焼きヨーグルトの作り方&アレンジレシピ6選

焼きヨーグルトの作り方&アレンジレシピ6選
ヨーグルトを焼く!?
ヨーグルトを焼くとどんなメリットがあるの?

ここでは、ヨーグルトを焼くことによって得られるメリットや、焼きヨーグルトの3通りの作り方、焼きヨーグルトを使った簡単アレンジレシピを料理編3つ、デザート編3つ、計6つ紹介します。

スポンサードリンク

 


もくじ

 

焼きヨーグルトとは

焼きヨーグルトとは
ヨーグルトは美容と健康に良いので、老若男女問わず昔から食べられているおなじみの食材ですよね?買ってきたものをそのままか何かに混ぜて食べることが多いヨーグルトですが、最近ヨーグルトをアレンジしたある食べ方が注目されています。

その食べ方とは“焼く”こと。

「えっ?!ヨーグルトを焼くの?」とびっくりしてしまうかもしれませんし、どんな状態になるのか軽く不安もよぎる方もいるかもしれませんが、実はヨーグルトは焼くと固まり、それが“チーズ”そっくりになるんです。

焼きヨーグルトはチーズに比べて少なくとも半分、種類によっては3分の1のカロリーに抑えられます。チーズよりもだいぶカロリーが抑えられるということで、ダイエットには焼きヨーグルトがぴったりなんです!

しかも、焼きヨーグルトはコスト面でもとっても魅力的です。

チーズって買うと結構高いですよね?料理に使おうと思っても、スイーツに使おうと思っても、カロリーは高いし、なかなかのお値段がするので、今日はやめておこうかななんて思うことも。

でもヨーグルトなら、チーズを買うよりも断然価格を抑えることができますし、カロリーも抑えられます。そしてヨーグルトならどこのスーパーでもコンビニでも手軽に買えるところも魅力です。

焼きヨーグルトは、カロリーが控えめでありながらも美味しく、たんぱく質とカルシウムもたくさん含まれているのでとってもヘルシーです。しかも作るのはそんなに難しくない!

そんな焼きヨーグルトのメリットが注目されて、今チーズの代わりに焼きヨーグルトを取り入れている人が増えてきているんです。

今回はおなじみのヨーグルトにひと手間加えて作る、今注目の“焼きヨーグルト”についてご紹介していきます!

スポンサードリンク

 

焼きヨーグルトの作り方3つ

実際に、焼きヨーグルトを作ってみましょう!焼きヨーグルトの完成のイメージとしてはモッツァレラチーズ風と思っておくと出来上がりの目安になるでしょう。

「電子レンジで作る方法」「オーブンで作る方法」「フライパンで作る方法」の3通りをご紹介します。

1.焼きヨーグルトを電子レンジで作る

電子レンジで焼きヨーグルトを作るポイント1

電子レンジで焼きヨーグルトを作る時は、水切りをしたヨーグルトを使うのが大事なポイントになります。ざるにキッチンペーパーを載せて水切りをしたり、コーヒーを抽出する際に使うコーヒードリッパーを使ったりしても水切りすることができます。
ドリッパーでヨーグルトの水を切る
水切りヨーグルト

水切りの目安は30分からひと晩かけてします。
※ヨーグルトを水切りして出てきた乳清(ホエイ)は体に良い成分がたくさん含まれているので、捨てずに何か他のドリンクと混ぜたりして飲むようにしてくださいね。

電子レンジで焼きヨーグルトを作るポイント2

水切りができたら、ヨーグルトを耐熱性の容器に入れ、ラップをかけて加熱していきます。
電子レンジで焼きヨーグルトを作る
電子レンジで焼きヨーグルトを作る時は、熱を入れすぎるとカッテージチーズのようになってしまうので、こまめにチェックした方が良いでしょう。100グラムあたり500ワットで3分を目安に加熱をしていきます。電子レンジの種類によっても熱の入り方が変わってきます。慎重に熱を加えていくようにしてください。
023yakiyogu

2.焼きヨーグルトをオーブントースターで作る

焼きヨーグルトはオーブントースターで作ることもできます。オーブントースターを使う場合は耐熱性の容器を使って作ります。

水切りしなくても焼きヨーグルトが作れる

今回はトースターで焼きヨーグルトを作ってみました。トースターなら水切りをしなくても作れるので、グラタン皿を使って水切りをしない焼きヨーグルトを作ってみました。

まず、ヨーグルトをそのまま耐熱性の入れ物に入れ、オーブントースターで20分から30分加熱していきます。
002yakiyogu
ヨーグルトが固まって乳清が出てきて、表面に少しひびが入ったようになったら出来上がりの目安になります。容器が熱くなっているのであら熱が取れるまでしばらく置き、あら熱が取れたら冷蔵庫で保存します。
003yakiyogu

乳清(ホエイ)を簡単に切る方法

水切りをしない場合は、出来上がりの時に乳清はやはり多くなります。ただ、出来上がった時には乳清は分離されているので、食べる時はざるにあけて乳清を切るか、焼きヨーグルトをすくう時にフォークを使えば、簡単に乳清をきることができます。

時間がないとか水切りが面倒な方には、オーブントースターやオーブンレンジを使った方法が一番簡単かもしれません。

3.焼きヨーグルトをフライパンで作る

焼きヨーグルトはトースターやレンジがない場合でも、フライパンで作ることができます。
テフロン加工がされているフライパンなら油なしで作ることができますよ。

フライパンで作る時は水切りをしっかりと

フライパンで焼きヨーグルトを作る時は、電子レンジで作る時と同じくしっかりと水切りをするのがポイントです。そうしないと、ヨーグルトをフライパンに入れて熱を加えた時にバラバラになりやすく、どうしてもカッテージチーズ風になってしまうからです。

少し手間ではありますが、水切りをしっかりとすることがフライパンで作る焼きヨーグルトの成功のコツです。

よく水切りをしたヨーグルトをフライパンに入れ、じっくりと加熱していきます。
焼きヨーグルトをフライパンで作る
片面に熱が入ったらひっくり返し、ヨーグルトが固まったら完成です。
013yakiyogu
テフロン加工のフライパンを使った方が良いですが、もしない場合は、油を薄く敷いてからヨーグルトを入れてください。

スポンサードリンク

 

どの作り方がおいしかった?焼きヨーグルトを食べてみた感想

焼きヨーグルトを電子レンジ、トースター、フライパンと3つの方法で作ってみました。それぞれにメリットがあり、デメリットがありという感じでした。

作り方によって味が変わるのかな?と思っていたのですが、食べてみると味に関しては変わりませんでした。

ただ、食感の違いは少しだけありました。
本当にわずかな差なのですが、一番きちんと固まりながらも、なめらかさを感じたのがトースターで作った焼きヨーグルトでした。電子レンジはトースターに比べると少し固さがあり、フライパンで作った焼きヨーグルトは一番固さとカッテージチーズ感がありました。

個人的な感想としては、トースターで作った焼きヨーグルトが一番簡単にできて、モッツァレラチーズ感が出たような気がしました。カッテージチーズのようになってしまうという、焼きヨーグルトを作る際に一番気を付けなくちゃいけない面が、オーブントースターだと防ぎやすいように思います。

トースターの場合、加熱してからヨーグルトが変化していくのが徐々になるので様子を見ながらできることもあるので失敗しにくいのかもしれません。水切り不要なのもトースターで作る時のメリットだと思います。

ただトースターで作る場合は、時間がかかるというデメリットがあります。
また、できあがってから焼きヨーグルトを取り出すのには高温になっているので、少し冷ます時間が必要なのもデメリットかもしれません。

その点、電子レンジで作った時も、フライパンで作った時も、水切りの時間は必要ですが焼いてからの時間は早かったですし、冷めるまで取り出せないということもありませんでした。

しかし、電子レンジやフライパンだと熱の加減が難しいですし、ひっくり返して崩れたり、火を入れすぎたりするなど、加減が難しいため、焼きヨーグルトを作る時に起こりがちなカッテージチーズのようになってしまう率が高くなるように感じました。

それぞれメッリット・デメリットがあるので、一通り試してみて、自分に合った焼きヨーグルトの作り方を見つけてみると良いかもしれません。

焼きヨーグルトのアレンジレシピ【料理編】

普段あまりヨーグルトを料理に使う機会はないかもしれませんが、焼きヨーグルトにしたらぐっと料理に使う幅も広がります。ヨーグルトと意識してしまうと思いつかないかもしれませんが、感覚としては、普段チーズを使う料理の代用として考えると取り入れやすいですよ!

ここでは焼きヨーグルトを使った料理のレシピを3つご紹介します。

焼きヨーグルトとアボカドの和風カプレーゼ

焼きヨーグルトとアボカドの和風カプレーゼ
焼きヨーグルトとアボカドを使って和風のカプレーゼを作りました。

<材料>
・焼きヨーグルト
・アボカド
・トマト
・ベビーリーフ
・ポン酢ドレッシング

<作り方>
アボカドとトマトは適当な大きさに切っておきます。焼きヨーグルトも大きさを合わせてカットし、アボカド、トマト、焼きヨーグルトと交互に並べていきます。ベビーリーフを添えて上からポン酢ドレッシングをかけて完成です。

<このレシピのポイント>
今回はポン酢を使用しましたが、ポン酢の代わりに他のドレッシングを使ってももちろんOKです。栄養バランスがとても良い一品なので、ダイエット中以外にもおすすめです。

スポンサードリンク

 

焼きヨーグルト グラタン

焼きヨーグルト グラタン
ヨーグルトでグラタン?!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、焼きヨーグルトにすると合うんですよ!ホワイトソースのような感覚で食べられるのでおすすめです。

<材料>
・焼きヨーグルト 大さじ2
・なす 2分の1個
・じゃがいも 2分の1個
・インゲン 4本
・エリンギ 1本
・パン粉 少々
・小麦粉 大さじ2分の1杯
・牛乳 (様子を見ながら加えていきます)
・コンソメスープの素 少々
・オリーブオイル 少々

<作り方>
なすは皮をむいておきます。皮をむいたなすとエリンギは薄く切り、なすをオリーブオイルで焼いておきます。
011yakiyogu
なすを焼いた後はエリンギを入れ、小麦粉をふり、そこに牛乳を入れとろみがつくまで弱火で煮ていきます。
012yakiyogu
とろみがついたら焼きヨーグルトを入れて、コンソメスープの素などを入れて味をつけます。じゃがいもは薄く切り、レンジで柔らかくなるまで加熱します。インゲンは塩茹でしておきます。

グラタン皿に焼いたなすとじゃがいもを敷き詰め、その上から焼きヨーグルトとエリンギの入ったホワイトソースをかけます。その上にいんげんを置き、さらに上からパン粉をかけます。オーブントースターまたはオーブンレンジで焼き色がつくまで加熱したら完成です!

<このレシピのポイント>
なすの皮は色が出やすいため、グラタンに使用する場合は皮をむいておきます。ピーラーを使えば簡単にむくことができますよ。

焼きヨーグルト パスタ

焼きヨーグルト パスタ
仕上げに添える焼きヨーグルトが爽やかでコクのある風味に仕上げてくれる一品です。

<材料>
・焼きヨーグルト お好みの量
・トマト プチトマト 3個
・なす 1本
・オリーブオイル 大さじ2
・乾燥バジル 適量
・塩 少々
・にんにく 少々
・パスタ 1人前

<作り方>
パスタはたっぷりのお湯に塩を入れて茹でます。焼きヨーグルトには塩を軽くふっておきます。
006yakiyogu
パスタを茹でている間に、鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ、そこになすを入れて火を通します。なすに火が通ったら塩をし、トマトを入れてさらに焼きます。
005yakiyogu
トマトにも火が通ったら乾燥バジルをふり、茹であがったパスタを入れて混ぜます。

お皿にパスタを盛り付け、焼きヨーグルトを適当な大きさに切って載せたら完成です。

<このレシピのポイント>
食べる時は焼きヨーグルトとパスタを混ぜるようにして食べます。チーズを入れるよりもヘルシーですが、焼きヨーグルトがコクを出してくれるので満足感もちゃんと得られます。

焼きヨーグルトのアレンジレシピ【スイーツ編】

焼きヨーグルトはスイーツにも使うことができます。チーズを使うとどうしてもカロリーが高くなりがちですし、スイーツともなるとさらにカロリーが気になるところですよね。

でも焼きヨーグルトなら、カロリーが抑えられるので、ダイエット中でも安心してスイーツを食べることができます。

ここでも料理編と同じように、普段チーズを使うところを焼きヨーグルトで代用した美味しいスイーツを3つご紹介したいと思います。

焼きヨーグルト チーズケーキ

焼きヨーグルト チーズケーキ

<材料>
・ヨーグルト 100グラム(水切りした状態で)
・小麦粉 大さじ3
・砂糖(今回はキビ砂糖を使用) 30グラム~40グラム※甘さの好みによって調整

<作り方>
ヨーグルトは水切りをしたものを100グラム使用します。
014yakiyogu
ボウルに水切りしたヨーグルトを入れ、小麦粉大さじ3、好みの甘さに応じて砂糖を30グラム~40グラム入れ、泡だて器で混ぜます。
015yakiyogu
クッキングシートを敷いたケーキ型に混ぜた材料を入れ、170度で30分から40分焼きます。あら熱をとり、冷蔵庫で冷やしたら完成です。

<このレシピのポイント>
卵を使わずに作った本当にヘルシーでローカロリーなチーズケーキ。混ぜるだけ、材料も少なくて済みます。本当に簡単にできてしまいます。お好みでジャムをかけて食べてもおすすめですよ。

焼きヨーグルト タルト

焼きヨーグルト タルト
<材料>
・ヨーグルト 100グラム(水切りしたもの)
・砂糖 30グラム

▼タルト生地用
・全粒粉 80グラム
・砂糖 10グラム
・牛乳 20グラム
・バター 10グラム

▼飾り用
・マンゴー 適量

<作り方>
まずはタルト生地を作ります。ボウルに全粒粉、砂糖、牛乳 バターを入れ、手で混ぜていきます。
017yakiyogu
材料が混ざったらひとまとめにして冷蔵庫で15分程度休ませます。生地を休ませたら、タルト型に生地を入れ、生地を指を使って型の形に沿って薄くのばしていきます。生地が伸びたらフォークでそこ部分に小さい穴をあけていきます。
018yakiyogu
それができたら170度のオーブンで25分生地を焼いていきます。

生地を焼いている間にヨーグルトと砂糖を混ぜておきます。生地が焼き上がったら、そこに混ぜたヨーグルトと砂糖を入れ、
019yakiyogu
再び170度のオーブンで25分焼きます。焼き上がったらあら熱をとり、マンゴーで飾り付けたら完成です。

<このレシピのポイント>
タルト生地はめん棒でのばしても良いですが、手でものばすことができます。飾りつけは今回マンゴーを使用しましたが、ブルーベリーやいちごなどお好みのフルーツでOKです。

焼きヨーグルト ティラミス

焼きヨーグルト ティラミス
<材料>
・焼きヨーグルト 100グラム
・はちみつ 大さじ2
・ビスケット 2枚
・コーヒー 少々
・ココアパウダー 少々

<作り方>
インスタントコーヒー、または抽出したコーヒーにビスケットを2枚浸します。
021yakiyogu
次に電子レンジやトースター、フライパンで作った焼きヨーグルトをボウルに入れ、はちみつと合わせます。滑らかになるように、よく混ぜます。浸しておいたビスケットを1枚とり、カップの1番下に入れます。
025yakiyogu
その上に混ぜたはちみつ入りの焼きヨーグルトを載せ、
024yakiyogu
さらにその上に浸したビスケットを載せ、またその上に混ぜたはちみつ入りの焼きヨーグルトを載せます。仕上げにココアパウダーをふったら完成です!

<このレシピのポイント>
焼きヨーグルトティラミスは個人的には大ヒットでした。ティラミスはどうしてもカロリーが高くなりがちですが、この焼きヨーグルトのレシピなら、気兼ねなく食べられます。味も本格的になるので、おもてなしスイーツとしても良いと思いました!

焼きヨーグルトに関するQ&A

ここでは焼きヨーグルトを作るときに持ちがちな疑問をいくつかご紹介していきます。

砂糖入りのヨーグルトでもできる?

砂糖とヨーグルトだけを混ぜた状態でのヨーグルトなら焼きヨーグルトはできますが、市販で砂糖以外にゼラチンなどが含まれているヨーグルトの場合は失敗する可能性が高くなるかもしれません。砂糖入りの焼きヨーグルトを作りたい場合は、できるだけ自分でヨーグルトと砂糖を混ぜて作ることをおすすめします。

焼きヨーグルトが固まらない!良い方法ある?

焼きヨーグルトが固まらない場合は、水分量や熱の加え方に気を付けると良いです。先述したように、水切りをしっかりすることで固まりやすくなります。

それから熱を加えている最中は極力動かさないというのも大事なポイントです。ヨーグルトを焼いている最中には表面にヒビが入ってくるのですが、その時に動かしてしまうと崩れやすくなります。表面が固まってきたら熱を加えるのをやめ、あら熱をとったら冷蔵庫に入れるとより固まりやすくなります。

焼きヨーグルトが酸っぱい!対処法はあるの?

焼きヨーグルトに酸味を感じる場合も少なくありません。酸味が苦手な方は酸味の少ないヨーグルトを選ぶか、はちみつや砂糖を隠し味程度に少し加えると、酸味をおさえることができます。

焼いてしまって乳酸菌は死滅しないの?

ヨーグルトというと何となく冷たくして食べるイメージがあるため、加熱してしまうと栄養が減ってしまうように思うかもしれせん。ヨーグルトは元々低い温度ではなく、比較的高めの温度でヨーグルトは作られているので熱に強い傾向があります。

そのため、焼きヨーグルにしても栄養が失われることはほとんどないようです。ヨーグルトにはたんぱく質やカルシウムが多く含まれていますが、その成分は熱では失われません。

ただ乳酸菌に関しては高温になると死滅してしまいます。
でも死滅した乳酸菌は、腸内の悪玉菌を外に出してくれる働きをしてくれます。ヨーグルトのように善玉菌を増やすことは焼きヨーグルトではできませんが、悪玉菌を排出してくれる働きをしてくれるので、焼きヨーグルトでも悪玉菌を減らす効果は期待できます。

焼きヨーグルトの保存方法・保存期間は?

保存期間は冷蔵庫で1週間は可能なようですが、やはり乳製品ではあるので、すぐに食べる時に作るようにして、作った後はなるべく早めに食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

PAGETOP