沖縄「あざまサンサンビーチ」ハートの鐘やシュノーケルなどをレポート

沖縄「あざまサンサンビーチ」ハートの鐘やシュノーケルなどをレポート
沖縄県南城市(なんじょうし)知念(ちねん)にある「あざまサンサンビーチ」は、那覇から車で40分程度の距離。
都市部に近い立地ながら、美しい海が特徴の人工ビーチです。
003azamasansan

最近では、ハートモチーフが付いたビーチのシンボル「太陽(てぃーだ)の鐘」を鳴らすと幸せと縁結びのご利益があるとして人気のパワースポットにもなっています。
023azamasansan
今回はそんな「あざまサンサンビーチ」をレポートします!シュノーケルやアクセス方法や駐車場もご案内します!

スポンサードリンク

 


もくじ

 

1.あざまサンサンビーチとは?

琉球王国最高の聖地「久高島」。その久高島を結ぶ船が一日6往復する「安座間港(あざまこう)」に隣接するのが2000年にオープンした人工ビーチ「あざまサンサンビーチ」です。

正面に久高島を臨むその立地から、最近のスピリチュアルブームにのっとり、ビーチ自体がパワースポットと称されることも。

あざまサンサンビーチは水質基準の最高ランク「AA」
また、透明度の高い海は、水質基準の最高ランク「AA」に認定されており、眺めるだけでも癒される美しさです。

沖縄では4月に海開きがあり、10月までがシーズンとなっていますので、約半年間海水浴が楽しめるのも嬉しいですね。
005azamasansan
本島の東南部は潮の満ち引きで、引き潮の時はかなり沖まで水が引いてしまって泳げなくなる場所が多いのですが、あざまサンサンビーチはその影響を受けることなく泳ぐことができる貴重なスポット。(ただし、波が荒い時には遊泳禁止になることも)
006azamasansan
ビーチには更衣室、トイレやシャワー、さらにクラゲ防止ネット※も完備され、監視員の方も常駐していますので、お子様連れでも安心して泳げるビーチとして、観光客だけでなく地元の人にも人気のあるビーチなのです。※沖縄の海には、猛毒のハブクラゲが生息しており、刺されて死亡する事故も毎年起こっています。遊泳禁止区域では泳がないようにしましょう。
あざまサンサンビーチのシャワー室とトイレ
(こんな感じの立派なシャワー室とトイレがビーチに2箇所あります)
008azamasansan
シーズン中は浜辺の東屋でバーベキュー(沖縄ではビーチパーティーといいます)を楽しむ多くの方でもにぎわいます。シーズン外でも、その広い砂浜を活かしたドッグラン行事など幅広く活用されているビーチなのです。

スポンサードリンク

 

2.あざまサンサンビーチへのアクセス

(1)車で行く場合

あざまサンサンビーチ駐車場
あざまサンサンビーチには、約350台が収容できる広い駐車場があります。ビーチ利用は無料ですが、駐車場は有料です。料金は固定で1日500円。

二輪車は100円です。1時間でも、ビーチの開場から閉場まで停めても同じ料金。入口で料金を払ってから駐車するシステムになっています。
010azamasansan
(駐車場から海の反対方向を眺めたところ。反対側は小高い山と森になっており、海が見える高台にそってロケーションカフェが何軒もあります)

付近の海沿いには、世界遺産・斎場御嶽に加え、その景観を活かしたロケーションカフェや絶景ポイント「ニライカナイ橋」さらに、南に下った場所には天然の景観が楽しめる「新原ビーチ」もありますので、車を運転できる場合はぜひ海沿いドライブを楽しみたいですね。

なお、駐車場は平置きで、屋根などがある場所はありません。沖縄の日差しは強烈なので車内に飲食物は残さないようにしましょうね。

スポンサードリンク

 

(2)バスで行く場合

あざまサンサンビーチのバス停
あざまサンサンビーチへのバスは、那覇から1時間に1~2本程度走っています。バス会社は東陽バス、経路は38番・志喜屋線です。

最寄りのバス停は「安座真サンサンビーチ入口」です。そこから坂を下り、5分程度歩くとビーチの入口につきます。(次の「知念海洋レジャーセンター前」からでも、まあ歩けない距離ではないです。行きは下り坂だし)
012azamasansan
ところで、ビーチ名は「あざまサンサンビーチ」なのですが、バス停の名称は「安座真」と漢字で書いていたり、「あざま」とひらがなで開いていたりとどちらが正しいのかよくわかりませんでした。あまりこだわりがない模様です。

⇒こちらが東陽バス38番・志喜屋線の時刻表です。

那覇バスターミナル(2017年5月現在工事中のため、始発は「上泉(かみいずみ)」バス停に変更)からバスが出ています。

「上泉」バス停は那覇バスターミナルからから歩いて5分ほど。ゆいレール(沖縄都市モノレール)を使う場合、最寄り駅は「旭橋」です。

沖縄本島の路線バス案内システム「バスなび沖縄」で最寄りバスが検索できるようになっています。

スマホアプリのダウンロードもできますので、バスで沖縄本島を回るなら必携です。

3.あざまサンサンビーチのアクティビティ

(1)海水浴

013azamasansan
ビーチは遊泳区域が限られていて、向かって左側です。あまり広くなく、深くもないので、泳ぐというよりは水遊びにぴったり。奥の方は潮の具合によっては少し深くなっていますので気を付けて。
014azamasansan
ライフセーバーの方が見守ってくれているので安心です。

テントやパラソル、サマーベッドや浮き輪に加え、ゴーグルやライフジャケットも貸し出しサービスがありますので、水着とタオルさえあれば海水浴が楽しめます。
また、飲み物を冷やすクーラーボックスや食べ物や荷物を置けるテーブルなども貸し出してくれます。
015azamasansan
海水浴場は、天候、風向きや波の具合によっては遊泳禁止になる場合があります。こちらのプレートでお知らせしていますよ。

(2)ビーチスポーツ(ビーチバレーなど)

あざまサンサンビーチのビーチバレーなど
ビーチバレー、ビーチサッカー、ビーチゴルフのコートが整備されていて、ボールやスティックは貸し出しがありますので、手ぶらで楽しめます。

(3)マリンスポーツ(シュノーケリングやバナナボートなど)

マリンスポーツのシュノーケリングやバナナボート
あざまサンサンビーチでマリンスポーツを申し込みたい場合は窓口で。ジェットスキーなどの持ち込みは禁止です。また、あざまサンサンビーチには、サンゴ礁を見る「グラスボート」はありません。

あざまサンサンビーチのマリンメニューは以下です。

・バナナボート
・ビックマーブル
・ハーフパイプ
・マリンジェット
・シュノーケリング(ビーチエントリー/乗物からのエントリー)

018azamasansan
予約は事前に電話でも可能ですし、中央広場すぐの場所に事務所がありますので、当日思い立って申込しても空きがあればOKです。

(4)ビーチパーティー(バーベキュー)

あざまサンサンビーチのビーチパーティー(バーベキュー)
沖縄のビーチの楽しみ方の一つとして忘れてならないのが、ビーチパーティー!
もしグループで沖縄旅行に行かれるなら、ぜひチャレンジしてほしいアクティビティの1つです。

沖縄では夏の風物詩となっているビーチパーティーは、ビーチでするバーベキューのこと。沖縄の方は実はあまり海に入ったり泳いだりすることはしないのですが、海水浴をしなくても海を見ながらバーベキューするのが大好き。

そのため、バーベキューが可能な人気ビーチでは、週末の予約や場所取りの争奪戦が起こったりするほどで、2ヶ月前から予約を受け付けているビーチもあるくらいです。

大体お昼~夕方、場合によっては(ビーチによっては)夜まで、ずーっと飲んだり食べたりしゃべったりしています。メンバーも入れ代わり立ち代わりで自由(つまりユルイ)のがビーチパーティ。
020azamasansan
「バーベキューなんて、準備が大変そう……」
と思うかもしれませんが、沖縄のビーチでは、事前予約しておけば器材も食材も(ビールサーバーまで…)全てレンタル可能なので、手ぶらで来ても大丈夫(むしろ持ち込み不可だったりするところも多い)です。

さらに、ビーチパーティー用に屋根付きテントが設営されているビーチも多かったりします。

そんなビーチパーティー会場の中でも、あざまサンサンビーチではりっぱな屋根がある東屋(あずまや)も完備されているのがポイントで人気のパーティ会場となっていますよ。

「今年の夏は沖縄でビーチパーティーして来た」……とっても楽しそうな響きじゃないですか?

訪れたこの日は、遠足で来た中学生の団体がバーベキューを楽しんでいました。沖縄の遠足がこんな美しい海を見ながらバーベキューなんて、ちょっと…….かなり、沖縄の学校生活が羨ましくなりましたよ~

4.新たなパワースポット!?あざまサンサンビーチのハートモチーフ「太陽(てぃーだ)の鐘」

あざまサンサンビーチの太陽(てぃーだ)の鐘
あざまサンサンビーチで近年大注目のスポットが「ハートの鐘」。もしかするとこのページにも「あざまサンサンビーチ ハート」で検索されていらっしゃった方もいるかもしれませんね。「太陽(てぃーだ)の鐘」が正式名称です。
022azamasansan
場所はとってもわかりやすく、ビーチ中央にある遊泳区域と遊泳禁止区域の間を通る堤防の上の遊歩道。まっすぐ海まで歩いていくと、正面奥にその鐘があります。
あざまサンサンビーチのハートの鐘
鐘の眼前は海、そしてその海の向こうには、太陽が昇る東側に位置する神様の島「久高島」。なんともご利益がありそうな立地です。

「太陽(てぃーだ)の鐘」を鳴らすと、良い縁が来る、恋がかなう、幸せになれるといったジンクスがささやかれているとあって、最近ちょっとした人気のパワースポットになっているのも頷けます。

ハートの中にはカップルたちがたくさんの書き込みをしているそうですが……まだシーズン初めなのか、定期的に取り換えているのか?まだそこまでは書かれてないような?
024azamasansan
(南城市ではハートのモチーフのものが多いように思いますがそれは南城市自体がハートの形をしているからです。良く見ると市の花「ハイビスカス」のマークもハートモチーフにあわせています。)

025azamasansan
一人でここまで歩いていって鐘を鳴らすのも、真剣度MAXみたいな感じで恥ずかしかったのですが、せっかく来たのだからと鳴らしてきました。
控えめに鳴らしたつもりが、思いのほか音が響きました。心の声(叫び?(笑))でしょうか。良いご縁がありますように……

026azamasansan
私が帰りかけたその時、観光客らしき家族連れの方々が幸せそうに鐘を鳴らしていましたよ。目の前は海なので、音を大きく鳴らしても大丈夫!確かにお子さんとか喜びそうです。
027azamasansan
堤防の上はお散歩にちょうど良い距離。きれいな海ですが、意外と波が高いので遊泳区域外では海に入らないようにしましょう。

スポンサードリンク

 

5.あざまサンサンビーチでのお食事・カフェ

あざまサンサンビーチでのお食事・カフェ
あざまサンサンビーチにはいわゆる「海の家」はありませんが、ビーチ内に小さなカフェがあります。マリンスポーツの受付と同じ場所です。飲み物は自販機もあります。
お食事はここから海沿いのドライブルートに、海が見えるカフェやレストランなどが充実していますので、そちらで食べるのも素敵ですよ。

6.あざまサンサンビーチに行ってみよう!

029azamasansan
那覇から近く、設備が整っているのでちょっとした海水浴にピッタリな「あざまサンサンビーチ」。

開園時間は午前10時~午後6時(7・8月は午後7時)。花火などは禁止で、ペットは入れません(シーズンオフにドッグランとしてイベント開放する場合がありますが基本的に禁止です)。

030azamasansan
あざまサンサンビーチは、ちゃんと管理されているビーチなだけあって、禁止事項も多いですが、とっても綺麗で快適な場所なので沖縄旅行に来たらぜひ行ってみてくださいね。
美しい海を見るだけでも癒されますよ!

☆あざまサンサンビーチ
http://okinawa-nanjo.jp/beach/
http://www.kankou-nanjo.okinawa/tokusyu/view/azama

スポンサードリンク

PAGETOP