炭酸化粧水【口コミ・おすすめランキング】手作りレシピも

炭酸化粧水【口コミ・おすすめランキング】手作りレシピも
炭酸化粧水の効果や選び方・使い方、口コミで人気の市販の炭酸化粧水を5つ使い比べた感想・評価・ランキング、手作りの炭酸化粧水の作り方などを掲載中。

スポンサードリンク

 


もくじ

炭酸化粧水とは

炭酸と言えば、ソーダなどの飲料や、温泉を思い浮かべる人が多いかもしれません。天然の炭酸泉は古代ヨーロッパでは“奇跡の水”などとたたえられ、湯治目的で、多くの貴族に愛されてきたそうです。

日本でも炭酸泉は“ラムネ泉”と呼ばれており、大分県の長湯温泉、兵庫の有馬温泉など、古くから人々に親しまれてきました。

炭酸泉に入ったことのある人はお分かり頂けると思いますが、お湯に浸かると体の表面に、たくさんの小さな気泡がシュワシュワとくっつきますよね。

炭酸

その様子を思わず、じーっと見入ってしまう、私のようなタイプの人もいるのではないでしょうか。そういえば入浴剤でも、シュワシュワの炭酸を楽しむタイプのものが数多く販売されていますよね。このように、私たちにとって、炭酸は非常に身近なものです。
でも、その効果・効能を詳しく知っているという人は少ないかもしれません。

この炭酸のシュワシュワの素となっているのは“二酸化炭素”、つまり“炭酸ガス”です。体の表面にくっつくと、皮膚を通して吸収され、血行促進、疲労回復、また体を芯から温めるなど、様々な効果をもたらしてくれます。

そんな優れた効果のある炭酸ガスを、たっぷりと配合した化粧水が“炭酸化粧水”です。
使い続けることで、毛穴やくすみを目立たなくさせて、ハリやツヤを取り戻したり、乾燥を改善したり・・・と、炭酸泉同様、お肌に良いことがたくさんあると言われています。
今回は、そんな炭酸化粧水について、詳しくご紹介します。

炭酸化粧水の効果

美容に詳しい人であれば、一般的な化粧水は皮膚の表面である角質層までしか届かないことをご存知だと思います。それは正しい知識です。

一方、炭酸化粧水に溶けている炭酸ガスは、水や油に溶け込みやすい性質を持つ上に、分子構造が非常に小さく、皮膚や粘膜を通して体に吸収されやすい物質と言われています。
ということは・・・炭酸ガスが溶けた化粧水であれば、「炭酸ガスが化粧水の成分を一緒に肌の深部まで届けてくれるの?」と期待してしまう人も少なくないのではないでしょうか。もちろん、私もそう思ったのですが、調べてみると、残念ながら答えは「NO」。

皮膚を通って深部にまで吸収されるのは、あくまでも炭酸ガスのみで、炭酸化粧水に配合されている化粧水成分は角質層に留まるのだそうです。ちょっと残念・・・と感じてしまいますが、あなどるなかれ!

この炭酸ガスのパワーこそが、皮膚の内側から働きかけ、お肌に変化をもたらしてくれるのです。では、皮膚に塗布された炭酸化粧水が、どのようなプロセスで、どのような効果をもたらしてくれるのか、順を追って見ていきましょう。

①毛穴に溜まった皮脂や老廃物を除去し、皮膚を清潔に保つ!

お肌に塗布された炭酸化粧水は、毛穴の奥に入り込み、シュワシュワと炭酸ガスを発生させます。このとき、毛穴に詰まった皮脂や黒ずみ、老廃物を吸着して浮き上がらせ、お肌を優しくピーリングしてくれる作用があります。

ちなみに炭酸化粧水は、皮膚のpHと同じ弱酸性なので、過度に洗浄しすぎたり、皮膚バリアを壊したりする心配もなく、皮膚本来の抗菌作用を正常に保ち、お肌の状態を整えてくれます。

②血行を促進させる!

お肌に塗布された炭酸化粧水は、皮膚からも吸収され、なんと毛細血管内部にまで入り込みます。私たちの血管は、血液の酸素濃度が高いと収縮して血流量を減少させ、酸素濃度が低いと拡張して血流量を増加させる機能が備わっています。

炭酸ガスが血管の内部に入り込むことで、血中の二酸化炭素濃度は上昇します。血中の二酸化炭素濃度が上昇した状態になると、私たちの脳は、「酸素濃度が低い」と判断し、血管は酸素不足を補うために拡張します。

その結果、血液の流れが良くなり、血行が促進するので、顔色がパッと良くなるとともに、フェイスラインが即効でキュっと引き締まるという嬉しい作用があると言われています。

③新陳代謝を促進させる!

お肌の血行が良くなると、細胞の新陳代謝が活発になり、古い角質が剥がれ落ちやすい状態になります。くすみやシミ、そばかすが次第に目立たなくなり、ゴワゴワしていたお肌は、もちもち&ふっくらやわらかい状態に変化します。

また、新しく生まれた皮膚細胞はしっかりと水分や栄養を取り込み、ピンとしたハリやツヤ感をキープしてくれます。同時に、毛穴が目立ちにくくなる、お肌のキメが整う、乾燥が改善される、といった作用もあると言われています。

いかがですか?
炭酸化粧水は、美容成分などを外から補うだけではなく、体の内側から、お肌の状態を整えてくれるものであることがお分かりいただけましたか?

こちらでご紹介した①から③の効果はあくまでも炭酸ガスによるものです。
炭酸化粧水は、この炭酸ガスの作用にプラスして、化粧水に含まれるコラーゲンやヒアルロン酸など、角質層に留まる美容成分の作用も期待できます。

もちろん、配合されている美容成分は、メーカーごとにそれぞれ異なるので、あれこれ試してみるのもいいですね!
炭酸化粧水、一度使ってみたくなりましたか?

スポンサードリンク

 

炭酸化粧水の炭酸ガス濃度について

炭酸泉を比べた実験では、炭酸ガスの濃度が高ければ高いほど、血行促進効果が高いことが判明しているそうです。そう考えると炭酸化粧水も同様に、炭酸ガスが高濃度のものほど、美容効果はアップすると言えます。

現在、販売されている炭酸化粧水の炭酸ガス濃度を調べてみると、ボトルや公式サイトに明記されているものでは、3,000ppm~10,000ppm程度のものが多いようです。中には18,000ppmという高濃度のものもありました。

ちなみに天然の炭酸泉の炭酸ガス濃度は、一般的に250ppm以上とされ、治療効果のあるものが1,000ppm以上なのだそうです。炭酸化粧水の炭酸ガス濃度がいかに高いか、分かりますよね。

炭酸化粧水について、ウェブで調べ始めると「炭酸が水に溶解するのは4,000ppmが上限」であるため、「濃度が4,000ppm以上のものは信憑性がないので注意!」というサイトがいくつかありました。

気になったので、複数の炭酸化粧水メーカーに問い合わせをすると、メーカーの回答も様々で、「炭酸が水に溶解するのは4,000ppm程度」と言われることもあれば、「4,000ppm程度が上限とは言えない」と言われることもあり、正直、調べれば調べるほど、ますます混乱してしまいました。

他の方法でも調べてみましたが、残念ながら、科学的根拠のある公式なデータを見つけることができませんでしたので、この点については、どちらが本当なのかは不明です。

ただ、高濃度のミストタイプを販売するメーカーに問い合わせた際、「水に溶解する炭酸ガスが4,000ppm程度という事はない」とした上で、ミストタイプは“化粧水に炭酸ガスが溶解している”のではなく、“炭酸ガスを含んだ化粧水を、さらに炭酸ガスで押し上げて噴射する”ので、「ボトル内部の全ての炭酸ガスが水に溶けているわけではない」との説明を受けました。

それならば、明記されている炭酸ガス濃度が4,000ppm以上の炭酸化粧水ミストが存在しても、納得がいきますよね。こういったことから、高濃度を謳う商品が、全て一概に「信憑性がない」とは言い切れないのではないかと思います。

炭酸化粧水の選び方

お肌に嬉しい、数々の効果が期待できる炭酸化粧水。
ぜひ試してみたいけれど、種類が多いし、価格帯も様々で、どれがいいのか迷ってしまう・・・という人も少なくないと思います。
そこで、炭酸化粧水の選び方の基準となる、いくつかの項目を挙げてみますので、ぜひ参考にしてみてください。

①使いやすさで選ぶ

炭酸化粧水のボトルには、大きく分けて2種類のタイプがあります。
ひとつはミストタイプ。

現在人気の炭酸化粧水のほとんどは、こちらのミストタイプのようです。シュッとスプレーをして、ミストをお肌に吹き付けるタイプのものです。

もうひとつはノズルタイプ。こちらは、手やコットンに出してから使うタイプです。
現在、販売されていて売れ筋のものは、ミストタイプがかなり多いですが、中にはノズルタイプもあります。

それぞれのメリット・デメリットをまとめたので、自分が使いやすいのはどちらか、ぜひ見比べてみてください。

▼ミストタイプ
<メリット>
・直接吹き付けられるので、簡単で便利。
・日中、化粧直しスプレーとしても使用できる。
・日中、乾燥を感じた時に気軽に使用できる。
・全体にまんべんなく塗布することができる。
<デメリット>
・重点的な集中ケアには不向き。
・スプレーした際に空気中に炭酸ガスが逃げてしまう。
・商品によってミストの粒子の大きさが違う。
・周囲にミストが広がるので汚れてしまう。

▼ノズルタイプ
<メリット>
・重点的な集中ケアできる。
・炭酸ならではのシュワシュワ感を感じやすい。
<デメリット>
・日中のケアには使用しにくい。
・肌にのせたときにひんやりする。
・ミストタイプに比べて、手軽さに劣る。
・ミストタイプに比べて、商品数が少ない。

②炭酸ガス濃度は3,000ppm~4,000ppmを目安に

既に述べた通り、炭酸ガス濃度が高ければ高いほど、効果が高いと言われているため、“炭酸ガス濃度が高い炭酸化粧水”を選ぶことをお勧めしているサイトも多いのですが、実際のところ、濃度を基準にしようにも、ボトルにはっきりと記載している商品は、決して多くありませんでした。

メーカーに問い合わせをしても実際の濃度を開示しないところが多いので、濃度だけを基準に選ぶのは限界もありますし、あまりお勧めしません。

また、あまりにも高濃度のものだと炭酸が強すぎて、肌への刺激になってしまうリスクもあるようなので、注意したいところです。

炭酸ガス濃度が1000ppm程度のものでも、お肌にハリが出たと感じる人がいるのも事実ですし、化粧水成分との相性などもあるので、ある程度の炭酸ガス濃度に達していれば、一概に“濃度が高ければ良い”というわけでもなさそうです。

というわけで、炭酸ガス濃度に関しては、あまり神経質にならず、初めて炭酸化粧水を使う場合は1,000ppm以上を基準に、3,000ppm~4,000ppm程度のものからはじめてみてはいかがでしょうか?

価格で選ぶ

炭酸化粧水は、毎日継続して使うことで、お肌に変化をもたらします。
そのため、使い続けられる価格帯のものを選びましょう。

現在、売れ筋の炭酸化粧水の価格帯は、スプレー缶1本あたり1,600円~4,000円程度。
2,000円台の商品が多めで、定期購入をすると安く購入できるケースもあります。
中には1,000円以下で買えるプチプラのものもあり、炭酸ガス濃度が高ければ高いほど、価格も高くなる傾向があります。

成分で選ぶ

炭酸ガス濃度が同じ商品であっても、化粧水としての配合成分はメーカーによって異なります。無香料のもの、ほのかに香りがついているもの、サラリとした仕上がりのもの、しっとりと仕上がるもの・・・それぞれの成分によって特徴が異なります。

パラベンなどの防腐剤が入っていないものが良いという人もいれば、コラーゲンやヒアルロン酸がたっぷり入ったものが良いという人もいるでしょう。

チラッとでも成分表示を見るクセをつけておくと、炭酸化粧水に限らず、自分に合った化粧品が何となく分かってくるので、選ぶのが楽しくなりますよ!

炭酸化粧水の使い方

炭酸化粧水で共通して注意したいことは、ボトルを振らないこと!
私は、スプレーボトルを使う前に、無意識についつい振ってしまうクセがあるようで、何度か失敗してしまいました。

スプレーする前に振ってしまうと、炭酸飲料のボトルを振って、蓋を開けたのと同じような状態になり、炭酸ガスも化粧水も無駄に溢れ出て、非常にもったいないので、十分に注意しましょう。

スプレーするときは、お肌に近づけ過ぎず、15センチほど離して、ボトルをまっすぐ立てた状態で行いましょう。逆さに使うと、炭酸ガスだけ抜けてしまう可能性があります。

ノズルタイプのものは、コットンに出してから使いましょう。炭酸化粧水は、いつものローションの代わりとして使うのももちろんOKですが、私のようにエイジングケアがメインの場合は、洗顔後、普段のお手入れ前に使うブースターとしての使い方が断然お勧めです。

お肌の血行を促進し、あとから塗布するいつもの化粧水や乳液の成分をしっかり浸透させてくれるので、ハリのある、もちもち肌を実感できますよ!

いずれにしても、基本的には顔に塗布したら、炭酸がしっかり肌の深部まで浸透するのをじっくり待つか、ハンドプレスでお肌によく馴染ませるのがポイント!

時間があるときは、炭酸化粧水をコットンにひたひたに含ませて、8分~10分、コットンパックすると、より一層効果的です。このとき、コットンが乾いてしまうと逆効果になるので、必ず炭酸化粧水を補充してくださいね!

この他にも、炭酸化粧水は、角質や皮脂といった皮膚の汚れを除去してくれるので、ふき取り化粧水としても使えます。たっぷりと炭酸化粧水をコットンに含ませて、ゴシゴシこすらず、なでるように優しくふき取ってください。

口コミで人気の炭酸化粧水5つを使ってみた

002tansankeshosui
ボトルのタイプ、炭酸ガス濃度や価格など、炭酸化粧水を選ぶ基準をご紹介しましたが、口コミだって気になりますよね。

最終的には口コミを見て選ぶ、という人も多いのではないでしょうか。かくいう私も、気になる商品の口コミはしっかりチェックするタイプです。

今回は、そんな口コミの中でも人気の高い炭酸化粧水を5つ、実際に使ってみました。私は“30代後半・敏感肌・乾燥気味だけど小鼻周りはオイリーな混合肌”というスペックです。使い心地など、私が感じた生の声をレポートしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

IN-BE+V(インヴィプラスブイカーボミスト)

003tansankeshosui
004tansankeshosui
005tansankeshosui
006tansankeshosui

【販売元】株式会社ジェイ・ウォーカー

【価格】1本125ml 3,800円(税抜)、2本セット7,600円(税抜)、2本セット定期購入7,055円(税抜)

【成分】
水・BG・二酸化炭素・プラセンタエキス・ヒアルロン酸Na・エナンチアクロランタ樹皮エキス・グラウシン・リン酸アスコルビルMg・PEG-60水添ヒマシ油・エチドロン酸・オレアノール酸・ヤシ油アルキルグルコシド・イランイラン花油・グリセリン・エタノール・クエン酸・クエン酸Na・アルギニン・1,2-ヘキサンジオール・カプリリルグリコール・フェノキシエタノール・メチルパラベン・プロピルパラベン

【炭酸ガス濃度】10,000ppm

国内外の有名コスメストアや阪急百貨店や大丸百貨店でも販売実績があり、数々のランキングで入賞をしている実力派の炭酸化粧水ミストです。

炭酸ガス濃度は理論値で10,000ppm。
100%の濃密な炭酸ミストと相性抜群のプラセンタやヒアルロン酸、ビタミンC誘導体が、毛穴を引き締め、リフトアップを促します。

インヴィプラスブイカーボミストの使い方

洗顔後、顔全体に2周程度吹きかけ、手のひらで下から上へハンドプレスして馴染ませた後、手持ちの乳液や保湿クリームを塗って完了!
乾燥が気になる時は、2周程度吹きかけた後、しばらく放置してお肌に浸透するのを待ち、再び2周程度吹きかけて放置した後、乳液や保湿クリームで仕上げます。

インヴィプラスブイカーボミストの口コミまとめ

【○】細かいミストがふんわりと広がり、刺激がない。
【○】優しい香りに癒される。
【○】たるみ毛穴が改善されている気がする。
【○】ほうれい線や目元の小じわが改善されている気がする。
【○】リフトアップ効果がある。
【×】持ち運び用のミニボトルがない。
【×】ニキビができて顔がかゆくなった。

インヴィプラスブイカーボミストを使ってみた感想

他の炭酸化粧水と同じ条件で比べるために、朝晩の洗顔後に、顔全体にスプレーし、普段のお手入れをするというパターンで、ブースターとして使ってみました。
シューッと顔に2周吹きかけると、口コミにもあるように、かなり細かいミストが顔全体に広がります。
カーボミストを付けた肌
同じミストでも、今回試した中では最も粒子が細かく、ミストが優しく肌にのってピタっとフィットする感覚があります。これだけミストが細かいと、寒さが厳しい冬の朝でも「冷たいっ!」と感じることもなさそうです。

ハンドプレスすると、ほんの少し、炭酸の弾けるような感覚がありました。サラリというより、しっとりした仕上がりで、保湿力は高そうです。

イランイランのほのかな香りが漂いますが、自然な香りなので、香料が苦手な人でもさほど気にならない程度です。

私の場合、塗布後、しばらくの間、肌がほんの少し腫れぼったいような違和感が残りました。赤みや痒みは全く出なかったのですが、調べてみたところ、炭酸の効果によってめぐりが良くなり、一時的に火照りや違和感を感じたり、赤みが出たりするのは良くあることだそうです。

炭酸の刺激に弱い人は、注意したほうが良いかもしれませんね。
私の場合は、数分すると、赤みは引いて、お肌の違和感はスッと治まりましたし、何日か使い続けるうちに刺激に慣れてきたせいか、違和感自体を全く感じなくなり、赤みも出なくなりました。

塗布後は、いつもの化粧水、美容液、保湿クリームで仕上げました。写真では分かり辛いかもしれませんが、若干ではありますが、フェイスラインが引き締まったのを感じました。特に目元は、ピンとしたハリ感が得られたように思います。
008tansankeshosui
009tansankeshosui
目を見張ったのは翌日の朝。
いつもよりお肌にハリがあり、毛穴がキュッと引き締まって、目立たなくなっている感じがありました。ちょうど温泉に浸かった翌朝のような感じです。小鼻の油っぽさも、いつもよりマシな感じがしました。

公式サイトによると、体にも使えるそうなので、お風呂上りのボディケアとしても使用してみました。

普段であれば、乾燥肌の私は、お風呂上りのボディローションは必須で、塗らないとカサカサして痒みが出てしまうのですが、この一本でしっかり潤いをキープしてくれます。

スプレー缶を逆さにして使えないため、背中などはスプレーしにくいという難点はあるものの、ローションと比べて手軽で、手が汚れないのは、ミストスプレーならではの強みです。

スポンサードリンク

 

エクラビオ ミラクルエレキミスト

エクラビオ ミラクルエレキミスト
011tansankeshosui
012tansankeshosui
013tansankeshosui

【販売元】株式会社アヴァンシア

【価格】60g 1,200円(税抜)、150g 2,000円(税抜)

【成分】
水・グリセリン・プロパンジオール・レパゲルマニウム・加水分解ヒアルロン酸・水溶性コラーゲン・クエン酸・クエン酸Na・炭酸水素Na・セルロースガム・銀・二酸化炭素・窒素

【炭酸ガス濃度】3,000ppm

※アヴァンシア公式サイトより抜粋

2017年モンドセレクション金賞受賞の炭酸化粧水です。
無鉱物油、無香料、無着色、石油系界面活性剤不使用、防腐剤不使用、合成アルコール不使用で、ヘアケア、スカルプケア、頭部から足の先まで、全身に使えます。

炭酸効果で老廃物の排出を促し、血流を促進させ、毛穴を引き締めてくれます。また、有機ゲルマニウムが配合されており、ゲルマニウム効果でお肌のイオンバランスを整え、細胞を目覚めさせます。

エクラビオ ミラクルエレキミストの使い方

肌や髪から15~20cm以上離して、1~3秒吹き付けたら、ハンドプレス、もしくは自然に肌に浸透するのを待って完了!

エクラビオ ミラクルエレキミストの口コミまとめ

【○】匂いもなく、低刺激。保湿効果がある。
【○】リフトアップ&ワントーンアップした。
【○】むくみを感じる部分につけると引き締まる気がする。
【×】使用後に乾燥を感じる。
【×】炭酸が弱い。

エクラビオ ミラクルエレキミストを使ってみた感想

こちらもブースターとして使ってみました。シュッとひと吹きすると、かなり細かいミストがフワっと噴出されます。
014tansankeshosui
匂いはなく、肌への刺激や違和感も、まったく感じません。この点が、口コミにある“炭酸が弱い”という点につながるのかもしれませんが、炭酸化粧水が初めての人や、敏感肌の人にとっては、非常に使いやすいタイプだと思います。

塗布後は、しっかりとハンドプレスして浸み込ませます。私自身の実感としては、あまり直後の変化はなかったのですが、前後の写真を見比べてみると、若干リフトアップしているような気もします。
008tansankeshosui
015tansankeshosui

ただ、いつもより保湿力は確実にアップしていました。また、こちらも数日使い続けると、お肌のキメが整い、小鼻の毛穴がキュッと閉まって、目立たなくなってきたように感じました。

もうひとつ特徴的だった点があります。
朝起きたときに気になっていた、小鼻周りの油っぽさが、エクラビオ ミラクルエレキミストを使い始めてからというもの、見事に解消されました。

朝でもしっとり潤っているのに、表面はサラリとしていて、ベタつきが全く気になりません。オイリー肌や、混合肌の人、また皮脂のバランスが崩れてしまっている人には、特にお勧めしたいです。

ちなみに、この商品も全身に使えるということで、お風呂上りに体にもスプレーしてみたところ、これ一本で十分潤い、カサカサする感じはありませんでした。
お風呂上りの温まった体にミストが気持ち良く、5つの中でも特にサラリと仕上がる感じがありました。

スポンサードリンク

 

エビータ ファーステージ ビューティケアミスト

エビータ ファーステージ ビューティケアミスト
017tansankeshosui
018tansankeshosui
019tansankeshosui

【販売元】株式会社カネボウ化粧品

【価格】130g 1,600円(税抜)

【成分】
水・エタノール・1,3-ブチレングリコール・ジプロビレングリコール・グリセリン・窒素・二酸化炭素・PEG-75・ローズ水・クエン酸ナトリウム・エチルグルコシド・メチルグルセス-20・クエン酸・PEG-60水添ヒマシ油・水溶性コラーゲン・ゴレンシ葉エキス・ヒアルロン酸ナトリウム・ローヤルゼリーエキス・フェノキシエタノール・香料

【炭素ガス濃度】ボトル記載なし。(問い合わせたところ、「成分の詳細や配合量など商品に記載された情報以外につきましては、弊社では公表は行っておりません」との回答でした)

※カネボウコスメティクス公式サイトより抜粋

カネボウ エビータのスペシャルケアシリーズです。
30代、40代をターゲットにしています。

ローヤルゼリーエキス、ヒアルロン酸、コラーゲンなど、贅沢な成分と、“高保潤”炭酸ミストが、目元や口元など、エイジングが気になる部分をしっかりケアし、潤いを届けます。

エビータ ファーステージ ビューティケアミストの使い方

洗顔後やお風呂上り、また日中の潤い補給やお化粧直しに、顔から20~30cm離して、3秒程度スプレーします。

エビータ ファーステージ ビューティケアミストの口コミまとめ

【○】お肌がしっとり・もちもちになる。
【○】くすみが改善され、毛穴が小さくなった気がする。
【○】ローズの香りが心地よい。
【×】ミストの霧が荒く、肌に浸透しにくい。
【×】保湿力が物足りない。
【×】ベタつく。

エビータ ファーステージ ビューティケアミストを使ってみた感想

まさに年齢的には、この商品のターゲットにビンゴな私。こちらはシュッと吹き付けた瞬間、ブワっと勢いよくミストがかかります。
020tansankeshosui

口コミにもあったようにミストの粒子が大きめなので、加減しないとびしょびしょに濡れてしまいますので、注意しましょう。吹きかけた後はひんやりした感じがあり、夏場は気持ち良い使い心地だと思いますが、冬場はちょっと敬遠してしまいそう・・・。

吹きかける際は、目をしっかり閉じていたのですが、開けた瞬間、若干しみる感じがあったのも気になりました。決して強い香りではありませんが、ほんのりとローズの香りがします。

ヘアミストなどでありがちな人工的な香りなので、香りに敏感な場合は、苦手に感じる人もいるかもしれません。私の場合は、こちらの炭酸化粧水を塗布後、数分間、顔全体が腫れぼったいような感覚がありましたので、炭酸の刺激に弱い人は注意してください。

ただ今回も、赤みや痒みは一切出ず、しばらくすると赤みもスッと引き、違和感は全くなくなりました。塗布後のお肌は、口コミでもあったように若干ベタっとした感じに仕上がります。

毛穴引き締めやリフトアップに関しては、残念ながら、私はあまり大きな変化を感じませんでした。
008tansankeshosui
021tansankeshosui

また、小鼻の油っぽさも特に変化はありませんでした。
保湿力は十分にあり、潤いはしっかり補ってくれるので、普通のミスト化粧水としては十分に機能してくれます。

価格がお手頃なのも嬉しいですね!
ただ、炭酸ならではの効果に関しては、個人的にはイマイチ実感できなかったのが、正直な感想です。

ルーヴルドー EC ローション

ルーヴルドー EC ローション
023tansankeshosui
024tansankeshosui
025tansankeshosui

【販売元】株式会社LOUVREDO

【価格】120g 1,500円(税別)

【成分】
水・BG・グリセリン・二酸化炭素・パチルス発酵物・ヒアルロン酸Na・銀・加水分解コラーゲン・セルロースガム・炭酸水素Na・窒素・メチルパラベン

【炭酸ガス濃度】ボトル記載なし。(問い合わせたところ、「内部データのため、明確な濃度は非公開」とのこと。ただし、炭酸が水に溶解する上限である4,000ppm程度は含んでいるとお考えください」との回答でした。)

※LOUVREDO公式サイトより抜粋

炭酸パワーがお肌のハリやツヤを取り戻します。
さらにヒアルロン酸やコラーゲンで潤いもアップ!
噴霧パワーは美顔器の8倍と、実力派なのに嬉しいプチプラです。

ルーヴルドー EC ローションの口コミまとめ

【○】毛穴の開きが改善された。
【○】リフトアップ効果がある。
【○】使い続けると、肌がもちもちして白くなってきた。
【○】コスパが最高。
【×】他のミスト化粧水と変わらない。
【×】ニキビが出た。

ルーヴルドー EC ローションの使用方法

洗顔後や入浴後に、肌や髪から5cm以上離して、1~3秒スプレーし、自然に乾くまで待ちます。頭部から足の先まで使用できます。

ルーヴルドー EC ローションを使ってみた感想

実際に使ってみると、若干粒子が大きめのミストです。ただ、吹きかけるとビシャビシャに濡れるということはありません。
026tansankeshosui

香料は一切入っていませんし、香りを発する成分も配合されていないのですが、ほんのりと甘く香ります。肌への刺激や違和感は、私の場合、一切ありませんでした。

EC化粧水はハンドプレスしないのが本来の使い方なのですが、顔のうぶ毛をキチンと処理していなかった私は、写真をご覧頂くと分かるように、ミストが顔のうぶ毛にのってしまいました・・・。

そのせいか、結構待ちましたが、自然に浸透&乾燥する気配がなかったので、最終的にはハンドプレスをして馴染ませました。使い方をきちんと守って使いたい場合は、朝など、忙しい時間帯のお手入れとして使うには不向きかもしれません。

塗布後のお肌は、サラリというより、しっとり&もちもちに仕上がりますが、ベタつきはありません。リフトアップ効果は、残念ながら私の場合は実感できず・・・でした。
008tansankeshosui
027tansankeshosui

毛穴の開きに関しても、劇的な変化はありませんでした。
ただ、翌朝でも潤いはしっかりキープされ、お肌がしっとり&もちもちしています。
小鼻のベタつきも、いつもより若干マシに感じました。

入浴後、ボディケアとしても使ってみましたが、これ一本で十分保湿され、カサカサすることはありませんでした。価格が安く、全身に使えるので、コスパは◎だと思います。

ビューナ たっぷり炭酸シャワー

ビューナ たっぷり炭酸シャワー
029tansankeshosui
030tansankeshosui
031tansankeshosui

【販売元】コモライフ株式会社

【価格】150g 1,000円~1,500円前後

【成分】
水・BG・二酸化炭素・ヒアルロン酸Na・加水分解コラーゲン・3-グリセリルアスコルビン酸・プラセンタエキス・スギナエキス・ホップエキス・セイヨウアカマツ球果エキス・レモン果実エキス・ローズマリーエキス・ビオサッカリドガム-1・グリセリン・ペンチレングリコール・フェノキシエタノール

【炭酸ガス濃度】15,000ppm

※コモライフ株式会社サイトより抜粋

手軽&簡単に本格エステが楽しめる、100%高濃度の炭酸ミストです。炭酸ガス濃度は、なんと15,000ppm。さらにヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタを配合し、ハリや透明感ある、みずみずしいお肌へ導きます。

ビューナ たっぷり炭酸シャワーの使い方

洗顔後、肌から15cm以上離して2~3秒スプレーした後、いつものお手入れをして完了です。

ビューナ たっぷり炭酸シャワーの口コミまとめ

【○】細かいミストが心地良い。
【○】ベタつかず、サラリと仕上がる。
【○】お肌にハリが出て、しっとりする。
【×】普通のミスト化粧水と変わりない。
【×】突っ張り感を感じる。
【×】あまり効果を感じなかった。

ビューナ たっぷり炭酸シャワーを使ってみた感想

ミストの粒子は細かいです。噴霧力が強いためか、他の4つに比べて、ミストが広範囲にフワーっと広がり、上から落ちてくる感じがあります。まさにシャワーのような感じです。

ミストが思った異常に広く飛び散るので、汚したくない場所で使うのは控えたほうが良さそうです。私が今回試した5つの中では、肌にのった時に、弾けるような炭酸っぽさを最も強く感じました。
032tansankeshosui

成分にはレモン果実エキスやローズマリーエキスなどが配合されていますが、香りは特に感じません。炭酸濃度がかなり高めなので不安もありましたが、お肌への刺激や違和感は、私の場合は一切ありませんでした。

サラリとした仕上がりというよりも、しっとりタイプで、塗布直後は若干ベタつきがありますが、気にならない程度です。

残念ながら、私の場合は、リフトアップ効果は実感することができませんでしたが、翌朝までしっとり潤う感じはします。
008tansankeshosui
033tansankeshosui

朝の小鼻のベタつきは、いつもよりマシな感じがありました。
毛穴の開きに関しては、さほど変化は感じられませんでした。

炭酸化粧水おすすめランキング

上でご紹介した口コミで人気の炭酸化粧水5つを、さらに分野別にランキング形式にしてみました。予算、お肌との相性や、香りの嗜好など、自分が続けられそうな一本をぜひ見つけてみてください。

安い方がいい!コスパ重視の人向け

コスパ重視の場合は、やはり1,000円台で購入できるこちらの3本をお勧めします。中でもルーヴルドーECローションは、口コミの数も多く、評価も高めなので安心の一本です。
ミストの粒子が細かいほうが良いという人はビューナ たっぷり炭酸シャワーをお勧めします。

炭酸の力でハリを取り戻したい!結果重視の人向け

炭酸化粧水ならでは!の結果を求める場合は、私は迷わず、この2本をお勧めします。
粒子も細かく、ピンとしたハリやツヤを取り戻し、毛穴もキュっと引き締めてくれます。
オイリー肌の人、香りが苦手な人、また敏感肌で炭酸の刺激がちょっと心配という人は、エクラビオ ミラクルエレキミストを試してみてください。

やさしい処方のものがいい!敏感肌の人向け

パラベンやエタノールといった防腐剤が配合されていないのはエクラビオ ミラクルエレキミストだけです。ただ、ルーヴルドーECローションやビューナたっぷり炭酸シャワーも、シンプルで刺激の少ない成分となっており、お肌の弱い人でも使えそうです。

とりあえず炭酸ガス濃度の高いものを試してみたい

ビューナ たっぷり炭酸シャワーと、IN-BE+V (インビィプラスブイ カーボミスト)の2商品は、炭酸ガス100%で高濃度なのが特徴です。ちなみに他の3商品は、炭酸ガスと窒素ガスが含まれています。ビューナ たっぷり炭酸シャワーは、5つの中で最も、皮膚の上で弾ける感覚がありました。

ただ、このいわゆる炭酸っぽい感覚は、私の場合は、効果とはあまり関係がなかったので、単純に炭酸濃度が高いという理由でチョイスする方法はお勧めしません。あくまでも、普通と違う使用感を試してみたいという人向けです。

手作り炭酸化粧水を作ってみた

炭酸化粧水、もっと手軽に試してみたいという人は、家庭で手作りするという方法もあります。実はかなり簡単に作れるんです。炭酸水の作り方をマスターすれば、化粧水の成分や香りは自分好みに配合できます。

さらには、化粧水のみならず、炭酸水洗顔や炭酸シャンプーなどにも使えます。コストも安いので、贅沢にジャバジャバ使えるのも魅力的ですよね。では、まずは基本となる炭酸水の作り方をご紹介します。

用意するもの・作り方

手作り炭酸化粧水

<用意するもの>
・冷水 250ml
・重曹 小さじ2分の1
・クエン酸 小さじ2分の1

<作り方>
① 蓋がしっかりと閉まる容器に冷水を入れる
② 重曹を入れ、よく混ぜる。
035tansankeshosui
③ クエン酸を入れる
036tansankeshosui
037tansankeshosui
クエン酸を入れた瞬間に、シュワシュワと発砲します。
④ よく混ぜて完成!
038tansankeshosui

いかがですか?
とっても簡単ですよね!

重曹とクエン酸が混ざった瞬間にシュワシュワと泡が立ちはじめるので、手早く混ぜるようにしましょう。この炭酸水を基本に、あとは手作り化粧水の要領で、グリセリンや精油をお好みで加えるだけです。

ちなみにクエン酸や重曹は、ドラッグストアで簡単に手に入ります。それぞれ結構な量が入っているので、一度購入すれば、大量の炭酸が作れます。

まずは一回だけ試してみたいという人は、ペットボトルの炭酸水も使えますよ!
こういった炭酸水の炭酸ガス濃度は、ボトルに入った状態で3,000ppm~4,000ppm、キャップを開けると1,000ppm程度になると言われています。必ず、味のついていないものをつかいましょう。

手作り炭酸化粧水を使ってみた

実際にシンプルな炭酸化粧水を手作りしてみました。
039tansankeshosui
上の炭酸水25ccを空容器に移して、グリセリン6mlと、美肌作用の高いゼラニウム精油を5~6滴投入。
040tansankeshosui
041tansankeshosui

この化粧水を、コットンがひたひたになる程度取って、8分間コットンパックをしてみました。
042tansankeshosui
肌にのせるとシュワシュワと刺激があり、皮膚の薄い唇の周りなどはピリピリと痛みを感じました。

8分間放置した後、コットンを取ると、コットンを乗せた部分の血行が促進されたのか、かなり赤くなっています。
043tansankeshosui

ただ、ミストの時と同様、痒みや痛みは一切なく、2~3分後には赤みはスッと引きました。フェイスラインも、なんとなくリフトアップしているように感じます。
008tansankeshosui
044tansankeshosui

もちろんボディケアにも使えます。香りも気分で変えれるので、毎日のケアが楽しくなりそうです。

ただ、このシンプルな配合では、年齢肌の私には保湿力が弱めでしたので、いつもの化粧水やボディローションの代わりに使うことはできそうになく、ブースターとして使用しました。

本格的に化粧水成分を配合したい場合は、プラセンタエキスヒアルロン酸ビタミンC誘導体など、インターネットで色々購入できるので、配合してみるのもいいですね!
いずれにせよ、市販の炭酸化粧水よりも安上がり、かつ欲しい分だけ大量に作れて、炭酸の感触をしっかりと味わえるというのは大きなメリットです。

その反面、お肌への刺激は強いので、敏感肌の人などは、自己責任のもと注意して使ってくださいね!

スポンサードリンク

PAGETOP