クレンジングで毛穴の悩みを解消!おすすめランキング

クレンジングで毛穴の悩みを解消!おすすめランキング
毛穴の開き、黒ずみ、角栓でお悩みの方に、口コミで人気のクレンジングゲルを3つ試した感想とおすすめランキングを公開します。


もくじ

毛穴ケアで人気のクレンジングゲルおすすめランキング

毛穴ケアで人気のクレンジングゲルおすすめランキング

毛穴をケアするためには、基礎化粧品も重要ですが、毛穴の汚れをシッカリと取り除くことも大切ですね。

そこで、毛穴の詰まりや黒ずみなどを解消してくれるとして人気のあるクレンジングも試してみました。特に人気のある以下の3つの商品クレンジングを購入し、その効果や使用感などをまとめています。

・マナラ ホットクレンジングゲル・・・2990円(200g)
・ドクターシーラボVC100ホットピールクレンジングゲル・・・2800円(150g)
・リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング・・・2848円(150g)

(※1グラム当たりの値段が安い順に並べています。ただし、リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジングはキャンペーン中のみ1本購入するともう1本プレゼントしてもらえるので、2,848円が2本分の値段だと考えると1番安くなります)

では、使用感が一番良かったと感じたクレンジングからご紹介していきます。

1位:マナラホットクレンジングゲル

マナラ ホットクレンジングゲルの箱

「ホットクレンジング」というその名の通り、肌を温めながらクレンジングしてくれるゲルです。

サウナに入っているかのように、じんわり温め、皮膚を柔らかくし、毛穴を開かせてくれるクレンジングで、毛穴の奥に詰まった汚れや角栓を効果的に取り除いてくれるそうなのですが、実際に使用してみないと毛穴への効果のはわかりませんね。

そこで、マナラホットクレンジングゲルを早速購入してみました。
119keanakeshohin
マナラホットクレンジングゲルで毛穴ケア
箱を開けると、使い方やマナラの他の商品についてのパンフレットや試供品なども入っています。
マナラ ホットクレンジングゲル パンフレット

試供品としては、以下の化粧品が、それぞれ1回分ずつ入っていました。

・マナラ モイスト ウォッシュゲル(美容液洗顔料)・・・2ml
・マナラ ディープナノローション しっとりⅠ (美容液化粧水)・・・2ml
・マナラ ディープナノローション とてもしっとりⅡ (美容液化粧水)・・・2.5ml
・マナラ プレミアムクリーム しっとりⅠ(保湿クリーム)・・・0.5g
・マナラ プレミアムクリーム とてもしっとりⅡ (保湿クリーム)・・・0.5g

1回分だけではあるものの、クレンジングだけではなく、洗顔料や化粧水なども同時に試せるので嬉しいですね。

マナラホットクレンジングゲルの成分

マナラホットクレンジングゲルの成分

「老けたくない」というある1人の女性(マナラの社長)の想いから生まれた、マナラの化粧品。

マナラで販売している化粧品はどれも、女性の肌を第一に考えて作られたものばかりです。肌に負担のかかるものは一切排除し、肌にプラスになる成分ばかりが配合されているのです。

どうすれば、負担をかけず、ダメージを与えずに、肌を美しく蘇らせることが出来るか、真剣に考え抜いた末に出来上がったマナラホットクレンジングゲルは、通常のクレンジングにはたいてい配合されている以下のような添加物も一切配合されていません。

・着色料
・合成香料
・鉱物油
・石油系界面活性剤
・エタノール
・パラベン
・紫外線吸収剤

そして、以下のような美容成分が豊富に含まれているのです。

・セラミド
・ハチミツ
・ローヤルゼリーエキス
・ポリグルタミン酸
・ヒアルロン酸
・グレープフルーツエキス
・スクワラン
・コラーゲン

更に、6種類のコラーゲンサポート成分や、美白成分であるハイドロキノン誘導体が配合されているため、しっかりと汚れを取り除きながら、ハリや弾力、透明感も手に入れる事が出来るそうです。

しかし、成分表示部分には、ハイドロキノン誘導体という言葉がありませんし、コラーゲンサポート成分がどれなのかもわからない状態です。

そのため、マナラの美容相談室へ電話をしてみました。

まず、ハイドロキノン誘導体についての回答です。

ハイドロキノンと言うのは、強い美白作用のある成分で、とても効果は高いのですが、副作用があるとも言われています。そこで、より安全性の高いハイドロキノンを配合するために、アルブチン(ハイドロキノン誘導体)に変換したものを配合しています」

とのことでした。

成分表示の中にも、「αアルブチン」という言葉がしっかり書かれています。

アルブチンにはαとβの2種類あるのですが、αにはβの約10倍もの美白効果があり、しっかりとメラニンを抑制し、美白に導いてくれる優秀な成分です。

他の化粧品でも成分表示に「アルブチン」と記されているものはよくありますが、αがついていなければ、βのことを指します。αを示す場合は、必ず、αアルブチンと記されています。

ここでは、「αアルブチン」と記載されているため、高い美白効果が期待できますね。

更に、6種類のコラーゲンサポート成分と言うのは、以下のもの指すということを、電話で教えてもらいました。

・加水分解コラーゲン
・プエラリアミリフィカ根エキス
・ダイズ種子エキス
・ザクロ果実エキス
・メマツヨイグサ種子エキス
・セイヨウトチノキ種子エキス

このうち、加水分解コラーゲンはコラーゲンそのものなので、コラーゲン補充に役立ちます。プエラリアミリフィカ根エキス・ダイズ種子エキス・ザクロ果実エキスは、コラーゲンを生み出す働きがあります。

メマツヨイグサ種子エキスは、コラーゲンが破壊されないよう、守る成分です。セイヨウトチノキ種子エキスは、コラーゲンの質を高める作用のある成分です。

このように様々な方向からコラーゲンをサポートしているため、肌のハリや弾力を取り戻すことが出来るのです。

また、成分表示は配合量の多い順に記載されているため、様々な化粧品やクレンジングで一番最初に書かれている成分は「水」というものがほとんどです。しかし、マナラの成分表示を見てみると、「水」が8番目に記載されています。

水が多く配合されていると、有効成分が薄められている可能性も考えられるのですが、マナラはそのようなことはなさそうですね。

水よりも、有効成分の方がしっかりと配合されているようで、効果が期待できます。

マナラホットクレンジングゲルの感想

では、実際にナラホットクレンジングゲルを使ってみましょう。

使用方法は、マナラホットクレンジングゲル本体にも、そのケースにも記載されていました。
マナラホットクレンジングゲルの使い方
123keanakeshohin

マスカット1個分が1回の使用量ですので、通常のクレンジングよりも少し多いかな、と思うかも知れませんね。

手のひらに出すとこのような感じです。
マナラホットクレンジングゲルを手にひらに出した
マナラホットクレンジングゲルを手のひらで温めた

透明感のあるキレイなオレンジ色で、香りも爽やかなオレンジの様です。手のひらに出すと、卵の黄身の様なその姿に、思わず「可愛い」と思ってしまいました。

そして驚いたのは、手のひらに出しただけでは感じないのに、伸ばすとじんわりと熱を帯びてくる事です。

伸ばせば伸ばすほどどんどん温かくなっていきます。それを今度は顔全体に伸ばしてみました。すると、顔だけサウナに入ったようにフワッと熱を感じ始めるのです。

こんな感覚は初めてです。

「温かいような感じがする」というのではなく、本当に温かいのです。入浴中に使用したからなおさら温かさを感じたのかもしれませんが、このポカポカ感は本当に不思議です。

さらに、時間の経過とともに、じんわりと温かかったジェルがどんどん熱を帯びてきます。だからと言って熱すぎる事はなく、すごく心地いいです。

温めたホットタオルを顔に乗せて、エステでフェイシャルマッサージを受けている様な感覚でした。

肌表面でこのような熱を発生させることが出来れば、肌が柔らかくなり、毛穴が開いていくという事も信じることができます。

そして、使い方通り1分程度マッサージをして、少し手のひらを濡らしてからぬるま湯と馴染ませ、その後すすぐと、ぬるつき感はしっかりと取り除かれ、ツルツルの肌がよみがえりました。

今までは、クレンジングをしても、本当にきれいになったかどうかはわからず、不安な状態だったのですが、このクレンジングを使用した後は、顔が軽くなったのではないかと思えるほど、スッキリさっぱりしました。

同時にくすみも取り除かれたように感じるし、肌が柔らかくなり、透明感も得られたように感じられるのです。

たった1度の使用でここまで実感できるのには驚きです。

滑らかな優しいジェルですし、毛穴を無理矢理開いたり、毛穴の汚れを引っ張り出すようなものではないので、肌へのダメージを最小限に抑えながらキレイにすることができますね。

ダブル洗顔不要のため、これ1本で洗顔まで終えることが出来るのも魅力のひとつです。

これは、今後もリピートしたい、と思える使用感でした。鼻の毛穴の黒ずみも少し薄くなったように感じます。

2位:ドクターシーラボVC100ホットピールクレンジングゲル

ドクターシーラボVC100ホットピールクレンジングゲルで毛穴ケア

皮膚の専門家によって開発された基礎化粧品や健康食品、美容機器商品等を取り扱っている、ドクターシーラボ。ドクターシーラボの商品は安全性や効果が高いとして人気ですし、ブランドの知名度も高いですね。

このドクターシーラボから販売されているクレンジングが、ホットピールクレンジングゲルです。

ポイントメイクも落とすことができますし、ダブル洗顔不要です。また、このクレンジングも、マナラ同様、使用すると熱を帯びて温かさを感じるため、クレンジングゲルを顔につけてマッサージすると温感マッサージと同じような効果が得られます。

さらに、毛穴の汚れをしっかり吸着してくれるため、パックの様な効果も感じられるでしょう。

つまり、

①ポイントメイク専用リムーバー
②クレンジング
③洗顔料
④温感マッサージ
⑤温感パック

という⑤つの工程を、これ1本で完了させることが出来ると言うことになります。

更に美容成分も豊富に配合されているので、このクレンジングを使用するだけで、汚れ除去だけではなく、肌を美しく整えることも出来るでしょう。

ドクターシーラボVC100ホットピールクレンジングゲルの成分

ドクターシーラボVC100ホットピールクレンジングゲルの成分
128keanakeshohin

配合されている成分の種類は、今回使い比べてみた3つのクレンジングの中でも1番多いように感じます。

しかし、香料・合成着色料・鉱物油・パラベン・アルコール等の添加物は排除して作られています。

その代わり、以下のような美容成分が豊富になっているようです。不要な成分が多いのではなく、肌に必要な成分がたっぷり配合されているのですね。

ビタミンC誘導体
・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na
・リン酸アスコルビルMg
・テトラへキシルデカン酸アスコルビル
・アスコルビルグルコシド

ヒアルロン酸
・ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム
・ヒアルロン酸クロスポリマーNa
・ヒアルロン酸Na

<コラーゲン>
・水溶性コラーゲン
・ココイル加水分解コラーゲンK
・加水分解コラーゲン

<アミノ酸>
・パリン
・ロイシン
・イソロイシン
・フェニルアラニン
・トレオニン
・リシンHCI
・グリシン
・アラニン
・セリン
・ヒスチジン
・ヒスチジンHCI
・グルタミン酸
・プロリン
・チロシン
・タウリン
・アルギニン
・アスパラギン酸
・アスパラギン酸Na
・エクトイン

リピジュア
・ポリクオタニウム―51

<コエンザイムQ10>
・ユビキノン

<植物美容オイル>
・ホホバ種子油
・オリーブ果実油
・ハイブリッドサフラワー油
・ひまわり種子油
・アボカド油
・グレープフルーツ果皮油
・オレンジ果皮油

<ピーリング・洗浄成分>
・乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液
・乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液
・パパイン

これほどまでに肌に効果がある成分が配合されているのなら、洗えば洗うほど、肌が美しくよみがえっていくことでしょう。

ドクターシーラボVC100ホットピールクレンジングゲルの感想

マナラと同じように、じんわりと温かくなっていく、ホットピールクレンジングゲル。
ドクターシーラボVC100ホットピールクレンジングゲルの使い方

手のひらに取り出すと、これもまた同じようにオレンジ色で、爽やかな柑橘系の香りがします。ただ、マナラより少し色が薄くなっています。

取り出したままでは、やはり温かさを感じないのですが、手のひらで混ぜると一気に熱が発生しました。この点もマナラと同様ですが、温かくなる速さは、ドクターシーラボの方が速いように感じました。

ただ、温度の高さを比べると、ドクターシーラボの方が低いように感じます。
ドクターシーラボVC100ホットピールクレンジングゲルを手のひらに出した
131keanakeshohin
最初顔につけた時、ゲルが硬くてなかなか伸びなかったのですが、温かくなって肌と馴染んでくると徐々に柔らかくなっていきます。最初はマナラより硬さを感じるので伸ばしにくさを感じましたが、柔らかくなると、マナラホットクレンジングゲルより伸ばしやすくなります。

毛穴の汚れが浮き出て、流しても大丈夫な状態になると、とても柔らかくスルスルと肌表面を滑るようになるので、流すタイミングが、マナラよりもわかりやすいですね。

また、ヒアルロン酸やアミノ酸、ビタミンC誘導体、リピジュア等、これでもかという具合に美肌効果の高い成分がふんだんに配合されている為、マッサージしている間も、美肌成分がどんどん肌に吸収されているような気がして、仕上がりを想像してワクワクしてしまいます。

ただ、よく考えると、配合されている成分が多すぎるようにも感じるのです。美肌成分は多ければ多いほどいいというものではありませんし、何と言っても、これはクレンジングであって、美容液ではないのです。

クレンジングなのであれば、洗浄力重視の商品でなくては意味がありませんね。

勿論、しっかりと洗浄しながらも美容成分が肌に行き渡るのであれば、それは一番うれしいことではあるのですが、これほどまでに美肌成分が配合されていると、美容液としての働きの方が強いのでは?と考えてしまう部分もあります。

また、ピーリング作用があるという点も気になります。

肌に負担がかからない、パパインによるピーリングだとは言われているものの、ピーリングというのは本来、ターンオーバーを無視して、古い角質を無理矢理取り除くものですので、やはり少なからず負担があるのでは?と思えてしまいます。

そのため、毎日使用して大丈夫なのかな、という不安が残ってしまいます。

しかし、この不安は、毛穴の汚れがどの様にどれくらい落ちているのか、美容成分がどの様に作用しているのか、肌への負担はどれ位のものなのか、目で見て確認することが出来ないために考えてしまうことであって、商品自体を否定しているわけではありません。

このクレンジングそのものの使用感、成分、使用後の肌の状態、効果等を見ると、充分すぎる内容になっているので、もし肌に負担がかからず、美容成分もしっかりと肌に行き渡るのであれば、どのクレンジングよりもお勧めしたいものとなります。

今回は、何となく感じてしまった私の不安により、第2位とさせていただきました。

使用後の肌は、もちろんツルツルスベスベで、毛穴のざらつきなども取り除かれスッキリしているのに、それでいて突っ張るようなことはなく、潤いも保たれた状態に仕上がります。

3位:リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジングで毛穴ケア
こちらもダブル洗顔不要の、雑誌等で取り上げられることの多い、人気のクレンジングゲルです。

インターネットで注文すると、白い紙袋に入ったクレンジングゲルが送られてきました。使用説明や商品紹介などのパンフレットや試供品なども同封されています。
リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジングのパンフレット
 
試供品は以下の内容になっています。

・リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング・・・4g
・リ・ダーマラボ モイストBBクリーム(ナチュラルオークル)・・・1g
・リ・ダーマラボ モイストゲルプラス・・・3g

しかも、今回はキャンペーン中で、1個買うともう1個プレゼントされるということで、同じ「リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング」の通常サイズが2本送られてきました。値段は変わらず、2本手に入れる事が出来るなんて、とてもお得ですね。

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジングの成分

「毛穴、どこへ?」というキャッチフレーズで人気の、リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング。こちらも、お肌の事を考えて作られた、低刺激の無添加クレンジングになります。
リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジングの成分

成分を見てわかるように、以下の添加物が全て排除されているのです。

・着色料
・合成香料
・鉱物油
・石油系界面活性剤
・エタノール
・パラベン(防腐剤)
・紫外線吸収剤

更に、99.3%が美容液に適した成分となっています。つまり、美容液を作る際にも配合してもいい成分ということですね。

美容液は肌につけた後洗い流す必要はないため、99%もの成分が、肌につけたままにしても大丈夫ということが言えます。

さらに人気の秘密は、触感にもあります。

実は、リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジングには極小のこんにゃくスクラブが配合されていて、触ってみると、スクラブひとつひとつがプルプルとしているのです。
リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジングを手のひらに出した
リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジングを手のひらで伸ばした

このプルプル感は病みつきになりますし、濃厚な美容液を触っているような感覚にもなりますね。

更にこれを塗り広げると、このように、ツブツブのこんにゃくスクラブが目に見えるようになります。
リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング こんにゃくスクラブ

スクラブだけれど、弾力のあるゴムボールの様な状態なので、肌への刺激はありませんし、マッサージ効果があり、心地いいです。

このこんにゃくが汚れを吸着するため、毛穴の汚れは勿論のこと、古い角質や毛穴に詰まった角栓なども取り除いてくれるそうなのです。

更に、汚れ吸着パワーがすごいので、ダブル洗顔不要ですし、たった30秒というスピードでメイクを浮かして落してくれます。

クレンジングには、どのタイプにも界面活性剤が使用されていますね。植物性であったとしても石油系だったとしても、界面活性剤には変わりがありません。

界面活性剤は相性の悪い水と油を混ぜ合わせたり、洗浄力を高める働きがあるため、クレンジング料には欠かせない成分でもあるのですが、界面活性剤は肌にいいものではありません。

ですから、界面活性剤によって少なからず肌はダメージを受けてしまうのです。

その界面活性剤を肌に乗せている時間は短ければ短いほどいいのですが、肌へのダメージを気にして短時間でクレンジングを終えてしまうとメイクがしっかり落ちない場合が多いものです。

しかし、リ・ダーマラボなら、30秒でメイクを落としてくれるため、肌へのダメージを最小限に抑えながらしっかりと洗浄してくれますし、更に以下のような美肌成分がその後の肌の潤いを守ってくれます。

<3種のヒアルロン酸>
・加水分解ヒアルロン酸
・ヒアルロン酸Na
・アセチルヒアルロン酸Na

<2種のビタミンC>
・リン酸アスコルビルMg
・テトラヘキシデカン酸アスコルビル

<19種のアミノ酸>
・アスパラギン酸Na
・アラニン
・アラントイン
・アルギニン
・イソロイシン
・イノシン酸2Na
・グアニル酸2Na
・グリシン
・グルタミン酸
・セリン
・タウリン
・チロシン
・トレオニン
・バリン
・ヒスチジンHCI
・フェニルアラニン
・プロリン
・リシンHCI
・ロイシン

<コエンザイムQ10>
・ユビキノン

<天然ナノセラミド>
・セレブロシド(セラミド1~7を含有動物由来のセラミド)

更に天然由来のオイルやエキスなども配合されているため、正に美容液の様なクレンジングと言えますね。

香料は配合されていないのですが、グレープフルーツのエッセンシャルオイルの様な香りがして、アロマを焚いているような感覚になります。香りによるリラックス効果も得られそうです。

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジングの感想

使い方通りに、マスカット大を手に取り、顔全体にぬりひろげ、30秒~1分程度マッサージしてみました。ツブツブした弾力のあるスクラブが肌を刺激して、気持ちいいです。

特に痛みもなかったので、顔全体スクラブでマッサージするようにしてから、ぬるま湯ですすぎました。最初はヌルヌルした感じがなかなか取れなかったのですが、すすいでいるうちにスッキリ取り除かれ、洗顔後の肌を触るとツルツルの状態になっていました。

入浴中にクレンジングを行ったのですが、お風呂上がりに顔を触っても、ツルツルとした感じがそのままです。

それまで肌に残っていたものが一気に取り除かれたような気分で、ザラザラした感じもなくなりました。

このさっぱり感はすごく嬉しかったのですが、身体を拭いている間にどんどん肌の乾燥を感じ始めました。少し突っ張る感じがあり、パサパサしてくるので、慌てて化粧水を付けました。

しっかり洗えるのは嬉しいのですが、もしかすると必要な皮脂までも取り除きすぎてしまうのかもしれません。

ハードなメイクをしている場合は、メイクを肌に残すことなく取り除けるのはいいと思うのですが、毎日ナチュラルメイクの私には、少し洗浄力が強いのかもしれないと感じました。

お風呂上がりに顔を見ると、少し赤くなっていましたし、洗顔後少し経つと、ちょっとだけピリピリとした痒みを感じました。気になるほどではなかったのですが、毎日使用するのは少し刺激が強いかもしれないなと思いました。

濡れた手や顔でも使える事、ダブル洗顔不要な点は便利だったのですが、肌への刺激のことを考えると、今回は第3位とさせていただきます。

おすすめはどれ?3つのクレンジングゲルを試した感想

3つのクレンジングを試してみた結果、一番気に入ったのは、マナラホットクレンジングゲルでした。

※他の女子リキのレビュアーさんもマナラホットクレンジングのレビューを書いています。
マナラホットクレンジングゲルの口コミ

熱を帯びる感覚や、色、テクスチャー、香りなど、ドクターシーラボVC100ホットピールクレンジングゲルととても似ていたし、成分を見てみると、ドクターシーラボの方が効果的なものがたくさん配合されています。

ですから、普通に考えるとドクターシーラボVC100ホットピールクレンジングゲルの方が高い評価を得ていいのだとは思うのですが、ドクターシーラボにはピーリング作用があるという点が気になります。

そのため、毎日使用すると、少なからず肌に負担があるのでは?と考えてしまうのです。

私は毎日メイクをしているので、クレンジングも毎日使用します。この場合、ドクターシーラボだと、毎日使用することに抵抗を感じてしまうかなと思います。

しかし、マナラホットクレンジングゲルは肌のことを思って真剣に作られたクレンジングだという事は、同封されていた広告などからもわかるため、毎日使用しても、負担がかかりにくいのでは?と考えられます。

実際に使ってみても、特に刺激というものを感じませんし、肌が悪化することもありませんでした。

更に、熱の帯び方も、マナラホットクレンジングゲルの方が高温で、テクスチャーも柔らかめで、肌全体に伸ばしやすくなっています。

すすぐ際も、マナラホットクレンジングゲルの方が短い時間ですっきりと流すことが出来るため、すすぎの摩擦によって起こる肌ダメージも軽減させることができそうです。

そのため、私はマナラを1位としましたが、使用感も似ていますし、ドクターシーラボにはマナラにはない美容効果やピーリング効果があるため、後は好みの問題になってきてしまうかもしれません。

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジングは、肌が強い方には効果的なクレンジングになると思います。ぷにぷにとしたこんにゃくのスクラブの触感も気持ちいですし、スクラブが転がることで毛穴の汚れもしっかり落とすことができます。

手が塗れていても使用できるので、入浴中に使いたい場合も便利ですね。

しかし、私が使用すると肌がヒリヒリとしてしまいました。柔らかいこんにゃくでも、こすることで刺激があったようです。

肌が強い方、ハードメイクをしている方、メイクをしっかりと落したい方にお勧めしたいクレンジングになります。

私の肌にはあまり合わなかったため、今回は第3位とさせていただきました。

スポンサードリンク

PAGETOP