ちふれ 美白化粧水・美容液・乳液・クリーム【効果・口コミ】

ちふれ 美白化粧水・美容液・乳液・クリーム【効果・口コミ】

ちふれの美白ラインを体験した方の口コミや、私が実際にちふれの美白化粧水・美白美容液・美白乳液・美白クリームを使ってみて感じた効果、感想・評価を記載しています。、

スポンサードリンク

 


もくじ

 

ちふれの美白ラインは2種類

ちふれの美白ラインは、メラニンの生成をおさえシミ、ソバカスを防ぐ薬用美白シリーズです。赤いボトルと青いボトルの2種類があり、シリーズごとに色分けされています。

商品によってはボトルが全て同じで、文字だけで差別化されているものもあるので、こうやって色分けされているととってもわかりやすくていいですね。

そして、美白シリーズだけど赤ボトルと青いボトルのグループに入れられていない美白クリーム ARというものもありますので、こちらは後ほど説明したいと思います。

まずは、ボトルごとに効果が違うようなのでご説明します。

美白 Wシリーズ(赤いボトル)

ちふれ美白Wシリーズ(赤いボトル)は、「アルブチン」と「安定型ビタミンC誘導体」の2つの美白成分の働きで、メラニンの生成をおさえて、シミ・ソバカスを防ぐ薬用美白化粧品です。

美白成分:アルブチン・安定型ビタミンC誘導体
保湿成分:ヒアルロン酸・トレハロース

このWシリーズは、
●美白化粧水 W しっとりタイプ
●美白化粧水 W
●美白乳液 W
●美白美容液 W

の全4種類が販売されております。

アルブチンとは

アルブチンは、コケモモや梨などに含まれている成分で、シミ・ソバカスを防ぐ効果があります。資生堂が開発した厚生労働省認可の医薬部外品有効成分だそうです。

<参考>資生堂シミ予防研究所「アルブチン」

安定型ビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体のうちの一つで、ビタミンCとブドウ糖を結合した成分です。もともとは、資生堂が開発した厚生労働省認可の医薬部外品有効成分だそうです。

<参考>「安定型ビタミンC誘導体」

美白 VCシリーズ(青いボトル)

美白 VCシリーズ(青いボトル)は、美白成分安定型ビタミンC誘導体の働きによって、メラニンの生成をおさえ、シミ、ソバカスを防ぐ薬用美白化粧品です。

美白Wシリーズと違ってアルブチンは配合されていませんが、保湿成分である油溶性甘草エキスが配合されています。

美白成分:安定型ビタミンC誘導体
肌荒れ防止成分:グリチルリチン酸2K
保湿成分:ヒアルロン酸・トレハロース・油溶性甘草エキス

このWシリーズは、
●美白化粧水 VC
●美白乳液 VC
●美白美容液 VC

の全3種類が販売されております。

ちふれ美白化粧品の口コミ

美白ラインシリーズを実際に使用した方はどのような評価をしているのか調べてみました。良い口コミと悪い口コミ両方ともご紹介しますので、比較してみましょう。

美白Wシリーズの口コミ

美白Wシリーズの良い口コミ

・肝斑とかぶれ跡がかなり薄くなり、ここまで効果を感じたのは初めて。
・プチプラにありがちなベタつき感が少なく、惜しみなく使える。
・顔と首の色違う?と思うくらい美白効果を感じた。
・しっとりモチモチとした肌になり、感動しました。

美白Wシリーズの悪い口コミ

・肌が荒れて、湿疹もでき痒くて大変なことになってしまいました。
・つけたときはベタつきがあり、その後は少し突っ張った感じがします。
・肌への浸透力があまりなくベタベタします。やっとなじんだ後も肌がパリパリしてる感じがします。
・ニキビが徐々にできてきました。
・カサカサでお肌が赤くなり、翌日は皮がむけてました。

<美白Wシリーズの口コミにに対する私のコメント>
ちふれWシリーズに対する様々な口コミを読んでみて私が感じたのは、美白の効果は結構あるけれども、乾燥肌の人にはあまり向かないのかなという印象です。
先ほど、ご紹介した通り美白に特化しているのは間違いですが、お肌によって向き不向きがるようですね。

お肌に合う合わないかは、実際に試してみないとわからないので難しいところですね。

スポンサードリンク

 

美白VCシリーズの口コミ

美白VCシリーズの良い口コミ

・浸透力がすごい。どんどん肌に水が入っていく感じで潤います。
・しっとりもちもちします。
・今まで使ってきた化粧水の中で最も安いのにもかかわらず、毛穴、くすみ、肌荒れ、保湿効果あります!
・とにかくコスパがよく、ニキビができにくいし、この美白化粧水でシミが押さえられてたんだと、実感しました。
・毎日使える美白化粧水としては殿堂入りかも。
・ニキビができやすい敏感肌&オイリー肌ですが、私に合っています。

美白VCシリーズの悪い口コミ

・手で塗ると、手がペッタンペッタンになり気持ち悪い。
・低刺激で潤いはありますが、肌表面にベタつきが残ります。
・私の肌では、ベタついて吹き出物が大量発生しました。
・赤くヒリヒリしてしまいました。
・すぐに痒くなって湿疹が出てしまいました。

<美白VCシリーズの口コミにに対する私のコメント>
VCシリーズに対する様々な口コミを読んでみて感じたのは、美白効果はあるけれども、保湿や肌荒れの効果の方が強い印象です。保湿成分のためか、使った感じがペタっとしるので苦手という声も多いようです。

先ほどの美白Wシリーズ同様に、お肌に合う合わないかは、実際に試してみないとわからないので難しいところですね。なので、自分のお肌にあえばプチプラなのでリピート確実なのかな、と思いました。

スポンサードリンク

 

ちふれの美白ラインを使用してみる前に

ちふれの美白ラインを使用する前に私自身のお肌の状況を説明しておきたいと思います。
Tゾーンのみオイリー肌で、頬や口周りは乾燥肌です。
簡単に言うと混合肌になるんですかね。

でも鼻がオイリーなのは保湿が足りていないからというのも聞いたことがあるので、もしや乾燥肌なのでは?と思ってます。

また、おでこと口周りは、たまに肌荒れしたりするので悩み中です。

乾燥と肌荒れに悩みがあるので今回はVCシリーズの美白化粧水・美白乳液・美白美容液とWシリーズとVCシリーズに属さない「美白クリーム AR」という商品を実際に使ってみたいと思います。

ちふれ 美白化粧水VCを使ってみた

ちふれ 美白化粧水VC

容量:180mL

詳しい成分についての詳細は以下をご覧ください。
http://www.chifure.co.jp/products/skinlotion/2056.html

美白化粧水VCのテクスチャー

ボトルを傾けただけで化粧水が出てくるぐらい、お水のようにサラサラしており、色は透明です。
美白化粧水VCのテクスチャー
004chifurebihaku
触ってみると本当にサラサラのテクスチャーなので、この化粧水のどこに保湿力があるのか不思議。美白化粧水がついた指先にはベタつき感がまったくありません。

ちふれ 美白化粧水VCを使ってみます

ちふれ 美白化粧水VCを使ってみます

香りは、ほんのりなので、香料が苦手な方でも問題ないと思います。

一番気になっていた「手と顔のベタつき感」は、そこまで気になるほどではありません。
あと化粧水に良くあるすぐに肌が乾燥して、お肌がつっぱる感じもまったくなく、何度もつけなくても問題ないくらいの保湿力です。

口コミのようにベタベタするのかなと思っていたんですが、ゆっくり顔に馴染ませていくと、お肌に浸透してしまいベタつきは全くありませんでした。

なので焦らずゆっくりゆっくりお肌に馴染ませていけば、ベタつきもしないもちっとしたお肌になります。

美白化粧水を馴染ませた後は、さっきまでのカサカサ感が嘘のよう。いっつもカサカサ感が気になっていたのでこれは嬉しいですね。

また、口コミであったような刺激や赤みが出ることは私にはありませんでした。
これについては、本当に肌に合う合わないの問題のようです。

そして、美白効果、シミそばかすへの効果についてですが、これに関しては瞬間的に効果が出るものではないので、今のところ不明です。

スポンサードリンク

 

ちふれ 美白美容液VCを使ってみた

ちふれ 美白美容液VC
容量:30mL

詳しい成分についての詳細は以下をご覧ください。
http://www.chifure.co.jp/products/essence/2484.html

美白美容液VCのテクスチャーについて

ボトルをプッシュして出した時に、すでにトロッとした感があり、色は透明で、結構緩めのジェルのようなテクスチャーです。
美白美容液VCのテクスチャー
器を傾けるとゆっくりと垂れるぐらいのとろみです。
012chifurebihaku
そして写真を見てもらってわかる通りとっても伸びがいいんです。これなら少量で済みそうですね。

ちふれ 美白美容液VCを使ってみます

ちふれ 美白美容液VCを使ってみます
実際に手にとってみるとよりトロトロ感があり、保湿力がありそうな予感です。顔に馴染ませると、つけ心地がよく、すぐにお肌に浸透していく感じがしました。

顔のベタつきに関しては、気になるほどではなく、いつも以上にお肌がしっとりしていてさわり心地がよくなりました。

ちふれ 美白乳液VCを使ってみた

ちふれ 美白乳液VC
容量:150mL

詳しい成分についての詳細は以下をご覧ください。
http://www.chifure.co.jp/products/milkylotion/2065.html

美白乳液VCのテクスチャーについて

傾けても中々ボトルから出てきてくれないくらいトロッとしています。
美白乳液VCのテクスチャー
色は乳白色で、乳液というより緩めのクリームというぐらいに、結構しっかりとしたテクスチャーです。
008chifurebihaku
美白乳液も美白美容液もと同様に少量でも結構伸びるので、つける量の調整が必要かなと思いました。

ちふれ 美白乳液VCを使ってみます

ちふれ 美白乳液VCを使ってみます
実際に手にとって使ってみましたが、美白乳液は美白化粧水と異なり手と顔へのベタつき感があります。

ですが、ベタつき感は最初のうちだけでお肌にゆっくりと馴染ませていくうちに、ベタつきは消えていきます。

なので、ずっとベタベタしてて気になって仕方ない!とまではいきませんでした。

そして、やはり伸びがいいので、少量でも顔全体に馴染ませることがでそうです。私の場合100円玉大だとちょっと多かったくらいです。

自分に合った量がわかればベタベタせずに、しっとりもちもちっとしたお肌になるかなと思いました。

そして、とろみが強いのに浸透していくのがとても早いので、塗った感が残るのが苦手な人にはとてもいいと思いました。

お肌がとっても潤ったおかげで手に肌が吸い付いて感じがあって、乾燥してる人にはぴったりだと思います。

ちふれ 美白クリームARを使ってみた

ちふれ 美白クリームAR
容量:35g
使用方法:化粧水や美容液あと、適量(真珠粒大)を手に取り、やさしく顔全体に伸ばし馴染ませます。

詳しい成分についての詳細は以下をご覧ください。
http://www.chifure.co.jp/products/moisturecream/2078.html

美白クリームARのテクスチャーについて

美白クリームARのテクスチャー
色は乳白色で、結構かためのテクスチャーになっていて、指でクリームをつつくと角が立つくらいでした。器を傾けても一切クリームは垂れません。
016chifurebihaku
美白美容液や美白乳液に比べて、伸びは良さそうではありません。

ちふれ 美白クリームARを使ってみます

ちふれ 美白クリームARを使ってみます
適量を手にとって手のひらで伸ばしてみると、意外と飲みが良く、しっとりした感じです。

顔に馴染ませた時も、伸びが足りないとか、量が少ないなと思うことなく、1回で顔全体に伸ばすことができました。

塗り終わってすぐは、結構クリーム感が顔に残るのでは?と心配していたのですが、こちらも美白化粧水や美白美容液、美白乳液と同様に驚きの浸透力でした。

全くベタつき感は残らず、だからといって乾燥するわけでもなく、お肌のしっとりもちもち感は保たれたままでした。

ちふれ 美白ラインを使ってみた感想

ちふれ美白VCシリーズと美白クリームは、プチプラなのに、保湿力が高く、さらに浸透力も凄いと感じました。

化粧水によってはつけた瞬間はしっとりするけど、すぐに乾燥してしまうものも結構ありますが、この美白VCシリーズの保湿力には驚きです。使用前と使用後の肌触りが全く違います。

そして口コミでは、特にベタつきについての意見が多かったので、その点を結構気にしながら使用してみましたが、私が使ってみた感じでは、顔へのベタ感はほとんどありませんでした。

気になるとすれば、手に残ったクリーム感が苦手だったくらいです。顔につけたときは、さらっともちもちになるのに、手に残ったものはずっとペタペタしてました。

私は手のひらに水分やクリーム感が残っているのが苦手で、ハンドクリームなどもさらっとしてないと駄目なタイプです。なのでこういったのが苦手な方はご注意ください。

また、美白効果・肌荒れ・シミについては使い続けてみないとわかりませんので、機会があったら公開したいと思います。

ちふれ 美白ラインは、プチプラなのにこの保湿力なのはとっても魅力的。安いので思う存分、たっぷり使うことができるのもいいですね。美白化粧水でコットンパックするのもいいかもしれませんよ。

<ちふれ 美白 VCシリーズはこんな人にオススメ>
実際に使用してみてどんな人にオススメなのかを考えてみました。

・乾燥肌で悩んでいる人
・肌荒れと美白効果を同時にしたい人
・高い化粧水で失敗したくない人

プチプラなので気になる方は、ぜひ試してくださいね。

スポンサードリンク

PAGETOP