アイシャドウの塗り方・コツ 道具や色選び・グラデーション方法も

025eyeshadow-nurikata
アイメイクってメイクの中でも特に目を引く重要なポイントで、濃くはなくてもポイントを抑えて、しっかりキレイに仕上げたい箇所ですよね。

今回はそんなアイメイクの中でも特に印象を決める重要な役割を担う、アイシャドウの塗り方についてご紹介していきます。

初心者さんにもおすすめな道具の選び方から、基本的な塗り方、キレイにグラデーションを作る方法、さらには、アイシャドウメイクが楽しくなる塗り方までをご紹介していきます。

アイシャドウメイクをこれから始めたい人も、いつものアイシャドウメイクにマンネリを感じている人も、ぜひ参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク

 


もくじ

 

アイシャドウメイクで得られる効果

さて、メイクの中でも特に重要なポイントになってくるアイメイク、アイシャドウメイクですが、アイシャドウメイクをキレイに仕上げることによって得られるメリットには、どんなことがあるでしょうか?

なんのために、アイシャドウメイクをするのか?
そのポイントを頭に入れておくことで、目指す仕上がりイメージが定まってくるので、自分の目に合わせて、よりキレイに仕上げることができます。

ですのでぜひ、アイシャドウメイクで得られる効果を知っておいて下さい!
アイシャドウメイクで得られる効果は主に下記の4つです。

1.影をつけて目を立体的に見せられる→デカ目効果が狙える
2.ポイントカラーを入れることで人とは違ったメイクができる→メイクのマンネリが防げる
3.色使いによっては季節感を出すことができる→おしゃれが楽しめる
4.目は顔の中でも視線がいきやすい場所なので、大きく印象を変えることができる→メイクのマンネリが防げる

アイシャドウメイクをする目的は、大きく分けて2パターンあり、立体感を出す目的(上記の1)と、メイクに個性を出す目的(上記の2,3,4)です。

特に、実際にメイクをしていく上で最も重要なのは立体感を出す目的の「影をつけて目を立体的に見せられる→デカ目効果が狙える」ということです。

アイシャドウは、目の内側から外側にかけて濃い色から薄い色をのせることで、目の周りに堀りがあるように見せ、顔に立体感を出すことが主な目的です。
そのため、自分の目周りの骨格に合わせて濃い色~薄い色を自然なグラデーションで入れていくことが重要となってきます。

また、グラデーションの入れ方次第で、完成したときの立体感が変わってくるので、なりたい印象に合わせて、ハーフ顔っぽくなるような入れ方、丸目に見えるような入れ方、といった風に変化をもたせることができます。

そして立体感を出すということの次に、アイシャドウメイクをする目的となっているのは「個性を出す」ということです。
普段使わない色や、ちょっと派手な色をポイントとして入れることで、遊び心を出したり、色使いによって季節感を出したりすることができます。

メイクのマンネリ化を防ぎたいときや、人とは違うメイクを楽しみたいときには、個性を出す目的で、色使いや入れる位置を変えてみるのがいいですね。

アイシャドウメイクで用意するもの

それではここからは、初心者さんから、毎日のメイクのマンネリを脱したい人、防ぎたい人に向けて、アイシャドウメイクをする上での必須アイテム、おすすめアイテムをご紹介していきます。

この記事でご紹介するメイクでも以下のアイテムを使ってメイクしていくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

アイシャドウ

アイシャドウメイクをするので、当然必要になってきますが、こちらで紹介するのものは特に、雑誌や口コミでも高い評価を受けることの多い、”値は張らなくても高品質な良コスパアイシャドウ”です。

そのため、メイク道具にあまりお金をかけたくない人や、メイクを始めたばかりの初心者さんはぜひ参考にしてみて下さい。

また、アイシャドウにも、複数の色が入っていてひとつでキレイなグラデーションやアイシャドウメイクが完成してしまうパレットタイプのものから、1色のみの単色タイプ、はたまた、アイライナーにもなるペンタイプのものなど様々ありますが、初心者さんに関しては、それひとつでキレイなアイシャドウメイクが完成するパレットタイプのものがおすすめです。

【パレットタイプアイシャドウの魅力 とおすすめしたい人】
中でも、ブラウン系などの ”同系色が複数色入ったパレットタイプ” はアイシャドウメイクに不慣れであってもキレイにグラデーションを作れるように組み合わされた色や質感になっているので、ひとつは持っておきたいアイシャドウです。

さらに商品パッケージの裏面には、そのパレットの魅力を活かせる最も基本的な塗り方が載っていることが多いので、それを参考にメイクをしてみてもいいかもしれませんね。

そのほか、同じパレットタイプであっても、同系色のみで構成されているのものではなく、ポイントカラーが入ったものなどもあるので、多少慣れてきたらそうしたアイシャドウを使ってみても楽しいです。

【単色タイプアイシャドウの魅力 とおすすめしたい人】
アイシャドウメイクに慣れている人や、マンネリ化を防ぎたいという人には単色のアイシャドウがおすすめで、ポイントカラーを取り入れたメイクや、季節感のあるメイクをしたいときにぴったりです。
1色しか入っていない分、ちょっと変わった色や派手な色にも気軽に挑戦できるのがうれしいところです。

また、パレットアイシャドウは、ものによっては使っているうちに色が混ざってきてしまったり、よく使う1色だけ先になくなってしまったり、最悪の場合、なくなった1色の隙間からアイシャドウ全体が崩れて色が混じった状態で粉々になってしまう、、、(筆者の経験談…)といったデメリットがあるので、よく使う色がある場合や、アイシャドウを持ち運ぶことが多く、ケースの中でアイシャドウが粉々になってしまう人は、複数色入りのパレットよりも単色のアイシャドウがおすすめです。

ブラウン系

▼ブラウンパレット
<マキアージュ トゥルーアイシャドー BR722>
マキアージュ トゥルーアイシャドー BR722

▼ピンクブラウンパレット
<ヴィセ ジェミィリッチアイズ PK2>
002eyeshadow-nurikata

▼カーキブラウンパレット
<ケイト ダークナイトグロウ BR2>
003eyeshadow-nurikata

グレー系

▼パレット
<ケイト メタルグラマーアイズ BU1>
004eyeshadow-nurikata

色物系

▼変わり種パレット
<ポール&ジョー フェイス&アイカラー CS 094>
005eyeshadow-nurikata

<インテグレート スイートトリックアイズ 2>
006eyeshadow-nurikata

・青単色
<シュウウエムラ プレスド アイシャドー ブルー600>
007eyeshadow-nurikata

・紫単色
<ラヴーシュカ キャンディ・ポップアイシャドウ PU1>
008eyeshadow-nurikata

・ハイライトカラー
<アディクション ザ アイシャドウ IceWall>
009eyeshadow-nurikata

▼変わり種

・スティックアイシャドウ
<インテグレート クレヨンアイズ BR614>
010eyeshadow-nurikata

▼その他

・ラメ用グリッター
<アディクション アイシャドウ Mariage>
011eyeshadow-nurikata

ブラシ

012eyeshadow-nurikata

コスパで考えるなら市販のパレットに付属のものが1番優秀です。

あとは、デパートコスメクラスのブランドで単品売りしているブラシや、熊野筆などの、化粧道具専門のブランド店の品がおすすめですね。

チップ

コスパで考えるなら市販のパレットに付属のものが1番優秀です。

(以前、マツキヨで資生堂のチップを単品購入したら、チップのスポンジがやわらかくてフワフワしているので、色の濃淡の調整もしづらいし、のせたい範囲以外にも色がのってしまい、とても不便だったことがありました)

筆の代わりに指を使って

さらっとのせるなら指もおすすめです。
色づきはチップの方が濃いです。

その他必要に応じて

必要ならば下記の道具もあってもよいかも。

・二重テープ
013eyeshadow-nurikata

流行のアイシャドウの塗り方

それではいよいよ、流行している塗り方を中心に、アイシャドウの塗り方をご紹介していきます。

基本的な塗り方

人間の目のくぼみに合わせた横割りグラデが基本です。

☆今回使ったアイテム
ケイト メタルグラマーアイズ BU1
004eyeshadow-nurikata

014eyeshadow-nurikata
1.1の色を画像ピンク枠の範囲(頭蓋骨の目のくぼみになっている範囲)全体に均等に塗っていきます。
*この色の目的はまぶた全体のツヤ出しです。(そのため、濃淡を出したり色みを出すようなことはしません)

広い範囲に濃淡や色み関係なく、ツヤが出る程度に均一に塗っていくので、指塗り(指の面積が広めの中指など)がおすすめです。

015eyeshadow-nurikata

2.3の色をピンク枠の範囲(目を正面から見たときに二重から少しはみ出るくらい)に塗ります。
このとき、眼球の丸みに合わせて塗ると、自然な立体感が出ます。

*この色の目的は目元にグラデーションをつけて立体感を出すことです。
(今回のような複数の色を使ったグラデーションをつくる場合、薄い色から濃い色を塗り重ねるだけで立体感のあるグラデーションをつくることができますが、グラデーションは細かく色の濃淡の段階があればあるほど自然で完成度の高い立体感が出せるため、1色の中でも、濃淡をつけるのがおすすめです)

そのため、まつ毛の生え際側が濃く、まゆ毛側にいくにつれて薄くなるように入れるのがおすすめです。

このとき、最初は指でピンク枠の範囲に色をのせていき、そのあと、より濃くしっかり色がのる、アイカラーチップでまつ毛の生え際だけ色をのせると1色の中でも簡単に濃淡が出せます。
016eyeshadow-nurikata

3.5の色をピンク枠の範囲(付属のアイカラーチップの細い方の横幅くらい)に塗っていきます。

*この色の目的も目元に立体感を出すことです。

そのため、範囲は狭くなりますが、気持ち程度でもまつ毛の生え際側が濃く、まゆ毛側が薄めに塗ると自然なグラデーションになります。
017eyeshadow-nurikata

4.グラデーション用の色をのせ終わったところで、何もついていない指でピンク矢印の方向にまぶた全体の色をぼかしてなじませていきます。

*この手順の目的はグラデーションをより自然に出すため、各色と色の境目をぼかすことです。
そのため、広い範囲をふんわりぼかせる指でぼかすのがおすすめです。

何もついていない指で3と5の色をのせた範囲をぼかしたら、水色の範囲はアイシャドウがついている部分とついていない部分の境目がなくなるようにぼかしていきます。

4の手順を行なった状態を正面から見ると下図のようになります。

018eyeshadow-nurikata

自然にグラデーションができました。
019eyeshadow-nurikata

5.ピンク枠の部分(正面から目を見たときに黒目がくる部分の真上のみ)に2の色を塗っていき、2が塗られている場所と塗られていない場所の境目を指で軽く抑えて、境目をぼかし、周りとなじませます。

*この色の目的はまぶたの1番高いところ(眼球の丸み)にハイライトを入れて立体的にみせることです。せっかくキレイに作ったグラデーションを崩さないように一発で塗るため、狭い範囲に塗るためにアイカラーチップの太い方で塗るのがおすすめです。

020eyeshadow-nurikata

6.細いアイカラーチップに5の色をとり、ピンク枠の範囲(黒目下から目尻にかけて)に塗っていきます。

*この色の目的は下まぶたにも影をつけることで、目にくぼみをつけ、目を大きく見せることです。
そのため、若干目のキワ側が濃く、頬側にいくにつれて薄くなるように塗っていきます。

021eyeshadow-nurikata

7.細いアイカラーチップに1の色をとり、涙袋(笑ったときにぷっくりと盛り上がる下まぶた部分)に塗ります。

このとき、画像のように鏡に対して少し上目遣いで塗ると塗りやすいです。

*この色の目的は、涙袋にハイライトを入れてぷっくり見せて、目のフレームをはっきりさせることです。(涙袋がはっきり見えることで目元の印象がはっきりします)
しかし、目頭から目尻にかけてがっつりはっきりハイライトをのせると、かつていたヤマンバギャルのようなメイクになってしまうので、目頭側から目尻側にかけて薄くしていくとよりキレイに仕上がります。
022eyeshadow-nurikata

完成図(正面)がこちらです。
自然な目のくぼみやグラデーションと、上まぶたと涙袋のポイントハイライトで自然な立体感ある目元になりました。

023eyeshadow-nurikata

上まぶたのグラデーションがわかりやすい完成図はこちらです。
各色をのせる範囲や、ぼかし具合などの参考にしてみて下さい。

024eyeshadow-nurikata

下まぶたへのアイシャドウの入れ方がわかりやすい完成図はこちらです。
 

スポンサードリンク

 

立体感のある縦割りグラデ

最近流行っているという噂の縦グラデはこんなかんじに。

025eyeshadow-nurikata

☆今回使ったアイテム
ケイト ダークナイトグロウ BR2
003eyeshadow-nurikata

<上まぶた>
1.1の範囲に1の色を中指で塗ります。
*このアイシャドウは、色出しではなく、まぶたにツヤを出すことが目的なので、1のまぶた全体の広い範囲に塗っていきます。

2.2の範囲に2の色を薬指で塗ります。
*このアイシャドウも元々色みが出るものではなく、塗る目的も色を出すということではなく、まぶたにツヤを出すことが目的なので、2の広めの範囲に塗っていきます。

3.3の範囲に3の色をアイカラーチップの太い方で塗ります。
*今回は、まつ毛側が濃く、まゆ毛側が薄くなる横割りのグラデーションではなく、目頭側が薄く、目尻側にかけて濃くなる、縦割りのグラデーションなので、まぶたに濃淡を出すことが目的の3の色からは塗り始める場所が、目頭からではなく、少し目尻側にずれます。

4.5の範囲に4の色をアイカラーチップの細い方で塗り、4の範囲まで指でぼかし広げます。
*4と5の範囲は同じ色ですが、同じ色を指でぼかして横割りグラデーションをつくることで、自然なグラデーションをつくります。

5.仕上げに、各色と色の境目を指で抑え、ぼかして上まぶたは完成です。

<下まぶた>
026eyeshadow-nurikata

1.細いアイカラーチップで1の範囲に3の色を塗ります。
*今回は縦割りのグラデーションなので、下まぶたに色を入れる際には、上まぶたに入れた色に合わせた範囲に色をのせます。(例えば、下まぶたに入れる3の色は、上まぶたに入れた3の色と同じ横幅で塗る)
そのため、3の色をのせる位置は上まぶたの3の色を塗った範囲に合わせて画像の1の範囲のようになります。

*画像のように下まぶたにもグラデーションをつけてくぼみがあるような影をつけていきますが、下まぶたに影を出す目的の濃い色アイシャドウをのせる際には、色をのせる範囲がまぶたの下の方まで広範囲にのせるとクマのようにもなってしまうので、のせる範囲には注意が必要です。

色をのせる範囲がどんなに広かったとしても、涙袋にギリギリかかるかかからないかくらいの範囲でのせるようにすれば、クマのように見えることはなくなります。

また、ベースメイクをする際に、既に存在するクマをしっかり消すようにすることも、下まぶたの影シャドウをクマのように見せないためには有効な手段です。

2.細いアイカラーチップで3の範囲に4の色を塗り、何もついていないか、アイシャドウをティッシュなどで軽く拭き取った細いアイカラーチップで2の範囲までぼかし、下まぶたも完成です。

*このとき、上まぶたのアイシャドウと下まぶたのアイシャドウを目尻側でつなげることで、より自然な立体感のある目元がつくれます。

027eyeshadow-nurikata

正面から見た完成図はこのような形になります。
028eyeshadow-nurikata

上まぶたのグラデーションが見えやすい完成図はこのような形になります。

縦割りで目頭から目尻にかけて、色が濃くなっているのが縦割りグラデーションの特徴です。
完成図でも、上まぶたと下まぶたともにきれいに縦割りのグラデーションになっていることに注目です。

アイシャドウをくの字に入れる効果

目頭にくの字にハイライトカラーを入れることで目と目の間隔が短く見えるほか、目がよりパッチリして見えるので、アイメイク全体の完成度がUPします。

塗る範囲と、塗ったときの効果は下図のようになります。

☆今回使ったアイテム
インテグレート スイートトリックアイズ 2
006eyeshadow-nurikata

インテグレート クレヨンアイズ BR614
010eyeshadow-nurikata

Before1
029eyeshadow-nurikata

まずこちらは下まぶたにも目頭にもハイライトを入れていない状態です。

*【ここでしているメイクのご紹介】二重テープで二重をキレイにつくった状態でまぶた全体にはスイートトリックアイズの3の色を指でのせます。次にクレヨンアイズをまつ毛の生え際に沿って太めにのせ、アイテープの内側全体に広がるように指でぼかします。

Before2
030eyeshadow-nurikata

次に涙袋にハイライトを入れた状態です。

目頭にハイライトを入れて目元をぱっちり見せるには、目頭に入れたハイライトを涙袋のハイライトとつなげることがより効果的なので、まずは涙袋にのみハイライトを入れた状態です。

031eyeshadow-nurikata

いよいよ上図のピンク枠の範囲の目頭に、くの字にハイライトを入れます。

*このとき、細いアイカラーチップの先端にハイライトカラーをのせて、画像のピンク枠のようにごく狭い範囲にはっきりくの字にのせることがポイントです。
目頭にハイライトを入れることで目元がぱっちりして見えるくの字ハイライトですが、広い範囲にのせてしまうと、せっかくのハイライトの明るさが広い範囲にちってしまい、ラメやパールがなんとなくのっているぼやーっとした目元になってしまいます。

そのため、くの字の狭い範囲にはっきりめにハイライトを入れることは重要です。

しかし、あまりに濃く入れすぎるとヤマンバギャルのようになってしまうので、くの字の外側(くの字ハイライトが入っている部分と入っていない部分の境目)をぼかすことと、ハイライトカラーのパウダーがボテッとのってしまわないように、指でくの字に入れた部分を少しポンポンと抑えて肌になじませることが重要です。

After
032eyeshadow-nurikata
完成図がこちらです。
Before2と比較してみても目元のぱっちり感は違いますが、下まぶたにハイライトを何もいれていない状態のBefore1と比べたらよりはっきりその差がわかると思います。

デカ目・丸目に見せる

上下まぶたの中央に濃い色をのせ、黒目の幅を縦に広げることで丸目に見せ、デカ目効果もねらえます。

☆今回使ったアイテム
ケイト メタルグラマーアイズ BU1
004eyeshadow-nurikata

<上まぶた>
033eyeshadow-nurikata

1.1の範囲に1の色を中指で塗ります。
*まぶた全体にツヤ感を出すことが目的なので、広い範囲に均一に塗れる指で塗っていきます。

2.2の範囲に3の色を太いアイカラーチップで塗ります。
*今回は目を丸く大きく見せたいメイクなので、3の色を塗る際には、眼球の丸みに合わせて、丸く塗ることを心がけます。
特に、眼球の1番高い部分(目を正面から見たとき黒目がくる部分)を1番上の方まで塗るようにすることでより丸く見せることができます。
また、3の色は目元に影をつけることを目的とした色になっているので、3の範囲に近づくほど色が濃く出るように塗ります。

3.3の範囲に5の色を細いアイカラーチップで塗ります。
*ここが丸目、デカ目メイクの最も重要なポイントで、黒目の幅を縦に広げたいので、アイシャドウの最も濃い色を、まぶたの中央にのみのせます。
特に、今回使用している5の色は黒にも近い濃い色なので、日本人のナチュラルな黒目に合っていてより黒目拡大効果がねらえます。

また、今回はアイシャドウで丸目、デカ目メイクを行なっていますが、同じように黒目の縦幅を拡大できる目の中央部分にアイラインを太めに引いたり、マスカラとビューラーでまぶた中央のまつ毛をしっかり上げて強調することでも、同じような丸目、デカ目効果がねらえます。

4.最後に各色と色の境目を指で軽く抑えてぼかすことで、目を閉じたときも色と色の境目がはっきり見えず、自然な仕上がりになります。

*今回は3の手順で入れた5の色によって丸目効果をねらっており、5の色は重要な役割を果たしているので、5の色はぼかしすぎないようにするのがポイントです。

<下まぶた>
034eyeshadow-nurikata

1.1の範囲に3の色を太いアイカラーチップの先端で塗ります。
*影を出すことが目的なので、涙袋より内側に入れていきます。
また、黒目拡大効果をねらうため、黒目の下から目尻にかけて入れていきます。

2.2の範囲に5の色を細いアイカラーチップで塗ります。
*黒目の縦幅を広げたいので、上まぶた同様、目を正面から見たときの黒目の位置に合わせて色を入れていきます。
上まぶた同様、丸目、デカ目メイクをする上で最も重要な部分になります。

また、下まぶたの場合、5の色を塗る範囲はとても狭いので、うっかり、涙袋にまで塗ってしまったり、欲張って横に広げたりしてしまいそうになりますが、そのように範囲を広げて塗ると、5の色がぼやけてしまい、下まぶたの印象がぼんやりしてしまいます。そうすると、黒目の縦幅を拡大するという効果も期待できなくなってしまうので、
あくまでも涙袋より内側で、黒目の真下のみに塗るように心がけましょう。

3.3の範囲に1の色を細いアイカラーチップで塗ります。
*目頭にはくの字の入れて、涙袋にもハイライトカラーの1の色をくっきり入れることで目元をぱっちりはっきりさせるように見せます。

Before
035eyeshadow-nurikata

上図は上下まぶたとも何も塗っていない状態です。

After
036eyeshadow-nurikata
037eyeshadow-nurikata
上図は丸目、デカ目メイクをした状態です。

黒目の上下に最も濃い色を入れ、黒目の縦幅を拡大したので、丸目、デカ目に見えます。

たれ目メイク

目尻側に下り気味に影を入れることでタレ目風のやわらかい雰囲気のメイクをしていきます。

☆今回使ったアイテム
ヴィセ ジェミィリッチアイズ PK2
002eyeshadow-nurikata

<上まぶた>
038eyeshadow-nurikata

1.1の範囲に1の色を中指で塗ります。
*まぶた全体にツヤを出すために、広範囲に均一に色がのる指を使います。

2.2の範囲に薬指で3の色を塗ります。
*2と3の範囲はどちらも目元に影をつける目的で同じ色を使いますが、よりなめらかなグラデーションを出すために、外側の2の範囲は指でふんわり色をのせていきます。

また、今回はタレ目風に見せるメイクなので、目尻側を濃いめに塗り、目尻側はあとから塗る下まぶたとも色がつながるように下げ気味のところまで塗っていきます。

タレ目風メイクとしては、「影出し目的のアイカラーは目尻側濃いめに塗る。目尻側は下の方まで塗る。」ということが重要なポイントです。

3.3の範囲に3の色を太いアイカラーチップで塗ります。
*指を使ってふんわり色をのせた上から、アイカラーチップを使ってよりはっきり3の色をのせ、目元になめらかなグラデーションをつくります。

タレ目風メイクなので、2の範囲を塗ったときと同様、目尻側をより濃く、下げ気味に塗っていきます。

4.指に4の色をとり、手の甲などで色を極薄にし、4の範囲にポンポンとやさしく叩き込むようにのせます。

*ごく薄くピンクを仕込むことで、目元全体にぽわ~っとした深みとやわらかさを出します。ポイントは「ごく薄く」「目尻側に色と色をまたいで(4の範囲)」ピンク色を入れるということです。

ピンクは可愛らしさややわらかな血色感を出す色としては優秀ですが、入れ方によっては目元が腫れぼったくも見えてしまうので、この2つのポイントを守ることが重要です。

5.最後に各色と色の境目を何もついていない指でぼかして、アイシャドウを自然に肌になじませ、完成です。

<下まぶた>
039eyeshadow-nurikata

1.1の範囲に3の色を細いアイカラーチップで塗ります。
*目元に影をつけることが目的で、今回はさらにタレ目風のメイクなので、目尻側を濃いめに少し範囲広めに塗っていきます。

タレ目風メイクにする上でポイントなのは、下まぶたに影シャドウをのせる際には目尻側は縦の範囲広めに塗るということで、
目を正面から見たときに、目尻側の黒目と白目の境目あたりから目尻にかけて、縦の範囲を広げて濃い色をのせていきます。

このとき、あまり縦の範囲を広げすぎるとアイメイクのバランスが悪くなってしまうので、縦に広げる範囲としては、涙袋に2,3mmかかるくらいを目安に塗ります。

2.2の範囲に1の色を細いアイカラーチップで塗ります。
*目頭は1のハイライトカラーをくの字に入れることで目がぱっちり開いているように見せます。
涙袋は1の手順で入れた3の色の外側に、1のハイライトカラーを入れることでタレ目の輪郭を強調する効果が得られます。

また、目尻側は1mm程度ごくわずかに3の色と1のハイライトカラーにかぶせることで、3の影色をぼかし、タレ目のぽわ~っとしたやわらかさを出します。

Before
040eyeshadow-nurikata

上図は何も塗っていない状態です。

After
041eyeshadow-nurikata

上図は上下まぶたともタレ目メイクをした状態です。

全体的に目尻側に下がり気味に影のポイントを持ってきたことで、タレ目風のやわらかい目元が完成しました。

ハーフ顔メイク

縦割りのグラデーションを基本に、少しくすんだ色みのアイシャドウで彫りの深さを出していくのがハーフ顔メイクの基本です。

また、アイシャドウ以外のテクニックとしては、まゆ毛と目の間が狭く平行二重であることが彫りの深いハーフ顔の特徴なので、まゆ毛を目に寄せて描くこと。可能であれば二重テープなどで平行二重をつくる、跡付けをすること。この2つのテクニックでよりハーフ顔に近づくことができます。

また、ハーフ顔にも、トリンドル玲奈さんのような可愛らしいタイプのハーフ顔と、ローラさんのようなキレイ系のハーフ顔がありますが、今回ここでご紹介しているハーフメイクはローラさんのようなキレイ系のハーフ顔に寄せたメイクをご紹介しています。

☆今回使ったアイテム
ケイト ダークナイトグロウ BR2
003eyeshadow-nurikata

<上まぶた>
042eyeshadow-nurikata
1.1の範囲に1の色を中指で塗ります。
*1の色はアイカラーのベースとなり、均一にアイシャドウをのせる、ツヤを出すという目的のためにのせるので、広範囲に指で塗っていきます。

2.2の範囲に2の色を薬指で塗ります。
*この2の色も色出し、影出しというよりまぶたにツヤを出すことが目的なので、指でふんわりのせていきます。

3.3の範囲に3の色を太いアイカラーチップで塗ります。
*ここから目元に影を出していくことが目的になります。
外国人風な彫りの深さを出していくため、手で触ってわかる眼球の上全体という、広範囲にに塗っていくことがポイントです。
また、目元に深みを出していくため、まつげの生え際側はまゆ毛側よりも濃く色がのるように塗っていきます。

4.4の範囲に4の色を太い細いアイカラーチップで塗ります。
*このとき、目尻側から色をのせ、指で目尻側の4の範囲全体にぼかして広げていき、アイカラーチップに残ったわずかなアイカラーで、目頭側から眼球をなぞるようにごく薄く4の色をのせていくようにします。

ハーフ顔の基本は、目頭側が薄く、目尻側が濃い縦割りのグラデーションですが、目元によりはっきりした立体感と彫りの深さを出すために、目頭側から薄く眼球をなぞるように濃い色合いの影シャドウを入れています。

また、ハーフ顔は特に目尻側に濃い色を持ってくるとよりハーフのような彫りの深さが出せるので、目尻側は濃く色をのせていきます。

5.最後に各色と色の境目を指でぼかして、肌になじませたら完成です。

<下まぶた>
043eyeshadow-nurikata

1.1の範囲に3の色を塗ります。
*彫りの深さを出すために、目頭から目尻にかけて少し影のつく濃い色のアイカラーを塗ります。

このとき、目頭側は下の方まで範囲を広げて影シャドウをのせてしまうと、クマのようになってしまうので、範囲は広げないようにします。

2.2の範囲に4の色を細いアイカラーチップで塗ります。
*このとき、ハーフメイクの基本である縦割りのグラデーションをつくるために、上まぶたで4の色を塗り始めた目尻側のスタート位置と縦割りでそろうようにします。
このときも、上まぶた同様、目尻側により濃く色がのるようにします。

Before
044eyeshadow-nurikata

上図は何も塗っていない状態です。

After
045eyeshadow-nurikata

上図はハーフ顔メイクをした状態です。

くすんだ彫りの深さが出てハーフっぽい目元になりました。

最近流行りの赤を使ったメイク

おフェロメイクや血色メイクなど、最近は雑誌などでもよく赤を使ったメイクを見かけますが、こちらではそうした赤を使ったメイクをご紹介していきます。

今回ご紹介する赤色メイクのように、目元に赤を持ってくることで、少し泣きはらした後のような、守ってあげたいと思わせるあどけなさを出すことができます。

☆今回使ったアイテム
ポール&ジョー フェイス&アイカラーCS 094
005eyeshadow-nurikata

<上まぶた>
046eyeshadow-nurikata

1.1の範囲に1の色を中指で塗ります。
*ツヤ出しと、上まぶた全体を粒子の細かいパウダーで整える目的で1の色を入れるので指で塗っていきます。また、1の色はベースの色となるので、あまり濃く発色するタイプではありませんが、塗り重ねると見たままの青みピンク色に発色します。今回は赤みを生かしたメイクなので、若干ピンク色に発色するように塗り重ねていきます。

また、タレ目風メイクのときと同様に、ピンク系赤系のアイメイクは腫れぼったく目が小さく見えてしまうこともあるので、目尻側がピンク色に発色させるようにし、目頭側はツヤ出し程度にとどめておきます。

2.2の範囲に4の色をアイカラーチップの太い方で塗ります。
*今回のメイクでは、影をつける色はこの4の色しかないので、まつ毛の生え際側が濃く、まゆ毛側は薄い。というのはなるべくはっきりわかるように塗り重ねていきます。

また、タレ目風メイクのように、赤みメイクも可愛らしさを推したメイクなので、目尻側が濃く、下がり気味に塗っていきます。

3.薬指に3の色をとり、手の甲などで色を極薄にし、3の範囲にポンポンと指で叩き込むようにのせていきます。

*今回の赤みメイクは、このあと塗っていく下まぶたを赤く発色させることが最も重要なポイントですが、その赤い下まぶたとバランスをとるために上まぶたもこの3の手順で薄く赤みを帯びた発色をさせます。

<下まぶた>
047eyeshadow-nurikata

1.4と3の色を手の甲に出して、くすんだ赤色になるまで混ぜ、混ぜたものを細いアイカラーチップにとって2の範囲に塗ります。
*今回の赤みのあるメイクでは、下まぶたのこの2の範囲に赤色を置くことが最も重要なポイントで、ここに赤色を持ってくることで、泣いた後のような血色感のあるあどけない影をつけることができます。

ただ、ここで4の色を混ぜずに赤い色をはっきり発色させてしまうと、真っ赤なポイントカラーの入ったパンチのあるメイクになってしまうので、肌に自然になじませるため、4のカラーと混ぜ合わせてバランスをとっています。

2.1の範囲に1の色を細いアイカラーチップで塗ります。
*涙袋を強調するために1の色を1の範囲に塗っていきます。
今回ここで入れている1の色は塗り重ねると薄ピンクに発色するので、涙袋に入れることで、より泣いた後のような腫れぼったさを出し、あどけない雰囲気に仕上げることができます。
下まぶた2の範囲に入れた赤色をより強調するには、この涙袋に入れるハイライトカラーをピンク系ではなく、ホワイトカラーにするとよいかもしれません。

Before
048eyeshadow-nurikata

上図は何も塗っていない状態です。

After
049eyeshadow-nurikata

上図は上下に赤みメイクをした状態です。

あどけない雰囲気のある赤みメイクに仕上がりました。

色を使ったポイントメイク

ここでは、ポイントカラーを使ったメイクをご紹介していきます。
普段のアイメイクにマンネリを感じている方や、新しいメイクに挑戦してみたい人はぜひ参考にしてみて下さい。

青(コバルトブルー)

050eyeshadow-nurikata
051eyeshadow-nurikata

青は目立つ色でもありますが、その中でも黄み系の青は日本人の肌に馴染みがよく、顔から浮くことがないのでポイントカラーとして最適です。

カジュアルなお出かけや、ちょっとした一手間でいつもと雰囲気を変えたいときにおすすめです。

ピンク

052eyeshadow-nurikata
053eyeshadow-nurikata
054eyeshadow-nurikata

ピンクをはっきり発色させたメイクですが、下まぶたの3点にポイント的にポンポンポンと色をのせることで、ただ甘くなりがちなピンクもポップに仕上がります。

楽しくいたい日や明るい表情でいたい日におすすめのメイクです。

オレンジ

055eyeshadow-nurikata
056eyeshadow-nurikata
こちらはチークを使ったメイクで、肌なじみがよくさらに肌も明るく見せてくれるチークのコーラルカラーで目元に明るさと軽やかさを出します。

いつもと違うアイテムを簡単に取り入れてみたいときや、仕事の日にも軽やかでいたいときにおすすめです。

057eyeshadow-nurikata
058eyeshadow-nurikata

こちらはポイントカラーとしてはっきり色を出すというよりは、指でポンポンとやさしく叩き込み薄く発色させているメイクです。

今回使用している透明感のある緑は薄くのせることで、目元が知的でクールな印象に仕上がります。

さり気なく雰囲気を変えたいときのオフィスメイクや、仕事のできるオンナ風に見せたいときにおすすめです。

二重テープを使う場合のアイシャドウメイク

まぶたが二重ではなかったり、日によって二重の幅や長さが変わったり、左右で二重の形が異なっていると、二重テープを使うこともありますよね。

筆者も日によって二重が変化するので、二重テープを愛用することも多いです。

しかし、二重テープを貼ると、テープを貼った上からアイシャドウなどの粉物をのせることで、テープの粘着力が弱まったり、目を閉じたときに二重テープがあることがはっきりわかってしまう程汚くテープが浮いてしまう・・・といったことがあり、なかなかアイシャドウを塗れなかったりしますよね。

そこで、これからご紹介する方法でメイクすれば二重テープをしていても、二重テープを悪目立ちさせることなく、粘着力も弱めることもなく、アイシャドウメイクを楽しむことができるようになります。

二重テープ愛用者の方はぜひ、試してみて下さい。

【二重テープの基本的な貼り方】
059eyeshadow-nurikata

まず、まぶたに何もしていない状態が上図です。
(この画像は、しばらく二重テープをしていたあとに、二重テープをはがして撮影したので、二重テープでつくったぱっちり二重のラインが残っています。。。)
060eyeshadow-nurikata

1.二重テープに付属のスティックの先端を使い、二重の線(二重テープを貼る位置)を定めます。
061eyeshadow-nurikata

2.1で定めた線(位置)に二重テープをしっかり貼り付けます。
*このとき、なるべく二重テープがねじれないように貼ることで二重テープが肌に溶け込んで見え、目立ちにくくなります。反対に、二重テープをねじれた状態で貼り付けてしまうと二重テープの影ができてしまうので、テープが目立ちやすくなります。
062eyeshadow-nurikata

3.二重テープを目の横幅に合わせて切り、付属のスティックでまぶたに押さえつけてしっかりと肌に密着させていき、完成です。

*特に目頭と目尻という、アイテープの両端は剥がれやすいので、しっかり押さえつけます。

ここで、しっかり二重テープを密着させておくことで、二重テープが剥がれてくることも防げますし、肌に密着する分、見た目にも目立ちにくくなります。
063eyeshadow-nurikata

完成図はこのような状態です。
目の横幅に合わせて二重テープをカットし、しっかりと肌に密着させれば、一見少し濃いめの自然な二重線にも見えます。
064eyeshadow-nurikata

二重テープ完成後に目を正面からみるとこのような状態になります。
目を閉じたり、下をむいたりしなければ当然二重テープは見えませんし、目頭側も目尻側もテープの両端をしっかりと肌に密着させれば、目を開けた状態では二重線の隙間から見えることもありません。

【二重テープを貼った上でのアイシャドウメイク】

☆今回使ったアイテム
マキアージュ トゥルーアイシャドー BR722
001eyeshadow-nurikata

065eyeshadow-nurikata
1.二重テープ(緑矢印がさす場所)の場所よりも内側に4の色を塗ります。
*ここが、二重テープを貼り付けていてもキレイに違和感なくアイシャドウメイクをする上で最も重要な部分で、
二重テープの上には色付きのアイシャドウをのせずに、二重テープの内側にのみアイシャドウを塗るということです。

二重テープの上に色付きのアイシャドウをのせると、二重テープが悪目立ちしてしまう上、アイシャドウの粉末によって二重テープの粘着力も弱まってしまいます。
そのため、二重テープの上にはパウダーをのせないようにします。

また、二重テープの内側にのみ色付きのアイシャドウをのせることで、二重テープが色のある部分と色のない部分のちょうど境目になり、グラデーションの境目としてははっきりしてしまいますが、二重テープとしては目立たたなくなります。

2.2の範囲に5の色を細いアイカラーチップで塗ります。
*二重の内側に塗る影アイシャドウを4と5の2色にして、4と5の境目もはっきりさせてしまうことで、二重テープが境目になっている部分をより自然な色の境目のように見せます。

3.1の範囲(二重テープの上から、ピンク枠の範囲まで)に2の色を指でポンポンとのせます。
*二重テープより上にアイシャドウを何も塗らないと、何も塗っていない部分が完全な素まぶたになってしまい、アイメイクとして完成度が下がってしまうので、ツヤ出しのハイライトをのせます。

また、このときも二重テープの上にはパウダーをのせないようにしますが、二重テープより上にラメやパールの入ったツヤ出しハイライトがあることで、ハイライトのきらめきや光が二重テープの存在を目立たなくする効果をねらいます。
066eyeshadow-nurikata

完成するとこのような状態です。
067eyeshadow-nurikata

完成した状態を正面から見るとこのようになります。

目を閉じた状態でも、正面から見た状態でも二重テープが目立つことなくアイシャドウメイクが完成しました。

変わったアイシャドウの塗り方、色使い

アイシャドウは印象が変わりやすく、色使いでも入れ方でも遊べるので、塗ってて楽しいですね。

使うシーンとしては、テーマパークや遊園地に遊びに行くとき、お花見やハロウィーン、クリスマスパーティーなどの季節イベントのとき、女子会のとき、などなど、派手さや奇抜さ、楽しさを出したもん勝ち!なときがおすすめです。

こういうメイクは流行とは無関係で楽しめるところもうれしいですね。

春の桜メイク

☆ピンク×透明感のあるライトグリーン(イメージ:満開の桜)
068eyeshadow-nurikata
069eyeshadow-nurikata
春爛漫で薄ピンク色の桜と少し新緑が顔を覗かせている様子をイメージしました。

軽やかな春メイクは晴れた春のお出かけにぴったりです。
お花見にもいいですね。

春のディズニー

☆青×ピンク(イメージ:晴れた日のディズニー・イースターワンダーランド)
070eyeshadow-nurikata
071eyeshadow-nurikata

青空とポップなピンクでメルヘンなディズニーのイースターをイメージしました。

目立つ2色の組み合わせなので、楽しんでなんぼな遊園地やテーマパークへのお出かけメイクにおすすめです。

ウォーターランや夏のフェス

☆コバルト×オレンジ(イメージ:夏イベを楽しむレディー)
072eyeshadow-nurikata
073eyeshadow-nurikata

青とオレンジという相反する、発色のいい色を組み合わせて入れることで派手な夏のイベントを全力で楽しむ女性をイメージしました。

上まぶたに入れたコバルトブルーのアイカラーは肌なじみがいいですが、はっきりとした色なので、目立ちたいときのメイクにぴったりです。

また、オレンジは若さを出してくれるポップなカラーなので、コバルトブルー✕オレンジのメイクは夏のイベントにぴったりのメイクといえます。

七夕

☆青×紫(イメージ:天の川)
074eyeshadow-nurikata
075eyeshadow-nurikata

紫と青という幻想的な組み合わせで夏の夜空、天の川をイメージしました。

涼し気な青と深みのある紫の組み合わせなので、浴衣などを着て出かける夏祭りや花火大会なんかにぴったりのメイクです。

ハロウィーンパーティー

☆赤×紫(イメージ:ヴィランズ)
076eyeshadow-nurikata
077eyeshadow-nurikata

紫とピンクという相性ばっちりで派手な色合いで、ヴィランズをイメージしました。

紫色はハロウィンカラーの定番で、そこに紫と相性がよく、セクシーなピンク色を加えることで魅惑的なヴィランズメイクに仕上がりました。
ハロウィンのパーティーやハロウィンをテーマにした女子会なんかにぴったりのメイクです。

クリスマス

☆赤×ゴールドグリッター(イメージ:シャンパンパーティー)
078eyeshadow-nurikata
079eyeshadow-nurikata

上品なツヤ感の上にピンポイントで特大のスペシャルなキラメキを加え、弾ける泡が美しいクリスマスのシャンパンパーティーをイメージしました。

赤と大きなパールというクリスマスメイクに欠かせない2つを上品に組み合わせているので、クリスマスのデートにもぴったりのメイクです。

アイシャドウの塗り方「まとめ」

アイシャドウメイクで重要なことをまとめます。

1.アイシャドウメイクは立体感を出すため、もしくは、メイクに個性を出すために行う。
2.指でアイカラーをのせるとふんわり薄めに色がのり、アイカラーチップを使うとしっかり濃いめに色がのる。
3.キレイで自然なグラデーションに仕上げるには、グラデーションをつくった仕上げに色と色の境目を指で抑えてぼかす。
4.目頭にくの字にハイライトカラーを入れると目元がパッチリして見える。

以上の4つを念頭におき、ぜひ色々なアイシャドウメイクを楽しんでみて下さい!

スポンサードリンク

PAGETOP