毛穴ケア化粧品ランキング[化粧水/美容液]おすすめは?

毛穴ケア化粧品ランキング[化粧水/美容液]おすすめは?
毛穴のタイプ別のケア方法や、おすすめの毛穴ケア化粧品について紹介していきます。

毛穴をケアするコスメはたくさん販売されていますね。ケアはしたいけれど、どれを選んでいいかわからないという方もたくさんいらっしゃるはずです。

そんな方の為に、口コミで人気の5つの毛穴ケア化粧品(美容液や化粧水を含む5つのトライアルセット)を実際に使用してみました。

それぞれの毛穴ケア化粧品の特長や使用感、効果などもまとめ、私なりの順位付け(ランキング)もしているので、購入を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


もくじ

毛穴ケア化粧品おすすめランキング

毛穴の悩みを解消させる毛穴ケア化粧品の中でも特に人気の高いものを実際に購入し、その使用感や効果をまとめてみました。

今回試してみたのは、以下の5種類になります。
毛穴ケア化粧品おすすめランキング

草花木果 透肌 トライアルセット・竹(しっとり)・・・1,000円(10日分)
コーセー米肌 トライアル・・・1500円(2週間分)
ディセンシア アヤナス トライアルセット・・・1,480円(10日分)
アクポレス ・・・1,512円(1週間分)
ビーグレン 毛穴ケア トライアルセット・・・1,749円(1週間分)
(※1日分の値段が安い順)

さらにこの5つの毛穴対策化粧品をランキング付けしてみたので、購入の際の参考にしてみてくださいね。

では、1位から順にご紹介していきます。

1位:ディセンシア アヤナス

ディセンシア アヤナスで毛穴ケア

ディセンシアは、敏感肌や乾燥肌の為に生まれたブランドで、肌の悩みに合わせて以下のような3種類のラインナップが用意されています。

・ディセンシア アヤナス・・・敏感肌用エイジングケア。
ディセンシア サエル・・・敏感肌用ホワイトニングケア。
ディセンシア つつむ・・・敏感肌用保湿スキンケア。

この中で、今回は「アヤナス」に注目してみたいと思います。

アヤナスは、女性のストレスに着目し、ストレスから引き起こされる様々なダメージから肌を守る為に開発されました。

ストレスを感じると、肌状態が悪化すると感じている方は多いのではないでしょうか。ストレスと肌には、密接な関係性があるからです。

ストレスを感じると、まず血流が悪くなり、皮膚の温度が低下してしまいます。皮膚温度が下がると、細胞が活性しづらくなってしまい、するとバリア機能も低下していまいます。バリア機能が低下してしまうと、皮膚は外部の刺激に負けやすい状態になってしまうのです。

外部の刺激によってダメージを受けた肌からは水分が失われ、乾燥が進行してしまいます。

こうなってしまうと、肌内部に存在するコラーゲンなどの美肌成分も破壊されて行ってしまいます。そして、シワやたるみ、くすみ、などが増し、肌の老化も進行してしまうのです。

更には、乾燥によるつまり毛穴、詰まった角栓の酸化による黒ずみ毛穴、たるんだ肌によるたるみ毛穴等、気になる毛穴の悩みも発生してしまいます。

美肌を守るためには、ストレスを解消させることが一番の解決策ではあるのですが、「ストレス社会」とも言われている現状の中、溜ったストレスを上手に発散させるのがどうしても難しい場合もありますね。

そこで、ストレスによって引き起こされた敏感肌や乾燥肌、炎症や老化等を改善させるために、肌内部へ働きかけてケアしてくれるのが、ディセンシア アヤナスなのです。

更に、ストレス解消につなげる為にリラックス効果のあるラベンダーやゼラニウムも配合されていますし、ストレスをバリアする以下のようなディセンシア独自の成分も入っています。

・パルマリン(紅藻から抽出したエキス)・・・保湿効果、抗酸化作用。
・ジンセンX(朝鮮人参から抽出した成分)・・・血液の流れをスムーズにする働き、バリア機能を高める作用。
・ビルベリー葉エキス(ビルベリーの葉から抽出したエキス)・・・抗酸化作用、リラックス効果、酵素生産サポート作用、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出す繊維芽細胞を増やす作用。

このように、肌状態を健やかにするためのサポートをしながら、リラックス効果が得られる成分が厳選されて配合されているため、ストレスを感じやすい方、忙しい方、疲れがたまっている方で、肌状態が気になっている場合にお勧めしたい化粧品になります。

また、コラーゲンが生成されやすくなることで、肌に弾力やハリを与えることができます。ハリが失われた「たるみ毛穴」で悩んでいる方にも効果的な化粧品となるでしょう。

また、アルコールや香料、紫外線吸収剤等、肌に負担をかける成分は配合されていないので、お肌が弱い方でも安心して使用することができます。

ディセンシアからは、10日間の「アヤナス」トライアルセットが販売されています。いきなり通常サイズを購入して、万が一肌に合わなかった場合、肌状態も悪化させてしまいますし、購入した商品も無駄にしてしまいますね。

こんな時、お試しセットがあると便利です。

肌に合うかどうか10日間じっくり試し、確認することができます。

このトライアルセットは、通常2700円のところ、今はなんと半額の1480円(税込、送料無料、手数料無料)で販売されています。お得ですね。

ディセンシア アヤナス トライアルセットを注文

私も、アヤナストライアルセットを注文してみました。
ディセンシア アヤナス パンフレット
013keanakeshohin
014keanakeshohin

セット内容は、以下の様になっています。

・ディセンシア アヤナス ローション コンセントレート(濃密化粧水)・・20ml
・ディセンシア アヤナス エッセンス コンセントレート(糖化ケア美容液)・・・10g
・ディセンシア アヤナス クリーム コンセントレート(ハリアップクリーム)・・・9g
・ディセンシア アヤナス アイクリーム コンセントレート(目元用クリーム)・・・0.6g(1回分)

015keanakeshohin
ディセンシア アヤナス アイクリーム コンセントレートで毛穴ケア
では、1つずつ見ていきましょう。

①アヤナス ローションコンセントレート(濃密化粧水)

セラミドが配合されている、潤いを与えながらバリア機能を高めてくれる敏感肌用濃密化粧水になります。
アヤナス濃密化粧水で毛穴ケア

人間が持つセラミドと同じ構造の、ヒト型セラミド2が配合されています。

また、セラミドの浸透しづらさに着目し、セラミドをナノサイズ化(セラミドナノスフィア)させ、浸透率をアップさせました。

これにより、セラミドがしっかりと肌の奥まで届けられます。

更に、潤いを与えるグリセリンも脂に馴染みやすい水溶性のものになっているため、皮脂との馴染みも良く、浸透性も高くなっています。

メラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑制させるローズマリーエキスも配合されているので、シミ対策になりますし、抗炎症作用のあるコウキエキス配合のため、起こってしまった炎症も鎮め、落ち着かせてくれます。

このように、あらゆる方向から、肌を守り、潤いやハリを与え、老化をストップさせることが出来る化粧水です。

使えば使うほど、肌が強くなり、毛穴も引き締まり、若々しくよみがえっていくことが期待できるでしょう。

手のひらに出してみます。
018keanakeshohin

香りは、ローズマリーとラベンダーの中間の様な、上品で大人っぽい印象を受けるものでした。手のひらに取り出しすと、とろみの強い液体になっています。

しかし、手に取って顔に伸ばすと、水のようにサラサラになって滑らかに顔全体に伸びました。トロミがあったはずなのに、伸ばすとサラサラするのがとても不思議でした。

その後すぐに浸透していき、顔の皮膚がペタペタと手のひらに吸い付く感じが得られます。

浸透後、肌表面はサラサラというより、しっとり感の方が強いですね。顔半分だけにローションを付けてみたのですが、付けていない方に比べて、つけた方は、軽く熱を感じるというか、少しポカポカと温まる感じがしました。

ストレスによって下がった皮膚温度を上げてくれているのかもしれませんね。

使用後、潤いが保たれ、肌のキメも細かくなり、ハリが与えられるので、気になっていたたるみ毛穴も目立ちにくくなったように感じました。

②アヤナス エッセンスコンセントレート(糖化ケア美容液)

アヤナス糖化ケア美容液で毛穴ケア

肌の糖化をストップさせるエッセンスになります。

糖化というのは、糖とたんぱく質が結合することです。この二つが結合してしまうと老化物質が発生し、肌の黄ぐすみや濁りを引き起こしてしまうのです。

ご飯もそうですね。炊き立ては真っ白ですが、時間が経過することにより、硬くなり黄ばんでいってしまいます。これも糖化が起こってしまっているせいなのです。

真っ白いご飯が変化していくように、肌も糖化が起こると、黄ばんだりくすんだり硬くなったりしてしまいます。

しかし、ディセンシアのエッセンスは、配合されているコウキエキスが糖化を抑制するため、肌の黄ぐすみ等、糖化によって引き起こされる肌ダメージを予防してくれます。

また、ローションと同じで、ヒト型セラミド2が配合されているので、肌のバリア機能も同時に高めてくれます。

更に、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルという100%植物由来のオイルが、肌に潤いとハリを与えてくれるため、しっとりしながらもふっくらした肌を甦らせることができます。
020keanakeshohin

こちらも、ローズマリーとラベンダーの中間の様な香りがします。上品に香り、リラックス効果が期待できそうです。

テクスチャーは乳液とクリームの中間の様な状態で、トロトロと柔らかく伸びがいいです。

浸透が早いのですが、肌表面はさらさらするというよりは、しっとり潤い、保湿力が高いように感じます。

ローションで潤した後に、保湿力が高いこのエッセンスでさらなる保湿を行うため、肌全体が十分に潤い、キメも整うように感じました。肌の弾力も感じられます。

③アヤナス クリームコンセントレート(ハリアップクリーム)

アヤナス ハリアップクリームで毛穴ケア
022keanakeshohin
ローションやエッセンス同様、ローズマリーとラベンダーの中間のような香りがするのですが、ローション・エッセンス・クリームの3種類を重ねて塗ることで、高貴な香りがより高まり、心を落ち着かせてくれます。

セラミド2や糖化防止効果のあるコウキエキスが配合されている点も、ローションやエッセンスと同様ですね。

しかし、そこに感触の違う以下の4種類のオイルが配合されている為、4つのオイルが層になり、触感が徐々に変化していきます。

上の層から順に肌に溶け出していくため、最初に触れた時と、塗っている時、馴染ませた後の触感に微妙な違いが生じるのです。

・パルミチン酸スクロース・・・保湿、抗菌作用のある、安全性の高い脂肪酸。
・ワセリン・・・石油を精製した保湿剤。
・リンゴ酸ジイソステアリル・・・保湿性、皮膚を柔らかくする作用のある乳化剤。
・トコフェロール・・・抗酸化作用のある、脂溶性ビタミンE。

※「4種類のオイル」と記されていたので、成分表示の中に「オイル」という言葉がないか探したのですが、見つからなかったため、ディセンシアのお客様センターへ問い合わせてみました。その結果、上記の成分が4種類のオイルに当たるという回答を頂きました。オイルというよりは、油性の乳化剤に近い成分ですね。

4種類のオイルそれぞれテクスチャーが違うため、これにより、移り変わる触感と、しっとりしながらもコクのあるテクスチャーを感じることが出来るそうです。

手に取ってみましょう。
023keanakeshohin
こっくりはしているけれど、柔らかく伸びがいいです。

油性が強いクリームなのですが、肌馴染みが良く、浸透した後表面がサラッとして行きます。ワセリンも配合されているので、べた付くことを想像したのですが、それ程強いベタつきもなく、付けた後テカることもありません。

サラッとしているけれど、皮膚を押すとペタッと吸い付く感覚があるので、潤いは十分の様でした。変なテカリではないけれど、肌に程よい艶も出て、キメも細かくなるため、敏感肌や乾燥肌の方でも肌が守られていることを実感できるのではないでしょうか。

ただし、脂性肌の方が使用すると、もしかすると多少のベタつきが気になってしまうかもしれません。

また、4種類のオイルによって移り変わるテクスチャーを期待していたのですが、私が鈍感なせいなのか、特別触感が変わっていく感じはありませんでした。

体温で溶けることにより、若干柔らかくなるという感じはあります。

④アヤナス アイクリームコンセントレート

アイクリームは、1回分だけのサンプルが入っていました。実際に使用するのは、ディセンシア アヤナス クリーム コンセントレートの前になります。

影ジワという言葉をご存知ですか?

これは、敏感肌特有の症状で、目の下に起こるくすみとシワのことを言います。

くすんでシワが刻まれた目元は、疲れた印象を与え実年齢より上に見せてしまう原因の一つでもありますね。これは皮膚が敏感なゆえ、刺激に負けて起こってしまう現象なのです。

アヤナスのアイクリームはこのような影ジワを解消し、疲れた目元を若々しく改善するために作られました。

まず、影ジワになってしまう原因として挙げられるのは、

・乾燥
・バリア機能の低下
・クマ
・失われたハリ

等ですね。

そこで、ディセンシアのアイクリームは、以下のような成分によって、これらの目元改善を努めます。

・オタネニンジンエキス・・・抗炎症作用
・紅藻エキス・・・抗酸化作用
・ビルベリー葉エキス・・・抗老化作用
・ラベンダー花水・・・抗炎症作用
・コウキエキス・・・抗炎症作用、抗酸化作用
・セラミド2・・・保湿作用、バリア機能強化

それぞれの成分がしっかりと働くことで、目元に潤いが取り戻され、バリア機能が強化され、酸化による黒ずみも改善していくのです。

これにより、デリケートな目元が、ふっくらと潤い、ダメージに負けづらい状態になります。

乾燥が落ち着けば、痒みなども落ち着くため、目を擦ったりかいたりすることによるダメージも抑えることができますね。
024keanakeshohin
025keanakeshohin

手に取り出してみると、普通のクリームのようですが、とても密度が高く、伸ばすと肌にキュッと密着していきます。

目元につけてみると、すごく馴染みが良く、皮膚にピタッと密着していきました。浸透してからも、目元表面はしっとり潤ったままで、皮膚も柔らかくなっています。

乾燥からしっかりと守られている感じですね。1回分だけだったので効果のほどはわからなかったけれど、使用感はとても良かったです。乾燥しがちな目もとも、このクリームを塗った日は1日乾燥を感じる事なく過ごせました。

皮膚の薄い目元でもこのクリームで刺激を受けることはなかったので、乾燥が気になる別の場所の保湿クリームとしても効果的ですね。乾燥によるつまり毛穴も予防できそうです。

2位:草花木果 透肌(竹)

草花木果は、日本の自然に寄り添って開発されたブランドで「透肌(竹)」はデコボコ毛穴、小鼻の毛穴、ほおの毛穴が開いてる方のために作られた化粧品です。
草花木果 透肌(竹)で毛穴ケア

四季のある日本の自然の力を利用して、肌に優しい化粧品を追い求めた結果、日本の自然素材の有効成分を豊富に含んだ、草花木果化粧品が作られたのです。

天然の温泉水や、抗菌性のある竹のエキスや発酵素等、日本にあるあらゆる天然の素材を取り入れる形で、化粧品が完成しているのです。

もちろん、鉱物油やタール系色素、紫外線吸収剤、パラベンなどの添加物も排除されており、肌への負担を極力軽減させ、肌を優しく守る化粧品になっています。

合成香料も一切使用せず、天然のオイルやエキスによる香りで癒し効果をもたらしています。

肌が敏感な方や、自然素材を好む方にお勧めですね。

草花木果は、配合されている自然のエキスによって、以下のようなラインが作られています。目的に合わせて選べる点も嬉しいですね。

・・・竹エキス(モウソウチク茎エキス)配合。竹には防腐作用や抗菌作用があります。また、古い角質のごわつきを取り除く作用もあるため、透明感をアップさせてくれます。
ゆず・・・ゆずの実、皮、種の栄養を凝縮。潤いや艶をアップさせる作用があります。・どくだみ・・・薬草であるドクダミ配合。アクネ菌を抑え、吹き出物予防作用があります。
緑茶・・・抗酸化作用や抗菌作用のあるチャエキス配合。これにより、吹き出物などを防止し、老化の進行もストップさせることができます。
よもぎ・・・ヨモギ葉エキス配合。よもぎに含まれているビタミンCやミネラルの働きにより、肌荒れやかさつきを落ち着かせてくれます。保湿効果も高いので、しっとりなめらかな肌に導いてくれます。
・・・独自開発成分(豊水うるおい成分、立体美顔演出成分、肌色磨き成分)配合。内側から肌を元気にしてくれる作用があります。エイジングケア化粧品として人気です。

このうち、今回は「竹」についてご紹介していきたいと思います。

「竹」は、古い角質や汚れをシッカリ取り除き、充分な保湿効果も期待出来るセットになっています。角栓が取り除かれ、潤いが保たれると、気になる小鼻の毛穴も、頬の毛穴も、パックリ毛穴も、凹凸毛穴も全て目立たなくさせてくれそうですね。

実際、様々な状態の気になる毛穴も、草花木果の「竹」で、改善させることが出来るとして人気があります。

また、「竹」からは、10日間分のトライアルセットも販売されています。今なら、天然コットンやメーク落とし、美白日中美容液のプレゼント付きで、1,000円で購入することができます。

安価で「草花木果 竹」の基礎化粧品一式を一気に試すことが出来るので、とてもお得ですね。

「草花木果 竹」トライアルセットをネットで注文

「草花木果 竹」トライアルセットもインターネットで購入したのですが、このようなダンボールで、パンフレットや試供品と共に届きます。
027keanakeshohin
028keanakeshohin
箱の中に入っている内容は以下の様になっています。

・洗顔ミルク・・・15ml
・化粧水・・・40ml
・透肌マスクジェル・・・25g
・天然コットン・・・20枚
・メーク落とし・・・1回分
・美白日中用美容液・・・0.3ml

草花木果のお手入れは、とても単純で、洗顔後、化粧水をつけて、マスクジェルを付けるだけというものです。

様々な美容液等を段階的に使用するとなると、忙しい朝のお手入れに時間がかかってしまいますが、これなら、時間のない朝でもパパッと済ませられるので、嬉しいですね。

では、ひとつずつ見ていきましょう。

①草花木果「竹」洗顔ミルク

草花木果 洗顔ミルクで毛穴ケア

1円玉大を手のひらに取り出して泡立てると、素早くきめ細かいもっちり泡が完成するそうです。
030keanakeshohin
ほんのり、ローズマリーの精油の様な香りがします。ローズマリーの匂いは個人的にもすごく好きなので、この香りにとても癒されました。

使い方を見てみましょう。
草花木果 洗顔ミルク 使い方
1円玉大を手に取り出し、実際に泡立ててみます。
032keanakeshohin
もっちり泡ではありませんね。ぬるま湯を数回に分けて付けながら泡立てると良いそうですが、なかなかうまく泡立たないので、洗顔ネットを使用してみました。

ネットを使うと、すぐにモコモコと泡立っていきます。
草花木果 洗顔ミルク 泡立った写真
もっちりと言うよりは、フワフワと軽い感じです。泡で顔を洗うと、手と顔の間に、泡がクッションとなって存在していてくれるので、肌表面への刺激を軽減させながら、汚れだけを取り除いてくれる感じがします。

皮脂などと混ざり合うとすぐに泡がしぼんでしまう洗顔料もありますが、これは皮脂と混ざり合ってもクリーミーになっていくだけで、泡が消えることはありませんでした。

クリーミーだけれど、すすぐと泡切れが良く、さっぱりとした仕上がりになります。

この洗顔ミルクには、アミノTGという、肌のターンオ―バーを正常にする働きのあるアミノ酸系の成分が配合されています。これにより、留まっていた古い角質も除去されやすくなるので、くすみのない肌に導くことが出来るそうです。更に角栓なども除去されやすくなるため、つまり毛穴や黒ずみ毛穴が目立ちにくくなるでしょう。

また、ミネラルが豊富な鹿児島県霧島山麗の関平温泉水も、もちろん配合されています。これにより、洗浄しながらも潤いが与えられ、肌のバリア機能を高めてくれるでしょう。洗うたび、強く弾力のある肌に蘇っていきます。

※アミノTGという言葉はとても効果が高そうな雰囲気ですが、アミノTGという名前は、成分表示の中にどこにもなかったため、どれがアミノTGに当たるのか草花木果のお客様センターへ問い合わせたところ、このような回答を頂きました。

「アミノTGという成分そのものが入っているわけではなく、アミノ酸系成分のことをこちらではアミノTGと呼んでいます。このアミノ酸系成分はベタインを指しています。

草花木果では、このベタインの中の、ある美肌成分を発見したため、それを“アミノTG”と名付けました。これは草花木果独自の名前であるため、成分表示には法律上記載することが出来ません」

ベタインというのは、植物などに含まれるアミノ酸の一種で、天然保湿剤として多くの化粧品に配合されているものになります。この、メジャーなベタインの中に、さらに、他では知られていない美肌成分(古い角質を除去し、ターンオーバーを正常化させる成分)がある事を、草花木果が発見したそうなのです。

それが、アミノTGです。

②草花木果「竹」化粧水

トライアルセットを購入する際、しっとりタイプとさっぱりタイプのどちらかを選択することが出来るのですが、私はしっとりタイプの化粧水を選んでみました。

化粧水は、洗顔ミルクよりもワンサイズ大きなボトルになっています。
草花木果 化粧水で毛穴ケア
035keanakeshohin

ボトルが透明感のある爽やかなグリーンなので、化粧水に色がついているのかなと思いましたが、手のひらに取り出してみると、透明な液体でした。
036keanakeshohin
とろーりとした、とろみのある液体で、顔につけるとクリームを付けているかのようにしっとり潤っていきます。しかし、すぐに浸透し、表面がサラッとしていきます。

外側はべたつかずさらさらなのに、内部がしっとり潤っている感じですね。手のひらが頬にペタペタと吸い付く感じが少ないので、少し物足りなさは感じてしまいますが、化粧水をつけた後、ぱさぱさする感じも、突っ張る感じもないため、肌内部は十分潤っているようです。

香りも草原の様な匂いで、自然の中で癒されている気分になります。

アンズ果汁、ゆず果実エキス、ボタンエキス、モウソウチク茎エキス、イチヤクソウエキス等、さまざまな天然のエキスや、保湿成分であるヒアルロン酸も配合されています。

また、こちらもミネラル豊富な温泉水が配合されていますし、ベタインも入っています。つまり、草花木果の独自成分アミノTGによる、美肌効果も期待できると言うことになりますね。

これらの天然成分が、肌のくすみを取り除き、潤いを与え、気になる毛穴をケアしてくれるのです。

使い方の説明では、手で馴染ませてもいいけれど、コットンに浸してふき取るようにするとより効果的だと書かれています。
037keanakeshohin

拭き取り用の天然コットンも入っていたので、使ってみましょう。
038keanakeshohin
039keanakeshohin
取り出すと、すでに汚れているような感じがしましたが、このコットンは無漂白となっているそうです。自然の状態のままなので、真っ白ではないけれど、見た目よりも肌への優しさ重視で作られている点が嬉しいですね。
草花木果 拭き取り用コットン毛穴ケア
実際に使ってみると、とても柔らかくフワフワした触感で気持ちいいです。手で付けるよりも顔全体に均一に化粧水を伸ばすことができますし、このコットンなら、コットンによって刺激を受けやすい敏感肌の方でも安心して使えると思います。

③草花木果「竹」透肌マスクジェル

草花木果「竹」透肌マスクジェルで毛穴ケア
042keanakeshohin

ゆずの爽やかな香りが漂う、柔らかいジェルです。
使い方を見てみましょう。
043keanakeshohin
美容液としてパール粒2個分を顔に伸ばす使い方と、顔全体にたっぷりつけてマスクとして使用する方法があるようですね。

まずはパール粒2個分を伸ばしてみます。伸びが良く、肌に刺激を与えずに顔全体へ行きわたらせることができますし、しっとりした後すぐに浸透して表面がサラッとしていきます。

何度重ねづけしても、1度にパール粒より少し多めにつけても、最終的にはサラッとした仕上りになるので、肌のべたつきやテカリが気になる方にもお勧めです。

サラッとはするものの、マスクジェルを付けた後の肌を手で押してみると、手のひらに吸い付いてくる感じがあったので、肌内部はしっかりと潤っているようです。

マスクとして使用する場合は、美容液であるマスクジェルが顔全体を覆うことで、潤いがUPしますし、5分程度放置してから余分なジェルを拭き取った後、残った成分は肌に浸透させるだけでいい為、洗い流す必要がなく、手軽ですね。

ジェルを拭き取るのがもったいないようにも感じますが、マスクジェルをたっぷり乗せた後の肌は、透明感が増し、触り心地もプルプルになるので、週に1~2回程度のスペシャルケアとしてお勧めです。

では、透明マスクジェルの成分を見ていきましょう。
044keanakeshohin
イソフラボンが豊富に含まれているヒオウギエキスが配合されています。ヒオウギエキスに含まれているイソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをすると言われています。

そのため、ヒオウギエキスを補うことで、女性らしい肌の潤いや艶、ハリを取り戻すことができます。また、肌への浸透も早く、ヒアルロン酸やコラーゲンの働きを促進させることも出来るため、保湿効果も高まります。

更に、古い角質を除去する働きのあるSB-P発酵素(スブチリシン、プロテアーゼ)も配合されています。これによりくすみのない透明感のある毛穴レス肌に導くことができます。

また、洗顔ミルクや化粧水同様、アミノTGも配合されています。これにより古い角質も取り除き潤いもアップさせることが出来るでしょう。

そしてもちろん、マスクジェルにも、ミネラルたっぷりの、バリア機能を高める作用のある温泉水が入っています。

自然の恵みがタップリと配合されているマスクジェルなので、化粧水で潤した後の肌をさらにしっかりと整えてくれそうですね。

④草花木果 メーク落としオイル

試供品として入っていた、メーク落とし1回分についてもご紹介してみたいと思います。
草花木果 メーク落としオイルで毛穴ケア
046keanakeshohin
これは、洗顔ミルクの前に使用するクレンジングになります。

オイルクレンジングは洗浄力が強く、肌に負担をかける場合があると言われていますが、草花木果のメーク落としは、以下のような成分が入っている為、毛穴に詰まった汚れや角栓を効果的に取り除きながら、肌をしっとりと保湿し、守ってくれます。

紅花油(ハイブリッドサフラワー油)・・・保湿効果が高く、シワやシミを予防する働きがあります。皮脂に近いため、肌に馴染みやすく、皮膚を柔らかくする作用もあります。
生姜(ショウキョウエキス)・・・保湿、抗菌、抗酸化作用があります。
関平温泉水(温泉水)・・・ミネラルが豊富で、肌のバリア機能を高めてくれる作用があります。

手に取り出してみましょう。
047keanakeshohin
048keanakeshohin
本当に肌馴染みが良く、スルッと肌全体に伸びていき、メイクとすぐに馴染んでくれます。オイルですが、とてもサラサラとしていて、べたつきやぬるつきもないため、オイルが苦手な方でも気にならずに使用できるかもしれません。

すすぐ際も、すっきりと洗い流しやすく、いつまでもオイルのベタつきが肌に貼りついているという事はありません。

さっぱりしたオイルなので、メイクがしっかり落ちるのかな?と思いましたが、ウォータープルーフのアイライナーもしっかり落ちていたので、大丈夫です。

⑤草花木果 ホワイトニングデイエッセンスN

こちらも、1回分の試供品として入っていました。日中用の日焼け止め効果もある美容液になります。
草花木果 ホワイトニングデイエッセンスNで毛穴ケア
050keanakeshohin
やはり、鉱物油、パラベン、タール系色素、合成香料、紫外線吸収剤等、肌に負担のかかる成分が一切配合されていません。お肌への優しさ重視の自然派化粧品、草花木果ならではですね。

それでいて、以下のような3つの役割を担ってくれる美容液となっています。

・美白ケア
・紫外線ケア
・化粧下地

忙しい朝に、これらのお手入れを1本で終了させられるというのは嬉しいですね。

まず美白ケアに効果的な成分から見ていきましょう。

有効成分として、以下のような美白作用のあるビタミンC誘導体が配合されています。

・L-アスコルビン酸2-グルコシド
ビタミンCをこのように誘導体化させていることで、効率的にビタミンCを肌内部へ送り届けてくれます。これにより、ビタミンCの持っている美白効果が期待できるのですね。

更に有効成分として、以下のような抗炎症作用のある成分も入っています。

・グリチルレチン酸ステアリル
ニキビや吹き出物にも効果的ですね。そして、草花木果ならではの、以下のような植物性美容エキスも配合されています。

・ユズエキス・・・ビタミンCが多く含まれている為、収れん作用、保湿作用、美白作用が期待できます。
・ビワ葉エキス・・・皮膚修復作用、抗炎症作用があります。紫外線のダメージも減らしてくれるため、紫外線によるシミやシワの予防効果が期待できます。
・チャエキス(緑茶エキス)・・・殺菌作用、抗酸化作用があります。
・ヒキオコシエキス(延命草)・・・血行促進作用、抗酸化作用、抗菌作用があります。

これらの成分により、紫外線によるダメージを排除し、肌を健やかに保ってくれるのですね。勿論、紫外線を防止する酸化チタンも配合されているため、日焼け止め効果も充分です。

では、手に取り出してみましょう。
051keanakeshohin
052keanakeshohin
白浮きしないか心配でしたが、顔に伸ばすとエッセンスの白さは気になりませんでした。自然に馴染み、肌表面を滑らかにして整えてくれるので、化粧下地としても十分でしょう。

※草花木果「竹」は女子リキの他のレビュアーさんも試しています。

3位:アクポレス

アクポレスで毛穴ケア

「今日から、たまご肌」
「今日からはじめる すっぴん美人」

というキャッチフレーズで販売されている、皮膚科医のアドバイスから生まれた、アクポレス。このキャッチフレーズを見ると、毛穴のないつるつる美肌を目差せそうな気がしますね。

キャッチフレーズ通り、毛穴やニキビ、ニキビ跡を改善させる為の薬用スキンケアシリーズになります。

また、肌ダメージがあっても使用できるよう、アレルギーのテストや刺激テストも行ったうえで販売されていますし、香料、着色料、石油系界面活性剤、動物性原料、全て不使用となっています。

肌が敏感になっている方でも安心して使用することができそうですね。

同じ販売元から発売されている商品で、アクポレスのシリーズよりも有名なのが、ライスフォースです。ライスフォースは、日本のお米の力を利用した化粧品になります。

米麹を扱っている杜氏の手は白く美しいことから、お米には美肌効果があるのでは、と考えられていました。米ぬか化粧水や米ぬか洗顔など、古くから米に関係する美容も知られていますね。

そこで、お米の力に着目し、ライスパワーを利用して作り出されたのが、ライスフォースになるのですが、毛穴・ニキビケア用アクポレスにも、ライスパワーは配合されています。

ライスパワーエキスには実は様々な種類があり、それぞれ作用が違っています。そのパワーや作用ごとに№が付けられているのです。その中でも、化粧品に配合されることの多い№をいくつかご紹介します。

ライスパワー№1・・・皮膚の健康を保つ作用
ライスパワー№2・・・皮膚を守りながら清浄する作用
ライスパワー№3・・・肌の洗浄と保湿作用
ライスパワー№7・・・皮膚の油分を保ちながら、乾燥ケア
ライスパワー№10・・・皮脂のバランスを整える作用
ライスパワー№11・・・皮膚の水分保持機能強化
ライスパワー№23・・・皮膚を守りながら、透明感を与える作用

※アクポレスに配合されているのは、ライスパワー№1や№3、№10等で、ライスフォースに配合されているのは、ライスパワー№11になります。

今回、私はアクポレスのスタータ―セットを購入してみたのですが、その中には、アクポレスのシリーズのほかに、ライスフォースのローションもプラスされていました。
アクポレスのスタータ―セット
では、スターターキットの内容を見ていきましょう。

・アクポレス アクネソープ・・・8g
・アクポレス クリアローション・・・15ml
・アクポレス モイストバランスミルク・・・8ml
・アクポレス オイルコントロール エッセンス・・・3ml
・ライスフォース ディープモイスチュア ローション・・・20ml

055keanakeshohin

ひとつずつ詳しく見ていきます。

①アクポレス アクネソープ

アクポレス アクネソープで毛穴ケア
057keanakeshohin

洗浄と保湿作用のあるライスパワー№3が配合されているので、お肌に必要な潤いを残しながらも、不要な汚れはしっかりと洗い流してくれます。

また、有効成分としてグリチルリチン酸2Kも配合されているため、ニキビなどの炎症を鎮め、肌ダメージを落ち着かせる働きもあります。
058keanakeshohin
ぬるま湯に濡らし、泡立ててみましょう。
059keanakeshohin
060keanakeshohin
手のひらで泡立てるよりも、ネットを使った方がもっちりとした泡を作ることが出来ました。

フワフワしているけれど、軽いというよりは、モチモチ弾力と重みがある感じです。顔につけても、肌に触れず、泡だけで洗うことが出来るため、肌への刺激を抑えながら洗浄することができました。

泡切れも良く、さっぱりとするのですが、さっぱり洗いあがった後、しっとりと潤ってくるので、すぐに化粧水をつけなくても突っ張る感じはありません。

②アクポレス クリアローション

アクポレス クリアローションで毛穴ケア
062keanakeshohin
ローションと言うと、保湿作用のあるもので、顔にたっぷりつけるように感じますが、アクポレスのクリアローションは一味違います。

これはコットンにたっぷり取り出して、黒ずみやべたつきを拭き取る為のローションになるのです。
063keanakeshohin
ライスパワー№1とライスパワー№10が配合されているので、皮膚の健康を保ちながら、皮脂バランスを整えてくれますし、グリチルリチン酸2Kによって、炎症を鎮め、さらに濃グリセリンやヒアルロン酸で潤いを充分に与えてくれます。

そのため、通常のローションとしてたっぷり肌に浸透させていいようにも感じられますが、以下のような、毛穴引き締めや角質除去効果のある成分も含まれている為、コットンでふき取ることで、効率的に肌を整えることが出来るのです。

乳酸・・・角質を柔らかくし、古い角質を除去したり、代謝をアップさせる作用があります。毛穴引き締め効果や殺菌効果もあります。
DL-リンゴ酸・・・角質を柔らかくする作用があります。
精製大豆レシチン・・・ホルモンバランスを整える作用があります。
ハマメリス抽出液・・・炎症を鎮め、ニキビを予防する作用がありますし、引き締め作用もあります。

アクポレスのクリアローションは、これらの成分によって、肌を清浄し、整え、ニキビなどの肌ダメージを抑える目的のものなので、顔にたっぷりつけて潤いを与えるタイプのローションとは少し違うのです。

使い方や内容を分からずに使用すると、充分な効果が得られずがっかりしてしまうかもしれないので、このローションのコンセプトを知ったうえで、きちんと使用方法を守りましょう。

特に、乳酸とリンゴ酸は、角質を柔らかくし、溶かして取り除く作用があるため、古い角質によってごわついている肌や毛穴の詰まり、黒ずみ毛穴なども改善させてくれます。

つまり毛穴や黒ずみ毛穴に悩んでいる方には特に効果的ですね。

スターターキットには、拭き取り専用のコットンも一緒に入っています。
064keanakeshohin
2way式になっていて、プレーン面を裏返すと、メッシュ面になっています。
065keanakeshohin
066keanakeshohin

皮脂が多いTゾーンにはメッシュ面、デリケートな部分には刺激の弱いプレーン面、と場所によって使い分けることが出来るので、便利です。

このコットン両面にクリアローションをたっぷり沁み込ませ、優しく顔を拭き取ると、とてもサッパリしました。さらに、拭き取ったコットンを見てみると、うっすらと汚れがついていました。

アクネソープでも十分汚れは取り除けるのですが、クリアローションには、古い角質を除去するパワーがあるため、石鹸では落とし切れなかった汚れや黒ずみを取り除いてくれたのかもしれませんね。

角栓や毛穴汚れも除去できるそうなので、毛穴が目立って気になっている方はぜひ試してみてくださいね。

香りも少し薬の様な消毒液の様な感じなので、清潔感があります。

サッパリした仕上りなので、やはりこのローションを付けた後に、しっかりと保湿される化粧水や乳液が欲しいですね。

③ライスフォース ディープモイスチュア ローション

クリアローションでふき取ってサッパリした肌に、ライスフォースのディープモイスチュア ローションを浸透させると、しっとり潤いのある肌に整えることが出来ます。
ライスフォース ディープモイスチュア ローションで毛穴ケア
有効成分として、肌の水分保持機能を改善し強化させる、ライスパワー№11が配合されているので、肌内部からしっかりと保湿することができます。

その他にも、以下のような成分が配合されています。

グリチルリチン酸2K・・・抗炎症作用、抗アレルギ―作用のある成分です。
ヒアルロン酸Na-2・・・肌に潤いを与え、保水力を上げる成分です。
植物性スクワラン・・・皮脂に近い成分です。肌馴染みが良く、浸透率が高くなっています。
天然ビタミンE・・・抗酸化作用のある成分です。
カミツレ油-2・・・天然のオイルで、傷の治癒やスキンケアに効果的です。

炎症を鎮めながら、肌に潤いを与え、健やかな状態に仕上げてくれそうですね。

では、実際に手に取り出してみましょう。
068keanakeshohin
アルコールっぽい匂いもしますが、柑橘系のような、清潔感があり爽やかな香りもほのかに漂います。すっきりした香りなので、それ程好みは割れなそうですね。

手のひらに取り出した時は、とてもしっとりとろーりとしていたので、ベタつくのかなと思ったのですが、実際に顔に伸ばしてみると、水のようにサラッとして伸びていきます。

浸透は速く、顔全体に伸ばしているそばから直ぐに浸透して消えていってしまいます。「ディープモイスチュア」という名前から、高保湿な雰囲気だと思ったのですが、浸透すると表面はサラッとしてしまうので、若干の物足りなさは感じてしまいました。

しかし何度か重ねづけすると、手のひらが頬に吸い付く感じがあったので、しっかりと保湿されたようです。クリアローションで角質を取り除くと、その後乾燥しやすくなりますし、元々乾燥気味の方はディープモイスチュア ローションを1回つけただけでは潤いが足りないかもしれません。

シッカリと潤うまで、数回重ねづけするといいでしょう。

④アクポレス オイルコントロールエッセンス

アクポレス オイルコントロールエッセンスで毛穴ケア
毛穴が気になる方は、このオイルコントロールエッセンスが重要になってきます。配合されているライスパワー№10が、皮脂量をコントロールしてくれるからです。
070keanakeshohin
他にも配合されている以下のような様々な成分によって、過剰な皮脂の分泌を抑えながら毛穴を引き締める効果が期待できます。

ハマメリス抽出液・・・ニキビ予防、赤み解消、引き締め作用があります。
セイヨウハッカエキス・・・清涼感のある香りが特徴で、抗菌、収れん作用があります。
メントール・・・清涼感のある香りがして、皮膚に触れると冷たく感じさせる作用があります。

また、以下のような有効成分も配合されています。

グリチルリチン酸2K・・・抗炎症作用、抗アレルギー作用があります。
サリチル酸・・・角質を柔らかくする作用があります。

これらの成分により、肌が柔らかくなり、古い角質も除去されやすくなりますし、炎症を鎮め、健やかな肌に改善させることができます。

アクポレスは、以下のような理由から毛穴が目立って気になるという方に、とてもおススメの商品になります。

・過剰な皮脂によって毛穴が詰まる
・毛穴に詰まった皮脂が酸化し黒ずむ
・毛穴に皮脂や古い角質が詰まり、角栓となる

また、皮脂をコントロールしてくれるので、毛穴を目立たなくするほかに、テカリや脂浮きも抑えてくれます。暑い夏の外出時、テカリを抑えることが出来ると嬉しいですね。

これは、顔全体ではなく、テカリの気になるTゾーンや、顎などを中心につけてみましょう。

しかし、皮脂の分泌しやすい場所だけではなく、乾燥している部分にも効果的だそうです

というのも、皮膚は乾燥が進行すると、それ以上水分が奪われないように皮脂を分泌する傾向にあるからです。その為、このオイルコントロールエッセンスで保湿をしながらも皮脂量をコントロールすると、乾燥による過剰な皮脂の分泌も避けることができるでしょう。

例えば、背中や胸など、乾燥による肌荒れが気になる部分にも使用してみてもいいかもしれませんね。

ではまず、手に取り出してみます。
071keanakeshohin

トロッとした、半透明のジェルの様なエッセンスになります。トロミはありますが、伸ばすとスーッと滑らかに伸びて浸透し、ベタつきがありません。

ハッカの爽やかな香りと、メントールによる冷感作用によって、心地よい涼しさと引き締まりを感じます。つけた部分がスースーして、暑い夏場は特に気持ち良さそうですね。

毛穴の引き締まりは感じるのですが、若干サッパリしすぎて、乾燥を感じてしまいました。皮脂もコントロールされてしまうので、乾燥肌の方よりも脂性肌の方の方が効果的かもしれませんね。

⑤アクポレス モイストバランスミルク

ライスフォース ディープモイスチュアローションで与えた水分を閉じ込める働きのある、薬用乳液になります。さらに油分と水分バランスを整え、ふっくらしたお肌に改善させてくれます。
アクポレス モイストバランスミルクで毛穴ケア

こちらはライスパワー№1が配合されているので、皮膚を健やかに保ってくれます。

また、有効成分としてグリチルリチン酸2Kが配合されているので、抗炎症作用や抗アレルギー作用も期待できますし、浸透性の高い保湿剤である植物性スクワランや、潤い成分カミツレ油なども入っている為、しっとり潤いのある肌に仕上げてくれます。
073keanakeshohin

手に取り出してみましょう。
074keanakeshohin

柑橘系の爽やかな香りが心地良いです。

乳液なので、ほどほどの油分は感じるのですが、やはり浸透が速く、浸透してしまうと特にべた付きもなく、さらりとした仕上りになります。

しかし、先ほどライスフォースの潤いを与えていたため、そこにこの乳液で蓋をする形にすると、肌表面はサラサラでも、内部は潤いが十分の様に感じます。

皮膚が突っ張る感じもありませんし、しばらくしても乾燥する感じはありませんでした。乾燥肌の方は、クリアローションやオイルコントロール エッセンスで肌がサッパリしてしまうので、モイスチュアローションとモイストバランスミルクをシッカリとつけ、潤いを保つようにするといいでしょう。

4位:コーセー米肌

アクポレスやライスフォース同様、美肌成分であるライスパワーが配合された商品になります。
コーセー米肌で毛穴ケア

ライスパワーと言うのは、蒸したお米から抽出したエキスに、酵母や乳酸菌などを加え、90日間発酵・熟成させて作られる成分です。

実はライスパワーには、36種類もあり、その中でも肌や髪に効果がある成分に№が付けられています。№が付けられたライスパワーは、その効果が確認された後、厚生労働省にも新規有効成分として認められたのです。

米肌に配合されているのは、ライスパワー№11になるのですが、ライスパワー№11は、ライスパワーの中でも、唯一水分保持機能を高める作用のあるものになります。

さらにライスパワー№11は、微生物の力によって低分子化されているため、分子が大きいままの別の保湿成分よりも浸透しやすく、角層の奥深くまで届けることができるのです。

実は、保湿力の高いコラーゲンやヒアルロン酸の約2倍もの保湿力が、ライスパワー№11にはあると言われています。

これにより、肌内部の水分も充分に満たされることとなるのです。

更に、肌はセラミドが十分に備わっていることで、肌表面のバリア機能が強化され、水分が蒸発しにくい環境を作ることが出来るのですが、ライスパワー№11には、そのセラミドを生み出す力もあるのです。

ライスパワーの保湿成分が肌内部まで浸透し、さらにセラミドを生みだすことにより、水分が保持されやすくなるという仕組みですね。

さらに、米肌は、ライスパワーだけではなく、ビフィズス菌発酵エキスや大豆発酵エキスなど、発酵の力も利用して肌に潤いを与えてくれます。

使えば使うほどバリア機能が高まり、同時に水分量もアップしていきそうですね。また、全て、香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤不使用の安心商品となっています。

米肌からも14日間のお試しセットが販売されています。私も、早速インターネットで注文してみました。
076keanakeshohin
セット内容は以下の様になっています。

・米肌 肌潤石鹸・・・15g
・米肌 肌潤化粧水・・・30ml
・米肌 肌潤改善エッセンス・・・12ml
・米肌 肌潤クリーム・・・10g
・米肌 肌潤化粧水マスク・・・1枚(12ml)

この他、米肌化粧品の使い方や商品説明などのパンフレットも入っていました。

では、ひとつずつ見ていきましょう。

①米肌 肌潤石鹸

何となくほのかにお米の匂いのする、肌潤石鹸。小さいけれど泡立ちはいいので、14日以上使えそうな予感です。
米肌 肌潤石鹸で毛穴ケア
078keanakeshohin

ぬるま湯につけて、手のひらで転がしても泡立つのですが、ブクブクとした状態で、モチモチ泡には発展しなかったため、ネットを使用して泡立ててみました。
079keanakeshohin
080keanakeshohin

石鹸を少しネットでこすっただけで、もっちりフワフワした弾力のある泡がたっぷり出来上がりました。しっかりと泡立てると、肌を直接触れずに、泡だけで洗うことが出来るので、肌触りが柔らかく、とても気持ちいいです。

すすぐと泡切れも良く、洗顔後はすっきりさっぱりとしますが、パサパサではなく、水分を拭き取った後にしっとり感が残る仕上がりになります。

この石鹸には、以下のようなエキスが配合されています。

コメエキス・・・ライスパワーのことです。水分保持機能を高める作用があります。(※ライスパワーは配合量によっては「コメエキス」と記載されます)

大豆発酵エキス・・・・・・保湿性の高い、植物性コラーゲン。肌にハリや弾力を与える作用があります。

ビフィズス菌発酵エキス・・・自らを潤そうとするはたらきを持つ、天然保湿因子と似たような働きをします。細胞を活性化させ、シミやシワ等を改善させる作用もあります。

洗浄効果のある成分の他に、このような保湿作用のある成分が配合されているため、さっぱりとした洗い上がりなのに、しっとりと潤う肌に仕上げてくれるのですね。

②米肌 肌潤化粧水

米肌 肌潤化粧水で毛穴ケア
こちらも、有効成分としてライスパワー№11とは記載されていないのですが、「コメエキス」と記載されています。

ライスパワーの配合量によって、ライスパワーはコメエキスと記載されることがあるので、ここで言うコメエキスも、ライスパワーのことを指しているのだと思います。

通常有効成分として記載するためには、厚生労働省で定められた成分を規定量配合する必要があります。

つまり、有効成分として記載されていないコメエキスは、配合量そのものが少ないのだろうと考えられます。しかし、ライスパワーが含まれていることに間違いはありません。

更に、保湿作用のある以下のような成分も配合されているため、潤いを充分に感じることができます。

大豆発酵エキス・・・保湿性の高い、植物性コラーゲン。
乳酸Na・・・肌の角質細胞に含まれている保湿成分。肌馴染みが良く、水分保持機能を高める作用があります。
グリセリン・・・保湿剤、潤滑剤。
グリコシルトレハロース・・・トウモロコシから抽出される天然の糖質で、天然の保湿剤。保水性に優れています。

また、肌潤石鹸と同じように、細胞活性化作用のあるビフィズス菌発酵エキスも配合されています。

更に、角層柔軟オイルであるオクチルドデカノールも配合されているため、肌が柔らかくなります。皮膚が柔らかくなると毛穴にも柔軟性が出るため、汚れや皮脂が詰まりにくくなるでしょう。

つまり毛穴が気になる方にも効果的です。

では、手に取り出してみましょう。
082keanakeshohin
見た目はとてもサラサラしているように感じられますが、伸ばしてみると、とろみを感じます。

つけた瞬間はアルコールのような匂いがツンとするのですが、すぐに消えて、匂いはほとんどなくなりました。クンクン嗅ぐと、ほのかにお米の様な香りがするかも?という程度でした。

トロミはあるものの、それ程強い保湿効果があるようには感じられないテクスチャーや見た目なのですが、顔につけると1度でしっとりと潤います。頬を触っても、手のひらがぺったりと吸い付く感じになりました。

2回重ねづけすると、クリームをつけた後の様な仕上りです。肌表面もしっかりと守られている感じがしました。

潤いが十分なので、化粧水をつけただけで、肌がふっくらとして、柔らかさを感じられます。乾燥肌の方にも効果的ですね。

③米肌 肌潤改善エッセンス

米肌 肌潤改善エッセンスで毛穴ケア

肌潤シリーズの商品全てにライスパワーは配合されているのですが、肌潤改善エッセンスは特に高濃度のライスパワー№11が配合されています。(コメエキスではなく、有効成分としてライスパワー№11と記載されています)

そのため、ライスパワーの持っている、「セラミドを生成し水分保持機能を強化する力」がしっかりと肌内部に届けられます。

更に以下のような保湿成分も配合されています。

ビフィズス菌発酵エキス・・・細胞を活性化させ、シミやシワ等を改善させる作用や保湿作用があります。
納豆エキス(大豆発酵エキス)・・・保湿性の高い、植物性コラーゲンです。
乳酸Na・・・肌馴染みの良い、保湿成分です。水分保持機能促進作用があります。
グリセリン・・・保湿剤、潤滑剤です。
グリコシルトレハロース・・・トウモロコシ由来の天然の保湿剤です。
084keanakeshohin
これらの成分によって、潤いとハリ・弾力を取り戻すことが出来そうですね。

手に取り出してみます。
085keanakeshohin
チューブを押しだすと出てくるので、クリームのようなテクスチャーを想像していましたが、実際に押し出してみると、乳液の様な感触の、柔らかいエッセンスになっていました。

指で伸ばすとスーッと軽く肌表面を滑り、いつの間にか浸透している、という感じです。浸透後は肌表面がサラサラとして滑らかな状態になりました。

とても軽いので、何となく物足りなさは感じてしまうのですが、エッセンスを付ける前に、保湿効果が充分ある化粧水をつけているので、肌はしっとり潤っています。

だからと言ってベタつきもなく、程よい保湿をキープされている感じですね。

ライスパワーは、潤いを与えるのは勿論なのですが、自ら潤う力を高めさせる作用もあるので、サラッと軽いエッセンスでも、肌のしっとり感を長時間キープさせることが出来るのかもしれません。

納豆エキスが入っていると書いてあったので、納豆の様な匂いがするのかなと思ったのですが、オレンジの様な爽やかな匂いが軽くする程度で、納豆っぽさは全くありませんでした。

付けた後も特に香りは気になりません。

④米肌 肌潤クリーム

米肌 肌潤クリームで毛穴ケア
もっちりとした肌に仕上げてくれる、肌潤クリーム。

脂性肌の方や、クリームのベタつきが苦手な方は、クリームを顔につけることに抵抗を感じる場合が有るかもしれませんが、実はクリームにはクリームならではの役割があるのです。

ライスパワーはセラミドを生成する作用があるのですが、肌内部の潤いがあればあるほど、セラミドの生成量が増す傾向に有ります。

そのため、肌内部の水分が蒸発しないような環境を作ることが大切なのですが、まだセラミドが十分ではない状態では、せっかく潤いを与えても、肌に隙間が出来てしまうのでどんどん蒸発して行ってしまいます。

これではセラミドを作り出すのにも苦労してしまいますね。

そこで、クリームの出番です。

もし潤いもセラミドもまだ足りない状態だったとしても、クリームをつけて、肌表面に油膜を張り保護しておくと、潤いが保たれ、セラミドが生成されやすくなるのです。

また、脂性肌だと感じている方も、もしかすると元々の原因は乾燥かもしれません。というのも、肌は乾燥が進行すると、それ以上乾燥しないように過剰に皮脂を分泌する傾向にあるからです。

ですから、過剰な皮脂が気になっていて、これ以上油分を与えることに抵抗があるという方でも、クリームで保護することで、潤いとバリア機能が高まり、皮脂分泌を抑え、健やかなお肌に導けるかもしれません。

また、クリームには、肌潤シリーズの他の商品同様、以下のような保湿成分も含まれています。

・コメエキス
・ビフィズス菌エキス
・ダイズ発酵エキス
・乳酸Na
・グリセリン
・グリコシルトレハロース

087keanakeshohin
さらに、エモリエント効果のある、メドウフォーム油やスクワランも配合されています。

メドウフォーム油というのは、ベビーローションなどにも配合されている、安全性の高い天然のオイルで、肌の乾燥を防ぎ、皮膚を柔らかくする作用があります。

更に紫外線を防止する作用もあります。

また、スクワランは浸透性の高い潤い成分です。

これらが肌表面の保護膜となって水分が蒸発するのを防ぐため、先につけていた化粧水やエッセンスなどの潤い成分を逃す心配がありません。

では、フタを開けてみましょう。
088keanakeshohin
開封前、容器を傾けた状態で置いておいてしまったため、中身もちょっと偏ってしまいましたが、新品です。
089keanakeshohin
手に取りだすと、ちょっと固めのコクのある感じですが、伸ばしてみると柔らかく伸びがいいです。こちらも特に香りはありませんが、鼻を付けて匂いを嗅ぐと、ほんのりご飯のような匂いがします。

化粧水とエッセンスで与えた潤いが、このクリームでしっかりと閉じ込められ、しっとり柔らかい肌に仕上げてくれました。

若干の油分は感じるので、人によってはべたつきが気になるかもしれません。

⑤米肌 肌潤化粧水マスク

米肌 肌潤化粧水マスクで毛穴ケア
091keanakeshohin
これは、1回分の試供品として、お試しセットに入っていたものです。

成分を見てみると、米肌化粧水と同じになっていたので、米肌化粧水がタップリ12ml含まれているマスクと考えるといいでしょう。

では、実際に取り出してみます。
092keanakeshohin
093keanakeshohin

キレイに折りたたまれた状態のマスクを広げてみると、このように、顔の丸みに沿うように切り込みが入っていました。

化粧水もたっぷり含まれているので、少しペタペタします。

顔に乗せてみました。
094keanakeshohin
切り込みがあるせいで、顔にきれいにフィットしてくれます。こめかみまでしっかりとマスクを密着させることが出来るので、顔全体に成分が行き渡ります。

3分程度置いてから取り外すと、手で化粧水をつけた時よりも潤いを感じました。

この後エッセンスを付けると、肌がいつもより柔らかくなり、潤いが閉じ込められている感じがします。

疲れた夜、ちょっとだけ贅沢な気分を味わいたい時に使ってみるといいかもしれませんね。

コーセー米肌は、女子リキの他のレビュアーさんも試しています。

5位:ビーグレン 毛穴ケア

医学会も認めている、ビーグレンの毛穴ケア化粧品。
ビーグレン 毛穴ケア
(95.ビーグレンの写真①)

実はビーグレンからは、様々なお肌の悩みに対応するため、悩み別の8種類のプログラムのトライアルセットが用意されていますが、今回は、毛穴ケア化粧品に焦点を当てたかったので、まずは毛穴ケアプログラムのトライアルセットを購入してみました。

注文してから商品が届くまでとても早いと言われていますが、本当にその通りでした。

インターネットで注文すると、3日でビーグレンの入ったダンボールを手にすることが出来たのです。欲しいと思った時にすぐ手に入れられるという点も嬉しいですね。

ダンボールを開けるとこんな感じです。
096keanakeshohin
中身を取り出すと、シンプルなパンフレットが数冊と、さらに箱が入っていました。
097keanakeshohin
098keanakeshohin

パンフレットの内容は、定期お届けの案内や定期特割キャンペーンのお知らせ、初回限定1000円割引クーポン、ビーグレンの製品カタログになっています。ヌーディーヴェールの無料サンプル1回分も入っていました。

ダンボールを開けても箱。箱を開けてもフタがあり、厳重に守られていて、なかなか商品までたどり着けません。
099keanakeshohin
100keanakeshohin
フタを開けて、やっと出てきた中身は、なんだか新しい薬の様なもので、ちょっと怖そうだけれど効果が高そうな雰囲気でした。
ビーグレン毛穴ケアのトライアルセット
ビーグレン毛穴ケアトライアルセットの内容は以下の通りです。

・ビーグレン クレイウォッシュ
・ビーグレン QuSomeロ―ション
・ビーグレン Cセラム
・ビーグレン QuSomeモイスチャーゲルクリーム

ビーグレン毛穴ケアの成分表示の紙も入っています。
ビーグレン毛穴ケアの成分表示

では、それぞれの中身について詳しく見ていきましょう。

①ビーグレン クレイウォッシュ

ビーグレン クレイウォッシュで毛穴ケア
天然クレイの「モンモリロナイト」が入っている、クレイ洗顔になります。

クレイは、吸着するパワーがあるため、汚れは勿論のこと、古い角質や角栓、余分な皮脂、メイク等もしっかり吸着し取り除いてくれます。そのため、角栓が詰まっている「つまり毛穴」に悩んでいる方に効果的な洗顔料と言えるでしょう。

更に、クレイウォッシュの中には、クレイだけではなく、以下のような美肌効果のある成分も配合されています。

・グリチルリチン酸2K・・・炎症や肌荒れを改善する作用があります。
・ヒアルロン酸Na・・・水分保持や保湿効果があります。

また、保湿作用、殺菌作用、美白作用、肌のターンオーバー正常化などの作用のある、以下のような4種類のエキスも配合されています。

・アロエベラ葉エキス
・カミツレ花エキス
・クズ根エキス
・クロレラエキス

汚れをしっかり吸着した後の肌に、これらの成分で潤いを与え、ニキビなどの炎症を予防し、ターンオーバーを整えると言う、洗うだけではなく洗顔後の肌状態までも整え改善させてくれる洗顔料ですね。

使えば使うほど、美肌に近づいていけそうです。

では、手のひらに出してみましょう。
104keanakeshohin
105keanakeshohin

洗顔料というよりも、美容クリームの様な触感で、甘みと軽い酸味を混ぜたような、バナナの様な香りがします。

顔を濡らしてから、サクランボ大のクレイウォッシュを手に取り出し、手のひらで馴染ませてから顔全体に伸ばすのですが、最初に泡立てる必要はないそうです。

しかし、そのまま泡立たないのかなと思ったのですが顔につけているうちに、顔についていたぬるま湯と混ざり合ってブクブクと泡立ってきました。不思議です。

ただ、泡で優しく洗うというよりは、原液を顔につけて顔の上で泡立っていくだけなので、ゴシゴシこすると刺激になってしまうのでは?と不安になってしまいます。

洗顔料はしっかりと泡立てて、泡で洗うようにする、という洗顔の常識を覆すような洗い方に、少し驚きです。

すすぎは、しっかり行なわないと、何となくぬめりが残るようにも感じます。洗顔料が顔に残ったままにならないよう、しっかりとすすぎましょう。

すすぎを終えると、いつもより汚れが取り除かれて、くすみが消えているようにも感じました。

しかし、いつも以上に汚れが取り除かれたせいか、乾燥しやすくなっています。

化粧水をつける前、少し突っ張る感じもあったので、洗顔後、時間を置かずにローションへ移った方が良さそうです。

②ビーグレン QuSomeローション

ビーグレン QuSomeローションで毛穴ケア
以下のようなペプチドが配合されているため、このローションは他のブランドの化粧水に比べ、長時間の水分保持が可能になっています。

ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12
オリゴペプチド-24

この化粧水をつけるだけで、なんと17時間も保湿が可能になると言われているのです。

普通は化粧水をつけても、その後乳液等で蓋をしないと、どんどん乾燥してしまいますね。しかし、この化粧水なら、朝付けたら、17時間後の夜寝るまでたっぷり潤っていてくれるという事になります。

また、以下のような美白作用のあるビタミンC誘導体も配合されているため、紫外線の影響による黒ずみ毛穴にも効果的ですね。

3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸
3-0-エチルアスコルビン酸

更に保湿効果やシワの改善、ハリや弾力をアップさせる効果のある2種類のエキスも配合されています。

フカスセラツスエキス・・・シワの改善、ハリ、弾力アップ
アッケシソウエキス・・・保湿効果

これらの成分が角層の奥深くまで浸透し、潤いを持続させながらエイジングケアもしてくれるのです。これが本当なら、年齢肌に悩み始めている方にはとてもうれしい作用ですね。たるみ毛穴も解消出来そうです。

では、実際に使用してみましょう。

使い方通り、直径3㎝程度のローションを手のひらに取り出してみます。
107keanakeshohin

香りは、クレイウォッシュ同様、やはりバナナの様です。甘いけれど、ちょっと酸味がある感じですね。

保湿効果が高いという事なので、とろみのあるローションかと思ったのですが、実際にはとてもサラサラしていて、これで17時間も潤いをキープしてくれるというのは、あまり信じられません。

しかし、顔につけてみると、長時間潤いそうと感じました。

付けてすぐ浸透していく感覚があるのですが、浸透しながらも肌表面に広がっていく感じがするのです。

サラサラした液状なのに、肌表面全体にぴったりフィットしてくれるので、少量でも十分な潤いを感じました。目をつぶって肌を触ってみると、まるでクリームを付けている様な感覚です。サラサラの水なのに、目をつぶるとクリームの様な感触というのはとても不思議です。

肌が十分潤うことで、毛穴に汚れが詰まりにくくなりますし、美白効果があると、毛穴の黒ずみも解消されるため、気になる毛穴をしっかりケアできそうですね。

③ビーグレン Cセラム

ビーグレンCセラムで毛穴ケア
Cセラムにも、アスコルビン酸という高濃度のビタミンC誘導体が配合されています。

安定した成分で、角質の奥に届いてからビタミンCに変換されます。その為、ビタミンCの美肌効果がそのまま肌内部へ送り届けられるのです。

ビタミンCの美肌効果というのは、以下のようなものになります。

・美白作用
・皮脂バランスを整える作用
・開いた毛穴を引き締める作用
・ピーリング作用
・シワ、たるみ改善
・ニキビ予防
・ニキビ跡改善

ビタミンCはそのままでは破壊されやすいため、なかなか肌の内部にまで届けられず、ビタミンCの美肌効果は得にくいのですが、このような安定した誘導体であれば、確実に肌の奥へビタミンCが行き届くので、安心です。

では、実際に使用してみましょう。
109keanakeshohin

透明な、少しとろみのあるローションです。

手のひらで馴染ませると、じわっと熱を帯びて、温かさを感じ始めました。なんだか効きそうな気がします。

香りは、「鉄臭い」という口コミが多かったのですが、ローションを手のひらに出した時はやはりバナナの匂いでした。しかし、顔につけて浸透させた後、鉄っぽい臭いがしてきました。

それ程強い臭いではないのですが、この鉄臭さはいつまでも消えないので、気になる方が多いかも知れませんね。

Cセラムを付けた直後は、オイルを伸ばしているかのように、テカテカと肌が光りました。本当に油を塗っているような感覚です。大丈夫かな?と心配になったほどです。

しかし、少しすると馴染んできて、肌に浸透していきました。

浸透してしまえば、テカリもそれほど気にならず、程よい艶が残っている程度です。フワッと熱くなった感覚も、浸透してしまうと冷えてきて、熱さは感じなくなりました。

浸透後、肌のキメが整うように感じます。

④ビーグレン QuSomeモイスチャ―ゲルクリーム

ビーグレン QuSomeモイスチャ―ゲルクリームで毛穴ケア

モイスチャ―ゲルクリームには、以下の4つの美容成分が配合されています。

ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12
デカルボキシカルノシンHCI
加水分解コラーゲン
ヒアルロン酸Na

ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12は、老廃物を排出したり、保湿する作用がありますし、デカルボキシカルノシンHCIは肌の糖化を予防してくれます。

糖化すると皮膚の老化が進み、シワやたるみなどが発生してくるのですが、糖化を早い段階で予防することで、肌の老化が進行することをストップさせることが出来るのです。

また、加水分解コラーゲンというのは、コラーゲンそのもので、肌の弾力やハリを甦らせる作用がありますし、ヒアルロン酸は水分を保持する働きが強いため、お肌に十分な潤いを与えてくれます。

これら4つの美容成分がそれぞれしっかりと働くことで、潤いが閉じ込められ、肌の柔らかさと弾力を手に入れる事が出来るのです。肌が柔らかくなると、毛穴にも柔軟性が出て、皮脂などが詰まりにくくなります。つまり毛穴の予防にもつながりますね。

弾力やハリを取り戻すことが出来ると、たるみ毛穴も目立ちにくくさせることができます。

では、手のひらに取り出してみます。
111keanakeshohin
こちらも、最初はバナナの様な香りですが、塗り広げていくと、どんどん鉄臭くなってきました。

手のひらも、鉄棒を触った後の様な臭いが残ります。白く柔らかいゲルで、Cセラムよりも油分が少なく感じられます。

軽く全体に伸び、浸透させた後の肌は柔らかく、しっとりしながらもふんわりした触り心地になりました。肌全体がバリアで守られているような感じです。

ビーグレンは、このように、

①クレイウォッシュで汚れを除去
②QuSomeローションで潤いと柔軟性を与えて肌のキメを整える
③Cセラムで肌と毛穴を引き締める
④QuSomeモイスチャ―ゲルクリームで潤いや有効成分を閉じ込め、肌を守る

という4つのステップで、肌をしっかりと整えてくれる為、効果的に美肌へ導いてくれます。

医学会で認定されているビーグレンですし、美容雑誌やインスタでも人気の商品ですので、期待が出来そうですね。

⑤ビーグレン ヌーディヴェール(UVカット化粧下地)

トライアルセットに入っていた、1回分の化粧下地のサンプルについてもお話してみたいと思います。
ビーグレン ヌーディヴェール(UVカット化粧下地)で毛穴ケア

肌色の化粧下地なのですが、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの美肌成分も配合されている、化粧しながら美しくしてくれる下地になります。

「シャイニングパール効果」という、光の反射を調整する作用があるため、顔に当たる光をコントロールしてくれます。その為、肌のくすみやシミなどが自然とカバーされるのです。

また、「ストレッチヴェール効果」という、肌にフィットする作用もあるため、1日中メイクがぴったりフィットして崩れません。

実際に手に取り出してみましょう。
113keanakeshohin
114keanakeshohin
油分が少なく、ベタつきがありません。伸ばすとサラッとしていて、伸びがいいです。

顔につけてみると、キレイな肌色でくすみや凹凸などを自然とカバーしてくれ、塗っている感じを出さずに、素肌よりきれいな状態に仕上げてくれました。

市販のCCクリームに似ているように感じます。

BBクリームほど重さやカバー力はないものの、自然と素肌を美しく見せてくれる、軽い下地です。

ただ、このままつけ続けていると、皮脂量を落ち着かせてくれるため、化粧崩れは気にならなかったのですが、肌が乾燥してくるように感じました。サラッと軽い付け心地なので、脂性肌の方には効果的かもしれませんが、乾燥気味の方にとっては、油分が足りないのでは?と感じました。

※ビーグレンの毛穴ケアは、女子リキの他の美容ライターさんもレビューを書いています。

5つの毛穴ケア化粧品を試した感想

その化粧品の配合成分や作用などを調べると、とても効果が高そうと感じられるものばかりだったのですが、実際に使用してみると、私の肌には合わないものや、逆に乾燥が気になるものもありました。

人それぞれ肌質は違いますし、感じ方も違うと思うので、その商品を否定するわけではなく、「私個人の肌にはどうだったか」という感想をまとめているので、ご理解いただきたいです。

ディセンシア アヤナスで毛穴ケアした感想

5つの毛穴ケア商品の中で、一番肌の潤いを感じました。ローションが肌にしっとりと馴染み、その後のエッセンスやクリームで十分な潤いが閉じ込められます。

最近ストレスを感じることが多かったため、より乾燥しやすい状態だったのですが、ストレスを適度に解消させリラックスさせてくれる香りでもあったため、夜につけていると、癒されるように感じました。

3種類をシッカリとつけると、少しテカリも感じるほど潤うので、脂性肌の方には不向きとなってしまうかもしれません。

私は乾燥しやすい状態だったため、しっとりと潤う使い心地に大満足でした。

ただ、クリームを付けた後は、若干皮膚に赤みと軽い痒みが出てしまいます。数分で落ち着くのですが、敏感肌の方には少し刺激があるのかもしれません。(エッセンスまででやめた時は赤み痒みはありませんでした)

気になる方は、ローションとエッセンスのみの使用でもいいかもしれませんね。この2種類だけでも、肌は十分潤います。

赤みが落ち着くと、キメも整うし、1日乾燥を感じない肌に仕上がるため、私は1番気に入りました。また、乾燥が落ち着くと、過剰な皮脂の分泌も抑えられるため、皮脂が毛穴に詰まる心配も減りますし、毛穴に詰まることで毛穴が広がる心配もありません。

実際、頬や鼻の毛穴が目立ち気になっていたのですが、潤いが十分保たれていると、いつもより目立ちにくくなっているようにも感じました。

ハリがUPするので、たるみ毛穴にも効果的です。

草花木果 透肌(竹)で毛穴ケアした感想

配合されている成分も、温泉水や様々な天然の果汁やエキス、オイル等になっていて、自然の恵みを感じ取ることができます。

天然成分が、すごく自然に肌に吸収されていく感じです。

そのため、初めて使った時から全く違和感なく肌に馴染み、赤みや痒み、痛みなどの刺激を感じることは一切ありませんでした。

ただ、このトライアルセットを使用した結果、驚くほど大きな変化があったかと聞かれると、残念ながら、そのようなことはありませんでした。

しかし、別の化粧品を使用して、少し肌が荒れている状態だったところ、草花木果を使用して、元の状態に落ち着かせることはできました。

ですから、草花木果は、肌をすごく美しく見せるための化粧品ではないけれど、元の健康な、自然の状態に近い形に戻してくれるような気がします。

それも、効果の高い薬品などを使用するのではなく、天然の素材を使って自然な形で健やかな肌に戻し、穏かに守ってくれる感じです。このような自然に近い化粧品であれば、肌に負担をかける心配がないので、今後も安心して毎日使い続けることが出来るでしょう。

少し荒れた状態の肌でも、全く刺激を感じずに使い続けることが出来たので、敏感肌の方でも安心して使用できると思います。

毛穴の状態を見た時、目立ちにくくなったとは感じなかったのですが、肌荒れが落ち着いたことで、キメが整ったようには感じました。

大きな効果は感じられなかったものの、成分への安心感があること、香りがいいこと、肌への負担を一切感じないこと、今後も使い続けていきたいと思ったことなどの理由から、第2位です。

アクポレスで毛穴ケアした感想

アクポレスは、今回試した5つの毛穴ケア化粧品の中で、一番、毛穴に対しては効果的だったと思います。特にオイルコントロールエッセンスを付けると、付けた部分がサラッとして、毛穴が引き締まるように感じ、目立ちにくくなります。

その後メイクをしても、脂浮きしないため、化粧崩れの心配もありませんでした。

Tゾーンにつけると、日中鏡を見ても、気になっていたはずの毛穴が気にならないのです。

しかし、毛穴に効果的だった代わりに、肌の乾燥が気になってしまいました。

ライスフォースのディープモイスチュアローションで肌を充分潤したはずですし、乳液もしっかりつけていたのですが、やはり皮脂をコントロールする成分があるせいか、皮脂の分泌量が減少し、結果的に乾燥を感じる状態になってしまっているようです。

ただ、皮脂の分泌が抑えられているからこそ、毛穴が目立たない状態になっている為、アクポレスを使用する場合は、乾燥か毛穴か、どちらかをとる必要があるようですね。出来れば、潤いをシッカリ得られたうえで毛穴ケアをしたいところです。

毛穴を目立たせないことが第一目的なのであれば、アクポレスはとても効果的な商品だと思います。

私の場合は、毛穴が気になるのは勿論ですが、やはり肌の潤いの方が重要だと思ってしまったので、メリットとデメリットをトータルで考えると、第3位になってしまいました。

また、オイルコントロールエッセンスを頬につけると、少し赤みと吹き出物が出来てしまいました。

毛穴を引き締める効果は充分だと思うのですが、毛穴以外の肌への効果に物足りなさを感じてしまいました。

コーセー米肌の感想で毛穴ケアした

ライスパワーの中でも、唯一、水分保持機能を改善させる作用のあるライスパワー№11が配合されていることもあり、保湿効果の高さが期待出来る米肌なのですが、よくよく成分を見てみると、有効成分としてライスパワーが配合されているのは、肌潤改善エッセンスのみになります。

その他は、有効成分としてではなく、その他の成分と同様の欄に「コメエキス」として配合されているだけなので、厚生労働省で認められている、効果を実感できるだけの量が配合されていないと考えられます。

勿論、肌潤化粧水だけでも十分な保湿を感じることが出来るし、使用感としては悪くはなかったので、少量のコメエキスでも充分効果は得られるのでしょう。

しかし、欲を言うなら、肌潤化粧水にも、肌潤クリームにも、有効成分として「ライスパワー№11」と記載されていてほしかったな、と思います。

また、成分名は、配合されている量が多い順に記載されるのですが、化粧水もクリームも、「コメエキス」は8~9番目に記載されていました。

つまり、コメエキスよりも、水やエタノール、グリセリン等の成分の方が多いことになります。

こう考えると、ライスパワーの効果を充分得られるのかな?この保湿効果はグリセリンによるものではないのかな?と不安になってしまいます。

そして、使用感ですが、化粧水とエッセンスを付けた後は、シッカリとした潤いを感じることが出来、特別副作用もなく、良かったのですが、その後クリームをつけると、とたんに顔に痒みが出てしまいました。

人によって、合う合わないがあるので、もちろん、クリームをつけても問題なく、十分な保湿効果が得られる方もいるでしょう。

しかし、私の場合は、米肌のクリームが合わず、数回試してみましたが、やはり痒みが生じてしまったので、使用をストップしてしまいました。

化粧水とエッセンスだけであれば、使用し続けることができたのですが、毛穴が目立たなくなるなどの効果は感じることができませんでした。

もちろん、ライスパワーは長期的に肌に与え続けることで肌そのものが自らセラミドを作り出すようになり、その上で肌の潤いがアップしていくという仕組みを作り出すものなので、数日使用したことで肌が大きく変化することは難しいのだと思います。

通常サイズを購入して、数か月使用し続けると、米肌の本当の素晴らしさを実感できたのかもしれませんが、今回は14日間だけのお試しセットでの使用だったため、あまり良い結果を得ることができませんでした。

クリームに刺激を感じてしまったのも残念です。

ビーグレンの感想で毛穴ケアした

化粧水の浸透性や、潤いはとても良かったと思います。肌全体に行き渡り、表面も内部も潤う感じが得られました。

しかし、クレイウォッシュは洗浄力が強いのか、使用後突っ張る感じがあるのです。すぐに化粧水をつけないと、突っ張ってしまって肌がパサパサしてしまいます。

パサパサしてきても、その後、化粧水をしっかりつけると潤うのですが、Cセラムを付けると、皮脂量がコントロールされるせいか、また肌の乾燥が気になってしまいます。

その後のモイスチャ―ゲルクリームでまた潤いを回復させることは出来るのですが、モイスチャーゲルクリームは私の肌には少し刺激が強いようで、使用後ピリピリしたり、赤みや痒みが出てしまいました。

翌日、吹き出物も出来ていたのです。

さらに使用を続けていると、今度は肌内部の乾燥が進行してしまい、日中も表情を動かすたびに皮膚が突っ張る感じがありました。

17時間潤いが続くはずなのに、なぜだろうと思ってしまいました。

臭いも、浸透した後消えるかと思ったのですが、なかなか消えず、いつまでも鉄臭さが漂います。

効果が高いのであれば、その臭いも気にならないのですが、乾燥が気になること、吹き出物が出来たこと、ピリピリとした刺激がある事など、臭いの他にも気になる点が多かったため、あまり好印象は得られませんでした。

ただし、クレイウォッシュがしっかりと毛穴の奥の汚れを吸着していくため、使用して数日は毛穴の奥から出てきた汚れなどによって吹き出物やニキビが発生する場合があると言われています。

ですから、この吹き出物も、肌が改善されている証拠だったのかもしれません。

一時的に悪化しただけで、もしかすると使用を続けると肌が生まれ変わり、いい方向に改善されていくのかもしれません。

悪化していく肌に、これ以上使い続けるべきか、使用をやめるべきか、その判断が難しいところですね。

ただ、インターネットの口コミなどを確認しても、ビーグレンはとても人気が高い化粧品の様です。潤いもしっかりと得られると言われていますね。

もしかすると、ビーグレンを使用したときの体調なども関係していたのかもしれないと思った私は、一度基礎化粧品をいつものものに変え、睡眠をシッカリとって、肌状態を落ち着かせてから、再度ビーグレンを使ってみました。

すると、最初に使用したときよりは、潤いを感じることができました。特に吹き出物が出ることもありません。ただ、やはりCセラムと、モイスチャーゲルクリームを使用すると、何となくピリピリとした刺激を感じてしまいます。

この刺激は、効果がある証拠なのか、肌へのダメージなのか、分からなかったのですが、やはりピリピリするものを使い続けることに不安を感じてしまったため、使用をストップさせてしまいました。

ただし、私は肌への刺激が気になって断念してしまったのですが、もしピリピリとした刺激を感じないのであれば、例え吹き出物が出来たとしても、それは肌が改善している証拠かもしれないので、肌状態がどの様に変化していくか、もう少し観察してみてもいいかもしれませんね。

今回は第5位とさせてもらいましたが、口コミでの評価が高い分、とても気になる化粧品でもありました。

あなたの毛穴の悩みはどのタイプ?

毛穴にはいくつか種類があります。タイプ別にケア方法や効果的な毛穴ケア化粧品も変わってくるので、まずは自分の毛穴の状態を確認してみましょう。

つまり毛穴

毛穴に汚れや角栓が詰まった状態のことを「つまり毛穴」と言います。

主な原因は、過剰な皮脂の分泌です。分泌されすぎた皮脂が毛穴に留まり、さらに剥がれ落ちた古い角質と混ざり合って、毛穴に栓をしてしまっている状態です。

ここで、皮膚が潤っていれば、毛穴も皮膚も柔らかい状態なので、詰まりにくくなるのですが、乾燥していると毛穴が硬くなり、詰まりやすくなってしまうのです。

そのため、特に、肌が乾燥している場合や、皮脂腺が活発になっているTゾーンなどで多く起こりやすくなっています。

さらに詰まった角栓がそのままになっていると、そこから炎症が起こりニキビになってしまったり、酸化が起こり、黒ずんだりしてしまいます。

詰まった角栓が原因で毛穴そのものが広がってしまうこともあるでしょう。

様々な毛穴トラブルの元となるのが、つまり毛穴になります。

つまり毛穴の対策

まずは、更なるトラブルを防止するためにも、早急に、毛穴に詰まった角栓や汚れを取り除く必要があります。

そのため、しっかりとした洗顔をすることが大切なのですが、詰まってしまった角栓は通常の洗顔で簡単に取り除けるものではありません。

こんな時は、吸着力のある洗顔料を使用してみるといいでしょう。吸着力の高いクレイパックやピーリング、酵素洗顔などもいいですね。

ただし、角栓を取り除いた後は皮膚が乾燥しやすくなってしまいます。乾燥が進行すると皮膚は水分保持の為に、過剰に皮脂を分泌しようとしてしまいます。

すると過剰な皮脂と、乾燥により硬くなった毛穴のせいで、さらに毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすい状態を作ってしまうため、角栓を取り除いた後は、充分な保湿が重要になってきます。

また、クレイパックなども皮膚が乾燥しやすくなってしまうため、やりすぎは禁物です。

週1回だけなど、スペシャルケアをする日を決めて、なるべく負担減らしながら適度なケアと保湿に力を入れていくといいでしょう。

黒ずみ毛穴

黒ずみ毛穴には2種類あります。

まずは、詰まった角栓や汚れが酸化して黒ずんでしまう状態ですね。これも皮脂腺が活発なTゾーンに起こりやすくなっています。

「イチゴ鼻」とも呼ばれるように、鼻の毛穴がイチゴの様に黒くポツポツと目立ってしまう状態も、この黒ずみ毛穴の一種です。

この場合、見た目でもわかりますが、表面がザラザラしているため、触るだけでもわかります。

また、メラニンが原因で起こる黒ずみ毛穴もあります。

紫外線などの外部の刺激や、肌の炎症によってメラニンが過剰に生成されて起こる現象です。過剰に生成されたメラニンは色素沈着を起こし、毛穴の入り口部分を黒ずませてしまうのです。

この様にして起こった黒ずみは、角栓が詰まっているのとは違うため、ザラザラとした触感はありません。黒ずみが気になったら、メラニンによるものなのか、角栓が詰まって起こっているのか、触ってみると判断することができますね。

黒ずみ毛穴の対策

角栓が詰まって起こる黒ずみ毛穴の場合は、つまり毛穴同様、吸着力のある洗顔料やクレイパックなどで、まずは角栓を取り除くことが大切です。

その上で、乾燥しすぎないよう、十分な保湿を行いましょう。

また、皮脂の酸化を防ぐ働きのあるビタミンCを補充すると効果的です。ビタミンC誘導体が配合されている化粧水などを使用するといいですね。

ビタミンCはそのままでは破壊されやすいのですが、ビタミンC誘導体であれば、破壊されない状態で皮膚の奥へ運び込まれ、肌の奥に届いてからビタミンCに変換されるので、効果的にビタミンCを摂り入れることができます。

ビタミンCは皮脂の分泌を抑える働きもあるので、過剰な皮脂が気になる場合も効果的です。

黒ずみを取り除くために、適度にピーリングなどを行い、肌のターンオーバーを促すのもいいのですが、やりすぎると皮膚への刺激となり黒ずみが悪化してしまうこともあるので、やり過ぎないよう気を付けましょう。

メラニンの過剰生成が原因の黒ずみ毛穴には、美白ケアが重要になります。日焼けやシミ対策と同様で、美白化粧品などを使用し、ターンオーバーを促進させながら美白することに力を入れましょう。

ビタミンCにも美白作用があるため、この場合もビタミンC誘導体は効果的です。

開き毛穴

ミカンの皮のように、ポツポツとへこみがわかる毛穴の状態を、開き毛穴と言います。

黒ずんでいるわけでもなく、ざらざらしているわけでもなく、角栓が詰まっているようでもないけれど、毛穴が目立つ、と言う場合は、開き毛穴の状態になっているのでしょう。

毛穴が開いてしまう原因は様々で、過剰な皮脂の分泌による場合もありますし、乾燥によって皮膚が突っ張って毛穴が目立ってしまっていることもあります。

汚れが毛穴に詰まって広がってしまっていることも考えられますし、生まれつき皮脂腺が大きく、毛穴が目立ちやすい方もいます。

開き毛穴の対策

元々の毛穴の大きさを小さくすることは出来ませんし、大きくなってしまった毛穴を小さくするのも実はとても難しいのです。

冬場、寒いところに行くと毛穴がキュッと引き締まって見えますね。それと同じ様な作用が期待出来る、収れん作用のある化粧品はあるのですが、それも化粧品を付けたその瞬間の一時的なものになってしまうので、完全な開き毛穴対策には繋がりません。

ただ、それでも、何もしないよりは少なからず効果はあります。

気になる方は、ビタミンC誘導体が配合されている化粧品を使用してみましょう。誘導体は皮膚の奥ヘ入り込んでからビタミンCに変換されます。変換されたビタミンCは、皮脂の分泌を抑え、毛穴を引き締めてくれるのです。

また、汚れが詰まっている為に毛穴が開いて見えている場合は、つまり毛穴の対策同様、吸着力のあるクレイパックなどで汚れを取り除くことが大切です。

乾燥が原因の場合は、充分な保湿を心がけましょう。

更に、生活習慣を見直すことも大切です。

生活リズムが崩れていたり、睡眠不足やストレスが蓄積されていると、皮脂の分泌も増し、毛穴も開き易くなってしまいます。

特にストレスは、男性ホルモンを増加させ、皮脂を分泌しやすくしてしまうため、ストレスを溜め込むことは精神的にもお肌の為にもよくありません。適度な発散を心がけましょう。

更に、食事にも気を付けてみるといいでしょう。

脂肪分の多いものばかりを摂取していては、皮脂の分泌は増加してしまいますが、バランスのいい食事に切り替えると、お肌の状態も落ち着いてきます。

特にビタミン類は過剰な皮脂の分泌を抑えてくれる働きもあるので、ビタミンを適度に摂取するといいかもしれませんね。

たるみ毛穴

毛穴が目立つ部分(頬等)をキュッと持ち上げた時に、それまで目立っていた毛穴が目立ちにくくなるようなら、それはたるみ毛穴です。

肌の弾力が失われ、重力に負けた結果、皮膚がどんどん垂れ下がり、毛穴もたるんで目立っている状態です。

毛穴がたるんでしまうと毛穴の形が楕円状になるため、丸よりも目立ちやすくなりますね。

たるみ毛穴の原因として考えられるのは加齢です。

老化により、肌のハリを保つエラスチンやコラーゲンが減少し、脂肪などを支え切れなくなってしまっていることで起こるのです。

また、急激に痩せる事でも起こりますし、表情筋を使わないために、筋力が落ちてたるみになってしまっていることも考えられます。

たるみ毛穴の対策

エラスチンやコラーゲンは、紫外線などの外部からの刺激によってどんどん破壊され減少していってしまいます。エラスチンやコラーゲンは肌のハリを保つために必要な成分であるため、たるみ毛穴改善の為には積極的に摂り入れていかなければなりません。

そのため、まずはこれ以上外部の刺激によって減らないように、定期的に日焼け止めを塗るなどの紫外線対策を行いましょう。

また、エラスチンやコラーゲン生成に役立っているレチノールやナイアシン、ビタミンC誘導体等を活性化させるために、それらの成分配合の化粧品等を使用することも大切です。

さらに、お肌のハリを保つ成分が破壊されたり蒸発してしまわないよう、バリア機能を高めることも必要です。セラミドを積極的に補ったり、睡眠不足やストレスを解消するなど、生活習慣の見直しも行いましょう。

更に、筋力の衰えにより皮膚がたるんでしまうので、表情筋を鍛える運動を行うことも大切です。普段使わない筋肉はどんどん衰えていってしまうので、パッと顔を開いたリ、真ん中へすぼめる等、表情を動かす訓練を行ってみましょう。

どの毛穴タイプかわからない

混合の方も多いと思います。頬の毛穴はたるんでいるけれど、鼻の毛穴は黒ずんでいると言うように、場所によって毛穴の状態も違ってきますね。

そのため、どのタイプと決めることができず対策方法がわからない場合は、まずはどのタイプのケアにも共通して言える対策を行いましょう。

どのタイプにも共通の対策方法は、しっかりとした洗顔と保湿です。

まずは毛穴の汚れをしっかりと取り除き、その上で十分な保湿を心がけましょう。睡眠やストレス解消、バランスの良い食事など、生活習慣を見直すことも大切です。

毛穴の悩みに関するQ&A

毛穴ケア化粧品やクレンジング以外にも、毛穴をケアする方法はたくさんありますが、実際、効果はあるのでしょうか?様々な毛穴ケア方法について、Q&A形式でお話していきたいと思います。

毛穴ケアに美顔器は効果的?

様々な会社から、毛穴ケア用美顔器というものが販売されていますね。

体感温度を設定できるモード付きで、血行促進効果や毛穴引き締め効果のある美顔器や、イオン導入美顔器、超音波美顔器、ブラシ付きの洗顔が出来る美顔器・・・。

これらの中でも特に効果が高いと人気があるのは、イオン導入と超音波マッサージ機能の備わった美顔器になります。

しかし人気の高い美顔器だからと言って誰にでも良い効果が表れるわけではありません。

場合によって逆に刺激となり肌荒れに繋がってしまうこともあるため、それぞれ、その人の肌状態や、毛穴の悩みによって使い分ける必要があります。

また、長期間使い続けなければ意味がない場合もあります。

美顔器を購入する際は、以下のような点に注意してみましょう。

・自分の目的に合った商品を選ぶこと
・自分の性格に合わせた商品を選ぶこと

人気が高いものを購入したくなる気持ちもわかりますが、その商品が自分の悩みを解消させることができなければ意味がありませんね。

毛穴の黒ずみを除去したいのか、毛穴の開きを解消させたいのか、その目的を明確にして、人気のある商品の中でも、さらに自分の悩みを解消してくれる商品を見つけるよう心がけてみましょう。

更に、ルーズな性格の方は、準備などが面倒になる大きめの美顔器を購入してしまうと、用意すること自体が面倒になり使用をやめてしまう可能性もあります。

使いやすいか、自分の性格上使い続けることが出来るか、という点も一緒に考えてみてくださいね。

更に、効果が出なかったと感じる方の中には、以下のような意見もあります。

・最初は効果が高いと実感できたけれど、その後特に変化がなかったため、使用をやめてしまった。
・効果を感じる前に、使用をやめてしまった。
・高かったため、効果を期待しすぎてしまい、がっかりして使うのをやめてしまった。

毛穴汚れによる黒ずみや毛穴の開きが気になっていた場合は、美顔器で取り除くことが出来、効果が実感できたとしても、その後キレイな状態が続いていると、使い始めのような効果を実感しにくくなりますね。

これは、効果がないのではなく、効果が得られてきれいな状態を保てているだけなのです。

しかし、最初より効果が感じられなくなった、と、使用をやめてしまう方も多いようです。これでは、せっかく得られた美顔器による効果が台無しです。

また、準備するのが面倒になり、効果を実感する前に使用をやめてしまう方もいます。せっかく高いお金を払って購入したのに、残念ですね。

更に、どんなに高級な美顔器でも、期待しすぎてはいけません。長い月日をかけて蓄積された毛穴の汚れや角栓であればあるほど、それを取り除くのにも時間がかかるのは当然です。

高い美顔器だから1回の使用で完全に除去出来るはず、と期待しすぎてしまうと、せっかく効果がある美顔器でも、大きな変化がないことに対してガッカリしてしまいます。

そのまま使い続けると、もっと大きな効果が得られたかもしれないのに、期待しすぎてしまったことで、ガッカリした気持ちが大きすぎて使用をやめてしまう方がいるようですが、これはとてももったいないです。

美顔器は、期待しすぎないこと、目的に合った使いやすいものを選ぶこと、使い続けること、が大切です。

このことを守ると、長期的に使用しているうちに、気になる毛穴を目立たなくさせることは充分可能だと思います。

しかし、美顔器を購入しなくても、普段のお手入れや今回ご紹介したスキンケア商品を使用して毛穴ケアをすることももちろん可能なので、無理に美顔器にこだわる必要もありません。

毛穴ケアにピーリングは効果的?

ピーリングにも様々な種類があり、こすって消しゴムのカスのようにポロポロと汚れや角質を取り除くタイプのものもあれば、クリームやジェルなどを顔に塗って角質を柔らかくしたり溶かすなどして、洗い流すというタイプもあります。

また、効果の高い薬剤を使用した、皮膚科で行うピーリングもありますね。

古い角質がいつまでも肌に留まり、それがくすみや黒ずみの原因となってしまう事が多いのですが、ピーリングをすることで古い角質を取り除き、くすみのない、透明感のある肌に導くことが出来るのです。

ですから、ピーリングで毛穴の黒ずみや汚れなどを取り除き、毛穴そのものを目立ちにくい状態にすることは十分可能です。

ただし、使用方法や肌状態によって、逆にダメージを与えてしまう危険性もあります。

というのも、ピーリングというのは、薬や摩擦などで無理矢理古い角質を取り除こうとするものなので、一時的にバリア機能が低下し、外部の刺激に敏感になりやすくなったり、肌内部の水分が奪われやすい状態になってしまうこともあるからです。

そのため、健康な皮膚の方でも、敏感肌になってしまうこともありますし、元々敏感肌の方は刺激が強過ぎて、炎症を起こしてしまうかもしれません。

また、使い方を間違ってしまうと、更なるダメージを引き起こしてしまう場合もあります。

ピーリングは、肌のターンオーバーを無視して、角質を取り除こうとする行為なので、肌の健康を第一に考えるのであれば、あまりお勧めできる行為ではありません。

どうしてもピーリングを行いたい場合は、以下のような注意点を守り、肌状態を確認しながら行うようにしましょう。

・毎日使わないこと。(1~2週間に1度を限度として、肌を休めましょう)
・こするタイプのものでも、こすりすぎないようにすること。
・ピーリング後は保湿を念入りに行うこと。
・体調が良くない時や、肌に炎症があるときは使用を控える事。

ピーリング後は、セラミド配合など、肌のバリア機能を強化する成分が入っているものでしっかりと保湿するとより効果的です。

毛穴ケアにニベア青缶は効果的?

安価だけれど、高級化粧品「ドゥ・ラ・メール」と成分が似ているということで、人気沸騰した、ニベア青缶。

実は、この青缶でパックをすると、毛穴がきれいになるという噂があるのです。

実際のところ、どうなのでしょう?

そこで、効果があるのか、試してみることにしました。
ニベア青缶で毛穴ケア

雪のように真っ白なクリームを、厚めに肌に塗って15分放置すると良いそうなので、手の甲で試してみました。
139keanakeshohin

15分経過してから、余分なクリームをティッシュで拭き取り、洗い流してみました。下の写真はパック前の手の甲です。
140keanakeshohin

次は、パック後の写真です。

なんとなく、白くなったようには感じられるのですが、これは、白いニベアクリームがまだ肌に残っているからだと思われます。

というのも、すごく油分の強いクリームになるので、パック後、しっかりと洗い流しても、ねっとりとした油分が肌に貼りついて取り除けないのです。

石鹸で洗い、表面的には取れたようでも、完全にはとれていないようでした。

多分、ニベアパックで毛穴が目立たなくなるというのは、この白いクリームが毛穴に入り込むことで毛穴の開きが気にならなくなるせいではないのかな、と思います。

ニベアの成分を見ても、オイル、ワセリン、グリセリン、スクワラン、ワックス、ホホバ油等、保湿効果のある油分がほとんどで、毛穴を洗浄するような成分は入っていません。

ですから、角栓が詰まって起こるつまり毛穴や、角栓が酸化することによって起こる黒ずみ毛穴などには効果は示さないだろうと考えられます。

ただ、保湿効果は充分なので、肌に潤いを与え、皮膚をやわらかくすることで、皮脂や汚れが毛穴に詰まりにくくなる、という事は考えられます。

つまり毛穴の予防の目的でパックするのなら効果的かもしれませんね。

ただし、本当に油分の強いクリームなので、脂性肌の方が使用すると、肌がさらにベタつきやすくなってしまうかも知れないので、注意しましょう。

※女子リキの他の記事でもニベアパックのレビューがあります。

ホットタオル(蒸しタオル)を活用すると効果的?

ホットタオルとは、火傷しない程度に温めたタオルのことです。これを顔に乗せ、その熱や蒸気を利用した美容法があります。

このホットタオルは、毛穴ケアに効果的なのでしょうか。

ホットタオルを使用したことがある方はご存知だと思いますが、顔に乗せると、その温かさで皮膚も柔らかくなり、毛穴も開きますね。

すると、それまで毛穴に詰まっていた汚れや角栓が取り除きやすくなります。

以下のような毛穴に悩んでいる方は、洗顔前にホットタオルを使うようにすると、毛穴を目立たなくさせることが出来るでしょう。

・皮脂や汚れが詰まって毛穴が目立っている場合
・角栓が詰まって毛穴が広がっている場合
・毛穴に詰まった皮脂が酸化し、黒ずんでいる場合

筋力が衰えたり、老化による毛穴のたるみなどは、ホットタオルでは解消しにくいのですが、上で挙げたような皮脂や汚れが詰まっていることによって目立っている場合は、ホットタオルは有効です。

また、ホットタオルで顔全体を温めることで、血行を促進させることも出来ます。

血流が良くなると、くすみやむくみ、目の下のクマなども解消させることが出来ますね。すると毛穴も皮膚も健康な状態に導く事になるでしょう。

さらにニキビにも効果的です。

ストレスや生活習慣の乱れなどから発生しているニキビには難しいのですが、毛穴に詰まった汚れが原因でニキビが発生している場合は、ホットタオルを使用することで、ニキビの原因となる皮脂や汚れを効果的に取り除くことができますね。

そのため、ホットタオルを使用し続けることで、ニキビが発生しにくい状態を維持することができます。

ホットタオルはお金をかけずに、いつでも誰でも手軽に行える美容法となります。毛穴ケアにはもちろんのこと、それ以外の効果も期待できるので、気になる方はぜひ試してみてくださいね。

使い方は色々あるのですが以下のような手順で行うと効果的です。

①タオルを電子レンジなどで温めておく
②先にクレンジングをする
③タオルの温度を確認して、顔に乗せる(火傷しないよう、注意しましょう)
④毛穴が十分に開いたら、洗顔をする(気持ち良さを感じた後、タオルの温度が下がってきたら洗顔して大丈夫です)
⑤しっかり保湿する

保湿前にもう一度ホットタオルで毛穴を開かせるのも効果的です。その後使用する化粧水や美容液が皮膚の奥へ届きやすくなります。

ホホバオイルやココナッツオイルで毛穴ケアできる?

ホホバオイルは人間の皮脂に近い成分のため、肌が弱い方でも安心して使用できますし、角質をやわらかくして汚れを浮かす作用があるため、塗ることで古い角質を除去したり、毛穴に詰まった汚れを取り除くことが出来ます。

そのため、古い角質などによるくすみや黒ずみ、毛穴の汚れを解消させることが出来るのです。

また、ココナッツオイルには強い抗酸化作用があります。このため、皮脂が酸化し黒ずむことを防ぐ働きがあります。詰まった角栓が酸化し黒ずんでしまうのも、ココナッツオイルでケアする事が出来そうですね。

ココナッツオイルは特に分子も小さく毛穴の奥にも入り込みやすいため、汚れや皮脂も浮かしやすいでしょう。

さらに、ホホバオイルやココナッツオイルとホットタオルを併用することで、毛穴ケア効果をさらに上げることも出来ます。

ホットタオルで毛穴を開かせておいた後、オイルを塗ってマッサージすると、オイルのパワーで汚れを浮かすことができます。マッサージしただけでは肌にぬめりが残ってしまうので、汚れを浮かした後はしっかりと洗顔しましょう。

定期的にこのような美容オイルでケアをしていくと、自然とつまり毛穴や黒ずみ毛穴を解消させていくことが出来るでしょう。

綿棒で角栓が取れるって本当?

美容オイルを浸した綿棒で、黒ずみのある鼻をクルクルマッサージすると、角栓や汚れが取れるという噂が広がっていますね。

使用するオイルはベビーオイルやオリーブオイル、ワセリン等、身近にあるものでも構いませんし、ホホバオイルやココナッツオイル等、美容に効果的なオイルでもいいそうです。

肌に直接つけるので、出来れば、香料や添加物など余計な成分が含まれていないものがいいですね。

メイクオフし、洗顔した後、出来ればホットタオルなどで毛穴を開かせておくとより効果的かもしれません。

綿棒にオイルを浸し、毛穴の黒ずみが気になる部分を優しくクルクルとマッサージしてみましょう。強くこすってしまうと皮膚を傷めてしまうので、力を入れすぎないように注意しましょう。

こうすることで、気持ちいいほど角栓が取り除けるという話なので、実際に行ってみました。
綿棒とホホバオイルで毛穴ケア

まずは使用前の綿棒です。これが、マッサージ後には真っ黒になっているのかもしれません。
143keanakeshohin
期待しながら、オイルを浸した綿棒を小鼻や鼻の黒ずみに当て、クルクルマッサージしてみました。

結果は、「驚くほど何の効果も感じられない」です。

汚れが浮き出てくる感じもないですし、ポロポロと角栓が取り除けることもなく、綿棒に汚れが付着することもありません。

これが、使用後の綿棒の写真です。
144keanakeshohin
全く色も変わってないですね。

鼻の周りがオイルでてかてかに輝いただけでした。

ただ、ホホバオイルは汚れ吸着効果はあるため、メイク落としとしても使用できるのは確かです。ポロポロと目に見えるほどの汚れを急激に取り除くのは難しくても、定期的に行っていることで徐々に黒ずみが改善されていくという事は考えられるかも知れません。

マッサージした後は、もう一度しっかりと洗顔し、保湿を行いましょう。(塗ったままでも大丈夫な美容オイルの場合はオイルを軽くふき取った後保湿するだけでもいいです)

毛穴ケアにヨーグルトパックは効果的?

ヨーグルトには、肌を柔らかくし古くなった角質を取り除く作用のあるフルーツ酸が入っています。

また、乳清は保湿作用がありますし、ヨーグルトに含まれているビタミンには新陳代謝を促進させる作用もあります。

そのため、ヨーグルトでパックすることで、毛穴の汚れや角質を取り除き、くすみのないプルプルの肌に導くことが出来ると言われています。

ヨーグルトパックと言っても、その作り方は様々で、ヨーグルトのみでも可能ですし、小麦粉やオリーブオイル、はちみつ、緑茶などをヨーグルトに混ぜてオリジナルのパックを作るのもいいでしょう。

入浴中に行うとより効果的です。

また、女子リキでも、ヨーグルトパックの効果を検証しています。参考にしてみてくださいね。

毛穴パックはやめた方がいい?

シール状の毛穴パックは、汚れが目に見えて取り除けるとして有名ですね。黒ずみが気になるイチゴ鼻などに貼りつけて、粘着力を利用して角栓を取り除くタイプのものになります。

このパックを使ったことがある方はわかると思うのですが、貼って乾かしてから剥がすと、パックに黒や茶色の汚れが無数に貼りついて来ます。

取り除かれた汚れを目の当たりに出来るため、つい癖になってしまいますね。

皮膚には良くないとわかっていながらも、ついついまたやりたくなってしまうものです。

しかし、本当に毛穴パックはお肌に良くないのでしょうか。

実は、使い方やその商品によって、毛穴ケアに効果的になることもあるのです。

毛穴パックには、角栓や汚れなどを吸着する力はあるため、毛穴パック後、黒ずみなどが取り除かれているのは確かです。洗顔などでは取り除けなかった黒ずみも、毛穴パックによってキレイにすることは可能なのです。

しかし、粘着力で強引に肌から引きはがすという行為は、少なからず肌にダメージを与えてしまうのも事実です。

ですから、毛穴パックを選ぶ場合は、剥がすタイプではなく、洗い流すタイプのものを選ぶといいでしょう。引きはがすことによるダメージを避けることが出来るので、安心です。

特にお勧めなのはクレイ配合の毛穴パックです。クレイには汚れや皮脂を吸着する力があるため、毛穴の奥の黒ずみや汚れを効果的に取り除くことができます。

また、パック前にホットタオルなどで温めて皮膚を柔らかくし、毛穴を開かせておくことも大切です。これにより、パックによるダメージを減らすことができます。

そしてパックした後は、汚れと同時に皮脂も取り除かれてしまうため、乾燥しやすい状態になっています。

パック後は、セラミド等肌を守る成分が含まれている化粧水などで、充分な保湿を行う様にしましょう。

毛穴パックと聞くと、「肌に悪い」と避けてしまう方が多いようですが、きちんとした商品選びを行い、使用方法を守り、充分な保湿を心がけることで、効果的に毛穴をケアすることも出来るのです。

<毛穴ケア化粧品まとめ>
毛穴の黒ずみや詰まりなど、目立つ毛穴に悩んでいる方は、今回ご紹介したような毛穴ケア商品や毛穴ケア方法を参考に、毛穴レス肌を目指してみましょう。

しかし、黒ずみや角栓の詰まりなどは突然起こるわけではありません。毎日少しずつ蓄積された結果なのです。そのようにして蓄積されたものは、たった1度のケアで完全に除去出来るわけはありませんね。

蓄積されたのと同じように、取り除くのにもやはり時間がかかってしまうのです。

今回ご紹介したケア商品は、角栓を取り除いたり汚れを吸着するパワーや、美白作用が強いものではあるのですが、それでも「使用した直後に完全にきれいにする」という事は出来ません。

ですから、すぐに表れない効果にガッカリして、ケアそのものをやめてしまわないよう、気を付けましょう。

毛穴レス肌を目指すのなら、ケア商品を使用するのは勿論ですが、毎日継続的にお手入れしていくことが大切です。

スポンサードリンク

PAGETOP