ラヴージュ口コミ デリケートゾーンや脇の黒ずみ・臭いに効果ある?

ラヴージュ口コミ デリケートゾーンや脇の黒ずみ・臭いに効果ある?
デリケートゾーンの黒ずみや臭い対策コスメとして、リピート率が高いと話題のラヴージュを実際に使用してみました。口コミの噂は本当なのか?使用感や効果を調査しました。


もくじ

悪い評価も大暴露!ラヴージュのリアルな口コミ

黒ずみ・ニオイ・かゆみを抑えるラヴージュは、デリケートゾーンケア口コミランキングにて、1位に輝いた事がある人気商品です。実際に使用した人たちの声を良い口コミだけではなく、悪い口コミも集めてみました。

<良い口コミ>
・泡の吸着力が高く、肌の汚れがしっかりと落ちた
・保湿力がある石鹸なので、しっとりとした洗い心地
・運動後の汗やニオイを抑える事ができた
・パラベンや香料が含まれていないので、肌に優しい成分でデリケートゾーンにも使える

<悪い口コミ>
・長年ワキガに悩んでいるので購入したものの、汗が抑えられずニオイが発生
・石鹸と美容液の2つを使ったケアのため面倒に感じる

<筆者のコメント>
ラヴージュの口コミ全体を見てみると、気になる体のニオイケアとしての効果は、個人差が大きいようです。運動後汗のニオイなど、軽い体臭の改善には効果を実感する人が多いのですが、ワキガのような強いニオイの場合は、思うような効果が得られないという声が目立ちました。

ラヴージュには香料が含まれていないので、体臭と製品の香りが混ざってしまう事はなさそうですが、体臭のレベルは1人1人異なるので、効果を確かめるには1度体験するのが一番です。

ラヴージュの使用感に関しては、石鹸の泡立ちが良さや保湿力の高さが評判です。美容成分がたっぷりと配合されているので、デリケートゾーンだけではなく、顔のお手入れに使っている方もいるそうです。ラヴージュを使うほど、肌がキレイになると口コミでは評判なので、一体どれくらい効果があるのか?美肌やデオドラント効果を確かめたいと思います。

ラヴージュを通販で購入!使用感を体験レビュー

デリケートゾーン用のケアコスメ「ラヴージュ」を購入
デリケートゾーン用のケアコスメ「ラヴージュ」を購入しました。使用感や効果を写真付きでレビューします。

ラヴージュを通販サイトから購入

ラヴージュの箱

ラヴージュを通販サイトで注文すると、ボタニカル柄の可愛い箱で商品が届きます。オシャレなデザインなので、デリケートゾーン用のコスメが入っているようには見えません。
003labouje

箱を開けるとデリケートゾーン用の生石鹸とデリケートゾーン用の保湿美容液が入っていました。ラヴージュでは、石鹸と美容液の2つを使ってお手入れをします。

コスメのパッケージもボタニカル柄で可愛いですね。美容液のボトルも高級感があるので、洗面所や部屋に置いても恥ずかしくありません。ラヴージュの使い方が記載されたパンフレットも一緒に梱包されていたので、使用の際は参考にしましょう。

ラヴージュ生石鹸の成分は?

ラヴージュ生石鹸の成分

ラヴージュの生石鹸には、美容洗浄成分が35種類含まれています。アミノ酸系の洗浄成分なので、余分な皮脂はしっかりとキャッチしながらも、健康な素肌を保つために必要な水分と油分を保持する肌に優しい石鹸です。

クレオパトラや楊貴妃など、世界中の美女たちが古代から愛用していたアルガンオイル、ダマスクローズ、ヴァージンココナッツオイルなど、植物由来の天然オイルが含まれているので、洗浄力だけではなく「保湿」にもこだわって作られています。

また、ティーツリーやラベンダーなど、数種類の精油が贅沢に配合されています。精油には、癒しの香りとしての効果だけではなく、殺菌や消臭などの効果もあるので、体臭のニオイ原因を予防・改善へと導く働きが期待できます。

生石鹸の成分一覧

水、グリセリン、ミリスチン酸、タルク、ステアリン酸、BG、タルク、ステアリン酸、水酸化K、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドプロピルアミンオキシド、ラウロイルメチルアラニンNa、デシルグルコシド、サフランエキス、ヤシ油、アルガニアスピノサ核油、ヒアルロン酸Na、サピンヅストリホリアツス果実エキス、センチフォリアバラ花水、ダマスクバラ花油、ニオイテンジクアオイ油、ラベンダー油、ビターオレンジ花油、オレンジ果皮油、オニサルビア油、イランイラン花油、レモン果皮油、ユーカリ葉油、ティーツリー葉油、ヒドロキシプロピルデンプンリン酸、ラウリン酸、エタノール、ポリクオタニウム-39、トコフェロール、クチナシ果実エキス

ラヴージュ保湿美容液の成分は?

ラヴージュ保湿美容液の成分

抗菌作用を持つティーツリーオイル、清涼感がありバリア力を高めてくれるユーカリ、肌をなめらかにするアプリコットオイルなど、美容保湿成分が49種類含まれています。生石鹸を使用した後の保湿ケアに使用する事で、肌に潤いを与えて健やかな肌環境をサポートします。人工的な香りや着色剤は使用していないので、肌への刺激は最小限のため、デリケートな肌にも安心して使えます。

保湿美容液の成分一覧

水、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K、(カプロイル/ラウロイル)ラクチレートNa、クエン酸トリエチル、10-ヒドロキシデカン酸、PCAイソステアリン酸PEG-60水添ヒマシ油、アーモンド油、アルニカ花エキス、アンズ核油、オシロイバナエキス、オタネニンジン根エキス、ヒドロキシエチルセルロース、クエン酸、クエン酸Na、水酸化Na、グリチルリチン酸2K、グレープフルーツ果実エキス、サリチル酸、ティーツリー葉油、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェロール、ヒアルロン酸Na、フェノキシエタノール、プラセンタエキス、ミリスチン酸メチルヘプチル、メリアアザジラクタ葉エキス、ユーカリ葉油、リンゴ果実エキス、リン酸アスコルビルMg、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、酸化銀、硫酸(AI/K)、1,2-ヘキサンジオール、プロパンジオール、エタノール、アルギニン、フィチン酸、セバシン酸、1,10-デカンジオール、レモン果皮油、ニオイテンジクアオイ油、イランイラン花油、オニサルビア油、オレンジ果皮油、ビターオレンジ花油、ラベンダー油

ラヴージュの生石鹸と保湿美容液の基本的な使い方

ラヴージュの生石鹸と保湿美容液の基本的な使い方

ラヴージュの生石鹸は1本60gです。チューブタイプの石鹸なので、使用する時は適量の石鹸を取り出して使います。
007labouje

チューブを軽く押すと石鹸が出てきます。ラヴージュの石鹸は黄色に染まっていますが、この黄色は着色料ではなく、メディカルハーブとして世界中で使われている「サフラン」の色です。

サフランは、日本ではピラフやパエリア料理に使うスパイスとしてもお馴染みです。食品にも使用されるものなので、安全性が高い成分です。石鹸を使う時は、パール大の量を目安に使用します。
008labouje

石鹸を泡立てます。手のひらで泡立てるには時間が掛かるので、泡立てネットを使うと簡単です。黄色だった石鹸は泡立てる事で白くなります。しっかりと泡立てたら、気になる部位に乗せてやさしくマッサージをしながら洗浄します。その後、ぬるま湯で泡が残らないよう、しっかりとすすぎ洗いをします。
009labouje

洗浄が終わった後は、ラヴージュの保湿美容液でお手入れします。
ラヴージュの保湿美容液でお手入れ

ブルーの爽やかなボトルに入った美容液を2、3滴手に取ります。美容液は透明のテクスチャーです。保湿力が高いので、少量の美容液でも十分に肌に伸ばす事ができます。
011labouje

美容液を肌に馴染ませたらお手入れの完了です。
012labouje

デリケートゾーンのお手入れに使う時も、基本的な使い方は同じです。アンダーヘアが生えている方は、美容液が浸透するようによく馴染ませましょう。

黒ずみや臭いに効果ありそう?ラヴージュを使ってみた感想

ラヴージュの生石鹸と保湿美容液を実際に使ってみた感想をまとめました。

ラヴージュの良い点

ラヴージュの生石鹸は、チューブタイプなので固形石鹸と比べて、いつでも清潔な状態で使えるところが便利です。独自研究による開発で、悪玉物質を優しく絡めとる生石鹸として誕生したラヴージュは、ぬめり洗浄を売りにしています。

口コミでもぬめりがある石鹸と話題になっていましたが、実際に使用してみると思っていたよりもぬめりは感じにくく、保湿力のある柔らかい泡で使い心地が良かったです。

肌に吸い付くようなしっとり感もあるので、皮脂やホコリなどの汚れをキレイに洗い流せました。洗い上がりは、肌がベタつく事はなくさっぱりとしています。決してぬるぬるとした気持ち悪い石鹸ではないので安心してください。

ラヴージュの悪い点

ラヴージュの生石鹸は、しっかりと泡立ててから使う必要があります。手のひらで泡立てる事が難しいので、ネットを使わなければいけない事が面倒です。また、保湿美容液はとろみのあるテクスチャーですが、部位によっては液だれしてしまいます。保湿が高いので、使い始めは少しベタっとした質感が気になりました。

また、石鹸による洗浄と美容液を使った保湿ケアで、丁寧なお手入れはできますが、ニオイだけ気になる・・・なんて時にサッとケアする事はできないので、時短ケアで済ませたい方には不向きの商品です。

ラヴージュの黒ずみへの効果は?

ラヴージュの保湿美容液には、美白成分のプラセンタエキスなどが配合されています。古くなった角質や皮脂汚れを石鹸で洗い流す事で、美容成分が肌に浸透しやすくなります。
そのため、石鹸と美容液の2つを合わせて使う事で、黒ずみの予防・改善効果は期待できます。ただし、強いピーリング効果や美白効果はないので、黒ずみをキレイにするには長期間のお手入れが必要です。即効性がないので、諦めない事が効果が出るためのポイントになります。

ラヴージュのニオイへの効果は?

ラヴージュは、殺菌成分や消臭成分が含まれているので、体臭予防には効果があると思います。しかし、肌に優しい成分で作られている分、効果は低めなのでワキガのような強いニオイの方は、思うような効果が得られないかもしれません。

私の場合、腕や脚などは肌がサラサラの状態が続き、スッキリとした精油の香りが漂い嫌なニオイを感じませんでした。しかし、ワキに使用すると汗をかきやすい部位のためか、かえって不快なニオイになってしまいました。まずは、休日などを利用してニオイへの効果を試すのが良いと思います。

ラヴージュVS人気黒ずみケア3商品を比較

黒ずみケア商品は沢山のメーカーから販売されています。ラヴージュと他の黒ずみケア商品を比べた感想をまとめたので、購入を検討している方は参考にしてください。

ラヴージュとラスターを比較

ラヴージュとラスターを比べると、ラスターには美白成分として有効なトラネキサム酸が配合されています。しかし、保湿や美肌へと導く美容成分に関しては、ラヴージュの方が豊富に含まれています。

香料を使用しているラスターと比べ、刺激となる香料を一切使わらずに精油を使用しているラヴージュは、肌に優しいコスメのため、品質の高さはラヴージュの方が上の印象です。また、洗浄・保湿ケア2つのコスメがセットになっているので、お得度の高さならラヴージュです。

ラヴージュとイビサクリームを比較

イビサクリームは、美白成分としてトラネキサム酸、カモミラエキスなどを配合しています。チューブのノズルが細く、デリケート部位のピンポイントケアには使いやすい仕様です。

35gと決して多い量ではないのですが、伸びの良いテクスチャーのため使用感も良く、継続したお手入れとしては面倒さも感じないので黒ずみケアコスメとして優秀です。ラヴージュと比べ、価格も安く美白効果も実感しやすいので、私はイビサクリームの方が黒ずみ改善には良いコスメだと思います。

ラヴージュとピューレパールを比較

ピューレパールは、ラヴージュの美白成分と同じプラセンタエキスなどを配合しています。保湿力があるコスメに仕上がっているので、肌に優しく敏感肌の方にも使えるコスメです。黒ずみケアの効果としては、ラヴージュとピューレパールどちらも同じくらいだと思います。しかし、ニオイ対策を考えている方には、消臭成分が含まれているラヴージュの方がおすすめです。

ラヴージュに関するQ&A

ラヴージュの気になる疑問の声をまとめました。商品に関する質問・悩みがある方は、チェックしておきましょう。

ラヴージュはデリケートゾーン以外にも使える?

ラヴージュは、デリケートゾーンに使えるよう肌への優しさを考えて作られた商品のため、顔、脚、腕など全身に使用する事ができます。ただし、使用後に異常が現われた場合は、すぐに使用を中止して控えましょう。

定期購入の解約方法を教えて?

ラヴージュの定期便・パーフェクトケアコースの解約を行いたい方は、次回発送予定日の10日前までにラヴージュに連絡する必要があります。問い合わせ先は、フリーダイヤル(0120-22-0814)または、公式サイトの問い合わせページから連絡する事ができます。商品発送後のキャンセルは、一切受け付けていないので注意してください。解約にともなう違約金等の請求はないので安心してください。

ラヴージュに返金保証制度はあるの?

ラヴージュでは、返金保証制度のサービスを提供していません。未開封の商品に限り、商品到着後8日以内に連絡してください。初回購入の方のみ返金を受け付けているので、利用経験がある方は返金に応じてもらう事はできません。

商品の開封については、商品を梱包している箱の開封でも開けた事になってしまうので、商品が届いた状態で保管しておきましょう。肌に合わない、使用感が不快などのお客様都合による返金はありません。

ラヴージュの使用期限は?

ラヴージュの使用期限は、未開封であれば3年です。開封後は、保存料など肌負担となる原料が最小限の配合となっているため、2ヵ月以内での使用が奨められています。ただし、保存状態によっては、品質の劣化スピードが速くなるので、開封後はできるだけ早く使い切るようにしてください。

ラヴージュは生理・妊娠中も使える?

生理中は、肌がいつもより敏感になっている時期のため、肌負担をかけずに過ごす事が大切です。通常時よりも優しく洗う事を心がけ、過剰なお手入れは避けてください。

妊娠中の場合は、安全性を考えて使用は控えるようにしましょう。どうしても汚れやニオイが気になる場合は、かかりつけの医師に相談してから使用してください。

すそわきがも緩和される?

デリケート周りのニオイ対策として有効なラヴージュですが、すそわきがのような強いニオイの場合は、効果に個人差があるため、かえってニオイが強くなってしまう事があるので気を付けましょう。

また、陰部から異臭がする場合は、婦人科系の病気の可能性もあります。体臭だからと自己判断をせず、気になる場合は病院で検査を受けましょう。

膣内の洗浄に使える?

ラヴージュでデリケートゾーンのお手入れをする際には、肌の表面を洗うようにしましょう。膣内は、雑菌が侵入しないように弱酸性に保たれています。自浄作用により、自然と清潔に保つ機能が備わっているので、膣内を洗い過ぎると炎症が起きやすくなります。膣内を洗いたい時は、膣内専用の洗浄商品を使うようにしてください。

VIOなどの脱毛直後でも使える?

脱毛ケアをした後は、肌が敏感になっています。肌トラブルを招かないためにも肌負担となる事を避けた方が良いため、脱毛後24時間はラヴージュでのスキンケアは控えるようにしてください。

PAGETOP