プロパンジオールの効果は?手作り化粧水・美容液を作ってみた

プロパンジオールの効果は?手作り化粧水・美容液を作ってみた
今回は、化粧品によく含まれている「プロパンジオール」という成分の効果を解説。実際にプロパンジオールの原液を購入して、シャンプーや洗顔料に混ぜたり、手作り化粧水、美容液を作りましたので、それらを使用した感想などを公開します。

スポンサードリンク

 


もくじ

プロパンジオールとは

プロパンジオールは、トウモロコシデンプンなどの植物性の糖を発酵させて作られるグリコール(2価アルコール)ですので、化学合成物質よりもお肌への刺激が弱いと考えられます。

ここで、アルコールという文字が入っていると、本当はお肌への刺激が強い成分なんじゃないの?と、思う方もいるかもしれませんが、2価アルコールと、一般的な化粧品に配合されていることがあるエチルアルコールは、まったく異なった成分ですので、エチルアルコールのような刺激はありません。

つまり、アルコールアレルギーをお持ちの方であっても、基本的にプロパンジオールを使用しても問題がないということです。

また、2価アルコールにはプロピレングリコール(PG)やブチレングリコール(BG)がありますが、これらは石油由来成分ですので、プロパンジオールとは切り離して考えておきましょう。

植物由来成分と石油由来成分では、そもそもの性質が異なりますので、成分名が似ているというだけで混同してしまわないよう、十分に注意しましょう。

それでは次に、プロパンジオールに期待できる効果を解説します。

プロパンジオールの効果

プロパンジオールには、以下の効果を期待することができます。

角質層の水分保持効果

プロパンジオールには角質層の水分保持効果(保湿効果)を期待することができ、その効果を高めるためにはグリセリンとの併用が望ましいと考えられています。

保湿化粧品の成分を確認してみると、エモリエント剤としてプロパンジオールやグリセリンが配合されている化粧品が多いです。

また、これらは敏感肌用の化粧品に配合されていることもありますので、この事実も、プロパンジオールがお肌への刺激が弱いという裏付けになるのではないでしょうか。

防腐・抗菌効果

化粧品に配合されているプロパンジオールは、他の成分とともに防腐剤の働きをしますので、抗菌効果を期待することができます。

また、ニキビ肌用化粧品にもプロパンジオールが配合されていることがありますが、これはアクネ菌などの殺菌を目的としているのではなく、保湿効果を高めるために配合されているようです。

溶剤効果

化粧品成分は、それだけではお肌への伸びが悪いものがありますが、プロパンジオールには溶剤効果がありますので、その成分を溶かしてお肌に馴染ませやすくする効果を期待することができます。

毛髪水分量の調整

私たちの髪にはお肌と同様に水分が含まれていますが、紫外線やドライヤーの熱風などによってその量が減少してしまうと、パサついたり、切れ毛や枝毛が発生しやすくなったります。

プロパンジオールには、毛髪水分量の調節効果を期待することができますので、髪の乾燥が気になるときにも役立つ成分であると考えることができます。

実際に、市販されているシャンプーやコンディショナーの中には、プロパンジオールが配合されている製品がたくさんあります。

スポンサードリンク

 

プロパンジオール原液で手作り化粧水を作ってみます

今回は、マンディムーンさんのプロパンジオール原液を使用しました。

<用意するもの>
・精製水大さじ3杯
・プロパンジオール
・グリセリン(植物性グリセリンがベストですが、今回は残念ながら手に入りませんでしたので、市販されている一般的なグリセリンを使用しました)
001propanji

プロパンジオールは無色透明、グリセリンのようなテクスチャーです。
プロパンジオールは無色透明

プロパンジオールをお肌にそのままつけてみても、やはりグリセリンのような感じです。
003propanji

これらを容器に入れると、すべての成分が無色透明であるため、水のような見た目の化粧水になります。
004propanji

プロパンジオールの手作り化粧水を使ってみた

プロパンジオール化粧水はをお風呂上りにお肌につけてみましたが、想像していた通り、お肌への伸びがとても良く、保湿効果は高いな…と感じました。ですが、お肌への吸収力はイマイチ。

プロパンジオール+グリセリンの組み合わせで、プロパンジオールの効果がより高まるらしいのですが、お肌への吸収がイマイチといことになると、わざわざ手づくりするのはどうなの?というのが正直な感想です。

ただ、その場の吸収力は確かに低いのですが、ハンドプレスでしっかりとお肌に馴染ませたあとには、高い保湿効果を感じましたので、お肌の乾燥が気になる方には、プロパンジオールは適しているかもしれません。

また、この「手作りプロパンジオール化粧水」は、余分な化学合成物質が配合されていませんので、敏感肌の方や、化粧品アレルギーを起こしたことのある方には、おすすめできそうです。

スポンサードリンク

 

プロパンジオール原液で手作り美容液を作ってみます

続いて、精製水なし、プロパンジオール+グリセリンのみの、シンプルな「プロパンジオール美容液」をつくってみました。
プロパンジオール手作り美容液

この美容液も無色透明ですので、画像では確認しづらいかもしれませんね。
プロパンジオールとグリセリンの割合は、1:1です。

このプロパンジオール美容液は、さきほどの化粧水をつけた上から目元のみにつけてみましたが、ここである問題が発生しました。

それは、お肌が急に熱くなったということです。

プロパンジオールはお肌への刺激が弱い成分のはずなのですが、美容液への配合濃度が濃い場合には、つけた直後からお肌が熱くなりました。

これはいったいどういうこと?という疑問が生じましたので、プロパンジオールの化学反応について調べてみました。

ところが残念なことに、プロパンジオールとグリセリンで起こる化学反応について詳しく述べている記事は見つかりませんでした。

ということは、筆者にとっては、高濃度のプロパンジオールとグリセリンがお肌に合わなかったと考えることができます。

お肌が熱くなることによってトラブルが発生することはありませんでしたが、このプロパンジオール美容液でお肌が熱くなった、あるいは刺激を感じたという方は、使用を見合わせておきましょう(ただ保湿力は強いと感じました)。

スポンサードリンク

 

洗顔料にプロパンジオール原液を混ぜてみた

手作りのプロパンジオール化粧水と美容液の効果はほぼわかりましたので、次は洗顔料にプロパンジオールを混ぜてみる実験をしてみました。
洗顔料にプロパンジオール原液を混ぜてみた

洗顔料を泡立てネットに入れで、プロパンジオールを2滴程度混ぜで泡立てると、このような感じに泡立ちます。

もともとプロパンジオールを入れない状態ではこの程度の泡ができますので、プロパンジオールによって特別泡立ちが良くなった、あるいは硬くしっかりとした泡ができるということはありません。

その反対に、プロパンジオールを混ぜたことによって洗顔料の泡立ちが悪くなるということもありません。

プロパンジオールは、もともと化粧品の効果を高めるために配合する成分ですので、それ自体が主張することがないということがわかります。

ですが、ここはひとつ、プロパンジオールの保湿力に期待をかけて、洗顔してみることにしましょう。

早速洗顔してみたところ、洗い上がりがやや滑らかになりました。
筆者が今回使用したのは「ダヴ ディープピュア」という洗顔料で、このシリーズの中では比較的洗浄力が強いタイプで、洗顔後すぐに保湿しないとお肌がやや乾燥しやすい状態になります。

そして、プロパンジオールを混ぜることによって、乾燥の心配がほぼないと感じる洗い上がりを実感することができました。

シャンプーにプロパンジオール原液を混ぜてみた

プロパンジオールのお肌に対する効果がなんとなくわかったところで、次はシャンプーに混ぜてみることにしました。

筆者はロングヘアですので、シャンプー2プッシュ分に対して3滴程度のプロパンジオール原液を混ぜました。

シャンプー中には、洗顔料と同様にプロパンジオール自体が主張してくることはありません。楽しみなのは、洗い上がりですね。

タオルドライしてドライヤーで乾燥させてみたところ、特に大きな変化を感じることはありませんでしたが、ブラシの通りが若干良くなったような気がします。

髪は、過剰なシャンプーや洗浄力が強いシャンプーの使用、ドライヤーの熱などによって痛みますが、真夏の紫外線をダイレクトに受けることによっても痛みます。

そして、痛んで髪には保湿成分を補ってあげる必要がありますので、髪が傷んできたと感じた場合にも、プロパンジオールは役に立つのではないかと感じました。

洗い流さないトリートメントにプロパンジオール原液を混ぜてみた

洗い流さないタイプのトリートメントにプロパンジオールを1滴混ぜてみました。

シャンプーの洗い上がりの感触が良かっただけに、洗い流さないトリートメントに混ぜた効果にも期待をしましたが、結果はイマイチ。

というのは、プロパンジオールを少量しか混ぜていないのに、妙にべたつきが気になったからです。洗い流さないトリートメントを単品で使用した場合では、髪のべたつきが気になることはありませんが、プロパンジオールを混ぜた途端、べたつきが気になる。

ということは、筆者の髪の水分量が足りていたのか、プロパンジオールの成分が髪に合わなかったのか、あるいは混ぜたプロパンジオールの量が多かったのか、トリートメントの配合成分と合わなかったのか、いずれかが原因になっていると考えられます。

筆者としては、この方法はおすすめすることができません。

プロパンジオールには副作用がない?

敏感肌やアレルギー肌の方が最も気になる部分、それは、プロパンジオールの副作用なのではないでしょうか。

これについて色々と調べてみましたが、プロパンジオールの製造工程は明らかにされておらず、安全性が高いとは言い切れないようです。反対に、お肌が過敏な反応を示すかどうかという点にも、明らかにされてはいません。

プロパンジオールによるアレルギーなどについては、現在までに報告されていないようですが、化粧品に配合されているなんらかの成分によってアレルギーを起こしたことがある方は、使用に際して注意が必要です。

※筆者は目元に濃度が高めの手作りプロパンジオール美容液を付けましたが、少々熱く感じる程度の刺激はありました。

プロパンジオールを使用してみた感想

「インパクトが薄い」プロパンジオールをひと言で表現すれば、この言葉が最もしっくりきます。

プロパンジオールは、もともと化粧品に配合されている美容成分のサポート役を務める成分ですので、インパクトが薄いというのは、ある意味合っていますね。

そこで感じたこと、それは、わざわざプロパンジオールを使って手作り化粧品を作らなくてもいいのかな?ということです。

今回は、プロパンジオールがどのような成分なのか、どのような効果をお肌にもたらしてくれるのかという部分についてお伝えするために、さまざまな方法でプロパンジオールを使用してみました。

そして、筆者の場合では特にアレルギー反応が現れることはありませんでしたが(高濃度の場合、少々目元が熱く感じた程度)、お肌が弱い、あるいはアレルギーが起こる可能性がある肌質の方の場合では、「プロパンジオールは安全性が高い」という言葉を鵜呑みにせず、慎重に使用する必要があるでしょう。

プロパンジオールは、製造工程など不明な部分が多い成分ですので、その安全性が確立されるまでは、注意深く接することが大切なのではないでしょうか。

スポンサードリンク

PAGETOP