食パン簡単アレンジレシピ9選 朝食やおやつに!

食パン簡単アレンジレシピ9選 朝食やおやつに!
食パンって私たちの食生活でかなり身近な食材ですよね?
スーパーやコンビニで簡単に手に入りますし、そのまま食べたり、焼いたりすればすぐに食べられるので常備しているという人も多いはず。
食パンは、お値段も経済的ですし、朝食やおやつ、お弁当、小腹が空いた時なんかにも重宝してくれます。

食パンの定番の食べ方と言えば、バターを塗ったり、マヨネーズを塗ってトーストするというのがありますが、いつもそればかりだとさすがに飽きてきてしまいますよね?
実は、食パンってアレンジ次第で色々な食べ方ができてしまうんです!

食パンの食べ方のバリエーションが増えたら、それだけ時短で手軽にお腹を満たすことができちゃいます。

今回はそんな食パンを使ったアレンジレシピを9つご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

 


もくじ

 

食パンアレンジレシピ【おかず編】

まずは食パンでしっかりとお腹を満たしたい時におすすめな食パンアレンジレシピをご紹介していきます。

ピザ風チーズトースト

ピザ風チーズトースト
定番の食パンレシピである、チーズを載せて焼くレシピ。それだけだと物足りない人におすすめなのが、ピザ風チーズトーストです。普通に市販のとろけるチーズを載せて焼くだけではなく、少し食材をプラスすることで、簡易のピザのようになりますよ!

<材料>
・食パン 1枚
・とろけるチーズ 1枚
・バジル 3枚
・プチトマト 1個
・マヨネーズ 適量

<作り方>
食パンにマヨネーズを塗り、その上にとろけるチーズを載せます。
008shokupanare
さらにカットしたプチトマトを載せてトースターで焼きます。食パンが焼けたら、ちぎったバジルを載せて完成です。

<ピザ風チーズトーストレシピのポイント>
ピザは生のトマトも一緒に焼いて食べることが多いので、プチトマトも一緒に焼いてしまいます。プチトマトを載せてチーズなどと一緒に熱を加え、焼き上がったらバジルをかけるという順番にすることで、よりピザ風に仕上げることができます。使用するバジルは生バジルがおすすめです。

※マヨネーズの代わりにオリーブオイルと塩をかけてもおいしいです。オリーブオイルと塩の場合は、食パンとチーズが焼き上がって、その他の材料を載せてから、オリーブオイルと塩を上からかけるようにします。

スポンサードリンク

 

卵がメインのラピュタパン

卵がメインのラピュタパン
いわゆるラピュタパンであるこちらのレシピ。映画を見て、「おっ、おいしそう・・・」と食べてみたくなった人も多いはず。ラピュタパンは鉄板ですが、やはり食パンレシピとご紹介しないわけにはいきません。ボリュームがあるので、食べた後の満足度は高いこと間違いなしですよ!

<材料>
・食パン 1枚
・卵 1個
・マヨネーズ 適量

<作り方>
食パンの端の四隅に、小さな壁を作るようにマヨネーズを塗っていきます。
食パンにマヨネーズを塗っていきます
そこに卵を割り入れます。トースターに入れて卵に熱が通るまで焼いていきます。
002shokupanare
卵の表面が白くなって熱が通ったら完成です。

<卵がメインのラピュタパンレシピのポイント>
食パンにそのまま卵を載せてしまうとこぼれてしまうので、マヨネーズで壁を作るのがポイントです。食パンに卵を載せただけだと味もないので、マヨネーズがあることによって味付けもできてしまいます。焼き上がったらお好みでこしょうをかけてもおいしくいただけますよ!

※卵に熱を通そうとすると、どうしてもトーストする時間が長くなってしまいます。そうすると食パンが焦げてきてしまうので、トースターは温度調整ができる場合は低温で焼いた方が焦げにくくなります。温度調整ができない場合は、ホイルで食パンの下や周りを覆うと焦げの防止になります。

スポンサードリンク

 

お弁当にもぴったり!食パンロールウインナー

食パンロールウインナー
食パンとウインナーって相性が良いですよね?それを合わせて作るこちらのレシピは、お弁当にもおすすめです。こちらのレシピではハーブ入りのウインナーを使用していますが、もちろん普通のウインナーでもおいしくいただけますよ!

<材料>
・食パン
・ハーブ入りウインナー
・セロリ(葉の部分を使用) 
・塩
・オリーブオイル

<作り方>
食パンは耳の部分を切っておきます。
食パンの耳を切る
ホイルにハーブ入りのウインナーを載せ、トースターで中に熱が通るまで焼きます。耳を切った食パンもトースターで焼いていきます。両方焼けたらラップの上に食パンを載せ、その上にオリーブオイル少々、塩少々をかけ、さらにセロリの葉とハーブ入りのウインナーを載せます。
005shokupanare
食パンの端からラップごとくるくると巻いていき、巻き終わったらラップの両端をねじってキャンディ―の包みのような形にしてしばらく置いておきます。
006shokupanare

しばらく置くと食パンがロール状に形が固定されるので、適当な大きさに切ったら完成です。

<食パンロールウインナーレシピのポイント>
ラップにくるんで固定したら、そのままお弁当としても持って行くことができます。オリーブオイルと塩をケチャップやマスタードでアレンジしてもOKです。ケチャップやマスタードの場合はホットドッグに近い感じになりますよ。

納豆トースト

納豆トースト
納豆と食パンは家に常備している食材のトップに入りますよね?
この組み合わせは結構チャレンジなので、試してみたけど断念したという人も少なくないはず。筆者もその一人なのですが、今回再挑戦してみることにしました。納豆と食パン以外に家に常備しているあるものをプラスすることで、結果良い感じになりました。一度断念した人にもおすすめの食パンアレンジレシピです。

<材料>
・食パン 1枚
・ひきわり納豆(粒でも可)1パック
・マヨネーズ 適量
・七味 お好みの量

<作り方>
納豆は付属のたれを入れて混ぜます。納豆が混ざったら、食パンの上に載せていき、さらに上からマヨネーズを適量かけます。
010shokupanare
トースターでマヨネーズに焼き目がつくまで焼いていきます。焼き上がったら、七味をかけて完成です!

<納豆トーストレシピのポイント>
納豆トーストで気になるのがやはり強烈なにおいというのがあると思います。納豆大好きな筆者ですが、お米×納豆の組み合わせと食パン×納豆の組み合わせでは、食パン×納豆の方がにおいを感じやすい傾向にあるようで、筆者もそのにおいが気になりました。

そこでプラスしたのが七味です。
七味は辛さをプラスするだけではなく、風味もプラスすることができます。風味は時にくさみを抑えてくれるので、納豆にもかけてみたところ、それまで前面に出てしまっていたにおいが七味と合わさって抑えられました。

むしろ大豆のうま味も感じられたので、納豆トーストに再チャレンジしたい人はこちらの食パンレシピはおすすめですよ。

食パンアレンジレシピ【甘い物・おやつ編】

食パンはおかず系だけではなく、甘い物にも変わってくれる優秀食材です。「甘い物が食べたいなぁ」って気分になのに、家に何もないってことありますよね?そんな時に食パンと組み合わせたら、立派なスイーツに早変わりしてくれるアレンジをいくつか紹介していきます。

チョコトースト

チョコトースト

<材料>
・食パン 1枚
・チョコレート お好みの量
・ココナッツオイル 少々

<作り方>
食パンにココナッツオイルを少々、チョコレートをお好みの量載せて、トースターで焼きます。
023shokupanare
チョコレートの形は変わらずに柔らかくなるので、溶けるまで待つのではなく、トースト時間は3分ぐらいでOKです。焼けたらココナッツオイルとチョコを伸ばして完成です。

<チョコトーストレシピのポイント>
食パンとチョコレートだけだと、あまり物足りない仕上がりになってしまうので、ココナッツオイルをプラスするのがポイントです。ココナッツオイルにより、ココナッツの風味がプラスされるので、チョコトーストの味をグンっとリッチなテイストにしてくれます。

ココナッツオイルがない時は、バターでもOKです。その時も同じように、トーストする前にバターとチョコを載せてください。

スポンサードリンク

 

あんこ×バタートースト

あんこ×バタートースト

<材料>
・食パン1枚
・あんこペースト(あんこのジャム)お好みの量
・バター 少々

<作り方>
食パンをトーストしたい人はトーストをしてからバターを少々塗ります。
015shokupanare
その上から市販のあんこペーストかあんこのジャムをかけたら完成です。トーストをしない人はそのままバターを塗って同じようにその上からあんこのペーストかあんこのジャムをかけたら完成です。

<あんこ×バタートーストレシピのポイント>
あんこはそのまま食べてももちろんおいしいですが、バターをプラスすることで軽いコクを出してくれます。味はあんパンや東海地方の喫茶店などでよくみかける小倉トーストのような感じなので、ぜひお試しくださいね!

バナナトースト

バナナトースト

<材料>
・食パン 1枚
・バナナ 約2分の1本
・シナモンシュガー 少々

<作り方>
バナナは適当な薄さで輪切りにしていきます。
012shokupanare
輪切りにしたバナナを食パンの上に載せていき、トースターで焼いていきます。
013shokupanare
バナナにある程度熱が通り、上からシナモンシュガーをかけたら完成です。

<バナナトーストレシピのポイント>
バナナは生で食べることが多いですが、焼いてもとてもおいしいんです。焼くことによって香ばしさがプラスされるので、食パンとの相性もばっちりです。シナモンシュガーはなくても良いですがお好みでプラスすると、よりスイーツ感が増しますよ!

マシュマロトースト

マシュマロトースト

<材料>
・食パン 1枚
・マシュマロ 9個

<作り方>
食パンにマシュマロを並べていきます。熱を加えるとマシュマロが溶けてくるので、9個ぐらいが載せる量としてはおすすめです。
025shokupanare
トースターで焼いて、マシュマロの表面がきつね色になったら完成です。

<マシュマロトーストレシピのポイント>
マシュマロは焦げやすいので、トーストする時はいつもよりも時間を短くしましょう。焼き上がった直後は熱いので、食べる時はやけどをしないように注意してくださいね。甘いマシュマロがチーズのように伸びて、とってもおいしい一品です。

プリントースト

プリントースト
プリンと食パンがこんな大変身を遂げるなんて!と驚きのレシピです。一度は絶対に試してみる価値ありのおすすめレシピです。

<材料>
食パン 1枚
プリン 1個

<作り方>
ホイルをまずは用意します。ホイルの四隅を小さな壁を作ります。(食パンが入る大きさにする)
018shokupanare
017shokupanare
食パンをそのホイルの中に入れ、上からプリンを落とします。
019shokupanare
プリンをスプーンなどで崩したら、
020shokupanare
トースターに入れて10分前後焼いていきます。
021shokupanare
焼き上がったらトースターから出し、お皿の上に載せたら完成です。

<プリントーストレシピのポイント>
食パンにプリン?!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、この組み合わせはあるものに大変身します。プリンの材料がヒントになるのですが・・・何だと思いますか?

正解は“フレンチトースト”です!

プリンの基本的な材料は、卵、牛乳、砂糖なので、言われてみるとフレンチトーストを作る時に使用する材料と同じですよね?フレンチトーストは材料を混ぜて浸して、フライパンで焼いてと少し時間がかかりますが、プリンを使ってトースターで焼いてしまえば、簡単にできてしまいます。

ポイントはホイルで壁を作ってその中で焼いていくことです。そうしないと焼いている最中にプリンが溶けて、トースターの中が溶けたプリンで大変なことになってしまいます。
ホイルも漏れないようにきっちりと四隅を合わせてくださいね。

食パンのおすすめ保存法

食パンは賞味期限内に食べきるに越したことはないですが、食べきれない時もありますよね?賞味期限内に食べきれず、カビが生えてしまった経験がある人もいらっしゃると思います。

そんな時におすすめの保存方法が“冷凍庫で保存する”こと。これならカビが生える心配も減るので、長期保存ができるようになります。食パンは常備しておくと便利な食材ですし、アレンジレシピ以外にも、冷凍しておいたものをほぐせば、生パン粉もすぐにできてしまうので、揚げ物の際にも助かるんです。

冷凍保存した食パンはそのままであればトースターに入れて焼くだけで良いですが、上に何かを載せて焼く場合は、少し常温で置いて、凍った食パンを溶かしてから食材を載せてトーストするようにしてください。

 
今回は食パンのアレンジレシピ“おかず編”“甘い物・おやつ編”の両方をご紹介しました。

食パンを載せて焼くだけではなく、ロールするという方法もありますし、食パンを厚みのあるものにしたら、また違った食感でボリュームのある食パンアレンジを楽しむことができます。

おなじみの食パンにアレンジを加えることで、こんなにたくさんレシピが広がります。いつものトーストするだけに飽きてしまった人も、そうでない人も今回ご紹介した食パンアレンジレシピをぜひ試してみてください!

スポンサードリンク

PAGETOP