保湿美容液おすすめランキング 5商品使った口コミ

保湿美容液おすすめランキング 5商品使った口コミ
保湿がお肌に大事ってよく言われますけど、本当に保湿力がある成分や美容液ってどれなのでしょうか?

よく耳にする保湿成分はヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンあたりですが、じゃあこれらの保湿成分は何が違うのか、どれがいちばん保湿に良いのか・・・謎は深まるばかりです。

この記事では敏感肌の筆者が、口コミで人気の5種類の保湿美容液を実際に使ったレビュー・評価とおすすめランキング、保湿効果があると言われている成分の違いなどをまとめています。
セラミド配合の保湿美容液の使い心地はすごかったですよ。
保湿美容液ジプシーさんになる前に、ぜひご覧下さいね!

まずは、保湿美容液のランキングを確認してください。


もくじ

保湿美容液に使われる主な保湿成分

「保湿成分が配合されている化粧品が良いよ」と聞いたことがある方も多いと思いますが、そもそも化粧水を使うだけで保湿してくれそうな感じがしませんか?

ちょっと突っ込んだ話になりますが、化粧水で水分を補うような肌に外から水分を与える作業は「補水」になります。

本当の意味での保湿とは外から水分を補うことではなくて、肌が水分をキープする力を上げる作業になります。保湿成分はいろいろありますが、どの成分も基本的には水分と結びついて水分を保持する働きをします。

人間はもともと保湿成分を持っているのですが、その量は年齢を重ねるほど減っていってしまいます。だから外から補って水分量を保って、肌が水分をキープする力も底上げしましょう、というのが保湿美容液の主な目的になります。
保湿成分は水分との結合力が強いものほど保湿力が高いということになります。

セラミド

セラミドは保湿成分の中でいちばん効果が高いと言われています。
hoshitsu_kakushituso

角質層は肌のいちばん上にある層で、その厚さはなんと0.02mm程度しかありません。

角質層には角質細胞が並んでいて、その隙間を角質細胞間脂質が埋めています。

セラミドは角質細胞間脂質の主成分で、皮膚の水分を保つ、蒸発を防ぐ働きをしています。保湿成分の中でもいちばん効果が高いと言われているのはこのためです。

セラミドって本当にすごいんですよ!セラミドの保湿力は湿度が0%になっても乾燥しないほど高いんです。異物から肌を守る働きもあるので、セラミドが増えると肌バリア力も高まります。

ただし、セラミドには種類があるのでセラミド配合の保湿美容液を選ぶときには注意が必要です。

保湿美容液などに配合されているセラミドは
・ヒト型セラミド
・天然セラミド
・植物性セラミド
・合成セラミド

の4つにわけられています。

・ヒト型セラミド
酵母から作られるセラミドで、わたしたちの肌がもともと持っているセラミドとほぼ同じ化学構造でできています。肌にもやさしく保湿力も浸透力も高いのが特徴です。

ヒト型セラミドが配合されている場合は、成分表示に

セラミド1、セラミド2、セラミド3

のようにセラミドの後ろに数字がついたものが記載されています。

・天然セラミド
馬をはじめとする動物の骨髄や脳から抽出したセラミドです。人間の角質細胞間脂質とも近いため保湿効果は優れています。
成分表示には、馬から抽出したセラミドなら「ウマスフィンゴ脂質」と書かれています。そのほか他の天然セラミドの場合、「セレブロシド」「ビオセラミド」と書かれていることもあります。

・植物セラミド
その名のとおり、植物由来のセラミドです。

・合成セラミド
石油系原料から合成されたセラミドです。低価格で量産できるため価格が安い化粧水などに含まれていることが多いのですが、セラミドの効果としては弱いと言われています。

セラミド配合の保湿美容液を選ぶときのポイントをまとめると、

ヒト型セラミドである「セラミド1、セラミド2、セラミド3」などが成分表示に書かれているものを選ぶ。

ということになりますね!
どの保湿成分に注目して良いかわからない方は、保湿力最強のセラミドから始めてみると良いと思います。

ヒアルロン酸

たった1グラムで6リットルの水分を保持できると言われています。
ヒアルロン酸は皮膚の「真皮」に多く含まれています。コラーゲンやエラスチンなどの真皮を構成する成分の隙間にあって、水分を保持する働きをしています。

ヒアルロン酸を肌に直接塗っても真皮のヒアルロン酸が補われるわけではありませんが、角質層の水分キープには役に立ちます。

ヒアルロン酸の種類は
・ヒアルロン酸
・加水分解ヒアルロン酸
・スーパーヒアルロン酸(アセチルヒアルロン酸)

です。

・ヒアルロン酸
粘度が高いため肌には浸透しませんが、バリア機能のサポート的な役割で、水分を含んだ膜を肌の表面に作ります。

・加水分解ヒアルロン酸
ヒアルロン酸を加水分解したものです。超低分子のため粘性が低く肌の表面に水分の膜を作り、角質にも浸透します。

・スーパーヒアルロン酸(アセチルヒアルロン酸)
粘性が低くさっぱりしていますが、角質内の保湿力はヒアルロン酸よりも高く約2倍の保水力があると言われています。肌ともよくなじみ、長時間潤いを保ちます。
成分名は「アセチルヒアルロン酸Na」となっています。

コラーゲン

普通のコラーゲンは角質層や真皮層に浸透することはありません。効果としては肌表面を乾燥から守る、保湿効果を高くするなど。
ただ、肌に膜を作るので時間が経過して化粧水や美容液の水分が蒸発しても水分をキープしながら潤いを保つ働きがあります。

ただコラーゲンの中でも「低分子コラーゲン」は角質層まで浸透すると言われていて、肌の内側の保湿も期待できるとされています。

エラスチン

エラスチンは線維状のタンパク質です。コラーゲンを結合させて網の目のようにする働きがあります。

エラスチンには伸縮性があるため、肌の弾力や柔軟性にもエラスチンが大きくかかわっています。
保湿美容液に含まれているエラスチンは真皮までは吸収されず、角質層で作用します。

水素添加大豆レシチン

大豆のレシチンを水素を加えたものです。角質細胞間脂質に浸透するほど浸透力が高く、水分を保持する力と安全性がとても高い成分です。

スフィンゴ脂質

スフィンゴ脂質は角質細胞間脂質を構成する成分で、セラミドもスフィンゴ脂質に含まれますが、化粧品業界ではセラミド以外の角質細胞間脂質をスフィンゴ脂質と表記するのが一般的です。
セラミド同様に、もともとわたしたちが持っている成分なので低刺激です。

保湿美容液の選び方

今現在、保湿効果がもっとも高い成分はセラミドと言われているので、セラミド1、セラミド2、セラミド3などが配合されていればまず安心です。

ただし価格があまりにも安すぎると含有量が少ない可能性もあります。
セラミドがしっかり配合されている保湿美容液は価格が高くなりがちなので、予算的に厳しい方はセラミド配合の安い美容液よりもヒアルロン酸配合の美容液を選んで、適量を毎日使用するようにしましょう。

セラミドよりは保湿効果が劣りますが、価格以上の保湿効果を期待できます。

保湿美容液の使い方・順番

通常の保湿美容液は、化粧水の後、クリームや乳液などの前に使用します。

メイク落とし → 洗顔 → 化粧水 → 保湿美容液 → 乳液・クリーム

使用量や使う順番は製品によって異なることもあるので、説明書をよく確認して下さい。

使い方は、化粧水の後に適量をやさしくなじませるだけですが、製品によってメーカーが推奨する塗り方もあります。こちらも説明書をよく読んで正しく使用しましょう。

保湿美容液おすすめランキング

今とても口コミで人気が高い保湿美容液を5種類に厳選して、実際に購入してみました。

わたしの個人的感想になりますが、すっごく良かった保湿美容液から順番にランキングでご紹介します!

保湿有効成分や本製品の価格もキチッと掲載していますので、保湿美容液選びのご参考になさって下さいね。

1位:ETVOSモイスチャライジングセラム

ETVOSモイスチャライジングセラム

ETVOSはミネラルファンデが人気ですが、実は創業当時からセラミドに着目しているメーカーさんなんです。肌トラブルと無縁の理想的な肌を作る仕組みを追及すると自然とセミラドにたどりついたのだそうです。

「モイスチャライジングセラム」は5種類のヒト型セラミドが配合された保湿美容液です。しかも1種類ではなく、セラミド1・2・3・5・6IIの5種類がバランス良く配合されているんです。人間の肌がもともと持っているセラミドと同じく「ラメラ構造」にしてあるので、浸透力も高く潤いが続きます。

セラミド以外の保湿成分は、アミノ酸、ヒアルロン酸、スクワラン、ホホバオイル、シアバターなど。

また保湿効果と整肌効果がある花のエキス、天然ラベンダーも配合されています。すごく贅沢な作りですね。
hoshitsu_etvos_set
モイスチャライジングセラムはエトヴォスの「モイスチャーラインお試しセット」というトライアルセットに入っているので、わたしもこちらを購入してみました。

お値段は1,900円で、約2週間分入っています。
hoshitsu_etvos_set2

こちらがモイスチャライジングセラムです。
hoshitsu_etvos_hontai
10g入りとほんのちょっぴりですが、これで2週間使えるみたいですよ!

hoshitsu_etvos_tec1
モイスチャライジングセラムは真っ白の乳液みたいですよ。ラベンダーの香りがフワッと漂ってきます!

hoshitsu_etvos_tec2
かるく馴染ませてみました。ゆるいテクスチャーなので、少量でも広範囲をカバーできそうです。なじみ感はすごく良いですよ。

hoshitsu_etvos_tec3
全体にのばしたあと、手のひらでプッシュするとビックリするくらいサラッサラになりました。浸透力はめちゃくちゃ高いです!

モイスチャライジングセラムは乳液も兼ねているので、お化粧水の後はモイスチャライジングセラムだけでも大丈夫なのだそうです。

真冬の乾燥の時期にモイスチャライジングセラムだけで仕上げをするのはちょっと物足りないかもしれませんが、汗をかく時期や梅雨の肌がジト~っとなる季節はサラッとして気持ちが良いと思います。

モイスチャライジングセラムの使用量の目安は1円玉大です。1日2回、化粧水をなじませた後に塗ります。
お顔の中心部分から外側にむかって丁寧にやさしくのばしていくと良いそうですよ。
hoshitsu_etvos_tsu
すごいすごい♪肌にぐんぐん入っていきますー!
なじんだあとは肌の表面はサラサラになるんですけど、内側の皮膚のちょっと下あたりがモチッとしている感じがします。これもセラミドのパワーなのでしょうか。

エトヴォス モイスチャライジングセラムを使ってみてどうだった?

モイスチャライジングセラムはとにかく浸透力がすごいので、これはぜひ体感していただきたい!初めて使ったその場でわかると思いますよ。

まさに保水力をアップするために作られた保湿美容液という感じで、保水力を上げることでトラブルを起こしにくい強い肌になれるような頼もしさがあります。肌の基礎力が上がる感じ!

価格も意外とお安いんですよ。本製品は50ml入りで4,000円なんですけど、1日2回使ってもたっぷり2か月も持つんです。ひと月で2,000円、1日約67円の美容液って考えたらコスパもそこまで気にならないのはないでしょうか。
定期購入をすると3,600円になるのでさらにお安くなります♪

わたしはすごくモイスチャライジングセラムを気に入ったのですが、口コミを読んでいるとラベンダーの香りが苦手という声もチラホラ見つかりました。香りは「モイスチャーラインお試しセット」で十分チェックできるので、まずはこのセットから試してみると良いと思います。

それから、わたしはかなり敏感肌で化粧かぶれを起こすことも多いのですが、モイスチャライジングセラムは大丈夫でした。口コミでも敏感肌さんでも愛用しているという声も多かったので、比較的安心なんじゃないかな?

肌が弱いから積極的なケアがやりにくいというのも敏感肌さん共通の悩みだと思うので、モイスチャライジングセラムみたいに安心して使える保湿美容液はすっごく助かります!

2位:ノブ バリアコンセントレイト

ノブ バリアコンセントレイト

ノブはわたしの中でドラッグストアの敏感肌コーナーでよく見かけるブランドというイメージなんですけど、肌悩み別に6つのシリーズがあります。

・ノブIII:敏感肌。肌荒れ・乾燥が気になる方向け
・ノブII:敏感肌。いつも刺激を受けやすい方向け
・ノブL&W:敏感肌。高保湿、エイジングケアが気になる方向け
・ノブAC ACTIVE:にきび肌。機能重視の積極ケア
・ノブAC:にきび肌。大人ニキビをやさしくケア
・ノブA:にきび肌。洗浄・保湿のシンプルケア

いままではノブIIとノブIIIしか注目していなかったのですが、いろいろな悩みに対応しているんですね。

バリアコンセントレイトはノブIIIのシリーズになります。
ノブIIIを使っている方って敏感肌さんが多いと思うので、バリアコンセントレイトはそういう方でも安心して使えるような作りになっているのだと思います。

保湿成分は天然型セラミドです。ノブ独自のセラミド液晶化技術でセラミドを皮膚構造に近づけてあるので、角質の奥まで届きやすいのだそうです。

ノブIIIのトライアルセットを販売しているページに

●新しい化粧品に手を出すのが怖い
・ピリピリしたりかゆかったり
・ほっぺが赤くなりヒリヒリ
・塗ると肌が熱くなってかゆくなる
・全然潤わない
・クリームをぬってもすぐにカサカサ
・何を試してもダメ

って書いてあるんですけど、最悪のときの自分がまさにコレでした!美容皮膚科に通って今はかなり落ち着きましたが、ダメなときって本当に何をしてもダメなんですよね・・・。

今回トライアルセットを購入する前に、敏感肌でも本当に安心して使える保湿美容液なんてあるのかな?とチラッと思ったのですが、ノブのサイトを読んでいてすごく腑に落ちたことがあるんです。

敏感肌ってバリア機能が低下している状態で、角質層も乱れていて水分も逃げやすくて刺激も受けやすいどん底状態なんですよね。もう何を使ってもダメで、スキンケアをすればするほどかゆみが出てしまうという悪循環に陥ることもあると思います。

そうなってしまう理由は間違ったスキンケアや食生活、ストレスなど複合的なものなのですが、セラミドも深く関係しています。
セラミドは角質層のすき間を埋める成分なので、バリア機能をサポートする働きもあるんです。

ということは、敏感肌の方はセラミドが足りていないということなので、肌と同じ成分の安心できるセラミドが入っている美容液だったらむしろ使った方が良いんじゃないの?って思ったんです。

ノブみたいなメーカーさんのセラミドだったら敏感肌でも安心して使えると思うので、バリアコンセントレイトが楽しみです!

バリアコンセントレイトはノブIIIのトライアルセットで試すことができます。
ノブトライアルセット
トライアルセットはプレゼントボックスのような箱に入って届きました!

hoshitsu_nov_set2
こちらがセット内容です。7日分で、お値段は1,500円になります。

hoshitsu_nov_hontai
これがバリアコンセントレイト!ふつうは右のパウチが2こだけしか入っていないのですが、今なら左の5g入り(10回分)もいただけるのでお得ですよ!

hoshitsu_nov_tec
バリアコンセントレイトはクリームのような美容液です。朝と夜の1日2回使用します。
hoshitsu_nov_tec2
クリームタイプなので、なじみがとても良いという感じではありませんが、バリア力は高そう。

hoshitsu_nov_tec3
なじんだ後はしっとり。肌の上にも少し質感が残る感じがあるのですが、保護されてるという感じでベタつきはありません。

使用量の目安はパール粒大で、乾燥しやすいほほ、目元、口元、お顔全体になじませてから、乾燥が気になる部分にはさらにパール粒大を重ね付けします。

hoshitsu_nov_tsu
お顔全体になじませた後に、重ね付けしてみました。保湿力はすごくありますよ!重ね付けしてもパール粒大2個分くらいなのに、お顔全体がモッチリしてきます。

●ノブ バリアコンセントレイトを使ってみてどうだった?

とにかく刺激がない!これは想像していたとおりだったので、一安心です。今現在肌がとても弱っていて、何か良いものを探している真っ最中という方でも使えるんじゃないかな?と思います。(肌に合わないこともあります。パッチテストを行ってくださいね!)

ただ、わたしは肌が強い方ではないので、この穏やかな使用感がすごく好きなんですけど、もっと積極的なケアがお好みの方もいるかな?と思います。
バリアコンセントレイトの本製品は30g入りで5,400円なので、今回比較している保湿美容液の中では中間のお値段です。

肌が弱い方にとってはありがたい製品だと思いますが、刺激に強い方は他の保湿美容液でも良さそう。
わたしの中ではバリアコンセントレイトは「敏感肌さんにオススメのセラミド配合保湿美容液」という位置づけで決定しました!

3位:ディセンシア アヤナス「エッセンス コンセントレート」

ディセンシア アヤナス「エッセンス コンセントレート」

ディセンシアは、乾燥肌と敏感肌の女性のためにポーラ・オルビスグループから生まれた専門ブランドです。

アヤナスはディセンシアの敏感肌・乾燥肌の特許技術とポーラのエイジングケアの研究を合わせたラインになります。

アヤナス エッセンス コンセントレートの保湿成分はセラミドナノスフィアです。セラミドナノスフィアはヒト型セラミドをナノサイズのカプセルにしたものです。
hoshitsu_ayanasu_sera
肌に浸透してカプセルがはじけると、乱れているセラミド配列にピタッと合うのだそうです。なんだかすごそう!

アヤナス エッセンス コンセントレートはディセンシアの「アヤナス トライアルセット」で試すことができます。
hoshitsu_ayanasu_set
10日間のトライアルセットで1,480円です。
アヤナスは敏感肌さん向けのラインなので、製品の皮膚科の立ち会いテストを行っていて、このトライアルセットにも30日間の返品保証もついています。
hoshitsu_ayanasu_hontai
こちらがアヤナス エッセンス コンセントレートです。10g入っています。
hoshitsu_ayanasu_setsumei
こちらが使い方なんですけど、ただお顔につけるだけではなさそうですよ。

アヤナス エッセンス コンセントレートの使い方

1.1円玉大を手のひら全体であたためて、内側から外側に向かって顔全体にやさしくのばします。

2.同じ量を再度手のひらにとって顔全体になじませた後に、ほうれい線や小鼻まわりなどにやさしくおさえます。

3.手のひらで頬を引き上げるようにハンドプレスします。

1回あたりの使用料は1円玉2コ分ということですね。手のひら全体で温めるのが使い方のコツです。
hoshitsu_ayanasu_tec
アヤナス エッセンス コンセントレートはとろっとした乳液のような美容液です。化粧水よりはもったり感がありますが、乳液よりユルいですよ。

香料は入っていませんが、ゼラニウムとラベンダーが使われています。この天然の植物成分にも水分のバランス調整と肌の鎮静・消炎作用があるのだそうです。
hoshitsu_ayanasu_tec2
すごくやさしい使い心地です~。なじみが良いのに潤い感がしっかり感じられますよ。穏やかな香りにも癒されます!
hoshitsu_ayanasu_tec3
なじんだ後はしっとり!サラサラというよりもしっとりです。
hoshitsu_ayanasu_tsu
1円玉大を2回つけて、ほうれい線をおさえてみました。これでシワの進行を食い止められると良いのですが!

ディセンシア アヤナス エッセンス コンセントレートを使ってみた感想は?

アヤナス エッセンス コンセントレートは、「糖化」にも対応した美容液なので、保湿と一緒に黄ぐすみもケアできます。敏感肌の方は刺激が強い美白成分は使えないことがあると思うので、美白も気になる敏感肌さんにも良いと思います。

とろっとしたコクがあるのになじみが良くて、なじんだ後は肌がしっとりするので次のアイテムにも移りやすいですし、スッピンで過ごす日も気持ちが良さそう。

何度か使ってみましたが肌がやわらかくなってきた感じがします。保湿効果が表れてきたのかな?これは効きそう!という期待感も高まりますよ。

香りも良いし使用感も気に入っているのですが、価格の高さが唯一気になるところです。保湿美容液は継続して使うものだと思うので、お値段も保湿美容液選びのすごく重要なポイントになりますよね。

本製品は36g入っていて約1.5か月分になるのですが、通常価格が8,100円、定期会員価格でも7,290円なんです。
アヤナス エッセンス コンセントレートにはレフィルもあるので2回目以降はレフィルも使えるのですが、通常価格が7,560円、定期会員価格が6,804円とややお高めです。

アヤナス エッセンス コンセントレートはアットコスメでも★5.4と高評価だし、わたしも敏感肌なのですっごく気になるのですが、いちばんお安いレフィルを定期購入しても1か月あたり4,536円と考えると、わたしのお財布事情ではちょっと厳しいかな~と感じてしまいました。

4位:ちふれ 美容液 ノンアルコールタイプ

ちふれ 美容液 ノンアルコールタイプ

ちふれ美容液ノンアルコールタイプはとにかくコスパが良い美容液です!保湿成分はヒアルロン酸、トレハロース、オウゴン根エキスで、セラミドは配合されていませんが、お値段が600円と激安なのでケチらずたっぷり使えそうじゃないですか?詰め替え用も販売されていて、価格はなんと500円!

ドラッグストアやスーパーでもサクッと購入できる手軽さも良いと思います。

ちふれ美容液ノンアルコールタイプは化粧水の後に使用するのですが、乳液やクリームの代わりにすることもできます。

ちふれの化粧品って価格が安いものが多いですよね。その理由は徹底的なコストダウンによるものなんです。

公式サイトには、ちふれ美容液ノンアルコールタイプの全成分、分量、配合目的まで記載されているので、安すぎてなんだか怖い・・・という心配はご不要です!
hoshitsu_chifure_hontai1
こちらがちふれ美容液ノンアルコールタイプです。
hoshitsu_chifure_hontai2
ちふれらしいシンプルなボトルですね。ボトルはさとうきびから作られた環境にやさしい素材なのだそうです。
内容量は45mlです。

使い方は、化粧水で肌を整えた後に2滴~3滴を手にとってお顔にやさしくのばします。
hoshitsu_chifure_tec1
ちふれ美容液ノンアルコールタイプは透明の美容液です。

hoshitsu_chifure_tec2
うーん。とろみが強くて、いかにもヒアルロン酸!という感じのなじみ方です。
hoshitsu_chifure_tec3
なじんだ後はしっとりですが、ここまでなじむまでにちょっと時間がかかるかな?という感じ。
hoshitsu_chifure_tsu
色が透明なのでわかりにくいんですけど、ちふれ美容液ノンアルコールタイプをなじませているところです。
目安量がお顔全体で2滴~3滴とすごく少ないんですけど、のびがすごく良いのでお顔全体になじんだ後にも手のひらにヒアルロン酸を感じます。首にもつけてあげてお手入れ終了!

ちふれ美容液ノンアルコールタイプを使ってみてどうだった?

この価格で保湿美容液の効果が実感できたらホント優秀だな~と思っていたのですが、なかなか良いですよ!
ただ、ここは好き♪と思ったところと、あれれ?と感じたところがかなりハッキリわかれてしまったので、わたしが気に入ったところとイマイチなところをまとめてみますね。

★気に入ったところ

・とにかく安い!コスパ最強!
・使用量が少なくてOK
・なじんだ後のサラサラ感が気持ち良い!
・肌の表面がサラッと仕上がるので、メイクに入りやすい

★イマイチなところ

・なじむまでにちょっとだけ時間がかかる
・スキンケアの仕上げにするには物足りない(乳液などを使えばOK!)
・セラミド配合保湿美容液と比較すると保湿力が物足りない

お値段を考えたら高品質だと思うのですが、今回はヒト型セラミド配合の保湿美容液も試しているので、どうしてもちふれ美容液ノンアルコールタイプが劣る点が出てきちゃうんです。

刺激がなくて肌にもやさしいと思うのですが、特徴がないな~とも感じました。
500円で購入できるところは本当に魅力的ですが、わたしはもうちょっとお金をかけても良いから、実感度が高い保湿美容液が良いかな~って思いました。

ちなみにわたしはちふれ美容液ノンアルコールタイプをAmazonで購入したのですが、価格が928円だったんです。公式サイトに載ってるお値段を後から見てビックリしてしまいました!

ちふれ美容液ノンアルコールタイプを試す際は、ちふれのお店やドラッグストラなどで購入した方が安く手に入れられると思います。

5位:ライスフォース ディープモイスチュアエッセンス

ライスフォース ディープモイスチュアエッセンス
ライスフォース ディープモイスチュアエッセンスは「ライスパワーNo.11エキス」という独自の有効成分がたっぷり配合された保湿美容液です。

ライスパワーNo.11エキスは、お米を約90日間かけて発酵させて抽出したエキスです。もちろんお米は100%国産で、日本で製造されています。

ライスパワーNo.11エキスは肌の水分保持機能を改善する効果がある成分として2001年に新規認可を受けています。ライスフォースも医薬部外品として認められているんですよ。
hoshitsu_rice_shikumi
ライスパワーNo.11エキスを塗る前と塗った後で比較すると約2倍も肌内部のうるおいが保たれるのだそうです。
肌が自分の力でうるおいをキープする力を上げるってすごいことですよね!

ディープモイスチュアエッセンスは「米肌美人 ライスフォーストライアルキット」でお試しすることができます。

トライアルきっとは2種類あって、化粧水・美容液・クリームの3点セットが900円、化粧水・美容液・クリーム・美白美容液・UV化粧下地の5点セットが1,400円です。
hoshitsu_rice_set
こちらは5点セットです。トライアルセットはライスフォースを初めて利用する方限定で、どちらかワンセットしか注文できないので、5点セットの方が人気があります。

hoshitsu_rice_hontai
ディープモイスチュアエッセンスです。ボトルがすごくきれい!吸い込まれそうなブルーですよ!

hoshitsu_rice_tec
テクスチャーはゆるゆるの乳液タイプです。

hoshitsu_rice_tec2
少しクルクルするだけで肌に吸い込まれるようになじんでいきます!浸透力がすごいですよ。
hoshitsu_rice_tec3
なじんだ後はサラサラです。全部肌に入っていきました!という感じで、表面には何も残っていません。すごいです~!こんな使い心地のハンドクリームがあったら欲しいと思っていたらドライスキンクリームが売ってた。これも気になる~!
hoshitsu_rice_tsu
ディープモイスチュアエッセンスは、洗顔と化粧水の後に使います。ほうれい線にそってマッサージしながらのばしていくとさらに良いらしいですよ。
乾燥が気になる目元などは重ね付けをします。

ライスフォース ディープモイスチュアエッセンスを使ってみてどうだった?

ディープモイスチュアエッセンスは化粧水の後に使って、その後にクリームを塗るのですが、ディープモイスチュアエッセンスだけでもしっかりうるおいを感じます。保湿力は本当にありそうです。

ただ、わたしはディープモイスチュアエッセンスを使ったら、頬が少しだけかゆくなってしまいました。今回は5種類の保湿美容液を試したのですが、かゆみがでたのはディープモイスチュアエッセンスだけだったので、合わなかったのかもしれません。

肌の保湿力が上がるという効果は本当にありそうと感じたので、残念に思いつつ本製品の値段をチェックしたら、なんと30ml(約2か月分)で10,000円!定期購入をすると割引がありますが、それでも9,000円です。

わたしには合わないようでしたし、お値段的にも厳しいので本製品のリピはないと思いますが、トライアルセットは10日間ライン使いできるので、お得だと思いますよ!

※以下は女子リキの他のレビュアーさんの記事です。

5つの保湿美容液を使ってみた感想

いや~!楽しかった(*^▽^*)
タイプの違う保湿美容液を5つも使うと、効果や使用感の違いをかなりしっかり実感できます。

わたしにはETVOSのモイスチャライジングセラムが効果的にもお財布的にもピッタリってわかったし、やってみて良かったです!

ランキングの理由を簡単にご説明しますね。その前に内容量、価格、保湿成分を一覧にしてみます。

1位:ETVOSモイスチャライジングセラム
内容量と価格:50ml 約2か月分で4,000円 定期購入で3,600円
保湿成分:ヒト型セラミド(セラミド1・2・3・5・6II)

2位:ノブ バリアコンセントレイト
内容量と価格:30gで5,400円 使用期間目安の記載なし
保湿成分:天然型セラミド

3位:ディセンシア アヤナス「エッセンス コンセントレート」
内容量と価格:36g 約1.5か月分で8,100円、定期会員価格7,290円
レフィルが,560円、定期会員価格が6,804円
保湿成分:セラミドナノスフィア

4位:ちふれ 美容液 ノンアルコールタイプ

内容量と価格:45ml 公式サイト掲載600円、詰め替え用500円 使用期間目安の記載なし
保湿成分:ヒアルロン酸

5位:ライスフォース ディープモイスチュアエッセンス
内容量と価格:30ml 約2か月分で10,000円 定期購入すると10%~最大25%割引
保湿成分:ライスパワーNo.11エキス

1位のETVOSモイスチャライジングセラムは、保湿にとても有効なヒト型セラミドのセラミド1・2・3・5・6IIが配合されているのに、お値段はちふれ美容液ノンアルコールタイプの次にお安いんです。
高配合なのに価格はお手頃なので、文句なしの1位です!

2位と3位はかなり僅差でした。わたしが肌があまり強くなくノブは敏感肌にとって信頼できるブランドということと価格面からノブ バリアコンセントレイトを2位にしましたが、糖化、黄ぐすみが気になる方はディセンシア アヤナス エッセンス コンセントレートの方があっていると思います。

ディセンシアも敏感肌向けなので、肌があまり強くない方は、エトヴォス、ノブ、ディセンシアのトライアルセットで検討してみると良いと思います。それぞれプチプラなので、この3点を全部購入しても5,402円です!

4位のちふれ美容液ノンアルコールタイプは、保湿成分がヒアルロン酸なので全体的に2番手という印象でしたが、お値段はものっすごい安さですよね。お財布事情は厳しいけど、保湿美容液は使いたいという方にとっては抜群の製品だと思います。

ヒアルロン酸はセラミドと比べたら保水力は劣りますが、様々な化粧品に使われていますし安定感があります。

5位のライスフォース ディープモイスチュアエッセンスは、かゆみがでちゃったので最下位にしましたが、ライスパワーNo.11エキスはとっても気になります!

ライスフォースは年齢肌が気になる方からの支持が高いので、保水力を上げることでエイジングケアをしたい方はトライアルセットから試してみて下さいね。

「保湿=セラミド」みたいな説はよく聞いていたのですが、実際に使ってみてセラミドのすごさがよーーーくわかりました。

本当に保湿力が高いのに、肌が元々持っている成分なので低刺激ですし、セラミドはこれから積極的に使っていこうと思っています。大げさなようですが「敏感肌こそセラミドじゃない?」と思うくらい、今回は大きな発見がありました。

ノブのところでも解説しましたが、セラミドはバリア力を高めるためにも必要な成分だと思うので、お肌が弱い方にも注目していただきたいです!

スポンサードリンク

PAGETOP