美白化粧品【口コミ・効果】ランキング!シミ・そばかすを撃退

美白化粧品【口コミ・効果】ランキング!シミ・そばかすを撃退
この写真、圧巻じゃないですか(´艸`*)
5社の美白化粧品のトライアルセットなんです!

美白が必要な年代になってしまって本気で美白に取り組んでいるわたしが、そもそも美白とは何なのか、美白有効成分にはどんなものがあるのか、売れ筋の美白化粧品のレビュー、美白化粧品の選び方などなど「美白」に関わるあらゆる情報をお届けします。
シミ・そばかすに負けない肌を一緒に作っていきましょう!

スポンサードリンク

 


もくじ

美白とは

改めて「美白」が何を指すのかというと、Wikipediaでは

美白(びはく)とは、色素沈着が少なく、かつ光の反射量が多い、明るい美しい肌の色ことをいう。主に顔の肌について用いられる。

とされています。

<引用元> Wikipedia 美白

肌色を白くしたりシミを薄くすることだけが美白というわけではないようですね。メイクなしでも「色素沈着のない明るい美しい肌」を目指すと言い換えても良いと思います。

厚生労働省が認可している有効美白成分(美白に効果がある成分)の代表的なものをご紹介します。

代表的な美白成分

厚生労働省が認可している主な有効美白成分は、それぞれ美白に働きかける効果やタイミングが異なります。特性を理解して希望にあったものを使いましょう。

ハイドロキノン

以前は皮膚科での取り扱いのみでしたが、現在は市販の美白化粧品にも配合できるようになりました。できてしまったシミ、色素沈着、ニキビ跡にもとても有効です。

大変美白効果が高い成分ですが、ハイドロキノンを塗って紫外線に当たるとシミが濃くなるので、紫外線対策は欠かせません。
また、酸化しやすいので使用期限を守ることも大切です。

アルブチン

ハイドロキノンにブドウ糖を結合させたものがアルブチンです。ハイドロキノンは美白効果がとても高いのですがその分肌への刺激が強いというデメリットもあるのですが、アルブチンは刺激が穏やかになっています。

アルブチンはシミの原因になるメラニンが働くときにおこるチロシンとチロシナーゼの結合を防ぐことで美白効果を発揮します。シミの予防になるということですね。

トラネキサム酸

ハイドロキノンと並んで美白効果がかなり高いと言われている成分です。皮膚科でも女性の頬にできる「肝斑」の治療薬としても使われています。
大量に作られたメラニンが細胞に蓄積するとシミになるのですが、トラネキサム酸は早い段階でメラノサイトのプラスミンを阻害してシミが定着するのを防ぎます。

プラセンタエキス

わたしたちの体にもあるアミノ酸、ミネラル、ビタミンなどを豊富に含んでいて、代謝を促進してくれます。ターンオーバーを整えることで色素沈着やシミの原因になっている古い角質がはがれます。

また、抗炎症作用もあるのでニキビを防いだり、炎症からの色素沈着も防いでくれます。メラニン色素のもとになるチロシナーゼを阻害するので、メラニンの生成そのものを防いでくれます。

ちなみにプラセンタエキスは原液を直接シミが気になるところに塗ることもできます。敏感肌さんはプラセンタ配合化粧水よりも原液を塗布した方が安全度が高いです。(パッチテストは行ってくださいね)

ビタミンC誘導体

ビタミンCが美白に良いということはなんとなくご存じかと思いますが、水溶性ビタミンは不安定で肌に吸収されにくいんです。そこで安定させて角質層にまで浸透しやすいようにしたのがビタミンC誘導体です。
・水溶性ビタミンC誘導体
・脂溶性ビタミンC誘導体
・新型ビタミンC誘導体

の3種類があり、いちばん浸透力が高いのは新型ビタミンC誘導体で、ビタミンC誘導体の100倍と言われています。

ビタミンC誘導体にはできてしまったメラニンを還元して肌のターンオーバーを整える、メラニンの生成そのものを抑える、コラーゲンの生成を促進するなど美白に嬉しい効果がたくさんあります。

エラグ酸

エラグ酸にはメラニンの生成を抑える働きがあります。紫外線を浴びるとチロシナーゼが活発になりチロシン(メラニンの元)が黒色メラニンに変わります。エラグ酸はチロシナーゼ内の銅イオンを除去して活性化を防いでくれるので、シミの原因そのものに働きかけます。

また、エラグ酸は天然のポリフェノールなので強い抗酸化作用があります。活性酸素を除去して肌の酸化を防いでくれます。

コウジ酸

コウジ酸は日本で生まれた美白成分です。メラニンの生成を抑える、メラニンの生成を促す伝達物質の生成も抑えてくれます。

コウジ酸には抗糖化作用があり、タンパク質と糖が結びつくことで起こる肌の黄ぐすみにも効果があります。肌が弱い方でも比較的安全に使えるという大きなメリットもあります。

売れ筋の美白化粧品おすすめランキング!

bihaku_main
前は絶対になかったのにいつの間にできたの?というシミやくすみの美白のための5つの美白化粧品をいっぺんに購入してみました!
ひとつずつ使ってみて、良かったものをランキング形式でご紹介します。

1位 ビーグレン ホワイトケア

1位 ビーグレン ホワイトケア
ビーグレンは独自技術の浸透テクノロジー「QuSome(キューソーム)」を採用しているメーカーさんです。QuSomeは皮脂に近い性質でできた髪の毛の1000分の1というものっすごく小さい超微粒子カプセルです。これにハイドロキノンを閉じ込めることで、角質の奥まで成分を届けることができるんです。

QuSomeによって届けられた成分は肌の奥に長時間とどまるので効果を持続させることができます。ビーグレン ホワイトケアではハイドロキノンをQuSome化していますが、肌の悩みに合わせた成分をQuSomeに閉じ込めればあらゆる悩みに対応できるということなので、すごく科学的で理にかなった技術なんですよ。

★ビーグレン ホワイトケア トライアルセットの内容(7日分)
・クレイウォッシュ 15g
・QuSomeローション 20mL
・Cセラム 5mL
・QuSomeホワイトクリーム1.9 5g
・QuSomeモイスチャーリッチクリーム 7g

<価格>1,800円(税込・送料込み)

<主な美白成分>
ハイドロキノン
高濃度ピュアビタミンC
その他、さまざまな有効成分がQuSome化されています

ビーグレン ホワイトケアトライアルセットには「365日返金保障」がついています。すごくないですか?肌に合わなかったら返金してもらえるので安心して試してみてくださいね!

パンフレット類はわりとシンプルなのですが、
ビーグレン ホワイトケアパンフレット

ビーグレン ホワイトケア専用の冊子がついています。
bgren_pan2
これに使い方やアイテムの特徴などがとっても詳しく書かれているので、この1冊だけをサラーっと読めばビーグレン ホワイトケアの内容や有効成分、正しい使い方がしっかりわかりますよ。

ビーグレン ホワイトケアのトライアルセットは5つのアイテムで構成されています。まずは洗顔からやってみます。

クレイウォッシュ

クレイウォッシュ
天然クレイの「モンモリロナイト」で汚れを吸着して落とすタイプの洗顔剤です。色素沈着の原因にもなる酸化した皮脂までやさしく洗い流してくれます。
ビーグレンの化粧品は使ってないけど、このクレイウォッシュだけは愛用しているという方もいらっしゃるくらい使用感が良いんですよ。泡立て不要なので忙しい朝でも使いやすいところも高評価!

bgren_washkao
洗顔中なのですが、泡がぜんぜんないですよね。クレイウォッシュは吸着型の洗顔剤です。

ぬるま湯でお顔をぬらして手で軽くなじませたクレイウォッシュでマッサージするようにクルクルするだけで汚れが落ちるんです。毛穴の詰まりもすっきり落ちるので、わたしもクレイウォッシュが大好きです!

洗い上がりはしっとりで、汚れだけを落として必要な皮脂を残してくれていることがよくわかります。

QuSomeローション

QuSomeローション
みずみずしさが17時間も続く持続型保湿の効果があるエイジングケア化粧水です。年齢を重ねて硬くなった肌をうるおいで満たし、美白美容成分の効果を高めてくれます。水分が行き届くことでターンオーバーが整いメラニンが排出されやすくなります。

bgren_lotionkao
わかりにくいですが、QuSomeローションをつけているところです。とろーっとしたテクスチャーなのでちょっとなじみにくいです。手を顔に軽く押し付けているうちに時間をかけてゆっくり浸透する感じです。

スキンケアをササっと済ませたいときにはちょっと不便かもしれません。馴染んだ後の肌触りはしっとりしています。ベタつきがなく仕上がりはとても良いですよ。

Cセラム

Cセラム
Cセラムは高濃度のビタミンCが配合された美容液です。ピュアビタミンCがQuSome化されているので角質層の奥まで浸透します。やさしいピーリング作用もあるので、メラニンや古い角質を排出してくれます。

bgren_serumkao
またまたわかりにくいですが、Cセラムをなじませているところです。Cセラムを手にとったときには感じなかったのですが、お顔にのせるとポカポカと顔があったかくなって「効いてる!」という感じがします。

QuSomeホワイトクリーム 1.9

QuSomeホワイトクリーム 1.9
ハイドロキノンをQuSome化してある美白クリームです!美白効果の実績があるハイドロキノンを浸透テクノロジーのQuSomeと組み合わせることで、スピーディに効果が発揮されます。刺激も穏やかになっているそうですよ。
商品名の「1.9」はハイドロキノンが1.9%配合されていることを意味しています。

bgren_whitekao
QuSomeホワイトクリーム 1.9をシミが気になるところに伸ばしています。ハイドロキノンを塗っていると思うと自然と気合いが入ります!

つけてからしばらくするとちょっとピリピリする部分があったので鏡で確認したら、もともと軽く炎症を起こしていてちょっとだけ赤くなっていたところでした。やっぱり刺激が強いのかなぁ。説明書には「乾燥肌・敏感肌の方は少量で様子を見ながらお試しください」と記載があるので、ちょっとずつ試してみてください。

QuSomeモイスチャーリッチクリーム

QuSomeモイスチャーリッチクリーム
仕上げのクリームです。QuSomeモイスチャーリッチクリームはビーグレンのクリームの中でももっともエイジングケア向けのリッチ仕様で、複合成分の「QuSomeエイジングリカバーコンプレックス」が角質の深部まで届きます。ハリと弾力がよみがえります。

bgren_richkao
顔全体にQuSomeモイスチャーリッチクリームを塗って、シミが気になるところに重ね付けしてみました。QuSomeホワイトクリーム 1.9よりも濃厚なんですけど、肌に馴染んだらスッと軽くなります。美容液にクリーム2種類を重ねたんですけど、しっとりしていて肌がいつもより柔らかい気がします。

ビーグレン ホワイトケアはどうだった?

ビーグレン ホワイトケアトライアルの本製品をすべて購入すると、価格は28,620円になるんです。どれも1か月~2か月くらいでなくなってしまうのでコスパが良いとは言えませんが、これを使い続けたら確かに効きそうです。やっぱり美白有効成分のハイドロキノンが配合されたアイテムということで期待できますし、スキンケアが楽しくなりそう。
エイジングケアを兼ねているので、年齢肌、シワが気になる方にも良いと思います。

それぞれ単品で購入することができるので、いつものスキンケアにハイドロキノン配合のQuSomeホワイトクリーム 1.9だけを組み合わせてみても良いと思います。

今回購入した5商品の中で唯一ハイドロキノンを配合していて、ハイドロキノンも美白に欠かせない高濃度なビタミンCも浸透技術を使って深いところまで届ける仕組みにすごく期待できそうなことから堂々1位となりました!

ただ、CセラムもQuSomeホワイトクリーム 1.9も刺激が強めなので、お肌が弱い方は使えない可能性がかなり高いと思います。ビーグレン ホワイトケアトライアルセットを使うときもパッチテストからやってみてくださいね。
敏感肌さんは3位のディセンシアサエルをチェックしてみて下さい。

2位 アスタリフトホワイト

2位 アスタリフトホワイト
アスタリフトホワイトは美白とエイジングケアを兼ねたようなシリーズです。
保湿とエイジングケアが期待できる「センテラジアチカ」という美容成分から抽出した「アジア酸」「マデカッソ酸」「アジアチコシド」を複合した「AMA」で美容成分や美白有効成分が必要なところにしっかり届き、しっかり働くような独自技術を開発し採用しています。

◆フジフィルム アスタリフトホワイト 5日分
<内容物>
先行美容液「ジェリー アクアリスタ」:0.5g×10包
美白化粧水「ブライトローション」:18ml
美白美容液「エッセンス インフィルト」:5ml
美白クリーム「クリーム」:5g
UVクリア美容液(化粧下地):0.7g×5包プレゼント

<価格>1,080円(税込・送料込み)

<主な美白成分>
アルブチン
ビタミンC誘導体

<その他の主な有用成分>
アスタキサンチン
リコピン
3種類のコラーゲン
ナノAMA
ナノAMA+
など

アスタリフトホワイトってコマーシャルで「赤の力」ってよく言ってませんでしたっけ?てっきりアスタキサンチンが有効成分なのかと思ったいたのですが、アルブチンとビタミンC誘導体も配合されていました。頼もしい!

アスタリフトホワイトの5日間トライアルキットはネコポス便でポストに投函されます。注文した翌日には受け取ることができたので配送はとっても早いです。

箱にはアスタリフトホワイトのパンフレットも入っていました。
アスタリフトホワイトパンフレット

それから、化粧下地にもなるUVクリア美容液(SPF50・PA++++)がプレゼントで5包ついていました。
アスタリフトUVクリア

それからコレ!
bihaku_assettorisetsu
水に塗れても平気っぽい丈夫な素材で作られたアスタリフトホワイトの使い方説明書なのですが、使用量が実物大でわかるのでとても気に入りました。
この順番に従ってお顔につけてみます。

アスタリフトホワイト 先行美容液「ジェリー アクアリスタ」

ジェリー アクアリスタ
美容液が洗顔後すぐに使う美容液です。化粧水の後に使う美容液もあるので、すごく贅沢で大人向けのシリーズだなぁと思えてきます。

ジェリー アクアリスタはとにかく色がすごい!蛍光オレンジのような色ですごくびっくりしました。この色はアスタキサンチンとリコピンがたっぷり入った色なのだそうです。すっごく効きそう!

ジェルは肌にのせたときは少し固めなのですが、体温で少しずつとけていく感じです。手のひらで温めてから顔全体を包み込むと良いそうです。

bihaku_assetjelkao
お顔全体にジェリー アクアリスタをのせて、ほんの少し余った美容液を写真の黒丸のところに重ねづけしました。いちばんシミが濃い部分です。
少しオレンジ色になっていますが手のひらでプッシュしているうちに色はなくなりました。

アスタリフトホワイト美白化粧水「ブライトローション」

アスタリフトホワイト美白化粧水「ブライトローション」
化粧水もオレンジ色です。アスタリフトホワイトブライトローションは高保湿型の化粧水でもあるのですが、さらっとした手触りでとろみはあまりありません。

bihaku_assetkeshosuikao
塗った後にお顔を触ってみるとしっとり潤っているのですが、使う量が多すぎるとちょっとベタつきがあって夏には重いかな~という感じがします。こういう手触りを「もっちり」「吸いつくような肌」と言うのかもしれませんが、サラッとした使用感がお好みの方にはやや重めの化粧水だと思います。

アスタリフトホワイト美白美容液「エッセンス インフィルト」

アスタリフトホワイト美白美容液「エッセンス インフィルト」
こちらは化粧水の後に使う美容液です。チューブに入っているのでクリームっぽい美容液を想像していたのですが、すごく垂れやすいんです。手のひらにとったエッセンス インフィルトを指先にとってピンポイント付けしようとしたら指先からポチョンと落ちてしまいました。手のひらに広げたらそのままお顔にのせた方が良いかも。

bihaku_assetinfikao
肌になじませていると指の滑りが悪くなってくるのですが、この状態が次のステップに移るサインです。滑らなくなると肌の上で指にキュッとブレーキがかかるような感じがします。

アスタリフトホワイト美白クリーム「クリーム」

アスタリフトホワイト美白クリーム「クリーム」
最後のステップです。美白有効成分をしっかり閉じ込めてくれる美白クリームです!

bihaku_assetcrekao
クリームにしては軽い付け心地で、すーっと肌に入っていく感じがします。肌になじんだ後はぴったり吸い付く感じで、ベタつきもありません。とても使用感の良いクリームだと思います。

アスタリフトホワイトはどうだった?

2種類の美容液をはじめ、4アイテムも重ねたのにベタつきがなく仕上がりがしっとりサラサラなところがフジフィルムの技術力の高さだと思います。スキンケアの最初に美容液を使うことで美白美容成分がしっかり入っていきそうですし、潤い効果もとても高そうです。大人向けのシリーズだと思います。

気になるところはこの4つをすべて朝と夜の1日2回継続しないといけないところ。時間もかかりそうだしお金もかかりそう・・・。お顔を洗ってからメイクに入るまでに5分くらいはかかるケアなので、朝の時間がない方は続けるのが難しいんじゃないかなーと思いました。
まずはトライアルセットで続けられそうか試してみると良いと思います。

スキンケアに時間がかかりそうなことと、どちらかというと美白有効成分ではなく保湿を中心に行って年齢肌のシミに働きかけるのかな?という感じがしたので2位となりましたが、とっても優秀な美白化粧品であることは間違いないですよ。

3位 ディセンシアサエル

3位 ディセンシアサエル
「ディセンシア」はポーラ・オルビスグループから誕生した乾燥肌さん敏感肌さん専門ブランドで、「サエル」はディセンシアの美白向けラインです。

◆ディセンシア サエルトライアルセットの内容 (10日分)
薬用美白化粧液「サエル ホワイトニングローション クリアリスト」14ml
薬用美白美容液「サエル ホワイトニングエッセンス クリアリスト」8ml
薬用美白クリーム「サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト」9g

<価格>1,480円(税込・送料込み)

<美白有効成分>
ビタミンC誘導体
アルブチン

<その他の美白有用成分>
エスクレシド(ポーラオリジナル成分)
デリリー花発酵液

<その他の有効成分>
セラミドナノスフィア(高浸透・保湿成分)
コウキエキス(抗炎症成分)
ゼラニウム
ローズ
ローズマリー

ディセンシア サエルのトライアルセットは化粧水・美容液・クリームの3つです。敏感肌、乾燥肌さん向けのラインなのでシンプルな構成になっていますね。

こちらが同封されているパンフレット類です。
ディセンシア サエルのパンフレット類
次回購入の際に利用できる20%割引券もついています!

こちらはプレゼントのCCクリームです。
ディセンシアCCクリーム
SPF50・PA++++のUVカット効果もあります。

ハイドロキノンをはじめ美白有効成分は肌刺激が強く敏感肌には合わないことがあるのですが、パンフレットを読んでいるとサエルは敏感肌さんの美白にかなり自信があるのかな?という気がしてきます。
さっそく使ってみます!

薬用美白化粧液「サエル ホワイトニングローション クリアリスト」

サエル ホワイトニングローション クリアリスト
スキンケアの最初に使用する化粧水です。水にも油分にもなじみやすい浸透性保湿成分が配合してあり美白成分が肌に届きやすくなっています。セラミドの生産を促し、みずみずしく透明感のある肌を目指します。

decesaeru_rokao
少しとろみのあるタイプの化粧水ですが、重くはありません。手のひらで顔を包んでいるとじんわり入っていく感じがします。肌が化粧水をしっかり吸った後の手触りはサラサラです。
いかにも敏感肌さん向けの化粧水という感じで香りもほぼ無臭と言って良いと思います。安心感で満たされます。

薬用美白美容液「サエル ホワイトニングエッセンス クリアリスト」

サエル ホワイトニングエッセンス クリアリスト
シミが目立ってしまう敏感肌さん特有の「くすみの3原色」に対応した美容液。シミそのものとシミを目立たせてしまう要因を一掃してくれます。

★くすみの3原色
・赤ぐすみ:繰り返す炎症
・青ぐすみ:乾燥による角質の乱れ
・黄ぐすみ:過剰なメラニン生成

decesaeru_essencekao
こちらもすごく付け心地の良い美容液です。ぜんぜん重たくないしすぐに肌に馴染むので忙しい朝でもしっかりつけることができます。
頬のシミができやすい部分には重ね付けしてみましたが、これで本当に美白になってるの?と思うくらいスーッと入っていきます。特別に手間をかけたケアをしなくても美白になるんですね!

薬用美白クリーム「サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト」

サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト
サエルのパンフレットには敏感肌さんの美白に頼もしく思えるフレーズがたくさん出てくるのですが、ホワイトニングクリーム クリアリストには「目覚めて出会うのは、白さが一段冴えた肌」と書かれています。

寝ている間に肌を徹底修復して酸化を防いでくれるのだそうです。
テクスチャーは「水があふれ出るようなみずみずしいテクスチャー」だそうですよ。ホントかなぁ。

ホワイトニングクリーム クリアリストは夜だけ使うクリームです。朝はプレゼントでいただいたCCクリームか「ホワイトディミルク クリアリスト」を使って仕上げます。

decesaeru_crekao
ホワイトニングクリーム クリアリストを伸ばしている途中です。わたしがいつも使っているクリームと比べると確かにみずみずしくて水分がたっぷり含まれていることがわかります!でも伸ばし終わった後はしっかっりと守られているような感じで不思議!
肌の表面はサラッとしているのに内側は水分がしっかりあるような肌触りです。

ディセンシア サエルの感想

敏感肌さん向けのラインということがよくわかるシリーズです。ビーグレン ホワイトケア、アスタリフトホワイトと比べると「美白に効きそう感」も穏やかですが、敏感肌さんでも安心して使えるとても貴重な美白化粧品だと思います。

美白したいけど合う化粧品がない、冒険して炎症が起こるのが怖いことですごく悩んでいる敏感肌さんも多いと思うんです。そんな方に1度試していただきたいと思いました。

●ディセンシアサエルには30日間返品保障があります
万が一ディセンシアサエルが肌に合わなかったら返品してしまいましょう!サエルには30日間返品保障がついているので、使ってみて合わないと感じたら返金してもらえるんです。
こういうサービスも肌が弱い方にはとても嬉しく、きちんと敏感肌のことを考えてくれているなーと感じました。

敏感肌・乾燥肌さん向けということで美白に有効なハイドロキノンなどが使われていないため美白化粧品ランキングとしては1位ではありませんが、「敏感肌の美白化粧品」としては間違いなく1位です!

4位 ヤクルト リベシィホワイト

4位 ヤクルト リベシィホワイト
ヤクルト リベシィホワイトはあのヤクルトの美白スキンケアアイテムです。3つの乳酸菌由来成分でしっかり保湿してくれます!

◆ヤクルト リベシィホワイト セット 1週間おためしの内容
・リベシィホワイト ウォッシング 10g
・リベシィホワイト ローション 30ml
・リベシィホワイト ミルク 20ml
・リベシィホワイト クレンジング 20ml
・リベシィホワイト UVカットミルク SPF17・PA++ 8ml

<価格>1,620円(税込・送料込み)

<美白有効成分>
ビタミンC誘導体

<その他の注目成分>
グリチルリチン酸2K
グリチルレチン酸ステアリル
グリコシルトレハロース(保湿成分)
チンピエキス
プルーンエキス
トリプル乳酸菌:乳酸菌発酵エキス(アロエ)、高分子ヒアルロン酸、乳酸菌発酵エキス(ミルク)
など

トライアルセットにはリベシィホワイトのパンフレットとヤクルトの化粧品の使い方のコツなどが同封されていました。
リベシィホワイトのパンフレット

メイク落としから化粧下地までセットになっていてすごく豪華です!

リベシィホワイト クレンジング

リベシィホワイト クレンジング
オイルタイプのメイク落としです。メイク汚れ、古い角質、余計な皮脂をしっかり落とすことで有効成分が肌に届きやすくなります。

revecy_clete1
手にやや落ちにくい黒のアイシャドウを塗って、真ん中だけにリベシィホワイト クレンジングをのせてクルクルしてみました。早くも落ち始めてますね。

ティッシュオフした状態がこちらです。
revecy_clete2
ちゃんと落ちてますね!このアイシャドウ、クレンジングしてもうっすら残ってることがあるので、メイク落としパワーはすごく良いと思います!

リベシィホワイト ウォッシング

リベシィホワイト ウォッシング
朝晩使用する洗顔フォームです。メラニンを含む不要な角質をすっきりと流してくれます。

泡立てネットを使って泡立ててみました。
revecy_cwashte
すごーくキメが細かい泡ができました!

revecy_cwashkao
お顔にのせても全然おちてこないです。モチッモチの泡で気持ちいい~!
泡立てネットは必須だと思いますが、洗い心地はとっても良いですよ。

それから、こんなにモコモコ泡立ってるのに泡切れも良いんです。サッと落とすことができるところは忙しい女子に重宝すると思います!

洗い上がりもなかなか良いですよ。つっぱり感もナシです。

ただ匂いがちょっと強いかなー。柑橘類を思わせる匂いがするのですが、やや強めなんです。この匂いが苦手な方はずーっと気になってしまうかも。

リベシィホワイト ローション

リベシィホワイト ローション
化粧水です。ビタミンC誘導体とトリプル乳酸菌に2種類の保湿成分が配合されています。

revecy_lotionkao
リベシィホワイト ローションをつけているのですが、浸透が早すぎて写真で見てもわかりにくいですね。
「スーッと入っていく」ってこういうことを言うのかぁとよくわかる浸透力で、思わず笑顔になってしまいます♪

素早く浸透してくれるんですけど、肌の表面はしっとり、内側はもっちりという感じに仕上がります。使用感はとても良いですよ。

リベシィホワイト ミルク

リベシィホワイト ミルク
朝と夜に使用する乳液です。潤いを肌に閉じ込めて透明感と明るさを導いてくれます。

revecy_milkkao
リベシィホワイト ミルクを頬やおでこなどにチョンチョンとおいて伸ばしているところです。こちらも浸透力に即効性があると思います。お顔においたリベシィホワイト ミルクをクルクル伸ばしてハンドプッシュしていると、いつの間にかしっとり肌になっています!

ただ、ややさっぱりタイプの乳液なので、真冬の乾燥が厳しい季節は物足りないかもしれません。冬場や夜はリベシィホワイト クリーム(トライアルには含まれていません)を使った方が良いと思います。

リベシィホワイト UVカットミルク SPF17・PA++

リベシィホワイト UVカットミルク
日中用のUV効果がある乳液です。朝はリベシィホワイト ミルクではなくこのUVカットミルクを使うと紫外線対策をしながら美肌ケアをすることができます。化粧下地にもなりますよ。

revecy_uvkao
リベシィホワイト ミルクと比べると白いですね。

revecy_uvkao2
ミルクタイプなので指でなじませるだけで肌に溶けていきました。スキンケアの仕上げで簡単に紫外線対策ができてお顔用の日焼け止めみたいに塗りこまなくても良いところが気に入りました。摩擦もシワや色素沈着の元ですからね!

ヤクルト リベシィホワイトはどうだった?

使用感はどれも良いのですが、匂いが・・・。
全体的に柑橘類を思わせる匂いがするんですけど、好き嫌いが分かれると思います。

それから、ほかの4メーカーと比べるとアイテムごとの説明が少なすぎて、どの成分がどんな風に効くのかがよくわかりませんでした。

美白有効成分はビタミンC誘導体なのですが、これだけなら他社さんのアイテムにも含まれていますし、トリプル乳酸菌はヤクルトさん独自のものなので、もうちょっと詳しく解説してもらわないとスゴさがわからないんです。まぁそのためのトライアルセットなんですけどね。

アスタリフトホワイトのアスタキサンチンやアルブチン、ビーグレンのハイドロキノンみたいな決め手になる成分がトリプル乳酸菌なのかもしれませんが、コレの長所がスッと頭に入ってこないので、ホントに美白できてるのかな?という不安がどうしても残っちゃうんです。

スキンケア剤としては良いと思いますが、公式サイトやパンフレットでは美白効果がイマイチ伝わってこなかったのが残念でした。使い続けたらわかるのかな。

5位 デルメッド

5位 デルメッド
デルメッドは美白美容成分のコウジ酸を開発した三省製薬株式会社のブランドです。以前にコウジ酸配合の「デルメッド ホワイトニング スポットクリーム」を購入したことがあるのですが、これがすごーく良かったので、ライン使いできるトライアルセットを購入してみました。

◆デルメッドトライアルセットの内容 (10日分)
・[化粧水]プレミアムローション 36ml
・[乳液状美容液]プレミアムエッセンス 20ml
・[化粧下地]プレミアムUVベイス SPF35・PA+++ 10ml

<価格>1,200円(税込・送料込み)

<主な美白成分>
STミロバラン:セイタカミロバラン抽出液
ピュールブランW:ビタミンC誘導体、大麦発酵エキス、リキリチン、桑黄抽出液

<その他の有効成分>
アミノ酸
ヒアルロン酸
コラーゲン
クミナム抽出液(角質クリア成分)
リダクトパウダー(抗酸化成分)
など

●ショック!デルメッドトライアルセットにコウジ酸は使われていない!
dermed_ichiran
トライアルセットに全成分一覧がついていて、これを読んでいてわかったのですが、トライアルセットの3アイテムにコウジ酸は使われていないんです。

わたしの中で「デルメッド=コウジ酸」というイメージだったので、まさか配合されてないなんてことはないでしょーと思って電話で問い合わせてみたところ、やっぱりコウジ酸は配合されていないとのことでした。

うーん・・・。わたしの思い込みですし他の美白成分が配合されているのですが、残念感がすごいです(泣)

ハリやシミに働きかける「STミロバラン」と「ピュールブランW」は3アイテム全てに配合されています。

★STミロバラン
ヒアルロン酸とコラーゲンの減少を食い止めてくれます。セイタカミロバランという植物の果実を原料としている成分で、アーユルヴェーダで使われてきたのだそうです。
実験によるとヒアルロン酸の分解は約42%抑制、コラーゲンは約74%も分解を抑えてくれるそうですよ。

★ピュールブランW
ブドウ糖結合型ビタミンCに複数の美容成分をあわせた成分です。メラニンの生成がスタートするのを4重ブロックしてくれます。ビタミンC単体で使用するよりも65%も抑えてくれるのだそうです。

こちらがパンフレットと2,160円オフクーポン♪
デルメッドパンフレットと2,160円オフクーポン

[化粧水]プレミアムローション

dermedプレミアムローション
10日分なのですが、トライアルにしてはすごくボトルが大きいです。朝・夜たっぷり使えそう!
浸透力が強く、続けるほどに有効成分が届きやすい肌になるそうです。

クミンから抽出した「クミナム抽出液」が肌のゴワつきを抑えて古くなった角質を穏やかに取り除いてくれます。

dermed_lotionkao
ちょっとアルコールっぽい匂いが気になります。浸透はとても早くて潤い感も良いのですが、肌の表面がちょっとベタつくというか1枚膜を張ったような感じがします。プレミアムエッセンスを重ねたら気にならなくなるかな?

どちらかというとさっぱりタイプに近い化粧水だと思います。夏は良さそうですが、冬はしっかり重ね付けしないと乾燥を感じるかも。

[乳液状美容液]プレミアムエッセンス

プレミアムエッセンス
乳液っぽく見えますが、ミルク状の美容液です。STミロバランとピュールブランWに加え、ヒアルロン酸とコラーゲンが配合されています。保湿力が低下しているお肌のうるおいを保って水分が流れ出ないようにキープしてくれます。

dermed_essencekao
プレミアムエッセンスもとてつもなく浸透が早いです!あっという間にスキンケアが終わりました!
プレミアムローションで気になった膜感も全く感じなくなりました。やっぱりライン使いって大事ですね~。

肌の内側はしっかり保湿されているのに表面はサラサラなので、すっぴんが気持ち良いです。保湿はちゃんとやりたいけど、軽い仕上がりが良い方にはすごくぴったりだと思いますよ。

[化粧下地]プレミアムUVベイス SPF35・PA+++

dermedプレミアムUVベイス
UV効果のある化粧下地です。メイクをしない日も朝のスキンケアの後に塗るだけで美白の敵である紫外線から肌を守ることができます。

この化粧下地にもSTミロバランとピュールブランWが配合されているので、日中も美白ケアをすることができます。また、抗酸化作用の高い「リダクトパウダー」が大気中の物質から肌の酸化を抑えてくれます。

プレミアムUVベイスは化粧下地兼日焼け止めなので、夜は使う必要ありません。

dermed_basekao1
テクスチャーはかなり固め。化粧下地というよりは固めの日焼け止めという感じです。肌にのせても真っ白です。

こちらが指でやさしくのばした後です。
dermed_basekao2
ちゃんと馴染んでますね。
触れてみると少し指がひっかかる感じがしますが、日焼け止めを塗った肌ってこんなもんだと思います。ベタつきはないのでミネラルファンデもサラッとのってくれそう。

デルメッド トライアルセットはどうだった?

なんといっても2アイテムだけで美白ができるところが素晴らしい!「デルメッド ホワイトニング スポットクリーム」などを使った方が美白効果は高まるのですが、シンプルケアが美白につながるのはやっぱり嬉しいです。

化粧下地も塗るだけで美白に働きかけてくれるので24時間美白ケアができます。

ただ、やっぱり美白美容成分のコウジ酸が配合されていなかったことと、プレミアムローションが弱いところがマイナスポイントです。

デルメッドトライアルセットは、たっぷり使えるしトライアルセットとしてはとても良いと思いますが、本気で美白したいわたしとしては「デルメッド ホワイトニング スポットクリーム」や「フェイス用美白クリーム デルメッド ホワイトニング クリーム」を使う必要があると感じたので、これらがトライアルセットに含まれていると良いのに!と感じます。

ちなみにデルメッドトライアルセットは注文から到着までに1週間かかりました。今回試した5つの美白化粧品の中でダントツに遅かったです。

美白化粧品の選び方

何よりも続けやすいものを選ぶことが重要です。
一例ですが美白化粧水ならお顔にパチャパチャとのせるだけなので、いつもの化粧水と同じように使うことができますし、顔全体の美白ができます。シミが気になるならスポットクリームを気になるところだけに塗れば良いのでピンポイントでケアすることができます。
お財布事情も考慮して継続できそうな製品を選びましょう。

また、自分の希望と配合されている美白美容成分を照らし合わせて選ぶことも大切です。

美白美容成分の効果は「できてしまったシミを漂白する」「メラニン色素の生成を抑える」の2つに分けることができます。

★シミを薄くする&メラニンの生成を抑える
・ハイドロキノン
・ビタミンC誘導体
★メラニンが作られる過程に働きかける
・アルブチン
・トラネキサム酸
・プラセンタエキス
・エラグ酸
・コウジ酸

できてしまったシミを薄くしたいならハイドロキノン、ビタミンC誘導体が有効です。ただこの2つは刺激が強い成分なので、肌が強い方というのが前提になります。肌の乾燥も気になるならプラセンタエキス、敏感肌さんはコウジ酸など、目的と肌の状態に合わせて検討してください。

美白に良い栄養素と食べ物・飲み物

美白のために積極的に摂りたい栄養素と代表的な食品をご紹介します。
毎日は難しくても意識して食べると肌が内側から変わっていきますよ!

ビタミンC

なんといってもビタミンCですね!ビタミンCが多そうな食品といえばレモンですが、そんなに毎日食べられないですよね・・・。
柑橘類はもちろんオススメですが、赤ピーマンと黄ピーマン(ピーマンよりも含有量が多いです)、アセロラジュースなどにもたっぷり含まれています。
含有量は少々落ちますが、日常的に摂りやすい食品としては
・ピーマン
・ゴーヤ
・キウイ
・柿
・ブロッコリー
・パセリ
・ケール(青汁で摂取できます)

などもあります。

ビタミンE

ビタミンEは脂溶性のビタミンで、ナッツ類に多く含まれています。
オススメ食材はアーモンド!オイル未使用、塩分不使用のアーモンドを1日20粒ほど食べるだけでビタミンE補給になります。

【ビタミンEを多く含む食材】
・あん肝
・イワシのオイル漬け
・すじこ
・焼きたらこ
・粉末抹茶
・なたね油

など。

なるべくビタミンEを摂取しやすい食品を選んでみましたが、こうして見るとビタミンEってすごく日常的に摂りにくい成分であることがわかります。アーモンドがいちばん簡単で良さそうですね!

リコピン

リコピンには優れた抗酸化作用があることがわかっています。リコピンといえばトマトですよね。リコピンは過熱することで吸収量がアップするので生トマトよりもトマトソース、温めたトマトジュースなどの方が効果が高まります。また、少量のオイルと一緒に摂取することでも吸収量が上がります。

【リコピンを多く含む食材】
・トマト
・トマトジュース
・ピンクグレープフルーツ
・スイカ
・柿

など。

オススメはトマトジュースです。リコピンは1日15㎎の摂取が推奨されているのですが、トマトジュースをコップ1杯飲むだけで約18㎎のリコピンを摂取できるんです。トマトジュースにオリーブオイルをほんのちょっと垂らしてもおいしいですよ。

エラグ酸

美白美容成分にもでてきたエラグ酸ですが、エラグ酸はもともと植物に含まれているポリフェノールなので植物から摂取することもできます。

【エラグ酸を多く含む食品】
・ざくろ
・ベリー類

フルーツって毎日食べた方が良いってわかっていてもコンスタントにいただくのはなかなか難しくないですか?そんなときはサプリメントの使用もオススメですよ。

アスタキサンチン

アスタキサンチンといえばフジフィルム「アスタリフト」という感じですが、アスタキサンチンは食品にも含まれている成分です。抗酸化作用、代謝の促進、メラニンの排出、メラニンの生成そのものを抑える働きがあります。

【アスタキサンチンを多く含む食品】
・サーモン(鮭)
・えび
・カニ
・いくら

サーモンを使ったサラダや鮭の塩焼きなど、特別なレシピじゃなくても気軽に食べられそうですね。

美白化粧品の危険性

大げさなようですが、美白美容成分のように効果の大きい成分の影には副作用があると言っても過言ではないと思います。

数年前にある化粧品で白斑様症状がでて大きな問題になったことを覚えておいででしょうか。

このとき使用されていた成分は「ロドデノール」という厚労省が認可した成分です。事件は認可後に起こっているので、国が許可した成分でも必ずしも安全ではないということになります。

ここまで過度ではないにしても、肌に合わなかったら炎症を起こしますし炎症から色素沈着につながることもあります。

また「美白美容成分を何年も使い続けた結果」はデータとしてあまり残されていないという情報もあります。闇雲に怖がる必要はないと思いますが、美白化粧水は刺激が強いものということは覚えておきましょう。

肌に合わないと感じたら使用をすぐにやめて、赤身や炎症がひかなかったら迷わず皮膚科に相談してください。

シミの種類・タイプ

ひとことでシミといってもいろいろな種類があること、ご存じでした?
代表的な3つのシミをご紹介します。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

通常は40代くらいから発現するのですが、老人性といってももともと色白の方や外で過ごすことが多い方は20代から現れます。紫外線を浴びた量が原因なので年齢を重ねるごとに増えたり濃くなるいわゆる「シミ」がこれにあたります。

老人性色素斑ができやすい部位は紫外線を浴びやすいところです。お顔、デコルテ、腕、手などですね。さらにお顔の中でも日に当たりやすい頬、こめかみにできやすいです。

予防策はなんといっても紫外線を浴びないことと肌をガードすること。日焼け止めはもちろん、日傘、帽子などでなるべく紫外線が当たらないように気を付けましょう。

そばかす(雀卵斑:じゃくらんはん)

そばかすは10代になる前から出るのが特徴の斑点のようなシミです。遺伝性のシミですが、紫外線によって濃くなってしまうこともあります。

顔、デコルテ、手、背中などにできることもありますが、レーザー治療などでかなりキレイに消すことができます。また、ハイドロキノンもそばかすに有効と言われています。

ただし、ハイドロキノンは遺伝部分に効果を発揮するのではなく紫外線の影響で濃くなった部分に働きかけるのでハイドロキノンだけで完全に消えるということはありません。「そばかすが薄くなる可能性がある」という程度と考えてください。

肝斑(かんぱん)

30代~40代女性にできやすい頬骨のあたりの左右対称のシミが肝斑です。女性ホルモンの影響と言われていて、閉経すると消えてしまうのが特徴です。

女性ホルモンが起因するシミのため通常の美白美容成分でのケアが難しく、紫外線によって悪化することもあるのでとてもやっかいですが、肝斑の治療を得意としている美容皮膚科もあります。気になる場合は専門機関への相談も視野に入れましょう。

シミ・そばかすができる原因

シミ・そばかすの原因をいくつかご紹介しましたが、ここでしっかりまとめてみます。

シミができる原因

わたしたちが気になるシミは老人性色素斑である場合がほとんどなので、ここでは老人性色素斑ができる原因を解説します。

老人性色素斑ができる原因は「今までに浴び続けてきた紫外線」です。通常は40歳前後、屋外にいることが多い方や色白の方は20代から現れることもあります。紫外線を浴びてすぐにできるわけではなく、積み重ねてきた紫外線量によって徐々に表れ徐々に濃くなってきます。

形はいびつな円形という感じで、大きさは1㎝程度。輪郭ははっきりしていて色は薄茶色~濃い茶色です。

老人性色素斑ができやすい部分はお顔(特に頬、こめかみ)、デコルテ、腕、手など紫外線に当たりやすいところです。日焼けしやすいところと考えるとわかりやすいと思います。

若いうちやターンオーバーが整っているとメラニン色素が排出されるので黒くなりにくいのですが、紫外線対策をせずに浴び続けるとメラニンが過剰に作られ色素が沈着しシミ(老人性色素斑)になってしまいます。

老人性色素斑は見分けがつきやすいのでセルフチェックをしてみましょう。

★老人性色素斑のセルフチェック!
・そのシミは40歳前後で気になり始めた?
・そのシミは丸形っぽいいびつな形?
・そのシミの大きさは1cm程度?
・紫外線対策は夏だけ?
・室内では日焼け止めを塗らない?
・若い頃から日焼けしてた?
・日焼け止めクリームの塗り直しはしない?

イエスが多いほど、気になるシミが老人性色素斑である確率が高いです。美白美容化粧品と上手に付き合って進行を食い止めましょう!

そばかすができる原因

そばかすは「雀卵斑(じゃくらんはん)」という種類のシミです。幼少期~小学生の頃からできるのが特徴で原因は遺伝です。成長するに従って紫外線の影響などで濃くなり目立ってきます。

斑点のような小さなシミが鼻のまわり、頬を中心に広がった形にできます。原因は遺伝ですが、メラニンが関係しているところは老人性色素斑と同じです。

★そばかすのセルフチェック!
・家族、親族にも似ているシミがある人がいる?
・そのシミは子供の頃からシミがある?
・斑点みたいなツブツブのシミがたくさんある?
・ひとつひとつのシミの大きさは5ミリ以下くらいの大きさ?
・鼻のまわりや頬を中心にして、散らばるようにできてる?

イエスが多いほどそばかすの可能性が高いです。
原因は違うものの、シミとそばかすを今以上濃くしないための対策は共通しています。
美白は日々の積み重ねなので、ぜひ実践してくださいね。

日頃からできる美白対策

美白対策は化粧品を使うことだけではありません。美白対策を習慣づけて、白く美しい肌を目指しましょう!

日焼けを防ぐ!UV対策

UV対策といえば日焼け止めという感じですよね。
日焼け止めには「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」があります。

紫外線吸収剤

メリット:紫外線を防止するパワーが紫外線散乱剤よりも高いところが最大のメリット。色がつかない、使い心地が良いという特徴もあります。
デメリット:肌刺激が紫外線散乱剤よりも強いところがデメリットで、こまめな塗り直しが必要になります。

紫外線散乱剤

メリット:紫外線吸収剤と比較すると肌刺激が少ないです。効果もわりと長持ちします(パッケージの説明書きを確認してください)
デメリット:使用感があまり良くないのは紫外線散乱剤である場合が多いです。

どっちを使えば良い?

最近の主流は紫外線散乱剤のような気がしますが、「紫外線散乱剤=安心・安全」というわけではありません。紫外線吸収剤で肌荒れがなければ効果が高い紫外線吸収剤を使ってももちろんOKです。
どちらもこまめな塗り直しは必要ですが、より肌にあう方と利用シーンに合ったSPF・PAの高さを選ぶというのが正解です。

敏感肌にオススメの日焼け止めは?

わたしは敏感肌で敏感肌用の日焼け止めにもかぶれるし、日焼け止めを塗った肌が紫外線にさらされることでさらにかぶれて、数日間赤いツブツブが引かないこともあります。そんなわたしが安心して使えているのがコレ。

bihaku_sun

サンソリット「UVプロテクター 30mL/3,500円(税抜)」
SPF40・PA+++

美容皮膚科で紹介されたもので、毎日使っても肌荒れがないので今はコレばかり使っています。肌色タイプなので化粧下地としても使えます。

コチラもオススメです。
bihaku_skin

ビューティフルスキン「ノンUVミルク 30ml/3,220 円(税込)」
SPF30・PA+++

ノンUVミルクも美容皮膚科で取り扱っていて、お顔のフォト治療の直後にも安心して使えました。石けんで落とせるやさしさ!

どちらも紫外線吸収剤不使用です。ドラッグストアで販売している市販の敏感肌用日焼け止めでもかぶれてしまう方はチェックしてみて下さいね。

●日焼け止め以外にできるUV対策
・帽子
・日傘
・サングラス
・長袖のグローブ(手袋)、アームカバー
・ひざかけ
・車の窓ガラスなどにUVカットフィルム
・UVカットカーテン

油断できないのが運転中や助手席!窓を閉めていても紫外線はガンガン入ってくるので、アームカバーやUVカットフィルムを活用しましょう。

ビタミンCを積極的に摂る!

「美白に良い栄養素と食べ物・飲み物」でもご紹介しましたが、ビタミンCはぜひ積極的に摂りたい栄養素です。ビタミンCは食べ物からも摂れますがアスコルビン酸という白い粉末でもドラッグストアやAmazonなどで販売されているのでこれを1回1g、1日2回飲むことでも補給できます。

煙草を吸う方は特にビタミンCが不足しがちです。食事やサプリメントで意識してビタミンCを摂取しましょう。

強く日焼けをした後のアフターケア

うっかり日焼けをしてしまったら、いつものスキンケアではなくまずは日焼けのアフターケアを行いましょう。

日焼けをした後は皮膚の細胞まで傷ついています。冷たい水で絞ったおしぼりやアフターケア専用コスメなどでほてりやヒリヒリを抑えてから低刺激の化粧水などでスキンケアを行います。

日焼けをした日に美白化粧品を使うと刺激を感じることがあるので、肌が強い方でも低刺激なスキンケア剤を使ってください。

UVカット効果の高い服を選ぶ

夏に白やオフホワイトの薄手の長袖パーカーを着て紫外線対策をしている方もいらっしゃると思いますが、紫外線を最もカットしてくれる色は「黒」です。続いて、ターコイズ、黄色、オレンジ色、ピンク、オフホワイトとなります。

さらに綿などの普通の生地よりも「UVカット加工」が施してある服の方が効果が高く、UVカット加工が施されていないオレンジ色の効果はピンクに劣ります。
紫外線カット用の上着を選ぶときは「色は濃いめ、UVカット加工がされているもの」を購入しましょう。

「飲む日焼け止め」も活用する

飲む日焼け止めは医薬部外品のお薬です。お薬といっても市販薬もありネットでも購入することができます。
1回の服用で4時間程度効果を発揮するものから1粒で24時間効果があるものまで効果や価格も様々です。

期待できる効果は
・日焼け止めと併用することで高い紫外線対策になる
・美白成分が配合されているものもある
・抗酸化作用
・免疫機能を保ってくれる
・シミ、しわなどの老化現象を予防してくれる

など。日焼け止めと比較するとやや高価になりますし日焼け止めとの併用が必要ですが、体の内側からできる紫外線対策です。

スポンサードリンク

PAGETOP