トリアプレシジョン口コミ 効果・痛みは?顔・VIO脱毛はできる?

トリアプレシジョン口コミ 効果・痛みは?顔・VIO脱毛はできる?

ずーっと気になっていた家庭用レーザー脱毛器「トリア プレシジョン」をついに購入しました!
トリアプレシジョンはユーザーさんも多くネットではいろいろな口コミ、ウワサがささやかれていますが、ホントのところはどうなのでしょうか?

トリアプレシジョンを実際に使ってみてわかった効果や痛み、VIO脱毛や顔脱毛にも使えるのか?など、気になったことを検証してみました。

さんざん迷って購入したレーザー脱毛器なので、いちユーザーとして正直にレビューします。トリア4Xとプレシジョンで迷っている方もどちらが自分に合っているか答えが出せると思いますよ。ぜひご覧くださいね。


もくじ

トリアプレシジョンの特徴

●トリアプレシジョンの製品情報
使用できる部位:口周り、両わき、ビキニライン
フル充電にかかる時間:約2時間半
連続使用時間:15分
重さ:200g
サイズ:長さ約7cm×直径約3.5cm
照射レベル調整:低・中・高の3パターン
効果の現れ方:早い人なら1週間~2週間に1回の使用で3ヶ月で効果を実感!
カラー:ブロッサム(ピンク系)、ダブ(うすい灰色)
価格:36,800円

トリアは家庭で使える唯一のレーザー脱毛器です。医療レーザー脱毛の現場で現在も使われているライトシェアという脱毛器を開発した方々が生み出しました。メーカーのアメリカ トリア・ビューティは医療レーザー脱毛と同じ効果を手軽に安全に家庭で手に入れる家庭用脱毛器を製造することを目標に設立されたのだそうです。

トリアプレシジョンはトリア4Xのコンパクト版で、4Xの効果はそのままに細かい部位の脱毛に最適なシリーズとして2014年に発売されました。

本体が小さくなっている分、4Xよりも劣る部分もあるのですが元々小さい範囲の脱毛に開発された製品なので、トリアがオススメする口周り、両わき、ビキニラインの脱毛だけでしたらトリアプレシジョンでも十分対応できます。

トリアプレシジョンの脱毛方式は4Xと同じダイオードレーザー脱毛になります。このことを知ったときはかなり感動しました!だって出力は違いますけど医療レーザー脱毛の応用なんですもん!効果がないはずがないって確信しました!

トリアプレシジョン体験者の良い評価の口コミ・悪い評価の口コミ

トリアプレシジョンを使ってみる前に、プレシジョン脱毛を体験している先輩ユーザーの口コミをチェックしてみました。トリア4Xと迷ってプレシジョンにした方が多いのですが、この選択にどう感じているのでしょうか?

良い評価の口コミ

・レベル1で口まわりのヒゲを脱毛しています。肌に密着していないとレーザーが照射されない設計なので安全です。2ヶ月くらい続けてみましたが、太いヒゲがなくなりました。

・口コミやいろんなサイトさんを参考にしまくってトリアプレシジョンに決めました。トリアはレーザー脱毛だし、打ちモレがあっても自分で何度でもやり直せます。購入するときは高いかもと思いましたが、今ではもっと早く使い始めれば良かったと思っています。

・4Xよりも出力レベル設定が少ないですがトリアプレシジョンの「低・中・高」は4Xの「1・3・5」にあたるらしいです。医療レーザーレベルの脱毛を家庭でできるくらいまで安全に設計してあるので、セルフ脱毛でも効果を実感できます。

・指や口周りの脱毛に使っています。3ヶ月くらい継続していますが、気になっていたムダ毛が確実に減ってきていますよ。

・4Xと迷いましたが照射口の大きさが同じだったのでプレシジョンにしました。ビキニラインの脱毛をやってみましたが、その効果に感動です!自己処理のざらざらがなくなって肌も柔らかくなりました。毛が太いところは痛いし1回15分しか使えないけど休憩を入れながらのんびり脱毛しています。

・痛い(泣)くらいのレベルで照射していくとムダ毛がどんどん細くなってきます。4Xよりも安いし、重さも軽いので手軽に脱毛できるところが良いですね。

・初めて使ってから10日くらいでスルッと抜けるムダ毛がでてきました。照射時の痛みは強いですが、これからが楽しみです!

・トリアプレシジョンを2ヶ月使っています。顔のムダ毛(とくにあごヒゲ)が気になっていたのですが、生えてくる数が減っています。

●良い口コミを読んで思ったこと
口コミでも4Xとプレシジョンの照射レベルについて触れていますが、トリアプレシジョンよりも4Xの方がお値段が高いのに最大照射レベルは同じなんです。つまり「4Xなら抜けるけどプレシジョンだと抜けない」という部位は無いということ!トリアプレシジョンの最大のメリットはここかもしれませんね。

悪い評価の口コミ

・脱毛サロンよりは安くできるし恥ずかしい部位も自分で脱毛できるのは良いと思いますが、広い範囲を脱毛するには向いていないです。トリアプレシジョンは細かい部位の脱毛をしたい方に合っていると思います。

・トリアは痛いと言われていますが、レベル1でもすごく痛いです。わたしが痛みに弱くて皮膚も弱いのかもしれませんが、冷やしながら脱毛しても痛いんです。続けられそうにありません。

・トリアプレシジョンは充電が切れるのがすごく早いです。連続照射は15分ということでしたが、レベル1で使ったときが最大15分なので、レベルを上げるともっと短くなります。腕などの脱毛をしたい方は4Xの方が良いと思いますよ。

・レーザーの照射範囲がすごく狭いので時間がかかります。効いている証拠だと思いますが、ものすごく痛いです・・・。

・4Xもトリアプレシジョンも痛みに強い人向けだと思います。ビキニラインみたいにムダ毛が太いところは冷やさなかったら本当に痛いです。照射するのに覚悟が必要です。

・照射スピードが遅いです。照射口もとても狭いので、脱毛に時間がかかってイライラします。

・プレシジョンは足や全身脱毛などの広い範囲の脱毛にはおすすめしません。

●悪い口コミを読んで思ったこと
わたしも購入前に連続照射時間が15分は短いなーと思ったのですが、トリアは痛みが強いのでそんなに何時間も続けて照射できないかな?と思ってプレシジョンにしました。広い範囲にバシバシ照射したい方は4Xの方が良さそうです。
痛みもかなり強いようですね。どうすればなるべく痛みを抑えて脱毛できるのか、後ほど試してみます!

トリアプレシジョンの正しい使い方

トリアプレシジョンにはボタンがいっこしかないので、電源を入れてレベルを調節したら即脱毛ができます。
照射頻度は週に1週間~2週間に1回です。最初のうちは週1で照射した方が良いみたいですよ。

【トリアプレシジョンの使い方】
1.脱毛部位の油分やメイクを洗い流す
油分、水分が肌に残らないように清潔にしておきます。

2.ムダ毛を剃っておく
肌表面のムダ毛がなくなることで、レーザーがしっかり届きます。また、トリアのレーザーは黒いものに反応するのでムダ毛が長いと痛みが強くなります。きちんと剃っておきましょう。

3.電源を入れる
電源コードをトリアプレシジョン本体から抜いて電源ボタンを1回押します。「ブッ」と音が鳴ってウィーンと動き出した音がすれば正常に起動できたということ。

4.出力レベルを調整する
インジケーターランプが1個光っているときはレベル低、2個ならレベル中、3個ならレベル高です。電源ボタンを1回押すたびにレベルが変わるのでお好みのレベルに調整します。
ちなみに電源を落としても最後に設定したレベルが記憶されているので、いつも同じレベルで良いならこの作業は最初だけでOKです。

5.照射レンズを肌にあてて照射する
照射レンズが肌に適切にあたると自動的に照射してくれます。照射直前に照射口が赤く光って発射と同時に「ピッ」と音がします。「ピッ」が鳴ったらちゃんと照射できたということなので、5mmほどずらして次の部分に照射します。
「ピッ」じゃなくて「ブー」っと音がしたら、照射前にトリアプレシジョンを肌から離したということ。このエラーが出たら照射できていないということなのでやり直しましょう。

トリアプレシジョンの特徴や使い方もわかったので、いよいよ照射してみます!

トリアプレシジョンを体験してみた

トリアプレシジョンを体験してみた

わたしは公式サイトからトリアプレシジョンを購入しました。購入した翌日に発送してくれたので注文の翌々日には受け取ることができました。

左側の大きい箱がトリアプレシジョン本体、右側の小さい箱はプレゼントでいただいたお冷やし用ジェルの「スージングジェル」です。

●スージングジェルって何?
スージングジェル
トリア脱毛後のクールダウンに使用するジェルです。生薬が配合されていて脱毛後に塗るだけでお冷やしすることができますが、冷蔵庫に入れておくともっとヒンヤリできます。

トリアスージングジェルを塗る
塗ってみると、冷蔵庫に入れていない状態でも肌がスーッと冷やされるような感覚があって気持ち良いです!日常の肌ケアにも使うことができるので、夏場のお風呂上りにも良さそうです。

今回はプレゼントでいただきましたが単品購入することもできます。価格は2,900円です。

トリアプレシジョン本体の箱を開けてみると・・・
トリアプレシジョン本体の箱を開ける

本体じゃなくて取説が現れた!
トリアプレシジョンの取説
ものっすごく本体が入ってそうな雰囲気だったのになぜか簡易取り説がでてきました。アメリカンジョークかと思いました。本体はどこよ?

箱の上下にテープが貼ってあったのではがして開けてみるともうひとつ箱が出てきました!
7_triprehakosai
ここか?

トリアプレシジョンの本体
やっと会えたー!
これがトリア本体です。外箱を開封してから本体とご対面するまでに5分以上かかりました。ホントにわかりにくいんです。ちょっと不親切かなー。

この箱の中に入っていたものはこちらです。

9_tripreset

【入っていたもの】
・トリアプレシジョン本体
・充電専用ACアダプター
・電源コード
・クイックスタートガイド
・取扱説明書

トリアプレシジョン電源はコードとACアダプター
電源はコードとACアダプターに分かれています。

クイックスタートガイドには部位ごとの目安時間が書かれていました。
トリアプレシジョンクイックスタートガイド

トリア4Xの説明書には目安回数も書かれているのですが、プレシジョンにはカウンターがついていないので省略したのかな?

トリア4Xもトリアプレシジョンも照射面積、出力は同じなので目安回数も同じということになります。トリア4X記載の目安回数をご紹介します。

★トリア脱毛に必要な時間
・ワキ(片方):100回、4~5分
・ビキニライン(片方):200回、8~10分
・鼻の下:25回、2~3分
・太もも(片方):600回、25~30分
・膝下(片方):600回、25~30分

この目安時間よりも大幅に少ないと照射モレがあるということなので、時間を意識して照射した方が良いと思います。

●トリアプレシジョンの外観
トリアプレシジョンの外観
わたしのトリアプレシジョンはブロッサムカラーです。けっこうハッキリした色なので、無印良品などのシンプルアイテムが好きな方はダブの方が好みに合うと思いますよ。

重さは200gですが、大人の女性の手でもしっかり持てるサイズなので重さは感じません。4Xは重いという口コミもありますがプレシジョンなら重さは気にしなくても良さそう。

内側には持ちやすいようにハンドグリップがあり、照射レベルがわかるインジケーターライトがあります。その下にボタンがひとつ。洗練された作りになっていて、なんだかiPhoneみたいです!

13_triprehontaiushi

背面には穴がたくさん空いています。形状的に使用中に手でここをふさぐことはなさそうですが、内部の熱を逃がすための通気口なのでうっかり塞がないようにしましょう。

14_tripreshoshamen

照射面は二重円みたいになっています。内側のグレーの面がレーザー照射面になります。照射面の直径は約1cm。
見た目の特徴はこれくらいなので、たったこれだけで脱毛できるのがなんだか不思議です。

親切なことに届いたときから充電されていたので、さっそく電源を入れてみます。
トリアプレシジョン電源ON

電源ボタンを押すとブッと音が鳴って電源が入ります。最初に起動したときはレベル低の状態です。

電源が入った状態で電源ボタンを押すたびにレベルが変わります。現在のレベルはインジケーターランプを見ればわかりますよ。

16_triprelevel
レベルが上がるたびにランプがひとつ点灯します。
レベル高の状態で電源ボタンを1回押すとレベル低に戻ります。こうやってレベル調整をしている間も照射面をふさいでなければ勝手に照射されることはありません。

レベル低で照射してみる

レベル低でトリアプレシジョンを照射
痛みのチェックのためにレベル低から試してみます。
指のムダ毛は太くはないのですが、少し伸びていたのでシェーバーで剃った状態にしておきました。

シェービングして手を洗って、指にトリアプレシジョンを当ててみたのですが、何の反応もありません・・・。

18_tripreno
照射面をよく見てみると指からはみ出していました。指みたいに細くカーブしている部位でもトリアの平面の照射面がピッタリ密着していないと照射してくれないんですね。指に当てるときはちょっと工夫が必要です。

改めて照射してみると、今度はピッと反応してくれました。でも音はしたけど痛みや刺激がないです。
わたしは痛みには強い方なのであまり感じなかっただけかもしれませんが、女性の指の毛くらいだったらレベル低の痛みは余裕だと思います。

レベル中で照射してみる

同じようにレベル中で照射してみました。今度はピッという音とともに熱を感じました。でも痛みは全くありません。全部の手の指に照射してみましたが、ショットごとにホカホカとした熱を感じるだけで痛くはないです。

初めてのトリア脱毛なのでシェービングをきちんとしたことも影響していると思いますが、痛いと言われているトリアなのにホントに痛くて拍子抜けです。

レベル高で照射してみる

トリアプレシジョンのレベル高は4Xのレベル5にあたります。トリア至上MAXレベルですね。

さすがにドキドキしましたが、いざ照射してみるとけっこう余裕があります。照射ごとにホカッとした熱がありますし、レベル中よりは刺激もあります。でも、ホントに痛いというほどじゃないよなーと思っていたら、思わず「イタッ!!」と言って体がビクッとのけぞってしまうくらいの強い痛みを感じました。ここだけムダ毛が伸びてるわけでもないしホクロもないのになぜ?

恐る恐る同じ部位にもう1度照射してみたのですが、今度は痛くない・・・。次の指を照射すると、また強い痛みが(涙)

なんでだ?なんでだ?と考えているうちに、昔通っていた脱毛サロンで指やひざこぞうなどのお肉が薄くて骨に近い部位は痛みが強い、しかも光が骨に反射してしまうので脱毛効果が出にくいと言われたことを思い出しました。鼻の下も敏感なので、ムダ毛の太さのわりには痛いとも言われたことがあります。もしかしたらトリアプレシジョンも同じなのかも。

トリアプレシジョンを全身に使ってみる!

トリアって4Xもプレシジョンもすごく痛いって言われていますよね。プレシジョンを購入する前にわたしも痛みは気になっていたので、全身がどのように痛いのか実験してみることにしました。

それから、みんなが気になってることって「トリアは推奨してないけど、顔全体やIライン、OラインなどのVIO全体にはホントに使えないの?」ってことだと思うので本来はダメな部位にも照射してみます。

痛みのレベルは★で表して、★5つがいちばん痛いということにします。
※レベルは全部「高」にします。あくまでも自己責任の実験なので推奨はしませんからねー!

トリアプレシジョン眉脱毛の痛み

痛みレベル★☆☆☆☆

トリアは4Xもプレシジョンも顔は鼻から下にしか使えません。でも、眉周りとかキレイにしたいじゃないですか。眉下に目立つ太い毛があったのでトリアプレシジョンを照射してみました。

眉周りの太い毛は2本くらいだったので、チクッとした痛みはありますが我慢するほどの痛みではありませんでした。脱毛前に冷やさなくても大丈夫です。
眉の上のムダ毛も細い毛ばかりですので、レベル高でガシガシ照射できました。

トリアプレシジョン眉脱毛の痛み
眉下を触ってみると骨があるところとないところがあることがわかります。眼球に照射するのは絶対に避けたいので骨があることを確認してから太い毛だけを狙って照射してみました。

やってみて思ったことは、トリアプレシジョンの照射口は円形なので眉まわりに確実に照射するのは難しい!照射口が見えないので眉に当たってないか不安もあります。やってできないことはないけど、眉みたいに残したい毛がある部位の周りの脱毛は難しいですね。

トリアプレシジョン頬の産毛脱毛の痛み

トリアプレシジョン頬の産毛脱毛の痛み

痛みレベル★☆☆☆☆

次は頬です。頬は細かい産毛が密集しているので熱がちょっと強かったですが痛さはありませんでした。ただ、油断してるとホクロに当たります。ほくろに照射するとイテッ!!!と言ってしまうくらい強い痛みがあり、その後数分間ジーーーンと痛みが響きます。ホクロにあたったときの痛みレベルは★★★★★です。
大きめのほくろがあるところは、冷やすか白いシールを貼ると痛みがないそうですよ。わたしも保冷材で冷やしたら大丈夫でした!

トリアプレシジョン鼻下脱毛の痛み

トリアプレシジョン鼻下脱毛の痛み
痛みレベル★★☆☆☆
鼻下は痛みよりも熱を強く感じました。口をしっかり閉じて照射するとなぜか歯が熱くなります。
鼻下両端よりも中央の方が痛みを強く感じました。ムダ毛が多いのかな。でも、冷やさないと我慢できないってほどではないです。照射後に鏡を見たら赤くなっていたのでお冷やしはちゃんとしたほうが良さそう。

顔全体の脱毛が終わらないうちにトリアプレシジョンの充電が切れてしまいました。やっぱり連続照射15分は短い!

トリアプレシジョン 両わき脱毛の痛み

トリアプレシジョン 両わき脱毛の痛み
痛みレベル★★★★★

両わきは脱毛サロンで脱毛しているので太いムダ毛はありませんが、試しに照射してみたらすっごく痛かったです!
太いムダ毛がないのにこんなに痛いということは、これから脱毛を始める方なら絶対★5の痛さだと思います。

特に工夫したり気をつけなくても照射面がピタッとフィットするので、両わきはすごく照射しやすかったです。わきのお肉を伸ばすために腕を上げ続けるのがちょっとツラいですが、トリアプレシジョンならずーっと持っていても手が疲れないので慣れたら録画したドラマを見ながら照射できると思いますよ。

トリアプレシジョン 両うで脱毛の痛み

トリアプレシジョン 両うで脱毛の痛み
痛みレベル★★☆☆☆

両うでも脱毛しているので毛量は多くありませんが、チラホラ生えてきているのでその部分を脱毛してみました。
処理しないと目立つくらいの太さのムダ毛は1本でも痛いので、密集していたらもっと痛そう。脱毛済みの肌で★2なので、これから本格的に脱毛する方はもっともっと痛いと思いますよ。

肩のちょっと後ろの肩甲骨あたりの脱毛も試してみましたが手が届かないところの脱毛はできませんでした。

トリアプレシジョン 両足脱毛の痛み

トリアプレシジョン 両足脱毛の痛み

痛みレベル★★☆☆☆
両足も脱毛済みですが、腕と同じ感じで少しだけ生えてきています。
足のムダ毛は少し太めなので痛みもちょっと強かったです。脱毛済みの方なら冷やさなくても我慢できると思いますが、これから脱毛したい方はちゃんと冷やさないと痛さでゲンナリしちゃうかも。

両腕と両足はそれぞれ1回の充電で完了することができませんでした。この部分の脱毛をしたい方は4Xにした方が良いと思います。

裏ももからお尻の脱毛もやってみました。ムダ毛が少ないので痛みは★1レベル。
直接見ることはできませんが、手は届くので姿見で見ながらだったら照射できると思います。

トリアプレシジョン vio脱毛の痛み

痛みレベル★★★★★★★★★★

保冷材を使わないと、余裕で★5を超える痛みです!
VラインもIラインもOラインも保冷材で冷やしてから照射することを猛烈にオススメします!

保冷材を当てると最初は冷たすぎて痛いのですが20秒もすると冷たさも痛さも感じなくなります。これくらい冷やしたらレベル高で照射しても全く痛くありませんでした。

保冷材使用での痛みレベルは★1です。ショットしてから4秒くらいで次のショットができるようになるのですが、しっかり冷やしても5ショット目くらいからまた少し痛くなってきます。

この部分がまだらになるのはイヤですし、ムダ毛が濃い部位ほど時間をかけて冷やして、慎重にショットした方が照射モレを防ぎながら丁寧に当てることができると思います。

トリアプレシジョンで全身脱毛をやってみてわかったこと

iラインはギリギリ、oラインは脱毛しにくい

実際にやってみてわかったのですが、iライン、oラインをトリアプレシジョン脱毛するなら、絶対に鏡で見ないといけないんです。
まずきちんとシェービングできているか確認しないといけませんし、ショットのときもしっかり見ないと照射モレになってしまいます。
自分だけの時間のときに脱毛できるのは嬉しいですが、こういう手間をかけたくない方は脱毛サロンのお世話になった方が確実ですね。

連続照射時間が短すぎる!

全身脱毛向けの製品じゃないということがよ~くわかりました。
顔全体の脱毛だけで充電が切れるし、片腕で1回、片足で1回充電が必要でした。
トリアプレシジョンで広い範囲を脱毛するなら2時間半の充電時間を考えると1日1回~2回くらいしか使用できないと思います。
痛みもあるし冷やしながらの脱毛になるので、何時間も連続照射しようとは思わないですが、プレシジョンは狭い範囲の脱毛にオススメします。

手が届かない部位の脱毛は無理

当たり前なんですけど、背中の産毛などもきれいにしたい方はトリアじゃない方が良いと思います。手が届かない部位は脱毛できないし、ギリギリ手が届く不安定な状態で1cmの照射口で狙っているところにショットするのはすごく難しいんです。
どうしても家庭用脱毛器で背中の脱毛がしたいなら照射口の広いケノンの方が確実性が高いと思います。

4Xの照射カウンターが意外と便利かも

ショットするごとに5mmくらいずつズラして照射すると漏れがないのですが、人間の目測なのでしばらくやっているうちに5mm間隔がだんだん大きくなることもわかりました。
トリアプレシジョンには照射カウンターが付いていないので、目安は時間で計るしかありません。4Xならしっかりカウントしながら照射できるので丁寧な脱毛ができると思いました。

トリアプレシジョンの痛みを回避する方法

●保冷材は必須!
トリアプレシジョンの痛みをなるべく少なくするには冷やすのがイチバンです。トリア本体購入時にセットでつけてくれればいいのにって思うくらいお冷やしアイテムは必須!

スイーツについてくるような小さいサイズの保冷材があると便利ですが、ポリ袋に氷を3つくらい入れるだけでも保冷材代わりになります。1度使用した保冷剤を冷凍庫に戻すことに抵抗がある方は、この方法が良いと思います。
冷やしても強い痛みを感じる場合は、冷やし方が足りないんだと思います。冷たさも感じなくなるくらいまでしっかり冷やしてみて下さい。

●お風呂上りは避ける!
お風呂上りや激しいスポーツ、ヨガをした後など体がポカポカに温まっているときに照射すると、いつも痛くない部位でも痛いです。顔の産毛脱毛でもすごく痛かったので、体が普段以上に温まっているときにはトリアプレシジョンを使わないほうが良いと思います。

●外用局所麻酔薬を使う
外用局所麻酔薬を肌に塗ると皮膚が麻痺したような感じになり、痛みを緩和することができます。
有名な外用局所麻酔薬は「エムラクリーム」「ラクサールクリーム」などですが、ドラッグストアでは販売していないので個人輸入という形で海外から購入することになります。

個人輸入ってちょっと怖いイメージもありますがコンタクトレンズの購入などで利用されることも多いので、購入ハードルはそこまで高くありません。個人輸入サイトさんを利用すれば英語不要でネット通販のような感じで購入することができます。
価格は2,500円程度とそこまで高くないので、どうしても耐えられないときに検討してみてください。

参考:オオサカ堂のラクサールクリーム販売ページ

トリアプレシジョンの脱毛効果

トリアプレシジョンの脱毛効果についてお客様サポートセンターに聞いてみました。

Q:トリアプレシジョンの脱毛効果はどれくらいでわかるんですか?
A:週に1回使っていただければ、3ヶ月目くらいには目に見えてわかる効果を実感いただけると思います。

Q:じゃあ、脱毛サロンみたいに照射後しばらくしたらムダ毛が抜けてくることはないんですか?
A:スルッと抜けたとおっしゃる方もいらっしゃいますが、基本的に抜け落ちはありません。抜け落ちがなくても継続していただければ効果をおわかりいただけるかと思います。

てっきりわたしは抜け落ちが確認できると思っていたので、この回答にちょっとビックリしました。抜け落ちがないと効いてるか効いてないかわからないんじゃ?と思ったんです。

25_triprekoka
でも、照射してから7日目に眉下のムダ毛を軽く引っ張ってみたらスルッと抜けたんです!2回目の照射前に抜け落ちチェックをしたので、1回の照射でちゃんと効いてくれたということになります。やっぱりトリアの効果は本物ですね!抜け落ちを確認できると効いてることが実感できてモチベーションも上がります!

トリアプレシジョンのQ&A

トリアプレシジョンのQ&Aをお客様サポートセンターからもらった回答をもとにまとめてみます。

トリアプレシジョンはエラーが出やすい?

肌にトリアプレシジョンの照射面を当ててからショット前に離してしまうと「ブー」というエラー音がするのですが、密着させてても反応しない・・・と思って肌から離したらブーと鳴ることがあります。このエラーは結構多く出るような気がしました。
トリアプレシジョンには連続照射機能が無いのでいちいち肌から離さないといけないのがやっかいですね。ちょっとしたことですがイラッとしたくない方は連続照射機能がついている4Xの方が合っていると思います。

トリアプレシジョンは遅い?

コールセンターに確認してみました。答えは「4Xよりは遅い」だそうです。
オペレーターさんは4Xとトリアプレシジョンの両方を持っているそうですが、4Xの方がチャージ時間が短いのでプレシジョンの方が遅いと感じるそうですよ。
トリアプレシジョンはやっぱり狭い範囲をマイペースに脱毛するための製品だと思います。

トリアプレシジョンの保証は?

トリアプレシジョンには「30日間返金保証」と「トリア2年間保証」がついています。

●30日間返金保証
購入後30日以内なら無償で返品ができて購入金額を返金してもらえるサポートです。この返金サポートは、わたしがトリアプレシジョン購入にふみきった大きな理由でした。効果がなければ返品できるということは実質無料でトリア脱毛を試せるということなので気楽ですよね!

●トリア2年間保証
トリアプレシジョン購入から2年以内の自然故障であれば無料で本体ごと交換してもらえるサポートです。

トリアプレシジョンが故障したら?

落下や改造トリアは対象外ですが、普通に使っていて壊れてしまったら購入から2年以内でしたら無料で交換してもらえます。
トリアの交換にはシリアルナンバーが必要になるので、すぐわかるようにしておきましょうね。シリアルナンバーはトリアプレシジョン本体にもシールで貼ってあります。

トリアプレシジョンが充電できなくなったら?

トリアプレシジョンにはリチウムイオン電池が使われているので、長く使っているとスマホのように充電の減りが早くなり、最終的には充電ができなくなります。
充電できなくなったら有償で本体ごと新品と交換してもらうことができます。
金額は正規価格の半額の18,400円です。
このサポートを使用できるのは1回限りですが、2年目以降でも利用できます。

2年以内に充電できなくなったら「トリア2年間保証」で無料交換してもらえるのか確認してみたところ、ハードに使用しても2年以内で充電ができなくなるのは考えられないですが、もしそういうことがあったらご相談下さい、とのことでした。

返品したトリアは使いまわすの?

30日間返品保証があるということは、返送されるトリアもあるってことですよね。自分が新品で購入したはずのトリアが返送された再利用品だったらイヤだな~と思って確認してみたところ、返品されたトリアはアメリカに送り返していて国内で再度流通することは無いとの回答でした。
安心しました!

お客様サポートセンターの電話は繋がりやすいし、オペレーターさんの回答も丁寧でわかりやすいものだったので好感が持てました。
ただ、充電できなくなった場合の本体交換費用に関しては購入者にしか教えられないと言われ、シリアルナンバーの申告が必要でした。以前はトリア公式サイトに金額が書かれていた気がするのですが、その記載もなくなっているようです。

トリアプレシジョン 4Xとの比較

トリアプレシジョンはトリア4Xよりも後に発売されたシリーズで、4Xよりもいろんなところがコンパクト設計になっています。

●価格の違い
トリアプレシジョンは36,800円、トリア4Xは54,800円です。この18,000円の違いがいろいろなところに現れています。

●使用できる部位の違い
トリアプレシジョンは狭い範囲専用ですが、トリア4Xは口周り、両わき、両腕、両足、ビキニラインなどほぼ全身に使うことができます。

●フル充電にかかる時間の違い
どちらも約2時間半

●連続使用時間の違い
4Xは約30分です。連続照射ができるのでチャージ時間のロスも少なく、広い範囲の脱毛にはやっぱり4Xが良いと思います。

●重さの違い
トリアプレシジョンは200g、トリア4Xは584gです。

●照射レベル調整の違い
トリアプレシジョンは低・中・高、4Xは1~5段階です。最高出力はどちらも同じですが、レベルを細かく設定したい方は4Xが良いと思います。
わたしはどの部位もレベル高でバシバシ当てているので、3段階しか設定できなくてもまったく気になりません。意外とそういうものかもしれませんね。

トリアプレシジョンとトリア4X、どっちを買った方が良いの?

どちらを購入すべきかは、脱毛希望部位で決めると良いと思います。
脱毛未経験者さんで毛量がまだまだ多い方でも、口周り、両わき、vio、指などの狭い部位の脱毛だけで良ければトリアプレシジョンで十分です。

トリアプレシジョンは出力も脱毛方式も4X同じなので、毛量に関係なくしっかり脱毛できるはずです。
プレシジョンの充電は15分しか持ちませんが、今日は口周り、今日は両わき・・・みたいな感じで分けて照射すれば充電切れのイライラもないと思いますよ。

脱毛済みでチラホラ生えてくるムダ毛だけ処理できれば良い方はトリアプレシジョンでも大丈夫です。

両腕、両足などの広い範囲を脱毛したい方は迷わず4Xにしましょう。トリアプレシジョンでも脱毛自体は可能ですが、片腕の脱毛が終わらないうちに充電が切れてイライラMAXになります!
それから4Xの照射カウンターや連続照射機能は本当に優れていると思います。連続照射機能を使えば照射口を肌から離さずに滑らせるような感じで照射できるので打ち漏れも少ないはず。
4Xの価格は54,800円です。高く感じるかもしれませんが、長く使える効果の高い脱毛器と考えると高すぎる金額ではないですよ。使っているうちに満足度もどんどん上がってくると思います。

トリアプレシジョンはどこで買える?

わたしは公式サイトから購入しました。私が買ったときはキャンペーンをやっていたので

トリアプレシジョン:36,800円 → 31,800円
トリア4X:54,800円 → 44,800円

で購入できました!(今もやっている可能性があります)トリアプレシジョンが5,000円オフ、4Xが10,000円オフなのですごくお得ですよ。
もちろん保証内容も正規価格と同じです。

トリアシリーズでの脱毛は根気が必要ですが、わたしはトリアプレシジョンの脱毛効果を早くも実感できているのですごく満足しています。効果があるから頑張れる!
脱毛は肌の露出が少なく日焼けを避けられる冬の時期に始めるのがいちばん良いと言われています。今から3ヶ月後には結果が出せると思えばモチベーションも保てそうじゃないですか?
きちんとした保証もあるし返品もOKなので、ぜひ気軽に試してみて下さいね。

<レビュー評価>

4.0 /5

スポンサードリンク

PAGETOP