レチノールの効果を原液・クリーム・美容液で試した結果

レチノールの効果を原液・クリーム・美容液で試した結果
レチノールの原液を購入し、手作り化粧水を作ったり、レチノール配合の化粧品を2つ買って試したときのレビューを公開します。また、レチノールはどんな効果があるのか?副作用はあるのか?などなど基礎知識も解説します。

スポンサードリンク

 


もくじ

 

レチノールとは

レチノールとはビタミンAのことです。
他の成分が一切含まれていないピュアな状態のレチノールは「純粋レチノール」と呼ばれます。純粋レチノールは、脂溶性で酸化しやすく、非常に不安定な成分です。

皮膚に塗布しても浸透しづらく、分子構造がすぐに壊れてしまうため、本来持っている効果は発揮されにくいと言われています。

そのため、化粧品に配合される際には、純粋レチノールを“レチノール誘導体”に変化させた成分が多く使われます。

“誘導体”というのは、もとの成分の構造や性質を大幅に変えない程度に変化させたもののことで、誘導体化することで、もとの成分の持つメリットを活かしつつ、不安定だった分子構造を安定させたり、皮膚刺激を弱めたり、肌へ浸透させやすくすることが可能になります。

レチノール誘導体の代表的なものとしては、パルミチン酸レチノール、レチノイン酸、酢酸レチノール、レチノイン酸トコフェリルなどがあります。

レチノールの効果

レチノールは皮膚のターンオーバーを促進させる、ピーリングのような働きがあります。
ピーリング作用のある成分は一般的に皮膚刺激が強く、使用に際しては注意が必要ですが、正しく使用すれば、優れたアンチエイジング効果を発揮することができます。

まずはレチノールが具体的に、どういった効能を持っているのかをご紹介します。

たるみ対策に!

皮膚細胞のターンオーバーを促進させ、皮膚細胞が新しく生まれ変わるのをサポートするので、お肌のハリ感がアップし、たるみに有効とされています。

シワ対策に!

レチノールには、コラーゲンとエラスチンの生成を促す作用があり、シワに有効とされています。シワの部分に使い続けることで、ふっくらと目立たなくさせる効果があると言われています。

目の下のクマ対策に!

ピーリング作用によって、目の下のくまやくすみ、たるみにも効果的であると言われています。

ニキビ対策に

レチノールには皮脂の分泌を抑制する効果があり、ニキビ予防にも良いとされています。また、ターンオーバーを促進させ、ニキビ跡を修復させる効果も期待できます。

純粋レチノールやレチノール誘導体、効果の違いは?

上では、レチノールの効能をご紹介しましたが、純粋レチノールとレチノール誘導体は、同じような効能があるものの、皮膚刺激、浸透性、安定性、効果の出方においては違いが生じます。

皮膚に優しいのは?

皮膚刺激が最も弱く、お肌に優しいのはパルミチン酸レチノールです。そのため、化粧品にはパルミチン酸レチノールが最も多く使われます。酢酸レチノールも、パルミチン酸レチノールの次にお肌に優しい成分です。

逆に、皮膚刺激が最も強いのは、レチノイン酸、そして純粋レチノールの順です。レチノイン酸はレチノール誘導体にもかかわらず、純粋レチノールよりも皮膚刺激が強いとされており、日本では化粧品への使用は認められていない成分です。

浸透力があるのは?

肌への浸透性が最も優れているのは酢酸レチノールです。
次に純粋レチノール、そしてレチノイン酸と続きます。残念ながらパルミチン酸レチノールの浸透性はあまり良くありません。

成分が安定しているのは?

分子構造が最も安定しており、成分が壊れにくいのは、パルミチン酸レチノールと酢酸レチノールです。純粋レチノール、レチノイン酸の順に壊れやすくなっていきます。

安全性と効果の出方は?

残念ながら、成分の安全性と効果の出方は反比例するといって過言ではありません。
皮膚刺激が弱く、成分が安定しているパルミチン酸レチノールは、レチノール誘導体の中では最も安全な成分ではありますが、効果の出方は最も緩やかです。

浸透性が低い点が気になりますが、浸透性が低いということは言い換えると、皮膚刺激が少ないということにつながります。

逆に、皮膚刺激が強いレチノイン酸は、皮膚トラブルを引き起こす可能性が高い一方で、純粋レチノールよりも優れた効果を発揮します。

レチノール配合化粧品の選び方

レチノール誘導体の中で、最も多く化粧品に含まれるのがパルミチン酸レチノールであることは上でご紹介した通りです。

他にも、レチノイン酸トコフェリルや酢酸レチノールなどが良く使われます。

純粋レチノールを配合している化粧品ももちろんありますが、一概にその配合量の多さを売りにしているような化粧品を購入することはおススメしません。化粧品は毎日使うものなので、たとえ効果は緩やかであっても、安全性の高いものを選ぶべきです。

事実、2013年にはレチノール高配合を売りにした“ダーマエナジー(第一三共ヘルスケア)”という化粧品シリーズが、皮膚トラブル多発のため販売中止になっています。

一時的な炎症では済めば不幸中の幸いですが、顔に跡が残ってしまうかもしれないリスクも否定できないので、化粧品選びは慎重に行ってください。

レチノール配合化粧品を初めて試してみる方や敏感肌の人には、安全性の高いパルミチン酸レチノール配合のものがおススメです。

レチノイン酸配合の化粧品はないの?

レチノール誘導体の中で、ニキビ跡やシワ、シミの改善などに最も効果があるレチノイン酸、通称トレチノイン。その効果は、パルミチン酸レチノールなど他のレチノール誘導体と比べて、50倍~100倍とも言われています。

「私は肌が強いし、そんなに効果があるなら、ぜひ使ってみたい!!」美容に敏感な多くの女性は、そう考えてしまいますよね。しかし、良いことばかりではないことは、もうお分かり頂いていると思います。

安全性の部分でご紹介したとおり、レチノイン酸は、効能が非常に高い一方で、不安定な成分です。純粋レチノールよりも皮膚刺激が強いため、炎症などの副作用を引き起こすリスクも高く、日本ではまだ美容皮膚科などでのシワ、シミ、ニキビの治療薬としてのみ使用が認められており、化粧品成分としては認可されていません。

リスクを理解した上で、美容皮膚科へ行き、診察を受け、処方してもらうことは可能ですし、レチノイン酸が既に認可されているアメリカの化粧品を個人輸入するという方法もあります。

・Retin-A Cream(レチンAクリーム)レチノイン酸 0.025~0.05%配合
・AretGel(エーレットジェル)レチノイン酸 0.025~0.1%配合

安全性の面から、海外化粧品の個人輸入を積極的におススメすることはできませんが、「どうしても使ってみたい!」という人は、まずは配合濃度の低いものから購入し、パッチテストを行ってから、自己責任のもとで使用してください。

レチノールの原液を買ってみた

レチノール原液は、主にインターネット通販で販売されています。
とは言え、販売されているのは、純粋レチノールの原液ではなく、パルミチン酸レチノールといったレチノール誘導体に、成分を安定させるため、いくつかの成分がさらに加えられたものです。

その中でも今回私が購入したのは“株式会社自然化粧品研究所”の“水溶性レチノール”です。

自然化粧品研究所の製品を選んだのは、防腐剤を含まない自然素材であることが決め手でした。化粧品原料は、化粧水やクリームにして使用するのが通常ですので、化粧水に混ぜて使いたければ水溶性のものを、またオイルやクリームなどの油分に混ぜて使いたければ、油溶性のものを選びましょう。

自然化粧品研究所の水溶性レチノールは、インターネットで注文後、2日後にメール便で発送され、到着まで1週間程度かかりました。商品と明細書の他には、パンフレットが入っていました。

レチノールの原液を買ってみた

レチノール原液の成分と使用上の注意

ウェブサイトの商品説明には、水溶性レチノールは淡黄色のペースト状と記載されていますが、実際のところ、ほぼ白に近く、匂いの無いトロリとした液体です。

レチノール原液

成分は、水、PVP、ラウリン酸ポリグリセリル-10、グリセリン、フェノキシエタノール、パルミチン酸レチノール、ステアリン酸TEA、DPGとなっています。

手作り化粧品に使用する際には3%で配合するよう、また温度は35度以下で添加、攪拌するようにとの注意があります。

保存期間は冷暗所でおよそ1年ですが、防腐剤を含んでいないため、開封後は保存期間に関わらず早めに使い切るようにし、万が一、香りや形状に異常が見られたら破棄しなければなりません。

レチノールの原液で化粧水を作ってみた

化粧品原料の水溶性レチノールは、このまま塗布することができないので、自然化粧品研究所おススメの“レチノール パール化粧水”を作ってみました。

材料もドラッグストアで入手できて簡単に作れるので、興味のある人はトライしてみてください。

【手作り化粧品を作る際の注意点】
・手作り化粧品は、衛生的な環境で作るようにしましょう。
・容器や用具はエタノールなどで消毒し、手は石鹸で洗ってからスタートしましょう。
・使うときに使う量だけ作り、保存は冷暗所がベストです。

レチノール パール化粧水レシピ

●材料
・消毒済みプラスチック容器
・水溶性レチノール 3g
・精製水 185g
・グリセリン 10g
・尿素 4g

003retinol

●作り方
 容器に精製水と尿素を入れ、よく振ってください。
 尿素が溶けたら、グリセリンを入れ軽く振ります。
 最後に、水溶性レチノールを入れ軽く振れば出来上がり。

※材料、作り方は自然化粧品研究所ウェブサイトより抜粋

レチノール原液で作った化粧水

レシピ通りに作ると、白濁した化粧水が完成します。
さらりとした使い心地です。

塗布した直後はグリセリン特有のべたつきが多少残りますが、しばらくすると馴染みます。私の場合、肌に塗布した直後、少しピリピリする感じがありましたが、赤みが出るほどではありませんでした。

手作り化粧品は市販の化粧水に比べると、使い心地や保湿力でどうしても劣っているように感じますが、保湿力はグリセリンの量を少し増やして調整すればOKですし、グリセリンのベタつきにも慣れてしまえば、不要な成分が入っていない安心感があります。

また、新鮮な化粧水を大量に作れるという点からコストパフォーマンスを重視する人にはおススメです。顔だけでなく、身体にも贅沢に化粧水を使えるのは、手作り化粧品ならではの大きなメリットですね!

口コミを見ていると、ほとんどの人は水溶性レチノールを手持ちの化粧水に加えて使っているようです。ピカピカ・ツルツルになったという高評価のものが多く見られましたので、手作りに拘らない人はぜひ試してみてください。

スポンサードリンク

 

市販のレチノール配合化粧品を買ってみた

レチノール配合化粧品は多数市販されています。中でも口コミで人気の高いものを実際に試してみました。

ビーグレン QuSomeレチノA

ビーグレン QuSomeレチノA

QuSomeレチノAは、レチノインとレチノイン酸トコフェリルが配合された美容液です。
国際特許が取得されている浸透テクノロジーを採用しており、角層の奥まで成分が浸透します。

美容皮膚科で処方されるようなレチノイン酸配合クリームに比べると、もちろん効果は緩やかですが、日数はかかるものの、同様の効果を得ることができるとされています。
何より、お肌への刺激はかなり抑えられているため、安心して使い続けることができそうです。

またQuSomeレチノAは30g 6,000円なので、美容液としては比較的手頃な価格で購入できるのも魅力のひとつだと思います。

QuSomeレチノAの口コミを調べてみたところ、以下のようなものが多く見られました。
全体的には良い評価が多いものの、効果が感じられないという口コミもいくつか見られました。

【良い口コミ】
・額のシワに集中的に使うと効くと思う。
・パール一個分で全顔に伸ばせて、浸透も良い。
・目尻や口元のシワが目立たなくなった。

【悪い口コミ】
・目の下のシワに、マメに手入れをしたが変化なかった。
・目に見える効果はあまり感じられない。

005retinol

実際にビーグレン公式ウェブサイトからオーダーすると、2日目に到着しました。

006retinol

商品の他には、製品カタログ、FAX注文用紙、ニュースレター春号、QuSomeローションサンプル、Cセラムサンプル、NudyVeilサンプル、1000円オフ券が入っていました。

製品カタログには今回購入したQuSomeレチノAについての詳細が記載されています。

007retinol
008retinol

商品の箱の中にも説明書が入っていて、使用法がわかりやすく解説されています。
使用上の注意としては、敏感肌の人は少量から様子を見ること、また日中の使用に際しては、日焼け止め対策が必須であること、直射日光を浴びることで、万一、腫れ、赤み、かゆみが出た場合は直ちに使用を中止し、皮膚科に相談するよう書かれていました。

QuSomeレチノAは美容液なので、化粧水の後に使用し、保湿クリームで仕上げます。
パール1粒分を手に取ると、黄色がかったクリームで、こっくりとしたテクスチャーでほぼ無臭、皮膚への浸透力もあり、非常によく伸びます。

009retinol

顔全体、特に気になる目の下やほうれい線に、指の腹で押すようになじませていきます。
ちなみに、目元の皮膚は0.1ミリと非常に薄く、シワができやすいので、どんな化粧品を塗るときでも、決してグググーっと横に滑らせて皮膚を引っ張らないようにしてください。

指の腹で優しく、ポンポンと押し当てるように浸透させるのがポイントです。塗った後もべたつかないので、朝のケアで使用して、化粧をしても大丈夫です。

私の場合は初めて使った日の翌朝、肌の水分量がグッと上がった感じで、触り心地がモチっとし、細かいシワの部分が少しふっくらして薄くなったような印象がありました。

即効性があったため、「これはいいかも!」と思ったのですが、翌日以降の大きな好転は見られませんでした。

変化のピークは初回使用後の2日目の朝でしたが、状態が戻ることはなく、モチっと感は持続しており、1週間使用を続けた結果、くっきり見えていたシワが若干薄くなった気がしました。

010retinol

毛穴も若干引き締まった感じがあります。
さらに使い続けることで、改善されていく可能性があるのではないかと思います。
また、今回は手持ちの化粧品に単品で加えて使用しましたが、単品でもこれだけの変化が見られたことから、ビーグレンの商品をラインで使えば、より一層効果がアップしそうな可能性を感じ、今後も続けて使いたい美容液です。

QuSomeレチノAが含まれているエイジングケアのトライアルセットもあるので、ラインで試してみる価値はありそうです。

アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ

アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ

アンプルールは皮膚科医師が代表、開発ディレクターを勤めています。

シミの改善に効果があるとされるハイドロキノン配合の化粧品としても有名ですが、今回試してみるのはラグジュアリー・デ・エイジというエイジングケアのシリーズです。

口コミを調べたところ、以下のようなものが多く見られました。

【良い口コミ】
・毛穴が目立たなくなった
・ハリが出てきた
・美容液は浸透も早くて使いやすい
・アイクリームを使ったところ、翌日ふっくらした

【悪い口コミ】
・クリームがベタベタする
・トライアルキットを使用したところ、ヒリヒリして赤くなった

全体的には良い口コミが多く見られ、単品では、美容液、アイクリーム、パワーマスクの評価が特に良いようです。

011retinol

ウェブサイトからオーダーをして、2日目に到着しました。

ラグジュアリー・デ・エイジシリーズのトライアルキットは、
・リフティングローションV(化粧水)
・リジュリューションV(美容液)
・リフティングクリームV(クリーム)
・ラインセラム アイEX(目元用クリーム)
・パワーマスク(マッサージパック)

が、詳しい使用方法とともにビニールポーチに入っています。

このうち、リフティングクリームVにパルミチン酸レチノール、ラインセラム アイ EXにはレチノールが配合されています。

セットの他には、クレンジングミルクと洗顔料のサンプルが2包ずつ、パンフレット、スタートブック、製品カタログ、チラシと1000円オフクーポンが入っていました。
スタートブックでラグジュアリー・デ・エイジのラインについての詳しい説明がされています。

日中の使用も問題なく可能で、日焼け止めが必須というわけでもなさそうです。
直射日光が当たって赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜けや黒ずみなどの以上があらわれたときは皮膚科専門医に相談するよう、注意がありました。

化粧水:リフティングローションV

013retinol

コラーゲンやヒアルロン酸高配合の化粧水ですが、透明で、サラリとしたテクスチャーです。適量を顔全体になじませたあと、再度、適量を5秒間包み込むように押さえるという2度塗りで使用しますが、浸透は感じるものの、単品では保湿力はあまり感じられません。

サッパリとした仕上がりで、あとに使う美容液を受け入れやすい状態にするためにお肌を整えるための化粧水といった印象です。

個人的には、化粧水の保湿力はもう少し欲しいところです。
化粧水の2度塗りは必須、さらにローションパックなどの定期的な保湿ケアなど、自分で工夫する必要がありそうです。

美容液:リジュリューションV

美容液:リジュリューションV

スポイト式になっていて、ほんのり黄色みがかっていてトロリとしたテクスチャーです。
パンフレットによると、年齢肌の自己再生力を高める成分が配合されていて、フェイスラインや毛穴の緩みをリフティング効果のある美容液だそうです。

実際に使ってみると、よく伸び、浸透力があって潤うので、肌のハリが戻るのも頷けます。

目元用クリーム:ラインセラム アイEX

目元用クリーム:ラインセラム アイEX

純正レチノールが配合されたアイクリームです。

黄色いクリームで、少し固めのテクスチャーですが、手に取ると軽く柔らかで、すぐに馴染みます。目の下に指の腹で押し当てると、すぐに馴染んで目元が重たくなりません。
アイメイクの前に使っても、ヨレたりすることなく、非常に使いやすいアイクリームです。

気になる効果についてですが、私の場合は使用後の目の周りの皮膚のハリ感が断然違いました。

クリーム:リフティングクリームV

クリーム:リフティングクリームV

パルミチン酸レチノールが配合されたクリームで、ハリ・弾力を呼び覚ます効果があるとされています。

色は白く、硬すぎず、やわらかすぎず、良く伸び、使いやすいです。

お肌への密着感があり、潤いをしっかりキープしてくれているように感じますが、塗布後しばらくは、お肌の表面にべたつきが残るため、夏場の朝に使用して、直後にメイクするのは厳しいと感じる場合は、ティッシュオフをして油分を取り除くと良いと思います。

私の場合は、リフティングクリームのみでフェイスラインのリフトアップ効果は残念ながら見られませんでした。リフトアップ効果を目的とするならば、次にご紹介するパワーマスクがおススメです。

ナイトマスク:パワーマスク

ナイトマスク:パワーマスク

ヒアルロン酸配合の、洗い流さないタイプのマスクです。
壊れやすいビタミンEをカプセルに閉じ込め、粒子として入っているのが目視でもわかります。

お肌の上に塗布して優しくマッサージすると、粒子はなくなります。
マッサージとの相乗効果で、フェイスラインのたるみに対するリフティング効果には即効性があり、翌朝のお肌はモチモチしています。

強力な密着感で、潤いをしっかり閉じ込めてくれ、パックとしてしっかりと機能しつつも、洗い流したり、拭き取ったりする必要がないのがとにかくラクです。
夜に使用すると、朝起きたときのお肌の元気度が全然違いました。

今回、トータルでアンプルールのエイジングケアシリーズを使ってみましたが、私の場合は、確かにフェイスラインのたるみに対しては効果アリ!でした。
018retinol

使い続けて3日目辺りから、フェイスラインが少し持ち上がると同時に、目の周りも以前と比べてふっくらとした印象があり、シワが目立たなくなったような感じがしました。

シワ以上に感じたのは、顔色がワントーンアップしたこと、毛穴が目立たなくなったことです。純粋レチノール配合のアイクリームは2日分しかなかったため、他の商品より早めになくなってしまいましたが、塗布した翌日は明らかに目の周りのふっくら感が違いました。

レチノールに副作用はある?

レチノールは、皮膚表面の角質層をはがし、若い表皮細胞の代謝を促す働きがあることから皮膚刺激が比較的強い成分です。

たとえ誘導体であっても、副作用のリスクがあるということは知っておきましょう。
レチノールによって引き起こされる副作用としては以下のものが多いです。

・肌がヒリヒリ、もしくはピリピリした痛みがある
・肌が赤くなる
・かゆみがある
・肌がゴワゴワしてくる

こういった副作用は、ピーリング作用の過程で起こり得る現象ではありますが、違和感を感じたら使用をストップし、速やかに皮膚科へ相談しましょう。

副作用の症状を出しにくくするには、日頃から保湿ケアをしっかりと行うことが有効です。
また、ピーリング作用によって刺激を受け、敏感になっているお肌のためにも、紫外線対策は万全に行う必要があります。

レチノール自体が紫外線に弱いという性質があることから、商品によっては日中の使用が不可のものもあるため、それぞれ使用上の注意を良く読み、十分に注意してください。

スポンサードリンク

PAGETOP