シワ対策化粧品/ドリンク/美顔器をシワの種類で使い分け

シワって、1本あるかないかで、印象がガラリと変わる、魔法のような線ですよね。
できれば見たくないものですが、鏡を見てシワを発見して慌ててしまったことありませんか?

シワは大きく分けて2種類あって、ケアで回復しやすいシワと、回復しにくいシワがあるのです。

シワは加齢が原因になるだけでなく、紫外線のダメージや乾燥、表情のクセなどでもシワができることもあり、年齢と関係なく20代でもシワができることだってあるのですよ。

できれば、「あなたってシワもなくてキレイな肌ね、うらやましい!」って言われたいですよね。

そんな肌を手に入れるためには、美容液を塗っているだけでは手に入りませんよ!
シワに対する正しい知識やお手入れの方法、化粧品以外にも取り入れたいシワ対策について勉強しましょう!

シワ対策におすすめの化粧品や美顔器、サプリメントや美容ドリンクもご案内しますね。


もくじ

スポンサードリンク

見逃さないで!シワのサイン


「目尻のファンデーションが崩れやすくなった」
「肌が薄くなって、痩せてきた感じがする」
「肌のキメが荒くなり、毛穴も目立つ」
「肌が乾燥して、くすみがちである」
「保湿クリームが物足りなくなってきた」

これらは、すべてシワの前兆なのです。
詳しく説明してみますと、

目尻のファンデーションが崩れやすくなった

これは、目尻が乾燥している証拠です。
乾燥は小じわの原因となります。
乾燥による小じわができると、ファンデーションが撚れやすくなり、表情の動きでメークが崩れやすくなるのです。

「肌が薄くなって、痩せてきた感じがする」
これは、肌の真皮の弾力組織が衰えて、深くシワが刻み込まれる可能性がある状態です。
かなりダメージを受けやすい状態ですね。

肌のキメが荒くなり、毛穴も目立つ

これも肌が乾燥してキメが流れて、毛穴周りの弾力も衰えている状態です。
乾燥と弾力の衰えはシワ発生の条件が整っているといえます。正しいしわ対策をしましょう。

肌が乾燥して、くすみがちである

くすみも小じわのサイン。しわ対策が必要です。
うるおいが不足すると肌の角質が厚くなりくすみを生じます。
角質が厚くなると美容成分が届かず、ターンオーバーも遅くなって、栄養不足になり、シワの原因となります。

保湿クリームが物足りなくなってきた

油分が不足することもシワの原因になります。対策が必要です。
年齢とともに皮脂の分泌が低下してくると、バリア機能である皮脂膜が作られにくくなり、乾燥しやすくなります。
しっかりシワ予防したいところです。

このように、シワは水分・油分不足などによる乾燥から小じわが生まれるものと、年齢や紫外線のダメージにより弾力繊維が衰えて凹むことで大ジワになるものと大きく2分されます。

正しいしわ対策をするためにもシワのメカニズムを正しく知ることからはじめましょう!

⇒簡単に作れるくすみ改善レシピ6選

シワはどれも同じ?シワの種類って?

顔にできるシワはどれも同じ原因ではありませんよ!
シワはできる原因で大きく分類して、
・小ジワ
・大ジワ
・表情シワ

の3種類にわけられます。

このうち、「小ジワ&大ジワ」はいわゆる乾燥や、コラーゲンなど肌の弾力組織の老化が原因で起こるシワ。毎日のスキンケアで予防や発生を遅らせることが可能なシワといえます。

しかし「表情シワ」とは、肌のトラブルに関係なく、赤ちゃんから大人まで顔の表情や顔のパーツを動かす際にできるシワです。

知らないうちに、できている眉間の深いシワ、おでこの横ジワに、心当たりありませんか?

若くても実は悩んでいる人が多いこの「表情シワ」にも注意しましょう。

小ジワは乾燥が原因!

小ジワはチリメンジワとも呼ばれ、皮膚の表面に細かい線が多数刻まれて、キメが乱れている状態です。

小じわは肌の表皮層で起こっています。

「乾燥してシワっぽい」
「肌がごわついている」

冬の乾燥シーズンや、暖房の入ったオフィスなどにいると、このように感じますよね。
小ジワの原因は乾燥。乾燥対策は重要です。

ドライフルーツのように、肌の水分が奪われて、シワシワになっている状態と同じなのです。

けれど、ドライフルーツも水分を取り戻すと、少しはふっくらしてきますよね。
これと同じように、乾燥による小ジワは、きちんと保湿をしてあげると回復するのです。
小ジワは瞬間的に肌の水分が奪われている状態なので、早めに対策することでリカバーできる状態です。小ジワの時点で気づいてケアしましょう。

しかし、小ジワのお手入れは保湿だけでは回復しない場合も。

冷えで栄養や代謝が滞っている場合や、角質が肥厚している場合は保湿をしても根本のしわの解決にはならないことがあります。

マッサージなどで肌の代謝や巡りを良くしたり、古い角質を取ってあげるお手入れをプラスすると、しっかり角質層に保湿成分を浸透させることができます。

また、油分の高いクリームやオイルをプラスするなど、与えたうるおいをきちんとキープすることも大切なポイント。

小じわを見つけたら、まず保湿でしわ対策!
そして、マッサージや角質ケアなど保湿力を高めるケアをプラスしましょう。

大ジワは真皮のダメージに原因が!

大ジワは小ジワと異なって、表皮層だけでなく、肌の内部の真皮層までダメージが進行して起こるもの。

弾力繊維であるコラーゲンやエラスチンなどの老化・劣化やヒアルロン酸の保水力の低下などが原因です。

真皮層は、コラーゲンとエラスチンがベッドのスプリングとスプリングを止めるネジのような役割をして、肌の弾力を保つ働きをしています。

そのすき間に、1gで6リットルもの水分を蓄える力をもつヒアルロン酸がゼリー状になってたっぷりの水分を蓄えることで、ぷるんぷるんの肌を作っています。

産まれたての赤ちゃんの肌があんなにプルプルしているのは、ヒアルロン酸量が生涯で一番多いからなのだそうです。

大ジワというのは、このベッドのスプリングやプルプル感を支えているコラーゲンやエラスチンが減少したり、固く変性することや、ヒアルロン酸自体が少なくなるために、表皮を支えきれなくなり、皮膚が深く凹んでしまっている状態なのです。

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少したり、変性する原因は大きく2つあります。

その原因の一つが加齢です。

年齢とともに、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などは肌の中で作られにくくなってしまうのです。

その背景にはホルモン分泌や代謝が影響しています。

コラーゲンやエラスチンは古くなると、代謝といって分解されて排出されるのですが、この排出も滞りがちになり、古く固くなったコラーゲンがそのまま肌に残ってしまうと、新しいコラーゲンも作られなくなるのです。

また、もう一つの原因は紫外線のダメージ。

紫外線はA波とB波の2種類あるうち、B波は肌表面の表皮層までしか届かないのですが、A波は肌の真皮層まで入り込み、コラーゲンやエラスチンの弾力を劣化させて固くしたり、コラーゲンそのものを破壊したり、DNAにダメージを与えることで、異常なコラーゲン細胞を産み増やすことがわかっています。

屋外で働く人にシワが多く、深く刻まれがちなのは、この紫外線A波が原因です。

大ジワを予防するためには、紫外線を防止するようにUVクリームを欠かさないことと同時に、加齢に伴って生成されにくくなる弾力組織のコラーゲンやヒアルロン酸を食事やサプリメントで補うことが大切です。

表情シワは毎日のクセが原因です

難しい事を考えたときにできる眉間のシワ、笑った時にできる目じりのシワ、困った時にできるおでこのシワなどがありますよね。
これらは顔の筋肉である表情筋の動きに合わせてできるシワです。

若いうちは、表情のシワもすぐに戻るのですが、年齢や紫外線ダメージが重なるとそのシワがクセとしてついて戻りにくくなってしまいます。
例えば、使い込んだバッグや靴など皮製品のシワと同じです。

また、頬づえをつくクセやかみ合わせや、一方の奥歯で噛む傾向がある人など、その人のクセ特有のシワ が現れることもあります。

表情のシワはその人の個性とも言えるシワですよね。
悪いものではありませんが、表情シワで気になる部分があれば、紫外線ケアを念入りにすることや、保湿ケアを意識して行うようにしましょう。

シワのできやすい場所?自分のシワをチェック!

シワのできやすい場所がわかると、もっとお手入れを工夫し対策することができます。
シワのできやすい場所は大きく分けて3つに分類されています。
あなたはどこにシワがありますか?

表情筋によるシワができやすい場所

・おでこの横シワ
・眉間の縦ジワ
・目尻のシワ

これらのシワは年齢を重ねた人だけでなく、20代からでもできることがあります。

若いうちは表情に気をつけたり、フェイスマッサージを行うことでシワを回復させることが十分可能なのですが、歳を重ねたうえに、紫外線ダメージを受けたり、乾燥させてしまうとその表情シワが大ジワへと発展してしまいます。

ずっとデスクワークでパソコン画面を見ている人や視力の悪い人はおでこや眉間にシワがよりやすい傾向があったり、良く笑う人が目尻にシワができやすいなどの特徴があります。

また、女性で前髪のない人はおでこが紫外線に当たることが多くなるので、おでこのシワに注意が必要です。
しっかり紫外線対策しましょう。

乾燥によってシワができやすい場所

・目元・目尻のシワ
・口元のシワ

目元の皮膚の厚さは、頬の皮膚の厚さに比べて3分の1の薄さです。
そのため、目元の皮膚は保水能力が低いため乾燥しやすく、小ジワができやすい部分です。
また、毎日のまばたきで目元の皮膚は動きが活発なので実はこまかなシワがよりやすい部分なので、目元専用の保湿美容液などで保湿することが大切です。

目元の皮膚は薄いので、お手入れする際はチカラをかけずに優しく塗布しましょう。
一番チカラの入らないとされる薬指を使って、すべらすようになじませましょう。

チカラをいれたり、トントンと叩き込むと皮膚の弾力繊維がダメージをうけて、目元のたるみの原因につながりますので気を付けましょう。

また、口元も皮膚が薄く、動きが多いため乾燥しやすい部分。
小じわが現れたら、目元と同じ美容液で良いのでケアしましょう。

たるみによってシワができやすい場所

・ゴルゴライン (目頭の下に鼻に沿って伸びるシワ)
・法令線
・マリオネットライン(口角から下に伸びるシワ)
・首の横シワ

これらは、シワなのですが、皮膚のたるみがもたらすことで出来るシワです。
・ゴルゴラインは目元のたるみ
法令線は頬のたるみ
・マリオネットラインは頬の下部分と口角のたるみ
・首のシワはあごから首のたるみ

によって生まれます。

若いうちはコラーゲンなどの弾力繊維がしっかりしているので、ピンと張っているのですが、年齢とともに真皮のコラーゲンやエラスチンが劣化したり弱くなって表皮を支えきれず、それと同時に真皮の下にある皮下組織という皮下脂肪の重みも加わってたるみやすくなります。

たるむと必然的にシワができてしまいます。

たるみ防止のためには、コラーゲンやエラスチンなどの弾力繊維にダメージを与えないように、しっかりと紫外線ケアやスキンケアをするとともに、表情筋を使って筋力アップすることや脂肪をつけないように注意することが重要です。

シワ対策におすすめの化粧品

シワの原因は以下の3点にポイントがあります。
・肌の乾燥=保湿物質の減少
・バリア機能の低下=油分の減少
・コラーゲンやエラスチンなど弾力組織の劣化・減少

これらを美容成分で積極的に補ってしわ対策しましょう。

年齢化粧品とされているものは、これらの保湿物質や油分、コラーゲンやヒアルロン酸が配合されたものが多くありますが、最近では、これらを美容成分で補うだけでなく、肌の保湿成分自体の産生能力を高める成分や、コラーゲン代謝を高める作用など間接的に働きかける美容成分や、より肌の奥まで届くよう浸透力を高めた美容成分などが開発されています。

また、肌細胞の酸化を防止して老化をストップする抗酸化作用のある成分も着目度が高くなっています。

乾燥による小じわ対策におすすめ化粧品

アスタリフト エッセンス デスティニー

フジフィルムから発売されているスタリフトシリーズは全製品にアスタキサンチンという抗酸化物質が配合されているアンチエイジングスキンケアとして有名ですが、その中でも美容液のアスタリフト エッセンス デスティニーは乾燥による小じわに効果的なことでとても人気がある商品。

そもそもアスタキサンチンは抗酸化力の高いアンチエイジング成分でありながら、スキンケアとしては保湿力が高く、肌のうるおいアップに貢献してくれる頼もしい成分。
このアスタキサンチンの効果をさらに高めてくれる成分として配合されているのがリコピンです。

アスタリフト エッセンス デスティニーはアスタキサンチンとリコピンの相乗効果で、さらにうるおいとハリのある肌がよみがえるのが実感できる美容液です。

ハリに効果的な成分として高浸透型レスベラトロールと3種類のコラーゲンが配合されていて、即効性が高く、つけた翌朝からうるおいあふれる弾むようなハリのある肌の変化を実感することができます。

詳しくはアスタリフト(フジフィルム)の公式サイトをご覧ください。トライアルセットの案内もあります。
http://fujifilm.jp/

 

ビーグレン QuSomeモイスチャーリッチクリーム

ビーグレンは毛穴の悩みやシミの悩みのある人に人気のあるスキンケアですが、シワやエイジングのお悩みにも効果的なアイテムが!
それが、QuSomeモイスチャーリッチクリームというアンチエイジングの高保湿クリーム
保湿力が高く、小じわレベルなら翌朝にはふっくらと回復してるのが実感できます。
ビーグレン独自の複合成分「QuSomeRエイジリカバーコンプレックス」という成分は、アンチエイジングに効果的な複数の成分が肌内部に高浸透するように工夫されており、長時間効果を発揮するもの。

実は、エイジングした肌は角質層が厚くなっており、肌の水分量が低いので、美容液を塗布しても浸透しにくいことが一番の問題なのです。

ビーグレンは、浸透力を高めるテクノロジーがあり、美容成分を確実に肌内部に浸透させることができるので、美容成分の効果を肌実感しやすいのです。
化粧液や乳液などもシリーズで使うとなお一層浸透力がアップして、うるおいのあるハリ肌を実感できますよ。

当サイトでは、実際にビーグレン QuSomeモイスチャーリッチクリームを購入して試してみました。以下にその時のレビューを公開していますので宜しければご覧ください。

詳しくはビーグレンの公式サイトをご覧ください。トライアルセットの案内もあります。
http://www.bglen.net/

コーセー モイスチュアスキンリペア

コーセーモイスチュアスキンリペアは「皮膚の水分保持能力を改善する」という効能が認められた医薬部外品の美容成分「ライスパワーRNo.11」を配合した美容液です。

乾燥による小じわの改善にとても効果があります。
乾燥はそもそもシワの前兆。

乾燥ケアなくしてシワのケアはありえないのです。
目尻や口元が乾燥してシワっぽく感じる時に使うと、みるみるうちに瑞々しいなめらかでふっくらした肌がよみがえります。

これらはすべてライスパワーRNo.11の効果です。

ライスパワーは肌の水分を保持するセラミドを作り出す働きがあるので、一時的な保水力の向上ではなく、潤いのある肌そのものを作り出す働きがあるのです。
乾燥レベルの小じわでストップさせたい人におすすめです。

本格的な大ジワ対策におすすめの化粧品

クリニーク リペアウェア レーザーフォーカス

クリニークのリペアウェアレーザーフォーカスは、皮膚科医発祥のブランドであるクリニークが「まるでレーザー治療をしたようなハリ効果が出せる美容液を作りたい」というコンセプトで開発した美容液。

レーザー治療をした際におこる皮膚再生理論をもとに開発しています。
肌年齢を加速させてしまう外的ストレス(紫外線・大気汚染など)で起こる乾燥から肌を守り、潤いを与え、若々しい、ハリのある健康的な肌へ導いてくれます。

効果の持続性が高く使い続けると肌がみずみずしくハリ感がアップし、キメも整ってツルンとした肌に変化するのが実感できますので、是非これでしわ対策でしてみてください。

ロレアルパリ リバイタリフト レーザー エッセンス

このロレアルパリのリバイタリフトレーザーエッセンスは、同じシリーズのクリームと併用することで、フォトフェイシャルというシワ美容医療を施術したのと同じ効果が得られるという効果をもたらすと人気の美容液。

美容成分の開発には定評のあるロレアルの最新の有効成分プロキシレンが配合されています。

プロキシレンは、次世代アンチエイジング分子で、皮膚の表皮だけでなく真皮にまで働きかけて、肌の弾力をアップしてくれる期待の成分。

合わせて高濃度ヒアルロン酸配合で、乾燥による小じわを目立たなくし、LHA(リポハイドロキシー酸)が毛穴レスのツルンとした肌に導きながら、美容成分の浸透をサポートしてくれます。

実際に、小じわの変化や、ハリのアップなど肌効果を実感している女性が多く、これだけの効果がありながら、5,500円(税抜)という手頃な価格のため爆発的なヒットとなっている商品です。

ドクターシーラボ 3Dディープボトリウム エンリッチリフト

ドクターシーラボの目元・口元のシワ専用美容液です。
シワに働きかけてふっくらピンとしたハリを取り戻してくれるエイジングケア成分のボトリウム成分を6種類も配合し、その量は美容液全体の50%にもなるほど高濃度配合しています。

また3種類のレチノール成分で弾力をアップし、11種類の濃厚な保湿成分が乾燥による小じわを徹底的にケアしてくれる、さすが皮膚の専門ブランドドクターシーラボの技術を詰め込んだアイテムです。

実際に目元にある乾燥による小じわは1本使い切らないうちに、まったく目立たなくなり、ピンとしたハリも見事によみがえります。
法令線にも使い続けると、凹んだシワもあともう少し・・というところまでふっくら回復してきますよ。

シワ効能評価済化粧品って?

シワ効能評価済化粧品とは、その成分の配合された化粧品を使用して、シワが明らかに改善され、改善された根拠データが存在するというしわ対策化粧品のことです。

2011年7月、はじめてシワに対する効能効果の表記が認められるようになりました。
日本香粧品学会のガイドラインに沿った臨床試験で効能を評価して、試験をクリアした製品がパッケージに<効能試験評価済み>と表記されています。

「このシワ効能評価済化粧品をつかえば、シワがなくなるの?」

と期待してしまう人も多いと思いますが、「美白」の医薬部外品指定成分を使ってもシミが簡単には消えないのと同じように、そう簡単にはシワを消してくれるわけではないのです。
シワは紫外線や加齢による真皮のダメージを原因とするものと、乾燥など表皮のダメージを原因とするシワがあるのですが、現在認められているのは「乾燥を原因とするシワ」に対してのみです。

つまり、加齢による真皮のコラーゲンやエラスチンのダメージによるシワには効果があるものではありません。

肌内部の保湿力に働きかけることにより肌のうるおいをアップし、ふっくらとさせ小ジワを改善するという作用です。

しかしながら、きちんとシワ改善効果が期待できる商品ではあるので、冬場などの乾燥による小じわを改善したい時には商品選びの目安になりますので、どんな商品に記載されているか知っておくと良いですね。

シワ対策は体の中からも!おすすめサプリメント・美容ドリンク

美容液だけでは、物足りない!もっと効果を上げたい!という人には、体の中から美容成分を取り入れるのがおすすめです。

アンチエイジングしたいのは、顔だけではないはず。
顔のシワが気になっている人は、髪のツヤがなくなっていたり、手や指のシワも気になっていませんか?

体の中から美容成分を取り入れると、肌だけでなく体全体にみずみずしさがよみがえり、髪の毛や爪にまでツヤ感がよみがえってくることが実感できるますよ!

当サイト「女子リキ」で実際に購入して試したコラーゲンドリンクのレビューは以下からご覧になれます。コラーゲンドリンクで身体の内側からシワ予防、しわ対策したいとお考えの方は是非、ご覧になられてください。

アスタリフト ドリンク ピュアコラーゲン10000

アスタリフト ドリンク ピュアコラーゲン10000

アスタリフト ドリンク ピュアコラーゲン10000は富士フイルムのコラーゲンドリンクですが、質の高さは、食品会社や製薬会社、化粧品メーカーが中心のコラーゲンドリンク業界でも随一。

1本30mlという少量に10000mgのコラーゲンが凝縮配合されているのは他のコラーゲンドリンクには無い特徴です。吸収力も申し分ありませんので、シワでお悩みの方で本当に効果のあるコラーゲンドリンクをお探しの方は初回は半額で買えるので是非試してみてくださいね。

天使のララ

天使のララ

天使のララは無添加のフィッシュコラーゲンです。
低カロリーなのでダイエット中の方にもおすすめのコラーゲン。

味のついていないコラーゲンなので、いつも飲んでいるドリンクや、食べ物に混ぜて飲んでも味を損なうことがありませんので続けやすいと思います。

お試しセットはかなり安く買うことができるので、コラーゲンで内側からしわ対策を考えている方は一度、試してみてください。

FANCL ビューティフルクィーン

コラーゲンドリンクはパウダーやゼリータイプなど様々ありますが、コラーゲンの量が多いものが効果的だと思っていませんか?

実はコラーゲンに重要なのは「吸収力」。
体の中で早く分解されて吸収されることが大切なのです。

そのなかで、おすすめの美容ドリンクがファンケルのビューティフルクイーンです。
肌のハリをつかさどるコラーゲンの吸収を高めるために、通常はアミノ酸が1,000個以上つながっているコラーゲン分子を、アミノ酸3個の「トリペプチド」(コラーゲンの最小単位)に細かくカットしているから、ハリ実感の即効性が高いのです。

飲んだ翌朝から、肌がパーンとハリ感アップしていることが実感できますよ。

ビューティフルクイーンにはその他に、紫外線ダメージをケアするリンゴポリフェノールや、真皮のハリを取り戻すためのエラスチン、ヒアルロン酸、セラミド、コエンザイムQ10など10種類もの総合的に美容成分を配合しています。

美容ドリンクも毎日コツコツと続けることが大切。
1週間後には肌がふっくらと、ツヤ感がアップすることが期待できますよ。

R&Y プラセンタ100

プラセンタもアンチエイジングには効果の高い成分の一つで様々な美容サプリメントに配合されて人気です。そのなかでも、もっともプラセンタの配合濃度が高くて、製品的な信頼が高いのが、R&Y社のプラセンタ100です。

プラセンタとは、哺乳動物が赤ちゃんを育てるときに必要な栄養の源、胎盤のことですが、このプラセンタの中には、アミノ酸やビタミン類、酵素、ミネラル、核酸、コラーゲンやヒアルロン酸など美容に欠かせない成分が豊富に、バランス良く含まれているのです。
実はプラセンタは原料の匂いが強いため、ドリンクやゼリーは飲みにくい成分。
けれど、プラセンタ100はカプセルタイプで匂いも気にならず、一日4粒飲むだけでとっても手軽で、しかもその効果はとても即効性抜群。

私は実際に3日目で、肌のハリが確実にアップしてプルプル滑らかに変化するのを実感しました。

それからは手放せないサプリメントです。

R&Y社のプラセンタ100はデンマーク産の豚由来のプラセンタを使用しており、製品のトレーサビリティにも徹底して管理されているので、安心です。

えがおのアスタキサンチン

今アンチエイジングに欠かせないのが抗酸化成分です。
私たちの体は細胞の酸化により錆びついて、肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンなども固く変性していきます。

その錆びつきをを防ぎ、美容や健康の大敵から体を守ってくれるの抗酸化力が高くおすすめなのがアスタキサンチンです。

アスタキサンチンは鮭やイクラ、カニから抽出される赤い成分ですが、最近はヘマトコッカス藻という藻類からアスタキサンチンを抽出することが可能になったので、化粧品にも配合されやすくなって人気ですよね。

このアスタキサンチンのサビつきを防ぐ抗酸化パワーは、β-カロテンの約40倍にもおよび、とても注目の成分なのです。

えがおのアスタキサンチンは一日たった1粒で6mgものアスタキンサンチンを摂ることができ、そのほかに、肌のアンチエイジングに大切な美容成分であるコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、セラミド、ビタミン類が配合された理想のアンチエイジングサプリメント。

1か月分2700円なのでとても安心価格で続けやすいのもおすすめのポイントです。
私は紫外線が強い時期には、アスタキンサンチンは欠かせません!

シワ対策にオススメの美顔器

美容液も、サプリメントもやってるけど、もっと効果実感したい!
という人は、ホームケア美顔器を使ってシワ対策してみませんか?

家にいながらにして、本格的な美容サロンに通ったようなスキンケアができる優れた機器がありますよ。

モデルさんや女優さんの人気の高いものもあって、効果は実証されています。

エステナードソニックでシワ対策!

エステナードソニックと言えば980円の高性能超音波美顔器として有名ですよね。
エステナードソニック

当サイト女子リキでもエステナードソニックMOMOを実際に買って試したレビューを掲載しています。宜しければご覧くださいね。

<

家庭用LED美顔器「Reju」

家庭用LED美顔器としてはトップの実力をもつ「リジュー」。
美容雑誌でも多くの特集がされて人気です。

25,000円程度するので、やや高めですが、今まではエステやサロンでしかできなかった赤色LEDのコラーゲントリートメントがホームケアで可能なのです。
赤色LEDは細胞を刺激して、コラーゲンの生成を増殖させてくれる効果があるもので、最近では、コラーゲンやエラスチンを生成するのに関わる、繊維芽細胞も増やす作用があることがわかってきている期待の施術方法なのです。
Reju使い方もとても簡単。

スイッチをオンにして気になる部分に軽く滑らすだけ。
体温よりやや暖かな熱を感じるのは、レーザー+温熱効果です。

1日20~30分くらい顔全体をすべらすだけで、気になる法令線やおでこのシワが明らかに改善されて、ハリ感がアップされてきます。

余計な専用のクリームやローションなどが不要なのがおススメのポイント。
毎日のスキンケアが楽しく続けられますよ。

Rejuの詳細は公式サイトをご覧ください。
http://silkn-reju.jp/

ツインエレナイザーPRO

年齢を重ねると、皮膚の代謝も下がり、美容成分がなかなか浸透しない時があります。
そんな肌に心強い味方になるのがツインエレナイザーPROです。
ツインエレナイザーPROは1台で3つの機能がある美顔器で、イオンクレンジング、イオン導入、微弱電流によるマッサージ効果が期待できるもの。

イオンクレンジングは、普段のクレンジングや洗顔では取り除けない古い角質やメーク汚れなどをイオンのチカラで吸着除去するものです。年齢を重ねると、シワの間に入り込んだ汚れが美容成分の浸透を妨げるので、しっかりオフすることができて頼りになります。
また、美容成分は肌の表皮にまでしか浸透しないのですが、イオン導入すると真皮にまで浸透させることができるのです。

その浸透の高さは、美容液を肌に塗布するだけの時より10~50倍も効果が高いと言われています。

ツインエレナイザーではプラセンタやコラーゲンやビタミンCなどを導入できて、ハリの向上に効果的な成分をしっかりと肌内部に浸透させることができます。

また、とてもおすすめなのがマイクロカレント&ソニック機能。これは微弱な電流を流して肌の真皮層に刺激を与えてマッサージや代謝をアップさせるものです。肌が活性化して滞っていた血流もアップするので、使い続けるほどに肌色が良くなり、ハリのある肌へ導いてくれます。

とても手軽にできるし、刺激もないので美顔器初心者にはおすすめです。

シワ対策まとめ

シワの原因やシワにおすすめの美容液やサプリメント、コラーゲンドリンク、美顔器などについて紹介してきましたが、明日から始めようと思ったものがありましたか?

私がご紹介したシワ対策アイテムは、本当に効果を実感したものばかりですので参考にしてみてくださいね。

けれど一番大切なのは、シワを防止するように毎日の生活に気を付けることです。
日中の紫外線対策は万全に、冬でもUVクリームを塗りましょう。
そして、乾燥対策は冬だけでなく、春先の風が強い季節や、夏の紫外線によっても肌が乾燥するので注意しましょう。

年齢を重ねると、代謝が落ちることでコラーゲンやエラスチンなど肌の弾力を司る組織も生成されにくくなります。

代謝を活発にするために適度に汗をかくような運動を心がけ、代謝を高めるように質の良い睡眠をとることも重要です。

いつの間にかできているシワは表情にも大きく影響されています。

笑いジワであれば歓迎すべきものですが、眉間のシワ、おでこの横ジワ、鼻の縦ジワはストレスの多い生活を送っているサインかもしれません。

リフレッシュ上手になることもシワ対策&アンチエイジングには効果的ですよ。

スポンサードリンク

PAGETOP