資生堂HAKUの美白ケア・シミ対策 口コミ評価

資生堂HAKUの美白ケア・シミ対策 口コミ評価
美白ケアコスメとして人気が高い資生堂のHAKUシリーズの中から、基礎化粧品である「美白化粧水、美白美容液、美白乳液」の口コミを調査しました。実際にHAKUトライアルセットを使用してみた感想・評価もレビューしているので、HAKUを検討している方は参考にしてみてください。


もくじ

資生堂「HAKU」とは?美白コスメとして人気のワケ

美容雑誌や人気サイトにて、ベストコスメを数々受賞している資生堂のHAKUシリーズは、シミ予防研究から誕生した美白ケアコスメです。2005年に”シミ予防に特化した美白のスペシャルブランド”として開発されました。

資生堂「HAKU」の美白有効成分とは?

100年にも及ぶ資生堂の肌研究により、厳選された美白有効成分が配合されているHAKUシリーズでは、時代に合わせて機能面や使い心地が進化し続けています。2005年から登場したHAKUには、美白有効成分に「m-トラネキサム酸」が配合されています。

皮膚科での色素沈着治療において、内服薬として成果を出していたトラネキサム酸を資生堂では、いち早く薬用化粧品の美白有効成分として開発しました。

2007年には、メラニンの生成抑制+角化プロセスを整える独自美白成分の「4MSK」を配合。2011年には、日本発となるm-トラネキサム酸と4MSKの美白有効成分W配合を開発し、美白コスメの新時代製品として、人気美容雑誌のコスメ賞4冠に輝きました。一気に知名度を高めたHAKUシリーズは、2013年にはコスメ賞23冠に輝き、現在も人気が続く美白コスメの代表的なブランドとなっています。

資生堂「HAKU」の副作用リスク・安全性は?

資生堂では、安全性を徹底的に確認した厳選材料が使われています。こだわりの原料を使用して作られた製品は、試作検討や商品テストを繰り返し行う事で、高品質で安全性が高い製品へと仕上げています。商品ごとに適した品質検査と丁寧な梱包により、安心・安全な製品を生み出しているため、幅広い年代の方から信頼されるブランドとしてHAKUは人気を維持しています。

HAKUに使用されてる美白有効成分は、すべて厚生労働省で認められている成分です。正しく使う事で、透明感のある素肌へと導いてくれますが、敏感肌の方は刺激に感じる事もあるため、肌に違和感が出た場合は使用を中止してください。

資生堂「HAKU」の良い口コミ&悪い口コミを調査!

資生堂HAKUシリーズの「美白化粧水・美白美容液・美白乳液」3商品の口コミを調査しました実際に使用した事がある方達の良い意見、悪い意見をまとめました。

HAKUアクティブメラノリリーサー(美白化粧水)の口コミ

評価の良い口コミ

・とろみのあるテクスチャーがスーッとして気持ちが良い。
・肌にハリとツヤが出るようになった。
・潤いがあり透明感あふれるツルツル肌になってきた。
・角質ケアが出来るので、ニキビが出来にくくなった。

評価の悪い口コミ

・肌が弱いので、ヒリヒリとした刺激を感じた。
・シミソバカスへの効果は実感できなかった。
・値段が高いので、使い続ける事が難しい。
・鼻につくようなツンとしたニオイが気になった。

<私のコメント>
アクティブメラノリリーサーは、化粧水というよりも美容液感覚のとろみが強いテクスチャーです。やや薬品のようなニオイがありますが、肌に化粧水を馴染ませれば、ほとんどニオイは気になりません。とろみのあるテクスチャーが肌に密着し、肌の乾燥を防いでくれます。

ベタつきは少なく、サラッとした使い心地なので、使用後は肌のゴワつきが軽減します。ツルっとしたなめらかな肌触りに変化するため、ハリとツヤを実感できると思います。ただし、エタノールが使用されているので、肌が敏感になっている時は化粧水の刺激を感じる恐れがあります。アルコールが入った化粧水が苦手な方は、ヒリヒリとした痛みや不快感が伴いやすいので注意が必要です。口コミでも評価が分かれる商品なので、肌が敏感な方はパッチテストからの使用をおすすめします。

HAKUメラノフォーカス3D(美白美容液)の口コミ

評価の良い口コミ

・値段は高めだが、肌のトーンが上がりキレイになった。
・シミ予備軍が薄くなり、美肌効果が実感できる。
・ニキビ痕が早く消え、くすみも改善された。
・保湿力が高く、コクのあるテクスチャーが肌に馴染みやすい。
・ベタつきがなく、ニオイも気にならない。

評価の悪い口コミ

・シミへの効果が実感できなかった。
・フェイスラインにニキビが出来てしまった。
・敏感肌には刺激が強く、ヒリヒリとした。

<私のコメント>
HAKUメラノフォーカス3Dは、1度の使用量が少ないため、ニオイも気にならず肌への刺激を感じにくかったです。化粧水よりもサラッとした使い心地ですが、保湿力があるので肌がふっくら柔らかに仕上がりました。使用直後は、それほど大きな肌への変化を感じませんが、時間の経過とともに美容成分が浸透すると、くすみが軽減して透明感がアップします。

潤い力がある美白美容液なので、皮脂が出やすい方は、使用後にニキビが出来てしまう事もあると思います。肌のコンディションに合わせて、使用量を微調整するとトラブルが起きにくいはずです。1週間のトライアルでは、シミへの効果がわかりにくいのですが、肌にハリが出るので目元が明るくなります。肌への相性が良い方は、継続したケアを続ける事で、より実感できるようになると思います。

HAKUインナーメラノディフェンサー(美白乳液)の口コミ

評価の良い口コミ

・サラサラでしっとりとした使い心地が良い。
・使い初めてから肌が柔らかくなりワントーン明るくなった。
・本当にくすみが改善して透明感がアップした。
・肌に馴染みやすくベタベタせず使いやすい。

評価の悪い口コミ

・コットンで肌をこする感じに抵抗があるのでリピートはなし。
・保湿力が低く、さっぱりとした使い心地で肌が乾燥する事もある。
・肌に馴染みにくく、顔がテカるようになった。
・薬品のようなニオイが気になり、使用後にヒリヒリとした刺激があった。

<私のコメント>
HAKUインナーメラノディフェンサーは、化粧水と美容液を使った後の最後の仕上げに使うため、ややベタつきが気になりました。それから、アルコールのような刺激のある香りがしますが、肌に馴染ませるとそれほどニオイは気になりません。

使用後は、肌にハリと潤いが出て、しばらく潤いが持続します。くすみがちだった肌が明るくなるので、顔がテカっているように感じる事もありました。それから、資生堂ではコットン使用が奨められていますが、肌への摩擦が大きくなる感じがあったので、違和感がある方はハンドプレスで馴染ませた方が良いと思います。

資生堂「HAKU」のトライアルセットを購入&商品体験レビュー

資生堂「HAKU」のトライアルセットを購入

資生堂のHAKUシリーズでは、シミ対策セット1週間分のトライアルセットをweb限定で販売しています。トライアルセットには、「美白化粧水美白美容液美白乳液、天然コットン」が含まれています。送料無料1,080円と、とてもお得な価格なので、気軽にお試し体験する事ができます。

HAKUを使ったシミ対策の基本的なお手入れ方法

HAKUの基礎化粧品を使用したシミ対策の基本的なお手入れ方法・手順をご紹介します。
002hakubihaku

①クレンジング&洗顔
資生堂HAKUを使った美白ケアのお手入れをする際には、あらかじめクレンジング&洗顔をして、肌を清潔な状態にしておきましょう。肌に汚れが残っていると美白成分が浸透しにくくなります。毛穴詰まりによる肌トラブルの原因にも繋がるので、肌の汚れはきちんと落としてから、基礎化粧品で美白ケアを行いましょう。

②アクティブメラノリリーサー美白化粧水を使う
コットンに500円玉大くらいの化粧水を取り出します。コットンに化粧水を含ませたら、クルクルと円を描くように顔を拭き取ります。とろみがあるテクスチャーが、古い角質を除去してくれるので、小鼻周りなど凹凸がある部分も丁寧に化粧水を伸ばしていきます。ムラにならないよう、均一に伸ばす事を意識してください。

③メラノフォーカス3D美白美容液を使う
一般的には、化粧水で肌を整えた後は、乳液を使ってから最後に美容液で仕上げていきますが、HAKUシリーズでは化粧水の後に、美容液であるメラノフォーカス3Dを使用します。パール1粒1個分の量を取り、顔全体に美容液を馴染ませます。使用量が少ない場合、ムラ塗りになってしまうので、適量を使うようにしましょう。コットンではなく、指先に美容液を乗せてから、肌全体に伸ばしていきます。

④インナーメラノディフェンサー美白乳液を使う
コットンに10円玉大の量の乳液を取り、肌全体に乳液を馴染ませます。クルクルと円を描きながら、肌に潤い成分を浸透させましょう。力を入れすぎると肌の摩擦が大きくなり、肌トラブルが起きやすくなるので、優しく撫でて使用してください。

HAKUアクティブメラノリリーサー(医薬部外品)薬用美白化粧水を使ってみた

HAKUアクティブメラノリリーサー(医薬部外品)薬用美白化粧水

HAKUの美白化粧水アクティブメラノリリーサーです。トライアル商品では、1本30ml含まれています。通常商品は、詰め替え用も販売されているので、継続して使う場合には、ボトルを再利用するとコストを抑える事ができます。

HAKUアクティブメラノリリーサーのテクスチャー
やや粘度があるトロッとしたテクスチャーの化粧水です。肌に密着するので、外部刺激による肌ダメージから、しっかりと肌を守れるような感じがします。

005hakubihaku
エタノールが含まれているので、少しだけ肌がスーッとします。肌が敏感な時は、刺激に感じるかもしれません。デリケートな肌質の方は気を付けてください。

アクティブメラノリリーサーの成分一覧

HAKUアクティブメラノリリーサーの成分

4-メトキシサリチル酸カリウム塩、グリチルリチン酸ジカリウム、L-セリン、トリメチルグリシン、2-O-エチル-L-アスコルビン酸、精製水、エタノール、ジプロピレングリコール、濃グリセリン、ポリエチレングリコール1000、トレハロース、カルボキシビニルポリマー、イソステアリン酸、エリスリトール、ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル、キサンタンガム、水酸化カリウム、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン、エデト酸二ナトリウム、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、フェノキシエタノール

HAKUメラノフォーカス3D(医薬部外品) 薬用美白美容液を使ってみた

HAKUメラノフォーカス3D(医薬部外品) 薬用美白美容液

HAKUの美白美容液のメラノフォーカス3Dです。数多くのベストコスメを受賞しているHAKUシリーズの中でも人気が高い商品です。

008hakubihaku
トライアルは1本5g。1回分はパール1粒程度と少量ですが、伸びが良いので肌全体に伸ばす事ができます。

HAKUメラノフォーカス3Dを肌に伸ばす
ムラができないように均一に美容液を伸ばしていきます。化粧水よりも肌に優しい使い心地です。

010hakubihaku
化粧水を使用してから美容液を塗る事で、美容・美白成分が肌の奥まで浸透していく感じがします。潤いがプラスされるので、肌がしっとり&ふっくらと仕上がります。

メラノフォーカス3Dの成分一覧

メラノフォーカス3Dの成分

4-メトキシサリチル酸カリウム塩,トラネキサム酸,ユリエキス,塩酸グルコサミン,濃グリセリン,ハス種子乳酸菌発酵液,ルムプヤンエキス,ヒアルロン酸ナトリウム(2),精製水,ジプロピレングリコール,ベヘニルアルコール,エタノール,α-オレフィンオリゴマー,メチルポリシロキサン,キシリット,ピバリン酸イソデシル,N-ステアロイル-N-メチルタウリンナトリウム,ワセリン,ポリエチレングリコール1000,ミリスチン酸ミリスチル,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,ステアリルアルコール,マルチトール液,ポリエチレングリコール20000,ジイソステアリン酸グリセリル,1,3-ブチレングリコール,ステアリン酸ジメチルアミノプロピルアミド,エデト酸二ナトリウム,クエン酸,l-メントール,クエン酸ナトリウム,イソステアリン酸,ピロ亜硫酸ナトリウム,ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン,L-セリン,3-O-エチルアスコルビン酸,フェノキシエタノール,β-カロチン

HAKUインナーメラノディフェンサー(医薬部外品)薬用美白乳液を使ってみた

HAKUインナーメラノディフェンサー(医薬部外品)薬用美白乳液

HAKUの美白乳液インナーメラノディセンサーです。1本に20g含まれています。
HAKUインナーメラノディフェンサーのテクスチャー
みずみずしいテクスチャーの美白乳液です。化粧水と美容液で肌を整えた後、整肌・保護成分のディフェンスバイタライザーを含む美白乳液で、肌に潤いを閉じ込めてバリア機能を高めます。

014hakubihaku
美白化粧水、美白美容液、美白乳液の3ステップでお手入れをした直後は、少しベタつきがありますが、肌に美容成分が馴染めば、肌がしっとりと潤いキメが整ってきます。夜のスキンケアに取り入れると翌朝には、肌のハリや透明感を実感できます。

インナーメラノディフェンサーの成分一覧

インナーメラノディフェンサーの成分

4-メトキシサリチル酸カリウム塩,グリチルリチン酸ジカリウム,酢酸レチノール,アラントイン,酢酸DL-α-トコフェロール,3-O-エチルアスコルビン酸,精製水,エタノール,ジプロピレングリコール,メチルポリシロキサン,濃グリセリン,メチルフェニルポリシロキサン,キシリット,トレハロース,2-エチルヘキサン酸セチル,イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル,モノステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル,ベヘニルアルコール,カルボキシビニルポリマー,バチルアルコール,水酸化カリウム,N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル),ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル,エデト酸二ナトリウム,キサンタンガム,ヒアルロン酸ナトリウム(2),ヒマワリ油(1),フェノキシエタノール  

資生堂ビューティーアップコットンを使ってみた

資生堂ビューティーアップコットン

HAKUトライアルセットに含まれている資生堂のビューティーアップコットンです。
017hakubihaku

天然コットンなので、肌に優しいスキンケアをサポートしてくれるアイテムです。
018hakubihaku

コットンは、やや厚みがあるのでしっかりとしています。
019hakubihaku

コットンにアクティブメラノリリーサー美白化粧水を染み込ませました。化粧水は、とろみのあるテクスチャーのため、美容成分がしたたり落ちる事はありません。濃密な使い心地の化粧水ですが、ベタつきが気になる方は、コットンに浸透させてから化粧水を使用すれば、さっぱりとした使い心地に変わります。
020hakubihaku

こちらは、美白乳液をコットンに染み込ませました。パックをするようなイメージで、ゆっくりとコットンを肌の上に乗せ、美容成分を浸透させるようにクルクルと円を描きながら、美容成分を肌に馴染ませます。

100円ショップで販売されている安価なコットンと比べ、大判で持ちやすく毛羽立ちもありませんでした。コットンは、必ずしも使わなければいけない商品ではないので、肌に直接化粧水や乳液を使用しても問題はありません。

資生堂「HAKU」は購入すべき?おすすめの人と控えた方が良い人

美白ケアコスメとして人気が高い資生堂HAKUシリーズですが、おすすめな人と控えた方が良い人がいます。

資生堂「HAKU」の購入におすすめな人

・シミを予防したい方
・肌のくすみが気になる方
・ニキビ痕を予防したい方
・エイジングケアとして美白対策を行いたい方
・信頼できる安全な化粧品を使いたい方

資生堂HAKUシリーズは、肌ダメージを受けた時のシミ化を防ぐ働きに優れています。シミを作らない若々しい肌をキープするためのエイジングケアに有効です。大手コスメブランドの資生堂商品は、美白有効成分がしっかりと配合されているため、高品質で安心して使えるところが魅力です。

資生堂「HAKU」の購入を控えた方が良い人

・深いシミが出来てしまった方
・肝斑、ソバカスに悩んでいる方
・乾燥、敏感肌の方
・アトピー、アレルギー体質の方
・即効性を求める方

美白化粧品として人気が高いHAKUシリーズですが、残念ながら無添加・オーガニック製品ではないため、肌が敏感な方には刺激を感じやすい製品です。特に、乾燥による敏感肌を招いている方は、アルコール成分が肌に沁みやすいので注意が必要です。

エタノールなどの添加物に弱い方、アレルギー体質の方は使用を控える事をおすすめします。また、シミの予防や軽いシミの改善には、口コミで美白効果を実感している方が多いのですが、深いシミの場合は効果が出にくいようです。長期的な美白ケアによってシミ対策に有効な商品なので、即効性を求める方にも適しません。

資生堂「HAKU」の気になる疑問と注意点

資生堂「HAKU」を使用する際に気になる疑問・注意点をまとめました。

資生堂HAKUシリーズを全商品使う場合の手順は?

資生堂HAKUシリーズは、美白化粧水、美白美容液、美白乳液のほかにも「ジェル状化粧水、泡状乳液、マスク」が販売されています。ジェル状化粧水、泡状乳液は、通常の美白化粧水、美白乳液と同じ順序で使いましょう。

マスクを使う際には、美容液代わりに使用してください。マスクはじっくりと美容成分が浸透するので、スペシャルケアとして取り入れると効果的な美白ケアが行えます。

どれか1つだけスキンケアに取り入れるのはOK?

資生堂HAKUシリーズは、決して安いお値段ではないため、1商品だけスキンケアに取り入れたいという方も多いのではないでしょうか?HAKUシリーズでは、すべての商品に「4MSK」の美白有効成分が含まれていますが、そのほかの美白成分は商品によって異なります。
M-トラネキサム酸、Sヒアルロン酸、アンダーシールダーなど、採用されている成分が異なるので、自分の肌質・コンディションに合わせて効果的な商品を選びましょう。

もしも、自分の肌に合う商品がわからない・・・と悩んでいる方は、公式サイトの簡単なマッチング診断で、自分に合った商品を選ぶ事ができます。相談窓口では、美白に関する悩み、疑問を答えてくれるコンシェルジュが対応してくれます。チャットで無料相談できるので、気になる事は専門スタッフに尋ねて不安を解消しましょう。

紫外線を浴びてしまった肌でも美白ケアできる?

シミの原因となるメラニンが生成されるのは、紫外線を浴びてから約3日後です。3日以内に美白ケアを始めれば、シミ予防に効果的なお手入れが行えます。肌ダメージが気になった場合は、できるだけ早い段階でお手入れをするように心がけてください。

HAKUを使用している時も、日中の紫外線予防対策は忘れないようにしてください。UV効果があるコスメではないので、おでかけ前にHAKUで美白ケアをした後も日焼け止め、日傘、手袋などの紫外線対策を忘れないようにしましょう。肌ダメージを最小限に抑える事も美白ケアでは重要です。

PAGETOP