肘(ヒジ)・膝(ヒザ)黒ずみ【原因・対策・改善ケア方法】

肘(ヒジ)・膝(ヒザ)黒ずみ【原因・改善・対策ケア方法】
肘(ヒジ)・膝(ヒザ)の黒ずみの原因や美白・改善する様々なケア方法を解説します。また、黒ずみケアクリーム3商品(イビサクリーム・ラスター・ピューレパール)を試して感じた効果、感想や重層を使った肘や膝の黒ずみケアを試したレビュー等も公開します。


もくじ

肘や膝の黒ずみ原因

肘や膝の黒ずみは、ボディソープで洗ってもキレイにすることができません。見た目の印象を悪くする肌の黒ずみは、複数の原因が考えられます。正しい方法でお手入れするためにも黒ずみ原因をチェックしておきましょう。
 

肘や膝の黒ずみを招く最大の原因「肌摩擦」

肌の黒ずみを招く大きな原因は、肌の摩擦です。肌の摩擦は、毎日着用している衣類にはじまり、床や机などの接触、スキンケアでの洗浄など、あらゆる場面で起きています。

肌の摩擦が大きいほど、ダメージを受けた事による「メラニン」を分泌させます。メラニンは、色素沈着を引き起こす原因となるため、過剰に分泌されると黒ずみとして色素が肌に残ってしまいます。

通常、健康な素肌は、肌の生まれ変わりであるターンオーバー機能により、古い角質を剥がれ落とし、新しい皮膚に生まれ変わるためキレイな素肌を保つ事ができます。

しかし、加齢や食生活の乱れにより、ターンオーバー機能が低下している方は、古い角質が蓄積して黒ずみ化しやすいため、透明感のあるキレイな素肌を保つためには、摩擦によるダメージに気を付けなければいけません。

特に、肘や膝の部位は、頬杖をついたり膝立ちなど、生活習慣によって肌摩擦が生じやすいので、黒ずみが起きやすい部分に圧力を加えないように気を付けましょう。

肘と膝の黒ずみに繋がる「ムダ毛処理の肌ダメージ」

肘と膝は、皮膚が薄いため肌へのダメージを受けやすい部位です。そのため、ムダ毛処理によるダメージで、肌が黒ずみ化してしまう事があります。

自己処理によるお手入れで、無理にムダ毛を引っ張る毛抜き、脱毛、肌の表面に傷を付けてしまう剃毛は、色素沈着を引き起こすメラニンが過剰に分泌されます。

黒ずみが起きやすい肌環境を作っている事に繋がるため、肌負担が少ないムダ毛処理を行いましょう。肘と膝は、ムダ毛が薄く柔らかい軟毛です。

正しいムダ毛処理方法で行う事はもちろん、目立ちにくいムダ毛なのでお手入れ頻度を控えるなどして、肌刺激を抑える事も大切です。

肘と膝の乾燥肌に要注意「バリア機能が低下し黒ずみに」

肘と膝は、皮脂腺が少ないため乾燥が起きやすい部位です。肌が乾燥してしまうとバリア機能が低下し、肌ダメージを受けやすい肌環境を作ります。

また、ターンオーバー機能も乱れてしまうため、黒ずみが起きやすくなります。肘と膝がカサカサになっている方は、乾燥による黒ずみが起きやすいので気を付けましょう。

10代、20代の頃は、お手入れをしなくても肌の潤いをキープできますが、30歳を過ぎた頃から加齢による潤い不足が起きやすくなります。黒ずみを予防したい方は、黒ずみができる前に保湿ケアを始めましょう。

保湿のやりすぎに要注意「毛穴の皮脂汚れは黒ずみに」

肘・膝の黒ずみを防ぐためには、保湿は重要なスキンケアのお手入れの1つになります。しかし、保湿ケアのやりすぎは皮脂の毛穴詰まりを引き起こし、かえって黒ずみを招く原因に繋がります。

特に、オイル成分が含まれた保湿化粧品は、酸化によって毛穴が黒ずんでしまいます。肌のベタつきを感じる時は、皮脂が過剰に分泌されているサインです。余分な皮脂を洗い流し、清潔に保ってから適度な保湿ケアを行う事が、黒ずみを防ぐためのポイントとなります。

徹底ケア!肘&膝の黒ずみを改善する方法

肘と膝の黒ずみは、1度できるとキレイにする事が難しい肌トラブルです。ガンコな黒ずみをキレイにするための効果的なお手入れ方法をまとめました。

美白クリームで肘・膝の色素沈着による黒ずみを改善

肘・膝の黒ずみ原因で多いメラニンの色素沈着は、「美白成分」が配合されたクリームを使って、肌のお手入れを行うのがおすすめです。

シミ・そばかすを改善するための美白クリームは、色素沈着によるメラニンを抑制するなど、黒ずみの改善にも有効な成分が配合されています。

フェイスケア用の美白クリームだけではなく、黒ずみ対策向け商品として、デリケートゾーンや、肘・膝用の美白クリームも販売されています。お風呂上りなど、清潔にした肌に美白クリームを使い続ける事で、透明感のあるキレイな素肌へと導きます。

ただし、美白クリームを選ぶ時は、安全性が確認されている製品を使うようにしてください。肌が白く抜けてしまう白斑の症状が起きる可能性があるので、副作用・アレルギーに注意し、厚生労働省で認可されている美白成分を含んだ製品を使うようにしましょう。

自分で出来るスクラブ・ピーリングで肘・膝の黒ずみ改善

角質ケアが行えるスクラブ・ピーリング剤は、真皮部分に達する前の表皮部分に色素沈着を引き起こしてしまった黒ずみの改善に有効です。

古い角質をキレイにすることで、明るい透明感のある素肌が蘇ります。ただし、乾燥肌・敏感肌の方には、肌ダメージが大きいお手入れになるので、コンディションに合わせてスクラブ・ピーリングケアを行うようにしましょう。

角質除去のお手入れは、やりすぎると必要な角質まで洗い流してしまうため、肌ダメージに弱い敏感肌を作ります。普通肌や脂性肌の方も、週に1回程度の頻度を目安にしてください。

エステでも黒ずみのお手入れができる

毛穴の皮脂汚れや古い角質の蓄積による黒ずみは、エステサロンの施術メニューでも改善する事が可能です。

黒ずみの改善には、フルーツ酸などを使用したピーリングによる角質の除去、洗浄による皮脂汚れの除去、マッサージによる血行促進ケアが有効です。お肌の状態に合わせて施術メニューを選びましょう。

ただし、黒ずみケアはフェイシャル(顔)用のメニューとしているサロンが多く、肘・膝の黒ずみをピンポイントでお手入れしてくれるエステサロンが少ないため、どの部位の施術が可能か?事前に確認するようにしてください。

ブライダルメニューの1つとして、肘の黒ずみケアメニューを取り入れている場合もあるので、ボディトリートメントを積極的に取り入れているサロンをチェックしてみましょう。セルフケアとは異なり、リラックスしながら黒ずみケアをできる点がエステサロンの魅力です。

皮膚科&美容クリニックで肘・膝の黒ずみを美白

皮膚科・美容クリニックでは、セルフケアやエステサロンのお手入れでは、改善する事ができないガンコな黒ずみをキレイにする事ができます。

ドラッグストアなど、一般的なお店では手に入れる事ができない高濃度成分が配合された美白クリームの処方、薬剤を使用したケミカルピーリング、エステサロンでは行えないレーザー施術など、クリニックならではの黒ずみ改善に効果的なメニューが豊富に用意されています。

治療には、保険が適用されないものが多いため費用コストはかかりますが、効果が高いというメリットがあります。

また、医師が常住しているので、万が一のトラブルにも適切な対処を施してくれるため安心です。これまで、色々な黒ずみケア対策を行ってきたにも関わらず、改善効果が表れなかった方におすすめです。

ハイドロキノン・トレチノイン

ハイドロキノン、トレチノインは、皮膚科で処方する事ができる美白効果のある塗り薬です。メラニンの生成に関わるチロシセナーゼの働きを抑制するため、色素沈着による黒ずみの改善に有効です。

通販サイトなどでは、個人輸入する事も可能ですが、海外製の製品は日本人の肌には、濃度が高すぎる製品もあるので皮膚科で処方してもらう方が安心です。

イオン導入

医療用のイオン導入は、ビタミンCを肌の奥まで浸透させる事により、くすみや黒ずみが起きている部分を透明感のある肌へと導きます。家庭用やエステサロンのイオン導入よりも効果が高いので、クリニックでのイオン導入は実感力があると評判です。

ケミカルピーリング

薬剤を使用して、マイルドな酸の力でピーリングによる黒ずみケアを行います。古い角質や毛穴に溜まっている老廃物をキレイにする事ができるので、肌の代謝も高まり明るい素肌へと導きます。

レーザー治療

色素沈着によるガンコな黒ずみに対して、レーザーを照射してお手入れをしていきます。レーザー照射後、照射部分がかさぶたになり、数日でキレイな素肌に変化します。個人差があるため、1回の照射で効果が表れる方もいますが、期間をおいて数回繰り返し治療を受ける方もいます。

<参考>しみ・そばかす:高須クリニック

口コミで人気の肘や膝の黒ずみにおすすめの美白クリーム

黒ずみケアにおすすめの美白クリームを肘・膝のお手入れに使用してみました。人気商品の使用感や効果をレビューします。

ワキの黒ずみケアで人気のピューレパールを使ってみた

ピューレパール

ピューレパールは、ワキの黒ずみケアで人気が高い商品ですが、バスト、ビキニライン、肘、膝、くるぶしなど、デリケートな部位を含む全身のお手入れに使用できる美容ジェルです。使い心地満足度は100%と高く、多くの女性から支持されています。

ピューレパールは、通販サイト限定で販売されている商品です。注文後は、説明書と一緒に美容ジェルが届きます。
003hijihizakurozumi
手のひらに収まるコンパクトサイズなので、おでかけの際にも持ち運びができます。

004hijihizakurozumi
柔らかくみずみずしいテクスチャーは、ひんやりとした肌触りでほのかに植物の花のような甘い香りがあります。

005hijihizakurozumi
使用前の肌の状態です。乾燥から肌がくすみやすくなり、黒ずみが起きるようになりました。

006hijihizakurozumi
ピューレパールを黒ずみ部分に塗ると、肌の潤いがアップしました。すぐに黒ずみがキレイになる事はありませんが、肌がなめらかになるので使い心地の良さは評判通りです。

007hijihizakurozumi
使用目安量は1円玉大ですが、私は肌の乾燥が強いので、少し厚めにクリームを塗ってみました。しっかりと肌に馴染ませるとゴワつきが軽減され、キメが整いワントーン明るくなったように感じます。

ピューレパールの有効成分

ピューレパールの有効成分

ピューレパールには、美白成分として「プラセンタエキス、ビタミンC誘導体、米ぬかエキス」の3種類に加え、「ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド」の潤い成分を配合しています。

トリプルアプローチで肌を守りながら、黒ずみに対して効果的な美白アプローチを行えるため、敏感になっている肌にも安心して使えます。着色料、紫外線吸収剤、石油系界面活性剤、合成香料を含まない無添加処方なので、肌への刺激も最小限に抑えています。

ピューレパールを使ってみた感想

ピューレパールは、乾燥してデリケートになっている肌に使用しても、刺激を感じる事はありませんでした。とろみのあるテクスチャーなので、液だれしにくく肌に吸い付くようなクリームなので、美容成分をしっかりと浸透させる事ができました。

膝・肘のような関節部分にも使いやすい製品です。ただし、黒ずみが複数の部位にある場合、1個の容量は少なめなのでコスパが良いとは言えません。携帯しやすいコンパクトなサイズよりも、もう少しボリューム感のあるサイズの方が嬉しかったです。

※女子リキの他のライターさんもピューレパールを試したみたいです。

膝の黒ずみケア1位のLusTer(ラスター)を使ってみた

LusTer(ラスター)
LusTer(ラスター)は、膝の黒ずみケア人気ランキング第1位。リピート率91.8%の薬用美白濃密クリームです。雑誌掲載率も高く、多くのメディアから注目されています。

ラスターの美白クリームは、通販サイトからwebまたは電話からの注文で、すぐに商品が届きます。

010hijihizakurozumi
一見すると黒ずみケア用とはわからないオシャレなデザインのパッケージなので、友人や恋人に見られても恥ずかしくありませんよ。

011hijihizakurozumi
ひざ下の黒ずみ対策用として誕生した美白クリームのため、先端が細いデザインで少量ずつクリームを出す事ができます。

指先にクリームを乗せられるので、ピンポイントの部分使いに便利です。真っ白でしっとり感が強いテクスチャーのクリームは、伸びが良く少量でも広範囲に使えるため、パール大の容量で脚全体をお手入れする事ができます。

012hijihizakurozumi
長年の摩擦で黒ずみを引き起こしている肌です。全体的にくすんでいるので、透明感がなく暗い印象です。

013hijihizakurozumi
ラスターを黒ずみ部分に塗ってみました。乾燥している肌の潤いがアップし、みずみずしい印象の肌になりました。

014hijihizakurozumi
何度か使っていくうちに肌が柔らかくなり、肌が明るくなったように感じます。短期間で黒ずみがキレイになる事はありませんでしたが、使い続ける事で効果が期待できると思います。

ラスターの有効成分

ラスターの有効成分

ラスターには、美白成分として厚生労働省にも認可されている「トラネキサム酸」をはじめに、「アルピニアカツマダイ種子エキス、党参抽出物加水分解液、油溶性甘草エキス、グリチルレチン酸ステリアル」の5種類の美白成分を配合しています。

さらに、黄ぐすみの原因である肌の糖化を防ぐ「ウメ果実エキス」が含まれているので、肌全体を透明感のある明るい素肌へと導きます。

ラスターを使ってみた感想

ラスターには、ダマスクローズ、ジャスミン、ゼラニウムが含まれているため、花のようなハーブ植物の香りがします。

使うたびに精油を使っているかのような香りに包まれ、リラックス効果を得る事ができます。やや重みのあるクリームですが、液だれしにくいので、肘や膝の黒ずみケアには適したテクスチャーです。

ひざ下向けの美白クリームとして販売していますが、顔にも使えるのでシミ・そばかすケアとしても使う事が可能です。クリーム自体は高めのお値段ですが、色々な部位に使えるのが嬉しいです。

デリケートゾーンの黒ずみ対策で人気のIbiza(イビサ)クリームを使ってみた

Ibiza(イビサ)クリーム

Ibiza(イビサ)クリームは、顧客満足度96.7%。脱毛サロンが開発に携わったデリケートゾーン向けの黒ずみケア美白クリームです。アンダーゾーン、バスト、ワキだけではなく、肘や膝のお手入れにも使えます。

イビサクリームは、通販サイトのみの販売です。デリケートゾーン向けの美白クリームのため、梱包には商品の詳細がわからないように届けてくれます。黒ずみケア商品と記載されないので、黒ずみケアを周りにバレる事なく始められるため、家族と同居している方にも安心です。
017hijihizakurozumi
みずみずしいテクスチャーは、伸びが良くゲルに近い使い心地です。潤い力が高く、少量の使用でも広範囲に塗布する事ができます。

018hijihizakurozumi
こちらは使用前の肌の状態です。黒ずみが濃い部分は、乾燥でゴワついています。

019hijihizakurozumi
イビサクリームを付けると乾燥していた肌が潤い、しっとりとした肌質に変わりました。肌の水分量がアップしただけで、黒ずみ部分が明るくなったように感じます。

イビサの有効成分

020hijihizakurozumi

美白成分の「トラネキサム酸」に加え、「カモミラエキス、サクラ葉抽出液、ダイズエキス、オウゴンエキス」4種類の天然植物エキスが配合されているため、黒ずみ原因となるメラニンの生成を抑えます。合成香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラベン5つの無添加コスメなので、肌への刺激を抑えた優しい美白クリームです。

イビサを使ってみた感想

イビサの美白クリームは、デリケートな部位にも使用できるので、肘・膝だけではなく顔にも使ってみました。

刺激を感じる事なく使えるので、敏感肌の方にも黒ずみケアとして継続しやすいクリームだと思います。

清涼感のある爽やかな香りのクリームなので、使用後の肌のニオイが気になる事もありません。すぐに黒ずみが消えるわけではありませんが、有効成分もしっかりと配合されているので、続けて使えば黒ずみが解消されそうです。

※女子リキの他のライターさんが試した時のレビュー記事もあります。

手作りコスメで人気の重層で肘や膝の黒ずみをケアしてみた

重層で肘や膝の黒ずみをケア
重曹は、タンパク質を分解するアルカリ性成分のため、角質除去に効果がある事から手作りコスメの材料として人気があります。そこで、重曹を使って肘・膝の黒ずみケアをしてみました。

料理や掃除に使える重曹は、ドラッグストアや100円ショップで手軽に購入する事ができます。
022hijihizakurozumi

重曹を適量出して水を少量加えます。
023hijihizakurozumi

とろみがあるテクスチャーになったら重曹パックの完成です。
024hijihizakurozumi

重曹パックを黒ずみが気になる部分に乗せます。
025hijihizakurozumi

こすらずにそのままの状態で、10分程度放置します。重曹は粒子が粗いため、研磨効果があります。肌をこするとダメージが大きくなるので注意してください。
026hijihizakurozumi
パックした重曹は、水またはぬるま湯でキレイに洗い流します。すすぎ後は、保湿ケアをして黒ずみケアの完了です。

重曹で黒ずみケアをしてみた感想

重曹パックでお手入れをした後は、古い角質がキレイに剥がれ落ちたようで、スッキリ感が得られました。

肌のゴワつきとザラつきが軽減し、保湿ケアをする前からしっとりとした肌質に変化しました。そのままにしておくと乾燥が進んでしまうので、保湿クリームで潤いを与えると肌のくすみが改善し、ワントーン明るくなったような印象に変化しました。

軽めの黒ずみなら、重曹でも改善効果が期待できると思います。ただし、重曹でのお手入れは、やりすぎると肌のバリア機能が低下してしまうので、ゴワつきやザラつきが気になった時に定期的にケアするのがおすすめです。

肘・膝に黒ずみができないように予防する

1度、肘・膝に黒ずみが出来てしまうと、キレイな素肌に戻すためには根気良くスキンケアを続ける事が必要です。簡単に黒ずみを解消する事が難しいため、黒ずみを作らないための対策ケアを早めに取り入れましょう。

肘・膝にも日焼け止めを!紫外線によるダメージを予防

肘や膝は、日焼け止めの使用を忘れがちです。紫外線による肌ダメージは、メラニンを分泌させ、色素沈着の大きな原因を招きます。

肌の露出が増えてくる時期は、肘や膝の日焼け止めを忘れずに行いましょう。肌が敏感な方は、日焼け止めの成分が刺激となる事もあるので、肌に優しいノンケミカル製品を選ぶのがおすすめです。

日焼け止めで肌が荒れやすい方は、UVカットの洋服を着用するなどして、紫外線から肌を守るようにしましょう。

摩擦を減らして黒ずみを予防!肌に優しい衣類を身に着ける

肘・膝の黒ずみ原因となる肌摩擦の中には、衣類による摩擦も大きく関係しています。ポリエステル、レーヨンなどの化学繊維は、摩擦が起きやすいため、綿やシルクなどの肌に優しい天然素材の下着を身に着けるのがおすすめです。

特に、女性はナイロン製のストッキングを履く方も多いのですが、刺激が少ないシルク製の商品も販売されています。

肌が敏感な方は、ストッキングでかぶれ、かゆみが起きる事も多いので、不快さを感じている方は、黒ずみを招かないためにも、できるだけ優しい素材を選んで着心地を快適にさせましょう。

保湿クリームで肘・膝の皮膚を保護して黒ずみを防ぐ

肘・膝を日常生活で、机や床に肌を当てやすい方は皮膚を保護して、肌ダメージから守りましょう。

ダメージを最小限に抑えるためには、皮膚を潤いで守り、肌を丈夫にしてあげる事が効果的です。「ワセリン」や「シアバター」は、副作用・アレルギーリスクが低い保湿剤のため、肌に負担をかける事なく保護する役割を果たしてくれます。

保湿クリームは、肌の乾燥を防いで肌代謝を促す働きもあります。黒ずみ原因となるメラニンの排出を促し、色素沈着を抑える効果が期待できるので、黒ずみの予防・改善におすすめです。

角質が溜まりやすく、代謝が落ちている方は「尿素入り」のクリームで、肌を柔らかくしてから保湿すると潤い度がアップします。

肘・膝に黒ずみ対策に良い美白成分は?

美白化粧品で、肘・膝の黒ずみ改善のための対策を行う方は、厚生労働省で認可されている美白成分を配合した製品を選びましょう。

厚生労働省で認められている美白成分は、色素沈着によるメラニンの生成を抑え、安全性が確認されているものです。効果が高く、安心して使う事ができる製品の目安となるので、肌トラブルを招かないためにも成分に注目して選びましょう。

ビタミンC誘導体
アルブチン
コウジ酸
エラグ酸
トラネキサム酸
・カモミラET
・ルシノール
・プラセンタエキス
・リノール酸S

<参考>資生堂シミ予防研究所「美白有効成分」

これらは、美白化粧品によく使用される美白成分なので、美白化粧品選びの参考にしてください。

PAGETOP