脇が臭い!ワキガかも!?原因と対策方法

脇が臭い!ワキガかも!?原因と対策方法
脇からなんだかイヤなニオイがする。もしかしたらワキガかもしれない……。そんなふうに悩んでいる方はきっと少なくないことでしょう。

でも脇が臭うことがあっても必ずしもワキガであるとは限りません。他の原因がニオイを生み出しているケースも多数存在しているからです。

ここでは脇が臭くなる(クサくなる)原因とその対処法を掘り下げていきます。ワキガであるケースもそうでないケースも両方に対応できるよう情報を網羅しました。長年にわたって悩まされてきたニオイが「こんなことで?」と簡単に改善できるケースもきっとあるはずです。

また、ワキの臭い対策石鹸を使ってみた感想や手作りミョウバン水の作り方、脇の臭い対策におすすめなピーリングなども紹介しますので、ぜひお役立てください。

スポンサードリンク

 


もくじ

 

脇が臭う(クサイ)原因

脇が臭う原因は主に4つに分けることができます。まずはそのニオイがどの原因によるものなのか、それぞれの可能性を探っていきましょう。

ワキガが原因

一般的に言われる「汗臭さ」とは少し違った独特の強いニオイを脇の下から発する体質のことをワキガ、もしくは腋臭症(えきしゅうしょう)と言います。原因は汗腺のひとつ「アポクリン腺」から出る汗で、この体質を持つ人は日本人では約10%程度だと言われています。

ワキガのニオイは汗とともに発せられること、日本人は特に匂いに敏感な民族であることなどから、ワキガはどうしても大きな悩みへと発展しがちです。しかし不衛生にしているから臭うようになるというわけではありません。あくまでもワキガは体質なのです。

ちなみに世界的に見れば、黒人はほぼ100%、白人は約80%の人がワキガであるとのデータがあります。ところが日本人を含む東アジアの民族は特殊で、ワキガの人は約5~20%に程度しかすぎません。この違いはわたしたちの先祖が気候に適応して体質が変化したものだと考えられています。

一種の病気であるかのように語られがちなワキガですが、実はヒトの特徴としては、ワキガ体質であるほうが「普通」なんですね。

汗が原因

ワキガ体質でなくても、汗がニオイの原因となることは少なくありません。後でも詳しくご紹介しますが、アポクリン腺ではないほうの汗腺「エクリン腺」から出る汗は本来ほとんど無臭です。ではニオイのないはずの汗がなぜ臭うようになるのでしょうか。それには次のような理由が考えられます。

汗をかいた部位に雑菌が繁殖した

かいたばかりの汗はほとんど臭いませんが、それをそのまま放置していると時間とともに匂いを放つようになります。これは汗をかいた部位に雑菌が繁殖するから。人の皮膚に常駐する菌が汗や皮脂などを絶好の養分として増え続け、どんどんその養分を分解していきます。それがニオイとなるのです。

脇の下は閉じた空間になっていますから、高温多湿になりがちです。汗をかきやすい上に雑菌が繁殖しやすい条件が揃っているわけです。汗をかくと脇の下が臭ってくるのはそのためで、これを防ぐには汗をかいたらすぐに清潔にするしか方法はありません。

精神性発汗

さきほどエクリン腺から出る汗はほとんど無臭だとご説明しました。しかし例外的にエクリン腺からもニオイを伴う汗をかくことがあります。緊張や興奮、驚きなど感情の動き、ストレスから起こる汗、つまり精神性発汗のケースです。

精神性発汗の場合、一気に汗をかくことが多いため、通常は混じるはずのないミネラル成分や尿素などが汗に混じって一緒に放出されます。このときにかくのはベタベタドロドロした濃い汗で、ワキガに近いような強いニオイを伴うことも珍しくありません。

皮脂の酸化が原因

皮膚には汗を分泌する汗腺の他に、皮脂腺という腺も存在しています。皮脂腺はそれぞれの毛穴に開口する腺で、肌に潤いをもたらし保護するための皮脂を分泌しています。しかしこの皮脂の分泌が多すぎると肌が汚れ、時間とともに酸化してニオイの元になってしまいます。

皮脂腺は全身に分布していますが、全ての皮脂腺が活発に活動しているわけではありません。最も活動が盛んなのは頭皮、ついで顔のTゾーンなど。脇の下も活発な部類に入るので要注意なのです。

また、皮脂腺から分泌される皮脂が汗と混じると、汗のニオイがより強くなってしまいます。皮脂の分泌が多く汗かきの方は、こまめなケアが必要となります。

体臭が原因

ワキガ体質でなく、汗をそれほどかいていなくても、強いニオイを持つものを飲食したことや、体調、年齡などによって脇が臭うことがあります。体臭や加齢臭は毛穴を通って発散されるので、脇のみが臭うというよりも全身が臭ってしまうのですが、汗や汗腺の多さから脇がより強く臭ってしまうというわけです。

加齢臭についてはかつては中高年男性特有のものとして捉えられていましたが、最近では女性や若年層でも加齢臭やそれに類するニオイが見られることがわかっています。ニオイの原因は資生堂によって発見されたノネナールが有名。しかしその後の研究で、ライオンによりペラルゴン酸、マンダムによりジアセチルもニオイの原因物質であることが特定されています。

スポンサードリンク

 

脇汗の種類

脇にかく汗は1種類だけではありません。人間の汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があり、どちらの腺から分泌されるのかによってその成分が異なっています。2種類の汗腺の概要と、そこからかく汗にはどんな特徴があるのかをご紹介することにしましょう。

エクリン腺

エクリン腺は手のひらや足の裏、脇の下、頭、顔、背中……と人間のほぼ全身に存在する汗腺です。ヒトの体には200万~500万個ほどのエクリン腺がありますが、これらの全ての汗腺が機能しているわけではありません。汗腺の活動は環境や生活、年齡によって左右されることから、かく汗の量や質にはかなりの個人差が出てきます。

エクリン腺から出る汗の99%は水です。残りの1%は塩分や尿素などですが、濃度が低いため、さらさらしていてニオイはほとんどありません。

エクリン腺からの発汗は主に次のタイプに分けることができます。

温熱性発汗

温熱性発汗は気化熱によって体温調節するために汗をかくものです。皮膚を濡らした汗が蒸発することで体の熱を奪い、体温を下げます。汗をかく部位はほぼ全身で、気温が高いときや運動をしたとき、発熱しているときなどに汗をかくのがこれにあたります。

味覚性発汗

味覚性発汗は辛いもの、酸っぱいものなど刺激のあるものを飲食したときに汗をかくものです。辛いものによる発汗は体温の上昇から起こると考えられますが、刺激物がなぜ発汗の原因となるのか詳しいことはわかっていません。汗をかくのは主に頭や顔などが中心で、生理現象のひとつだと言っていいでしょう。

精神性発汗

不安や恐怖を感じたとき、緊張したときなど感情的なストレスを伴って汗をかくものを精神性発汗と言います。汗をかきやすい部位は手のひらや脇の下など。瞬時に大量の発汗を見るのが大きな特徴です。

さきほどエクリン腺からの発汗はさらさらした汗になるとお話しました。これは汗が汗腺を通って皮膚の表面に出てくるまでに、中に含まれているナトリウムイオンや塩素イオンがほとんど体内に吸収されるからです。しかし精神性発汗の場合、急激に汗をかくために吸収が間に合わず、様々な成分を含んだままで汗となって表面に出てきます。緊張したときにドロドロとしたニオイの強い汗が出てくるのはこのような理由によるものです。

アポクリン腺

ほぼ全身を網羅するエクリン腺に対して、アポクリン腺は特定の部位にしか存在しません。アポクリン線があるのは脇の下、外耳道、乳輪、陰部など。こちらは体温調節にはほとんど関係なく、不安感や緊張感などで起こる精神性発汗であることがほとんどです。またアポクリン腺からの汗は、動物ではフェロモンとして働くこともありますが、人間ではこの機能はかなり退化してしまっているようです。

アポクリン腺からの汗は約70%が水。これに混じって脂肪やたんぱく質、ミネラル、尿素などが含まれています。エクリン腺からの汗に比べると濃度はかなり高いと言えますね。その分粘性も高く、ニオイも混じっています。

このアポクリン腺からの汗こそがワキガの原因で、汗の成分が濃いだけあって雑菌が繁殖しやすく、時間とともにニオイもより強くなってしまいます。

ひょっとしてワキガ?セルフチェック方法

上でご紹介したように、脇が臭うからと言って必ずしもワキガであるわけではないところに判断の難しさがあります。ニオイの原因がワキガなのか他のものなのかによって対応策が異なるケースも考えられるので、まずはワキガの可能性があるのかどうかをセルフチェックで探ってみましょう。

ワキガ体質診断チェック

□親やきょうだいにワキガの人がいる
□耳垢が湿ったネバネバ状である
□脇に汗をかくと衣服の脇部分が黄ばむ
□脇毛に白い粉状のものがつく
□(女性)脇毛が太く、濃い/(男性)脇毛が柔らかく、薄い

当てはまるものが多ければ多いほどワキガである可能性は高くなります。また、上位のものに当てはまるほどワキガ体質である確率が高いと言えるでしょう。

※このセルフチェックのみで100%ワキガかどうかを断定できるわけではありません。あくまでも目安とお考えください。

スポンサードリンク

 

親やきょうだいにワキガの人がいる

これまでの研究からワキガは遺伝することがわかっています。体臭の強弱は食べ物や体調などによって左右されますが、ワキガ体質であるかどうかに関してはほとんどが遺伝で決まってしまうことになりますね。

ワキガ体質の遺伝子をA、ワキガでない人の遺伝子をaとしましょう。遺伝子の組み合わせとしては「AA」「Aa」「aa」の3通りが考えられるわけですが、ワキガは優性遺伝(発現しやすい遺伝)なので、「AA」だけでなく「Aa」の組み合わせでもワキガ体質として現れることになります。

もう少し詳しい内容は下のQ&Aの項に譲りますが、つまり両親ともワキガであれば高確率で、片方でもワキガであれば半分以上の確率で子供もワキガ体質となります。子供にきょうだいがいれば、計算上、両方もしくはどちらかにワキガ体質が受け継がれる可能性が高くなると言えます。

耳垢が湿ったネバネバ状

耳の中にはエクリン腺は存在せず、アポクリン腺のみが存在しています。耳垢が湿ったり粘ったりするのは耳の中のアポクリン腺が発汗するからだと考えられます。

もちろん耳の中のアポクリン腺が発達しているからと言って、脇のアポクリン腺も100%同様であるとは限らないのですが、確率的にはワキガ体質である可能性が高くなります。逆に耳垢が乾いた粉状であれば、ワキガである可能性はほとんどありません。

脇のアポクリン腺は思春期になる頃に発達するのに対して、耳の中のアポクリン腺は子供の頃から発達します。そのため、より早期での判断が可能となる項目でもあります。

脇に汗をかくと衣服が黄ばむ

アポクリン腺からかく脇汗にはたんぱく質や脂質、ミネラルなど、水分以外の様々なものが含まれています。この中にはエクリン腺からの汗には存在しない、色素成分が含まれていることがあります。そのため、脇に汗をかいて衣服がよく黄ばむ場合にはワキガが疑われるということになります。

ただ、ワキガでなくても汗で衣服が黄ばむケースは少なからず起こることなので、100%ワキガであると断定するのは難しいでしょう。

脇毛に白っぽい粉状のものがつく

アポクリン腺から分泌された汗の水分が蒸発すると、後にはその内容物が乾いて脇毛に付着します。付着した粉は白かまたは薄い黄色で、刺激臭がするケースが多く見られます。アポクリン腺からの汗が少ない人やエクリン腺からの発汗のみの人には、この現象はほとんど起こりません。ただしワキガでもこの現象が起こらない方もいらっしゃいます。

脇毛の濃さ・太さ

女性でワキガの方は脇毛が濃く太い傾向にあります。男性の場合にはこの逆で、ワキガの方は脇毛が薄く柔らかい傾向にあります。しかしこれはあくまでも傾向にしか過ぎませんので、参考程度にとどめてください。

※ここでご紹介した項目は、ワキガ体質である可能性を示したもので、いくつ当てはまるからワキガである、と断定するものではありません。最終的には専門家に診てもらって判断するのが最も確実な方法だと言えるでしょう。

ワキガってどんなニオイ?

自分がワキガなのかどうかを疑うようになるきっかけは、やはりニオイということになるでしょう。ではワキガのニオイはどのようなものと表現されることが多いのでしょうか。Wikipediaに掲載されている例をそのままご紹介してみましょう。

・ゴボウの臭い
・ネギの臭い
・鉛筆の臭い
・酢の臭い
・香辛料のクミンの臭い
・納豆の臭い
・古びた洗濯ばさみの臭い

実際には一言でワキガと言ってもそのニオイは個人差が大きく、専門医でも判断に迷うことが少なくないといいます。

また、ワキガの方は自分のニオイに気づきにくい傾向にあります。それは常時自分のニオイに取り囲まれているうちに嗅覚が慣れてしまうからで、これは家族でも同様だと言えるでしょう。

逆に自分のニオイに気づく場合には、常時ニオイが出ているわけではない=汗のニオイや体臭だった、もしくはワキガでも軽度だったというケースが考えられます。

多汗症はワキガとは違う

ワキガと混同されやすい症状に多汗症があります。多汗症は発汗量が異常に多くなるもので、その原因はほとんどが遺伝。特に頭や手、脇の下などに大量の汗をかくことが多いようです。

発汗量には個人差がありますが、あまりに多くかく場合には精神的な苦痛を伴うようになり、生活に大きな支障が出ることが少なくありません。多汗症自体も一種の疾患ではありますが、なんらかの病気の症状として現れることもあり、治療には保険が適用されます。

多汗症の汗はエクリン腺からかくものです。そのため、たくさん汗をかいたとしても、汗そのものにはほとんどニオイはありません。この点がワキガと大きく異なるところです。もちろんかいた汗を放置していると雑菌が繁殖して汗臭くなるため、それが脇から臭ってくるケースは大いに考えられます。また多汗症とワキガを併発するケースもあります。

自臭症

自臭症は「自分のニオイが人に迷惑をかけているのでは……」と思い込んで恐怖を抱く精神疾患で、自己臭恐怖症と呼ばれることもあります。自分のワキガを疑っている方のうちかなりの数が、実際にはワキガではなく自臭症であると言われています。

自臭症では実際にはないニオイを感じてしまう幻臭が現れたり、周囲の人の仕草や表情が全て自分のニオイに向けられたものだと思い込んで対人恐怖症に陥ったり、うつ病を発症したりすることがあります。特に几帳面な方、完璧主義の方、潔癖症の方が自臭症に罹りやすいと言われています。

ワキガは治療すれば治ります。他に臭う理由がある場合にも対処すれば原因は取り除けます。しかし自臭症は心の病だけあって一足飛びに改善するものではありません。信頼できる専門医によるカウンセリングや正しい治療を受けることが勧められます。

脇のニオイ対策

脇のニオイ対策
脇のニオイはどんな汗をかくか、かいた汗にどう対応するかによってかなり軽減することができます。脇のニオイ対策になる事柄を集めてみました。難しくないものが多いので、ぜひトライしてみてください。

スポンサードリンク

 

脇毛を清潔に保つ

脇毛は脇のニオイを強くする一因になります。脇毛があることで脇はより汗をかきやすくなり、さらには高温多湿の状態でニオイがこもりがちになります。雑菌が繁殖するにはまさに最適な環境で、時間が経てば経つほどニオイが増す原因となってしまうのです。

脇をいかに清潔に保つかはニオイ対策には一番と言っていいほど重要な問題なのですが、脇をきれいに洗おうとしても脇毛が邪魔になって汚れが残ってしまうこともあります。脇毛はニオイ対策の観点から見ると、百害あって一利なしと言えるんですね。

脇毛を処理したからといってワキガやニオイの根本的な解決にはなりませんが、かなり効果的な軽減策になります。ぜひ脇毛は処理してしまいましょう!

脇毛を自己処理する

脇毛の処理方法では剃るのが最もお手軽です。が、脇はデリケートなので必ず負担のかからない方法で行ってください。手順としては、

1.脇をきれいに洗う
2.蒸しタオルで脇を温める(毛をやわらかくする、毛穴を開くため)
3.シェービングクリーム、フォームを塗る
4.毛の流れに沿って剃る
5.剃った部分を濡らしたタオルなどで一旦冷やす
6.十分に保湿する

カミソリは脇専用の清潔なものを用意し、古い刃は使わないでください。また、同じ箇所に何度もカミソリを滑らすと肌を傷める原因になります。できれば一度で剃ってしまいましょう。
また、シェーバーや脱毛クリームなどを使用してもいいでしょう。

オススメできないのは「抜く」こと。脇がきれいな状態が長く続くので一見良さそうですが、抜くことで毛穴を傷つけるだけではなく、アポクリン腺を刺激してワキガが悪化する可能性があります。

男性は短くカットする

脇毛は完全になくしてしまうのがベストなのですが、男性の中には「つるつるにするのは抵抗がある」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。また女性視点でも、時折「男性の脇にあるべきものがないのは違和感がある」との意見が聞かれます。

そこでおすすめするのが、脇毛を短くカットするというものです。カットはハサミでできるのでお手軽ですね。散髪のときに使うスキバサミなら自然な形でボリュームダウンするすることもできます。単に身だしなみを考えるのなら「脇からはみ出さない程度」でも良いですが、ニオイ対策を重視するなら長さは3ミリ程度とするのがオススメです。

自己処理が面倒ならワキ脱毛する

「剃ってもすぐに伸びてチクチクしてくる」「しょっちゅう処理しないといけないのは面倒」という場合にはサロンなどで脱毛してしまうのもいい方法です。脱毛しても毛穴までなくなってしまうわけではないので、ワキガそのものが治るわけではありません。が、手間をかけずにきれいな状態を保てるのは大きな利点です。

脇のみの脱毛だと格安でできるサロンもあるので、そういったサービスを利用してもいいですね。

脇を清潔に保つ

脇に汗は誰もがかくもの。肝心なのはその汗をどう処理するかです。ニオイ対策のためには脇を清潔に保つのは必要不可欠。それにはどんな方法が効果的なのかをご紹介します。

ニオイ対策石鹸、ボディソープで脇を洗う

汗をかいた後はやっぱり洗うのがベスト。でもよく洗っているつもりなのにニオイが残る気がする、すぐにニオイがしてきてしまうということもあるかもしれません。そんな場合には石鹸やボディソープを変えるのもひとつの方法。できれば柿渋、緑茶、炭、ミョウバンなどの成分が含まれている、デオドラント用のものを選ぶといいでしょう。

当然のことながらニオイ対策のための石鹸やボディソープには洗浄力、殺菌力の強さが求められますが、あまりに洗浄力が強すぎると肌を荒らす原因にもなりかねません。肌へのやさしさと保湿力を併せ持つものを選ぶようにしてください。

きれいにしようとするあまりゴシゴシこすってしまうのは禁物。ナイロンタオルの使用もオススメできません。肌が傷つけばより雑菌が繁殖しやすくなってしまうからです。脇はたっぷりの泡でやさしく洗うようにしましょう。

※下でニオイ対策の人気ボディソープ「クリアネオパール」について使用レポートを掲載しています。

ピーリングする

スキンケアの一環としてピーリングを行っている方も多いのではないでしょうか。ピーリングとは肌の表面から不要となった角質を取り除き、ターンオーバーを正常化するケアの方法。エステなどで受けることのできるものもありますが、最近では誰でも簡単に使えるピーリング剤が多数発売されています。このピーリングを脇のケアにも取り入れることができます。

ワキガの方の場合、汗の中に脂質やミネラルなどが多く含まれているため、通常の石鹸などではニオイ成分を落としきれないことが少なくありません。汗をよくかく方も肝線に角栓がつまったり汚れが溜まったりしがちです。ピーリング剤を使用すると、石鹸やボディソープで残ってしまった古い角質や汚れの蓄積、付着した雑菌をきれいに取り除くことができます。

ピーリング剤はフェイスケア用の普段お使いになっているもので試してみるといいでしょう。AHA(フルーツ酸)が配合されたものが肌に優しく人気を博しています。

ピーリングではワキガを治すことはできませんが、ニオイはかなり軽減されます。ワキガでないなら劇的にニオイが改善する方も多いようです。ただしピーリング剤は一般的な石鹸やボディソープと比べると刺激があるので、使用は週に1~2回にとどめてください。

※下でピーリングジェルの「ノアンデ クリア ピール モイスト」を試してみたレポートを掲載しています。

汗ふきシートを使う

かいた汗へのアプローチとしては制汗剤や汗ふきシートを使うのが最も一般的かつ現実的な対処法だと言えるでしょう。ニオイが発生するのはかいた汗に雑菌が繁殖するからです。先手を打って汗を拭いてしまえば雑菌も繁殖しません。タオルなどを用意することもできますが、外出先ではかさばってしまいます。その点、汗ふきシートは持ち運びにも便利です。

汗をかいたらとにかくこまめに拭き取ることが大切です。汗をかいた後、エアコンの利いた部屋で汗が引いたからとそのまま放置はしないでください。一見清潔な状態を取り戻したように見えても、汗の成分は脇にそのまま残っていますので、雑菌の繁殖を招いてしまいます。

ただ、汗ふきシートは思いの外肌に負担をかけるものです。摩擦によって肌を傷めないよう、できるだけ優しく拭き取るように心がけましょう。

市販の汗ふきシートのほか、コットンに消毒用アルコール(エタノール)を含ませて拭き取る方法もあります。アルコールは消臭、殺菌にはとても効果的な方法ですが、アルコールは肌にやや刺激があること、乾燥を招きやすいことが心配されます。肌荒れを起こしたり肌の乾燥が皮脂の分泌を促したりするケースもありますので、様子を見ながら使用することをお勧めします。

デオドラントスプレー(制汗剤)を使う

脇をさらさらな状態にして汗を抑えるデオドラントスプレー。ドラッグストアを覗いてみると実にいろいろな商品が登場していますね。夏のエチケットを支える商品としてすっかり定着した感があります。

デオドラントスプレーなどの制汗剤は脇のニオイ対策としても効果を発揮します。ポイントは清潔な状態の脇につけること。汗をかいた状態の脇に使っても効果は期待できません。かえって悪臭の原因となったり雑菌が繁殖しやすくなったりするので、必ずシャワーを浴びた後か汗ふきシートなどで汗をきれいに拭き取った後に使用しましょう。

制汗剤の働きはあくまでも限定的なもので、時間とともにデオドラント効果が薄れてしまうのは否めません。また重度のワキガの場合には制汗剤を使用してもほとんど効果が見られない可能性があります。

制汗剤にはスプレータイプの他、ロールオンタイプのものもあります。使い勝手や使い心地の良さからスプレータイプのものに人気がありますが、ニオイ対策としてはロールオンタイプの方に軍配が上がります。一長一短なので自分の使いやすい方を選ぶといいでしょう。

デオドラントスプレーはつい香りがついているものを選びたくなってしまいますが、汗のニオイと混じり合ってかえって悪臭が増す原因ともなりかねません。デオドラントスプレーは無臭のものでも十分に役割を果たしてくれます。銀イオン(AG)の配合されたものがオススメです。

脇のニオイ対策クリーム(殺菌抗菌クリームやローション)を使う

上でご紹介したデオドラントスプレーは幅広い方を対象とした商品で、ワキガや大量の汗をかく方をターゲットにした商品ではありません。そのため、汗の状態によっては期待したほどの効果が見られないことも考えられます。そんなときは専用のニオイ対策クリームの使用を勧めます。

選ぶポイントは消臭力と殺菌力、そして持続力ということになります。そして見逃されがちですが、肌へのやさしさと保湿力の高さも重要です。ドラッグストアにもいわゆるワキガクリームと呼ばれる商品は多く存在しますが、それらの効果を全て網羅するものを選びたいのならやはりネット通販で手に入る専門性の高いものが良いでしょう。

※下で人気の高いニオイ対策クリーム「ノアンデ」を試したレポートをご紹介しています。

アルム石を塗る

海外の制汗剤を中心に、塩化アルミニウムが配合されているものがあります。塩化アルミニウムには毛穴を引き締めて汗を出にくくする作用と殺菌力があり、ワキガに対しても効果を発揮します。

ヨーロッパで古くから制汗剤として使用されているアルム石も塩化アルミニウムで、「デオクリスタル」などといった商品として販売されています。これはアルム石がスティック状に加工してあり、その都度水に濡らして清潔な脇に塗って使うものです。

これとよく似た効果は、ミョウバンを水に溶かして塗ることでも可能です。塩化アルミニウムを使用するよりはやや効果が劣りますが、その分肌にやさしいため、試す価値は十分にあります。

※ミョウバン水の作り方、試用についてはこの下でご紹介しています。

汗を吸い取りやすい服を着る

ニオイ対策で意外と重要なのが衣服の選択です。着るものの素材によって臭い方はかなり違ってくるので、その点を把握して衣類を選びましょう。

脇のニオイ対策として適しているのは汗を吸い取りやすい自然素材の服。特に木綿と麻がオススメです。吸水性にすぐれる衣類は単に涼しく大量に発汗することを防ぐメリットがある他に、通気性の良さから雑菌が繁殖する前に汗をうまく蒸発させてくれるというもうひとつの利点もあります。

逆に適していないのは化学繊維で作られた服。ポリエステルやナイロン、アクリルなどがこれにあたります。これらの素材は蒸れやすく、衣服の中で湿った空気がこもりがち。脇汗によって雑菌の繁殖を招きニオイを悪化させてしまいます。また湿ったままの衣服を身に着けていると、ニオイを拡散させやすくなるというデメリットも併せ持っています。脇のニオイが気になる人にとっては最悪の選択だと言えるでしょう。

ニオイ対策として、消臭効果のある繊維で作られたシャツや、着る前の衣服につける抗菌消臭スプレーなどを使う方法もあります。消臭シャツには強力な効果がありますが、スプレーには好みの衣類につけられるという利点があります。もちろんこれらの複数のアイテムを組み合わせて使うことも可能です。

脇汗パッドを活用する

汗に対してピンポイントの対策ということで脇汗パッドを使うのもいい方法です。脇汗パッドには素早く汗を吸収して蒸れるのを防いで雑菌の繁殖を抑える働きと、衣類の汗ジミや黄ばみを防ぐ働き、衣類へのニオイ移りを軽減する働きなどが期待できます。

脇汗パッドには衣類に貼って使うタイプと、脇に直接貼って使うタイプがあります。また、1度だけで使い捨てするもの、洗濯して何度も使えるものの2種類があります。カラーもいろいろあるので、ご自身が使いやすいもの、使い心地のいいもの、効果が実感できるものを選んで使い分けてみましょう。

汗をかいたらすぐ着替える

ワキガや汗のニオイは脇そのものが臭うケースもありますが、体ではなく衣類が臭っているケースも少なくありません。特に強いワキガの場合には、ニオイが繊維に染みついて、洗濯しても落としきれなくなることがあります。

汗をかいたらすぐ着替えるというのは雑菌の繁殖を防ぐ意味もありますが、ニオイが服に染み付く予防策にもなるわけです。

食生活を見直す

食べ物によってワキガ体質が変えられるわけではありません。しかし汗のニオイや体臭は何を食べるかによって大きく左右されます。ここではニオイを強くしてしまう食べ物、ニオイの軽減に役立つ食べ物をご紹介していきます。

控えたほうがいいもの

近年、日本人の間でもワキガや体臭に悩まされる方が増えてきているといいます。それは食生活が欧米化したことと無関係ではありません。ワキガ体質自体はほとんど遺伝で決まってしまうのですが、ニオイの強さ、弱さに関しては食べているものがかなり強く反映されると考えられるのです。

では体臭を強めてしまうものを挙げていきましょう。

動物性蛋白質、脂質

肉をたくさん食べた次の日になんだか体臭がきつくなったと感じた経験のある方は少なくないのではないでしょうか。これは実際のその通りで、肉を食べると汗にニオイの成分が含まれやすくなるだけでなく、皮脂の分泌が増えるために汗が臭いやすくなってしまうのです。

牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品も動物性蛋白質なので、食べ過ぎると体臭のものとになります。気をつけましょう。

また脂質、特に動物性脂肪の摂り過ぎにも同様のことが言えます。要注意なのはバター、ラード、マヨネーズなど。動物性脂肪はアポクリン腺の活動を活発化させる原因になるとの研究もあるのでできるだけ控えることをお勧めします。

さらには植物性ですが、リノール酸を多く含むコーン脂や大豆油、ひまわり油、紅花油なども体臭を強くする可能性が高くなります。こちらは控えめにし、可能なものはオレイン酸の含まれるオリーブオイルに切り替えるといいでしょう。

動物性蛋白質も脂質も、ジャンクフードやインスタント食品によく使用されています。こういったものを摂りすぎないように注意してください。

糖分

糖分の摂り過ぎも体臭を強める原因となります。特に問題となるのが白砂糖です。砂糖そのものももちろんですが、お菓子にもよく使用されているため要注意です。

ニオイの強い食べ物、スパイス

ニオイの強いものやスパイスの中にはそのままニオイが体臭に混じって拡散するものがあります。食べ物ではにんにくやニラ、ネギ、玉ねぎなど。スパイスたっぷりのカレーやエスニック料理も体臭を強めるもとになります。

同じくニオイの強い食べ物といえば納豆も思い浮かびますが、こちらは発酵食品なので体臭を強くすることはありません。安心して食べてください。

アルコール、コーヒー

アルコールやコーヒーも体臭を強めてしまいます。常習性のある飲み物なので完全にやめてしまうのは難しいでしょうが、できれば量は控えめにしたほうがいいでしょう。

積極的に食べたいもの

次にご紹介するのはニオイの軽減に役立つ食品です。体内でニオイに働きかけるもののほか、原因となるものをスムーズに体外に排出する働きを持つものもあります。毎日の食事の中に上手に取り入れてみましょう。

アルカリ性の食べ物

健康な人の体は弱アルカリ性を示しており、体が酸性に傾くと健康に対してのリスクが増加することがわかっています。体臭についても影響があり、酸性に傾けば傾くほどワキガが悪化したり体臭が強くなったりする傾向があります。

肉や穀類といった現代人の食生活の主役となるものには酸性の食べ物が多いため、アルカリ性の食べ物を意識的に食べて体を正常な状態に保つのは、ニオイ対策においても非常に大きな意味があります。

ちなみに食べ物についての酸性、アルカリ性というのはその食べ物自体のpH(水素イオン指数)で分類されるわけではありません。含まれるミネラルが酸性なのかアルカリ性なのかで分類されます。

酸性のミネラル:リン、硫黄、塩素など
アルカリ性のミネラル:ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなど

つまりナトリウムやカリウム、カルシウム、マグネシウムといったミネラルを豊富に含む食材を食べると良いわけです。具体的には野菜、果物、海藻、きのこ、大豆製品などが挙げられます。

抗酸化作用を持つ食べ物

体が酸性になるのは活性酸素の影響が小さくないと考えられています。そのため、高い抗酸化作用を持つ成分を摂り入れることは大きな意味があります。

抗酸化作用を持ち、ニオイ対策に期待できるものにはクエン酸、ビタミンC、E、A(β-カロテン)、ポリフェノールなどがあります。これらを摂りやすい食品には梅干し、レモンなどの柑橘系果物、リンゴ、緑黄色野菜、緑茶などがあります。

海藻

先ほどご紹介したアルカリ性食品にも挙げられていた海藻。この中で特にお勧めしたいのがメカブともずくです。特にメカブに関しては体臭を抑える効果がテレビ番組で特集され、かなりの話題を呼びました。

効果を発揮するのはこれらに含まれている”ぬるぬる成分”のフコイダンとアルギン酸。フコイダンとアルギン酸には体臭の原因となるものをニオイ物質に排出する働きがあります。食物繊維と似た働きで腸内環境をも整えるため、体の中からきれいにしてくれる成分だと言えるでしょう。

きのこ類

海藻と同じくミネラルが豊富なきのこも体臭軽減に役立つアルカリ性食材。低カロリーでもあるのでぜひ積極的にメニューに取り入れましょう。特にシャンピニオン(マッシュルーム)は整腸作用が高く、体臭を和らげる働きが期待できます。

肝機能を高める食べ物

体内に取り込まれた有害な物質を無毒化したり体外に排出したりする役割を担っているのが肝臓です。肝臓は沈黙の臓器と呼ばれる通り、少々機能が低下してもほとんど自覚症状を感じることはありません。しかしそれが肝臓の酷使につながり、機能の低下を招くことも少なくないのです。

肝機能の衰えは体臭にも如実に反映されます。暴飲暴食は控え、肝機能をサポートする食材をバランスよく摂りましょう。
良質のたんぱく質が摂れる大豆製品、ビタミン・ミネラルが豊富な緑黄色野菜のほか、ぜひお勧めしたいのがシジミ。タウリンやオルニチンなどといった肝機能をサポートする成分を豊富に含んでいます。

食物繊維を多く含む食べ物

便秘を解消する作用にすぐれた食物繊維は、体内の有害物質を体外に排出するのに役立ちます。ニオイ物質そのものの排出に関わると同時に肝臓の働きをサポートすることにもなるので、不足することなく摂りたい成分です。

水分は控えないで

汗をかきたくないと思うばかりに水分の摂取を制限してはいませんか? しかしこれは逆効果。水分を摂らないことでニオイの原因物質が体外に排出されにくくなり、かえって体臭を強めてしまう可能性があります。

体温を調節し健康を維持するためには適正な量の汗をかくことは必要不可欠。水を飲むのを我慢して汗を減らそうとしても、その汗のニオイがきつくなってしまったのでは意味がありません。水分は必要な量を摂りましょう。

生活の中でのニオイ対策

この他にも普段の生活の範囲でできる体臭対策はたくさんあります。可能な範囲で取り入れてみましょう。

汗腺を鍛える

普段からエアコンの効いた室内にばかりいたり、運動の習慣が全くない生活をしていたりすると、汗腺はどんどんと衰えていきます。汗腺が衰えると、いざというときにかいた汗はドロドロとしたニオイの強いものになりがち。体臭がきつくなるのもさることながら、体温調節もうまくできないために気温の変化に対応しきれず、熱中症や夏バテを起こしやすい体質になってしまいます。

逆にほどよく汗をかく習慣のある方は、かく汗もさらさらでニオイはほとんどありません。汗が体のサーモスタットの役割をしてくれるので、夏バテにも負けない体に。そんな質の良い汗をかくためには普段からしっかりと汗腺を鍛えておく必要があります。

汗腺を鍛えるためには有酸素運動やヨガなどのようにじわっと、でもしっかりと汗をかける運動を行うのが効果的です。半身浴や岩盤浴を行ってもいいでしょう。慣れていないとなかなか良い汗はかけませんが、定期的に続けているうちにだんだんと汗腺が鍛えられ、質の良い汗がかけるようになります。

自律神経を整える

自律神経の乱れが異常な発汗をもたらすことは少なくありません。
自律神経を乱す原因には、

・血行不良や冷え
・生活リズムの乱れ、寝不足
・ストレス
・年齡による不調、ホルモンバランスの乱れ
・喫煙

などが考えられます。
冷えや喫煙が汗の量の増加に関係するのを不思議に思われるかもしれませんが、前者は体が体温を上昇させようとして、後者はニコチンが汗腺の働きを活発にすることで異常な発汗につながることがあるのです。

これらの原因に対処するのは簡単なことではありません。現代人の生活の中では精神的な緊張感が関わっていることが非常に多いため、休息をしっかりとり、できるだけリラックスする時間を見つけて心身を整えていきましょう。場合によっては無理せず専門医に相談することも重要です。

無理なダイエットをしない

肥満すると発汗量が増加し、体臭が強くなる原因になりやすいのですが、逆に急激なダイエットをするのも体臭を強める原因になります。いわゆるダイエット臭、ケトン臭と呼ばれる強いニオイで、汗を介して臭うほか、口臭として臭うこともあります。

このダイエット臭は体内のエネルギーが枯渇している状態に生じ、主に極端な食事制限によってダイエットした場合に起こります。食事制限をすると発汗量も少なくなるため、汗がドロドロとなって余計に体臭が強くなってしまうのです。

これを防ぐためは食事制限のみで痩せようとするのではなく、有酸素運動を組み合わせ、上手に汗をかきながらダイエットすることをお勧めします。

健康診断は定期的に受ける

体臭が強くなったりワキガが悪化したりする背景に、貧血や肝機能の低下など何らかの病気が隠れていることは少なくありません。健康診断は必ず定期的に受け、体調の変化に早めに対処するようにしましょう。

気にしすぎない

ここまでいろいろな対処法をご紹介してきましたが、実はニオイをあまり気にしすぎないことも大切です。汗をかきたくない!と思うことがかえってプレッシャーとなって、逆に発汗の原因になってしまうこともよくあるからです。

「汗のことは考えないようにする」「プレッシャーを感じないようにする」……そうは言っても、頭の中に浮かんだ考えを追い払うのはなかなか簡単なことではありませんね。それでもできるだけライトに考えるようにしてみてください。汗が気になり始めたら、腹式呼吸でゆっくり息を吐くのもいい方法です。

また、上でご紹介したことを実践しているうちに、徐々に何らかの成果を感じてくる方はきっと多いはずです。対策で得たプラス要素を、ぜひ自信につなげていきましょう。

ニオイがひどい場合は病院で治療を考える

現状、ワキガを根本的に治すための最も有効な手段は、手術によってアポクリン線を除去することです。しかし手術となればそれに伴うリスクや費用、ダウンタイムなどを考えて躊躇する方も少なくないでしょう。ここでは病院で受けられる様々な治療法を、手術を含めてご紹介します。

ワキガ治療は何科で受けられる?

本当にワキガなのかどうかを診断してもらったり、その後必要であれば治療を受けたりするには何科を受診したらいいのでしょうか。

ワキガ・多汗症専門を謳っているクリニックもありますが、数はそれほど多くありません。一般的には皮膚科や形成外科、美容外科・美容形成外科などで診てもらうということになるでしょう。

女性の方で陰部のワキガとも言えるスソガ(スソワキガ)、胸のワキガであるチチガについても一緒に相談したい場合には婦人科という選択肢もありますが、実際にスソガやチチガだと診断されてからの治療はやはり皮膚科や形成外科などで受けることになるのが一般的です。

皮膚科

まず本当にワキガなのかどうなのかがはっきりしていない場合にお勧めしたいのが皮膚科の受診です。自身でワキガだと思っていても実際にそうではないケースは少なくありません。問診や脇に挟んだガーゼのニオイを確認するなどして、ワキガであるか否か、もしワキガであれば程度はどのくらいなのかを調べます。

皮膚科で行われる治療は抗コリン剤などの飲み薬や塩化アルミニウムなどの塗り薬、薬用石鹸などの処方によって「発汗を抑える」「消毒殺菌する」といったことが中心となります。

食事指導なども受けられるので、ワキガが疑われる子供さんの受診も勧められます。

ワキガの状態が軽ければ、皮膚科での治療でも十分に対処できます。リスクや体への負担が比較的小さい治療法が中心であること、正しい対処への足がかりとなりやすいこと、多くの治療法で保険の適用が受けられることなどが良い点です。

重度のワキガであれば手術という選択になることもあるでしょう。その皮膚科で対応できなければ形成外科や美容外科などに紹介状を書いてもらうことができます。まずは本当に手術が必要なのか、皮膚科でよく相談してみましょう。

形成外科

形成外科で行われるのは皮膚科で受けられるような温存療法ではなく、手術による治療が中心になります。ここでは形成外科でよく行われる手術をご紹介します。

剪除法(せんじょほう)

現在ワキガの治療として一般的に行われている手術がこの剪除法です。執刀医が自分の目で確認しながら脇のアポクリン腺と皮脂腺を取り除いていくというもので、手術には2時間程度を要します。

術後は患部をしっかりと固定した状態で過ごします。数日間は毎日通院し、一週間程度で抜糸という流れですが、医療機関によっては入院を勧めるところもあります。いずれにしても、両脇を手術した場合には1週間程度は仕事や学校を休むことになるでしょう。

この剪除法は保険の適用となります。両脇の手術なら5万円程度(入院する場合はこれにプラスして入院費)。傷跡は3~5cm程度のものが1~2本残ります。しばらくすると目立たなくはなってきますが、脇毛を処理する女性の場合は気になってしまうかもしれません。

切除法

切除法は剪除法が主流となる前によく行われていた方法です。文字通り脇のムダ毛が生えている部分の皮膚をアポクリン腺ごと切除するもの。切り取る箇所が大きいだけあって確実性は高く、保険も適用されるのですが、体への負担や残る傷跡は決して小さなものではありません。場合によっては運動障害が残ってしまうこともあります。

術後は患部をしっかりと固定しなければならず、1週間程度の入院が必要となります。抜糸後もトラブルが起こる可能性があり、あまりお勧めはできない方法です。

美容外科・美容形成外科

美容外科や美容形成外科でもワキガや多汗症の治療を受けることができます。美容面を重視しているだけあって術後の傷跡についても十分考えられているのは女性にとって大きなメリットでしょう。ただしこちらでは保険の適用とはならない治療方法が多く取り入れられているため、治療費が高価になりがちです。事前のカウンセリングなどでよく相談して、納得のできる治療法を選択するようにしてください。

ボトックス注射

プチ整形でよく使用されるボトックス注射は脇汗を止めるのにも有効です。神経伝達物質であるアセチルコリンの働きを抑制することで発汗を抑えます。手術ではないので短時間で済み、傷跡は残りません。ダウンタイムもなく、注射を受けた後すぐに帰宅することができます。1度のボトックス注射によって効果は半年程度続きます。

ボトックス注射は医療機関の判断によって保険の適用となるケースとならないケースがあります。保険が利けば1回につき3万円前後、適用されなければ8~10万円程度の料金となるでしょう。保険適用外の場合には麻酔をした上で注射を受けることもできます。

電気凝固法

電気凝固法は針による脱毛方法を応用した手法です。局所麻酔をした状態で脇に針を刺し、電気によってアポクリン腺を凝固させて発汗させないようにします。メスを入れないので傷が残らないため、手術をするのは抵抗がある方に喜ばれています。しかし電気凝固法は軽度のワキガの方に向く方法で、重度の方にはほとんど効果がないと言われています。

治療は30分程度で終わり、ダウンタイムはありません。ただ、数回~6回程度の治療が必要。保険の適用外なので費用は25~40万円ほどとなります。

吸引法

脇の下を1~2センチ程度切開してアポクリン腺を吸い出す方法です。剪除法と比較して切る部位が小さいため、負担が小さく、両脇を手術しても1時間もかかりません。この吸引法を改良した超音波吸引法も行われています。

吸引法は軽度のワキガに適した方法で、重度の方には向きません。またアポクリン腺をすべてきれいに取り除くことは困難で、取り残しが生じることもよくあるため、吸引法は勧めないという医師の声もよく聞かれます。

吸引法は保険の適用外のため、費用は25~30万円ほどかかります。

ミラドライ

電磁波を照射して汗腺を破壊する方法で、マイクロウエーブ法とも言われる手法です。メスを入れないために傷跡が残らず、体への負担も少ない最新の治療法です。ミラドライは保険の適用とならず、両脇で35~50万円程度とワキガの治療法では高い部類に入ります。

ミラドライは軽度~中度の方に適しており、重度のワキガにはあまり効果がないという声も少なくないようです。

手術は最良の治療法?

完治を目指すのなら現状としては手術のみがワキガの治療法だと言えますが、思い切って手術を受けても100%完治するわけではないのが考えどころです。執刀医の技量次第ではアポクリン腺が残ってしまうケースがあるからです。それでもニオイはかなり緩和されますが、場合によってはワキガが再発するケースもあります。

それでも精神的な苦痛が大きい場合や治療を急ぐ場合には手術はきわめて有効な手段だと言えるでしょう。

当然のことながら自臭症のように実際にはニオイがない、もしくはあっても非常に少ない場合には、せっかく手術を受けても大きな効果は期待できないと言えます。自臭症の場合には多汗症同様、ボトックス注射が大きな成果を上げることが多いようです。

このように、ワキガの治療法にはいろいろな方法があります。担当医とよく相談して、予算やニーズに最も合った方法を選ぶようにしましょう。

脇のニオイ対策ソープ「クリアネオパール」を買ってみた

004wakikusai
脇のニオイが気になるのならお風呂で使うソープもニオイ対策用のものに切り替えてみましょう。通常の石鹸やボディソープでは皮脂やアポクリン腺からの汗が十分に取り切れない場合も多いからです。またソープひとつで洗浄から消臭、殺菌効果までがカバーできれば対策の手順としても効率的ですね。

今回購入したのはニオイ対策ソープとして人気の高い「クリアネオパール」という液体状のボディソープです。ニオイ対策ができるだけでなく、古い角質や毛穴汚れをスッキリ落としてくれる洗浄力の高さも魅力。その特徴を見てみましょう。

クリアネオパールの特徴

洗浄成分

殺菌と消臭のためには確かな洗浄成分が必要不可欠です。クリアネオパールには次の5つの洗浄成分が配合されています。

カリ石鹸素地・ラウラミドプロピルアミンオキシド・コカミドDEA・ラウロイルアスパラギン酸Na・ジステアリン酸PEG-150

保湿成分

肌が乾燥すると皮脂が過剰に分泌されてしまうので、しっかりと保湿することも大切。クリアネオパールには植物性保湿成分が10種類、他の保湿成分が14種類も配合されていて、お風呂上がりの保湿ケアを不要にしています。

植物性保湿成分

シロキクラゲ多糖体、米ぬかエキス、ハトムギ種子エキス、なた豆種子エキス、キュウリ果実エキス、カニナバラ果実エキス、ダイズ種子エキス、アロエフェロックス葉エキス、クマザサエキス、スイゼンジノリ多糖体

その他の主な保湿成分

ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、プラセンタエキス、セラミドNP、セラミドNG、セラミドEOP、セラミドAP、セラミド5

美容成分

その他にも美肌をつくる成分やオーガニック成分が贅沢に配合されています。

チャ葉エキス、マグワ根皮エキス、ビルベリー葉エキス、シャクヤク根エキス、ビタミンC、アスタキサンチン、アルブチン、ローズマリー葉エキス、ラベンダー花エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、セイヨウハッカ葉エキス

6つのフリー

いくら優秀な消臭力、洗浄力があっても肌に負担がかかるのでは問題ですが、クリアネオパールはその点もよく考えられており、

・無着色
・無鉱物油
・石油系界面活性剤不使用
・紫外線吸収剤不使用
・パラベン不使用
・ノンシリコン

の6つのフリーを実現しています。
化学成分で肌荒れしやすい方も安心して試してみることができそうですね。成分内容を確認したところで、では早速注文してみましょう!

クリアネオパールを購入!お試しレポート

注文した翌々日に到着しました。箱には商品名などの記載は一切ありません。送り主も「ソーシャルテック」という会社名で、何が送られてきたのかわかりにくくなっています。ご家族には内緒にしたい方も安心して注文することができます。
クリアネオパールが到着

段ボール箱の中身はボディソープ1本と定期購入申し込みでもらえるつめかえ用ボトル、パンフレット数枚といたってシンプルなものでした。ちなみに定期購入は1ヶ月毎に商品が送られてくるもので、1本ずつの定期便なら商品は500円引、2本ずつなら1,570円引+送料無料になります。回数縛りはないので、安心して試すことができます。
002wakikusai
003wakikusai

これがクリアネオパール「350mL入り」です。
クリアネオパール「350mL入り」

いただいたつめかえ用ボトルに中身を入れてみました。ボトルは無地で何も書かれていないのがいいですね。見た目はごく普通のボディソープと変わりありません。
005wakikusai

公式サイトではボディソープの色を「淡いピンク」と表現されていましたが、ゴールドに近いきれいな色です。この色は豊かな抗酸化作用とアンチエイジング効果で知られるアスタキサンチンの天然色素とのこと。

では早速使用してみます。手のひらに出して泡立ててみました。
006wakikusai

泡立ちはまずまずといったところでしょうか。よく泡が立つというよりはクリーミーで濃厚な感じの泡です。

香りは洗いたての洗濯物のようですが、どこか消毒薬っぽいニオイも混じっていて、清潔感のある香りです。筆者は個人的にかなり気に入りました。

洗い上がりはしっとりしています。悪く言えば泡切れが良くないのですが、その分保湿力が高いようで、お風呂から出た後も乾燥やつっぱりを感じません。

実際に使用してみて驚いたのは、このボディソープを使って体を洗うと清潔感のある香りが長く続くということです。夏場、夜に使用して朝起きたときにも香りは持続していました。朝シャワーをしたときに再度使えば、汗臭さとは対極にある爽やかな香りが1日続きます。

定期購入の解約について

先ほども少し触れましたが、クリアネオパールの定期購入には回数の縛りがありません。実際に試してみて、「肌に合わなかった」「他の商品も試してみたい」「余ってしまったので一旦休止したい」という方もきっといらっしゃることでしょう。

定期購入の中止などは電話で受けつけてもらえます。マイページから進める「よくあるご質問」にも記載されていますが、次回定期便到着日の10日前までに指定のフリーダイヤルで申し込みます。商品に同梱されているパンフレットの中に、コールセンターの空いている曜日や時間帯が記載されているものが含まれていましたが、こうしたお知らせはかなり良心的だと言えるのではないでしょうか。

※到着日の変更であれば電話のほかメールでの連絡でも可能です。

ミョウバン水を手作りしてみた

天然のもの、家庭にあるもので費用をかけずにニオイ対策をする方法もあります。多くのニオイ対策商品にも配合されている「ミョウバン」を使う方法です。ミョウバンには汗を抑制する収れん作用や殺菌作用、消臭作用などがあることから、古代より脇のニオイ対策に広く利用されてきました。家庭でも調理などに使用されることが多く、安価で入手することができます。

今回は市販の焼ミョウバンを使い、スプレー状にして使えるミョウバン水を手作りしてみます。

ミョウバン水づくりに用意するもの

ミョウバン水づくりに用意するもの

・ミョウバン 小さじ2(スーパーなどで手に入る焼ミョウバンでOKです。100円ほど)
・水道水 300mL
・空いたペットボトル 1本(事前に中をよく洗っておきます)
・スプレー容器 100mL入り1本(100円ショップなどで購入できます)
・計量カップ、スプーン

以上の材料でミョウバン水の原液を300mL程度作ることができます。

ミョウバン水の作り方

ミョウバン水の原液を作る

まずはミョウバン水のもととなる「原液」を作ります。

<原液のつくり方>
1.ペットボトルに水道水を300mL入れます。
2.ミョウバン小さじ2杯を量り、これを1に入れます。
008wakikusai
3.キャップを閉めてよく振ります。
009wakikusai
ミョウバンは水に溶けにくいので、最初のうちはよく混ざりません。写真のようにミョウバンが浮いた形になっています。
4.ミョウバンが溶けるまで時々ペットボトルを振りながら常温で置いておきます。
5.3から半日ほど経ちました。このようにミョウバンが完全に溶けて水が透明になったらミョウバン原液の出来上がりです。

ミョウバン水の原液
気温など環境によっては、完全に溶け切るまでに2~3日を要することもあります。

※ミョウバン原液は1年以上は持つとの説もありますが、今回は肌に使用する目的で作っていますので、冷暗所か冷蔵庫に保存して約1ヶ月ほどで使い切ることをお勧めします。

塩素が含まれていないミネラルウォーターなどで作ると腐敗しやすくなりますので、必ず水道水で作りましょう。

原液を薄め「ミョウバン水」を作る

実際にミョウバン水として使用する際には、この原液を10倍程度に薄めて使います。

6.スプレーボトルに水道水90mLとミョウバン水原液10mLを入れ、よく振ります。
脇のニオイケアに使えるミョウバン水スプレーの出来上がりです!

ミョウバン水出来上がり

※女子リキの他の美容ライターさんもミョウバン水を作っています。

ミョウバン水を実際に使ってみた

気になったときにシュッと吹きかけるだけでケアのできるミョウバン水スプレーはなかなかの優れもの。つけた箇所はびっくりするくらいつるつる、手触りが良くなります。これはなかなか気持ちがいいですね。発汗もいい具合に抑えられるので、爽やかな状態が長く続きます。

筆者は脇汗が気になったとき、コットンにミョウバン水を含ませて拭き取りにも使ってみました。これも爽やかな使いごこちですね。その上からさらにスプレーをシュッと吹きかけるとニオイ対策は万全です!

このミョウバン水は脇だけでなく足の臭い対策にも使えます。自然のものなので比較的肌にはやさしいのですが、体質によっては肌荒れを起こすことも考えられます。まずは規定量より薄いものから始め、様子を見ながら使用するようにしてください。

脇のニオイ対策「ノアンデ」を買ってみた

次に試してみたのは脇のニオイ対策の定番、ワキガクリームと呼ばれるものです。中でも最も人気の高い「ノアンデ」というクリームを購入してみることにしました。
015wakikusai

ノアンデ アドバンスド トランスパの特徴

ノアンデ アドバンスド トランスパは以前の商品をリニューアルし、有効成分を大幅強化した商品です。その内容を見てみましょう。

制汗・殺菌成分

脇のニオイを抑えるには「汗を抑える」「雑菌の繁殖を抑える」の2つの効果が必要なのですが、ノアンデには汗を抑制する成分としてフェノールスルホン酸亜鉛(パラフェノールスルホン酸亜鉛)が、雑菌の繁殖を抑制する成分としてシメン-5-オール(イソプロピルメチルフェノール)が配合されています。公式サイトによると「殺菌率100%」とあり、商品への自信の高さが伺えます。

ニオイケア”透臭”をサポートする成分

植物系のケア成分として、

柿タンニン、シャクヤクエキス、茶エキス-1、ハマメリスエキス、グリチルリチン酸2K(甘草)、オトギリソウエキス、アロエエキス-1

が配合されています。

肌にやさしい天然由来成分

古代より親しまれている天然由来成分を中心に、肌を整える成分が贅沢に配合されています。

ワレモコウエキス、アルニカエキス、ローズマリーエキス、セイヨウキダチエキス、ヨクイニンエキス、アーティチョークエキス、スターフルーツ葉エキス、マロニエエキス、ヒメフウロエキス、プラセンタエキス、ブドウ葉エキス、セイヨウナシ果汁発酵液

無添加処方

どれだけ贅沢な成分を揃えても肌に刺激が強いのでは意味がありません。ノアンデはデリケートな思春期の肌にも使用できるよう、香料、着色料、鉱物油、パラベン、石油系界面活性剤、タール系色素、紫外線吸収剤、動物性原料は全て無添加の処方となっています。

ノアンデの内容を確認したところで、早速商品の方を注文してみましょう。

ノアンデを注文しました

ノアンデが到着

注文した翌々日には到着しました。商品名などは箱に記載されていないので、ニオイ用のケア商品だとは誰にも気づかれず受け取ることができます。
013wakikusai
014wakikusai

箱の中身は「ノアンデ アドバンスド トランスパ(今回注文したクリーム)」と定期コース限定でついてくるオマケの「ノアンデ クリア ピール モイスト(ピーリングジェル)」、少量のパンフレットです。こちらも定期コースは回数縛りがありません。しかも定期コースなら無期限の全額永久返金保証付き! 安心してお試しすることができるのは嬉しいですね。
015wakikusai

商品を箱から出したところです。ちなみにいただいたピーリングジェル、おまけと言っても本製品です。週に1回ずつ使って3ヶ月分あります。……はっきり言ってすごいサービスです。儲けはあるかと心配になってしまうくらいです。もちろんそれほどの自信作なのだとは思いますが。

ノアンデ アドバンスド トランスパ使用レポート

ではまずはノアンデ アドバンスド トランスパのレポートです。
手のひらサイズのとてもシンプルなデザイン。一見美容液のような感じなので、これなら持ち歩きやすいですね。
ノアンデ アドバンスド トランスパで脇の臭い対策

手の甲にワンプッシュ出してみました。
017wakikusai

朝のケアは片脇に2プッシュ。夜のケアなら1プッシュが通常量です。
ゆるめのさらっとしたクリーム状で、ニオイは特に感じられません。伸びが良く、塗った後はしっとり。しばらくするとさらさらになります。クリームにありがちな嫌なベタつきがないのがいいですね。

朝に使って半日過ごしてみましたが、夜まで何かしらのニオイが気になることはありませんでした。この使用感のなさが最も良い点だと言えるのではないでしょうか。筆者は敏感肌なのですが、刺激を感じることもなく1日を爽やかに過ごすことができました。

ノアンデ クリア ピール モイスト

せっかくなのでピーリングジェルの方もレポートしてみましょう!
ノアンデ クリア ピール モイストで脇の臭い対策
ノアンデ クリア ピール モイストはニオイの原因となる汚れや角質をスッキリ落としてくれるスペシャルケア製品。ターンオーバーを正常化する働きも期待できるので、ニオイを発生させにくい土台作りにも役立ちます。有効成分はプラセンタエキス、ヒアルロン酸、果実エキスなど。美容成分がたっぷりと含まれています。週に1度、ノアンデのクリームを塗る前に使うと、成分の浸透もより良くなるとのこと。
019wakikusai

手の甲に出してみると、みずみずしくややゆるめのジェルです。これをそのまま延ばしてみると……
020wakikusai

それだけでカスのようなものが出てきました。これをきれいに拭き取るか、水(またはお湯)で洗い流します。
021wakikusai

なんとつけた部分のキメが消えた……! 確かに肌に透明感が出るのは間違いありませんね。使った部分はまさにスベッスベになります。汚れが落ちるという点もさることながら、肌の状態が悪いと雑菌が繁殖しやすいので、これは脇ケアにとって心強い商品となってくれそうです。

定期購入の変更、解約について

この商品も定期購入の縛りがないため気軽に試しやすくなっています。次回お届け日の10日前までに連絡すれば変更や解約に対応してもらえるのですが、電話だけでなくネットでの受付も可能です。

2~3ヶ月おきの配送への変更も可能ですし、配送時に電話連絡が欲しいなどの依頼にも応えてもらえるとのこと。柔軟な対応が好印象です。

脇のニオイに関するQ&A

脇のニオイやその対策について、よくある質問とその答えをまとめました。

脇脱毛すると脇汗が増えるって本当?

脇を脱毛するのはニオイ対策にはとても効果的な方法です。脇毛があることで汗をかきやすくなる、ニオイがこもりやすくなる、ケアが面倒という3つのポイントを一度に解決することができるからです。

ところが、せっかく脇脱毛をしたのに、脱毛する前よりも脇汗が増えてしまったという声が時折聞かれます。実際にそんなことが起こりうるのでしょうか。

今のところ、脇脱毛が脇汗を増やす原因となる根拠を示すものは何も見つかっていません。「脱毛が汗腺を刺激する」とまことしやかに語られることもありますが、因果関係は「ない」というのが実際のところなのです。それでも脇を脱毛してから汗が増えたという人がいるのも本当のことです。それにはこの2つの原因が考えられています。

1. 汗の量はこれまでと変わらないが、脇毛がなくなったぶん、汗が流れるのがわかりやすくなったから

2. 脱毛したことで脇により意識が向くようになったから

「1」は脇毛がなくなったことで肌に直接汗が伝う感覚がわかりやすくなり、汗が増えたと錯覚してしまうケースです。これまで脇毛の部分で留まっていた汗が、そのまま衣服の脇の部分を濡らすこともあるので、前よりずいぶん汗をかくようになってしまったと見えてしまうんですね。

この場合には制汗剤や、発汗がより多いと感じるなら脇汗パッドなどで対応するのが最も簡単でしょう。少なくとも脇毛があるときよりは清潔を保ちやすくなるので、ニオイへの対処もしやすいはずです。

「2」はちょっと厄介なケースです。単に意識が向くだけならいいのですが、汗を意識するあまりそれが緊張感となり、実際に発汗を増やしてしまうケースもあるからです。

発汗に精神的な理由がある場合にはニオイが強くなる傾向もあるので、より丁寧なケアが求められます。脇汗パッドや消臭・殺菌クリームを使用するなどして汗とニオイ両面から対策していきましょう。汗が増えるという感覚は脱毛後一時的なものであることが多いため、しばらくすると症状が治まることが少なくないでしょう。

片脇だけが臭う、またはより強く臭うことはある?

ワキガというと一般的には両脇に症状が現れることが多いのですが、片方だけというケースも実際には少なくありません。これはワキガ治療の料金を見てみても、片脇につきいくら、両脇だと割引といった体系になっているところが多いことからもわかります。

両方の臭いに差がある場合には利き腕のほうが重度であることが多いものです。利き腕のほうが動きが大きいために汗をかきやすかったり、アポクリン腺が発達して臭いが出やすかったりするため、より多く汗をかきやすいことがその理由であると考えられています。

脇以外のところが臭いような気がするのですが

ニオイのある汗はアポクリン腺から分泌されます。アポクリン腺が最も多く存在し、活発に活動しているのは脇ですが、胸や陰部にもアポクリン腺があり、ニオイの原因となることがあります。それぞれをチチガ、スソガ(すそわきが)と呼んでいます。

しかし、例えば脇腹やお腹あたりから臭いが発生しているように感じることもあります。その場合には脇汗が流れて別の部位で雑菌が繁殖していたり、衣服を介して臭いが発散していたりすることが考えられます。ニオイ対策には流れた汗への対応や衣服選びも重要だということがわかります。

洗いすぎると余計にニオイが酷くなるって本当?

ニオイ対策には清潔にすることが一番です。でも、実は洗いすぎるとニオイが悪化するケースもある……!? 清潔にしようと頑張ったことが逆効果になるとしたらショックですが、果たしてそんなことがあるのでしょうか?

これは本当です。その原因は、洗いすぎることによって、本来肌に必要なはずの皮脂や善玉の常在菌まで失われてしまうところにあります。

皮脂は肌に適度な潤いを与え、ガードする役割を担っています。洗いすぎて皮脂がなくなってしまうと肌は無防備な状態になるので、それを防ごうと皮脂腺はより多くの皮脂を分泌しようとします。

また善玉の常在菌である表皮ブドウ球菌は、ニオイのもととなる雑菌を分解することで肌を健やかに保つ役割を担っています。洗いすぎによってこの菌がいなくなってしまったらまさに雑菌の天下! そして皮脂と雑菌とが合わさり、嫌なニオイへと発展してしまうというわけです。

ゴシゴシと強く擦って洗った場合にもこれと似たようなことが起こります。肌に負担のかかる洗い方をするのがニオイにとっても一番良くないんですね。脇を洗うときには洗浄料をよく泡立てて、やさしく洗いましょう。時間は1分ほどで十分です。

脇のニオイは遺伝する?

脇のニオイの原因がワキガであるのなら遺伝します。ワキガは優性遺伝であるため、片方の親がワキガであれば50%以上、両方がワキガであれば80%以上の確率で子供はワキガ体質になります。しかし同じ「ワキガ体質」であってもニオイが強く出るケース、非常に少ないケースとまちまちです。この点まで考えるとするなら、遺伝する部分としない部分があるというのが正確な答えとなるでしょう。

もうひとつ考えておくべきなのが、脇のニオイの原因が全てワキガにあるわけではないということです。体調が原因であるケースや食事や生活習慣が汗のニオイを強くしているケースも少なくないのです。つまりこの場合には遺伝ではなく、後天的なところに原因があると言えるわけですね。

脇のニオイはうつるの?

先ほどもお伝えしたように、ワキガは遺伝で決まるため、うつるということはありません。ワキガ以外に原因がある場合についても、これは同じです。

でも、中には「服の貸し借りをしたら脇が臭うようになった気がする。これはうつったのでは?」という方もいらっしゃるかもしれません。その場合には汗のニオイが繊維にしみつき、実際には服が臭っているケースがほとんどです。

アポクリン腺から出た汗には脂質やたんぱく質、ミネラル成分が多く含まれていますし、時間が経っていれば雑菌が繁殖していることも考えられます。一般的な洗剤では落としきれないことも、どうしても起こってきがちなのです。

衣類のニオイを落としたい!

先ほどもご紹介したように、布はニオイの発生源になりやすく、体ではなく実は衣類が臭っていたということは少なくありません。衣類のニオイ対策には次のような方法があります。

漂白剤を使って洗濯する

通常よりも少し長めの時間で漂白剤を使用して洗濯します。脇部分に汗ジミができているときには特に効果的です。ただ、長い時間つけ置きすると生地を傷めますし、衣類によっては漂白剤が使えないものもあります。

重曹を使って洗う

次項でもご説明しますが、重曹を入れたぬるま湯に1晩つけ置いてから洗濯することでニオイや黄ばみを落とすことができます。ニオイの強い場合には漂白剤との合わせ技がより効果的です。この場合の漂白剤は酸素系漂白剤をご使用ください。

煮洗いする

ホーローやステンレスの大きな鍋で20~30分ほど煮立てて洗います。洗剤は合成洗剤ではなく、粉石鹸が適しています。
煮洗いすると生地が縮んだり傷んだりすることもあるので、それでも問題のない衣類でお試しください。木綿、麻以外の生地は煮洗いには向かないので、別の方法を選びましょう。

クリーニングの汗抜きコースを利用する

通常のドライクリーニングではワキガのニオイは残ってしまいます。クリーニングなら汗抜きコースを利用しましょう。

着る前に衣類用の消臭スプレーを振っておく

肌着やシャツは洗濯しやすいですが、スーツや制服、おしゃれ着のように洗濯しにくい衣類も多く存在しています。そのような場合にお勧めしたいのが衣類につけるワキガ用の消臭スプレーです。着る前につけておけばしっかり消臭してくれますし、洗濯する際にもニオイが落ちやすくなります。ヌーラビオ、ヌーラ、イオンクリアなどといった商品が有名です。

汗のニオイや軽いワキガならファブリーズ、リセッシュといった市販の除菌スプレーでもある程度の効果が期待できますが、こちらは一時しのぎのニオイ対策と考えたほうが良さそうです。除菌スプレーをお使いになる場合には、香料の入ったものはニオイが混じって悪臭になりかねないため、無香料のものを選ぶようにしてください。

重曹も脇のニオイ対策に効果的?

料理に使用されるほか、掃除や洗濯など、家庭においてもマルチな活躍をしてくれる重曹。重曹は弱アルカリ性で、酸性のものに対して洗浄・殺菌、脱臭作用、中和などの作用があります。これらの働きを脇のニオイ対策にも活用することができます。重曹は天然にも存在する成分ですので、人体や環境へのやさしさが魅力です。

重曹には純度の高いものから医療用、食用、工業用があります。肌のケアに使うのなら医療用、食用が適していますので、コストを考えるのなら手頃な食用を選ぶといいでしょう。洗濯に使用する場合には工業用で問題ありません。

ただし肌の状態によっては重曹でもアレルギーや肌荒れなどが起こる可能性があります。最初は濃度の薄いものから試し、何らかの異常が見られたら使用をストップしてください。

消臭スプレーを作る

水道水100mLと重曹小さじ1杯をスプレーボトルに入れ、よく混ぜます。これで簡単消臭スプレーの出来上がりです。清潔で乾いた脇部分に直接スプレーして使いましょう。携帯しやすい小さなボトルに入れておけば、外出先でも使えます。汗が気になったときに脇にさっと振りかけ、ティッシュなどで拭き取るといいでしょう。

入浴剤として使う

元々温泉の湯や入浴剤の中には重曹(炭酸水素ナトリウム)が入っているものもあります。重曹の入った入浴剤を探しても良いのですが、重曹をそのままお風呂のお湯に入れるともっと経済的です。重曹の量は大さじ2杯ほどでいいでしょう。体臭対策の他、肌の汚れを落とす働きも期待できます。湯上がりはさっぱりとしています。

洗剤として使用する

衣類を洗濯する際に重曹を使用するとニオイや黄ばみを落とすことができます。効果的な3つの方法をご紹介します。つけ置き洗いや漂白剤の使用のできないデリケートな衣類には向きませんので、洗う前にラベル等を十分に確認してください。

・粉石鹸に重曹をプラスして手軽に
手軽に使いたい場合には洗濯用粉石鹸を通常量の半分、それと同じ量の重曹をぬるま湯に溶かしていつものように洗濯します。重曹は冷たい水には溶けにくいので、必ずぬるま湯をお使いください。お風呂の残り湯でももちろんOKです。

・重曹でつけ置き洗い
ニオイの強い場合や汚れがひどい場合にはつけ置き洗いが効果的です。タライにぬるま湯適量と大さじ一杯の重曹を入れ、よく溶かします。洗濯物を1時間~一晩ほどつけ置き、気になる箇所を手洗いします。その後、通常通りに洗濯します。

・酸素系漂白剤と重曹で強力に
さらなる効果を期待したい場合にお勧めの方法です。酸素系液体漂白剤と重曹を1:1の量で小皿などに取り、ペースト状になるように混ぜます。これをぬるま湯に溶かして30分ほどつけ置き、その後通常通りに洗濯します。

馬油が効果的って本当?

馬のたてがみからなど採れる馬油が今再注目されています。馬油の特徴は何と言っても保湿力の高さと血行促進作用。スキンケア、ヘアケアから怪我した部分の治療まで、幅広い活躍をしてくれます。馬油は人間の皮脂に非常に近く、肌に浸透しやすいことから油焼けのリスクがないのも良いところです。

そんな馬油が脇のニオイ対策にも効果を発揮するという噂がありますが、これは本当なのでしょうか。

馬油には次のような働きが期待できます。

・抗酸化作用
・殺菌
・保湿

これらはそれぞれ「汗や皮脂の酸化を防ぐ」「汗をかいた後の雑菌の繁殖を防ぐ」「過剰な皮脂の分泌を防ぐ」といった効果につながります。全て脇のニオイの発生を予防する働きですね。

また、馬油を脇に塗ることで一時的に汗腺を塞ぐ作用があることも考えられます。こうした理由から、馬油が脇のニオイに効果的であるのは本当のことだと言えるのです。

とはいえ馬油は油の一種です。塗ったままの状態で長く放置していると、かえって脇のニオイを強める原因にもなりかねません。馬油の効果はあくまでも一時的かつ限定的なものであることを認識した上で使うようにしてください。

オロナインが効果的って本当?

家庭で起こる小さな傷などに広く効果を発揮するとして昔から親しまれているオロナイン。少なくとも効能には「消臭」の文字は見当たらないようですが、そもそも成分的にはどのようなものが配合されているのでしょうか。

オロナインの公式サイトによると、有効成分は「クロルヘキシジングルコン酸塩液」。これには殺菌、消毒の効果があります。そして添加物に「硫酸Al/K」とありますが、これはミョウバンのこと。

上でもご紹介したように、ミョウバンには収れん作用があり、発汗作用を抑える働きと殺菌作用が期待できます。この他にもオリーブオイルやミツロウ、ワセリンなどといった保湿性の高い成分が配合されています。

これらのことから、確かにオロナインは脇のニオイ対策に役立つと言えるでしょう。ただしミョウバンの配合量はわずかですし、効果はかなり限定的なものであると考えられます。なによりオロナインを塗るとベタついてしまいますし、オロナインにはオロナイン独特のニオイがあります。これがワキガのニオイと混じるとむしろ悪臭になる可能性もあります。

よってオロナインは脇に塗るのには向きません。同じようにクリームを塗るのなら、やはり専用の殺菌・消臭クリームを選ぶことをお勧めします。

<おわりに>
今回は脇のニオイ対策について広く深く掘り下げてみました。体臭は誰にでもあるのにもかかわらず、日本ではニオイに関する悩みは大きなものになりがちです。

ご紹介した情報の中には状態により効果が見られないもの、成果が出るまでに時間がかかるものも混じっていますが、ぜひいろいいろ試して自分に合う方法を見つけてみてください。複数の対策を組み合わせることでニオイはかなり抑えられるはずです。

また、もしも重度のワキガであっても、手術を受ければ完治するものであることをぜひ知ってください。どうかひとりで悩むことなく、まずは専門医に相談してみてくださいね。

スポンサードリンク

PAGETOP