洗顔石鹸を使った顔の洗い方とピーリング洗顔石鹸の使い方

洗顔石鹸を使った顔の洗い方とピーリング洗顔石鹸の使い方
・ちょっと調子いいかな?と思っていたのに気がついたら頬に赤いプツプツが!
・化粧水もクリームもたっぷり塗ってるのに肌が乾燥気味
・顔の皮脂はしっかり落とさないとニキビができるって聞いたことがある

こういう方は顔の洗い方が間違っているかもしれません。
使っているスキンケア剤が肌に合っていても、泡立てが足りなかったり洗顔剤が多すぎたりすると、肌トラブルに繋がることがあるのです。

洗顔石鹸を泡立てネットでしっかり泡立てるのは、もはやスキンケアの常識ですが、肌をいたわりながら汚れをきちんと落とすためにはそれ以外にも気をつけるポイントがいくつかあります。
ちょっとしたことですが、やるとやらないでは大違い!
洗顔石鹸を使った顔の洗い方と、やってはいけないことなどをお伝えします。

毛穴の汚れは毎日の洗顔だけでも落とすことができます。
洗顔ひとつで顔の輝きが変わってきますよ!


もくじ

洗顔剤はどれを使うべき?

メイク落としは専用のものをつかうべきですが、顔を洗う洗顔剤は洗顔石鹸が安心です。
洗顔剤を大きく分けると
・洗顔フォーム
・洗顔石鹸
・泡

などがあります。

洗顔フォーム

チューブに入っているものが多いです。
泡が立ちやすいように作られているので使い勝手は良いのですが、洗浄力が強すぎるものが多いので購入時にはご注意を。
使用量が多くなると角質がゴッソリ落ちてしまいますので、出しすぎないように気をつけて下さい。

また、泡立てるタイプの洗顔フォームを使うときには必ず泡立てネットを使いましょう。
泡立てなくても顔にのせられる柔らかい洗顔フォームは使いやすくもあるのですが、泡立てが不足していると洗浄効率が悪いのに、残しておかなければいけない皮脂まで落としてしまうことに。

特にニキビ肌改善のために洗顔フォームを使っている方と男性は、使い方をもう一度見直してみて下さい。

「洗顔剤をしっかり泡立てて泡で洗いましょう」というのが近年の洗顔フォームの主流です。
泡立てネットを使うとしっかりした泡が数秒でできますが、それでも面倒に感じる方は泡立てが要らない洗顔フォームを使うのも肌を守るための方法です。
泡立てる時間が無い方にピッタリなのがビーグレンの「クレイウォッシュ」。クレイウォッシュは泡立てが一切要らない洗顔フォームです。

クレイウォッシュの注目成分はモンモリロナイトという天然クレイ。
モンモリロナイトはマイナスの電気を帯びているクレイ(泥)。わたしたちの顔の汚れやメイク汚れなどはプラスの電気を持つ性質があるので、クレイで汚れを引き付けて落とすことができるのです。

泡で汚れを落とすタイプの洗顔石鹸ではないので泡立てが不要で、クレイウォッシュを手のとったらそのままお顔にのせてOKです。

また、モンモリロナイトには毛穴の奥まで入り込んで汚れを吸着してくれる性質もあります。
こすらなくても汚れが落ちるのでゴシゴシ摩擦も不要です。

洗顔石鹸

洗顔石鹸には固形のものと半練り状のものがあります。
固形石けんで洗顔をするときには泡立てネットが必須です。
泡立てネットと固形石けんをさっと濡らして、石けんをネットにこすり付けるようにします。泡が出てきたらネット同士を擦り合わせるとすぐにモコモコの泡ができます。

泡を最初にのせる場所はおでこ、そして鼻とこめかみです。この部位は顔の中でも皮脂の分泌が多いので最初の段階で洗っておきます。
頬、口周り、目の周りは汚れが気にならなければクルクル洗顔はしなくても大丈夫。泡をのせるだけでも汚れを落とすことができます。

半練り状の洗顔石鹸を使うときには、洗顔フォーム同様に出しすぎ注意です。
練り石けんは各メーカーのこだわりで作られたものが多いので、洗浄効果が高すぎたり、肌に不安な成分が含まれていることは少ないですが、必要以上の量を顔にのせすぎることは良くありません。
半練り洗顔石鹸は固形石けんよりも泡立ちが良いですが、泡立てネットがあると簡単にフワフワの泡を作ることができます。

半練り石けんの代表格は「然 よかせっけん」です。
然 よかせっけん
洗浄成分が40%、美容成分が60%で構成されています。
注目の洗浄成分は超微粒子シラスパウダーです。毛穴の大きさよりも小さいので毛穴の奥まで入って脂汚れを吸着してくれます。

グリチルリチン酸ジカリウム配合で、洗顔と同時にニキビケアを行うこともできます。
然 よかせっけんはアットコスメでも平均して評価が高く、定期購入している方も多いです。親子で使っている方も多数。

テクスチャは固めの粘土のような感じで、チューブではなくジャーに入っています。
指に取った感じは固めですが泡立てるとモチッとした存在感のある泡に変身します。
然 よかせっけんを購入すると専用の泡立てネットがついてきます。水素が発生するセラミックボールが縫いこまれていて、然 よかせっけんの洗顔効果を高めることができます。

「然 よかせっけん」ついて詳しくは「長寿の里」公式サイトをご覧ください。
https://www.chojyu.com/

ボトルポンプに特殊な加工がしてあり、プシュッと押すだけでフワフワの泡が出てくる洗顔石鹸です。
泡立てが不要でとても便利なのですが、水分量が多く泡が軽い傾向にあるのでお顔にのせたとたんに泡がヘタってしまうことも。手にメイク落としの油分が残っていると泡がヘタりやすいようです。

泡タイプの洗顔石鹸を使うときは、顔を軽く湿らせてお顔の上で泡を滑らせるような感じで摩擦を起こさないように洗いましょう。
泡が足りないと感じたら足しても大丈夫ですが、1回の使用量は説明書記載量を超えないように気をつけて下さい。

洗顔石鹸の基本的な洗い方

洗顔石鹸を使ったお顔の洗い方をご紹介します。
正しい洗顔を行うと、毛穴パックなどを使わなくても黒ずみ汚れを落とすことができますよ。
肌色も明るくなりますので、ぜひ実践してくださいね。

1.髪を上げて手を洗う!

これ結構重要です。手と泡立てネットはいつも清潔にしておいてください。
特にメイク落としを使ったあとは手を洗って油分を落としておきましょう。

髪が長い方も短い方もヘアバンドを使って顔周りの髪をしっかり上げましょう。
髪の生え際ににきびができやすい方は、洗い足りなかったり洗顔剤が残っていることが原因だったりします。

2.顔と洗顔ネットををぬるま湯で湿らせる

お顔と泡立てネットをぬるま湯でしめらせます。このときのぬるま湯の温度は、自分の体温を目安に。
体温よりも高すぎるとお顔に残しておかないといけない皮脂がとけ出てしまいますよ。

泡立てネットが濡れすぎていると泡がゆるくなってしまいます。湿らせたあとに軽く振って水分を少し飛ばしておきましょう。
泡立てネットを使ったら洗面台に置きっぱなしにしないでフックなどにかけて水分がしっかり切れるようにしておきます。
毎日きちんと乾燥させないと泡立てネットに雑菌が繁殖してしまいますよ!

3.泡を顔にのせます

おでこと鼻に泡をのせたら、軽くクルクルと円を描くように指先を動かしていきます。力は要りません。小鼻周りは細かくクルクルと。角栓もクルクル洗顔で落ちるはずですのでゴシゴシ擦ってはいけません。

泡の洗浄成分が汚れを吸着するタイプの洗顔石鹸を使っているなら、クルクル洗顔とスポイト洗顔を組み合わせて。
手のひら全体で顔をハンドプッシュするような感じで、泡にキュッキュっと汚れを吸い取らせます。

頬、口周り、目の周りは乾燥しやすいので皮脂が多めの方以外は泡をのせるだけでも大丈夫です。
ただしメイク落とし後のダブル洗顔のときはメイク落しが残らないようにしっかりと馴染ませてください。
このときもゴシゴシはダメ。基本はクルクル洗顔です。

4.すすぎは丁寧に!

すすぎは手にぬるま湯をとって泡を全て流します。顔の中心だけでなく、髪の生え際とあごのあたりも丁寧にすすいでください。
最低でも20回くらいは顔にぬるま湯をあてます。
細かい部位を洗うときも指先でゴシゴシしないで水の勢いで泡を落とすようなイメージでパチャパチャと流します。
洗面台で顔を洗うときはあごをちょっと突き出すようにすると服が濡れにくいですよ。

5.タオルドライもこすらない

十分にすすぎ終わったらタオルで顔を拭きます。
その前に鏡を見て、泡が残っていないかチェックするとベスト。
タオルは上下左右にゴシゴシ動かさず、タオルの繊維に水分を吸収させるように軽く顔を押し付けるだけで大丈夫です。
お顔に軽く水分が残っているうちにスキンケアを始めましょう。

タオルはいつも清潔なものを使っていますか?
洗剤が残っていたり清潔感に欠けるタオルを使っていると、にきびや顔の炎症が起こりやすくなります。
肌が弱い方は大きいタオルを洗面台にかけっぱなしにしないで、できればハンドタオル程度の小さいものを用意して、使うたびに取り替えるようにしましょう。

毛穴汚れが気になるときは?

本当に不思議なんですけど、毎日丁寧に顔を洗っていても毛穴って黒ずんできますよね。
毛穴汚れが溜まってくる原因は2つあります。

ひとつめ:顔の洗い方が間違っている

・洗顔剤の泡立てが足りない
・汚れと泡が馴染む前に洗い流している
・冷たすぎる水で顔を洗っている
・指でゴシゴシ洗顔をしている

など、泡と汚れが馴染まない洗い方をしていると、毛穴汚れが溜まりやすくなります。
ゴシゴシ洗うのは特に注意。汚れを落とすのはゴシゴシではなく泡なので、いくら指でこすっても毛穴汚れは落ちません。
泡立てが足りないと汚れが浮きにくくなるので、泡立てもしっかりと。

冷たい水で顔を洗っている方も気をつけて。
真夏のように室温が高いときはまだ良いですが、皮脂汚れは気温が低いと毛穴の中で固まっています。この状態の汚れを冷たい水で洗ってもなかなか綺麗にすることはできません。

ふたつめ:洗顔剤が合っていない

本来、汚れは泡で落ちるはずですが、落ちないとしたらその洗顔剤があなたにあっていないのかもしれません。
さきほどご紹介した「ビーグレン クレイウォッシュ」や「然 よかせっけん」には毛穴に入り込んで汚れを吸着してくれる効果があります。洗浄力が強い界面活性剤ではなく自然から生まれた成分が洗浄力なので、敏感肌さんでも比較的安心して使うことができます。
毎日顔を洗っていても毛穴汚れや黒ずみを感じている方は、洗顔石鹸から検討してみてください。

週に1回程度の蒸しタオルパックもおすすめです。
顔を洗う前に蒸しタオルを3分ほどお顔にのせておくだけなので、とても簡単!
蒸しタオルは、湿らせて固く絞ったタオルをレンジで2分ほど様子を見ながらチンするだけです。
毎日行う必要はないですが、毛穴がちょっと気になるときにやるとかなり効果的です。

蒸しタオルの効果はふたつあります。ひとつは毛穴を開くこと。毛穴が開くと洗顔石鹸が汚れに吸着しやすくなります。
ふたつめはお顔を温めること。肌があたたまると皮脂汚れも温まります。脂には温度が低いと固くなり高いと緩む性質があるので、ちょっとお顔が温まっている状態のときの方が汚れ落ちが良いのです。
ただし、熱いお湯を顔に当てるのは厳禁。皮膚にとどまっておかなければいけない皮脂まで落ちてしまいます。

ビーグレンのクレイウォッシュやビーグレンの大人のニキビケアについては公式サイトをご覧ください。
http://www.bglen.net/
「然 よかせっけん」ついて詳しくは「長寿の里」公式サイトをご覧ください。
https://www.chojyu.com/

ピーリングができる洗顔石鹸の洗い方

ピーリングは肌表面の角質を意識的に落としてターンオーバーを促す方法です。
専用のピーリング剤をつかったり、フェイシャルエステで行うこともできるのですが、ピーリング効果がある洗顔石鹸もあります。

肌が比較的弱い方でも使えるピーリング洗顔石鹸が、「ノブ ACアクティブ ウォッシングフォーム」です。

ピーリング剤ではなく洗顔石鹸なので、毎日朝と夜に使うことができます。
ピーリング効果はとても穏やかで1回の洗顔でゴッソリ汚れが落ちるという感じではなく、使い続けることで自然と毛穴の詰まりが取れて、詰まりにくい肌になるという感じです。

ピーリングをライフスタイルに取り入れたいけど、特別なケアをするのはちょっと・・・という方にかなりピッタリ。

ノブ ACアクティブシリーズは大人ニキビケア用ラインなので大人ニキビ肌を改善したい方にもおすすめです。

ピーリングはにきびができやすい肌にかなり効果的です。ピーリングが肌に合う方なら、にきびを予防できるだけでなくニキビ肌そのものをクリアにすることができます。

ノブ ACアクティブ ウォッシングフォームの泡は軽い感じのホイップ泡。泡立てネットを軽く湿らせてから泡作りを始めましょう。

ニキビ肌さんの場合は、泡ができたら鼻のあたまにのせて顔の中心から洗っていくのがおすすめ。鼻・おでこ・こめかみ・ほほ・口周り・あごの順に洗っていきましょう。

洗顔剤は顔に乗っている時間が短ければ短いほど必要な皮脂を守ることができるのですが、ピーリング効果を重視したい場合は、少し時間を置いてから洗い流すのもおすすめです。
それでものせておく時間は最長で2分を守ってくださいね。
ピーリング洗顔のあとはいつもよりもしっかりと保湿をしましょう。
角質を取り除かれた肌は、むいたばかりのゆで卵と一緒です。傷つきやすいので丁寧にいたわってあげてください。

ピーリング洗顔後にピリピリを感じたら、一度使用を控えてみてください。洗顔石鹸があっていない可能性もありますが、皮膚がびっくりして反応しているだけのこともあります。
翌日は他の洗顔石鹸を使って、しばらく期間を空けて肌が落ち着いたら再度試してみてください。

ピーリング洗顔は全ての肌質の方に合うわけではありません。特に肌が弱い方や今現在炎症をおこしているニキビがある方は絶対に無理しないで下さいね。

ノブ ACアクティブシリーズの詳細は公式サイトをご覧ください。
http://www.nov.jp/

洗顔石鹸の洗い方で肌質は変わる

脂性肌敏感肌乾燥肌・・・、肌の悩みは人それぞれですが、これらの悩みは特別なお薬を使わなくてもスキンケアで解消することができます。
炎症がひどい敏感肌さんの場合は、まず皮膚科で適切なお薬を処方された方が治りが早いので、お薬で炎症が落ち着いたらスキンケアを見直してみてください。

スキンケアの最初に行うことは洗顔です。
洗顔の目的は不要な汚れを落として、次に顔にのせる保湿成分や美容成分が浸透しやすい状態を作ること。
洗顔石鹸ひとつでそんなことできるの?という感じですが、最近は美容成分が配合されていて潤い効果をもたらしてくれる洗顔石鹸も多く、洗うことだけではなく保湿効果を重要視したものもあります。

洗顔剤は年齢や肌の悩みで選ばないと、いつまでも同じものを使っていても肌トラブルは改善しません。

ただ、どんな洗顔剤を使っても基本的な洗い方は同じです。
しっかり泡立てる、ゴシゴシしない、ぬるま湯の温度は上げすぎない!
最低でもこの3つはいつもの洗顔に取り入れてみてください。

スポンサードリンク

PAGETOP