GINZA SIX(銀座シックス)女子向け注目店舗&楽しみ方

GINZA SIX(銀座シックス)女子向け注目店舗&楽しみ方
今回は、2017年4月20日にオープンしてから人が絶えず訪れている「GINZA SIX(銀座シックス)」に早速行ってきたので、女子向けの注目店舗やGINZA SIXの楽しみ方をレポートしたいと思います。住所や最寄駅アクセス方法も記載しています。

スポンサードリンク

 


もくじ

 

GINZA SIX(銀座シックス)とは?

GINZA SIZは、松屋銀座店の跡地などの再開発により生まれた、銀座エリア最大の商業施設、「日本初のラグジュアリーモール」と評され、日本初上陸のブランド含め214のブランドが4万6000㎡の広さの中に集結しています。

大丸松坂屋百貨店を運営するJフロントリテイリング、森ビル、LVMHグループの不動産会社であるLキャタルトンリアルエステート、住友商事の4社による一大プロジェクトです。4社の知恵を結集させたGINZA SIXの魅力を余すことなくお伝えします。

GINZA SIX注目店舗

6つのラグジュアリーブランド旗艦店

「日本初のラグジュアリーモール」であるGINZA SIX。その名の通り、中央通りに面して軒を連ねる6ブランドは圧巻です。

*旗艦店とは、大都市の一等地に開設された、企業やブランドを象徴する大型の路面店舗。情報発信基地としての役割を果たします。(参考:コトバンク

1.FENDI GINZA(フェンディギンザ)

フェンディギンザ
ローマを本拠地とする、イタリアを代表するファッションブランドFENDIの、4フロアに渡り展開されている国内最大級の規模を誇る超大型店舗。

店内のインテリアは4フロア全て異なるデザインになっているものの、FENDIのルーツであるローマを感じさせるようなデザインになっています。

広々とした店内には、メンズとレディースの全てのカテゴリーを取りそろえ、世界で初めて“ファーウエア”のメードトゥーオーダーサービスも導入されています。

銀座4丁目の交差点から歩いてくると、まず目に入ってくるFENDIの店舗。その中でも国内外で活躍するフラワーアーティストである東信(あずままこと)によるピンクの華やかな巨大なオブジェ「ファーツリー」の展示は圧巻です。

スポンサードリンク

 

2. VALENTINO GINZA(ヴァレンティノギンザ)

ヴァレンティノギンザ

1960年イタリア・ローマにて創業された老舗イタリアブランド。そんな本場のイタリア・ローマを超えた、世界最大規模のストアとして華々しくオープンしました。

地下1階から地上4階の5フロアにわたる店舗で、売り場面積は885㎡。メンズスーツのメードトゥーオーダーサービスやVIPルームも完備しています。

フロア内は大理石が贅沢に用いられており、クリエイティブ・ディレクター、ピエールパオロ・ピッチョーリと建築家デヴィッド・チッパーフィールドが作り上げた素晴らしい内装となっています。

スポンサードリンク

 

3. Van Cleef & Arpels GINZA SIX(ヴァンクリーフ アンド アーぺル ギンザ シックス 店)

ヴァンクリーフ アンド アーぺル ギンザ シックス 店

1906年にフランスのパリ、ヴァンドーム広場に創業したハイジュエラーの地下1階から地上2階と3フロアを有する日本最大規模の旗艦店。2階には日本初、ブライダルコレクション専門のフロアとなっており、目が離せません。

スポンサードリンク

 

4. SAINT LAURENT GINZA(サンローラン ギンザ)

サンローラン ギンザ
1962年にフランス・パリでアルジェリア出身のファッションデザイナー、イヴ・サンローランにより立ち上げられたブランド。こちらも国内最大規模のストアになっています。

地下1階から地上2階の3フロアを融資、白と黒を基調にした店内はとてもスタイリッシュでモダンな印象になっており、一歩足を踏み入れれば、サンローランの世界観を存分に体験できる店内になっています。

5. CÉLINE(セリーヌ)

セリーヌ

1945年にフランス・パリで創業されてから世界中で愛されてきたブランドの銀座初の旗艦店をオープン。

1階と2階の2フロアを有しています。印象的なのはなんといっても中央通りに面しているブランドの顔とも言える外観に2220ピースを用いたファサード。職人が1枚1枚手作業で制作したファサードは自然光と共に美しく輝いています。

6. House of Dior Ginza(ハウス オブ ディオール ギンザ)

ハウス オブ ディオール ギンザ

1947年フランス・パリでファッションデザイナー、クリスチャン・ディオールにより創立された、言わずと知れた高級ブランド。世界最大規模の巨大ストアとなっており、ソウル・ロンドンに次ぐ「ハウス オブ ディオール」がコンセプト。

地下1階から地上4階の5フロア展開で、全カテゴリーを取りそろえています。4階には日本初、ピエール・エルメと協業したカフェ「カフェ ディオール バイ ピエール・エルメ」やホームコレクション「ディオール メゾン」が入っています。広い店内は白を基調としたさっぱりとした空間になっています。

地下1階オープン限定品多数:ビューティフロア

地下1階のビューティフロアには、国内外から38のブランドが店舗を有しており、各ブランド最新のテクノロジーを導入したり、VIPルームを完備したりと、工夫を凝らしています。その中でも、今回は注目店舗をピックアップしてご紹介します。

1. シュウ ウエムラ

シュウ ウエムラ

1983年に植村秀が創業した、日本生まれのメイクアップブランドが、世界初のコンセプトストアとしてオープン。

今回の注目はなんといっても店舗のど真ん中に展示されている、色とりどりな100色が入ったアイパレット。見ているだけでワクワクしますが、これ実はオープン記念として購入できるんです。

100色アイシャドーパレット 200,000円。シュウ ウエムラのアイシャドー全色と、ブラシがセットになったGINZA SIX限定のパレット。興味があればお早目に…
009ginzasix

2. SABON GINZA SIX店(サボン ギンザ シックス店)

サボン ギンザ シックス店
イスラエル発のボディケアブランドサボン。こちらでもGINZA SIXオープン記念としてSABONを代表するバチュリ・ラベンダー・バニラの香りのボディケアアイテムが詰まった限定キットが10,000円で販売されていました。数量限定なので、こちらもお早めに。
011ginzasix

3. uka GINZA SIX(ウカ ギンザシックス店)

ウカ ギンザシックス店
ukaサロンのコンセプトである「うれしいことが、世界でいちばん多いお店」を体現するような、こじんまりとしながらも、ukaのナチュラルプロダクトが所せましと並ぶGINZA SIX店。こちらもオープン記念として、ヘアケアセット(11,600円)・ヘアオイルセット(11,500円)が用意されていました。
013ginzasix

4. シャネル フレグランス&ビューティ GINZA SIX

シャネル フレグランス&ビューティ GINZA SIX
フレグランスシリーズをフルラインナップで提供しており、ここではCHANELメイクアップ製品全てが手に入ります。

また、リップ「ルージュココ」がすぐに購入できる、世界初のコスメ用自動販売機を設置しています。私が訪れたときはメンテナンス中で操作できなかったのですが、行ったら是非コスメ自販機を体験してみてください!
015ginzasix

5.Dior Beauty Ginza(ディオール ビューティ ギンザ)

ディオール ビューティ ギンザ
フレグランス・スキンケア・メイクアップ全てが手に入るこのお店。口紅への刻印サービスや、この店舗でしか手に入らない限定品も取りそろえているので、是非足を運んでみてください。お店の前ではイケメン店員さんが、フレグランスの香りを配ってくれています。

ギンザシックス2階 大人の女性へおくる:SIXIÈME GINZA(シジェ-ム ギンザ)

シジェ-ム ギンザ
SIXIÈME GINZA

GINZA SIXは吹き抜けの空間を取り囲むように店舗が出店していますが、その吹き抜け直下、2階にあるのが大丸松坂屋百貨店が出店する「SIXIÈME GINZA(シジェ-ム ギンザ)」です。約150坪の広いフロアに6つのエリアを設け、それぞれのエリアでセレクトした雑貨を提案しています。

SIXIÈMEとはフランス語で「第6の」を表す言葉。銀座6丁目に位置するGINZA SIXは6を象徴的に使用したショップが多いのも特徴です。

広々として気持ちの良い売り場に並ぶ、選び抜かれた雑貨達は日常の毎日をちょっと楽しく、心地よくしてくれるような予感を感じさせてくれます。見ているだけでも幸せになれるような、そんな気持ちの良い空間になっています。
019ginzasix
020ginzasix

ギンザシックス6階 食とアートのフロア:銀座蔦屋書店

6階に上がると、銀座蔦屋書店のお目見えです。所狭しと並ぶ本棚の中には沢山椅子が置いてあり、好きな本を片手に思い思いの時間を過ごせるような工夫が凝らしてありました。
銀座蔦屋書店
022ginzasix

そして、蔦屋書店のコンセプトである「アートのある暮らし」を体現するように、広い書店の真ん中には銀座蔦屋書店「T-GALLERIA」のオープンを記念して、3名のアーティストの作品が展示されていました。
023ginzasix

GINZA SIX(銀座シックス)内の「LOUNGE SIX」のインテリアデザインを手がけた杉本博司、銀座蔦屋書店内に作品を展示する名和晃平、オープニングパーティのディレクションに関わった蜷川実花の3名の作品が第一弾として展示されています。

024ginzasix
また、1・2階にも出店するスターバックスが6階にも併設されています。6階のスターバックスには「スターバックスリザーブバー」が設置されており、バリスタが厳選した豆でコーヒーを淹れてくれます。

また、日本ではまだここでしか味わえない水出しコーヒーの「コールドブリューコーヒー」と「ナイトロコールドブリューコーヒー」も要チェックです。

025ginzasix
蔦屋書店のお隣には、「GINZA GRAND PREMIUM FOOD HALL(銀座大食堂)」もあり、鮨・鰻・ステーキ・中華・パン・バーなど様々な食を楽しめる食堂となっているので、本やアートにどっぷり使ってお腹が空いたときは、ここでお腹を満たすこともできます。

このフロアの閉店時間は23時30分と、時間を忘れてアートや食に没頭できそうです。

個性豊かな日本初上陸ブランドたち

「日本初のラグジュアリーモール」であるGINZA SIXには、日本初上陸のブランドも入っています。どれも個性豊かでとっても可愛いので、ここで4店舗ほどご紹介させてください。

1. PERRIN PARIS(ペラン パリ)

ペラン パリ

1893年に革の手袋メーカーとして創業した、ラグジュアリーレザーブランドです。パリ、ニューヨーク、LA、香港、クウェートに次ぐ店舗として2階にオープンしました。

とにかく目を引くのはそのカラフルな色使い。大小様々なバックが並んでいましたが、どれも日本のブランドではなかなか見られないような色使いが素敵で、目移りしてしまいました。
027ginzasix

2. MIMI(ミミ)

MIMI
イタリア・ミラノ発祥のファインジュエリーブランドMIMIは、アジア初の旗艦店を2階にオープン。大胆なデザインがとても愛らしい、ジュエリーブランドです。
029ginzasix

3. KAREN WALKER GINZA SIX店(カレンウォーカーギンザシックス店)

カレンウォーカーギンザシックス店
1989年、ニュージーランドでカレンウォーカーが創業したファッションブランドの北半球初のブティックが3階にオープン。

洋服はもちろん、小物、ジュエリー、アクセサリー、ホームウェアも取りそろえており、ピンクを基調とした柔らかい色の店内に並べられたスタイリッシュな小物がとても素敵でした。
031ginzasix

4. KWANPEN(クワンペン)

クワンペン
1938年にシンガポールで創業された、ラグジュアリークロコダイルレザーブランドです。扱いづらいクロコダイルレザーを一点一点職人が手作りで制作しているのが特徴です。

また、とにかくカラフルなレザー製品は見ているだけでウキウキするような魅力を持っていました。とっても素敵なお財布を見つけたものの、8万円オーバーで購入は断念。。。
034ginzasix

草間弥生の世界

035ginzasix
GINZA SIX(銀座シックス)といえば、そのシンボルにもなっている吹き抜けの天井から下がる草間弥生の新作インスタレーションが有名で、写真撮影スポットにもなっていました。

草間弥生作品の要素である、ドットとかぼちゃが融合した12個のバルーンが、まるでシャンデリアかのように天井からぶら下げられています。

展示期間はオープンの2017年4月20日から2018年2月25日まで。その後は違うアーティストの作品が展示される予定となっています。

036ginzasix

また、4月20日から5月16日まで限定で、草間弥生POP-UPショップもオープン。こちらも草間弥生作品が購入できるとのことで、沢山の人でにぎわっていました。
037ginzasix
038ginzasix

GINZA SIXの住所・アクセス方法・営業時間

【住所】
〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10-1

【アクセス方法】
東京メトロ 銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」A3出口徒歩3分
週末にはA3出口から行列ができるほど混むので、時間に余裕をもって行くことをお勧めします。

【営業時間】
ショップ 10:30~20:30
レストラン 11:00~23:30

【URL】
https://ginza6.tokyo/

オープン仕立てでとてつもなく盛り上がっているGINZA SIX。休日ともなればとにかく沢山の人でにぎわっています。銀座にオープンしたニュースポット、是非足を運んでみてください。

スポンサードリンク

PAGETOP