プラセンタエキス原液で美白化粧水を手作り!エイジング効果は?

プラセンタエキス原液で美白化粧水を手作り!エイジング効果は?
今回は、美白効果が期待できる定番の美容成分「プラセンタエキス」の原液を使って手作り化粧水を作ってみたので、作り方や使用してみた感想を記載します。

スポンサードリンク

 


もくじ

 

プラセンタエキスとは

プラセンタエキスとは、哺乳類の胎盤から抽出されるエキスで、日本国内で取り扱いがあるのは、ヒト由来、ウマ由来、ブタ由来のプラセンタエキスです。

以前では、ウシやヒツジのプラセンタエキスの取り扱いもあったようですが、狂牛病の影響で、現在ではウシだけではなくヒツジプラセンタエキスも取り扱われなくなりました。

また、ヒツジプラセンタエキス配合製品は日本国内でも取り扱いがありますが、すべて海外輸入品ですので、個人輸入して使用する際には、十分な注意が必要です。
では、プラセンタエキスにはどのような成分が含まれているのでしょうか?

プラセンタエキスの成分

成長因子

プラセンタエキスには、成長因子(グロスファクター)という成分が含まれています。成長因子には上皮細胞増殖因子や線維芽細胞増殖因子、幹細胞増殖因子、神経細胞増殖因子などがあります。

読んで字の如く、これらの成長因子には細胞増殖作用がありますので、エイジングケアに役立つと考えられます。

アミノ酸

アミノ酸は、各種細胞の原材料となりますので、アミノ酸なくしては新しい細胞が誕生してくることはありません。プラセンタエキスには10種類前後のアミノ酸が含まれていますので、この成分を角質層に取り入れることが美肌作りに役立つでしょう。

タンパク質

プラセンタエキスには、アルブミンやグロブリンというタンパク質が含まれており、アルブミンには栄養分の運搬、グロブリンには免疫機能の向上という働きがあります。

核酸

核酸という成分を耳にすることはあまりありませんが、この成分には遺伝子情報の伝達や遺伝子の修復、新陳代謝促進、血流の増価作用がありますので、私たちが美容や健康を維持する上では、欠かすことができない成分であることがわかります。
さらに、核酸には抗酸化作用もありますので、エイジングケアにも役立つと考えることができます。

糖質

糖質は、体内のブドウ糖を生成する大切な成分です。ブドウ糖は、脳に栄養を供給する成分であるため、食品からの摂取が極端に少ないと脳に栄養や酸素が行き渡らず、集中力が低下することがあります。

ビタミン

ビタミンは、私たちの体調を整える大切な役割を持った成分ですが、体内で合成されることがないため、食品から摂取して行かなくてはなりません。
プラセンタには、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンEなどのビタミンが含まれていますので、これらの相乗作用によって細胞の酸化を防ぐことができ、エイジングケアに役立つと考えることができます。

・脂質
細胞膜を構成する成分ですので、不足すると血管や細胞膜が脆くなり、体力の低下や脳出血などの病気のリスクを高めるといわれています。

ミネラル

ミネラルもまた、ビタミンと同様に体内で合成されることがない成分ですので、食品から摂取して行く必要があります。また、お肌がミネラル不足に陥ると、ニキビや肌荒れが起こりやすくなったり、ターンオーバー周期が遅れたりすることがあります。

プラセンタには、素晴らしい成分がたくさん含まれていることがわかりましたね。
それでは次に、プラセンタの種類についてご紹介します。

プラセンタの種類

プラセンタエキスは、注射、サプリ、化粧品から体内に取り込むことができます。ここでは、日本国内で取り扱いがある、ヒト由来、ウマ由来、ブタ由来のプラセンタエキスについてご紹介します。

ヒトプラセンタエキス

人体から採取した胎盤由来のプラセンタエキスです。このプラセンタエキスは医薬品に分類されているため、医療機関のみでの取り扱いとなり、市販のサプリや化粧品には配合されていません。

このプラセンタは、医療機関のプラセンタ注射または、プラセンタ内服薬に用いられています。プラセンタ注射には、プラセンタエキスを血管から直接全身に送り込むことができますので、高いアンチエイジング効果を期待できるといわれています。

ですが、ヒト由来という性質上、ヤコブ病などの伝染病の懸念の関係により、1回でも注射を受けたら献血することができなくなります。一方で、プラセンタ内服薬の場合では、服用が献血に影響を及ぼすことはありません。

ウマプラセンタエキス

必須アミノ酸の含有量が多いという特徴を持ったプラセンタエキスです。ヒトプラセンタに次いでコストが高いというデメリットはありますが、含有成分を考えるのであれば、使用してみる価値はあるでしょう。

ブタプラセンタエキス

流通量が多く、コスパが良いというメリットを持ったプラセンタエキスです。ではなぜ、
ブタプラセンタエキスはウマよりもコスパが良いのでしょうか?
それには、単純にアミノ酸の含有量がウマよりも少ないという理由も挙げられますが、ウマが年1回しか出産しないのに対し、ブタは年2回出産します。

つまり、1年というサイクルで考えた場合、ブタプラセンタエキスはウマの2倍の量を採取できることになり、これがコスパに影響していると考えられます。

植物性プラセンタと海洋性プラセンタについて

上記でご紹介したプラセンタエキスは、すべて動物由来ですが、プラセンタの種類はこれだけではありません。
それは、植物性プラセンタと海洋性プラセンタです。
では、これらのプラセンタは、動物由来プラセンタとなにが違うのでしょうか?

植物性プラセンタとは?

プラセンタと名前は付けられていますが、この種類のプラセンタは、厳密にはプラセンタではありません。ではなぜ、プラセンタという呼び名がつけられたのでしょうか?

まず、動物性プラセンタエキスは、子宮内にいる赤ちゃんに栄養を送り届けるための胎盤から抽出されますが、植物性プラセンタエキスは、植物の胎座という部分から抽出される成分で、動物性プラセンタとは異なり、成長因子を含んでいません。

ですが、胎座にもアミノ酸やビタミン、ミネラルなどの成分が含まれていることから、植物性プラセンタと呼ばれるようになったようです。

動物性成分のアレルギーが怖いから植物性成分で…とお考えの方は多いかもしれませんが、動物性プラセンタと植物性プラセンタはまったく別の成分ですので、混同しないように注意する必要があります。

海洋性プラセンタとは?

これもまた、厳密にはプラセンタとは異なる成分です。
海洋性プラセンタは魚の卵巣膜から抽出され、動物性プラセンタと同様の成分が含まれています。ですが、動物性プラセンタに含まれている成長成分は含まれていませんので、動物プラセンタと同様の効果は期待することができません。

この海洋性プラセンタもまた、哺乳類の胎盤と似たような働きをする魚の卵巣膜が使用されていることから、プラセンタと命名されているだけですので、動物性プラセンタと混同しないように注意しましょう。

プラセンタエキスの効果

動物性プラセンタエキスの効果については、なんとなくわかってきましたね。それではここで、プラセンタエキスの効果についてまとめておくことにしましょう。

美白効果

プラセンタエキスには、数種類のビタミンが含まれており、とりわけ、ビタミンCとEには強い抗酸化作用があり、また、美白効果も期待することができるといわれています。

さらに、プラセンタエキスを角質層の深い部分にまで送り届けることができれば、成長因子の働きによって細胞分裂効果を狙うことができますので、ターンオーバー促進に役立ちます。

ターンオーバーが遅れると、お肌に現れたくすみやシミがなかなか薄くなりませんが、表皮の細胞分裂が活性化されれば、これらの悩みを改善すべく、美白効果を期待できます。

保湿効果

プラセンタエキスには、何種類ものアミノ酸が含まれており、お肌から角質層の深い部分に成分を送り届けることによって保湿効果を期待できるでしょう。小じわのおもな原因はお肌の乾燥ですので、乾燥肌による小じわが気になる方におすすめできるのが、プラセンタエキスです。

細胞分裂促進効果

プラセンタエキスには成長因子が含まれていますので、皮下の細胞分裂効果を狙うことができ、エイジングケアに役立つと考えられます。ただし、これらの効果はプラセンタエキスが角質層の最も深い部分の基底層に到達させることによって得ることができます。

つまり、ただ単にプラセンタエキスをお肌につけさえすれば、それで美容効果を得ることができるということではないということです。

プラセンタエキスを使用するのであれば、ご自身でも乾燥肌を改善する努力や、ターンオーバーを正常化させる努力を行う必要があります。

特にターンオーバー周期が長くなっていると、古くなった表面の角質に妨げられて、成分が角質層の深い部分にまで浸透できなくなることがありますので、この部分についてはしっかりと頭に入れておく必要があります。

参考: http://www.skincare-univ.com/article/004629/

スポンサードリンク

 

馬プラセンタエキス原液で手作り化粧水に挑戦

マンディムーンのウマプラセンタ原液を使用してみました。
001purasentageneki

製品には、手作り化粧水のレシピが付属しています。
馬プラセンタエキス原液の手作り化粧水のレシピ

今回は、ウマプラセンタエキス原液とアプレシエ原末(ビタミンC誘導体)を使用した手作り化粧水、ウマプラセンタエキス原液とEGFの手作り美容液を作ってみます。

ウマプラセンタ原液をそのまま肌につけてみた

画像だとわかりにくいかもしれませんが、ウマプラセンタ原液は無色透明、臭いはまったくありません。筆者は以前に、ブタプラセンタ美容液を使用したことがありますが、そのときには、ブタ独特の臭いがあり、化粧品として使用するにはどうかな?という印象を持ちました。

ですが、今回のウマプラセンタ原液には気になる臭いがまったくありませんので、嗅覚が鋭い方でも抵抗なく使用できるのではないかと思います。
004purasentageneki

では、ウマプラセンタエキスを直接お肌につけてみましょう。
水のようなテクスチャーですので、プラセンタをお肌につけているという感覚ではありません。

また、ブタプラセンタのときには、お肌につけてしばらくするとかなり強い保湿感を感じたのですが、ウマプラセンタ原液にはそれがありません。

で、効果はというと、ブタプラセンタのように、お肌につけてから間もなくして保湿効果を実感することはできませんでした。

ですが、翌日のお肌の状態はGOOD!

秋口になると、昼夜ともにエアコンをつける機会がグンと減り、窓を開けて外気を室内に取り込むことが多くなります。そして、ここで注意しなければならないのが、乾燥した外気によるお肌の乾燥です。

筆者もプラセンタ原液をお肌につけた日には、窓から外気を取り入れて休みましたが、ウマプラセンタをつけたお陰か、翌日のお肌の乾燥は気になりませんでした。

ただし、筆者はもともと乾燥肌ではないので、このような結果を得ることができましたが、乾燥肌の方の場合では、ウマプラセンタ原液+乳液+クリームという組み合わせがおすすめできるでしょう。

スポンサードリンク

 

ウマプラセンタ原液+精製水

それでは次に、マンディムーンの作り方レシピの化粧水で試してみることにしましょう。
ウマプラセンタ原液+精製水
006purasentageneki
成分がほとんど精製水ですので、見た目も水と変わりありません。この化粧水をお肌につけてみたところ、筆者の場合ではかなり薄く感じました。

普通肌で薄く感じるくらいですから、乾燥肌の方の場合ではさらに薄く感じると考えられます。この化粧水を使用するのであれば、やはり、化粧水+乳液+クリームという使い方がおすすめできそうです。

ウマプラセンタ原液+精製水+アプレシエ原末(ビタミンC誘導体)

それでは次に、先程の化粧水に、美白成分として有名なアプレシエ原末(ビタミンC誘導体)を耳かき1杯分混ぜてみることにしましょう。アプレシエには色素がありますので、こんな感じになります。
007purasentageneki
008purasentageneki
薄いレモン色ですね。
では早速、化粧水をお肌につけてみましょう。
この化粧水は、つけてしばらしてからお肌にモッチリ感が出てきます。これは、アプレシエ原末の影響によるものと思われますが、「プラセンタ原液のまま」「プラセンタ原液+精製水」と比較した中では、いちばんお肌に合っているような気がしました。

翌日のお肌の状態は、プラセンタ原液をそのままつけたときと同レベルの保湿感がありました。

スポンサードリンク

 

ウマプラセンタ原液+EGF(ヒトオリゴペプチド-1)

EGF(ヒトオリゴペプチド-1) そのものがセイチョウイン市に分類される成分ですので、成長因子が含まれているウマプラセンタ原液にEGFを混ぜたらどういうことになるのだろう?と、とても興味がありました。

ウマプラセンタ原液+EGF(ヒトオリゴペプチド-1)
今回使用したEGFにも色素がありませんので、見た目は水のような美容液です。また、EGFのテクスチャーはウマプラセンタ原液よりも若干粘度がありますが、ほぼ変わりません。

ちょっとこれは面白そうなので、お風呂上がりの顔全体に伸ばし、そのまま休んでみました。

その結果は?
これはいいです!

筆者はエイジングケアが必要な年代ですが、この保湿感はエイジングケアに役立つに違いない!と感じました。今回試してみた方法の中で、筆者的には最もおすすめできる方法なのではないかと思います。

プラセンタエキス原液を使ってみた感想

今回使用したウマプラセンタ原液は、正直なところブタプラセンタ原液よりもインパクトか薄いという印象でした。ですが、ブタプラセンタには癖のある独特の臭いがありますが、ウマプラセンタ原液にはそれがなくて使いやすいというメリットがあります。

今回は実験的にウマプラセンタ原液を使用してみましたので、効果についてははっきりと確認することができませんでした。ですが、とりあえずウマプラセンタをお肌につけていれば乾燥を防ぐことができるということはわかりました。

これから先、秋から冬へと季節が移り変わる中で、外気がどんどん乾燥して行きます。
特に普段から乾燥肌が気になるという方は、いつものスキンケアを行う際に、ウマプラセンタエキスを上手に取れ入れてみると良いでしょう。

それが1番効果がある?プラセンタエキスの取り入れ方法

プラセンタは、3種類の方法で体内に取り込むことができますが、それぞれの方法ごとに得られる効果には差が生じます。では、結局のところ、どの方法が最もおすすめできるのでしょうか?

プラセンタエキスを「お肌に塗る」

今回筆者が試してみたのはこの方法ですが、化粧品の浸透はどんなに頑張っても表皮の基底層までですので、この部分にまで成分を送り届けるとなると、それ相応の時間を必要すると考えられます。

特にターンオーバー周期が極端に遅れている方の場合では、成分の浸透力も遅いと考えられますので、まずはターンオーバー周期の改善から始める必要があるでしょう。
つまり、この方法でプラセンタを使用するのであれば、気長にケアを続けて行く心構えが必要であるということです。

プラセンタを「サプリ等から摂取する」

市販のプラセンタサプリにはさまざまな種類がありますが、その中には、プラセンタの含有量が少ない製品もあります。プラセンタサプリを飲むのであれば、あまり安価な製品を選ばす、少々お値段が張ったとしても、プラセンタ配合量が多いサプリを選ぶようにしましょう。

また、市販のプラセンタサプリは、成分が体内で代謝されたのちに血管内を通って全身に運ばれますので、効果が現れるまでには少々時間がかかるでしょう。

そしてもうひとつ、経口であればプラセンタ内服薬という方法もあります。この方法の場合では、市販のプラセンタサプリよりも効果の現れ方が早いと考えられているようですが、これには個人差がありますので、実際に服用してみなければ何とも言えないところではあります。

市販のプラセンタサプリはブタ由来またはウマ由来ですが、医療機関のプラセンタ内服薬では、ヒト由来プラセンタが用いられることがほとんどです。
化粧品だけで心もとないという方は、ひとまず市販のプラセンタサプリまたは、医療機関のプラセンタ内服薬を併用してみると良いでしょう。

プラセンタ注射

医療機関のみで受けることができる治療で、速効性があるといわれています。プラセンタ注射は1回3,000円前後と、決して安価な治療法とはいえませんが、予算が許し、なおかつ献血制限を受けるという部分が気にならないのであれば、医療機関でカウンセリングを受けてみて、治療を検討してみてはいかがでしょうか。

このように、プラセンタの種類によって効果の現れ方や費用が異なりますので、一概にどれがおすすめということはいえません。

たとえば、費用を重視するのであれば、化粧品、プラセンタサプリ、プラセンタ内服薬、プラセンタ注射ということになり、効果を重視するのであれば、プラセンタ注射、プラセンタ内服薬、プラセンタサプリ、化粧品という順になります。

プラセンタエキスに副作用や危険性はある?

化粧品の使用による副作用はほとんど心配ないと考えられているようですが、サプリ、内服薬、注射など、体内に直接成分を取り込む方法の場合では、副作用やアレルギーが現れることがあるようです。

場合によってはアトピー性皮膚炎や喘息、肝機能障害など、重症度が高くなる可能性がある疾病を発症することがあるようですので、プラセンタの使用に際して心配な方は、事前にプラセンタに対するアレルギー検査を受けておくと良いでしょう。

<参考>
http://www.skincare-univ.com/article/004138/
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail755lite.html

スポンサードリンク

PAGETOP