青汁は二日酔いに効果がある?肝臓に良いって本当?

青汁は二日酔いに効果がある?肝臓に良いって本当?
青汁は二日酔いに効果がある?青汁は肝臓に良い?悪い場合もある?ここでは青汁と二日酔い、肝臓に関してのお話をします。

スポンサードリンク

 


もくじ

二日酔いの原因は?

お酒を飲みすぎて吐き気や下痢、頭痛、だるさなどを経験したことのある方も少なくないはずです。二日酔いにならないためには飲みすぎないことが一番いいとわかってはいるものの、ついつい雰囲気におされて飲みすぎた!ということもあるかもしれませんね。
二日酔いのつらい症状はなぜ起こるのでしょうか?

アルコールが分解されるまで

お酒を飲んでアルコールが体内に入ると、身体はどのような反応をするのでしょうか。
まず、体内に入ったアルコールは2割が胃で、残りの8割が腸で吸収されます。
吸収されたアルコールは血液中に溶けて、全身をめぐり、肝臓へと送られます。

肝臓に運ばれたアルコールは、アルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドに分解、さらにアセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素によって酢酸に分解されます。
酢酸まで分解されたら、アセチルCoA合成酵素などの働きによって水と二酸化炭素にまでさらに分解されます。

肝臓で分解された後は尿として排出されます。
ちなみに、アセトアルデヒドはアルコールよりも毒性が10倍ほど強いといわれており、二日酔いを引き起こすのもアセトアルデヒドが原因であることが多いのです。

お酒に強い人と弱い人との違いは、アセトアルデヒド脱水素酵素の働きが強いか弱いかによるようです。日本人では5パーセントほどの人がアセトアルデヒド脱水素酵素が存在しないか存在していても働かないためお酒が全く飲めない方もいます。

二日酔いの原因その1:酸素不足

二日酔いで頭痛が起きたりだるさを感じたりすることがあるかもしれません。その原因として酸素不足が考えられます。お酒を飲んで酸素不足というといまいちピンとこないかもしれませんが、血液中にアルコールが溶け込むことによって酸素が溶け込める量が減り、結果的に全身へ運搬できる酸素の量が減ってしまうのです。

また、肝臓でアルコールを分解する過程で多くの酸素が必要になります。血中に溶け込める酸素量が減っている中にもかかわらず肝臓でも酸素が大量に消費されているため酸素不足の状態になってしまうのです。登山用の酸素スプレーで酸素を吸入したり、酸素水を飲んだり、酸素カプセルに入ると酸素を補うことができます。

二日酔いの原因その2:糖分不足(低血糖)

肝臓はアルコールを分解する以外でも、糖分を蓄えて必要に応じて供給するという役割も担っています。ただし、アルコールを分解している間は肝臓の他の機能はストップしています。

肝臓が糖分を貯蔵できる時間は8時間程度で、肝臓がアルコールを分解している間に糖分が不足してしまい低血糖になる可能性があります。低血糖になると、頭痛、だるさ、筋肉痛といった二日酔いの症状が出ることもあります。スポーツドリンクなど身体にすぐに吸収される飲み物での糖分補給がおすすめです。

二日酔いの原因その3:脱水症状

お酒を飲むとトイレが近くなることはよくあると思います。これは、アルコール自体に利尿作用があるためです。飲んだお酒よりも失われる水分の方が多く、知らないうちに脱水症状になっていることがあります。

脱水症状がおこると、頭痛、吐き気、倦怠感などがでてしまい、これが二日酔いの気分の悪さというわけです。脱水症状を軽減するためには、身体が吸収しやすい水分やミネラルを含んだスポーツドリンクなどがおすすめです。お味噌汁もナトリウムが入っているため、二日酔いの日に飲むのは理にかなっています。

二日酔いの原因その4:胃酸

二日酔いで最も多いのが吐き気や嘔吐ではないでしょうか。同時に下痢になる方もいますね。まるで船酔いのようにつらい吐き気やひどい下痢はなぜ起こるのでしょうか。それは、アルコールが胃酸の分泌を促進することにあると考えられます。

アルコールを摂取すると、胃が刺激されて胃酸が分泌されます。胃酸が多すぎると胸焼けや吐き気、嘔吐、下痢の原因になるのです。胃がダメージを受けている状態なので胃を刺激しないようにして休ませてあげることが大切です。お酒を飲む時にタンパク質豊富なチーズや魚や肉などを食べると、空腹の状態でお酒を飲むよりも胃にやさしいですよ。

青汁で二日酔いは治せない?!青汁が二日酔いによい理由

二日酔いの原因を知ると、薄々気づくかもしれませんが、青汁には二日酔いを治す効果はありません。二日酔いから脱出するためにはひたすらアルコールが分解されて排出されるのを待つしかないのです。青汁以外でも、残念ながら二日酔いを治す特効薬はありません。

ただし、二日酔いのつらい症状を少しでも軽減したりアルコールの分解を助けてスムーズに行えるようにしたりするために必要な栄養を摂ることは決して無駄なことではないはずです。また、青汁を飲むことで失われた水分を補給できるというメリットもあります。

青汁には二日酔いのつらい症状を少しでも軽減するために役立つ成分や、アルコールの分解に必要な栄養素が含まれていることをご存知でしたか?その成分をご紹介します。

ミネラル

青汁の原料には二日酔いで失われがちなナトリウムやカリウムが含まれています。水だけを飲むよりも、青汁を溶かして飲むことでミネラルを補給することができます。

二日酔いの時に甘ったるいスポーツドリンクはどうしても受け付けない…という方は青汁でミネラルを補給するのもよいかもしれませんね。カリウム、ナトリウムともに明日葉に多く含まれています。

ビタミン

青汁にはビタミンが豊富に含まれていることをご存じの方は多いと思います。アルコールを分解するときには、ビタミンB1やナイアシンといったビタミンB群、ビタミンCが必要です。

青汁は、ビタミンB群もビタミンCも両方含んでいますので、アルコールを効率よく分解させるためにもおすすめの飲み物です。ビタミンB1、ナイアシンは明日葉に比較的多く含まれていますが、ビタミンCはケールのほうが多く含まれています。

ビタミンU(キャベジン)

実際にはビタミンではなくビタミン様物質として扱われているビタミンU。S-メチルメチオニンという化学名や、キャベジンとも呼ばれています。キャベツの絞り汁から発見され、青汁の原料では、キャベツと同じアブラナ科のケールやブロッコリーなどに含まれています。ビタミンUは胃酸の量を調節する働きがあることから、胃酸による吐き気などのつらい二日酔いの症状を軽減するのに役立ちます。

クロロフィル

クロロフィルはフィトケミカルの一種です。
フィトケミカルとは、植物が作り出す化学物質で、近年では第7の栄養素といわれて注目を集めています。フィトケミカルを私たちの健康維持に役立てる研究が様々な方面で進められています。

クロロフィルは胃粘膜を修復する作用があるといわれています。市販の胃薬にもクロロフィルを安定化した「銅クロロフィリンナトリウム」という物質が配合されていることがあります。

クロロフィルは植物が光合成を行うのに欠かせない物質で、緑の濃い野菜に多く含まれています。青汁の原料で言えば、ケールや明日葉、クマザサに含まれています。二日酔いの胸焼けや吐き気などつらい胃腸症状を和らげるのに役立ちそうです。

スルフォラファン

スルフォラファンもフィトケミカルの一種です。スルフォラファンには、悪い酔いを軽減する可能性があると考えられます。その根拠としては、マウスを使った動物実験が挙げられます。

マウスのエサにスルフォラファンを混ぜ、あらかじめ7日間摂取させておきます。
そのマウスにアルコールを飲ませると、血液中のアルコール濃度においてはスルフォラファンを混ぜていないエサを食べたマウスと差がありませんでしたが、アルコールを代謝したときに作られるアルコールよりも毒性が強いといわれているアセトアルデヒドの血中濃度がスルフォラファン入りのエサを食べたマウスの方が低く、消えるスピードも速いという結果が出ています。

参考:http://alcalc.oxfordjournals.org/content/48/5/526

動物実験でこのような結果が出たからといって、必ずしもヒトで同じ結果が得られるとは限りませんが、スルフォラファンがアセトアルデヒドの分解を促進するということが示唆されていることがわかりますね。青汁の原料としては少し珍しいですが、ブロッコリーに含まれています。

カルコン

フィトケミカルの中のポリフェノールに分類されるカルコンは、明日葉に含まれています。
カルコンには、胃酸を分泌する最終段階の部分であるプロトンポンプを阻害することにより胃酸の分泌を抑える効果があります。ビタミンUと同様に二日酔いによる吐き気など胃の不調を和らげるのに役立ちそうですね。

ムチン

ムチンはカルコンと同様、フィトケミカルの中のポリフェノールに分類される成分です。ムチンというと聞き慣れないかもしれませんが、オクラなどのネバネバ成分がムチンです。

ムチンは、胃の粘膜を保護してくれる働きがあるため、胃酸が多く出てしまっている二日酔いの胃をやさしく守ってくれます。青汁の原料としては少し珍しいですが、モロヘイヤ入りの青汁であればモロヘイヤのネバネバもといムチンを摂ることができますよ。

青汁で二日酔いを予防できるの?

原著には当たれませんでしたが、ひとつ興味深い記事がありましたのでご紹介します。
孫引きのかたちになりますが、記事を引用します。

2003年10月8日の健康産業新聞に掲載された記事によると、桑葉にはアルコールの吸収を抑える働きがある事が確認されました。(中略)実験では、健常者8人を対象に桑葉を摂取した場合と しなかった場合を比較した実験が行われました。 空腹時に採血後、負荷食であるうどんとウイスキーを摂取し、30分おきに採血して、血糖値と血中アルコール濃度を測定しました。次に空腹時に採血後、桑葉を摂取してから負荷食を摂取、採血しました。 その結果、桑葉を摂取した場合は摂取しなかった場合と比べて、血糖値とともに血中アルコール濃度も抑制効果が認められたそうです。

引用元: http://www.xn--u9jt69n0sr.net/category1/hurukayoi.html

桑の葉の青汁を先に飲んでおくことでアルコールの血中濃度が低くなっているということは、桑の葉の青汁を、お酒を飲む前に飲んでおくことで二日酔いの予防ができるかもしれません。とはいえ、桑の葉の青汁を飲んだからといって調子に乗って飲みすぎないように気をつけなければならないのは言うまでもありません。
 

スポンサードリンク

 

青汁が逆効果!?このお酒の二日酔いに青汁はNG

ワイン、ウィスキー、テキーラ、ブランデーにはビールなどのお酒と比べると多くの「メタノール」が含まれています。メタノールは、ほとんどどのお酒にも含まれるものなのですが、アルコール度数の高いお酒のほうがアルコール度数の低いお酒に比べて多く含まれます。

メタノールを多く含む果物が原料のお酒ではさらにお酒に含まれるメタノールが多くなります。このようにメタノールを多く含むお酒による二日酔いの場合、青汁を飲むことが逆効果になることもあります。

その理由をメタノールによる二日酔いの仕組みとともにご説明します。メタノールは通常のアルコールであるエタノールとともに肝臓で分解されますが、分解されるのにかかる時間がメタノールのほうが多くかかるのです。エタノールの分解を行っているときにはメタノールは分解されません。

つまり、エタノールよりもメタノールのほうが後に残ってしまいます。肝臓で分解されたメタノールはホルムアルデヒド、ギ酸、二酸化炭素になりますが、これらが頭痛など二日酔いの症状を引き起こします。

果物と同様に野菜にもメタノールが含まれているため、メタノールによって二日酔いになっているところへ野菜が原料の青汁を飲むことはさらにメタノールを追加していることになる可能性があります。

メタノールが追加されれば当然二日酔いも長引きますし、肝臓も疲弊させてしまいます。ワイン、ウィスキー、テキーラ、ブランデーといったメタノールの多いお酒を飲んで二日酔いになってしまった時は、果物や野菜に関連した飲み物を飲むことは避けたほうがよさそうです。

「青汁は肝臓に良い」のウソと本当

青汁は二日酔いによい、青汁は肝臓によい、とネットで目にすることもあるかもしれません。確かに、ご紹介したとおり二日酔いのときに青汁を飲むことで得られるメリットもあります。では、青汁が肝臓に良いというのは本当でしょうか?また、青汁が肝臓に良くない場合についてもご説明します。

肝臓が悪くなる原因は?

肝臓は沈黙の臓器といわれており、ダメージを受けていてもなかなか自覚症状は現れません。肝臓はアルコールの分解を担っているだけでなく、身体にとってのよくないものを解毒したり、栄養分を分解して蓄えて必要な時に身体に送り出したり、胆汁を生成したりと様々な働きをしています。そのため負担もかかりやすいのですが、生活習慣によっては肝機能が低下しやすくなる場合もあります。

たとえば、飲酒はアルコールという身体にとっての毒を肝臓に分解させるので負担がかかります。また、食生活も肝臓に大きく影響します。早食いでたくさん食べれば肝臓は大急ぎでそれらの栄養を処理しなくてはなりませんので負担がかかります。

反対に、食べないと肝臓に蓄えられた栄養がエネルギーとして使用されてしまうためこれも肝臓にとって負担になります。また、ダイエットのために肉などを避けた偏った食事をしているとタンパク質が不足して肝臓に脂肪がつきやすくなり肝脂肪になってしまうこともあります。

他にも、便秘では体内にとって不要なものつまり毒を溜め込むことになるので腸から再吸収されて血液に乗って肝臓まで老廃物が運ばれてくると分解しないといけなくなるので肝臓の負担になってしまいます。

このようなことを考えると知らず知らずのうちに肝臓へ大きな負担をかけていることがわかります。こんな生活が続いていると肝臓の機能が落ちてしまってもおかしくはありませんね。

栄養バランスのサポートに

肝臓への負担を減らすためには、バランスの取れた食事が欠かせません。わかっていても野菜不足になりがちな現代の食生活に青汁をプラスすることでビタミンやミネラルを補うことができます。

青汁は糖分や脂質がほとんど含まれていないので、肝臓への負担も本来であれば少ない飲み物です。タンパク質が不足しているかも…と思う時は豆乳で割って飲むとタンパク質がヘルシーに補えます。

便秘の解消に

意外かもしれませんが、便秘も肝臓への負担になってしまうのです。青汁には食物繊維が豊富に含まれており、便秘の改善に役立ちます。老廃物をすっきりと排出して肝臓の負担を減らしましよう。

スルフォラファンが肝機能を改善する

東海大学医学部付属東京病院副院長・教授の西崎泰弘氏を中心とする研究グループとカゴメ株式会社がスルフォラファンの継続摂取で肝機能が改善されることを発見しました。
概要を引用します。

γ-GTPなどの肝機能マーカーの値が正常範囲より高い人がスルフォラファンを含むサプリメントを継続的に摂取(SGSとして30mgを2ヶ月間摂取)することで、肝機能マーカーの値が改善するという結果が得られました。

引用元: http://www.kagome.co.jp/company/news/2014/11/002101.html

フィトケミカルの一種であるスルフォラファンには悪酔いを抑える可能性が指摘されているだけでなく、肝機能の改善が既にヒトにおいてわかっているのですね。スルフォラファンはお酒好きな人にとってありがたい成分といえそうです。

青汁が肝臓によくない場合

青汁は過剰摂取しなければ健康な人にとっては身体にやさしい飲み物ですが、既に肝臓に疾患がある方など肝臓が弱りきっている方にとっては青汁も負担になってしまう可能性があります。

それは、青汁に含まれるミネラル類が肝臓の負担になってしまうことがあるからです。肝臓の悪い方のなかには鉄分の制限が必要な方もおられます。青汁は鉄分も含んでいるため、一日の摂取量を計算する際にも考慮に入れなくてはなりません。

すでに肝臓に疾患のある方は青汁を飲んでもよいか主治医の判断を仰ぐようにしましょう。

<青汁の口コミ・レビュー評価>


めっちゃたっぷりフルーツ青汁って本当にダイエット効果があるの?

エバーライフ バランス30選 飲みごたえ野菜青汁の効果は口コミどおり?

やわたのおいしい青汁の効果は?口コミとレビューした私の評価

ファンケル本搾り青汁ベーシックの味・効果をレビュー

マイケア ふるさと青汁【口コミ】効果・味は?ダイエット・便秘解消できる?

神仙桑抹茶ゴールドの効果を試してみた私の評価

やずや養生青汁の効果と味は?麦特有の独特の香りが強い

青汁三昧【口コミ】味や効果は?飲んだ感想
スポンサードリンク

PAGETOP