乾燥肌を予防改善する洗顔方法と洗顔石鹸の選び方

乾燥肌を予防改善する洗顔方法と洗顔石鹸の選び方
乾燥肌を実感してるから、洗顔には石鹸を使っているという方も多いと思います。安価な洗顔フォームを使わずに洗顔石鹸を選ぶことは乾燥肌を改善する方法として正解です。

肌が乾燥してしまう主な原因が洗顔。洗顔のやり方ひとつで乾燥肌から脱却することも可能なくらい、肌の乾燥と洗顔は密接に繋がっています。

肌が乾燥する仕組み、そして洗顔剤の選び方についてお勉強して今年こそ乾燥肌から卒業しましょう!

乾燥肌さんにこそ使ってみて欲しい洗顔石鹸についてもご紹介します。

⇒乾燥肌におすすめのスキンケア


もくじ

1年中乾燥を感じるのが乾燥肌

乾燥肌は別名ドライスキンと呼ばれます。
肌の乾燥は皮脂の分泌量が減少すること、角質が保持している水分量が減ってしまうことから起こります。乾燥を感じるのは水分量が減っているから。その状態こそが「乾燥肌」なのです。

汗や皮膚呼吸によって肌から水分が蒸発すること自体は自然なことです。肌が必要な水分は、体の中や空気中の水分からバランスよく供給されるはずなのですが、なんらかの原因で水分バランスが壊れてしまい、その状態が長引くことを総称して乾燥肌と呼んでいます。

乾燥肌を招く「何らかの原因」とは?

わたしたちの肌はセラミドや皮脂膜などによって層になっています。肌はこれらの層によって大気中の刺激や紫外線から守られていると同時に水分の蒸発からも守られているのです。

健やかな肌であれば、この層が適度に保たれているはずなのですが、3つの要因によって壊れてしまうことがあります。

角質細胞同士のすきま

角質は1枚で繋がっているのではなくブロック状になって規則正しく重なっています。このブロックをつないでいるのが「細胞間脂質」です。

細胞間脂質は、脂質と水分などから構成されていてブロック同士が離れないように隙間をつないでいるのですが、同時に水分が必要以上に蒸発することを防ぐ役目も担っています。

この細胞間脂質が減ってしまうと角質のはじっこがめくれ上がり、そこからどんどん水分が蒸発してしまいます。さらにひどくなると刺激となる物質が肌に進入しやすい状態になってしまい、乾燥肌が敏感肌へと進行してしまいます。

NMFの減少

NMFはNatural Moisturizing Factorの略で「天然保湿因子」とも呼ばれます。
NMFは角質細胞の中にあり、水分を保有する性質があります。ストレスなどの精神的要因と、疲れ過度な日焼けなどの肉体的要因で減ることがわかっていて、NMF量が減ってしまうと角質細胞内の水分量も同時に減ってしまいます。

NMFの主成分はアミノ酸で、肌が荒れているとアミノ酸量が減っていることも確認されています。

水分だけじゃない!皮脂量の減少

女性の皮脂量は20代が最も多く、その後だんだんと減っていきますので、補ってあげることも重要です。

皮脂は皮脂膜として過度な水分の蒸発から肌を守ってくれているので、皮脂量が減ってしまうとそのまま水分量の減少に繋がってしまいます。
皮脂量が低下すると肌は刺激にも弱くなります。

なぜ乾燥肌になるの?

わたしたちの肌には天然の保湿力があります。過剰に分泌されると「余分な皮脂」となってしまうのですが、顔のアブラも保湿成分のひとつです。
赤ちゃんや小さい子供がスキンケアをしなくてもツルンとした肌なのはこの保湿力が最適なバランスによって保たれているおかげ。
大人のわたしたちにも保湿力があるはずなのに、乾燥肌になってしまうのはどうしてなのでしょうか。

現代人の食生活

豊かな社会に生きているわたしたちは、毎日食べたいものを食べて、ときには激しいダイエットにはげみ、そうかと思えばファストフードやコンビニ食に頼ることもあります。
この乱れた食生活はダイレクトに肌に現れます。
乾燥肌改善にとって重要なビタミンも、意識した食生活を行わないと適量を摂取することはできません。

動物性脂肪や炭水化物が中心の食生活を行っていると、肌に必要な栄養素が欠乏して乾燥肌を招いてしまいます。

実は肌にやさしくない生活環境

暑いときのクーラー、寒い時の暖房は快適ですが、空気はものすごく乾燥します。
特に女性は乾燥に敏感ですが、実はちょっとくらいの空気の乾燥で肌が乾くことはありません。もし空気の乾燥によって肌が乾いたとしても元の肌が健やかならすぐに正常な状態に戻ります。

問題は肌の水分保持力が下がっているときの乾燥です。
空気の乾燥による肌の乾燥を防ぐには、空気を乾燥させないことが大原則。加湿器の使用や肌に直接当たる電気毛布の使用を避けるなど、適切な対策が必要です。

お風呂で肌が乾燥?

全身がお湯につかるお風呂、なんとなく肌が潤った気がしますが、お風呂上りの肌からは水分がガンガン蒸発しています。
それだけではありません。角質層がやわらかくなった肌からはNMFや脂肪間細胞もどんどん流れ出てしまいます。

お風呂上りの肌に保湿を行うことは当然ですが、お湯の温度を上げすぎないことも乾燥肌にならないためには重要です。

体の洗いすぎも乾燥肌につながります。
ボディソープには必要な皮脂を落とす作用もありますので、よほど汗をかく生活環境にない限り、毎日ボディソープを使う必要はありません。ボディタオルを使わない入浴スタイルを始めている女性も大勢います。
洗いすぎは乾燥肌に直結するということを覚えておきましょうね。

寝具、寝る時の衣服

肌触りの悪い服や繊維質の服で肌に摩擦が起こったり刺激を感じてしまうと、乾燥を招くことがあります。

寝ている間は体温があがり、痒みに敏感になります。気がつかないうちに顔を掻いてしまうと角質に隙間ができて肌荒れが起こることもあります。
就寝中に顔が触れる枕、毛布、タオルケットなどはなるべく肌触りが良いものを選んでください。

いちばん重要。睡眠不足

毎日どれくらいの睡眠時間をとっていますか?スマホやパソコンで寝る直前まで遊んでいて気がついたら1時2時・・・なんて生活を続けていたら、あっという間に肌はガサガサになってしまいます。

寝る時間と肌の乾燥には何の関係も無いように思えますが、乾燥肌にならないためには、新陳代謝が規則正しく行われることも大切なのです。

ターンオーバーを司る成長ホルモンは主に寝ている間に分泌されます。睡眠が足りないとターンオーバーの周期が乱れ、水分量も減ってしまいます。睡眠不足は百害あって一理なし。なにかと忙しい現代社会ですが、寝る時間と質の良い睡眠をなるべく確保できるように生活を整えましょう。

乾燥肌の仕組みと肌が乾燥する原因がわかったところで、今度はお顔の乾燥を招く直接的な原因になる「洗顔」について見ていきましょう。

女性が洗顔する理由は2つ

わたしたちのお顔の汚れは水溶性のものと脂溶性のものにわかれます。
水溶性の汚れは主にぬるま湯洗顔や洗顔石鹸で落ちる汚れ。脂溶性の汚れはメイク汚れなどの油分が多いものになります。
顔を洗うという行為をこのふたつにわけて考えてみましょう。

石鹸・洗顔フォームでの洗顔

石鹸や洗顔フォームでの洗顔は主に朝と夜の2回行いますが、乾燥肌の方は朝の洗顔に石鹸などを使う必要はありません。

朝の石鹸・洗顔フォーム洗顔

朝洗顔を行うのは寝ている間にお顔に付着したホコリや体から分泌される古い角質などを取り除くためなのですが、一晩程度で汚れがそこまで溜まることはありません。
毎朝お顔を洗うことは大切ですが、泡で洗わなくても大丈夫。32度程度のぬるま湯で顔をすすぐだけでもよごれはちゃんと落ちます。
洗顔石鹸を使わないと気持ち悪い・・・という方は、洗浄成分が穏やかな洗顔石鹸を選んでください。

夜の石鹸・洗顔フォーム洗顔

夜に石鹸・洗顔フォームを使う意義はメイク落としを洗い流すため。ダブル洗顔です。
メイク落としが顔に残っていると乾燥や刺激になるのでしっかり落とす必要があるのですが、泡が顔にのっている時間が長ければ長いほど肌は乾燥してしまいます。

洗顔は素早く行うことが重要です。
洗顔石鹸は泡立てネットを使ってたっぷり泡立てて、手が顔に直接触れないように常に泡がクッションになるようなイメージでクルクルとメイク落としと泡を馴染ませます。
すすぎはしっかりと。泡が残りやすい髪の生え際、もみ上げのあたり、あごの下はとくにしっかり洗ってください。

メイク落とし洗顔

最近のコスメはヨレにくく、つけているときの快適性は向上していますが、落とすことが難しくなっている傾向にあります。

メイクの主な汚れ成分は油脂。メイク落としに配合されている油脂洗浄成分はふたつあります。
ひとつは界面活性剤。界面活性剤は肌に必要な皮脂までゴッソリ落としてしまう・・・というイメージがありますが、洗顔剤きちんと選ぶことでこの危険を避けることは可能です。

もうひとつの油脂汚れ落とし成分は油分です。厳密に言うと油分は洗浄成分ではないのですが、アブラはアブラで落とすことができるのです。
この原理を使ったのがスクワランやオリーブオイルを使った洗顔です。最近では油分を含んでいる乳液を使って洗顔をする女性もいるようです。
余計な成分を含んでいない分、安全性は高いと言えますが、油分ならなんでも良いというわけではありませんので試す際はご注意くださいね。

乾燥肌さんの洗顔石鹸の選び方

スキンケアの中で最も顔に負担がかかるのが洗顔なので、洗顔剤選びを間違うと乾燥肌になりやすくなります。

乾燥肌・敏感肌さんの中には洗顔に純石けん成分で作られている固形石鹸を使っている方も多いと思います。

刺激となる成分が配合されていない固形石鹸は肌に優しいと思われがちですが、洗浄力自体が強いので洗顔後に顔が粉をふいたような状態になることもあります。
固形石鹸を使うときはしっかりと泡立てて、顔に泡がついている時間をなるべく短くすることが重要です。

また、乾燥を防ぎたいなら美容成分が配合されている固形石鹸を選ぶことも必要。
乾燥肌さんでも安心して使える石鹸をいくつかご紹介します。

乾燥肌さんにおすすめの洗顔石鹸2つ

009tms

養麗潤(ようれいじゅん)

肌トラブルで医療機関に駆け込むと「洗顔を変えてみてください」とか「肌は清潔にしてください」と言われることがありますが、肌トラブル中にそんなこと言われても・・・というのが患者であるわたしたちの本音なのではないでしょうか。
トラブル中にスキンケアを変えることはとても勇気がいることですが、同じスキンケアを繰り返していたら症状は改善しません。
どんな洗顔なら今の自分に合うの?という疑問があるときに使ってみたいのが養麗潤です。

養麗潤は薬剤師が開発した保湿石鹸で、赤ちゃんでも使えるくらい安全な成分で作られています。
養麗潤に配合されているフランキンセンスには皮脂バランスを保つ作用や乾燥から肌を守る作用がありますので、乾燥肌さんの洗顔に最適です。

全身を洗うことができるのでボディの乾燥肌対策にも使えそうです。
肌トラブルとまではいかなくても、季節の変わり目などに顔がなんとなくムズムズするというときの洗顔にも使うことができます。

養麗潤(ようれいじゅん)の公式サイトは以下です
http://www.druginui.net/

タナカミネラルソープ

乾燥肌で悩む女性のことを考えている無添加化粧品メーカーが作った洗顔石鹸で、ねばるようなモチモチ泡でお顔の汚れを包み込むように洗うことができる、無添加固形石鹸の代表格です。

天然ミネラル成分と美容液1本分の美肌成分が配合されているので、とにかく乾燥を防ぎたい!という方に1度試してみて欲しい洗顔石鹸です。
初回限定ですが、1つ購入するともう1つプレゼントしてもらえます。
使ってみて肌に合わないと感じたら全額返金してもらうことも可能。

筆者の私がタナカミネラルソープを実際に試した感想・レビューを公開しています。
⇒タナカミネラルソープは敏感肌にも安心?自分の肌で体験してみた

タナカミネラルソープ

1度は聞いたことがあるアレッポ石鹸はどう?

自然な成分にこだわっている方なら、オリーブオイルを主成分としてできている「アレッポ石鹸」の名を聞いたことがあるのではないでしょうか。

なにかと絶賛されているアレッポ石鹸ですが、泡立てネットを使っても泡立ちにくく洗い流しにも時間がかかることから、乾燥肌さんの洗顔にはあまり向いていないかもしれません。

また、大きくてカットしないと使いにくい、水に濡れている部分が溶けやすいというのは本当です。

口コミほど潤いを感じない、意外と洗浄力が強くてピリピリしたという方も多いようです。
泡立ちの悪さと洗い流しが大変なのは乾燥肌の洗顔石鹸としては致命的。保管の難しさもプチストレスに繋がるので、本記事ではオススメ洗顔石鹸としは位置づけしません。
試しに使ってみて、乾燥を感じたら無理せずにボディ用に回してくださいね。

乾燥肌と洗顔石けんの使い方

乾燥肌さんの洗顔は、洗顔剤が顔にのっている時間をとにかく短くすることが大切です。
そのためにはメイク落としはたっぷり使って手早くメイクと馴染ませること、洗顔石鹸は泡立てネットで予め泡立てておいてモコモコ泡にしてからお顔にのせること。
この2つはどんなメイク落としを使ったとしても、どんな洗顔石鹸を使ったとしても基本的に行わなければいけないことです。

ぬるま湯の温度ももう一度見直して。
洗顔に適切な温度は体温より少し低いくらいを目安に。温度設定ができるなら32度程度に設定してください。

冷たすぎると肌に刺激となり泡切れも悪くなります。熱すぎると乾燥肌へとまっしぐらです。

シャワーを直接顔に当てるのもやめておきましょう。シャワーの勢いは肌が感じている以上に強いもので、顔のように皮膚が薄い部位から必要な水分、油分を奪うことになります。

洗顔の回数も重要です。
朝と夜の1日2回程度ならOKですが、夏場の暑い日などに日中洗顔をするときにはぬるま湯洗顔にして、洗顔石鹸の使用は控えて下さい。
洗いすぎは皮膚からセラミドなどの成分をどんどん奪ってしまいます。

どの洗顔石鹸を使っても乾燥する!という方は、洗い方を見直してみて下さい。
洗顔石鹸での洗浄は、摩擦で行うのではなく泡の洗浄力を活かして行うものです。
洗顔石鹸はしっかり泡立てて、手のひらや指先が肌に直接触れないようにして汚れが泡に馴染むようにクルクルと円を描くのが基本的な洗顔のやり方です。

毎日洗顔をしていても小鼻周りが黒ずんでしまう方は、そのあたりだけ泡で汚れを吸い取るように指を顔に軽く押し付けて離すということを何度かやってみて下さい。
このときも指が直接肌にふれてはいけません。
あくまでも泡で汚れを吸着するイメージです。

洗顔石鹸と洗顔のやり方を変えるだけで乾燥肌を改善できることは広く知られている通り。
乾燥肌改善のために美容液や化粧水をたっぷり使うというのもひとつの方法ですが、スキンケアの基本は洗顔なので、洗顔石鹸を見直すことが乾燥肌対策の第一歩。
適度な潤いを残しつつ汚れをしっかり落とした肌には、有効成分もきちんと浸透するはずです。

乾燥肌を改善するのも洗顔なら、乾燥肌を招くのも洗顔です。
洗顔石鹸をしっかり選んで、洗い方に少し気をつけるだけで乾燥肌とサヨナラすることは可能なので、是非あなたの肌に合った洗顔方法と洗顔石鹸を探してみてください。

スポンサードリンク

PAGETOP