クレンジングクリーム【プチプラ・おすすめ】6選 使い方・選び方も

クレンジングクリーム【プチプラ・おすすめ】6選 使い方・選び方も
今回は、プチブラのクレンジングクリームを6種類試してみた体験談とクレンジング剤の基礎知識について解説します。

スポンサードリンク

 


もくじ

 

クレンジングクリームとは

クレンジングクリームとは、文字通りメイクを落とすために作られたクリーム状のクレンジング剤で、油分の配合量がやや多いという特徴を持っています。

ですが、界面活性剤との配合バランスが良く、お肌に与える刺激が比較的少ないというメリットを持っています。

また、クレンジングクリームは、メイクとの馴染が良い製品が多いため、メイクと同時に毛穴の汚れも落とす効果も期待することができ、マッサージ用として使用することができる製品も存在しています。

そして、紛らわしいのがコールドクリームで、クレンジングクリームには全般的に界面活性剤が配合されていますが、コールドクリームには界面活性剤が配合されていないものもあり、また、界面活性剤が配合されている場合でも、その配合量はクレンジングクリームよりも少ないという違いがあるようです。

では、クレンジングクリームと他のクレンジング剤では、なにがどのように違うのでしょうか?

クレンジングオイル

文字通り、オイルタイプのクレンジング剤で、クレンジング剤の中では最も界面活性剤の配合量が多いタイプです。クレンジングオイルのメリットは、ドーランのように油分が多いタイプのファンデーションであっても落とすことができるという点にあります。

ところがその反面、クレンジング時にお肌にかかる摩擦が大きいため、お肌のキメが乱れる可能性化あるというデメリットを持っています。

また、摩擦がかかる分、表皮の角質層を傷つけてしまう可能性も否めず、乾燥肌の原因を作り出してしまうことも考えられます。

オイルクレンジングは、よほどのことがない限りおすすめすることができないタイプのクレンジング剤です。

クレンジングリキッド

クレンジングオイルに次いで、界面活性剤の配合量が多いクレンジング剤が「クレンジングリキッド」です。液状で油分の配合量が少ないため、洗い上がりはさっぱりしますが、油分の配合量が少ない分、お肌にかかる摩擦が大きく、敏感肌の方の場合では、摩擦によって肌トラブルが起こることも考えられます。

また、油分の配合量が少ない分、メイクとの馴染が悪く、思ったほどのクレンジング効果を期待することができません。

ただし、オイルが配合されていない製品が多く、マツエクに対応できるという点は、メリットとして挙げることができるでしょう。

クレンジングジェル

ゲル状のクレンジング剤で、伸びが良いという特徴を持っています。このタイプのクレンジングは油性と水性に分類されていることが多く、油性タイプの場合では、メイクとの馴染が良く、綺麗にメイクを落とすことができるというメリットを持っています。

また、水性タイプの場合では、油性タイプよりもメイクとの馴染が悪いというデメリットを持っているものの、お肌への刺激が弱いというメリットがあります。

クレンジングバーム

クレンジングバームは、ミツロウワセリンを主原料とした製品が多く、やや柔らかめの固形タイプとなっています。

クレンジングバームは体温で溶ける性質を持ったクレンジングのため、メイクとの馴染見が良いという特徴を持っていますが、油分の配合量がかなり多いため、ダブル洗顔ではなく、トリプル洗顔が必要になることもあります。

その反面、お肌にかかる摩擦が少なく、保湿性に優れていますので、乾燥肌の方にはおすすめできるでしょう。

しっかりメイクを落とす効果にも優れていますので、お肌への密着度が高いファンデーションをお使いの方にもおすすめです。

クレンジングミルク

クレンジングクリームを水で希釈した乳液状といえばわかりやすいでしょう。
クレンジングミルクは、クレンジングクリームと同様にお肌への刺激が弱いというメリットを持ってはいますが、水の配合量が多く、界面活性剤が薄まって配合されていますので、洗浄力はイマイチ。

お肌への密着度が高いファンデーションのオフにはクレンジングミルクは不向きです。

クレンジングクリームの選び方

クレンジングクリームには、どのような種類があるのか知り、ご自身の希望にマッチしたクレンジングを選ぶ必要があります。

クレンジングクリームの種類

洗い流すタイプ

メイクにクレンジングクリームを馴染ませたあと、拭き取らずにそのままぬるま湯で洗い流せるタイプです。このタイプのクレンジングクリームは、全般的に界面活性剤の配合量が多く、洗い上がりがさっぱりするという特徴を持っています。

拭き取りタイプ

メイクにクレンジングクリームを馴染ませたあと、コットンやティッシュなどでの拭き取りが必要になるタイプです。洗顔の前に拭き取るというひと手間はありますが、洗い流すタイプよりも界面活性剤の配合量が少ない製品が多いため、お肌への刺激は弱いと考えることができます。

マツエクOKタイプ

オイルが配合されていないタイプのクレンジングで、メイクとの馴染があまり良くないというデメリットがあります。また、マツエクOKタイプのクレンジングクリームであっても絶対にマツエクが取れないということではありませんので、注意しなくてはなりません。

また、このタイプのクレンジングクリームではメイクオフ効果がイマイチ…という場合には、マツエクOKタイプのクレンジングクリームを使用するのではなく、オイルを配合していないポイントメイク用のリムーバーでアイメイクのみをオフするという方法があります。

その後に、目元以外のメイクをクレンジングクリームでオフすれば、マツエクを守りつつ、納得できるクレンジング効果を得ることができるでしょう。

ウォータープルーフ対応タイプ

オイルの配合量が多いタイプのクレンジングクリームです。ウォータープルーフタイプのメイクアップ用品や日焼け止めは、防水加工を目的としてシリコンが配合されていますので、オイルフリータイプのクレンジングクリームでは、綺麗にオフすることができないと考えられます。

このタイプのクレンジングクリームは、クレンジングクリームとしてはお肌への刺激がやや強いと考えられますので、お肌が弱い方は慎重に使用する必要があるでしょう。

オイルフリータイプ

水性タイプに分類されるクレンジングクリームで、サラッとした使い心地が特徴です。ただし、オイルが配合されていない分クレンジング効果を弱いというデメリットを持っていますので、パウダータイプなど、薄付きのファンデーションに対応したタイプであると捉えておくと良いでしょう。

オーガニックタイプ

アロエベラエキスやローズウォーターなど、有機農法で栽培された植物のエキスが配合されたタイプのクレンジングクリームです。とはいえ、このタイプのクレンジングクリームにはさまざまな種類があり、化学合成物質不使用の製品もあれば、使用しているクレンジングクリームもあります。
オーガニックという言葉だけを見ると安全性が高いように思えますが、オーガニックタイプであっても、必ずしも安全性が高いわけではないという認識は持っておくべきでしょう。

化学合成物質不使用のクレンジングクリームの場合では、お肌への刺激が極めて弱いというメリットがありますが、その反面、クレンジング効果は弱いというデメリットがあります。

脂性肌用のクレンジングクリーム

油分の配合量が少ないタイプのクレンジングクリームです。油分の配合量が多いタイプは、メイクだけではなく皮脂に対しても高い洗浄効果を発揮しますが、その反面、皮脂を取りすぎてしまうことが考えられ、皮脂分泌を増やす可能性があります。

脂性肌専用のクレンジングクリームが見つからないときには、なるべく油分の配合量が少ないタイプの製品を選びましょう。

敏感肌用のクレンジングクリーム

植物エキスなど、保湿成分を配合したタイプのクレンジングクリームです。拭き取りタイプと洗い流すタイプがありますが、拭き取りの際の摩擦が気になるのであれば、洗い流すタイプがおすすめです。

濡れた手でもOKのクレンジングクリーム

界面活性剤の配合量が多いタイプです。クレンジングクリームにはこのタイプの製品がほとんどなく、オイルクレンジングに多いタイプです。

ダブル洗顔不要のクレンジングクリーム

界面活性剤の配合量がかなり多いタイプで、やはりクレンジングクリームにはこのタイプがほとんどなく、オイルクレンジングに多いタイプです。お肌への刺激が強く、敏感肌の方にはおすすめできません。

高価なクレンジングクリームとプチプラの大きな違いは?

ドラッグストアなどでクレンジングクリームの価格を調べてみると、製品によって価格に開きがあることがわかります。

これが通販になると、ドラッグストアでは見かけないような効果なクレンジングクリームが見つかります。ではなぜ、クレンジングクリームの価格帯には大きな開きがあるのでしょうか?

その理由として考えられるのは、高価な原材料を配合しているのか否か、という部分です。たとえば、オーガニックコスメに分類されるクレンジングクリームの場合では、一般的な製品よりも価格帯が高価に設定されています。

そして、配合成分を確認してみると、数多くの植物エキスなどが、てんこ盛りに配合されています。配合されている美容成分が多ければ多いほど、価格帯は高価になっても仕方がありません。

この部分については、人それぞれ考え方が異なるのではないかと思いますが、メイクをきちんとオフするという部分だけを重視するのであれば、わざわざ高価な製品を選ばなくても良いという考え方が一般的なのではないでしょうか。

ただし、アレルギー肌の方の場合では、クレンジングクリームに配合されているどの成分がアレルゲンとなる可能性があるので、価格帯に捕らわれず、ご自身の肌質に合ったクレンジングクリームを慎重に選ぶ必要があります。

クレンジングクリームの正しい使い方

拭き取りタイプと洗い流すタイプとでは、使用方法が若干異なります。

拭き取りタイプのクレンジングクリームの場合

1.手を洗う
2.クレンジングクリームを手のひらに取り、皮脂分泌が多いTゾーンから馴染ませ、顔全体に広げる(マツエクを使用している方は、マツエクにクレンジングクリームが付着しないように注意して下さい)
3.メイクにクレンジングクリームをよく馴染ませたら、ティッシュで軽く拭き取る
4.蒸しタオルで残りのクリームを拭き取る
5.洗顔を行う

なお、ティッシュと蒸しタオルでクレンジングクリームを拭き取る際には、ティッシュやタオルをお肌に押し付けるのではなく、軽くクレンジングクリームを拭うつもりで拭き取りましょう。

洗い流すタイプのクレンジングクリームの場合

上記の1、2の手順でクレンジングクリームをお肌に馴染ませます。
3.ぬるま湯でクレンジングクリームを洗い流す
4.洗顔を行う

プチプラ クレンジングクリームを6つ購入してみた

001cleansingcream
こちらのプチブラ・クレンジングクリームを6つを、油分多めのクリームファンデを使って使い比べたいと思います。
油分多めのクリームファンデ

ちふれ ウォッシャブルコールドクリーム

ちふれ ウォッシャブルコールドクリーム

ちふれ ウォッシャブルコールドクリームの全成分

ミネラルオイル、エチルヘキサン酸セチル、ワセリン、ステアリルアルコール、ステアリン酸、ダイズ油、PG、ペリソルベート60、ペンタオレイン酸ポリグリセリル-10、メチルパラベン、プロピルパラベン、水酸化K、トコフェロール、BHT、水

ちふれ ウォッシャブルコールドクリームには、これらの成分が配合されており、防腐剤の配合量は多いものの、お肌が過敏な反応を示す可能性はほぼないと考えられます。

ただひとつ気になるのがBHTという酸化防止剤で、この成分は安全性は高いといわれていますが、敏感肌の方の場合では、アレルギー反応が起こる可能性があります。

また、ダイズ油が配合されていますので、大豆アレルギーをお持ちの方は、使用を控えるべきでしょう。

ちふれ ウォッシャブルコールドクリームは、白色で無香料、サラッとした感じのクレンジングクリームです。
これを、ファンデーション部分に馴染ませてみます。

004cleansingcream
画像ではわかりにくいかもしれませんが、ファンデーションとの馴染はあまり良くないような感じです。

まずはこの状態で、ティッシュで拭き取ってみましたが、、ファンデーションが綺麗に拭き取られています。

その後、石鹸で洗い流したら、お肌にはファンデーションがまったく残りませんでしたし、お肌の異常も見られませんでした。

ちふれ ウォッシャブルコールドクリームは、安いのにかなり優秀なクレンジングクリームです。

スポンサードリンク

 

無印 マイルドクリームクレンジング

無印 マイルドクリームクレンジング

無印 マイルドクリームクレンジングの全成分

水、水添ポリイソブテン、DPG、パルミチン酸エチルヘキシル、ハイブリッドヒマワリ油、シクロペンタシロキサン、ステアリン酸グリセリル、セテアリルアルコール、TEA、ポリソルベート60、ステアリン酸PEG-75、カルボマー、アンズ果汁、モモ葉エキス、グリセリン、BG、トコフェロール、エチドロン酸4Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン

無印 マイルドクリームクレンジングの配合成分の中で気になるのが、TEAというpH調整剤です。この成分に関しては、現在までにアレルギーの報告が挙がっているようですので、敏感肌の方やアレルギー肌の方は使用を控えたほうが良さそうです。

そして、モモ葉エキスも桃アレルギーの方にとっては危険な成分なので、桃アレルギーをお持ちの方も、使用を控えるべきでしょう。

005cleansingcream
無印 マイルドクリームクレンジングは、白色のサラッとした感じのクレンジングクリームで無香料です。ファンデーションとの馴染はまずまず、画像でも、クレンジングクリームの色が若干ベージュ色に変わっているのをご確認いただけるのではないかと思います。

この後にティッシュで拭き取ってみたところ、綺麗に落ちました。さらに、石鹸で洗ったところ、ファンデーションの残留はなし、お肌の異常は見られず、この製品も、プチブラながら優秀です。

スポンサードリンク

 

ポンズ クリアフェイス クリームクレンジング

ポンズ クリアフェイス クリームクレンジング

ポンズ クリアフェイス クリームクレンジングの全成分

ミネラルオイル、水、PPG-15ステアリル、ステアレス-2、PG、ステアレス-20、パラフィン、セタノール、ジメチコン、BG、変性アルコール、ステアリルアルコール、ステアリン酸、パルミチン酸、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、オタネニンジンエキス、シャクヤク根エキス、オウゴンエキス、スイカズラ葉エキス、ハマメリス葉エキス、水酸化K、カルボマー、メチルパラベン、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、メチルイソチアゾリノン、香料

ポンズ クリアフェイス クリームクレンジングも防腐剤の配合量が多くなっていますが、アレルギーが起こる可能性がある成分は、ほとんど配合されていないようです。

ポンズ クリアフェイス クリームクレンジングのテクスチャーは、白色のサラッとした感じで、無香料ですので、香りが気になる方にはおすすめです。
007cleansingcream
ポンズ クリアフェイス クリームクレンジングをファンデーションに馴染ませてみると、クレンジングクリームの色が薄いベージュ色に変わってきました。

この後にティッシュで拭き取ってみたところ、綺麗にファンデーションが落ちていて、石鹸で洗い流したらファンデーションの残留はありませんでした。

スポンサードリンク

 

ビオレ こくリッチメイクオフクリーム

ビオレ こくリッチメイクオフクリーム

ビオレ こくリッチメイクオフクリームの全成分

水、ミネラルオイル、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、PEG-75、DPG、ステアリン酸PEG-5グリセリル、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸ソルビタン、ポリソルベート60、ステアリン酸PEG-150、セタノール、ステアリルアルコール、ラウリル硫酸Na、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、トコフェロール、シア脂、カロチン、コーン油、香料

ビオレ こくリッチメイクオフクリームは、わずかな香りがあり、白色のクリームです。かなり柔らかく、若干乳液に近いといった印象です。
009cleansingcream
ビオレ こくリッチメイクオフクリームでファンデーションを落とそうとしましたが、なかなか馴染みません。

しかし、ティッシュで拭き取ってみたところ、ファンデーションは綺麗に落ち、さらに石鹸で洗い流したらキレイにファンデーションが落ちきりました。

ここまで使用してきたクレンジングクリームの中では、ティッシュで拭き取ったあとのお肌の感じが最もしっとりとしていましたので、乾燥肌の方におすすめかもしれません。

ドルックス クレンジングクリームN

ドルックス クレンジングクリームN

ドルックス クレンジングクリームNの全成分

ミネラルオイル、水、パラフィン、BG、ワセリン、ポリソルベート60、ステアリン酸グリセリル(SE)、セタノール、マイクロクリスタリンワックス、水添パーム油、パーム核油、パーム油、クエン酸Na、ジグリセリン、クエン酸、トコフェロール、エチルパラベン、香料

ドルックス クレンジングクリームNは、白色で、若干硬めのクリームです。
011cleansingcream
ドルックス クレンジングクリームNもビオレと同様にファンデーションとの馴染みまはよくありませんが、ティッシュで拭き取ると綺麗に落ちます。

ただ、気になるのが香りで、どうしても気になるというレベルではありませんが、柑橘系やフローラルというように、なにかに形容することができない香りで筆者にとってはあまり心地よい香りではありません。性能的には全く問題はありませんが、香りが気になる方にはおすすめできません。

カネボウ エビータ クレンジングクリームP

カネボウ エビータ クレンジングクリームP

カネボウ エビータ クレンジングクリームP の全成分

ミネラルオイル、水、DPG、ステアリン酸PEG-6ソルビタン、トリベヘニン、ポリソルベート60、パルミチン酸セチル、ステアリン酸、スクワラン、ステアロイルグルタミン酸Na、ステアリン酸グリセリル、イソノナン酸イソノニル、ジメチコン、ダマスクバラ花水、EDTA-2Na、カルボマー、エタノール、BG、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ローヤルゼリーエキス、ヒアルロン酸ジメチルシラノール、フェノキシエタノール

カネボウ エビータ クレンジングクリームPは、白色のクリームで、やや柔らかい感じです。

使ってみたところ、ファンデーションに早く馴染み、すぐにファンデーションが浮き上がってきました。

ティッシュで拭き取ってみると、ファンデーションは綺麗に落ち、その後、石鹸で洗ったあともしっとり感が残りますので、乾燥肌が気になる方にもおすすめです。

また、香りはありませんので、香りが気になる方にもおすすめできるクレンジングクリームです。

おすすめはどれ?6つのプチプラクレンジングクリームを使ってみた感想

まず、香りかマイナスポイントとなってしまったドルックス クレンジングクリームNは、筆者個人的にはおすすめすることができません(※ただし、クレンジング機能に問題があるということではありません)。

残るは5種類のクレンジングクリームですが、使い心地の良さで選ぶのであれば、ビオレ こくリッチメイクオフクリームが一番かな…という印象です。

ただ、どのクレンジングクリームもプチブラでありながら、クレンジングクリームとしての役割をしっかり果たすことがわかりましたので、あとは好みと価格で選ぶしかないでしょう。

今回は、クリームファンデーションをわざわざ厚塗りして、それぞれのクレンジングクリームの性能を確認してみましたが、ファンデーションを綺麗に落とすコツは、使用量をケチってはいけないということです。
今回試してみたクレンジングクリームはすべてプチブラなので、気兼ねなくたっぷりと使うことができます。

どのクレンジングクリームにしようか迷ったのであれば、ひとつずつ試してみても良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

PAGETOP