セラミド原液口コミ【効果・使い方】化粧水を作ってみた

セラミド原液口コミ【効果・使い方】化粧水を作ってみた
セラミドの原液の使い方を解説。セラミドの原液の効果を手作り化粧水、美容液を作って試したみましたので是非ご覧ください。

スポンサードリンク

 


もくじ

 

セラミドの原液の使い方 実際に買ってみた

セラミドの原液とは?

「セラミド原液」と聞くと、セラミド100%の、とても効果の高い液体のような気がしますね。しかし、実は、その成分表示を見てみると、ほとんどが水と防腐剤で作られているのです。

「原液」なのにどうして?と思いますね。それは、化粧品を作るメーカーの言う「原液」と、私たちが一般的に考える「原液」の認識に違いがあるからです。

一般的な考えに基づくと、純粋で100%のものを「原液」と言いたくなりますね。

しかし、化粧品を作る原料メーカーでは、原料となる成分をどれだけ薄めても、工場で加工する前の状態であれば、水などとの配合比率に関係なく、それを「原液」と呼ぶことを許されているのです。

そのため、水と防腐剤がほとんどで、セラミド等の有効成分が1%しか含まれていない状態でも、加工前であればそれは、「セラミド原液」となってしまうのです。

つまり、同じ「セラミド原液」でも、その商品によって、濃度も使用感も効果もまるで違ってくるということです。

更に、セラミドにもいくつか種類があるため、どのセラミドが配合されているかによっても、効果は違ってきます。

どうせ買うなら、安全で効果の高い原液を選びたいですね。

スポンサードリンク

 

マンデイムーンの米セラミドとラクト―セラミド

そこで、安全性の高いセラミド原液を探した結果、マンデイムーンというお店にたどり着きました。

マンデイムーンというのは、手作り化粧品を取り扱っているネットショップです。化粧品を作るのに必要な様々な原料を販売していて、独自の化粧品レシピ等も公開しているので、手作りコスメに興味がある方にとても便利なお店となっています。

自分で作れば、安心で安全な無添加セラミド化粧品にすることが出来るので、嬉しいですね。

このマンデイムーンさんでは、コスメ原料として以下の2種類のセラミドを販売しているのです。

・米セラミド
・ラクト―セラミド

米セラミドというのは、米由来の天然セラミドで、植物性ではありますが、人間のセラミドと構造が似ているため、肌に馴染みやすく浸透しやすくなっています。

米セラミドは元々、アトピー肌の改善の為に作られた成分であるため、保湿力も高く、肌につけると潤いが長時間持続するでしょう。

また、マンデイムーンで扱っている米セラミドは、粉末状で、セラミドそのものが水などで薄められることなく、純粋な状態のまま販売されているのです。

つまり、他で売られている原液ではなく、原液の元となる原料そのものということです。水が含まれていないため、水が腐敗するのを防ぐための防腐剤も入っていません。

100%安全なセラミドと言えますね。

ただし、何度も言うようですが、植物性です。人間の持つ本来のセラミドや、馬などから抽出される動物性の天然セラミドに比べると効果は若干劣ってしまいます。

一方、ラクト―セラミドは、液状になっているので、元々粉末状の原料であるセラミドを水で溶かしたものになります。セラミドのほかに、保湿効果の高いグリセリンや、水が腐敗するのを防ぐための殺菌作用のある成分も含まれています。

そのため、米セラミドと比較すると、安全性の面で劣るようにも感じられますが、ここで使われているのは、セラミド3と呼ばれている天然のセラミド(※セラミドの種類については「セラミド配合化粧品の選び方」で詳しくお話します)になります。

今回は、セラミド3の効果を試してみたかったため、米セラミドではなく、ラクト―セラミドを購入してみました。

マンデイムーンのラクトーセラミド原液を買いました

ラクトーセラミド原液

単品で見るとサイズがわからないかもしれませんが、3mlのため、ラクトーセラミド原液を手で持ってみるとこんなにコンパクトなサイズになっています。
セラミド原液を手で持った写真

天然のセラミドは水にも油にも溶けにくく、化粧水に配合しづらいと言われています。しかし、マンデイムーンのラクト―セラミドは、乳液やクリームはもちろんのこと、水溶性の化粧水やローションなどにも混ぜる事が出来るのです。

なぜでしょう?

それは、ラクトーセラミドがリポソームというカプセル型になっているからです。

そして、そのカプセル型リポソームの膜は、水にも油にも肌にも馴染みやすいリン脂質で出来ているので、混ざりにくいセラミドでも、リン脂質の馴染みやすさを利用して、どんな化粧品にも混ざりやすくなっているのです。

一旦混ざり合ったリポソームは、肌に浸透してから少しずつ溶けだし、中に入っている美容成分が皮膚の奥へ入り込んでいくため、とても効果的に肌に取り込むことが出来るでしょう。

ラクトーセラミド原液を手に取りだしてみましょう。

開けると、蓋の部分がスポイド式になっています。
003seramidotsuika
ラクト―セラミド原液を手に取りだした写真

カプセル型と言っても、目に見える様なカプセルではないのですが、スポイドで手に数滴落とすと、プルンと乗ったまま浸透はして行きません。

両手で馴染ませると、こんな感じです。
ラクト―セラミド原液を手に馴染ませた

まだ弾いているようですが、ここからさらに両手で温めるようにしてラクト―セラミド原液を馴染ませると、スーッと液体が消え、表面がサラサラになりました。さらさらした後、数秒遅れでしっとり感が出てきます。

美容成分が溶けだしたのかもしれません。

ただし、ラクト―セラミドは原液のままでは濃度が高すぎるため使用できないものとなっています。原液をそのまま手のひらや顔に付けて使用することは避けましょう。

ラクト―セラミド原液の成分

ラクト―セラミドの成分表示を見てみると、こうなっています。
ラクト―セラミド原液の成分

セラミド3が配合されているのは嬉しいのですが、水も使われていますね。成分表示は配合量が多い順に記載されているため、水が一番多く使用されているようです。

次に、グリセリン、乳脂、セラミド3となっているため、セラミドの配合量もそれほど少ないわけではなさそうです。

しかし、グルコン酸クロルヘキシジンと、酢酸トコフェロール、BHTという、よく分からない成分も配合されています。

・グルコン酸クロルヘキシジンとは・・・殺菌消毒作用のある成分。防腐剤の役割を果たしています。

・酢酸トコフェロールとは・・・人工的に作られたビタミンEで、活性酸素を除去してくれる頼もしい成分です。血行を良くして新陳代謝を促進させるため、肌のハリや艶なども蘇らせることから、若返りビタミンとも言われています。

・BHTとは・・・正式名称ジブチルヒドロキシトルエンという、アルコールにもオイルにも溶ける酸化防止剤です。

水を使用していながらも、6か月保存可能となっているラクト―セラミドですので、やはりグルコン酸クロルヘキシジンやBHTのような殺菌・酸化防止成分はどうしても配合しなければならないのでしょう。

もし、これらの成分を配合しない場合は、セラミドとしてはとても効果的にはなりますが、1~2週間程度で使い切らなければなりませんし、使い方によっては雑菌が入り込み、逆効果となってしまうこともあります。

ラクト―セラミドの安全性を高めるためにも必要な成分なのです。

また、マンデイムーンのラクト―セラミドのページには、「マンデイムーンのラクト―セラミドは天然由来成分」と記載されています。

マンデイムーンにも問いあわせましたが、「水が入っている為、腐らないよう、防腐剤は配合しなければならなかったけれども、どの成分も肌に刺激を与えない、天然の安心成分となっているので、安心してお使いいただけます」とのことでした。

セラミド原液の使い方

セラミド原液はその原液の濃度によって、そのまま使えるものと薄めないと使えないものがあります。

ラクト―セラミドの場合はそのままの状態で使うと濃度が高すぎてしまいます。その為、何かに混ぜるなどして濃度を薄めて使わなければなりません。

濃度が濃いからこそ、原液のまま使うことで効果がUPするのでは?と思いマンデイム―ンにも問いあわせましたが、「原液のままでは使用できないものとなっています」とのことでした。

では、ラクト―セラミドの使い方の例をいくつか挙げてみます。

ローションやブースター導入液として

精製水50mlに対し、ラクト―セラミド0.5~2mlを混ぜると、セラミドのローションが出来上がります。香料等不要なものは勿論のこと、他の保湿成分なども含まれていない純粋なセラミドローションですね。

肌から失われたセラミドを補うのにとても効果的になります。

これを化粧水代わりに使用しても構いませんし、洗顔後、ブースター導入液として、肌につけてみるのもいいでしょう。

こうすることで、肌が柔らかくなり、その次につける予定の化粧水がさらに浸透しやすくなります。

セラミドによる保湿効果も高まりますが、化粧水の浸透率がUPすることで、化粧水による保湿効果も高まるでしょう。

ただし、ただし、精製水で混ぜた場合は精製水自体が日持ちしないものなので、1~2週間程度で使い切るようにしましょう。

スキンケアアイテムに混ぜる

化粧水など、手持ちのスキンケアアイテムにラクト―セラミド原液を混ぜて使う方法もあります。

通常の天然のセラミドの場合は、水にも油にも溶けにくい性質を持っているため、混ぜるのは難しくなってしまうのですが、このラクト―セラミド原液であれば、カプセル型になっているため、混ぜることができます。

1~2%程度、混ぜて使用してみると、手持ちのスキンケアアイテムの保湿力がより一層高まる事でしょう。

また、年齢によって失われがちなセラミドを補うことが出来るので、シワ解消等のエイジングケアもすることができます。

スポンサードリンク

 

セラミド原液で化粧水と美容液を作ってみた

ラクトーセラミド原液+ダームコム+ビタミンB3で手作り化粧水を作ってみた

ラクトーセラミドはそれだけで美肌に近づける手助けをしてくれる成分なのですが、さらに以下のような成分を混ぜることで、エイジングケアに効果的な化粧水となってくれます。

<ビタミンB3>
皮膚や髪の毛を作る栄養素で、コラーゲン生成の手助けをしてくれます。
ビタミンB3
008seramidotsuika

<ダームコム原末>
若返りを象徴するとされているクロッカス・クリサンサスの球根から抽出された成分です。エラスチンやコラーゲン等、美肌に必要な成分を積極的に生成してくれるため、シワを予防・解消し、弾力とハリのある肌に導いてくれます。
ダームコム原末
010seramidotsuika

マンデイムーンでも、ダームコムとビタミンB3、ラクトーセラミドの原液を同時に配合した化粧水のレシピが公開されているので、ご紹介させていただきますね。

<材料>
ベースウォーターor精製水・・・45ml
ラクト―セラミド・・・2.5ml
ビタミンB3・・・2g
ダームコム原末・・・0.5g
アルコール消毒
計量スプーン
容器

ラクト―セラミド化粧水の材料

<作り方>
①アルコール消毒
使用する道具や、化粧水を入れる予定の容器をアルコールで消毒しておきましょう。

②計量する
それぞれの材料を計量スプーンで計り、ビーカーなどの容器に入れます。
012seramidotsuika
013seramidotsuika
014seramidotsuika
015seramidotsuika

③混ぜる
材料を全て計量し終えたら、それを棒やスプーンなどでかき混ぜます。
016seramidotsuika
混ざり合うまで少し時間がかかりますが、数分置いて、成分が溶けだしてから混ぜると、混ざりやすくなります。
017seramidotsuika

④容器に入れて完成
全ての材料がしっかり混ざり合ったら、消毒済みの容器に入れて、完成です。
セラミド原液から作った化粧水が完成

全ての成分が混ざり合うまで少し時間がかかりますが、作り方としては計量して混ぜるだけ、というものなので、誰でも手軽に出来そうですね。

このセラミド配合化粧水を使ってみます

手のひらにとりだしてみます。
セラミド化粧水を手のひらに出した写真

肌に伸ばすと、最初は肌の表面がツルツルすべすべになるのですが、しばらくすると手のひらが頬に吸い付くようになっていきます。

強力なのりを付けたかのようにペタペタです。

しかし、それも数分すると落ち着き、またサラサラになりました。だからと言ってパサつく感じではなく、しっとり感もあります。

表面だけではなく、肌の奥まで成分が浸透していっている感じがしますね。

残念なのは、香りで、香料などが入っていないため、決していい香りはしません。少し酸味のある、ちょっと汗をかいた後の肌の様な臭いがします。

でも、それ程強くはないですし、浸透すると無臭になるので、特別気にすることはないかもしれません。

それぞれの成分は1000円以内で購入できますし、1度購入すると、何度も配合して作ることが出来るので、1回分で換算するととても安上がりのセラミド配合化粧水になるのも嬉しいですね。

スポンサードリンク

 

ラクトーセラミド原液で美容液を作ってみた

更にエイジングケアに注目したい方は、ラクトーセラミド原液に「シコンエキス」「シーファーメント」「ヒアルロン酸」の成分を配合した美容液もお勧めで、マンデイムーンのレシピを参考に美容液を作らせていただきました。

<シコンエキス>
魔女たちの22時でブームとなった紫根ですね。殺菌作用があるため、ニキビの原因となるアクネ菌を撃退してくれます。その為、ニキビ予防、ニキビ治療に効果的になります。

更に、ターンオーバーを促進させることが出来るため、古い角質を自然と除去させ、くすみのない白い肌に導くことが出来ます。
シコンエキス
021seramidotsuika

<シーファーメント>
南極の微生物からつくられたエキスで、お肌にハリと弾力をあたえてくれます。
シーファーメント
023seramidotsuika

<ヒアルロン酸>
ヒアルロン酸は元々人の体に存在している、高い水分保持機能を持つ成分です。年齢と共に失われていくものなので、外側から補うことで、肌の潤いやハリ・弾力を取り戻すことができます。
ヒアルロン酸原末
025seramidotsuika

<セラミド美容液の材料>
ベースウォーターor精製水・・・18ml
ラクト―セラミド・・・0.5ml
シコンエキス・・・1ml
シーファーメント・・・0.5ml
ヒアルロン酸原末・・・0.09g
アルコール消毒
計量スプーン
容器

セラミド美容液の材料

<作り方>
①アルコール消毒
セラム作りに必要な道具や容器をアルコールでしっかり消毒して、乾燥させておきましょう。

②計量する
それぞれの成分を必要量計量し、カップやビーカーなどに入れます。
027seramidotsuika
028seramidotsuika
029seramidotsuika
030seramidotsuika
031seramidotsuika

③混ぜる
計量し、ラクトーセラミドやヒアルロン酸、シコンエキスなど「すべての材料」を容器に入れたら、スプーンや棒などを使ってしっかり混ぜましょう。
032seramidotsuika

ヒアルロン酸が混ざりにくくなっています。写真はしばらく混ぜた後のものなのですが、ヒアルロン酸だけが白く浮いて見えますね。

時間を置いて、溶かしながらじっくり混ぜるようにしましょう。

時間を置くと、ヒアルロン酸が少しずつ溶けだし透明になっていきます。塊になっているけれど、それを崩すようにして混ぜると、徐々に混ざり合っていきました。
033seramidotsuika
034seramidotsuika

④容器に入れて完成
ヒアルロン酸が全て溶けると、とろみのある液体になります。全体がしっかり混ざり合ったら、それを容器に入れ、完成です。
ラクトーセラミド美容液完成

シコンエキスによって、薄い紫色の美容液になりましたね。

このセラミド配合美容液を作ってみます

セラミド配合美容液を手のひらにとりだしてみます。
ラクトーセラミド美容液を使用してみる

写真ではわかりにくいかもしれませんが、うっすら紫色の、とろみのある美容液になっています。

こちらもまた、お世辞でもいい香りとは言えません。やはり、汗をかいた後の肌の様な臭いで、顔につけた瞬間からフワッと漂います。しかし、美容液が浸透すると同時に臭いも消えていくので、それ程気にする必要はないでしょう。

このセラミド美容液を肌につけると、最初は肌の表面をスルッと滑っていくだけのような感覚でしたが、少しすると、スーッと浸透し消えてなくなっていきます。

ラクトーセラミド+ダームコム+ビタミンB3で手作りした化粧水を付けた後の様な、ペタペタ手のひらがくっつくような感覚はありませんでした。

肌表面もサラサラしており、嫌なサラサラ感ではなく、しっかり肌の奥が潤っている感じがわかるのです。さらに肌がプニプニと柔らかくなります。

傷みやすい精製水を混ぜたため、冷蔵庫に保管し1~2週間以内に使い切らなければなりませんが、一度成分を購入すると何度も追加してセラミド美容液を作ることができるので、こちらも1回分の費用を換算するととても安上がりですね。

消毒したり計量することが面倒と感じる方もいるかもしれませんが、効果も安全性も高いのに安いセラミド化粧品を手に入れたいと考えるなら、断然手作りがお勧めです。

あなたも是非、ラクトーセラミド原液で、化粧水や美容液作りに挑戦してみてください。

スポンサードリンク

PAGETOP