ハロウィンネイル【セルフ・簡単】デザイン集&やり方・コツ

ハロウィンネイル【セルフ・簡単】デザイン集&やり方・コツ
今回は「ハロウィンネイル」です!
コスプレなどの楽しみもあり、ここ数年でハロウィンは秋の風物詩になってきましたよね。パーティやイベントに参加する方も多いのではないでしょうか。

ここでは、そんなハロウィンをもっと盛り上げてくれるデザインネイルを紹介していきたいと思います。もちろんセルフでも簡単に出来ちゃうネイルばかりです。

オバケやジャック、カボチャの定番デザインからオフィスなどの普段使いもできる簡単ハロウィンネイルを紹介しています。

 

スポンサードリンク

 


もくじ

 

ハロウィンネイル×魔女と黒猫で大人っぽく

ハロウィンネイル×魔女と黒猫で大人っぽく

スポンサードリンク

 

ハロウィンのネイルでもよく登場するのが、魔女と黒猫です。諸説ありますが、黒猫は魔女の使いをしていたのだという説もありますね。そんな黒猫と魔女を使った大人っぽいハロウィンネイルを作ってみましょう。黒猫はシルエットや、輪郭をトリミングして描くととてもかわいいデザインになるのがポイントです。
037halloweennail
まずはベースコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取ってオレンジカラーで逆フレンチを描いていきます。カラーは2度塗りして硬化します。
038halloweennail
1㎝ほど空けてオレンジのラインを残すように逆フレンチをパープルで描いていきます。どちらも2度塗りをします。逆にオレンジを上に描く場合も同じ要領でおこなってください。
039halloweennail
黒のラインをフレンチラインに沿って描いていきます。カラージェルでもOKですし、初心者の方はアクリル絵の具でやり直しがしやすいようにしてもいいですね。
040halloweennail
次にステッチを作るように点々を入れていきます。ハロウィンをモチーフにしたラインを引きたい時に黒のステッチはどんなデザインにもピッタリです。是非試してみてくださいね。
041halloweennail
黒猫のシルエットを描いていきます。絵を描くのが苦手な方には、サインペンなどの油性ペンを使って描いてもOKです。シルエットのワンポイントにゴールドブリオンを首輪のアクセサリーにしてみました。シルエットなら、尻尾だけを描いて尻尾にリボンを飾ってみたりもかわいくてオススメです。
042halloweennail
薬指の黒猫は堂々と顔を覗かせるように描いてみましょう。ベースコートジェル→クリアジェル2度塗りの後にカラージェルで描きました。埋め込むように描いたほうがかわいいですね。

大きな面積のほうが描きやすいのもポイントです。耳の部分のバランスを保って輪郭を描いて中を塗りつぶすようにしましょう。
043halloweennail
クリアの部分にネコの足跡を描いていきます。まるで足跡でリズムを取っているようにも見えるデザインにしていきます。ここでは100円ショップ「セリア」のネイルシールを使わせていただきました。直で描くときもドットペンなどを使うとネコの足跡は簡単に描くことができます。
003halloweennail
044halloweennail
黒猫に目を入れていきます。ネコと言えば「つり目」ですよね。ゴールドのスタッズを使ってみました。筆で描いてもかわいいですが、闇夜に光る黒猫のイメージにピッタリなアクセサリーですので是非使ってみてください。フラット×アクセサリーで趣向を凝らしたネイルに変わります。
045halloweennail
魔女はデザインの中でも黒猫の引き立て役にしたかったので、夜空を飛んでいるイメージでネイルシールを使用しました。こちらも100円ショップ「セリア」の「ネイルステッカー」です。ホログラムでキラキラしているのがかわいいですね。お城めがけて飛んでいる魔女をイメージしてみました。
046halloweennail
全て完成したら、トップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成になります。

ハロウィンネイルは使うカラーがオレンジ、紫、黒、白など決まってしまいます。アートのカラーとベースカラーカラーの合わせ方が大きなポイントになります。

シルエットをメインにしたい場合はベースカラーは明るく、明るいカラーでアクセサリーをたくさん付けたい場合はベースカラーはクリアや白、黒など単色にするといいですね。
特に魔女や猫はシルエットになることが多いデザインなので、そういったところに気を付けてデザインするともっと楽しめますよ!

ハロウィンネイル×オレンジカラーでジャック(かぼちゃ)をイメージ

ハロウィンネイル×オレンジカラーでジャック(かぼちゃ)をイメージ

スポンサードリンク

 

ハロウィンと言えばカボチャの顔のイメージがありますよね。オレンジカラーを使うだけではおもしろくない!顔をネイルに入れてしまってハロウィンパーティなどにもピッタリのジャック(カボチャ)ネイルでおもいっきり楽しんじゃいましょう。
001halloweennail
まずはベースコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取った後、オレンジカラーを2度塗りします。硬化をした状態から説明しますね。
002halloweennail
同じオレンジのカラーでも、クリーミィオレンジやパステル系のオレンジでストライプを描いてカボチャのイメージを作っていきます。(カラーがなければ黒の細いラインでカボチャをイメージすることができます)

ストライプのラインは太めに描きましょう。ここで硬化します。
003halloweennail
今回顔のパーツで使用するのは100円ショップ「セリア」の「ハロウィンネイルステッカー」少しプックリした感じが特徴です。立体感のあるネイルがお好みの方にもピッタリです。
004halloweennail
ネイルシールを剥がしていきます。できるだけピンセット等を使って剥がしましょう。ネイルシールは薄く作って剥がれにくくなっているため、細かいアートの場合くっついて台無しになってしまうことがあります。
005halloweennail
ネイルの中央に顔のネイルシールを貼っていきます。基本的にネイルシールは薄いので、何回も剥がしたりしない方がいいでしょう。一発OKで貼れるようにフィルムに付いた状態で貼る場所の確認をしておくといいですね。

「ネイルシールを使うのが苦手。」「自分の好みの大きさで描きたい!」「簡単な方法はないの?」と聞かれることがありますが、私がオススメしているのは油性ペンの細い方を使って顔のパーツを描くことです。

マニキュアなどは適度に乾いた状態でおこなって欲しいのですが、細かい顔の表情なども出しやすく、マニキュアと同様に除光液で消えるので使いやすいアイテムです。ジェルネイルでもマニキュアでも使えるので是非試してみてくださいね!
006halloweennail
周りをカボチャの輪郭に合わせて黒で縁取りをしていきます。細筆を使うといいですが、簡単に爪楊枝の先を使うのもいいですね。囲んで硬化します。上からクリアジェルを塗って更に硬化、トップコートジェルを塗って硬化しし、未硬化ジェルを拭き取って完成になります。
007halloweennail
他の指は、オレンジベースの黒のドットを描いてみました。全ての指が顔というのもインパクトがあってパーティやコスプレなど派手にしたいときにもかわいいですが、普段使いもしたい方にはドットなどポピュラーなデザインを入れて置くのもいいですね。
008halloweennail
同じ「ハロウィンネイルステッカー」を使ってドット柄の方にもデザインしていきます。トップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成です。

イベントにも、普段使いにもできるカボチャのモチーフネイルはとてもかわいいですね。オレンジ一色ではなく、パステル系やトーンを上げたりしたオレンジでストライプを作るのも普段使いできるハロウィンネイルのポイントです。

パーティだけじゃないジャックの顔をメインにしたハロウィンネイルを紹介しました。利き手も簡単にできるように、油性マジックやネイルシールを使うのもセルフならではのポイント!是非上手に可愛くハロウィンネイルを楽しみましょう。

ハロウィンネイル×蜘蛛の巣

 
ハロウィンネイル×蜘蛛の巣

スポンサードリンク

 

ハロウィンネイルで使われるデザイン「蜘蛛の巣」ボディ・ペインティングでもよく見ますよね!ネイルでも同じように合わせるととてもかわいい仕上りになります。ここでは、そんなハロウィンネイルの定番の蜘蛛の巣のデザインを紹介していきましょう。
009halloweennail
まずはベースコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って白のカラーを単色で2度塗りしておきます。
010halloweennail
細筆を使って線を放射線状に描いていきます。この時線の長さをランダムにしておくことがポイントです。ジェルの場合は特に細かいアートになるので硬化もこまめにおこないましょう。
011halloweennail
蜘蛛の巣の横のラインを描いていきます。少したわみを持たすように描くのがポイントです。また、小さな三角形を描いているように蜘蛛の巣を描いていきます。
012halloweennail
全てのラインを描き終わったら硬化します。蜘蛛の巣を描くときのポイントは横のラインにたわみを持たすことですね。均一にたわみを持たす方法と不規則にたわみを持たす方法とあります。

デザインで使われるときには、ワイルドなデザインになるほど不規則に、蜘蛛の巣を女性らしく使いたいときなどには均一な蜘蛛の巣をデザインします。好みもあると思いますが参考にしてみてくださいね。
013halloweennail
シルバーのホログラムを使います。今回は小さな直径5㎜の丸ホログラムを使いましょう。
014halloweennail
クリアジェルを塗ってホログラムをのせていきます。ランダムにのせます。他のデザインにもホログラムを使いましたが、今回は黒と白のモノトーンで作ったので、全体をシルバーを使ってメリハリを出してみました。トップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って仕上げます。
015halloweennail
「ハロウィンパーティでも使えるネイルを!」ということで、大振りのアクセサリーを使いました。100円ショップ「セリア」の「ネイルパーツ」を使いました。
016halloweennail
つけ方としては、ネイル用グルーがオススメです。ジェルネイルでも、グルーで付けて上からトップコートジェルを塗ってより強度を高めるのもいいですね。また、スカルプチャで作る場合はミクスチャーに埋め込めるのでとても自然に仕上げることができます。

パーティやイベントなどでハロウィンネイルをする場合には、付け爪にする方も多いはずですよね。普段なら付けることがないような大きなアクセサリーをポイントに持ってくるのもカワイイですよね。思い切りハロウィンを楽しみたい方にもオススメのネイルです。

ハロウィンネイル×おばけ&包帯

ハロウィンネイル×おばけ&包帯

おばけなどのコスプレをよくみかけますよね。ネイルでもおばけや包帯のミイラネイルは人気です。少し難しそうと思ってしまいますが、イベントやパーティなどでは少し変わったネイルで出かけたいものですよね。ここではそんなおばけ×包帯のハロウィンネイルを紹介していきましょう。
017halloweennail
まずはベースコートジェルを塗って硬化します。未硬化ジェルを拭き取って白のカラーを2度塗りして硬化します。カラージェルを硬化した際は拭き取らなくてもOKです。
018halloweennail
書き始めは、ミイラの目元から描くと失敗しません。黒目をドットペンで打って、その周りを黒で囲むようにして三角に塗りつぶしましょう。アートを入れるときには一回一回硬化をすることをオススメしています。
019halloweennail
次に包帯をぐるぐる巻きにしているように描いていきます。コツはボーダーラインのようにならないように交差させることです。上から描いていくのではなく、目元近くから描いていくとバランス良く描くことができます。
020halloweennail
下も同じ要領で描いていきます。線の太さは好みでOKですが、写真くらいの太さがちょうどいいですね。細すぎても包帯の雰囲気が出ないですし、太すぎると目元のインパクトが薄れてしまいますよね。ここで硬化してクリアジェルを塗って硬化、更にトップコートジェルを塗って硬化し、未硬化ジェルを拭き取って完成になります。
021halloweennail
次にゆるかわいいオバケの描き方です。私はフレンチラインを使っておばけを描いてみました。白のフレンチラインは少しカーブを強めに描いておきます。2度塗りにしておきましょう。
022halloweennail
おばけのラインを取っていきます。包帯のラインと同じ太さにしました。ラインがいろんな太さになるとどうしてもバランスが悪くなるので注意しましょう。また、顔を描くときはかわいいおばけにしたかったので、目の大きさを変えてみました。目の配置は顔を描くときは難しいポイントです。あえて崩してみるのもオススメです。

口も開いているより、閉じて八重歯が見えているようなデザインの方がちょっと間抜けな感じでかわいいですね。アートが完成したら硬化します。クリアジェルを塗って再度硬化、トップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成になります。
023halloweennail
親指、薬指はベタにオレンジ、パープルを単色塗りしました。黒で周りをぐるっと細筆で描きます。
024halloweennail
ステッチを入れることでハロウィンの雰囲気が強調されます。これだけで雰囲気が出ますね。クリアジェルで硬化をして未硬化ジェルを拭き取ります。
025halloweennail
真ん中に「HAPPYHALLOWEEN」「Trickorreat」のネイルシールで文字を入れました。黒の単色のものとカラフルな文字のもの両方入れて賑やかなネイルに仕上げました。シールの上からトップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成です。
026halloweennail
おばけの方にもハートのネイルシールを使っています。
027halloweennail
100円ショップ「セリア」の「ネイルステッカー」を使用しました。文字のネイルシールは100円ショップがとても優秀です。またイベントごとに安くで本格的なハロウィンネイルも楽しめますよね。

おばけや包帯のハロウィンネイルは少し難しいかもしれませんが、少しネイルシールを使うことでもっと手が掛かったデザインネイルにも見えますよね。仮装をしたり、ハロウィンのイベントにもオススメのデザインネイルです。是非、かわいいおばけネイルも楽しんでみてくださいね。

シールで簡単にハロウィンネイル

シールで簡単にハロウィンネイル

「もっと簡単にでも少し本格的なハロウィンネイルってできないの?」という方には、アートの全てをネイルシールでやってみるのもオススメです。特に初心者の方なんて利き手のアートは至難の業!となりますよね。ここでは、ベースカラーに一工夫入れたハロウィンネイルを紹介したいと思います。初めてのハロウィンネイルでも失敗しない方法です。是非試してみてくださいね。
028halloweennail
ベースコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取った状態から始めます。これはマニキュアでも簡単にできますよ!
029halloweennail
食器用スポンジを用意します。使いやすいように爪の縦横の長さ+1cmくらいの大きさにカットしておくといいですね。
030halloweennail
ハロウィンカラーをグラデーションの用に3色スポンジに塗ります。今回の使用カラーはオレンジ、パープル、ピンクです。ピンクはショッキングピンクのような発色のいいものをチョイスしました。
031halloweennail
後は簡単、爪に直接トントンとしていくと自然なグラデーションカラーになります。グラデーションの作り方では筆で作るタイプもありますが、セルフネイルでは断然このやり方をおすすめしています。ジェルの場合は、トントンとして硬化、もう一度トントンとして硬化とすると色ムラがなく綺麗なグラデーションができます。
032halloweennail
今回使用するのは、100円ショップ「セリア」の「ネイルステッカー」ハロウィンのネイルシールでも少しグリッターが入っているものですね。モノトーンカラーのネイルシールを使うので、ベースカラーはあえて明るめの思い切ったグラデーションにしました。
033halloweennail
ネイルシールを台紙から剥がしていきます。プックリ系、ピッタリ系、転写系と勝手に分類していますが、今回のネイルシールはピッタリ系のネイルシールなので、剥がすときには引っぱらないように台紙を丸めるようにして浮かせてピンセットなどで取ります。薄くて馴染みのいいネイルシールは破れやすいデメリットがあります。剥がすときは慎重におこないましょう。
034halloweennail
実際ネイルシールを貼ります。カラージェルの硬化後、未硬化ジェルを拭き取らない状態の方がピタッと密着してくれます。闇のシルエットのように貼ってみました。
035halloweennail
上は蜘蛛の巣をイメージしたネイルシールを貼りました。斜めに貼っていますが、親指から小指まで繋がるように貼ることでデザインの協調性を持たせることができます。
036halloweennail
不気味に舞うコウモリのネイルシールを真ん中に貼って、トップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成です。他のネイルにも黒ベースでのネイルシールを使ってアートを仕上げました。人差し指のシルバーは、ワンポイントカラーとして使っています。

マニキュアでおこなう場合はしっかりベースカラーが乾いてからネイルシールを貼るようにしましょう。今のネイルシールはとてもしっかり貼り付いてくれるので、貼り直そうとすると失敗することもあります。上手にネイルシールを活用して、ハロウィンなどのイベントで普段しない、できないようなネイルに挑戦するのも楽しいのではないでしょうか!

オフィスもOKシンプルデザイン

オフィスもOKシンプルデザイン
ハロウィンをおもいっきり楽しみたい方でも、仕事柄ネイルを派手にできない方も多いのではないでしょうか。「ちょっとオレンジのネイルにしてみたいけいど目立つネイルはちょっと…。」なんて方は諦めてしまう方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、そんな方でもハロウィンネイルを楽しめるデザインネイルを紹介したいと思います。今回使用するカラーは、パステル系のオレンジ、パープル、ブラウンの3色です。
047halloweennail
ベースコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取ってパステル系のオレンジでフレンチラインを描いていきます。フレンチラインも派手にならないように浅めにに取っていきます。2度塗りがベストですね。一度硬化します。
048halloweennail
次に斜めにまっすぐブラウンを引いていきます。秋の定番色でもあるブラウンを入れることでシンプルでも洗練されたフレンチになりますね。ここで硬化します。
049halloweennail
ハロウィンネイルと言うからには少しキラキラの要素も入れていきたいですよね。フレンチラインとブラウンの境目にゴールドのラメをライン取っていきます。ラメラインが派手になっちゃうという方にはラメ無しでもOKです。ここで硬化します。
050halloweennail
フレンチラインの真ん中にゴールドのダイヤカットスタッズを置きます。一つだけ置くとフレンチの雰囲気も大きく変わりますね。グッと大人らしいネイルに変わります。
051halloweennail
カラーだけでハロウィン感を出してもOKですが、ほんの少しだけネイルシールでハロウィンアピールをしてみました。今回使用したのは、100円ショップ「セリア」のネイルシールです。
003halloweennail
032halloweennail
黒のフラットな文字アートで小さいので主張しすぎなくハロウィンネイルを楽しめます。最後にトップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成になります。
052halloweennail
薬指にはワンポイントのワントーンカラーとして、パステル系のパープルを使いました。一色使いにしてシンプルに仕上げました。「HAPPY」と「h」はハッピーハロウィンをさり気なくネイルに入れてみました。使用したワイヤーネイルシールは「セリア」でも人気の「ワイヤー風ネイルアート」です。
053halloweennail
大きくハロウィン!!と描かないのがシンプルなデザインにピッタリのハロウィンネイルですね。全体的にフレンチで統一しているので、シンプルかつしっかりハロウィンネイルになっています。オフィスでも普段使いにもぴったりですよ。

 
いかがでしたか?しっかりハロウィンネイルからさりげないハロウィンネイルまでいろんなデザインを紹介してきました。イベントなどで使いたい方にも普段使いしたい方にも参考になるデザインを選んでみましたので、是非この秋のハロウィンにセルフネイルで挑戦してみてくださいね!

スポンサードリンク

PAGETOP