脱毛日のアルコール(飲酒)は顔に炎症が起こることも!

脱毛した日のアルコールは厳禁ってご存知でした?
脱毛サロンとの契約の前に必ず説明があるはずなのですが、守っていない方もかなり多いのだとか。

それくらい大丈夫でしょ!と自己判断しないで、脱毛日の飲酒がダメな理由をしっかり復習してください。

1回くらいなら・・・と軽く考えてはいけません。脱毛した日に飲酒した結果、肌トラブルが起こることもあるのです。


もくじ

スポンサードリンク

脱毛日にアルコールを飲んではいけないのはなぜ?

脱毛の光はほんの一瞬しかわたしたちの肌に当たりませんが、光の照射が終わったあとも肌は影響を受け続けています。

脱毛後の肌に乾燥や痒みを感じたことがある方もいらっしゃると思いますが、その感覚は正解。光を当てると肌は急激に乾燥し、刺激に弱い状態になります。

衣服との摩擦やメイクなど、いつもなら全く平気なことでも脱毛後の肌には刺激となることもあるのです。

お酒を飲むと、顔が赤くなったり心臓の鼓動が早くなったりしますよね。

それは、アルコールによって体温が急上昇するため。血行が良くなることで皮膚が赤くなるのです。

血行が良くなったり体温が上がりすぎると、脱毛によって刺激に弱くなった肌は強い痒みを感じたり、毛穴にポツポツとした赤みが出ることもあります。

アルコールは、脱毛によってただでさえ弱っている肌に追い討ちをかけることになるのです。

それだけでも肌にとってはマイナスなのですが、痒みによって肌をポリポリ掻いてしまうと、肌状態はさらに悪化することに・・・。

スポンサードリンク

 

脱毛部位を掻くとどうなる?

脱毛をしていない日でも、お風呂上りやベッドに入ったあとなど、体温が上がると肌に痒みを感じることがありませんか?

人体の構造上、血行が良くなって体温が上がると痒みを感じやすくなります。
上昇スピードが急なほど痒みは強くなる傾向にあります。
そして、掻いてしまうと痒さは余計に酷くなってしまいます。

爪あとが残ってしまうくらい皮膚をポリポリ掻くタイプの方は要注意。
傷は年齢を重ねるごとに治りにくくなりますよ!

「皮脂欠乏症」という症状があります。

皮脂が減ることで乾燥し、ひび割れが起きたりかゆくなるのが特徴です。
皮脂欠乏症で痒みがでても、絶対に掻いてはいけないと言われています。
掻くとさらに痒くなり、悪くなってしまうからです。

脱毛後の肌はとても弱っているのですが、肌にとって最適な湿度を保ってあげることで、速やかに回復することができます。

逆に、保湿を怠ることで痒みがでることもあります。

脱毛直後の肌はとても過敏になっているので、服との摩擦や冷たい風などでも刺激となってしまいます。

こんなに弱い状態になっている肌を掻いてしまったら、肌がどうなるのか想像つきますよね。

「掻く」という行為は、自分から肌への刺激を増やすようなもの。
そして、飲酒は掻きやすい環境を自ら作ってしまう行為なのです。

パッチテストで赤くなってしまう方や、お酒を飲むと顔が赤くなりやすいタイプの方は、脱毛日と前日のお酒はやめておきましょうね。

スポンサードリンク

 

脱毛前の飲酒なら大丈夫?

二日酔いや酔っ払った状態で脱毛サロンに行くのは論外ですが、前日に飲酒して、翌日夜に脱毛サロンに足を運ぶなら大丈夫。

当日の飲酒は避けましょう。

アルコールによって体温が上がった状態で脱毛光に当たると、痛みを強く感じたり、脱毛後の赤み痒みがいつもよりも酷くなってしまいます。その結果、肌トラブルが起こってしまいます。

アルコール摂取がOKな目安時間は、脱毛前後の12時間です。(※個人差があるので必ず医師やエステサロンのスタッフに確認してください)

脱毛サロンに通うのは2ヶ月~3か月に1度ですよね。
このときだけはお酒を我慢しましょう。

アルコール(飲酒)以外に気をつけること

脱毛後のアルコールがダメな理由は体温が上がってしまうから。
ですので、アルコール(飲酒)以外にも体温を上げるような行為は避けるべき。

アルコール以外に気をつけておくことをご紹介します。

マラソンや過度な運動

マラソンを習慣にしている女性も多いと思いますが、脱毛直前直後に走るのは肌に良くありません。

汗によって刺激を受けますし、身体があたたまることで毛穴の赤みと痒みが出やすくなります。

肌があまり強くない女性が顔脱毛をした後にいつもどおり出勤しただけで、顔に湿疹ができてしまった事例もあります。

原因は紫外線だったそうです。
顔脱毛をした日はマラソンもお休みしましょう。

入浴

湯船につかったり、温泉に入るのも避けましょう。
身体を温めるのは本当に良いことなのですが、温まりすぎると刺激を受けやすくなります。

湯船にしっかりつかった後の肌は乾燥しています。温まった肌からは水分がどんどん蒸発してしまうのです。

特にひざ下などは乾燥によって痒みがでやすい部位です。

シャワーを軽く浴びるくらいなら大丈夫ですが、温度には気をつけて下さい。
高すぎる温度のシャワーも、皮膚の乾燥を招いてしまいますよ。
入浴後にはしっかり保湿を行うことをお忘れなく。

日焼け

日焼けは絶対にダメです。脱毛前に日焼けしてはいけないことはご存知のとおりですが、脱毛後も日焼けはダメです。

適量の紫外線はわたしたちの肌に必要なものですが、脱毛後に日焼けするほど浴びてしまうとトラブルの元となります。

湿疹やただれに繋がることもあります。

脱毛した後に直射日光に当たる必要がある場合は、日焼け止めよりも長袖の上着や帽子で日光をさえぎるようにしましょう。

肌が強い方は問題ないかもしれませんが、日焼け止めが肌トラブルを招くこともあります。

マッサージ

脱毛を行う日を美容の日として、エステやマッサージに行く女性も多いです。
しかし、マッサージなども体温が上がりやすいので、脱毛前後は避けてください。

また、マッサージは体温を上げるだけでなく摩擦による刺激も受けてしまいます。
オイルを使ったマッサージも避けて。刺激は弱まりますが、オイルに配合される精油の成分に敏感な肌が反応してしまうことがあります。

アクセサリー

金属アレルギーではない方も、脱毛した部位にアクセサリーの金属や毛糸などのチクチクがあたると痒みがでることがあります。

特に夏場のネックレスは気をつけて!

汗と金属が反応することで、とたんに痒みがブワーっと広がってしまいます。
ひどい方では、ネックレスの形に首周りが腫れてしまうこともあります。

いつもはなんともないピアスも同じです。
顔脱毛をしたあとに、なんとなく耳元が痒い・・・という方はピアスを外すか、貫通するパーツが樹脂製のものに変えましょう。チタンよりも樹脂が安心です。

いかがでしょうか。

飲酒をはじめ、これらの危険行為は普段の生活の延長上にあり、特別なことではありませんよね。

だからこそついやってしまいがちで、トラブルが起こってからでは遅いのです。

脱毛後の飲酒でトラブルが起こるとどうなる?

絶対に避けたいことですが、脱毛当日にうっかりアルコール(お酒)を飲んでしまったら、どんなトラブルが起こるのでしょうか。

まず強い赤みがでます。肌全体が赤くなるというよりは、毛穴を中心にしてポツポツとした赤みが広がっていきます。

そして、痒くなります。恐らくこの段階で、無意識のうちに肌をさすったり掻いたりしているはずです。

掻くことによって赤みは増し、さらに痒みが強まります。飲酒によって血流も上がっているので痒みはさらにエスカレート。

お酒が入ると感覚が鈍ります。気がついたらうっすら血が滲むくらい掻いてしまっているかもしれません。

翌日お酒が抜けた後、自分の肌を見てその掻きあとにビックリしてしまうことがあるかもしれません。

酷い場合、掻きあとが傷となって長い間残ってしまう方もいらっしゃいます。

特に痒くなりがちなのが、首・ひざ下・背中です。
服やアクセサリーとの摩擦があったり、乾燥しやすい部位だからです。

このあたりがピリッと痒くなってきたら濡らしたハンカチなどをあてて応急処置をしてあげてくださいね。

しかし、痒みだけでおさまればまだ良い方です。

肌があまり強くない方はブツブツとした赤みが炎症につながります。
翌朝、アルコールは抜けても炎症は数日間続きます。

もし飲酒によってトラブルが起きたら、どんな対応を行えば良いのでしょうか。

スポンサードリンク

 

脱毛日の飲酒によっておきたトラブル対処法

まず、禁止されていた飲酒によっておきたトラブルなので、脱毛エステサロンのサポートは受けられないと思っていてください。

医療機関と提携している脱毛サロンが増えていますが、利用できるのはあくまでも規約を守った上で起きた脱毛後のトラブルのみです。

飲酒によっておきたトラブルは自己責任ということになり、自分で医療機関を探して受診してくださいということになります。

それでも、肌トラブルが起きていることがわかったら、まずは脱毛エステに連絡をしましょう。
お酒を飲んだことは正直に伝えてください。脱毛サロンから指示があったらきちんと従って。指示が無かったら近くの皮膚科を受診しましょう。

病院に行くまでの間、辛くてもスキンケアはお休みしてください。顔だったらぬるま湯で流す程度にしてメイクも控えて。化粧水・クリームもやめておきましょう。

炎症を起こしている肌にとっては、どんなに高価な美容成分でも刺激の塊にしかなりません。まずはトラブルから脱却することをいちばんに考えて下さい。

肌トラブルはスキンケアを控えた状態で放っておくことでも治すことができますが、完治するまでに時間がかかってしまいます。そして、トラブルの期間が長ければ長いほど跡が残りやすくなってしまいます。

できてしまった湿疹を1秒でも早く直すために、皮膚科受診は迅速に行ってくださいね。
その際も、脱毛後の飲酒で炎症が起きたことは正直に伝えて下さい。

ここまでは、エステ脱毛と飲酒の関係について解説しましたが、家庭用脱毛器をご使用でも脱毛前後の飲酒は避けてください。

家庭用脱毛器と飲酒

自分の家で好きなときに脱毛できるのが家庭用脱毛器の良いところ。

お風呂に入る前にピッピッと光を当てて、そのまま入浴して、お風呂上りのビール♪といきたいところですが、これもトラブルの元です。

まず、入浴は家庭用脱毛器の光によって刺激を受けやすくなった肌を直撃します。光脱毛には強い熱を使いますが、この熱によって肌の内側はいつもよりも熱くなっています。温まっている肌を入浴によってさらに温めることでいつもよりも痒みを感じやすくなってしまうのです。

飲酒ももちろんダメです。
弱った肌に自分で追い討ちをかけてしまいますよ。

家庭用脱毛器の説明書では、飲酒と入浴が禁止されていないかもしれませんが、こういうことは自己責任です。

当たり前ですが、書かれていなくてもトラブルに繋がることが想像できるものは自らやらないこと。用心するにこしたことはありません。

飲酒は特に気をつけて!

家庭用脱毛器は本当に手軽に脱毛ができる優れた家電製品です。
スキンケアついでにピッと光を当てるだけで脱毛ができてしまうので、肌に負担をかけていることを自覚することもありません。

親切な脱毛エステは、毎回帰り際に「今日はお酒と入浴を避けてくださいね」と言ってくれます。しかし、家庭用脱毛器の使用中は誰も注意してくれないので自分で気をつける必要があります。

冷蔵庫に欠かさずビールを入れているタイプの方は本当に気をつけて下さいね。
ほんのちょっとウッカリしてしまっただけで毛穴のブツブツが広がってしまうこともあるんですよ。

脱毛とアルコールは相性が悪い

覚えておいて下さい。脱毛による熱・刺激とアルコールによる血流アップ・体温の上昇はとても相性が悪いのです。

できることなら、脱毛前日~脱毛翌日まではアルコールを避けた方がトラブルを避けることに繋がります。

どうしても飲み会に行かないといけないなら、脱毛日をズラしましょう。それくらい徹底した方が安全度は確実に上がります。

夏場に飲酒すると汗をかきやすくなり、冬場のアルコールは身体を覆っている衣服による刺激を感じやすくなります。

医療機関と提携している脱毛サロンを利用していても、トラブル対策が万全というわけではありません。

飲酒を控えるほんのちょっとの努力と工夫をするだけでトラブルを回避することは可能です。

たった1杯飲んでしまったことで、顔に炎症が・・・なんてことにならないように、くれぐれもご注意くださいね。

スポンサードリンク

PAGETOP