大手コンビニ4社コーヒー!コーヒーコーディネイターが飲み比べ

大手コンビニ4社コーヒー!コーヒーコーディネイターが飲み比べ
コンビニコーヒーの競争が激化する中、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップの大手4社では、続々とコーヒーをリニュアールしています。

進化し続けているコンビニコーヒー(アイスとホットの両方)をコーヒーコーディネーターの私が徹底調査してみました!

022konbinicofee

コーヒーの味はもちろんの事ながら、買い方なども調べましたのでよろしければ参考にしてください。

スポンサードリンク

 


もくじ

 

セブンイレブンのコーヒーを飲んでみた

セブンイレブンのコーヒーを飲んでみた

コンビニコーヒーの人気に火を付けたセブンイレブン。コンビニでありながら、コーヒーショップのような本格的なドリップコーヒーが100円のワンコインから飲めるため、幅広い層から支持されています。

セブンイレブンのコーヒー豆は?産地や焙煎方法

セブンイレブンのコーヒー豆

セブンイレブンでは、ウォッシュド方式で生成し、渋皮を除去した上質なアラビカ豆100%が使用しています。口コミなどでは、産地の豆の情報が記載されているサイトもありますが、ホットとアイスで使用する豆が異なる事以外は、公式サイトでの掲載はありません。

しかし、コーヒー関連の商品でもお馴染みの味の素ゼネラルフーヅ(AGF)の協力により、試行錯誤しながら誕生したセブンコーヒーは、評判も高いので産地や等級にこだわった良質な豆が使用されていると思われます。

また、「香り」と「コク」を引き出すために、豆ごとの焙煎が行われています。専用マシーンは、1杯ずつ豆が挽かれ、ペーパードリップ式でコーヒーが抽出されます。

セブンイレブンで販売されているコーヒーメニュー

・ホットコーヒーR 100円 
・ホットコーヒーL 150円
・アイスコーヒーR 100円
・アイスコーヒーL 180円
・アイスカフェラテR 180円
・アイスカフェラテL 250円

※いずれも税込価格

セブンイレブンでは、ホット、アイス、カフェラテの3種類。レギュラー、ラージの2つのサイズがメニューにラインナップしています。一般的にレギュラーは150ml、ラージは250mlになります。

セブンイレブンコーヒーの買い方

セブンイレブンでは、マシーンを使用したセルフ式販売を採用しています。
セブンイレブンコーヒーの買い方

まず、セブンイレブンでは、ホットとアイスでカップの購入場所が変わります。アイスの場合は、アイスクリームなどが入っている冷凍庫にカップが置いてあるので、希望する商品を自分で選び、レジに持って行きます。
004konbinicofee

ホットの場合は、レジでコーヒーを注文するとカップがもらえます。レジで精算をしてからコーヒーマシーンで、購入した飲み物のボタンを押します。

アイスコーヒーとアイスカフェラテは、同じボタンを使用します。お店によってわかりやすい解説付きのシールなどが貼ってありますが、初めて使用する方で不安な方は、お店の方に尋ねてみてください。そして、注文商品とボタンを間違えないように注意して、コーヒーを抽出しましょう。
005konbinicofee

セブンイレブンでは、ボタンを押してから豆が挽かれ、コーヒーがドリップされるため、抽出までに少し時間がかかります。コーヒーが完成すると音が鳴り知らせてくれます。カップのフタ、マドラー、砂糖、ミルク、ガムシロは、マシーンの隣にあり、お好みで自由に使用できます。

セブンイレブンコーヒー味の評価

セブンイレブンコーヒー味の評価

セブンイレブンのホットコーヒーは、比較的苦みが強めです。多くの日本人は、やや苦みのあるコーヒーが好きなため、セブンコーヒーは幅広い層から支持されているのだと思います。砂糖やミルクとの相性も良く、炭火コーヒーや深煎りコーヒーが好きな方におすすめです。

残念なポイントとしては、ホット用の紙カップの香りが強いので、コーヒーそのものの香りは低い印象です。

酸味 ★★☆☆☆
苦み ★★★★★
コク ★★★★☆
香り ★★☆☆☆

セブンイレブンのアイスコーヒー

こちらはアイスコーヒーです。ホットと比べると味の印象が異なります。アイスコーヒーは氷が入っているので、深煎りのコクがある豆が適しています。

セブンイレブンのアイスコーヒーは、やや苦みがある豆を使用しているため、アイスは非常に美味しく感じます。使用している氷にもこだわっているので、氷が溶けても美味しく飲む事ができます。

レギュラーサイズでも十分な量が入っているため、コーヒーショップに行くよりもお得度が高いです。

酸味 ★★☆☆☆
苦み ★★★★★
コク ★★★★★
香り ★★★☆☆

スポンサードリンク

 

ローソンのコーヒーを飲んでみた

ローソンのコーヒーを飲んでみた

ローソンでは、2017年3月より新ブレンドが登場しました。リニュアールされ新しくなったローソンコーヒーを早速飲んでみました。

ローソンのコーヒー豆は?産地や焙煎方法

ローソンでは、ブラジルの伝統的なコーヒー産地であるミナスジェライス州のイパネマ農園の熟成豆を使用しています。イパネマ農園は、世界最大規模の農園で、世界中のコーヒーバイヤーを顧客に抱えています。15日間以上豆を寝かせ、熟成された豆で淹れるコーヒーは、まろやかな味わいが特徴です。

ブラジル、コロンビア、グアテマラ、タンザニア、それぞれの豆の個性を引き出すための焙煎を行った後、アフターミックスでバランスの良いコーヒーに仕上げています。本場イタリアのエスプレッソマシンを使用し、豆の旨みが凝縮される抽出方法を採用しています。

ローソンのコーヒーメニュー

・ブレンドコーヒーS 100円
・ブレンドコーヒーM 150円
・ブレンドコーヒーL 180円
・ダイヤモンドバリ 300円
・シングルオリジンコーヒーゲシャゲシャ(エチオピア)300円
・アイスコーヒーS 100円
・アイスカフェラテ 150円

この他、紅茶やココアなど、バリエーション豊かなメニューが用意されています。ただし、地域によって販売されているメニューが異なります。筆者の地域では、ダイヤモンドバリやシングルオリジンの販売はなく、定番メニューのみの取り扱いでした。

ローソンコーヒーの買い方

ローソンコーヒーの買い方

ローソンでコーヒーを購入する時は、レジで直接注文をします。精算を済ませるとスタッフの方がカウンター内で、コーヒーを淹れてくれるため、セルフ式とは違い全く手間がかかりません。

ローソンでは、カフェ感覚で利用できる”まちカフェ”をコンセプトとしている事もあり、カフェ感覚で注文できるので、セルフ式が苦手な方にもおすすめです。

砂糖やミルクは、スタッフの方が「こちらで入れますか?」と聞いてくれますが、自分で入れたい方、または味付けを変えたい時は、受け取りカウンターやイートインスペースにミルク、ガムシロ、マドラー砂糖が置いてあるので自由に使えます。
010konbinicofee

ローソンコーヒー味の評価

ローソンコーヒー味の評価

正直なところ、リニュアール前は美味しいというイメージがなかったので、今回ブレンドコーヒーを飲んで驚きました。花のような甘い香りに、フレッシュな酸味がほど良く広がり、とても美味しくなっていました。

ブルーボトルやフグレンなど、サードコーヒーと呼ばれるコーヒーが好きな方、最新のトレンドコーヒーをコンビニで手軽に味わいたい方におすすめです。

また、コーヒーショップでは、カップデザインに力を入れているところも多いのですが、ローソンのホット用カップには、春限定デザインが登場しています。

エンボス加工で持ちやすく、見た目も華やかで可愛いところが◎。インスタグラムなどのSNSに映えそうなデザインです。

酸味 ★★★★★
苦み ★★★☆☆
コク ★★★☆☆
香り ★★★★★

012konbinicofee

アイスコーヒーもややフレッシュな酸味を感じるスッキリとした味わいです。しっかりとコクもあり、アイスでも鼻に抜けるような香りも感じます。カフェレベルの本格的な味でありながら、100円というコストパフォーマンスの高さ。

そして、筆者のような地方在住者にとっては、美味しいコーヒーショップが少ないので、コンビニで手軽に購入できるのは非常に魅力的です。

酸味 ★★★★☆
苦み ★★★☆☆
コク ★★★☆☆
香り ★★★★☆

ファミリーマート&サンクスのコーヒーを飲んでみた

ファミリーマート&サンクスのコーヒーを飲んでみた

経営統合したファミリーマートとサンクスでは、同じ商品を取り扱っています。看板はサンクスであっても、ファミリーマートの商品を扱っているため、製品や購入方法は同じです。

ファミリーマートのコーヒーは、セブンやローソンのコーヒーと比べ、あまり評判が良くなかったのですが、2016年にリニュアールされています。新しくなったファミリーマートのコーヒーを飲んでみました。

ファミリーマートのコーヒー豆は?産地や焙煎方法

ファミリーマートでは、標高1370m以上の産地で収穫されるSHBグアテマラとブラジルNo.2の最高等級豆を4対6でブレンドしています。2種類の豆は、華やかな香り、酸味、コクを引き出す焙煎方法を採用し、焙煎後は-2度の冷却で香りを閉じ込めています。

リニュアール前は、ブラジル、エチオピア、コロンビアの豆が使用されていたので、バランスの良いブラジルベースである事には違いありませんが、香りが良いグアテマラ豆が使われているのが特長です。そして、本格エスプレッソマシーンで抽出します。

ファミリーマートで販売されているコーヒーメニュー

ファミリーマートで販売されているコーヒーメニュー

・ブレンドS 100円
・ブレンドM 150円
・ブレンドL 180円
・アイスコーヒーS 100円
・アイスコーヒーM 180円
・アイスコーヒーL 180円
・カフェラテM 150円
・アイスカフェラテM 180円

この他、抹茶ラテ、ココア、ミルクティーなどに加え、フラッペもあるので充実のラインナップですが、ブレンドはリニュアールされたものの紅茶や抹茶は、お湯にティーパックやパウダーを溶かすタイプなので、ややチープな印象です。ファミレスのドリンクバーのような感覚になります。

ファミリーマートコーヒーの買い方

ファミリーマートコーヒーの買い方

ファミリーマートは、セブンイレブンと同じくセルフ式を採用しています。カップの購入方法も同じで、アイスは冷凍コーナー。ホットはレジで注文してカップを受け取ります。カップを受け取った後は、コーヒーマシンにカップをセットし、注文した商品のボタンを押します。フラッペや紅茶なども同じマシーンで購入できます。

スタイリッシュなデザインのセブンイレブンのマシーンと比べ、ファミマのマシーンは写真付きで表示がわかりやすいので、初めて利用する方でも間違えにくいと思います。カップのフタや砂糖、ミルクもマシーンの近くに常備されているため、自由に利用できます。

ファミリーマートのコーヒー評価

ファミリーマートのコーヒー評価

ファミリーマートのコーヒーを飲んだ感想は、ズバリ以前より美味しくなったと思います。グアテマラならではの甘みと香りの良さを感じます。苦みは控えめでバランスが良く、マイルドな味わいで、ホテルのコーヒーラウンジで出てきそうな味でした。ブラックでも美味しく飲む事ができます。

ただし、コクや苦みが少ないせいか、冷めてしまうと一気に味が落ちます。美味しく飲むなら冷める前の温かいうちに飲みきりましょう。セブンイレブンのコーヒーは苦い、ローソンは酸味が強い、というバランス重視の方におすすめです。

酸味 ★★★☆☆
苦み ★★☆☆☆
コク ★★☆☆☆
香り ★★★★☆

018konbinicofee

こちらはアイスコーヒーです。こちらは以前とあまり変わらない印象で、苦みやコクがないせいか深みがなく、水っぽい感じがしました。不味いとまでは言いませんが、他のコンビニコーヒーのレベルが高いので、美味しさとしてはもう少し頑張って欲しいというのが正直な感想です。

ミニストップのコーヒーを飲んでみた

ミニストップのコーヒーを飲んでみた

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートと比べ、店舗数では一歩遅れを取っているミニストップですが、近頃は品質の向上による美味しさが口コミで広がっています。

そして、コンビニコーヒーの需要の高まりとともに、品質の高さも求められる今、ミニストップでは2016年9月からコーヒー豆がグレードアップし、リニュアール販売されました。これまでよりも美味しさを極めたコーヒーの味をチェックしてみました。

ミニストップのコーヒー豆は?のコーヒー豆は?産地や焙煎方法

ミニストップでは、インドネシア・スマトラ産アラビカコーヒーの最高級グレードのマンデリン豆をはじめに、グアテマラ、コロンビア、ブラジル豆をブレンドしています。

酸味と苦みのバランスが良いマンデリンを30%配合し、それぞれの豆の美味しさを引き立てる焙煎&アフターミックス製法で、1杯ずつペーパードリップで抽出しています。ブラックでも飲める事を想定して作られています。

ミニストップで販売されているコーヒーメニュー

・ホットコーヒーレギュラー150円
・ホットコーヒーS 100円
・アメリカンコーヒーレギュラー 150円
・アメリカンコーヒーS 100円
・アイスコーヒーレギュラー 150円
・アイスコーヒー S 100円
・ソフトアイスコーヒー 230円

ホット、アイスの定番コーヒーに加え、苦みを抑えてマイルドに仕上げたアメリカン。そして、ソフトクリームを販売するミニストップらしいソフトアイスコーヒーがメニューにラインナップしています。

ミニストップのコーヒーの買い方

ミニストップのコーヒーの買い方

ミニストップでは、ホット・アイスどちらもカップをレジで注文します。精算後にカップをもらいマシーンにセットします。

セブンイレブンのセルフマシーンと使い方は、ほぼ同じです。扉を閉めて注文した商品のボタンを押せば、コーヒーが抽出されます。カップや砂糖などの一式もマシーンの横に常備されているので、お好みで自由に使用できます。

ミニストップのコーヒーの評価

ミニストップのコーヒーの評価

ミニストップでは、ホット・アイスともにマンデリン豆が使用されています。4種類の豆をブレンドしているため、非常に複雑でありながらもバランスが良い味わいに仕上がっています。酸味、苦み、香りが良く、深いコクも感じます。しかし、スッキリとした飲み心地で後味が軽いため、何度でも飲みたくなります。

コクや苦みがしっかりとあるため、アイスコーヒーも味わい深く、とても美味しいので驚きました。100円のワンコインはSサイズのため、セブンイレブンのレギュラーよりも一回り小さく、容量も少なめですが飲む価値アリの美味しさに仕上がっています。

酸味 ★★★★☆
苦み ★★★★☆
コク ★★★★☆
香り ★★★★★

大手4社を比較!豆の品質が良く一番美味しいのは?

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート(サンクス)、ミニストップ。大手4社のコンビニコーヒーを比較し、一番美味しい商品を選んでみました。

ホット・ブレンドコーヒーが一番美味しいコンビニは?

4社の中でホット&ブレンドコーヒーが一番美味しいと感じたのは、新ブレンドとしてリニュアールされたばかりの「ローソン」です。ミニストップと迷いましたが、香りが立っていたところとフレッシュな酸味をコンビニコーヒーで味わえた驚きがあり、ローソンを選びました。順位を付けるなら次の通りです。

1位:ローソン
2位:ミニストップ
3位:ファミリーマート(サンクス)
4位:セブンイレブン

好みの問題もありますが、セブンイレブンのコーヒーが一番美味しい!という時代を経て、各コンビニが力を入れ始めたため、3社のコーヒーが美味しくグレードアップした事は間違いないと思います。

そして、セブンイレブンでもコーヒーをリニュアールしていますが、リニュアール後は筆者の苦手な苦みが強くなったので、4位の最下位にしました。

【各コンビニのコーヒー豆】
セブンイレブン:アラビカ種
ローソン:ブラジル、コロンビア、グアテマラ、タンザニア
ファミリーマート:グアテマラ、ブラジル
ミニストップ:マンデリン、グアテマラ、コロンビア、ブラジル

各コンビニで使用されているコーヒー豆に注目をすると、セブンイレブンのみ産地が明確に記載されていません。そして、ローソンとミニストップのコーヒーのレベルが高いと感じたポイントでもあるのが、4種類の豆をブレンドしている点です。

ファミリーマートでは、品質の良いグアテマラとブラジル豆を使用していますが、2種類のブレンドでは単純な味わいになってしまいがちです。ローソンとミニストップは、ブレンドの数が多い分、複雑なコーヒーの味わいが出ていると思います。

アイスコーヒーが一番美味しいコンビニは?

4社の中で、一番アイスコーヒーが美味しいと感じたのは、「ミニストップ」です。コクと苦みを持つマンデリン豆がベースになっているので、非常に美味しいアイスコーヒーです。

これまで、筆者はセブンイレブンのアイスコーヒーが一番だ!と思い込んでいましたが、ミニストップのアイスコーヒーを飲んで、初めてコンビニコーヒーの進化を感じました。順位は次の通りです。

1位:ミニストップ
2位:セブンイレブン
3位:ローソン
4位:ファミリーマート

ローソンはトレンド感のある味わいではあるものの、酸味が苦手だと感じる方も多いので、毎日飲むならセブンイレブンやミニストップです。特に、セブンイレブンはレギュラーサイズで100円というコスパの良さ、店舗数が多いため、実際に購入するとなるとセブンイレブンになりそうです。

スポンサードリンク

PAGETOP