アロマオイルの種類と役割

アロマオイルにはさまざまな種類があり、美容エッセンスとして使用できるキャリアオイル、エッセンシャルオイル、そして、アロマキャンドルなどに使用でき、美容エッセンスには適さないタイプのものがあります。
ここでは、美容エッセンスとして使用できるキャリアオイルとエッセンシャルオイルについて、その種類とそれぞれの役割についてお話をさせて頂くことにします。


もくじ

スポンサードリンク

キャリアオイルとは?キャリアオイルの種類と役割について

キャリアオイルとは、栄養分をお肌へ運搬(career・キャリア)するためのオイルで、アロママッサージなどに使用されるほか、エッセンシャルオイルを希釈する際に使用します。キャリアオイルの代表的なものには、スクワラン、アプリコットカーネル、ピーチカーネル、ホホバ、グレープシード、スイートアーモンド、アボカド、ローズヒップなどがあります。

スクワランオイル

おもに深海鮫の肝油から抽出される成分で、天然の保湿剤として化粧品に含まれていることもあります。スクワランは人体にも含まれる成分であり、お肌に馴染みやすいのが特徴。また、酸化や凝固が起こりにくいという特徴も持っています。
特に乾燥肌や敏感肌が気になる方におススメしたいオイルです。

アプリコットカーネルオイル

アプリコットの種子から抽出されるオイルで、すべての肌質の方へ対応することができます。また、オレイン酸、リノール酸、ビタミンEなど酸化防止成分を含んでいるため、乾燥肌や老化肌が気になる方へおススメしたいオイルです。
また、種子の殻はスクラブ洗顔フォームのスクラブとして使用されることがあります。

ピーチカーネルオイル

桃の種子から抽出されるオイルです。性質はアプリコットカーネルと似通っており、オレイン酸やリノール酸、ビタミンEを含んでいます。このオイルは、アプリコットカーネルよりもお肌への浸透には時間がかかります。ただし、いったん成分がお肌に浸透すると素晴らしい保湿力を発揮しますので、特に乾燥肌が悪化した場合には、ぜひ使用して頂きたいオイルです。
ただし、桃のアレルギーをお持ちの方にはおススメすることができません。

ホホバオイル

一般的にオイルと呼ばれていますが、実はワックス成分が強く、冷えると凝固するという性質を持っています。また、腐敗しにくく保湿力が高いことから、クリーム、シャンプー、トリートメント、練り香水などの製品に使用されています。
使い心地は比較的サラッとしていてべたつき感はありません。

グレープシードオイル

ブドウの種が抽出されるオイルで、かなりサラサラとした感じです。ビタミンEを多く含んでおり、老化肌には特におススメしたいオイルです。

スイートアーモンドオイル

オレイン酸のほか、ビタミンA、B、Eを含み、よく伸びるのが特徴です。また、赤ちゃんのお肌に使用できるほど低刺激性ですので、敏感肌や乾燥肌の方におススメしたいオイルです。

アボカドオイル

ビタミン類と必須脂肪酸を含み、角質層への浸透が早いのが特徴で、冷えると凝固しやすくなります。特に肌荒れが気になる方におススメしたいオイルですが、アボカドアレルギーのある方は使用を避けて下さい。

ローズヒップオイル

薔薇の実から抽出されるオイルです。必須不飽和脂肪酸とビタミンCを多く含むことから、老化防止に高い効果を発揮します。ただし、お肌に付けるとややざらつき感があることがあり、香りも強いため好き嫌いがはっきりと分かれるオイルです。
酸化が早いため、ほかのキャリアオイルとブレンドして使用すると良いでしょう。

目的別・おススメのキャリアオイル

美白

・スイートアーモンドオイル
アーモンドには、メラニン色素の素であるメラノサイトを抑制する性質があるため、美白に高い効果を発揮します。また、日焼け後の保湿にも最適。

アンチエイジング

・スクワランオイル
・アプリコットカーネルオイル
・ピーチカーネルオイル

どのキャリアオイルも高い保湿力を持っているため、お肌の乾燥を防ぎながら小ジワの予防を行うことができます。その中でも、お肌を柔らかくする成分を多く含むスクワランオイル、アプリコットカーネルオイル、ピーチカーネルオイルはアンチエイジングにおススメのオイルです。

シミ

・ローズヒップオイル
ビタミン Cがシミを防止し、明るい肌色を作ります。

肌のキメを整える

すべてのキャリアオイル

肌質別・おススメのキャリアオイル

普通肌

どのキャリアオイルを選んでもまず失敗はしないでしょう。ただし、ピーチカーネルオイルとアボカドオイルを使用する場合には、アレルギーに注意して下さい。

脂性肌

・グレープシードオイル
・ホホバオイル

脂性肌の場合でも、保湿を行わないとどんどん皮脂の分泌が増え、ニキビや吹き出物の原因となることがあります。グレープシードオイルとホホバオイルは、キャリアオイルの中でも比較的サラサラした感じの付け心地ですので、脂性肌の方に向いています。

乾燥肌

グレープシードオイルを除くすべてのキャリアオイル。グレープシードオイルで乾燥を防ぐことができないということではありませんが、乾燥肌にはサラサラタイプのオイルではなく、伸びが良く、保湿力の高いオイルがおススメです。

敏感肌

ピーチカーネルオイル、アボカドオイルを除くすべてのオイル。前述の通り、桃とアボカドはアレルギーを引き起こす可能性を持った植物です。敏感肌の方の場合、どのような成分がお肌に刺激を与えるかわかりませんので、アレルギーを引き起こす可能性が低いオイルを選びましょう。

エッセンシャルオイルとは?エッセンシャルオイルの種類と役割について

エッセンシャルオイルとは、植物油のような油脂ではなく、天然植物から抽出された有機化合物を指します。エッセンシャルオイルは、密閉状態で保管されていなかった場合に蒸発してしまう「揮発性」、オイルに溶けやすい「脂溶性」、香りを放つ「芳香性」という特徴を持っています。
また、エッセンシャルオイルは室内の芳香剤やアロマキャンドル専用のもの、虫除けに効果を発揮するもの、そして化粧品に使用できるものに分類されています。キャリアオイルで希釈して化粧品として使用する場合には、必ずこの部分を確認してから購入しましょう。
それではまず、キャリアオイルで希釈して使用するエッセンシャルオイルのお肌と身体への効果、そして、それぞれのエッセンシャルオイルがもたらす精神への効果についてのご紹介です。

ネロリ

ビターオレンジの花から抽出されるエキスで、柑橘系とフローラル系が合わさった甘い香りが特徴です。

お肌と身体への効果

新陳代謝を高める働きを持ち、お肌のターンオーバーの正常化に役立ちます。非常に刺激が少なく、お肌を柔らかくしてシミやシワの予防と改善に効果大。
また、自律神経を調整する働きを持っているため、更年期障害の緩和にもおススメしたいエッセンシャルオイルです。

精神への効果

幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を促す効果が得られます。また、ストレスを緩和する働きも持っているため、忙しい現代社会を生き抜く女性にはもってこいのエッセンシャルオイルであるといって良いでしょう。

イランイラン

お肌と身体への効果

イランイランの花から抽出されるエキスです。皮脂分泌の調整を行う作用を持っているため、どの肌質の方にも合います。特に脂性肌の方は、グレープシードオイルで希釈して使用すると、Tゾーンなど皮脂が浮き上がりやすい部分のテカリが徐々に改善されますよ。
また、高血圧の予防や改善、抗うつ作用を持っているため、生活習慣病や更年期障害の改善に役立ちます。

精神への効果

アドレナリンの過剰分泌を抑え、神経系統をリラックスさせる効果があります。不安が原因となって起こる動悸などにも効果大。特にマイナスの感情が大きくなっているときにはおススメしたいエッセンシャルオイルです。

ゼラニウム

ゼラニウムの葉から抽出されるエキスです。フローラル系で薔薇の香りに似ています。お肌の皮脂分泌を調整し、アンチエイジングに効果大。

お肌と身体への効果

皮脂バランスを整え、お肌を柔らかくする効があります。また、新陳代謝を促しますので、ターンオーバーの正常化にも役立ちます。さらに、女性特有の症状である生理痛や関節痛、更年期障害の各症状にも高い効果を発揮します。
老廃物を体外に排出させる働きも持っているため、アロママッサージにも適しています。

精神への効果

抗うつ作用、ストレスの解消に役立ちます。特に更年期にまつわるイライラや不安、不快感などに高い効果を発揮します。

レモングラス

イネ科の植物から抽出されるエキスですが、レモンのように爽やかな柑橘系の香りであるという特徴を持っています。ところが、心地良い香りとは裏腹にかなり強い作用を持っているため、高濃度での使用は避ける必要があります。特に目に疾患がある方や妊娠中の方は使用を控えましょう。

お肌と身体への効果

お肌の引き締め効果、殺菌効果を期待することができます。特にニキビ肌の方は、グレープシードオイルで希釈して使用することをおススメします。お肌の皮脂バランスが整い、ニキビの改善に役立ちますよ。
また、血流を良くする働きを持っているため、お風呂上がりのリンパマッサージにはもってこいのエッセンシャルオイルです。むくみや肩こりなどの症状が現れている方には特におススメです。

精神への効果

アドレナリンの分泌を促進するため、精神の高揚に役立ちます。どうしてもやる気が出ない、不安感が消えないなど、心が沈んでいるときに使用することがベスト。
ただし、前述の通りかなり強い作用を持っているため、希釈濃度には十分な注意を払って下さいね。

キャロットシード

ワイルドキャロットの種子から抽出されるエキスです。キャロット独特の甘い香りがありますが、香りそのものはきつくありません。身体の酸化防止に効果大。

お肌と身体への効果

抗酸化作用が期待できます。また、新陳代謝の活性化に役立ちますので、ターンオーバーの正常化にも効果を発揮します。さらに、血行を良くする働きを持ち、お肌を柔らかくしてシミやシワを改善することができます。
ホルモンの分泌を促す働きを持ち、生理痛には効果を発揮しますが、ホルモンバランスが崩れやすくなっている妊娠中の使用はおススメできません。

精神への効果

精神疲労、不安感に高い効果を発揮します。強壮作用を持ち、エネルギッシュな言動を誘発しますが、希釈濃度が高すぎると攻撃的な言動が現れることがありますので、希釈濃度には気を付けましょう。

パインツリー

松の葉と実から抽出されるエキスで、非常に高い殺菌作用を持っています。また、シックハウスの元凶となるホルムアルデヒドを分解させる作用を持っていることがわかっています。スッキリとした森林浴を思わせる香りですが、好き嫌いははっきりと分かれるでしょう。

お肌と身体への効果

殺菌作用が強いため、湿疹やかぶれの改善に役立ちます。また、アトピー性皮膚炎にも効果を発揮すると考えられていますが、刺激が強いため、そのような皮膚疾患をお持ちの方は事前に皮膚科へ相談し、使用の可否を確認しておくと良いでしょう。
また、毛細血管を広げる働きを持っているため、鼻水や鼻づまりにも効果を発揮します。

精神への効果

リフレッシュ効果抜群です。特に疲れていて頭の中が冴えないときなど、活力を与えてくれます。

上記では、代表的な(かなり私の嗜好が影響していますが(笑))キャリアオイルとエッセンシャルオイルの種類と役割についてご紹介させて頂きました。
では次に、相性の良いキャリアオイルとエッセンシャルオイルの組み合わせについて、お話をさせて頂くことにします。

相性がいいのはこの組み合わせです

キャリアオイルの多くは、香りがあったとしてもそれほど強烈なものではなく、エッセンシャルオイルの香りの上に出しゃばってくることはありません。
ところが、ローズヒップのような個性的で強い香りを放つキャリアオイルも存在しています。
成分はもちろんですが、香り同士が喧嘩をしてしまったら、心地良いどころか不快な香りとなってしまうこともあります。

スクワランオイル

スクワランオイルは無臭であるため、どのエッセンシャルオイルと組み合わせても失敗することはありません。
同じキャリアオイルであるローズヒップと組み合わせれば、香りの個性が前面に出過ぎることなく、マイルドな香りを楽しむことができます。
また、パインツリーやキャロットシードなどとの組み合わせもおススメです。
ただし、パインツリーは香りが強いため、キャロットシードなど別のエッセンシャルオイルとのブレンドは避けましょう。

アプリコットカーネルオイル

香りはほとんどなく、どのエッセンシャルオイルを組み合わせても失敗はありません。
ちなみに、私はアプリコットカーネルでゼラニウムを希釈したものをメインに使用しています。

ピーチカーネルオイル

ほのかな甘い香りがありますので、パインツリーのように強い香りを放つエッセンシャルオイルとの相性はよくありません。
このオイルに適しているのは、フローラル系の香りを持つエッセンシャルオイルです。

ホホバオイル

香りは殆どありませんが、上質のオイルはほのかなナッツの香りがします。どのエッセンシャルオイルと組み合わせても香り同士が喧嘩してしまうことはありません。
ホホバオイルはもともと保湿力に優れていますので、より保湿効果を高めたいのであれば、ネロリ、イランイラン、ゼラニウムとの組み合わせがおススメです。

グレープシードオイル

香りは殆どありません。グレープシードオイルはサッパリ系のオイルですので、レモングラスやパインツリーとの組み合わせがおススメです。
ただし、そのような成分の強いエッセンシャルオイルを組み合わせる場合には、エッセンシャルオイルの濃度は低めにし、お肌へ負担がかからないように配慮する必要があります。

スイートアーモンドオイル

ほのかなアーモンドの香りがあります。どのエッセンシャルオイルと組み合わせても失敗はありません。

ローズヒップオイル

かなり香りが強いため、無臭かそれに近いキャリアオイルとブレンドして使用しましょう。また、別の香りのエッセンシャルオイルを混ぜてしまうと、かなりしつこい感じになりますので、エッセンシャルオイルは使用しないほうが無難です。

特に注意したいエッセンシャルオイル「シトロネラ」「ユーカリ」

私の経験上、注意して使用したいエッセンシャルオイルはシトロネラとユーカリです。どちらも代表的なエッセンシャルオイルとして名を連ねていますが、成分と香りが非常に強く、希釈濃度を失敗すると頭痛などの症状が起こることがあります。

シトロネラ

レモングラスと同様、イネ科の植物から抽出されるエキスですが、レモングラスのようなソフトな香りではなく、かなり強烈な香りを持っており、化粧品には不向きなエッセンシャルオイルです。
どうしても使用したいのであれば、香りのないキャリアオイルに0.5%程度混ぜてみると良いでしょう。
このオイルは虫除けの効果が大変高いため、ティッシュペーパやスポンジに数滴含ませて容器に入れ、虫除けを行いたい場所へ置くという使い方が最も適しています。
また、動物を飼育している室内で使用すると、動物がアレルギー反応を起こしたり、中毒症状を起こしたりすることがありますので、十分に注意して下さい。
私はシトロネラを、水を使用するタイプの空気清浄機で使用してみましたが、軽い頭痛を起こしてしまったため、すぐに使用を中止しました。

ユーカリ

フトモモ科の植物から抽出されるエキスです。これもまた、非常に強いメントール系の香りを持ち、頭痛やめまいなどの症状が現れることがあります。
ユーカリはタバコの臭い消しに最適であるといわれていますが、化粧品には不向きです。
ユーカリを使用するのであれば、ぬるまを張ったバケツや洗面器に1滴程度たらし、雑巾を絞って家具を拭いてみましょう。確かにタバコやその他の嫌な臭いは消えます。
このオイルもまた、室内で動物を飼育しているご家庭には不向きです。

では次に、エッセンシャルオイルを使用する際の注意点をいくつか挙げておくことにします。

これだけは押さえておきましょう。エッセンシャルオイルの注意点

エッセンシャルオイルは、天然の植物エキスを高濃度に凝縮して製造されています。したがって、使用方法を誤ると逆効果となってしまうばかりか、事故につながる可能性も否めません。
エッセンシャルオイルを使用する際には、必ず下記の注意事項を守りましょう。

原液をお肌に付けない

天然植物エキスを高濃度で凝縮しているため、どのエッセンシャルオイルも原液のままではお肌に対して非常に強く作用します。
エッセンシャルオイルを使用する際には、キャリアオイルで約1%に希釈した上で使用して下さい。

子供の手の届く場所へは置かない

特に小さなお子さんは、どのようなものにでも興味を持ちます。ですが、間違って飲んでしまったりしたら、それこそ大ごとになってしまいます。
エッセンシャルオイルの中には体内に取り込まれると毒性を持つものもあります。
防ぐことのできる事故は、未然に防ぐことが鉄則です。

3歳以下の子供には使用しない

しつこいようですが、エッセンシャルオイルはどれもこれも強い作用を持っています。身体が完成していない乳幼児に対しエッセンシャルオイルを使用することは絶対にしないで下さい。

粘膜への付着に気を付ける

目や口など、粘膜付近のお肌は非常に敏感です。万が一粘膜にエッセンシャルオイルが付着してしまったり、目に入ったりしてしまったときには、眼科や皮膚科で診察を受け、異常の有無を確認して下さい。
また、傷口にエッセンシャルオイルが付着すると強い刺激により傷が悪化することがあります。エッセンシャルオイルを使用する際には、傷口にも注意を払いましょう。

妊娠中の注意

上記でご紹介したエッセンシャルオイルの中には、ホルモンに作用を及ぼすものもあります。妊娠中にはホルモンバランスが不安定になっていますので、できればエッセンシャルオイルの使用は避けたほうが良いでしょう。
妊娠中にお肌のケアを行いたい場合には、ひとまず刺激の少ないキャリアオイルのみの使用で様子を見ましょう。
ただし、お風呂の浴槽に数滴たらしてアロマバスを楽しむという方法であれば、ホルモンに対して大きな影響を与えることはまずありません。

目の疾患、心臓疾患をお持ちの方は使用を控える

ごく稀ではありますが、エッセンシャルオイルにより目の疾患が悪化したり、心臓疾患に影響が現れたりすることがあります。そのような疾患をお持ちの方は、自己判断をせず、必ずかかりつけの医師に相談し、GOサインが出たときのみ、使用するようにして下さいね。

アロマオイルとスピリチュアル

スピリチュアルといっても、恐ろしい話ではありませんから安心して下さいね。
たとえば、こんなことってないでしょうか?
部屋の中の空気が、なんとなく重苦しい。部屋全体が曇っているような感じがする。
このような状態は、もしかするとあなたの体調になにか異変が現れていることも考えられます。また、心の問題かもしれません。
あるいは、科学では解明することができないなにかが起こっている・・・?
いずれの場合であっても、ご自身の居住空間がなんとなく落ち着かないような雰囲気なのであれば、おまじないのつもりでアロマオイルを使用してみてはいかがでしょうか。
その方法は、アロマスプレーです。
やり方はとても簡単。純水をスプレー式のボトルに入れ、エッセンシャルオイルを数滴たらします。
それをご自身に向けてスプレーする、あるいはお部屋の中で数回シュッシュッとスプレーするだけ。
では、お部屋の浄化に役立つというエッセンシャルオイルをいくつかご紹介しておくことにしましょう。

レモングラス

なんとなくお部屋全体の空気が重かったり、曇っているように感じたりしたのであれば、レモングラスのスプレーがおススメです。レモングラスはとても爽やかで柔らかい香りなので、リラックス効果も抜群です。
レモングラススプレーを行っただけでお部屋の中が明るく見えるようになった・・・という声は、意外と多く耳にします。
ちょっと変だな・・・と、感じたら。レモングラススプレーを行ってみましょう。

ゼラニウム

欧米諸国では、古くからゼラニウムには魔除けの効果があるとされ、玄関先に鉢を置いている家庭が多いと聞きます。また、親しい人と喧嘩してしまったときにスプレーすることにより、あなたご自身が愛と慈悲に包まれ、仲直りの役に立つという話もあります。ゼラニウムの香りはとても優しく、ヒーリング効果も抜群。お部屋に嫌な空気が漂ったり誰かと喧嘩してしまったりしたときには、ゼラニウムスプレーをお試しあれ。

ローズマリー

邪気払いに効果が高いとされています。また、記憶力の強化にも役立ちますのでリラックスがてら、お部屋にスプレーしてみてはいかが?ローズマリーの香りは強くありませんので、エッセンシャルオイルに慣れていない方であっても、比較的簡単に取り扱うことができますよ。

ラベンダー

お部屋の中で誰かに見られているような気がする、あるいは、漠然とした不安感がある。このようなときにおススメしたいのがラベンダースプレーです。お部屋の浄化はもちろんのこと、精神状態の安定効果も期待できます。ラベンダーの香りは好き嫌いがあると思いますので、まずはごく微量のエッセンシャルオイルでスプレーを行ってみるといいと思います。
なんとなく不安・・・。そのようなときには、ラベンダースプレーをどうぞ。

ペパーミント

悪霊払いに効果が高いとされています。霊の存在、それは実に摩訶不思議で否定的な考え方の方も大勢います。ですが、絶対にないと言い切れるものでもありません。
目に見えない不可思議ななにかが起こったら、ペパーミントスプレーであなたご自身とお部屋の浄化を行ってみましょう。
ペパーミントの香りはとても爽やかで、頭の中もスッキリしますよ。

また、余談ではありますが、お部屋の中に水晶を置いておくとそれだけでお部屋の浄化を行うことができます。
水晶は大きさや質によりお値段に大きな開きがありますので、まずはさざれ水晶などお手軽価格で購入することのできるものを用意し、お部屋の浄化を強化してみてはいかがでしょうか。

今回は、キャリアオイルとエッセンシャルオイルとはどのようなものなのか、私が好きなキャリアオイルとエッセンシャルオイルを例に挙げてお話をさせて頂きました。
アロマオイルはとても種類が多く、また奥が深いので、今回ご紹介しきれなかった情報もたくさんあります。
これからアロマオイルを使用してみたいとお考えの方にとって、今回の記事の内容が少しでも参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

PAGETOP