ナールスゲン配合化粧水【口コミ・効果】ナールスピュアVSボレロ

004narusugen
ナールスゲンはどのような成分なのか?効果などの解説やナールスゲを配合した化粧品を実際に使用してみた感想を記載します。

筆者はこれまでに、プロテオグリカンヒアルロン酸アスタキサンチンフラーレンビタミンC誘導体ヒトオリゴペプチドなど、エイジングケアに役立つといわれている美容成分を配合した化粧品を、いろいろと試してきました。

これらの美容成分には、それぞれに異なった特徴があるものの、続けてケアを行うと、お肌の状態が徐々に改善されるということがわかりました。

今回の美容成分「ナールスゲン」はどのような効果があるのでしょうか?
非常に楽しみです。


もくじ

ナールスゲンとは

ナールスゲンとは、京都大学で見出され、京都大学科学研究所と大阪市立大学大学院生活科学研究科の共同開発成分です。

つまり、ナールスゲンは科学的根拠に基づいて開発された成分であるため、その安全性や信頼性は高いと判断することができるということです。

また、ナールスゲンというのは登録商標名で、国内表示名称は「カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル」となっています。

この成分の特徴は、コラーゲンやエラスチン、HSP47といった、お肌に存在している美容成分の働きをサポートするという点にありますので、加齢によって開きが気になる毛穴の改善や、小じわ、たるみなどの改善効果を期待することができます。

それでは、ナールスゲンの効果について、もう少し詳しく見て行くことにしましょう。

ナールスゲンの効果

バリア機能の向上

バリア機能とは、紫外線による刺激やほこり、雑菌などからお肌を守る機能です。そして、ターンオーバーが正常に繰り返されているお肌の場合では、皮脂膜に覆われ、その内部の角質層には十分な量のNMFやセラミドが存在しているため、バリア機能はしっかりと保たれます。

ところが、一度ターンオーバーの周期が狂ってしまうと、本来であれば角質層内に存在するはずの成分が不足することが考えられ、乾燥肌が起こりやすくなります。

ナールスゲンには角質層の保水効果を期待することができますので、壊れてしまったバリア機能の回復や向上効果を期待することができます。

美容成分の産生促進

真皮には、コラーゲン、ヒアルロン酸エラスチンといった美容成分産生の元となる線維芽細胞が存在しています。

そして、線維芽細胞は、ただ単にこれらの美容成分の産生だけではなく、細胞分裂の促進やコラーゲンを束ねる働きを持っています。

ナールスゲンには、美容成分産生のために必要不可欠な線維芽細胞を蘇らせる働きがありますので、毎日お肌から取り入れることが、エイジングケアに役立つと考えることができます。

シミ予防

ターンオーバーが正常化されれば、真皮層で産生された新たな細胞たちが表皮に押し上げられてきますので、古くなった角質層は自然に剥がれて行きます。

つまり、表皮に浮き上がってきていたシミも、ターンオーバーとともに剥がれ落ちて行くことなります。

シミができるおもな原因は、紫外線によって刺激されたメラノサイトがメラニン色素を産生することによるものですが、加齢によって新陳代謝機能が弱まると、古くなったシミはその場に残り、新たに浮き出てきたシミもまた、その場に残ることになります。

そして、このような状態の予防や改善に役立つのがナールスゲンです。

肌弾力の増進

お肌の弾力は、コラーゲンの力によって保たれています。そして、コラーゲン細胞同士をつなぎとめる役割を持っているのがエラスチンです。

また、コラーゲン細胞の間に存在しているのが、保水作用を持つヒアルロン酸です。
ナールスゲンには、これらの美容成分の産生促進効果を期待することができますので、お肌の弾力維持にも役立つと考えられます。

保湿

皮下の美容成分はもちろんのこと、角質層のセラミド含有量が増えれば、バリア機能が正常な状態に保たれるため、お肌の水分蒸発量が減ります。つまり、お肌の保湿力が高まるということです。

小じわ予防

小じわの原因は、皮下の美容成分の減少ももちろん関係していますが、お肌の乾燥が原因となって起こることもあります。特に、皮下の美容成分が減少しているところへ乾燥肌が起こってしまったら、小じわは徐々に深く刻まれ、本じわに発展してしまう可能性が広がります。

そして、乾燥肌予防効果で小じわの発生を防いてくれるのが、ナールスゲンです。

毛穴の開きの予防と改善

本来の毛穴は丸い形状をしています。ところが、皮下の美容成分や角質層のセラミドが不足してしまうと、表皮は本来の弾力を保っていられない状態となり、下へ引っ張られます。

そして、このときには毛穴も元に引っ張られますので、丸いはずの毛穴の形状は、丸い形状から縦長の涙状の形状へと変化します。

つまり、この状態が毛穴を目立たせることになるということですね。
ナールスゲンは、このような毛穴の開きの予防や改善にも役立ちますが、毛穴をきちんと改善したいのであれば、過剰なケアを避ける、頬の筋肉を鍛えるエクササイズを行うという努力も行う必要があります。

ナールスゲン配合の化粧水を試してみた

それでは、ナールスゲン配合化粧水「ナールスピュア」と「ボレロ」を実際に使用した筆者のレビューをご紹介して行きます。

ナールスピュア

ナールスピュア

<配合全成分>
水、グリセリン、BG、1.2−ヘキサンジオール、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル(ナールスゲン)、アスコルビルリン酸Na、トコフェリルリン酸Na、ベタイン、PEG-20ソルビタンココエート、フェノキシエタノール

アスコルビルリン酸NaはビタミンC誘導体、トコフェリルリン酸NaはビタミンE誘導体を示し、これらが持つ強い抗酸化力は、ナールスゲンのサポートを目的として配合されています。

ナールスピュアが自宅に到着する前に、販売元の株式会社ディープインパクト ナールス事業部より、リーフレットが届きました。

このリーフレットを開いて目を通してみたところ、筆頭に「スキンケアを化粧品だけに頼らない」という内容が記載されていました。そこには、エイジングケアには食べ物を含めた生活習慣を改めることも大切…ということを学ぶことも大切であるという内容がありました。

通販で販売されているほとんどのエイジングケア製品は、製品とともにリーフレットが同梱されており、その内容は化粧品が作られた工程や、その成分がいかに素晴らしいか、というような内容が記載されていますが、生活習慣に警鐘を鳴らす内容は、まず記載されていません。

まず、化粧品だけに頼ることなく、食事を含めた生活習慣の改善も含めたエイジングケアを行う必要性があるという部分を謳うという点、これが、株式会社ディープインパクト ナールス事業部のエイジングケアに対する本気度が伝わってきます。

そして、それを学ぶために立ち上げたという「エイジングケアアカデミー」というサイトが紹介されています。

このリーフレットには、これ以外にもエイジングケアを行うに当たっての大切な注意事項が記載されていますので、ナールスピュアを使用する前には、必ず目を通しておくと良いでしょう。

「エイジングケアアカデミー」を確認してみると、確かに、エイジングケアに役立つ内容が盛りだくさんに掲載されています。

このサイトは、ナールスピュアを宣伝するサイトではなく、あらゆる角度からエイジングケアを行う方法が掲載されているサイトですので、ナールスピュア愛用者以外の方にとっても、非常に役立つのではないかと思います。

001narusugen

梱包を開くと、このように製品が収まっていました。

002narusugen
ナールスピュアのパンフレット

ナールスピュア本体です。
004narusugen

まずは少しだけつけてみたのですが、つけた瞬間(20秒後程度)にスーッとお肌に浸透してしまいました。

サラサラとした水のようなテクスチャーの化粧水で、特に粘度を感じることはありません。腕でこれだけ浸透するのであれば、顔のお肌への浸透も楽しみです。
ナールスピュアのテクスチャー

ナールスピュアの公式サイトを確認してみると、洗顔後すぐにお肌につけることを推奨しています。そして、他の成分によって成分の浸透が妨げられるのを防ぐことが、その理由となっています。

そこで、筆者も早速、お風呂上がりの汗がやや治まった頃合いを見計らって、ナールスピュアを顔に着けてみました。このときの第一印象は、とにかく吸収が早いということです。

化粧水自体に伸びがないわけではありませんが、なにしろ吸収が早いため、1回ごとに手のひらにたっぷりと化粧水を取り、素早く顔全体に伸ばす必要があります。

筆者の場合では、初めに5滴程度のナールスピュアを手のひらに取り、顔全体に素早く広げましたが、これでは少し心もとないという感じでしたので、あと5滴を手に取り、再度顔全体に素早く広げてみました。

すると、素早くお肌に浸透したあとには、しっとりとした感じにお肌が整います。
筆者は普通肌で、特に乾燥肌が気になることはありませんが、これで、多少多めの量で、なおかつ普通肌であっても、すぐに浸透するということがわかりました。

ナールスピュアをつけた翌日のお肌の状態

ナールスピュアは、洗顔後のお肌にすぐつけて、その後は化粧水や乳液、美容液などでお肌を整えるというのが理想的な使用方法となっているようですが、今回はナールスピュアそのものの作用を確かめるため、ナールスピュアのみをお肌に馴染ませて、そのまま休みました。

そして、翌日、お肌はお風呂上がりにナールスピュアをつけた状態そのままに、しっとりと整っていました。

ですが、驚いたのはそのあとです。

朝の洗顔後、夜よりも少ない量のナールスピュアをお肌に馴染ませてメイクを行ってみましたが、ファンデーションのお肌への密着度が高くなりました。

ただし、筆者はクッションファンデ+プレストパウダーでベースメイクを作っていますので、他の種類のファンデーションをお使いの場合では、同様の効果を得られるかどうかはわかりません。

ナールスピュアはべたつきがなく、お肌をしっとりと整えてくれる化粧水、これがナールスピュアを使用してみた筆者の感想です。

ボレロ

ナールスゲン配合化粧水「ボレロ」

<配合全成分>
水、BG、グレープフルーツ種子エキス、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル(ナールスゲン)

たったこれだけの成分?と驚いてしまうくらい、必要な成分しか配合されていない化粧水です。

梱包を開いたところです。ピンクのクッション材に、サンプルと本体が横たわっていました。シンプルながら、バレリーナのパッケージがとても可愛らしいパッケージデザインです。
006narusugen

まずはサンプル品を、腕にスプレーしてみました。
ボレロのサンプル品を腕にスプレー

細かいミスト状ではなく、やや粗いミストがスプレー口から噴霧されてきました。画像はその直後を撮ったものですが、スプレー直後にお肌に馴染ませないと、化粧水が横に流れてしまいます。

もしかすると、ナールスピュアよりも浸透性が悪い?という印象を持ったのですが、実際にお肌に馴染ませてみると浸透力が高く、すぐにお肌をしっとりと整えてくれることがわかりました。

無色透明で水のようなテクスチャーですが、お肌にしっかりと浸透させると、つけてから間もなくして、お肌がしっとりと整います。

ボレロをつけた翌日のお肌の状態

ボレロも、つけたあとに化粧水や乳液、美容液などでお肌を整えるという使い方がおすすめのようですが、このナールスゲン化粧水も、とりあえず単品での作用を確認する意味で、お風呂上がり、水分が完全に飛ぶ前に顔につけて、そのまま休みました。

ボレロ単品でも、しっとりとお肌が整いますが、ナールスピュアより若干保湿力が弱いという印象です。

筆者は普通肌ですので、この化粧水1本でお肌が乾燥することはありませんでしたが、乾燥肌の方の場合では、ボレロをお肌に馴染ませたあとには、いつも通りのお手入れを行っておくというのがベストな方法かもしれません。

ボレロもまた、ナールスピュアと同様に、エイジングケア効果を期待できそうな、優秀なナールスゲン化粧水という印象です。

ナールスピュアとボレロ、どっちがおすすめ?

ナールスピュアには、ビタミンC誘導体とビタミンE誘導体が配合されていますので、より強い抗酸化効果や美白効果を求める方におすすめできます。

一方で、ナールスゲンでのシンプルケアをお望みなのであれば、ボレロがおすすめかもしれません。

完全に好みの問題なのではないかと思いますが、特に乾燥肌が進んでしまっている方には、ビタミンC誘導体やビタミンC誘導体配合の、ナールスピュアのほうがおすすめです。

筆者の場合では、正直なところ、両者のはっきりとした違いはよくわかりませんでした。

化粧水の効果の現れ方は、季節ごとのお肌のコンディションによって変化することがありますので、両者のはっきりとした違いを確認するのであれば、外気温が暖かくて湿度が高くなりやすい春~夏、そして、外気温が低く湿度が低くなりやすい秋~冬ともに使用してみて、お肌の変化を確認してみる必要があるでしょう。

まずは、若干保湿力が高いと感じた「ナールスピュア」を試してみてはいかがでしょうか。

ナールスゲン配合の化粧水を使用してみた感想

ナールスピュアもボレロも、筆者が考えていた化粧水とはイメージが異なっていました。
筆者がこれまでに試してきたエイジングケア化粧品は、ほとんど粘着性があり、つけた瞬間に「これは効くかも」という印象を持つことが多かったからです。

唯一、サラサラとしたテクスチャーで粘着性を感じなかったのは、プロテオグリカン原液だったでしょうか。

今回試したナールスゲン配合の2種類の化粧水は、どちらも水のようにサラサラとしたテクスチャーで、粘着性はまったく感じません。

そして、どちらも角質層への浸透が驚くほど速く、付けて間もなくすると、お肌がしっとりと整うという特徴も持っていました。

さらに、お肌がしっとりと整うのに、べたつき感を感じないというメリットを持っています。

これだけつけ心地が良くてエイジングケアを行うことができるのであれば、しばらく使い続けてみようかな…そのように感じさせる成分、それがナールスゲンです。

今回試してみたナールスゲン化粧水は、どちらもそれほど高額な化粧品ではありませんので、長期間使用するとしても、経済的な負担は少なくて済みます。

筆者が試してみた限りでは、どちらも大変優秀なナールスゲン化粧水であると判断することができましたので、どちらか迷ったのであれば、とりあえず配合成分で判断してみると良いでしょう。

スポンサードリンク

PAGETOP