ワックス脱毛の痛みは?セルフ方法やコツ、効果など

ワックス脱毛の痛みは?セルフ方法やコツ、効果など
ワックス脱毛にどのようなイメージをお持ちでしょうか?

30代中盤以上の方は、1度は過去に市販のワックス脱毛をひざ下に試して、痛い思いをしたことがあるのではないでしょうか?
そのときのイメージが頭から離れずにワックス脱毛を苦手に感じているとしたらちょっともったいないかも。

ワックス脱毛は、キレイな状態をできるだけ長く保ちたいという方に最適な方法です。
脱毛サロンに通うほどでもない部位のムダ毛処理に、ワックス脱毛を試してみませんか?
ワックス脱毛の種類や効果、選び方、自分で作るワックス液、セレブも愛しているブラジリアンワックス脱毛、できるだけ痛みを押さえてセルフ脱毛する方法などをご紹介します。
昔とは違う大人のワックス脱毛の世界を覗いてみてください。

もくじ

<おすすめセルフワックス脱毛>
☆砂糖、ハチミツ、レモンのみ使用した安全性の固い脱毛ワックスです。
⇒ANGELICAワックス

☆ヒアルロン酸・コラーゲンが配合。刺激から守り、しっかり脱毛するブラジリアンワックスです。
⇒ビラビアンカシュガーワックス

ワックス脱毛はいつからあるの?

女性の美意識は本当にすごいもので、ワックス脱毛は紀元前4,000年頃から行われていたのだそうです。

当時使っていた脱毛剤は「Rhusma turcorum」という名称で歴史に残っています。
材料はでんぷんや石灰、硫黄などを水で練ってドロドロにしたもの。
成分を見ると臭いがキツそうですが、それでもムダ毛を残しておくよりはずいぶんマシだったのでしょうね。

かのクレオパトラも脱毛ワックスを愛していた女性のひとり。
彼女の時代には既にカミソリのようなものもあったのだそうです。出土品の中から発見されています。

歴史の上ではカミソリよりもワックスの方が早く登場したことがわかります。
ムダ毛を安全に剃れるカミソリを作るよりも、粘度の高いワックスの方が確かに簡単に作れそうですね。
それにしても5000年以上も前から脱毛を続けているのに、まだわたしたちのムダ毛は際限無く生えてくるんですね・・・。
いつまでムダ毛との戦いは続くのでしょうか!

現代のワックス脱毛の種類

ワックス脱毛には種類があります。
・水性ワックス(シュガーワックス・ハニーワックス)
・油性ワックス
・ハードワックス
・脱毛テープ
・手作りワックス剤

などに分かれます。

それぞれの脱毛方法を解説します。

水性ワックス

水性ワックスにはシュガーワックス、ハニーワックスなどがあります。
水溶性で完全に固まることはありません。

砂糖やはちみつなどの安全な成分で作られているため、アレルギーなどの心配がないのが安心ポイント。

脱毛後のベタベタは水で洗い流せます。
一般的にはストリップというシートと一緒に使用します。

手軽なので初めてワックス脱毛をする方にもオススメです。

ただ、ムダ毛の長さが1cm以上じゃないとワックスをうまくムダ毛に絡めることができないので、ワキなど絶対にムダ毛を伸ばしたく部位には不向き。

セルフワックス脱毛を行っている多くの方はこの水性ワックスを使っているようです。
ワックス脱毛デビューにはピッタリですので、まずはシュガーワックスを試してみて他のワックス脱毛を試すのも良い方法ですね。

油性ワックス

クリームワックス、オイルワックス、ソフトワックスなどが油性ワックスになります。
こちらも脱毛部位にワックスを塗り広げた後にストリップをワックスの上に置いて、一気に剥がすという方法で行います。

油性ワックスは水性ワックスよりも粘着力が高いため、5mm程度のムダ毛でも抜くことができます。

効率的に塗ることができるのでひざ下全体など広範囲の脱毛を短時間で行うことができます。

薄く塗り広げることもできるので、まゆ毛脱毛に使っている方もいます。

脱毛後はオイルでできたクレンジング剤を使います。

材料に松脂が使われている場合があります。松脂はアレルゲンでもあるので、使用には十分注意して下さい。

粘着力が強いのは嬉しいことですが、その分肌への負担は大きくなります。ムダ毛と一緒に皮膚も強くひっぱるので、肌があまり強くない方は赤みがしばらく続くこともあります。

ハードワックス

ハードワックスは固形ワックスとも言われています。
ワックス剤を脱毛したい部位にのせて、固まるのを待って剥がします。ストリップは使いません。

油性ワックスよりも粘度が高いため、ムダ毛が2mm程度伸びていれば使用可能です。
残ったワックス剤はオイルクレンジングで落とします。

効果は高いですが、いろいろと難点もあります。

まず、かなり高い温度まで温めて溶かして、肌に長時間のせておかないと固まらないので肌への負担が気になります。

粘度が高いため温まったワックス剤はなかなか冷えません。温度を上げる必要はあるのですが、温度が高すぎるとヤケドの心配もあります。
そして、厚めに塗らないといけないのもマイナスポイント。使う量が多いので経済的にも不向き。

範囲が狭く短いムダ毛を処理することができるので、ワキにピッタリですね。
逆に、毛足が長いムダ毛の脱毛には向いていないのでご注意を。

脱毛テープ

脱毛剤が塗布してあるテープ状の脱毛剤です。
シートを剥がして脱毛部位にピッタリ密着させて一気に剥がすだけなので手軽です。
手軽でワックス脱毛初心者さんでも気軽に使うことができますが、粘度はあまり高くありません。

脱毛テープを使用する場合は、それぞれの製品に指定されているとおりにムダ毛の長さを整えてボディクリームなどの油分や水分が肌に残っていない状態で行いましょう。

使用方法を守らないと、痛いだけで1本も抜けない・・・ということになりますよ。
脱毛テープは、ワックスというよりもあくまでもテープだと思ってください。痛みは少ないですが、ワックスほどの効果は期待できないようです。

手作りワックス剤

昨年くらいからジワジワ人気を高めているのがハンドメイドのワックス剤です。
簡単に作ることができる上に、材料はキッチンにあるものばかり。そして作っている間、いいにおいが漂う!と口コミ評判は上々です。
作り方をご紹介します。

手作りワックスの材料

グラニュー糖(白砂糖でもOK):200g
水:200g
レモン汁30cc

手作りワックスの作り方

1.鍋に全ての材料を入れて焦げつかないように混ぜながら強火にかけます。

2.沸騰したら火を中火にして30分ほど様子を見ながら煮ていきます。このときも焦げ付き防止のためかき混ぜる手を休めないで下さい。

3.薄いカラメルのような色になったらもう一息。そこからさらに火にかけ続けると色がもっと深くなり茶色いあめ色になったら完成です。
10分以上冷ましてください。

手作りワックスの使い方

1.ムダ毛の長さを3mm以下に整えます。

2.指で触れて暖かいと感じる程度の温度のワックスを、脱毛したい部位に塗ります。

3.ワックスが冷えて固まったら一気に剥がします。ストリップは使いません。

手作りワックス作りのコツと注意
■水と糖分はだいたい同じくらいの量にして下さい。

■レモン汁は、市販のボトルタイプのレモン汁でも代用可能です。

■かき混ぜるときは、なるべく木製のへらを使って下さい。カップアイス用の木のスプーンでもOKです。
絶対に使ってはいけないのがプラスチック。溶けてしまいますよ!

■火にかける時間が短いと、ただのベタベタする液体になってしまいますので、加熱は十分に行ってください。

■ワックスを塗るときは、ヘラを使ってなるべく薄く塗り広げて下さい。

■剥がすときは、ムダ毛の流れとは逆方向に一気に思い切ってビリッ!!と剥がします。これがいちばん痛みが少ない方法です。

■やけど、火の事故には十分ご注意下さいね。

この手作りワックスはシュガーワックスに分類されます。水、砂糖、レモン汁だけで作ることができるので肌に優しいのが嬉しいですね。
電子レンジで作ることもできます。

電子レンジ用レシピ♪
1.材料をレンジOKの陶器の器などに入れて500w~600wで30秒チンします。

2.取り出してかき混ぜます。
1回目が終わった状態でまだ色づいていないなら、再度30秒チンします。

3.薄く色づいてきたら、ここからは10秒ずつチンしてまぜまぜを繰り返します。
濃い飴色になったら出来上がり!

手作りワックスを初めて作る場合は、少量だけ作って手の指や足の指など、範囲が狭い部位で試してみてくださいね。

市販の脱毛ワックス。選び方のポイント

最初にワックスの種類をご紹介しましたが、自宅でワックス脱毛を行う場合は、ワックスの種類よりもメーカーで選んでいる女子が多いようです。
同じワックスでもメーカーによって粘度が違いますし、成分も異なります。

選び方のポイントとしては、初心者さんは水で洗い流せるシュガーワックスがオススメ。その理由は、失敗したときにすぐに洗い流せるから。
他のワックスはオイルで洗う必要があります。連続して脱毛する際にはこのオイルを完全に落とす必要があります。この作業がとても面倒なんです。オイルが少しでも残っていると、ムダ毛とワックスがうまく絡まず、痛い思いをするだけ。
ワックス脱毛に慣れるまではシュガーワックスでセルフ脱毛を行いましょう。

<おすすめセルフワックス脱毛>
☆砂糖、ハチミツ、レモンのみ使用した安全性の固い脱毛ワックスです。
⇒ANGELICAワックス

☆ヒアルロン酸・コラーゲンが配合。刺激から守り、しっかり脱毛するブラジリアンワックスです。
⇒ビラビアンカシュガーワックス

ワックス脱毛サロンもあります

「ブラジリアンワックス」という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。
ブラジリアンワックスはワックス剤の種類ではなく、アンダーヘアのワックス脱毛のこと。

VIOラインのムダ毛を完全に脱毛するのではなく定期的にワックスで脱毛するのがブラジリアンワックスです。

なぜブラジリアンなのかというと、小さいショーツやTバックのビキニを愛用する文化があるブラジルでこの脱毛方法が生まれたため。

似たような意味で「ハイジニーナ」という言葉もありますが、ハイジニーナはワックス脱毛ではなく光脱毛などでアンダーヘアを完全に無くしてしまうことです。

ブラジリアンワックス脱毛をプロにお願いしたい方はこのブラジリアンワックス専門サロンへ。
⇒ANGELICA

脱毛サロンではなくブラジリアンワックスを選ぶ意義とは?

脱毛サロンでもアンダーヘアを処理することができます。しかも、光脱毛が完了したあとはムダ毛に悩まされることはありません。

それなのになぜ、ブラジリアンワックスを選ぶ女性が増えているのでしょうか。

実は、光脱毛でハイジニーナを行うのはとても大変なのです。
脱毛で使用する光は黒いものに反応するように作られているのですが、VIOラインはワキや腕などを比較すると色素沈着が起こりやすい部位です。

そのため、他の部位と比較するとムダ毛が抜けにくいのです。

脱毛サロンにも「ハイジニーナ」コースが設定されていますが、これはハイジニーナが完了することを約束しているわけではなく、脱毛範囲がVIOというだけです。

光脱毛は毛周期にそって行う必要がありますので、2ヶ月~3ヶ月に1度のペースで通うのが普通です。ひとつの部位の脱毛が完了するまでにかかる期間は2年くらいなのですが、ハイジニーナは2年では終わりません。4年以上も脱毛サロンに通っている人もいます。

そして、脱毛サロンの光はIラインの少し内側など粘膜に使うことができません。この部位のムダ毛が気になっていても脱毛してもらうことができないんです。
光脱毛は適切に行えば絶大な効果がありますが、アンダーヘアをカンペキに脱毛するのはちょっと大変なことなのです。

ブラジリアンワックスには脱毛効果のような永久性はありませんが、2週間~3週間はツルツルの状態を楽しめて、2回目以降のワックス脱毛は1回目よりもはるかにラクです。
決して痛くない脱毛ではありませんが、ハマる女性は多いようですよ。

妊娠中に継続できることも光脱毛との大きな違いです。
脱毛エステの場合、妊娠がわかったら即お休みをしなければいけません。万が一の事故を防ぐためです。

ブラジリアンワックスサロンは、安定期に入っていれば施術可能です。
(サロンによっては施術できない場合もあります)

次に、ブラジリアンワックス脱毛を行っているエステサロンをご紹介します。

<おすすめセルフワックス脱毛>
☆砂糖、ハチミツ、レモンのみ使用した安全性の固い脱毛ワックスです。
⇒ANGELICAワックス

☆ヒアルロン酸・コラーゲンが配合。刺激から守り、しっかり脱毛するブラジリアンワックスです。
⇒ビラビアンカシュガーワックス

ブラジリアンワックスの扉を開こう!

アンダーヘアをワックスで処理しようとしている方は、セルフで行う前にぜひ脱毛サロンに足を運んでみてください。
ワックス脱毛のコツや、剥がし方などがわかると思います。

ブラジリアンワックスを行っている脱毛サロンは日本全国にたくさんあります。
さらに、多くのブラジリアンワックスサロンでは、全身のワックス脱毛を行っています。両ワキなら4,000円程度で脱毛できるので、本格的な脱毛を行う前にツルツルの自分を確認してみたいときにもオススメです。

ブラジリアンワックスの脱毛価格

多くの脱毛サロンではVIOを含めて5,000円程度で脱毛できます。
リピーター価格の設定があったり、回数券の用意などもあるのでネイルサロン感覚で通うことができます。

ブラジリアンワックスで脱毛をすると、どうしても2週間~3週間程度でムダ毛が生えてきてしまうのですが、この価格だったら美容室以下なので続けやすいのです。
継続しやすい価格もブラジリアンワックス人気の理由です。

ブラジリアンワックス脱毛をプロにお願いしたい方はこのブラジリアンワックス専門サロンへ。
⇒ANGELICA

ブラジリアンワックスサロン選びのポイント

ブラジリアンワックスの効果は施術者の腕に左右されるものなので、口コミなどを参考にして利用者の声をチェックしてみて下さい。

そして大事なのが衛生管理。
多くのブラジリアンワックスサロンではツイーザーやハサミを使ってムダ毛を適切な長さに処理をしてくれます。これらのツールがきちんと消毒されていないと気持ち悪いですよね。

肌にワックスを塗布したヘラを直接ポットにポイッと戻すようなサロンは論外。どんなに安くでも通わない方が無難です。
公式ホームページなどに衛生管理についてのお店の考え方が記載しているサロンなら安心です。

個室に入ったときに、道具類をさりげなくチェックしてみてくださいね。

使用しているワックス剤も重要です。
松ヤニのようにアレルギー物質になるものが使われている場合は注意が必要です。
施術前にエステティシャンから説明があるかと思いますが、気になる場合は納得できるまで確認しましょう。

ブラジリアン脱毛前に気をつけること

脱毛サロン経験者さんは気をつけて。脱毛サロンでは、ムダ毛を1mm程度に整えてから来店するのがマナーですが、ブラジリアンワックスの場合、ここまで短くしてしまうとムダ毛が抜けません。

お店によっては「ある程度整えて来てください」というところと「自宅での処理は不要です」というところがあるので、来店前に必ず確認して下さいね。

生理中でもブラジリアンワックス自体は可能ですが、生理中の肌は敏感になっているので避けた方が安全です。

自分の肌のことは自分で気をつけましょうね。

水着を着る機会のためにワックス脱毛を行う場合は、イベント当日の数日前にはブラジリアンワックスを終えておきましょう。

最適なのは3日前です。間違っても当日にワックス脱毛を行ってはいけません。

ブラジリアン脱毛後に気をつけること

ワックス脱毛後の毛穴はポッカリと穴が開いた状態ですので、熱いお湯につかるのは避けましょう。

アルコールや激しいスポーツで体温を上げすぎることもやめてください。
ブラジリアンワックスの痛みはビリッと剥がした瞬間がいちばん強いのですが、その後もヒリヒリと続くような痛みではありません。しかし体温が上がると痛みがぶり返すこともあります。

これらの注意はブラジリアンワックスだけではなく、セルフでワックス脱毛を行う場合にも共通です。

自分で行うときこそ慎重になってくださいね。

セルフワックス脱毛のコツ

ワックス脱毛のコツは、ムダ毛を説明書どおりの長さにカットして、指定の厚さ(薄め、厚め)に塗って、一気に剥がすことです。

皆さんご想像がつくかと思いますが、ワックス脱毛はムダ毛を粘着性の高い液体に絡ませ固めてはがすだけなので仕組みはとても単純です。
だからこそポイントを掴んで脱毛しないと、うまく抜けない・・・ということになります。

ワックス脱毛前のポイント

ワックス脱毛をする前にはムダ毛の長さを脱毛剤の指定どおりに整えます。
そして脱毛部位は1度洗いましょう。汗や油分を完全に落とすためです。

ワックス液を塗るときには?

ワックス液を肌に広げるときには付属のヘラなどを使って手早く丁寧に行いましょう。
ムダ毛の流れにそって塗っていきます。

ワックスを剥がすときは?

剥がす時はムダ毛の流れとは逆に思い切り良くはがします。
シートを持ち上げるように上に向けてはがすのではなく、肌に添わすような感じで肌と平行にビリッ!と一気にはがしましょう。

ワックス脱毛後のポイント

保冷剤などで冷やしましょう。
冷却シートは使わないで下さい。ワックス脱毛後の肌はとても過敏なので、冷却シートの成分に反応してかぶれてしまうことがあります。

セルフワックス脱毛の痛みを軽減する方法

自分でワックス脱毛を行う際にいちばん気になるのは痛みなのではないでしょうか?
痛みを軽減するいちばんの方法は、一切の躊躇なく思い切ってベリッ!!!とはがすことです。余計痛いんじゃ?と思われるかもしれませんが、本当にコレがいちばん痛くない方法です。

もちろん全く痛くないわけではないですよ。
だけど、全てのムダ毛を抜きさるつもり思い切ってはがすと、痛みは一瞬なんです。躊躇すればするほど、ムダ毛がワックスに引っ張られて痛い思いをすることになります。
1度泣くほど痛い思いをすると、その後のワックス脱毛がイヤになってしまいます。
ちょっとだけ頑張って、思い切りやりましょう!

人間の構造として、呼吸を深くすることでも痛みを感じにくくなると言われています。
ワックスを剥がすとき、ついつい力が入って息を止めてしまいがちになりますが、息はとめずに意識して深呼吸して、タイミングをみながら剥がしましょう。

初めてワックス脱毛をするときは利き手とは逆の手の指や腕など、自分が見えやすく脱毛しやすい部位で試してみてくださいね。

VIOもセルフワックス脱毛できる?

ブラジリアンワックスという脱毛方法があるくらいなので、当然VIOもワックス脱毛が可能です。

だけどデリケートで複雑な部位だけに、やり方にはコツがあり、他の部位以上に注意する必要があります。

Vライン(ビキニライン)ワックス脱毛のやり方とコツ

VIOをワックス脱毛する際は、最初にVラインを処理しましょう。アンダーゾーンの中では最も脱毛しやすい部位なので練習になるはずです。
Vラインはムダ毛の流れがアチコチ向いていて一定ではありません。
面倒でも一気にやろうとせず、少量ずつワックスを塗っては剥がす塗っては剥がすを繰り返しましょう。

Iライン脱毛のコツ

Vラインと同じように少量ずつワックスを塗って脱毛していきます。
塗るときには、脱毛部位を手でしっかり広げてワックスの塗り漏れがないようにしましょう。

Iラインは剥がすときに躊躇するととても痛みが強いので、深呼吸して一気にはがしましょう!

Oライン脱毛のコツ

Oライン脱毛の難点は自分では見えないということ。
カップアイス用の小さな木製スプーンなどを使って、鏡を見ながら少量ずつワックスを広げても良いのですが、もっと簡単な方法があります。
それはシートにワックス液を塗ること。

シート(ストリップ)を使ってワックス脱毛をする場合は、肌にワックスを広げるのではなく、シートの方に塗って脱毛部位に当てるようにしましょう。
シートは小さめにカットしておくと不要なところにワックスがついてベトベト・・・という失敗を防げます。

VIOラインのワックス脱毛は上級者さんにオススメ

ワックス剤は手に入りやすい価格で市販されていますが、かといって誰にでも簡単にできる脱毛というわけではありません。特にVIO脱毛は上級者さんにだけオススメします。

VIOラインは自分では見えにくい部位ですし、脱毛部位をしっかり伸ばしてワックスを塗布するのはちょっと難易度が高いことなんです。

塗って剥がすだけのワックス脱毛なので、VIO脱毛も簡単にできるイメージがありますよね。

しかしVIOはわりと脱毛後のトラブルが多い部位なのです。

VIO脱毛はブラジリアンワックスサロンなら10分~20分で完了するので、「これなら自分でもできるかも・・・」と思えるかもしれませんが、あれはプロの技術あってこそ。

自分でどうしてもVIOをワックス脱毛したいなら、ブラジリアンワックスサロンでコツを聞いて(けっこう気さくに教えてもらえます)、自己責任で行いましょうね。

ワックス脱毛後の万が一のトラブルの際には?

ワックス脱毛、セルフブラジリアンワックスでトラブルが起こった場合はどうすれば良いのでしょうか。

ワックス脱毛で起こりやすいトラブルはボツボツとした毛穴の赤み、皮膚の剥がれ、かみゆ・かぶれ、そしてヤケドです。
それぞれの原因と対処法を見ていきましょう。

毛穴の赤み

ボツボツとした毛穴の赤みはワックス脱毛を行う際に一般的にでる症状です。
1時間~2時間程度で引くのが当たり前ですが、数日間続くようなら皮膚科に行きましょう。
ワックス脱毛を行った後の毛穴は、ガッポリと開いた状態です。赤みが引いてもしばらくは強い刺激を与えないようにしましょうね。

皮膚の剥がれ

乾燥の季節にワックス脱毛を行う方はご注意を。肌が乾燥しているとこの症状が起こりやすくなります。

ワックス脱毛後にはしっかり保湿をしましょう。ワックス脱毛後の保湿は油分ではなく水分で行います。毛穴ひとつひとつをふっくらと蘇らせてなるべく早く肌をいつもの状態に戻しましょう。

かみゆ・かぶれ

かゆみの原因はワックス脱毛による刺激という単純な理由だったりするのですが、問題は掻きすぎるとばい菌が入ってしまうことです。

開いた毛穴にはわたしたちが思っているよりも簡単にばい菌が進入して、ニキビのような状態になってしまいます。

汗をかいて放っておくことでも痒みに繋がります。ワックス脱毛後数日はこまめに汗をぬぐって下さい。

かゆいと感じたらぬるま湯で洗い流したり、清潔な濡れタオルでぬぐうなどの処置をとってください。

かぶれの原因はアレルギーの可能性があります。
お薬を塗った方が早く治る場合があるので、明らかに肌が痒かったり、ワックスを塗ったところがくっきり腫れているような場合は、なるべく早く皮膚科に行ってください。

ワックス脱毛によるヤケド

ヤケドの原因は、明らかにワックスの温度が高すぎです。
塗布している最中に熱すぎると思ったらその場でワックスを洗い流しましょう。放っておくと低温火傷を起こしてしまいます。

ブラジリアンワックスサロンでも同じです。熱すぎたらハッキリと「熱いので中止して下さい」と言いましょう。

施術の最中にこういうお願いをするのは気が引けるかもしれませんが、痛い思いをするのは自分です。遠慮する必要はありませんよ。

ワックス脱毛注意のまとめ

ワックス脱毛は簡単にできるイメージがありますが、注意しないといけないことがいくつかあることがお分かりいただけましたか?

最初はワックスの量や広げ方が見当もつかないと思います。自分で見えやすく、できるだけ小さい部位で試してみてください。
腕・足でワックス脱毛に慣れたら、ワキなどちょっと難易度が高いところに挑戦してVIOに挑みましょう。

背中のセルフワックス脱毛はオススメしません。まばらに抜けてしまいますよ。
髪の毛にワックスがついてしまうと面倒ですし、残ったワックス剤を洗い流すのも大変です。

背中をどうしてもワックス脱毛したいなら、サロンで行うことをオススメします。
VIOワックス脱毛もできればサロンで、自分でやるならサロンでのワックス脱毛とセルフワックス脱毛を何度か経験してからにしましょう。

最初にもお伝えしたとおり、ワックス剤の種類によってはアレルギーを起こす可能性があります。

ワックス剤のアレルギーによって皮膚が腫れてしまうと本当に辛いですよ。
セルフワックス脱毛を行う場合は、主成分が砂糖である水性ワックスを使うことでアレルギー症状を防ぐことができます。

ワックス脱毛サロンで行うなら、アレルギーが心配であることを伝えましょう。
見えにくい部位でテストをしてもらうことをオススメします。

安全に留意すれば手軽にツルツルをキープできる

トラブルを未然に防ぐために、しつこいくらいに注意事項をご説明しましたが、注意点にさえ気をつければワックス脱毛は手軽に美しい肌をキープできる方法です。
実際、ハマる女性はとても多いです。

とくにブラジリアンワックスは、現在もとても人気があります。
ブラジリアンワックスサロンなら、自分が好きな形にアンダーヘアを脱毛することができるんです。

それも丸や三角ではなく、イナズマ型やハートなど!イニシャルを描く方もいるようですよ。

永久性のある脱毛ではこんなふうに遊ぶのはとても無理ですが、一時的な脱毛のブラジリアンワックスなら可能なんです。

現代のワックス脱毛、いかがでしたか?

ちょっとでも魅力的に思えたら、ぜひ試してみてくださいね。
あなたもハマるかもしれませんよ♪

スポンサードリンク

PAGETOP