、ワックスを付けたら同じく三つ編みに編みます。
8.同じ要領で三つ編みの編み目を上に押し上げたら毛先をゴムで結びます。
9-4sa323
9.同じ要領で3つ同じような束を作ります。※同じような束は1個目に作った束の近くに作って下さい。結び目のゴムも同じくらいの位置で結びます。
9-5sa323
10.サイドの残っている毛を1つにまとめます。
11.まとめたらゴムの上にバレッタがくるようにして髪の毛を挟みます。
9-6sa323

バレッタで留めた後↓
9-7sa323
12.他の部分の髪の毛をカールアイロンで巻きます。巻き方は内巻き外巻き適当。毛先が軽くカールしていればOK。
13.ワックスで巻いたカールを散らし整えます。
14.全体がOKであればスプレーをかけたら完成になります。
9-8sa323
9-9sa323
このスタイルも耳横あたりでボリュームが出るので頭の大きさを横に大きくできるので面長の印象がなくなります。又、アシンメトリーになるので輪郭を錯覚させることができるので面長の方にオススメのスタイルになります。

ストレートへア お団子風カールスタイル

2-29sa323
2-27sa323
2-31sa323

<手順>
1.髪の毛を後ろのセンターラインで左右に分けます。
2-1sa323
2.後ろの髪を分けたまま、サイドの髪の毛を耳から前と後ろに分けます。
2-2sa323
3.後ろ側の髪の毛をゴムで1つに結びます。写真↓のように
2-3sa323
4.耳前の髪の毛も同じように1つに結びます。※耳前の髪の毛は後ろの結んだゴムの隣くらいの位置に結ぶ。
2-4sa323
5.反対側のサイドの毛も同じように耳から前と後ろに分けます。
6.後ろの毛を1つに結びます。
2-5sa323
7.耳から前の部分の毛は後ろと同じくらいのお位置で結ぶ。
2-6sa323
8.全部で4つの束に結ばれていればOKです。写真のように左右で同じくらいの位置であればOKです↓
2-7sa323
9.ゴムで結んだ上の辺りの髪の毛を引き出しルーズ感を出します。※引き出す部分は後頭部メインで、トップの部分の髪の毛はあまり引き出しすぎない様にして下さい。
2-8sa323

引き出した後↓
2-9sa323
10.後ろの毛(左側)にワックスを軽く付け、毛先までロール編みにします。毛先はゴムで結んでも結ばなくてもOKです。髪が多い方、サラサラな方、短い毛が多い方は結ぶ方が良いでしょう。
2-10sa323
11.ロール編みをゴムに巻き付けるようにしながらお団子を作る様に丸めます。※毛先は内側に入れ込みます。
2-11sa323
12.アメリカピンを挿し、お団子状にした部分を固定します。※アメリカピンは表面に見えない様に内側にしっかり入れ込みます。
2-12sa323
固定後↓
2-13sa323
13.右側の後ろの髪の毛も同じくロール編みにします。
2-14sa323
14.ゴムに巻き付けながらお団子を作りアメリカピンで固定します。↓
2-15sa323
固定後、後ろから見た時↓
2-16sa323
15.サイド側毛先も同じように毛先までロール編みにします。
2-17sa323
16.後ろと同じようにゴムの周りに丸めるようにします。※この時、後ろのお団子と隣り合わせになる様にくっつけて丸めます。
2-18sa323
17.毛先をアメリカピンで固定します↓
2-19sa323
18.反対のサイドの毛もロール編みにします。
2-20sa323
19.先程と同様に隣り合わせでお団子を作ります。
2-21sa323
20.ロール編みの部分の毛を少しずつ引き出しルーズ感・ボリュームを出します。
2-22sa323
ボリューム感を出した後↓
2-23sa323
横から見た時↓
2-28sa323
21.全体のボリューム感がOKであれば全体にハードスプレーをかけて完成になります。
2-24sa323
2-25sa323
22.飾りを付けるのであればカチューシャなどが良いでしょう。
2-27sa323
2-29sa323
2-31sa323
2-31sa323
このスタイルの場合、前髪で顔の面積を小さく見せ、サイドの髪が耳横から横にボリュームが少し出るので面長型を軽減させます。トップにボリュームを出してしまうと縦長の印象が強くなるので高さは出さないようにするといいでしょう。
2-26sa323

ストレートヘア フィッシュボーンアレンジ

5-25sa323
5-24sa323
5-27sa323

<手順>
1.後ろの部分でセンターに髪の毛を分け、左右に分けます。
5-2sa323

2.サイドは耳から前と後ろに分けます。
5-1sa323

3.反対のサイドも同じく耳前と後ろに分ける。計4つの束にする。
5-3sa323

4.サイドの毛を上から2㎝の幅で横に分け、ゴムで1つに結びます。
5-4sa323

5.結んだ毛のゴムの上の所に上から毛先を通し髪をねじります。
5-5sa323

6.毛先を左右に引っ張りゴムを引き上げます。
5-6sa323

7.1つに結んだ所の下に2㎝の幅を作り同じく1つに結びます。
5-7sa323
8.上と同じく毛先を入れねじる↓
5-8sa323
9.残っている毛を結び、毛先を入れねじります。
5-9sa323
10.後ろの毛もサイドと同じ要領で結びます。
5-10sa323
ゴムで結び毛をねじった後↓
5-11sa323
11.襟足の毛がなくなるまで同じ工程で結びます。
5-12sa323
結んだ後↓
5-13sa323
12.反対のサイドも同じように結ぶ↓
5-14sa323
5-15sa323
全体を結んだ後↓
5-17sa323
5-16sa323
13.耳前と後ろの毛を取り、1つの束としてフィッシュボーンに編みます。毛先はゴムで結びます。
5-18sa323
フィッシュボーンにした後↓
5-19sa323
14.反対のサイドも同じくフィッシュボーンにします。
5-20sa323
編んだ後↓
5-21sa323
15.ねじった部分を全体的にボリュームを出します。
5-22sa323
ボリュームを出した後↓
5-23sa323
反対側のボリュームを出した後↓
5-24sa323
16.トップには高さを出さない様に全体にボリュームを出したら完成です。※フィッシュボーンの部分もボリュームを出しカジュアルさを出してもOkです。
5-25sa323
5-26sa323
5-27sa323
5-24sa323
5-29sa323
このスタイルはタイトながらも全体的にふんわりしたスタイルなのでストレートヘアの方でもアイロンを使わずに出来るのでオススメのスタイルになります。

面長型顔女子さん パーマヘアで困ったらこのスタイル

紹介するスタイルはパーマを活かし作ることができるスタイルになります。残っているパーマを軽く復活させるだけでも出来ちゃうのでパーマに飽きた時、パーマの残りが少ない時に役立つスタイルです。

<使う物>
鏡、ワックス、ムース、ゴム、アメリカピン、コーム、ハードスプレー、ダックカール、バレッタ
※使ってもOK。カールアイロン32mmor25mm

パーマヘア ボブヘアサイド流しスタイル

10-11sa323
10-13sa323
10-12sa323

<手順>
1.左右どちらでもOKですが、髪の毛を下ろす方を決めます。今回は左に流します。
2.右側の髪の毛を耳前と後ろに髪の毛を分けます。
10-1sa323
3.耳前の髪の毛にワックスを付け、髪の毛を毛先までねじり後ろに毛先を持っていきます。毛先は後頭部の部分でアメリカピンで留めます。
10-2sa323

アメリカピンで留めた後↓※アメリカピンは表面に出ない様に内側にしっかり入れ込みます。1本で止まらない場合はアメリカピンを2本くらい使い留めます。
10-3sa323
後ろから見た時↓
10-4sa323
4.右側のねじって留めた下の部分の襟足の毛をねじり左側に毛先が流れるようにして毛を持っていきます。※ねじる前にしっかりワックスをつけ髪の毛がまとまる様にしておきます。襟足の毛はアメリカピンで固定します。
10-5sa323
5.流す側の左側の毛も耳前と後ろに髪の毛を分けます。
10-6sa323
6.耳前の毛は右側と同じく髪にワックスをつけ、毛先を後ろに持っていきながらねじります。ねじった毛先はアメリカピンで留めます。
10-7sa323
アメリカピンで留めます↓
10-8sa323

7.上のねじった中間部分にバレッタや飾りピンなどを付けます。※飾りを付けることで毛先がキレイに収めることができるのとアメリカピンなどが見えていたら隠すことができます。
10-9sa323
8.残っている毛を整えます。パーマの方はワックスやムースで髪を整えます。そのまま軽くカールアイロンでラフに巻いてもカワイイです。
10-10sa323
9.全体がOKであれば完成になります。
10-12sa323
10-13sa323
10-11sa323
このスタイルは片方のサイドにボリュームが出るのでアシンメトリースタイルができ面長の顔の形が強調されにくくなります。トップにボリュームを出すと縦長になってしまうので面長が強調されてしまいます。トップのボリュームは出さずに前髪を下ろすことで小顔に見せられれば面長は解消されます。

パーマヘア 襟足残しスタイル

3-22sa323
3-23sa323
3-24sa323

<手順>
1.髪の毛を耳から前と後ろに分けます。
3-1sa323
2.反対側のサイドも同じように耳から前と後ろに髪を分けます。
3-2sa323
3.耳前の毛にワックスをつけ、裏編み込みにします。毛先はゴムで結びます。
3-3sa323
4.左右のサイドの毛を裏編み込みに結ぶ。
3-4sa323
5.後ろの毛を耳の高さから横に髪の毛を分け、上下に分けます。
3-5sa323
6.上の部分の髪の毛を左右どちらかに寄せて結びます。今回は右に寄せます。
3-6sa323
横から見た時↓
3-7sa323

7.寄せて結んだ方の耳後ろの毛を少し取り分けます。
3-8sa323
8.耳後ろとは別の残っている毛を上と同じくらいの位置で1つに結びます。
3-9sa323
横から見た時↓
3-10sa323

9.右側の三つ編み部分の毛先を上のゴムの部分に巻き付け毛先を飴rかピンで留めます
3-11sa323

10.左側の三つ編み部分も後ろに持っていき毛先をアメリカピンで留めます。※毛先が長い方はゴムに巻き付けるようにする。
3-12sa323
11.上の部分の毛先をロール編みにする。※短い毛が多くロール編みにするのが難しい方は三つ編みでもOKです。
3-13sa323

12.ロール編みにした毛をゴムの周りに巻き付けお団子にします。毛先はアメリカピンで固定する。
3-14sa323

13.下の毛も同じくロール編みにします。
3-15sa323
固定後↓
3-16sa323

横から見た時↓
3-17sa323

14.ロール編みを少し引き出しボリューム・ルーズ感を出す。
3-18sa323
ルーズ感出した後↓
3-19sa323
後ろから見た時↓
3-20sa323

15.耳後ろの毛にムースを付けパーマを復活させます。カールが足りない方は軽くカールアイロンで巻き整えます。
3-21sa323
16.全体にスプレーをかけたら完成になります。
3-22sa323
3-23sa323
3-24sa323
このスタイルは襟足の毛を少量前に流れるような感じにすることでアシンメトリーさを出し面長の形を軽減させます。サイドの編み込みを引き出しボリュームを出すとより横にボリュームが出るので丸顔に見せることができるのでアップスタイルにしたい面長さんにはオススメのスタイルになります。

パーマヘア ロールお団子アップ

6-16sa323
6-22sa323
6-21sa323

<手順>
1.耳から前と後ろに分けます。※左右同じく耳前と後ろに分ける。
6-1sa323

2.耳前の毛にワックスを付けてトップの分け目の部分からロール編み込みをします。ロール編みの毛先はゴムで結びます。
6-2sa323

3.逆サイドの毛も同じくロール編み込みにする↓
6-3sa323

4.残っている後ろの髪の毛を全体的にワックスを付けて1つにまとめます。
5.1つにまとめたら襟足の部分でゴムで結びます。※ゴムで結ぶ位置は、襟足から5㎝くらい下の所で結びます
6-4sa323

6.両サイドのロール編みにした毛を後ろの方に持っていき交差するようにします。
6-5sa323

7.毛先をアメリカピンで固定します。
6-6sa323

8.左右のロール編みを固定する↓
6-7sa323

固定し留めた後↓
6-8sa323

9.後ろの1つにまとめた毛の毛先を内側に入れ込みながらロール編みの方に持っていきます。※大きなお団子を作るような感じにします
6-9sa323
丸めた後↓
6-10sa323
10.毛先をアメリカピンで留めます。※アメリカピンは内側に入れ込み表面に出ないようにする。
6-11sa323

固定後↓
6-12sa323
11.後頭部の部分の毛を引き出しルーズ感、ボリュームを出します。※トップの部分は高さが出る様に引き出さなくていいです。
6-13sa323

ボリュームを出した後↓
6-14sa323
6-15sa323
12.全体にスプレーをかけて完成になります。
6-19sa323
6-17sa323
6-18sa323
13.飾りを付ける方は、お団子の上の部分に挟み留めます
6-20sa323
留めた後↓
6-21sa323
6-16sa323
6-22sa323
このスタイルは前髪で縦の長さを軽減させロール編みの部分で頭周りを丸くさせることで全体に丸い印象を与え面長を丸顔に錯覚させることができます

スポンサードリンク

PAGETOP