乳首をピンクにする!黒ずみの原因・改善方法

乳首をピンクにする!黒ずみの原因・改善方法
「黒ずんだ乳首は、男性経験が多い証拠」などという何の根拠もない噂を、一度は耳にしたことがある人も多いと思います。

もちろん、乳首の黒ずみの原因が“男性経験”ではないことは、ほとんどの人がわかっています。

しかし心の片隅で「黒ずんだ乳首を男性は思うのだろうか」「ピンク色にした方がいいのだろうか」と密かに悩んでしまうのが乙女心というもの。

黒ずんだ乳首の色が、少しでも薄くなり、かわいいピンク色になってコンプレックスを解消できたら言うことありませんよね。

ここでは、乳首が黒ずむ様々な原因や、乳首をピンク色にする様々なセルフケア方法、治療方法を解説します。また市販の乳首の黒ずみ専用クリームを試した感想・効果も記載してますので是非、参考にしてください。


もくじ

乳首が黒ずむ原因

まず、黒ずみの原因について知っておきましょう。
乳首の黒ずみの原因は“メラニン色素”の働きによるものです。

メラニンと聞くだけで、シミやそばかすといったマイナスイメージを持っている女性もいると思いますが、本来、このメラニン色素の役割は、紫外線や外的刺激から真皮を守るためのもので、私たちの身体になくてはならない肌の防御反応です。

メラノサイトと呼ばれる細胞が、何らかの刺激を受けることでメラニン色素が生成されます。健康なお肌であれば、ターンオーバーによってメラニンが排出されるので、元の色に戻るはず・・・なのですが、様々な要因によってメラニン色素が肌に溜まり、定着してしまうと黒ずみになってしまいます。

メラニン色素が定着してしまう主な原因を以下にご紹介します。
日々の生活の中で、思い当たる点がないか、ぜひチェックしてみてください。

加齢

年を取るにつれて、お肌のターンオーバーは正常に機能しにくくなります。本来剥がれ落ちるべき、メラニン色素を含む古い角質は、そのまま肌に残ってしまい、これが黒ずみの原因になってしまいます。

ターンオーバーを促すマッサージやピーリングを行うことで、改善が見られる場合もあります。

妊娠・出産(ホルモンバランスの変化)

女性は妊娠すると、卵胞ホルモンや黄体ホルモンといった女性ホルモンの分泌が活発になります。このうち、黄体ホルモンには、メラニンを生成するメラノサイトを刺激する働きがあることがわかっています。

この黄体ホルモンは、出産によって胎盤が体外に排出されるまで、分泌され続けます。この時期は、乳首だけでなく、シミもできやすい時期なので、十分に注意しましょう。

授乳中

授乳中の乳首は、赤ちゃんに吸いつかれる摩擦による刺激から、肌を守ろうとするメラニン色素の本来の働きが高まります。

乳首の色だけでなく、乳首の皮膚も強くなります。妊娠・出産・授乳を終えると、自然にある程度はもとの色に戻ると言われていますが、人によっては、もとの色に戻りきらなかったり、黒ずんでしまったままのケースもあります。

乳首への摩擦

入浴時に、硬いナイロンタオルなどで、ゴシゴシ身体をこすって洗っていませんか?
そうでなくても乳首は、ブラジャーや衣類に触れ、常に摩擦が生じています。

このような外部からの刺激があればあるほど、皮膚を守るために、メラニン色素はどんどん生成されます。

乳首は普段、まじまじと観察する部分ではないだけに、気付いた時には、「昔と比べて乳首が黒くなった・・・」と感じる人もいます。

そうなる前に、乳首の保湿ケアをしっかりと行い、肌への負担を軽減しましょう。

日焼け(紫外線)

乳首は服に隠れているから日焼け対策は不要、と思っていませんか?
実は、紫外線は服も下着も通り抜けるそうです。

かといって、全身に日焼け止めを塗るのは現実的ではありませんよね。紫外線対策としては、UVカット素材のウェアや、色の濃い服を身に着けると良いそうです。
UVカットの日傘なども、ぜひ活用してください。

生まれつき乳首が黒い

ここまで読んでみたものの、「私の乳首は昔からピンク色ではなかった!黒ずみの原因は摩擦や加齢ではない!」と思う人もいると思います。

それもそのはず、実はもともとの体質的なメラニン色素の量は人によって様々です。

メラニン色素が少ない、つまり“肌の色が白い人”は乳首の色も薄く、逆にメラニン色素が多い、つまり“肌の色が黒い人”は乳首の色も濃くなる傾向があります。

事実、白人女性の乳首は薄いピンク色、黒人女性の乳首は濃い色をしています。
白人種と比べてメラニン色素の多い日本人の乳首は、色白の人の場合は薄い色だったり、色黒の人の乳首は濃い色だったり、個人個人で生まれつきの違いがあり、遺伝的な要素が大きいと言われています。

喫煙

喫煙によって血管が収縮することで、肌細胞が酸欠状態に陥ることで、肌のターンオーバー機能が低下してしまいます。長年喫煙習慣を続けると、顔のハリが失われ、シミやくすみが目立つようになる“タバコ顔”や“スモーカーズフェイス”の症状が出ると言われています。

こういった症状が出るのは顔だけではなく、全身に及び、見えない部分である乳首も同様に、黒ずみが促進してしまいます。

乳首をピンクにしたい!黒ずみを美白・改善(治療)する方法

乳首の黒ずみには、様々な原因があることがお分かりいただけたでしょうか?

当てはまる原因が見つかったという人でも、一番気になるのは、黒ずみが改善する方法があるのかどうか?ということですよね。

黒ずんだ乳首を、キレイなピンク色にすることはできるのでしょうか?

そこで、家庭で今すぐ簡単にできるホームケアから、クリニックで行われる治療まで、乳首の黒ずみを美白・改善する方法を調べてみました。

ヨーグルトに含まれるホエー(乳清)で乳首をピンクに!

家庭で簡単にできる方法のひとつに、ホエーを使った乳首の黒ずみケアがあります。

ホエーとは、ヨーグルトやチーズなど、乳製品を作る際に固形物と分離されてできた水溶液のことで、乳清とも呼ばれます。

なんだか分かりにくいですが、簡単に言うと、ヨーグルトの上澄み液のことです。
見たことありますよね。

このホエーは、高たんぱく・低脂肪で、水溶性ビタミンやミネラルといった高い栄養分を含んでいるそうで、 “メラニン生成やメラニン生成に関与する酵素の活性が抑制される”ことが明らかになっています。(参考:アロエおよびヨーグルトが及ぼすメラニン生成細胞への影響

「でも、市販のヨーグルトの上澄み液って少ししかないけど?」と思う人もいると思います。そう、何もしない状態だと、ヨーグルトの上澄み液はほんのわずかです。

でも以下の方法で、驚くほどたくさんのホエーを取り出すことができます。

ホエーの取り出し方

ヨーグルト、こし器、容器、キッチンペーパーを用意します。
001chikubikurozumi
容器の上にこし器をセットして、キッチンペーパーを敷いた上からヨーグルトを流し込みます。
002chikubikurozumi
ラップをして、冷蔵庫で一晩寝かせます。
003chikubikurozumi
一晩寝かせたものを取り出します。
004chikubikurozumi
005chikubikurozumi

しっかりとホエーが取り出され、ヨーグルト部分はチーズのようになっています。
この水切りヨーグルトはそのままパンに塗って食べても、クリームチーズのようで美味しいですし、レモン汁と蜂蜜、砂糖などを加えるとレアチーズケーキのようで、いろいろ楽しめますよ!

無事にホエーを取り出せたら、ホエーをコットンに染み込ませて乳首にあて、サランラップでカバーして3分ほどパックしてみましょう。

「3分って短くない?」と思うかもしれませんが、お肌に良い成分とは言え、化粧品として加工されたものではなく、あくまでも食品から取り出したものなので、あまり長くパックすると、皮膚刺激となってしまう可能性があります。
006chikubikurozumi

今回は乳首をお見せするわけにはいかないので、手の甲で使い心地を試してみました。
お肌にのせるとひんやりして、夏場は心地よさそうです。
007chikubikurozumi

<使用前>
008chikubikurozumi

<使用後>
009chikubikurozumi

ピリピリ感や刺激は全くありませんでしたが、使用前、使用後を比べてみても、残念ながら私の場合は、1回では全く変化を感じられませんでした。

トーンも上がらず、肌がしっとりした感じもあまりありませんでした。またチーズのようなキツイ匂いが肌に残るので、苦手な人もいると思います。

ちなみに、普通に食べても美白効果は失われないようですが、直接塗布するより効果は弱いそうです。

乳首の美白クリームや、クリニックでの治療に比べると、非常に安く乳首ケアすることは可能ですが、乳首の黒ずみを消す効果はかなり弱そうです。

徐々に美白できるのかもしれませんが、かなりの時間がかかりそうです。

また、ホエーを作ることからスタートしなければならないのも面倒ですし、時間も手間もかかりますので、個人的には毎日の乳首ケアとしては、ホエーはおススメしません。

黒ずみ専用のクリームやジェルで乳首をピンク色に!

インターネットでこっそり購入できる、乳首の黒ずみ専用のジェルやクリームもあります。非常に多くのケア用品が販売されていて、価格帯も数千円のものから1万円を超えるものまで様々です。

ネットの広告記事を見ていると、どれも乳首の黒ずみに効果がありそうだけど、「本当に信じていいのかな?」「一体どれを買えばいいのかな?」と迷ってしまいます。
そこで今回は、口コミで人気の高い「ホスピピュア」を実際に購入し試してみました。

口コミで人気のホスピピュアを乳首に試してみた

012chikubikurozumi
ホスピピュアは、大手美容外科である湘南美容外科クリニックが共同開発した乳首の美白専用クリームで、10~20代の女性の約9割から高評価を得ています(2015年シーオーメディカル調べ)。

シーオーメディカル公式サイトから購入することが可能です。

通常価格は1本9,000円(税抜・送料別)、3ヶ月以上継続する場合は1本5,500円(税抜・送料込)になりお得ですし、さらに90日間返金保証がついてくるので、万が一お肌に合わない場合も安心です。(2017年5月調べ)
ネットの口コミ掲示板を見てみても、大部分が「なんらかの効果を感じた」というものでした。

「使用して1週間程では変化が見られなかった」という人もいますが、「良さそうなので、長期で使い続けてみたい」という意見がほとんどです。

下でご紹介しますが、皮膚科で行われるトレチノイン・ハイドロキノン療法であっても効果を実感するには3ヶ月が目安と言われています。

ホスピピュアは薬ではないので、即効性を求めず、3ヶ月以上は気長に使用を続けるつもりではじめるのが良いと思います。

口コミを見ていると、乳首だけではなく、シミやそばかすにも塗っている人が多いです。
顔やワキ、ひじ、お尻、ひざ、くるぶしなどのくすみや黒ずみにも使用できるので、一本あると便利です。

ホスピピュアの大きな特長は、優れた美白効果が期待できる有効成分“トラネキサム酸”が配合されている点です。

ここでもう一度、黒ずみができるプロセスを確認しておきましょう。

①外部刺激によってメラノサイトが活性化される
②メラノサイトによってメラニン色素が生成される
③様々な原因によって、メラニン色素がお肌に沈着してしまう

従来の美白成分は、メラノサイトからメラニン色素が作られる②のプロセスを抑制したり、ターンオーバーを促すことで③のプロセスを防ぐものがほとんどでした。

一方、トラネキサム酸は、メラノサイト刺激因子そのものの働きをブロックするので、①のプロセスを抑制します。

そのため、より根本に近い部分での美白対策と言え、従来品と比べて優れた美白効果を実現できると言われます。

トラネキサム酸の他にも、ホスピピュアには、ルナホワイト(メマツヨイグサ)、プリンセスケア(ヒメフロウエキス)、海藻エキス、ニーム葉、アーティチョーク葉エキス、スギナ、ホップ、マツ、レモン、ローズマリー、大豆エキスなど、メラニンにアプローチできる成分のほか、肌サイクルを正常に整えるセイヨウナシ果汁エキス、保湿効果が期待できるシアバター、スクワランなどが贅沢に配合されています。

パラベンや香料、着色料など、お肌への刺激となる成分は含まれていないので、敏感肌の人でも安心・安全に使用できるのも特徴です。

シーオーメディカル公式サイトから購入の手続きをすると、翌日に届きました。
乳首黒ずみ専用クリームホスピピュアが翌日に届きました

ダンボールは外から見ただけでは何が入っているか、誰からの荷物か、わからないようになっており、プライバシーを気にする人でも安心です。
ホスピピュアのパンフレット

ダンボールを開けると、ホスピピュア本体と広告、パンフレットなどが入っています。
012chikubikurozumi

ホスピピュアを手に取ると、伸びが良く、しっとりとした軽めのテクスチャーで、香りはありません。
塗布すると肌にしっかりと浸透していく感じがあり、保湿力は高めです。
ホスピピュアのテクスチャー

ホスピピュアはエアレスポンプ式なので、最後まで清潔に使用できるのもポイントが高いです。
1回の基本使用量は手のひらに2cm(2~3プッシュ)です。
伸びが良いので広い範囲もしっかり塗れて、しっとり潤いますが、ベタつきは全くありません。
1日2回の塗布が推奨されています。

早速、ホスピピュアを乳首に試してみました

同じ美白成分でも、ハイドロキノン配合化粧品を顔に塗った際には、ピリピリとした感覚があり、赤みが出て、カサカサになってしまった経験のある私ですが、ホスピピュアは全く刺激がなく、赤みが出ることもなく、塗布直後はもちろん、翌日も明らかにしっとり潤っていました。

また、美白化粧品というと、これまでのものはさっぱりしたものが多く、どうしても保湿は二の次というイメージがありましたが、ホスピピュアは保湿美容液に劣らないほどの高い保湿力があるのも魅力です。
1週間、ホスピピュアを問題なく使用を続けることができました。
3日目くらいから、なんとなく乳首の黒ずみが明るくなってきたのを実感することができました!

使用前、使用後の画像で比べてみても明らかに色味が違います。
効果の全貌をお見せしたいところですが、さすがに場所が場所なので、乳輪部分の色をご覧ください。
014chikubikurozumi

もちろん、人によって効果の出方があると思いますが、私にはかなり合っていたようで、わずか1週間で、これだけ変化があるとはかなり驚きました。

ちなみにシミに使っている人も多いようなので、シミに悩む知人に依頼して、一週間塗り続けてみてもらいました。

劇的な変化ではないものの、若干、全体的なシミの色が薄くなっている気がします。
015chikubikurozumi

※女子リキの他のライターさんもホスピピュアを試しています。

皮膚科などクリニックで塗り薬を処方してもらう

「ホスピピュアを試したけど効果なかった」「セルフケアでは物足りない」という人は、クリニックで薬を処方してもらい、医師の指示のもとで治療することも可能です。

乳首の黒ずみを解消するために、皮膚科で行われる効果的な治療は「トレチノイン・ハイドロキノン療法」と呼ばれます。

トレチノインとハイドロキノンの主な働きは以下のとおりです。 

トレチノイン

ビタミンA誘導体であるトレチノインは、表皮の角化細胞を増殖させ、肌のターンオーバー機能を促進させます。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、シミ・そばかすの治療にも使われ、“肌の漂白剤”とも言われる成分で、メラニン色素を作り出すメラノサイトの活動を抑制する働きがあります。

トレチノイン・ハイドロキノン療法は、2種の塗り薬を併用したホームケア中心の治療で、乳首の黒ずみを改善する治療としては比較的価格が安いので、手軽にスタートできると人気の治療法です。

相場は3万円~5万円程で、およそ3ヶ月を1クールとしています。1クール終えた後は2週間お休みをして、さらに乳首の黒ずみを取りたい人は継続するのが基本です。

いずれも強い作用のある薬なので、治療開始後2~3週間までは皮膚に赤みがでたり、皮がポロポロめくれたりします。

これは肌のターンオーバーを促進させるプロセスでの正常な反応で、このプロセスを経て、メラニン色素が体外へ排出され、徐々に乳首の黒ずみが解消されていきます。

それでも、ヒリヒリしたり、ただれたりしてしまうと、「本当に大丈夫だろうか?」と途中で不安に感じる人もいると思います。

そんなときでも、クリニックで医師の指示のもと、治療を行っている場合は、定期的に診察へ行きますし、相談もできるので安心ですね。

美容皮膚科でレーザー治療

塗り薬よりも手っ取り早く「乳首の黒ずみを解消したい」「乳首をピンク色にしたい」という人は、美容皮膚科でレーザー治療することも可能です。
レーザー治療には主に2種類あります。

スイッチYAGレーザー

黒ずみの原因となるメラニンを確実に破壊するレーザー機器で、多くのクリニックで使われています。数回~数十回の照射が必要とされており、期間にすると数ヶ月かかります。

照射後1週間程度は、少し腫れを感じる人もいますが、ほとんどの場合、治療後から入浴も可能で、普段どおりの日常生活が送れます。

しかし、十分に黒ずみが取れなかったり、レーザー照射時に強い痛みを感じるというデメリットがあります。また、1回の治療費は2万円~3万円ですが、照射の回数が増えるごとにコストがかさんでしまうという点も注意が必要です。

ピコレーザー

最新技術であるピコレーザーは、QスイッチYAGレーザー治療よりも効果が高いと言われています。痛みもQスイッチYAGレーザーよりも抑えられたものになっており、治療回数も通常は1回で完了します。

照射後しばらくすると、照射した箇所が黒っぽく、かさぶたのような薄い膜ができます。
この膜が1~2週間ほどでぽろぽろと剥がれ落ち、1ヶ月程度で乳首の色が薄くなっていきます。日焼けしてしまったときのような感じをイメージすると分かりやすいと思います。

機械が最新、かつ高額であるため、導入しているクリニックがまだ少ないこと、また色素沈着の可能性があることがデメリットとして挙げられます。

1回の治療費は10万円~20万円程と高額ですが、なんといっても1回で済むことが多いので、ほとんどの人は、総コスト的にQスイッチYAGレーザーよりも安上がりです。

いずれのレーザー治療も、以下のような人は受けることができませんので、注意しましょう。

・日焼けしている人
・光過敏症、光アレルギーの人
・乳首ピアスなど、乳首付近に金属が入っている人
・光に敏感になる薬を服用している人

ちなみに、レーザー治療と同時にトレチノイン・ハイドロキノン療法を行うと、更に高い効果が期待できるそうで、美容クリニックによっては併用して治療するところもあります。

黒ずみが軽度の方はセルフケア・ひどい方はクリニックへ

ここまで読んで頂いた方は、乳首の黒ずみは決して改善できないものではないことをお分かり頂けたかと思います。

あとはどの方法でケアするか、またコストも気になるところですよね。

「昔はそうでもなかったのに、最近なんとなく乳首が黒ずんできた気がする・・・」「黒ずみが少し気になる・・・」という人は、ホスピピュアのような専用クリームによるケアを、まずは試してみてはいかがでしょうか?

時間はかかりますが、強い副作用もないのは大きなポイントですし、私のように肌に合えば、比較的短期間で、変化を体感できると思います。

優しい処方なので、痛みや肌荒れなどの心配もなく、肌への負担を最小限に抑え、安全にケアしたいという人には向いていますし、顔のシミやそばかすにも使えるのも嬉しいですよね。

一方、「長年悩んできた黒ずみを確実に改善したい」「ホスピピュアが効かなかった」「ピンク色を取り戻すためなら多少の痛みは耐えられる!」という人は、クリニックで相談してみましょう。

ただクリニックの場合は、トレチノイン・ハイドロキノン療法にしても、レーザー治療にしても、いずれの場合も治療費が高額になってしまうので、やりたくてもコスト的に難しいという人もいると思います。

そのような場合は、皮膚科で処方されるトレチノインとハイドロキノンを個人輸入して、自分でトレチノイン・ハイドロキノン療法を行うという手もありますが、強い薬なので、皮膚トラブルが起こらないとも限りませんし、全て自己責任のもとで行わなければならず、リスクが伴いますのでおすすめできません。

やはり、皮膚科で医師の診察のもと、自分に合う濃度のものでアドバイスを受けながら治療することをおススメします。

PAGETOP