Iライン【自己処理】長さ・範囲・毛量の調節方法・黒ずみ対策

Iライン【自己処理】長さ・範囲・毛量の調節方法・黒ずみ対策
Iラインのムダ毛は女性の悩みでありながら、男性も気にしている部分です。デリケートゾーンは自己処理を繰り返さない方が良いのですが、どうしても自己処理が必要な場合は安全な方法で行いましょう。やり方を画像で解説しますので、確認してみてください。

ムダ毛がなくなるとIラインの黒ずみが思っていたより進んでいることもあります。デリケートゾーンの黒ずみ対策も知っておくと役に立つと思いますので合わせてご紹介します!


もくじ

Iラインとは

Iラインとは
Iラインは女性器とその周辺になります。座ってひざを立てた体育座りの状態で正面から見える部分と考えると分かりやすいと思います。

Iラインの大陰唇までは自己処理しても良いですが、小陰唇は大変デリケートな部分なので控えてください。
脱毛サロンでも粘膜部分の照射はできません。小陰唇のムダ毛が気になる場合はクリニックで相談してみましょう。

Iラインの毛がなくなることのメリット・デメリット

Iラインのムダ毛はショーツからはみだすのもイヤですし、パートナーにどう思われているかも気になりますよね。
ムダ毛を無くすことのメリットとデメリットを確認してみましょう。

Iラインのムダ毛を処理するメリット

ショーツからはみ出さない!

これは大きなメリットですよね。小さめショーツもTバックも自信を持って履くことができます!

水着の季節はもちろんですが、はみ毛は普段から気になるものなので、心配の種がなくなるのは精神的にも良いことだと思います。

Iラインのムダ毛ってパートナーも見る部分ですよね。いい感じのときにパンツからムダ毛がはみ出していたら彼の盛り上がった気持ちも冷めてしまうこともあると思います。

処理して欲しいけど自分からは言い出せない男性もいるので、エチケットとして整えておきましょう。

衛生状態が良くなりムレ、かぶれ、かゆみが軽減する

Iラインのムダ毛には排泄物や経血が付着しやすいので、肌トラブルがおきやすくもあります。ムダ毛がなくなると付きにくくなり、ふき取りやすくなります。

また、ムダ毛がなくなることでムレを軽減できるのでかぶれやかゆみを減らすこともできます。VIOを脱毛するとデリケートゾーン全体のトラブルや不快感は本当に減りますよ!

見た目もキレイ

自分では気が付かないのですが、Iラインのムダ毛って立っている状態だと後ろから見えてしまいます。温泉で前を隠しても後ろからは見えていますし、着替えるときにも後ろからもじゃもじゃが見えているんですよ。

見るのは同性ですが、整えている人から見ると全くお手入れしていない状態はすぐにわかりますし、なんだか不衛生だな~と感じることもあります。
処理すれば周りの目線も気にならなくなるので、不安感も減ると思います。

Iラインの毛は残す?全部処理する?

わたしはIラインには1本のムダ毛も要らないと思っているのですが、パートナーからもう減らさないで欲しいと言われたことがあるんです。

ムダ毛がない方が衛生的だし快適だし、どうして??と不思議だったんですけど、きっと人にはいろんな好みがあるってことなんですよね。

実際、女子リキで行ったアンケート「好みのVIOライン(アンダーヘア)の形は?男性100人に聞きました」によると、男性が望む女性のIラインの理想の毛量は、

・自然のままが良い:22人
・少なめが良い:41人
・無毛、ツルツルが良い:37人

と、少な目派と無毛派がなかなか良い勝負なんです。

●自然なIラインってなんだろう?
自然のままが良いって、お手入れしない方が好ましいってことですよね。
でも女性のホントに自然なIラインをどれだけ知ってるのかが不明ですし、毛量や範囲はかなり個人差があるものです。

中には本当にそういう趣味の方もいると思いますが、個人的には男性目線の自然なムダ毛って「人並、普通程度の毛量」をイメージしてるんじゃないかなーと思います。女性のIラインはこうあって欲しいという理想もあるかな?

つまり、自然な感じが良いと思っている男性も、全くお手入れしていないショーツからボーボーにはみ出しているIラインを見たら「もっと手入れしろよ・・・」って思うんじゃないかなーと想像できるんです。

でも本当にツルツルにしようと思ったら粘膜部分に照射ができない脱毛サロンでは不可能な場合もあります。クリニックならできることもありますが、費用が高くなってしまいますよね。

男性の回答と女子のお財布事情を考えると

・自然に見えるように少なめにする
・範囲を狭くする

というのが無難なところなのかな?という気がします。

<参考>好みのVIOライン(アンダーヘア)の形は?男性100人に聞きました

女子リキが男性100人に行ったアンケートです。希望の形、毛量のグラフやなぜそう感じるのかを詳細に聞いてみました!

こんなに多くの赤裸々な男性意見を聞く機会はなかなかないと思うので、チェック必須ですよ!

Iラインの継続的な自己処理を推奨しない理由

Iラインのムダ毛をなくすために真っ先に思いつく方法は自己処理ですよね。カミソリで剃ってしまえばその場でなくなりますし。

でも、1度自己処理をしてしまうと継続してシェービングしないととても見苦しくなってしまいます。だけど自己処理を続けてしまうとチクチクするなどのデメリットもあるんです。

Iラインの自己処理はリスクも大きいので、継続しない方が良い理由も知っておいてください。

粘膜付近なので危険

Iラインは形が複雑なのでキレイに処理するのはけっこう難しいんです。難しいということは肌を傷つけやすいということ。傷に排泄物が付くとさらにひどくなることもあります。

かゆくなりやすい

シェービングをしてもまた伸びてくるので、チクチクしますしかゆみが出やすくなります。

デリケートゾーンのかゆみって本当に不快じゃないですか?
シェービングすると数日後には確実にかゆくなります。チクチクを避けるためにまたシェービングすることになって、以降繰り返しになります。それがわかっていてシェービングするって、本当に良いことなのでしょうか?
生理のときはナプキンでムレたりこすれたりして、さらにひどいことになります。

色素沈着・黒ずみの原因

シェービングを繰り返すと摩擦によってIライン全体が黒ずみやすくなります。色素沈着が進んでしまうと脱毛したくても黒ずみが取れるまでお断りされてしまうこともあるんです。

Iラインは元々色素が濃いところなので光やレーザーの出力を落とすことが多いのですが、黒ずみのためにさらに落とされてしまうと脱毛効果が出にくくなってしまいます。

黒ずみはパートナーがどう思っているかも気になりますよね。

すごく大きな誤解なのですが、Iラインが黒いと遊んでると思う男性もいるようですし。自己処理で黒ずみが進んで余計な誤解を招かないためにも自己処理を繰り返すのはやめておきましょう。

手触りが悪い

シェービングした部分のムダ毛が伸びてくるとどうしてもジョリジョリしてきますよね。この状態って自分でもなんだかなぁって思いますし、男性から見てもガッカリなのではないでしょうか。

男性の希望としてはこまめにお手入れして欲しいのかもしれませんが、正直面倒ですし、リスクも大きいので自己処理でIラインを整えるのはオススメではありません。

Iラインの自己処理・お手入れ方法(毛の長さ調節・面積を小さく)

どうしても自己処理が必要なら、なるべく安全な方法で行いましょう。
わたしが脱毛期間中に実際にやっていた方法をご紹介します。

Iラインのお手入れに必要なもの

・Vライントリマーやヒートカッター
ムダ毛のカットに使います。ハサミを使うとチクチクするのでデリケートゾーン用のトリマーを用意して下さい。

・電動シェーバー
カミソリは肌を傷つけやすいので電動シェーバーを使います。

・鏡
なくてもできますが、鏡を使った方がやりやすいポーズもあります。

・デリケートゾーン用のウェットティッシュ
お風呂上りに処理するなら不要です。

・蒸しタオル
ムダ毛と肌を柔らかくするために使います。お風呂上りなら不要です。

・デリケートゾーン用の保湿剤
ワセリンなど安全性が高いものでも良いですが、デリケートゾーン専用を使った方がより安心です。

Iラインの自己処理「手順」

1. Iラインをウェットティッシュで拭います。
お風呂上りの清潔な状態なら拭わなくても大丈夫です。

2. 処理しやすいポーズを決めます。
処理しやすいと言われているポーズは2つあります。

●鏡を正面において床に座って足を開く
鏡を正面において床に座って足を開く
正面に鏡を置いて床にぺたんと座ります。Iラインが鏡にしっかり映るように足を開きます。

●立って片足を上げてIラインをのぞき込む
立って片足を上げてIラインをのぞき込む
椅子に片足を置いて片手でIラインのお肉を開いて見えやすいようにして、直接覗き込みます。鏡を使わないので見やすく、わたしはこちらのやり方が好きです!

どちらのやり方でも床に新聞紙をしいておくと処理後のお掃除がやりやすくなります。

3. どこまで処理するのかを決めます。
全てなくしてしまうのか、小さくするのか形を決めましょう。
よくわからない場合は、1度ショーツを履いてはみ出すところに水性ペンで印をつけて、印のちょっと内側まで処理します。形を確認して納得できるところまで少しずつ範囲を狭めていくとうまくいきやすいですよ。
小陰唇部分の自己処理はとても危険なので、シェービングはやめておきましょう。
4. ムダ毛をカットします。
Iラインのムダ毛をカット
Vライントリマー、ヒートカッターはムダ毛を軽く引っ張って、カットしたいところに熱線を当ててからスイッチを押します。

長さは、特に希望がない限り5mmを目安にすると清潔感がありますが、Vラインの長さにもよります。VIOが不自然にならないように全体を確認しながらカットしていきましょう。

5. 蒸しタオルで温めます。
1分~3分ほど温めて、肌と毛をやわらかくします。デリケートな部位なので蒸しタオルの温度に気をつけてください。
お風呂上りに処理する際は蒸しタオルは不要です。

6. 電動シェーバーで剃っていきます。
電動シェーバーでIラインの毛を剃る
シェーバーは毛の流れにそって動かしていきます。肌を指で軽くひっぱって伸ばして、少しずつ剃っていきましょう。

「Ravia Iラインシェーバー」等のT字タイプの電動シェーバーは肌に立てるようにすると刺激が少なくなります。

お顔用の電動シェーバー等のI字タイプの場合は、肌に寝かせるようにして刃が垂直に立たないようにしましょう。

性器の周りやVラインとの境目などのデコボコしている部分は、肌を傷つけないように特に慎重に剃ってください。

7. 保湿します。
保湿することでシェービングでめくれた角質が落ち着き、乾燥を防ぐことができます。埋没毛の予防にもなるので保湿までしっかり行いましょう。
ワセリンなどの刺激になりにくい保湿剤でも良いですが、デリケートゾーン専用のものを使用した方が安心です。

もしシェービング後にヒリヒリやほてりがあるようでしたら、保冷剤や濡らしたタオルで鎮静してから保湿してください。

脱毛サロン施術前のIライン シェービング方法(全剃り)

脱毛の事前処理は基本的に自分で行うものです。Iラインも自己処理しておく必要があるので、全剃りのやり方も確認しておきましょう。

全剃りの手順は「毛の長さ調節・面積を小さく」と同じですが、部分剃りよりも内側まで剃っていくことになるので、肌に負担がかかりやすくなります。
一気に剃ろうとせずに時間をかけてゆっくり慎重にシェーバーを動かしていくのがとても重要なポイントになります。

特にぴったりお肉が閉じているVラインとの境目のところや大陰唇の周りなど複雑な形状のところは、片手でお肉をひっぱってなるべく剃りやすい状態にしてからシェーバーを当てていきましょう。
iline_yarikata5

保湿も丁寧に行ってくださいね。指の腹を使ってシェーバーを当てたところにそーっと塗りましょう。

脱毛クリームや毛抜き、カミソリのお手入れはダメ?

脱毛クリームがダメな理由は?

肌に優しいタイプの脱毛クリームでもIラインに使用することはオススメしません。脱毛クリームにはたんぱく質を溶かす「チオグリコール酸カルシウム」という成分が含まれていることが多いのですが、これが刺激になることがあるんです。

ヒリヒリを我慢して使い続けるとかぶれてしまうこともあります。Iラインは女性にとって大切な部分なので刺激になることはやめておきましょう。

毛抜きがダメな理由は?

まず痛いです(笑)Iラインの毛抜きって超痛くないですか??脱毛の痛みには終わりがあるので耐えられますが、毛抜きは繰り返しやらないといけないのでオススメしません。

それから、埋没毛と毛嚢炎のリスクも高まります。Iライン部分がうんでいたり炎症になっていると、お手入れに失敗したのがパートナーにバレバレになりますし自分もイヤですよね。

毛抜きには毛穴の色素沈着になりやすいというデメリットもあります。色素沈着はひどくなってから治すよりも予防した方がはるかに有効です。

カミソリがダメな理由は?

カミソリは鋭い刃が直接肌に当たるためケガの危険性がとても高いです。Iラインはとても肌が柔らかく形状も複雑なので、ちょっと角度を間違えただけでもすぐに切れてしまいますよ。
カミソリは安いし手軽さではナンバーワンですが、VIOに使うのはやめておきましょう。

セルフワックス脱毛がダメな理由は?

セルフのワックス脱毛はVラインなら比較的やりやすいのですが、Iラインは狙ったところだけにワックスを塗るのが難しいため、自分ではキレイに整えにくい部分です。

ワックスが性器部分に付着してしまったらとても危険で大変なことになります。

Iラインの自己処理をするならヒートカッター+電動シェーバーがいちばん無難です。

粘膜ギリギリは照射できない?良い方法はないの?

脱毛サロンでは、粘膜の内側への照射は断られます。無毛が希望でも粘膜部分にムダ毛がある場合は照射してもらえないんです。

でも、どうしてもなくしたいこともありますよね。そんなときの対策を考えてみましょう。

クリニックなら照射OKなこともある

脱毛サロンなら断られてしまいますが、アリシアクリニックなど医療機関なら照射してもらえることもあります。脱毛サロンと比べると費用が高くなってしまいますが、VIOセットやIラインだけならそこまで高額にはなりません。

ただし、Iラインの医療レーザー脱毛はとっても痛みが強いので、麻酔を使用しないと耐えがたいこともあります。麻酔は別料金なのでさらに費用が追加されることになりますが、最も確実な正攻法です。

脱毛サロンでも相談してみる

脱毛サロンでも、できるだけ小さくしたいことをスタッフさんに伝えてみましょう。カウンセリングのときはもちろんですが、施術前にも伝えるとキワのキワまで照射してもらえます。

わたしもこの方法でお願いしました。申し訳ないくらいしつこくお願いをしていたのでカルテに書いてあったらしく、何度か回数を重ねていくとこちらから言わなくても「全部なくすのが希望ですよね?」と確認してもらえるようになりました。

脱毛サロンでも希望どおりになるようにできるだけの協力はしてもらえるので、まずは相談してみましょう。

家庭用脱毛器でがんばってみる。ただし完全自己責任!

家庭用脱毛器でも粘膜部分に照射することはいけません。何かあっても誰も責任をとってくれません。

でも、自分で自分に照射するわけですし照射自体は可能ですよね。
オススメはしませんが、家庭用脱毛器なら誰にも遠慮することなく粘膜部分にも照射できます。

わたしも自己責任でIラインに照射したことがあります。しっかり冷やして保湿まできちんとやったらトラブルになることはありませんでしたが、ものっすごく痛かったです!

照射したら痛いとわかっていながら自分にショットするのはちょっと手が震えるくらい勇気が必要なのですが、肌がしびれを通り越して何も感じなくなるくらいまで冷やせばショット時の痛みはかなり減ります。

Iライン脱毛が断られるケース

Iラインの脱毛は他の部位よりもお断りされるケースが多いようです。どんな場合に断られてしまうのか知っておきましょう。

生理前・生理中

生理中はもちろんですが、生理前の脱毛も避けるように言われることがあります。
生理前は肌がデリケートなため、いつもよりも痛みを強く感じたり肌トラブルが起こりやすいため、控えるようにとの注意があるんです。

でも、生理前でもそんなに体調が変わらない方もいらっしゃいますよね。脱毛サロンからダメと言われていたら避けた方が良いですが、特に注意がなく体調にも無理がなければ生理前でも通うことは可能です。

妊娠中・授乳中

妊娠中の脱毛は基本的にどの脱毛サロンでも施術自体お断りされてしまいます。休止の有効期間はサロンによって違うので、妊娠の可能性がある方はカウンセリングで確認しておきましょう。

授乳中の脱毛は生理が正常にくるようになったらOKとしていたり、卒乳後に再開できるなどサロンによって規則が異なります。

性病にかかっている

これはもう完全にNGです。厳しいようですが、安全性に欠けますしモラルを疑われてしまうので絶対にやめておきましょう。

なぜダメなのかというと主に2つの理由があります。

1.感染の危険性がある

脱毛サロンでは当然衛生面にも気を配っていますが、脱毛器そのものは使いまわしになります。殺菌はしているはずですが、万が一他のお客様に移ってしまったらおおごとです!

2.肌が脱毛に適していない

脱毛は不健康な状態の肌に行うことはできないので、肌の状態から断られてしまいます。

Iラインの脱毛ではスタッフさんがIラインを直接見ることになります。性病の種類によって症状は違いますが、肌がポツポツと水ぶくれのようになっていたり、腫れていたりいかにもカユそうな状態になっているので見たらわかるんです。

性病にかかっているとわかったら、まだ症状が軽いから・・・という甘い気持ちは捨てて脱毛の前に病気を治しましょう!市販薬だけで改善する場合もありますよ。

すそわきがの人は施術できる?

すそわきがは性器周りのアポクリン汗腺から出る汗に皮脂腺からの分泌物が混ざることで強く臭う症状です。悲しいことに男性よりも女性の方が発生率が多いため、女性にとって本当に深刻な悩みです。

すそわきがの人でも脱毛は可能です。性病や肌トラブルがなければ臭いがキツいという理由だけでお断りされることはまずありません。

エチケットとして、脱毛前に汗や付着物をデリケートゾーン用のウェットティッシュで拭き取ってできるだけ清潔な状態にしておきましょう。拭き取りは施術室に入って着替えるときにもできるので、あせらず自分のペースで準備して心も落ち着けましょう。

医療レーザー脱毛をするとすそわきがが軽減するという情報もあります。その理由はレーザーがアポクリン腺にダメージを与えて働きを弱めてくれるからと言われていますが、臭い軽減効果には個人差があり、全く変化を感じられなかったという方もいらっしゃいます。

ただ、脱毛をすると気になる部分を洗いやすくなる、ムレにくくなるなどの臭い軽減になる間接的な効果があります。

その他VIO脱毛を断られるケースをまとめてみましたので、確認してみて下さい。

Iラインを美白する!黒ずみ対策

Iラインは全身の中でも黒ずみが気になりやすい部分だと思います。脱毛してムダ毛がなくなると黒ずみがよりハッキリわかってしまうので、気になる場合はデリケートゾーン用の美白アイテムを使ってみましょう。

デリケートゾーン黒ずみ対策石鹸を使ってみた

デリケートゾーン用の黒ずみ対策石鹸は、低刺激で黒ずみや臭い軽減できる効果を期待できます。

こちらは今すごく人気がある黒ずみ&臭い対策のデリケートゾーン用石けん「シークレットレディ ジャムウソープ」です。
シークレットレディ ジャムウソープ

iline_secret2
臭いのケア、黒ずみ解消、ムダ毛のケア、肌の引き締め、フェロモン♪の5つの効果を期待できるんですよ!
香りはローズです。石けんにしては香りが強めですが、イヤな感じではありません。

iline_secret3
ボディソープみたいに全身に使うことができますが、気になるところには泡を3分間のせてパックするとさらに効果的です。

●Iラインに使ってみた感想
ホントに刺激がないのにまずびっくりしました。
わたしが普段使っている無添加ボディソープは、デリケートゾーンに泡をのせると数秒で肌がピリピリしてくるんです。だから、Iラインを泡でパックするのが不安だったのですが、3分経ってもまったくピリピリがありませんでした。やっぱり専用石けんってこんなに違うんだな~と思いました。

ボディタオルや泡立てネットを使わないとモコモコの泡にはなりませんが、泡立ちが悪すぎることはありません。ただ普通の固形石鹸よりはやわらかいので持ちが悪そう。コスパが気になりました。

洗い上がりは全身からほんのりローズの香りがして、ちょっと嬉しくなります。1日経ってもワキやデリケートゾーンなどの臭いが気になるところからモワ~っと立ち込めてくるあの感じが抑えられているような気がします。
使い続けたら黒ずみにも効果がありそう!と期待できました。
泡をのせて3分待つだけなので簡単で良いですよね!

デリケートゾーン専用の美白クリームを使ってみた

もっと積極的に黒ずみをケアしたい方にはデリケートゾーン用美白クリームがオススメです。
イビサクリーム

イビサクリームは、朝と夜に黒ずみが気になるところに使う美白&保湿クリームです。美肌効果が高いと言われているトラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kが配合されている本格的な美白クリームなんですよ。

イビサクリームを開発したのはブラジリアンワックス専門店です。
最初は店内だけで使っていたのがそうですが、販売を希望するお客様が多かったことから商品化したのだそうです。お客様の希望で商品化したということは効果を実感した女性が多いということですよね!

iline_ibiza2
テクスチャーは乳液とクリームの間という感じ。垂れてくることはありませんが、すっごくやわらかいクリームです。デリケートゾーンにもやさしく塗ることができそうです。

iline_ibiza3
黒ずみが気になるひざに塗ってみました。肌なじみはすごく良いですよ。ちょっと化粧品っぽい匂いがありますが全然気になりません。

●イビサクリームをデリケートゾーンに使ってみた感想
わたしは肌があまり強くないので刺激に不安がありました。イビサクリームには28日間の返品保証があるので、肌にあわなかったら返品しようと思っていたのですが、ヒリヒリもしないし刺激もありませんでした。
本当に気になるところに安心して使えるって嬉しいですね!

夜はお風呂上りに、朝はシャワーで清潔にしてから塗っています。夜は良いんですけど朝はちょっと面倒だな~と思うときもありますが、これだけで黒ずみがなくなるんだからがんばろうという気持ちでせっせと使っています。

数日続けて使っていますが、まだ効果ははっきりわかりません。
美白効果を実感できるまでの期間は早い人で4日、遅い人でも4か月で実感できることが多いそうなので、わたしはもう少し時間がかかるのかも。
1本使い切るまでは頑張ってみようと思います!

シェービングの継続はホントに控えて欲しい!

わたしも脱毛の事前処理でVIOを全剃りしたときに、初めて自分の黒ずみを見て「こんなに色素沈着してたの??」と本当にびっくりした女性のひとりです。
自己処理をやっていなかったらこんなに黒くなってなかったかもしれないと思うと、すごく悔やまれるんですよ~。

黒ずみはパートナーから指摘されてもすぐに改善できるものでもないですよね。だから、黒ずみ、色素沈着に繋がることはできるだけやらないで欲しいと思うんです。

個人的にはデリケートゾーンのムダ毛の悩みは脱毛するのがいちばん良いと思っていますが、脱毛しても色素沈着がひどいと新たな悩みになっちゃいます。自己処理には終わりがないですし、やればやるほど肌も汚くなってしまいます。

自己処理はイベントの前や脱毛の事前処理など、本当に必要なときだけにして、処理後は必ず保湿まで行ってくださいね。

PAGETOP