VIO脱毛の全剃り(事前処理)何回する?本当に必要?

VIO脱毛の全剃り(事前処理)何回する?本当に必要?
VIOのムダ毛が減って形も整ったら自分にすごく自信が出ること間違いなしなのですが、VIO脱毛をするにはデリケートゾーンのムダ毛を全て剃っておかなければいけません。

最初はこの全剃りにすごく抵抗があるんじゃないかなーと思いますので、VIO脱毛前の事前処理でアンダーヘアの「全剃り」が必要な理由や、何回くらい全剃りしないといけないのか?などなど、気になる疑問を徹底解説します!


もくじ

 

施術前の事前処理VIOラインの「全剃り」「全照射」は絶対必要?

VIOラインの毛量を薄くしたい場合は全剃りが絶対に必要になります。なぜ全剃りが必要なのかという理由については、脱毛で毛量が減る仕組みを考えてみると納得がいくと思います。

光脱毛と医療レーザー脱毛では、ムダ毛の1本1本に照射して毛を間引くということはできません。

そこでVIOラインを全て剃ってから全体に照射して、生えてくるムダ毛そのものをだんだん減らしていくというのが、光脱毛・医療レーザー脱毛で毛量を減らす唯一の方法ということになるんです。

また、今生えているアンダーヘアを全て剃って全体に照射すると、新たに生えてくるムダ毛がふわふわの柔らかい毛になるという効果もあります。

元々VIOラインのムダ毛が薄くて毛量を減らす必要がない方は全剃りの必要はありません。小さくしたいところまでVIOラインの周囲を剃るだけで大丈夫です。

ただ形を整えるだけでも全剃りをしてVIOラインの毛量を同じように減らしておくと、ムダ毛が生えている部分と生えていない部分の境がわかりにくくなり、よりナチュラルなアンダーヘアになります。

最初はアンダーヘアの全剃りに抵抗があると思いますが、全剃りした方が仕上がりはキレイになりますよ。

アンダーヘアの「全剃り」は何回必要?

ハイジニーナ(無毛)にしたいなら、最後まで全剃りをする必要があります。ただ、脱毛が進むにつれてムダ毛の量が減ってくるので脱毛前と比べると事前処理はかなりラクになりますよ。

全体的に毛量を薄くした後に形を整えるなら、毛量に満足できたところで、アンダーヘアの全剃りをストップして、次からは小さくしたい範囲だけを剃ることになります。
アンダーヘアの全剃りをする回数は元々の毛量や減らしたい量によっても変わってきますが、2回~3回は必要になると思います。

VIOの毛量がとても多い方が脱毛サロンで毛量を減らすなら多くて6回程度必要になることもあります。医療レーザー脱毛なら3回程度の全剃りで済むこともあるそうです。

ただし、毛量や減らしたい理想の量には本当に大きな個人差があるので、1回の全剃りで大丈夫な場合もあります。

脱毛効果でムダ毛が抜けると、また生やしたいと思っても生やすことができないので、脱毛サロンのスタッフさんと相談して慎重に進めて下さいね。

筆者が実際に全剃りした回数(脱毛サロン)

わたしは2店舗の脱毛サロンでVIOラインを脱毛しました。サロンに通った回数は合計16回くらいです。

なぜこんなに多くなってしまったのかというと、最初のお店ではIラインとOラインの脱毛をやっていなくて、その頃のVライン脱毛はショーツからはみ出す部分を指すことが一般的だったからです。

1店舗目に2年通ってる間にIラインOラインの脱毛も当たり前になってきたので、思い切って違うお店でVIOライン全体を処理することにしたんです。

1店舗目には8回通いました。このときはVラインの周囲だけしか照射しなかったので、全剃りはしていません。ショーツからはみ出す部分だけを剃って照射してもらっていました。

2店舗目ではIライン・Oラインの脱毛と正面から見たときにムダ毛が見えなくなるくらい形を小さくして欲しいとお願いをしたので、ここから8回は毎回全剃りをしました。(ここまで極端に形を小さくする必要がなければ、全剃りは最初の数回だけで大丈夫なのでご安心くださいね!)

最初は剃ることにも慣れていないし時間が経ってチクチクと生えてくるのも不快だし、すごく抵抗があったのですが、2回くらいで全剃りにも慣れましたよ。

アンダーヘアを全剃りした時の彼氏の反応が心配

VIOラインの全剃りをするとしばらくはツルツルですし、数ミリ伸びてくるとあの見苦しいチクチクの時期もあります。

アンダーヘアの脱毛、毛量を減らすうえで仕方がない時期ではあるのですが、彼氏や旦那さんなど、パートナーの反応はとても気になるところだと思います。

自分が気になるからといってスキンシップを断ってしまうと逆に彼に余計な心配をさせてしまうことにもなりますので、パートナーがいる場合はVIOラインの脱毛を始めたことをきちんと伝えると良いと思います。

脱毛には全剃りが必要なことを上手にパートナーに伝えよう!

脱毛をすると衛生的で下着からもはみ出さないし、生理のときの不快感も減ることなどを話して、脱毛をするためには何回が全剃りしないといけないと脱毛サロンから言われていることを落ち着いて説明すれば彼氏もわかってくれると思いますよ。

何も伝えていない状態で、デリケートゾーンの全剃り状態を見られるとすごくビックリされることもあるので、恥ずかしいかもしれませんがパートナーには事前に伝えておくことをオススメします。

デリケートな話を打ち明けることで、信頼感がアップすることもありますので、彼氏を信じてきちんと説明をしましょう。

いつもアンダーエアを全剃りしておく必要はない

VIOゾーンの全剃りは脱毛サロンに行く2日くらい前にするだけで良いので、脱毛期間中だからといって、ずーっとシェービングをしておく必要はありません。

わたしも脱毛サロンに行く2日前に全剃りをして、前日と当日に剃り残しをチェックするようにしていました。

脱毛効果でツルツルorまばらに生えてしまうことはある

脱毛してしばらくするとムダ毛がスルスルと抜けてくるんです。この抜け落ちの期間はムダ毛がまばらになったり、ツルツルになってしまうこともあります。

脱毛効果がちゃんと出ているということなので、とても良いことなのですが、このアンダーヘアの状態も彼が見たらびっくりしてしまうと思います。

脱毛の途中はこういう感じになるのが普通のことで、きちんと効果がでている証だということを合わせて伝えると良いと思います。

デリケートゾーンのチクチクを彼に嫌がられるかも・・・

アンダーヘアが生えかけのチクチクの期間は彼氏にも我慢してもらうしかありませんが、伸びてきたらヒートカッターで毛先を処理するとチクチクを軽減することができますよ。

ところで、男性って女性のVIO脱毛やアンダーヘアのことをどう思っていると思います?

アンダーヘアのことを指摘されると誰と比べてるの??という感じもするし気持ちが良いものではないですが、なるべく彼の理想通りにしたいというのも女性ならではのやさしさだと思います。

女子リキでは男性120人に女性のハイジニーナ(無毛)に関する徹底アンケートを行いました。男性の本音がわかる結果となっていますので、参考までにぜひご覧ください。

ちなみに以下では、男性100人に好みのアンダーヘアの形はどんな形なのか?アンケートを実施しましたので興味がある方はご覧ください。

サロンもクリニックもVIOの全剃りは自分でやるの?

シェービングは基本的には自分で行っておきます。シェービングサービスがあるサロンもありますが、VラインとIラインは自己処理をしてきてくださいと言われることがほとんどだと思います。

初めてのときはすっごく心配も多いと思いますが、デリケートゾーンの自己処理は「慣れ」で、回数を重ねると上手にできるようになりますよ。それにサロンで剃ってもらうと時間が長くかかってしまうので、できるだけ自分でやっておいた方が施術当日に気がラクだと思います。

ただ、Oラインなど手が届きにくいところ、見えにくいところはケガをしないためにもシェービングサービスを利用すると安心だと思います。

剃り残しのシェービングサービスの有無や料金はサロンによっても変わってくるので、有名店のVIOシェービングサービスをご紹介します。

VIOラインの剃り残し 各脱毛サロン・クリニックの対応は?

ミュゼ
Oラインのみ無料でシェービングしてもらえます。VラインとIラインは剃り残しがあるとその部分を避けての照射になるか、処理をお断りされることもあります。

エピレ
シェービングサービスなし

キレイモ
回数パックプラン:無料で剃ってもらえます
月額制:1,000円で有料シェービング

銀座カラー
原則シェービングサービスはありません。VラインとIラインに剃り残しがあるとその部分には照射してもらえません。Oラインだけはお店で剃ってもらえますが、フェイス用のシェーバーを持参する必要があります。

ディオーネ
Oラインなど手が届かない部分は無料で剃ってもらえます。

湘南美容外科
1部位につき500円の有料シェービング。

リゼクリニック
無料で剃ってもらえます。

アリシアクリニック
Oラインの剃り残しは無料で剃ってもらえますが、IラインとVラインのシェービングをお願いする場合は事前予約が必要で有料になります。

・新宿クレアクリニック
VラインIラインは事前処理が必要です。Oラインは無料で剃ってもらえます。しかも、自分専用の電動シェーバーを用意してもらえて、消毒、保管までクリニックで行ってもらえます。

剃り残しの対応って、脱毛サロン・クリニックによって本当にバラバラですよね。

シェービングサービスと剃り残しがあった場合の対応については、カウンセリングでしっかり確認しておく必要がありそうです。

VIOラインを安全に全剃りする方法

VIOラインは形も複雑ですし、見えにくい、手が届きにくい部位でもあります。肌を傷つけてしまうと脱毛を断られてしまうので、安全に全剃りする方法を確認しておきましょう。

わたしも実際にやっていたデリケートゾーンのシェービング方法をVライン、Iライン、Oラインに分けてイラストでご紹介します。

VIOを全剃りしたらデリケートゾーンがチクチクかゆい!対処法は?

アンダーヘアを整えるための自己処理なら、ヒートカッターでムダ毛をカットすればチクチクを避けることができるのですが、脱毛の事前処理で全剃りする場合は、どうしてもシェーバーを使うことになるのでチクチク期間を避けることができません。

VIOラインはショーツとの摩擦もありますし、全剃りするとチクチクかゆい期間がどうしてもでてきてしまうんです。

ムダ毛がヒートカッターを当てられるくらいの長さになったら毛先をヒートカッターで処理すればチクチクはかなり軽減されますが、それまでは別の対処法が必要になります。

・できるだけ摩擦を避ける
チクチクは摩擦でも起こるので、毛が伸びてくるまではピタッとしたショーツやスキニーなどのキツめの服装を避けて、余裕のあるショーツやゆったりしたスカートにすることもチクチクの対処法になります。

肌が弱い方はショーツの素材で肌がかゆくなることもあるので、綿や絹でできているショーツにすることも良い方法です。

摩擦を起こさないという意味では、ジョギング、ウォーキングなどのスポーツを控える、足を組まないことなども有効です。

・保湿をする
冬の乾燥の時期にカサカサしている部分がかゆくなることがありませんか?肌は乾燥するとかゆみがでてくるので、保湿をするだけでもかゆみを軽減することができます。

保湿剤はデリケートゾーン専用のものがオススメです。美白ができるデリケートゾーン用保湿剤もありますよ!

・熱いお風呂に入らない
体温が上がるとかゆみを感じやすくなるので、熱すぎるお風呂、シャワーは避けましょう。

・かゆいときは冷やしてみる
光脱毛、医療レーザー脱毛を行った部分は、肌の内側に熱がこもっているので、普段よりもかゆみを感じやすくなっています。VIOラインにムズムズとした違和感があったら保冷剤などで冷やしてかゆみを落ち着かせましょう。

・かゆくてもかかない!
これもとっても大切で「かゆいからといってボリボリとかきむしってしまうと余計にかゆくなります」し、肌が傷つき血がにじむことも。VIOラインは皮膚がとても薄いので、かいた跡が色素沈着に繋がることもありますよ。

れりけーとゾーンがチクチクかゆい期間は全剃りをしてから1週間~2週間くらいです。しばらくすると、アレ?最近かゆくないかも?という感じで自然と落ち着いてきます。下着や服装で対応して、この時期を乗り切りましょう!

VIO脱毛の前日にやってはいけないこと

VIOラインの脱毛をする前日にやってはいけないことをまとめます。

・毛抜きでの自己処理
ムダ毛を抜いてしまうと光やレーザーがうまく反応しません。脱毛期間中の毛抜きはNGです!

・日焼け
脱毛は日焼けしている肌に行うことはできないので、日焼けは絶対にダメです。日焼けしていると脱毛を断られてしまいますよ。

・肌の乾燥
肌が乾燥していると痛みを感じやすくなります。乾燥がひどいと脱毛できない場合もあります。

・飲酒
目安として、脱毛前後12時間は飲酒を避けましょう。アルコールで体温が上がると痛みを感じたり毛穴がポツポツと赤くなってしまうことがあります。VIOラインにかゆみも出やすくなるので、飲酒も注意を守りましょう。

・体温が上がること
マッサージ、エステ、スポーツ、サウナなど体温が上がることは避けましょう。

・予防接種
目安として脱毛の前後10日間は予防注射はできません。

VIOラインを全剃り・全照射してもまた生えてくるの?

VIOラインの毛を全部剃ったり全体に照射してしまうと、ハイジニーナ(無毛)になりそうでなんとなく不安がある方もいらっしゃると思いますが、その心配はまったく必要ないですよ。

VIOラインのムダ毛は全身の中でも抜けにくい部位なので、回数も多くかかりがちなんです。だから最初の数回、全剃り・全照射してもすぐに無毛になることはありません。

むしろ今生えているアンダーヘアを全部剃ってしまって全体に照射することで、ムダ毛が柔らかくなり女性らしいふわふわのヘアになるというメリットもあります。

アンダーヘアの毛量も理想どおりになりますし、全剃り・全体照射はVIO脱毛に必要なステップです。

脱毛サロンに行くたびにアンダーヘアがツルツルになるのはちょっと・・・

光や医療レーザーを照射すると、1週間~2週間くらいしたらムダ毛がスルスルと抜け始めるので、しばらくはほぼ無毛の期間ができてしまいます。

このツルツルの期間をなるべく短くするには、全剃り&全体照射と、形を整えるためのシェービング&部分照射を交互に行うという方法があります。

全剃りするのはVIO全体に照射して毛量を減らすためなので、連続して行わないといけないわけではありません。1回目は全剃りして全体に照射して、2回目は形を整えたいところだけに照射して、3回目はまた全剃り・・・と交互に進めていくこともできるんです。

★つまりこういうこと!

・パターン1「最初の数回で全剃り&全体照射を済ませて後で形を整える」
最初の何回かでVIOを全剃り&全体照射をして毛量を減らします。脱毛を始めて何回かはツルツルになる期間が連続してしまいますが、脱毛初期の頃はまた毛が生えてくるので、ずーっと無毛というわけではありません。
脱毛後半はアンダーヘアの形を整えるだけでOKなので、全剃りの必要がなくなり無毛期間はなくなります。

・パターン2「契約回数全体の中でタイミングを見て全剃り&全体照射と形を整えるための部分剃り&部分照射を交互に行う」
VIO形の形を整えるための照射と毛量を減らすための全体照射を交互に行います。2か月に1回ペースで通う場合は、ツルツルになる期間は4か月のうち数週間だけということになります。

これを何度か繰り返し、満足できるまでアンダーヘアの毛量が減ったら全剃りはそこでストップして、形を整えるための部分剃りに切り替えます。

全体照射と部分照射を交互に行うと、ある程度の期間をかけて毛量を確認しながらVIO脱毛を進めることができるというメリットもあります。

気になることや不安なことがあったら脱毛サロンのスタッフさんに相談して、なるべく快適にVIO脱毛を進められるように頑張って下さいね!

スポンサードリンク

PAGETOP