メイク道具の洗い方~ブラシやパフのお手入れどうしてる?

メイク道具の洗い方
メイクに使うブラシやパフは清潔なものを使うことで、肌にも優しく、化粧ノリも断然良くなります。
付属のチークブラシやアイシャドウチップなどをケースに入れたままずっと使い続けてしまう、という方も多いでしょう。

でも、メイクに使う道具は定期的にお手入れをしないと驚くほど汚れているのです。
メイク道具はいつ、どんな風にお手入れすればいいのか、その方法をご紹介します。

スポンサードリンク

もくじ

汚いメイク道具が引き起こす不美人な状況とは!?

メイクする度に肌が荒れてしまったり、化粧ノリが悪いと感じる女性はいらっしゃいませんか?
実はその原因は、メイクに使っているブラシやパフなどの道具が汚れているからかもしれません。

洗っていないブラシやパフはトイレの床よりも汚い!?

メイクに使うブラシやパフ、あなたはどれくらいの頻度でお手入れしていますか?
毎日使う食器やタオルは使った度に洗うのに、毎日使うメイク道具はお手入れを全くしないのはどうしてでしょう。
メイクのときに使うブラシやパフには、使う度に化粧品の成分はもちろん、皮脂・汗・老廃物が付着します。
単純な汚れが蓄積するのはもちろん、皮脂や老廃物が酸化したり、多くの菌が繁殖しているのです。
1週間使い続けたスポンジには数万個の雑菌があり、トイレの床を超える数だとも言われています。
そんなスポンジでファンデーションを顔につけているとしたら…考えると恐ろしいですね。

メイクのノリも悪くなる!

美しいメイクの条件は、ファンデーションやチーク、アイシャドウなどコスメのひとつひとつが、キメ細やかに肌にのっていることです。
毎日使っていることで残る化粧品の成分や皮脂で汚れてしまった汚いままのブラシやパフ、スポンジでは、美しくメイクすることは出来ないのです。

プロのメイクアップアーティストは、いつでも美しいメイクを完成させるため、常にメイクに使う道具はキレイにしているとのこと。
メイクの順番やテクニックも重要ですが、まずは使う道具を清潔なものにしましょう。

汚いメイク道具が肌トラブルを引き起こす!

とにかく肌が弱くて、何かとトラブルが起こりやすいという方もいるでしょう。
「メイクすると肌が荒れるから、あまりしたくない…」と、お化粧から遠ざかってしまう女性もいるかもしれませんね。

ですが、肌トラブルに悩む方に一つ確認してほしいのは、メイクに使っているブラシやパフが汚くないですか?ということ。
せっかく朝洗顔してキレイにしても、使い続けた汚いメイク道具を肌につけてしまえば台無しです。

洗っていないブラシやパフに付着している雑菌は、ニキビや湿疹などの肌トラブルの原因になります。
メイクしたら肌が荒れてしまった…と思ったときは、その道具が清潔だったかどうか確認してみてくださいね。

目元に使うものは特に注意!

パレットタイプのアイシャドウにはチップが付属しているものが多いので、そのチップで毎日お化粧している人もいるでしょう。
裏面や反対側などを上手く使い分けて色を使ったりして、長いことお手入れせずに付属チップでアイメイクを続けている人ももしかしたらいるかもしれません。

ですが、目元に使うチップやブラシを汚いままにしておくと、いわゆる「ものもらい」などトラブルに繋がりやすくなります。
「ものもらい」というのは、「麦粒腫」という細菌感染が原因の炎症です。麦粒腫になると目元が腫れて、痛みや痒みを伴います。

これではどれだけ丁寧にメイクしても理想のアイメイクを完成させることはできません、ましてや麦粒腫が治るまではアイメイクはしない方がいいでしょう。

毎日出来るメイク道具のお手入れポイント

メイクに使う道具は基本的には水で洗いますが、さすがに毎日は難しいかもしれません。
ですので、まずは使い終わる度に毎日少しだけお手入れしましょう。
とっても簡単ですので、ぜひ習慣にしてくださいね。

スポンサードリンク

使う度にティッシュでふき取る

メイクに使うものは基本的に、その都度ティッシュで汚れを取ります。たったこれだけで汚れの蓄積が予防できます。
ブラシやチップなど、一度に使う量が少しだったとしてもこまめに汚れを落としましょう。
出先でのメイク直しの際にもふき取れるよう、ティッシュはいつも持ち歩くようにしたいですね。

ブラシはクシでとく

ファンデーションやチークに使う大きめのブラシは、こまめにクシをかけることで汚れを落とすことができます。
髪に使う、普通もしくは少し粗めのクシで、先端から徐々にほぐしていきます。
ブラシの質も長持ちさせることが出来るので、気付いたときにクシでとかしましょう。

ブラシを手の甲や腕にはたく

ブラシを使ったあとにそのまましまうのではなく、手の甲や腕で少しはたくだけでも残っている粉を落とすことができます。
とにかくズボラな方は、これだけでも実践してみてくださいね。

ブラシの洗い方

ここからは、具体的にアイテム毎の洗い方を紹介していきます。

2週間に1回洗う!動物の毛には要注意!

メイクブラシは1~2週間に1回を目安に洗います。大きいものは乾かすのが大変ですので、週末などお休みに合わせてまとめて洗うクセをつけると良いでしょう。
ただし、ブラシはあまり水洗いしない方が良いと言われていることもあるので、頻度や洗い方についてはブラシの説明書きも参照してください。
特に動物の毛である天然毛のブラシは、石けんや洗剤で傷みやすいので注意が必要です。

専用クリーナーで洗う

ブラシ専用のクリーナーも販売されているので、これを使って洗うのももちろんOKです。
ただし、ブラシの種類によってはブラシクリーナーでのお手入れをしないようにという注意書きをしているものもあるので、利用できるかは事前に確認しておきましょう。

石けん・洗剤で洗う

固形石鹸、シャンプー、中性洗剤(食器用)など刺激の少ないもので洗います。
固形石鹸の場合は直接石けんをブラシでなでて泡立てから洗います。
シャンプーや中性洗剤は、水と合わせて洗面器やコップなどの容器に入れて、その中で洗います。水がキレイになるまで何度もすすげば完了です。
仕上げに、トリートメントやコンディショナーを使うとブラシのツヤがキープできます。

無水エタノールで洗う

水洗いするとキレイに汚れが落とせるので清潔なのですが、湿気によって菌が繁殖しやすくなってしまいます。
無水エタノールで洗う方法は手軽ですし、乾燥も早いのでおすすめです。
平たい、小さな容器に無水エタノールを入れて、メイクブラシを浸します。
ブラシを簡単に動かして汚れを落とし、ティッシュなどで水分を拭き取り、形を整えて乾燥させます。

パウダーで洗う

使うパウダーは、ベビーパウダー、フェイスパウダー、コーンスターチのいずれかでOKです。
パウダーをビニール袋に入れれば準備完了です。
ビニール袋に、ブラシの先を入れて「パウダーをなじませる→払う」を何度か繰り返すだけです。
ブラシの汚れがパウダーに移るので、キレイになります。
水洗いしたくないブラシにはおすすめの方法です。

水洗いしたあとはしっかり乾かす

洗剤や石けんで水洗いしたあとはしっかり絞ってタオルで水分を取り、形を整えます。
水分が残ったままだと、余計に菌が発生してしまいます。
できれば毛先は下向きに、難しければ横向きに置いて、陰干ししましょう。
ブラシの大きさによって乾燥させる時間は異なりますが、1晩~3日程度かけてしっかり乾燥させます。

スポンジ&パフの洗い方

汚れやすく、見た目にも汚れてきたことがわかりやすいスポンジやパフは出来るだけこまめに洗いましょう。
固形石けんや中性洗剤、専用のクリーナーなどで、比較的気軽に洗えます。

スポンジは多くても4回使ったら洗う!

パウダータイプのファンデーションに欠かせないスポンジは、ケースに入れてそのままにしてしまうことも多いでしょう。
ですが、裏表使って全部の面が汚れてしまったらもう交換のタイミングです。
1回に片方の面の半分使ったら、4回使ったらすべて汚れてしまうのでここで洗います。

パフは出来れば1週間に1度洗う!

フェイスパウダーやチークなど、購入した際に付属しているパフをケースにそのまま入れ続けているという方も多いと思います。
ですが、面倒でも1週間に1度を目安に洗いましょう。

スポンジ専用クリーナーで洗う

スポンジやパフを洗うための専用のクリーナーが販売されているので、これが一番おすすめです。
スポンジが痛みにくいですし、成分が残りにくく、抗菌効果もあります。
100円ショップでも販売されているので、探してみるのがおすすめです。
クリーナーの使い方に則って洗いましょう。

中性洗剤で洗う方法

台所用の中性洗剤で洗うのが簡単なのでおすすめです。
洗剤を直接スポンジ(パフ)につけてなじませ、汚れを浮かせます。
少しぬるま湯をつけて泡立てて洗い、水がきれいになるまで丁寧にすすぎます。
水気を絞るときは強く絞りすぎないようにしましょう、形が崩れるのを防ぐためです。

ごわついたり弾力がなくなったら交換する!

スポンジやパフは消耗品ですので、劣化してきたら新しいものに取り換えましょう。
スポンジは特に、何度も使ったり洗ったりしていく内にもろくなり、破けてしまうこともあります。
洗っても汚れが落ちない、ごわつく、弾力がないなどの状態になってしまったら、ケチらずに新しいものと交換してくださいね。

メイク用ポーチはとっても汚れやすい!

メイク用ポーチはとっても汚れやすい
メイクに使うコスメをポーチに入れて保管したり、持ち歩いている方は多いのではないでしょうか。
そのメイクポーチ、これまでに一度でも洗ったことはありますか?
いくらブラシやスポンジをキレイにしたとしても、それを収納しているポーチが汚いままだとせっかくのお手入れが台無しです。
ブラシやスポンジなどと同じように、定期的に汚れをチェックしたり洗ったりしましょう。

最低でも月1回はお手入れします!

化粧ポーチってお気に入りのブランドだったりプレゼントだったりで、思い入れのあるものを長く使っている人も多いと思います。
もしそのポーチを、新品のときから特にキレイにすることなく使い続けているとしたら、恐ろしいほどの数の菌がポーチの中で繁殖しているかもしれません。
メイクブラシと同様に、週一回程度は洗うのがおすすめです。
最低でも、1ヶ月に1度は洗います。
また、化粧品が付着したりこぼれたりして汚れが付いている場合は、すぐに洗いましょう

メイク道具専用のクリーナーで拭く!

汚れを見つけたら、まずは水をしっかり絞った布で拭いてみます。ウェットシートなどで拭くのも良いでしょう。
水ぶきのみでは落ちないようなら、メイクグッズ専用のクリーナーを使ってみるのもおすすめです。

洗える素材のものは丸洗いする!

洗えるポーチであれば、中性洗剤を使って水洗いしましょう。ぬるま湯で洗うのがおすすめです。
洗濯用の洗剤や、デリケート衣類用の洗剤を使うのも良いですし、ネットに入れて洗濯機で洗う方法もあります。
縫い目の奥など細かいところまで汚れてしまっている場合は、使い古した歯ブラシを使うとキレイに落とすことが出来ます。
型崩れや色落ちは自己責任の部分が大きいので、少しずつ試しながら良い洗い方を探してみてくださいね。

週1回のお手入れが面倒…という方は?

そんなにこまめにメイクポーチのお手入れをするのは面倒、自信がない、という方は、汚れを落としやすい素材のポーチを選んで使ってみてはいかがでしょうか。
おすすめはビニールやレザー系の素材のものです。
黒系の色を選ぶのも汚れが目立たないので良いですが、汚れに気付けず洗う気になれないかもしれませんのでご注意ください。

ズボラな人はこまめに買い替える!

また、ポーチはおもいきって1~2ヶ月毎に買い替えるというのも良い方法です。
おニューのポーチは気分も上がりますし、買い物に行くたび「次はどのポーチを使おうかな?」と考えるのも楽しいです。

チップやリップブラシ、ビューラーのお手入れ法

ブラシやパフ・スポンジの他にも、メイクに使う道具は色々ありますよね。
チップやリップブラシ、ビューラーのお手入れ方法を紹介します。

アイシャドウチップ

アイシャドウパレットに付属のチップを、何か月も、何年もそのまま使っている…なんていう方はいらっしゃいますか?
アイシャドウチップだって他のブラシやパフと同様、毎日汚れを蓄積して、菌を繁殖させています。
チップを使う度にティッシュでオフして、2週間に1度はブラシやパフと同様に石けんや中性洗剤で水洗いしましょう。

リップブラシ

リップブラシは使い終わったら毎回ティッシュでふき取るようにしましょう。
特別水洗いする必要はないという考え方もあるようですし、他のブラシ同様水洗いするべきという方もいらっしゃいます。
水洗いをしない場合は、スキンケアに使うオイルで汚れを浮かせて拭き取るという方法もおすすめです。

ビューラー

ビューラーを毎日使うという方は多いでしょう。ビューラーは使う度にアイラインやアイシャドウが付いてしまうので、すぐに汚れてしまいます。
使った度に、ティッシュなどでふき取るクセを付けましょう。
除菌効果のあるウェットティッシュを使うのもOKです。

メイク道具をキレイに保つテクニック

使い終わったあとのちょっとしたお手入れと、定期的に洗うということの他にも、メイクグッズをキレイに保つコツがあります。
メイクに使う道具をできる限り美しく保つアイデアを紹介します。

ブラシやパフは、交換用も用意しておく!

メイクに使うブラシやパフをなかなか洗えないのは、それ1つしか無いから、ということもあるでしょう。
毎日使うメイク道具ですので、洗って濡れている状態では次の日も使えませんし、お直し用に持ち歩くこともできませんよね。
ブラシやパフは付属のものだけでなく、同じようなサイズのものや、自宅で使うようにきちんとしたものを買いそろえておけばいつでも洗いやすくなります。

スポンジは使い捨てにする!

スポンジを洗うのがどうしても面倒という方は、思い切って使い捨てにしましょう。
100円ショップやドラッグストアでもたくさん袋に入っているスポンジが売っているので、
全面汚れてしまったら新しいものに交換します。

使わないものは持ち歩かず、立てて保管する!

いざというときのため…!ということで、あらゆるコスメをポーチで持ち歩く方もいるかもしれません。
でも、なんでもかんでもポーチに入れてしまうと、化粧品の成分がこぼれて付着し合ったりして汚れやすくなってしまいます。
持ち運ぶコスメは厳選して、使わないものは自宅に置いていくようにしましょう。
使い終わったコスメはきちんと整理してケースや保管用のポーチにしまいます。
ブラシやマスカラ、アイライナーなど長さのあるものはカップなど立てて保管するのもおすすめです。

最後に

ブラシやパフ、スポンジにポーチなど、メイクグッズが美しい人はその人の外見もきっと美人なはず。
自分を美しく見せるためのメイクに使うアイテムなので、いつも清潔に保つように努力することが美人になれるステップの1つだと言えるでしょう。

スポンサードリンク

PAGETOP