酵素ドリンクはコレステロールを下げる?高血圧を予防できる?

酵素ドリンクはコレステロールを下げる?高血圧を予防できる?
ダイエットや美容のために飲むものというイメージが強い酵素ドリンクですが、実は生活習慣病対策にも効果を発揮してくれることをご存知でしょうか? 男女問わず年齢を重ねるにしたがって誰もが注意しなければならないコレステロール値や血圧。健康への大きな指針となるこれらのポイントに、酵素ドリンクは効率的に働きかけてくれるのです。

では酵素ドリンクがコレステロール値や血圧をどのように改善してくれるのか、その仕組みをご紹介することにしましょう!

スポンサードリンク

 


もくじ

1.酵素ドリンクとコレステロール

コレステロールの働き

「悪玉コレステロール」「善玉コレステロール」という呼び名のインパクトからコレステロールは健康にとって良くないものだと思われがちですが、実際にはそうではありません。わたしたちの体の中でコレステロールは、

・ひとつひとつの細胞を包む細胞膜を構成し、安定させる
・脂肪を消化するための胆汁酸を作り出す
・脂溶性ビタミン(A、D、E、Kなど)の代謝を助ける
・ステロイドホルモン(男性ホルモン、女性ホルモンなど)の材料になる

などといった非常に重要な働きを担っています。そもそも体内のコレステロール量の4分の1は脳に集まっており、その量は神経系を全て合わせると3分の1以上にも上ります。脳の情報を体に伝えるためにはコレステロールの働きは必要不可欠。コレステロールはむしろ生命を維持するためになくてはならないものなのです。

善玉コレステロールと悪玉コレステロール

それではなぜ、コレステロール値が高いのは良くないと言われるのでしょうか。
まず知っておきたいのは、コレステロールに「悪玉」や「善玉」といったタイプがあるわけではないということ。悪玉コレステロールと善玉コレステロールの違いはその働きによるもので、分子構造などに違いがあるわけではありません。

悪玉コレステロールとは

肝臓で生成されたコレステロールは血管を通って体の隅々へと運ばれます。体のあらゆる場所でコレステロールが必要とされるわけですから、実際には運ばれてきたコレステロールはわたしたちにとって何かの害をなす悪役ではありません。

ところがコレステロールの量が必要以上に多く、使い切れないことが続けば余った分が血管内に残ってしまいます。それが酸化して血管内部に付着すると、血管が狭く硬くなり動脈硬化を引き起こします。そのため「悪玉」と呼ばれてしまうのです。悪玉コレステロールはLDLコレステロールとも呼ばれています。

善玉コレステロールとは

体の各部位で使用されたコレステロールは回収され、肝臓へと戻って新しいコレステロールが生成されることになります。たとえ生成されるコレステロールが多くても、それがしっかり回収されるのであれば、血管内に付着して動脈硬化を起こす心配はありません。このことから回収されるコレステロールを善玉とみなしているのです。善玉コレステロールのことをHDLコレステロールとも呼びます。

コレステロールの基準値

現在、日本独自の判定基準として検診などで用いられているコレステロールの基準値をご紹介します。

単位はmg/dL、カッコ内は受診勧奨判定値です。

総コレステロール値 140~199
LDLコレステロール値 60~119(180以上)
HDLコレステロール値 40~119(30以下)

ただしこの基準は諸外国に比べると非常に厳しいものになっており、現実に即していないとの声も多く聞かれます。動脈硬化は男女の別や既往歴などによってもリスクが大きく異なるため、今後実際の調査を反映させた新しい基準値が採用される見通しが高まっています。

その新しい基準値では正常値の上限が大きく緩和される見通しですが、「コレステロール値が高くても健康に全く問題がない」ということになるわけではありません。やはりこれまで同様、適正な値の維持こそが生活習慣病のリスクを引き下げる点は十分に理解しておきましょう。

悪玉と善玉のバランスも重要

基準値からわかるとおり、悪玉(LDL)コレステロール値が高すぎるのはいけませんが、善玉(HDL)コレステロールが低すぎるのも問題があるとされています。悪玉コレステロール値が高すぎるものを「高LDLコレステロール血症」、善玉コレステロールが低すぎるものを「低HDLコレステロール血症」と呼び、どちらも治療が必要となります。

そしてLDLコレステロールとHDLコレステロールのバランスも大切。健康のために最も良いバランスであるかどうかはLDLコレステロール値をHDLコレステロール値で割った数字でわかります。これをLH比といいます。

LH比の理想値は1.5以下。正常値は2.0未満で、この数値を超えるといわゆる「血液がドロドロの状態」とみなされます。数値が高ければ高いほど動脈硬化が進んでいると考えられ、できるだけ早い治療が求められます。

悪玉コレステロール値を改善するには

悪玉コレステロール値が上昇する脂質異常には次のような原因が考えられます。

・食べ過ぎ(カロリーや脂分の過剰摂取)
・運動不足
・ストレス
・過度の飲酒
・喫煙
・高血圧
・糖尿病
・加齢
・遺伝

加齢や遺伝によって悪玉コレステロール値が上昇してしまうのはある程度仕方のないことですし、ストレスに関してもすぐの解決は難しいものがあるでしょう。でも、それ以外の原因に関しては努力次第でコントロールが可能です。

運動不足もカロリー等の過剰摂取も、端的に言えば脂肪の燃焼が摂取カロリーに追いつかない状態になっていることに他なりません。また、その状態は脂肪の蓄積にもつながりますが、内臓脂肪が増加すると善玉コレステロールが減少するため、これもまた悪玉コレステロールを増やす原因となってしまいます。

脂質異常と高血圧、糖尿病はお互いに発症頻度を高め合う関係にあります。これに肥満を加え、いずれか2つ異常を併発したものをメタボリックシンドロームと言い、動脈硬化から始まる脳梗塞や心筋梗塞のリスクを上昇させるものとして注意が必要です。

食事の摂取制限は効果がない?

以前、コレステロール値が高い人に対して卵など高コレステロール食品の摂取制限が指導されていたことがありましたが、現在ではコレステロールの摂取制限はあまり効果的ではないこと、低コレステロールにもリスクがあることがわかり、この指導は廃止されています。

でもこれは食生活がコレステロールの上昇と関係がないことを表すものではありません。先ほどもご紹介したように、カロリーを摂りすぎたり質の悪い脂分を摂取するのは悪玉コレステロール値を上昇させる原因となります。摂取カロリーや食事内容の改善は、運動とともに悪玉コレステロール値を下げる非常にいい方法であることは間違いないのです。

悪玉コレステロール値を下げる食品と栄養素

悪玉コレステロール値を下げる食品には、

・DHA、EPA(ω3脂肪酸)を含む青魚(マグロ、ブリ、さば、さんま、いわしなど)
・植物性蛋白質、イソフラボン、レシチン、サポニン、食物繊維を含む大豆製品(納豆、豆腐、豆乳など)
・抗酸化作用を持つビタミンE、食物繊維が豊富な野菜
・ミネラルが豊富な海藻類
・カテキン、ポリフェノールを含むお茶(緑茶、紅茶、ウーロン茶など)
・ポリフェノールを含むコーヒー、ココアなど

などがあります。高カロリー・高脂質のものは控えめにし、その代わりに上記の食品を積極的に摂取するようにしましょう。

酵素ドリンクなら手軽にコレステロールを対策できる

とはいえ、毎日一定量以上の青魚を食べるのは大変。大豆や野菜が苦手だったり、仕事が忙しくてなかなか食事のバランスが取れないという方もいらっしゃるでしょう。また、カロリーの摂取を控えると言っても必要な栄養成分はしっかり摂らなければならないので、うまく内容を改善できないという方も少なくないのではないでしょうか。そこで登場するのが酵素ドリンクです。

酵素ドリンクには野菜や海藻、きのこ、お茶類の栄養成分が吸収しやすい形でぎゅっとつまっています。薄めて飲むだけなので摂取するのにも手間がかからず、おいしく飲める。毎日の習慣にするにはもってこいなのです。

また、置き換えダイエットやファスティングは摂取カロリーのカットに非常に効果的な方法にもなります。1日1食の置き換えダイエットならストレスも比較的少なくて済みますし、効果的なコレステロール対策になることは間違いないでしょう。難しい計算などは必要ありません。「コレステロール値が気になるからダイエットを始めたい」という方、すぐにでも酵素ドリンクを試してみませんか?

スポンサードリンク

 

<酵素ドリンクの口コミ・レビュー>


ベジライフ酵素液の原料や効果、味や飲み方をレビュー

ピュアネス酵素レビュー!空腹感対策成分の効果は?

優光泉☆無添加酵素ドリンクの味や効果を試した結果

酵素ダイエット!効果的な酵素ドリンクの飲み方

ごちそう酵素のダイエット効果は?7日間で検証してみた

お嬢様酵素 ダイエットと美容の効果を24日間検証した

ベルタ酵素の効果は?3日間酵素ダイエットに挑戦した感想

 

2.酵素ドリンクと血圧

高血圧の実態

日本高血圧学会の発表によれば、現在日本には4000万人もの高血圧の人がいるとのこと。しかし高血圧はかなり進行しない限りほとんど自覚症状がないため、本来は治療や対策が必要なのにも関わらず、放置したままでいる方も少なくないようです。

しかし高血圧は脳血管障害や心臓疾患など深刻な病気につながることが多く、放置していたのでは取り返しのつかない事態にもなりかねません。特に糖尿病や脂質異常症、肥満(腹腔内の脂肪の蓄積)を合併している場合には、そのリスクは何倍にも増加してしまいます。

ひとつの調査をご紹介しましょう。心筋梗塞になる確率について調べたもので、健康な人に比べて高血圧の方は心筋梗塞に2.6倍なりやすく、これに糖尿病と合併すると健康な人の6倍にもなりやすさが跳ね上がることがわかりました。これに脂質異常症や喫煙習慣が重なると、危険度は雪だるま式に膨らんでいくとされています。

高血圧の基準値

ではどこからが高血圧ということになるのでしょうか。高血圧はいわゆる上の血圧と言われる「収縮期血圧」と下の血圧と言われる「拡張期血圧」で表します。

成人における高血圧の基準値
(単位:mmHg 収縮期血圧/拡張期血圧)

○至適血圧:120以下/80以下
○正常血圧:130以下/85以下
○正常高値血圧:130~139/85~89
★I度高血圧(軽度):140~159/90~99
★II度高血圧(中度):160~179/100~109
★III度高血圧(重度):180以上/110以上

※至適血圧と正常血圧は収縮期血圧と拡張期血圧の両方の数値が該当するもの、それ以外は片方でも該当する上位の方と診断されます。

コレステロールと血圧は無関係ではない

高血圧はコレステロールと非常に密接な関係があります。善玉コレステロールに対して悪玉コレステロールが多すぎる状態だと、余ったコレステロールが血管に付着します。すると血管内が狭くなるので必然的に血圧が上がってしまうのです。もちろん血液自体にもコレステロールが増え、いわゆるドロドロ状態になれば、それも血圧を上昇させることにもなります。

血圧が高くなると血管に圧力がかかるため、動脈硬化につながります。動脈硬化が進むと血液が流れにくくなり、血圧の上昇にさらに拍車がかかることに……。このままではいずれ生命の危険にもつながりかねません。この悪い連鎖を一刻も早く断ち切る必要があります。

高血圧になる原因

高血圧になってしまう原因には次のようなものが考えられます。

・肥満
・カロリーや塩分、脂分の摂り過ぎ
・過度な飲酒
・便秘
・運動不足
・喫煙
・寝不足
・ストレス
・冷え性、低体温
・加齢
・病気
・遺伝

ひとつひとつを取り上げると誰でも何かしら引っかかってしまうような珍しくない事柄ばかりです。ただ、これらの複数のものが毎日積み重なっていけば、血圧を上げる原因になってしまうのです。実際、高血圧の原因はひとつだけではなく、複数のものが混在しているケースが多いと言われています。

また、血圧は日々変動していくものです。現時点では正常範囲であっても、年齢を重ねるごとに上昇していく可能性もあるので、ぜひ今日から予防策を生活の中に取り入れてみてください。

食生活の改善は対策の大きな柱

加齢や病気、遺伝など対策が難しいものや薬物治療が必要なケースももちろんありますが、それを含めても食生活の改善は高血圧対策の非常に大きなポイントとなります。具体的にどんな点を改善すべきなのかをご紹介していきましょう。

塩分は控えめにする

塩分は血液中に入り込みやすく、水分を抱え込みやすい性質を持っています。そのため、塩分を摂取すると血液の量が増え、血圧が上昇してしまいます。
また、塩分は血管を傷つけやすいため、二重の意味で塩分は控えめにする必要があるのです。

ミネラルを欲するのは人間の生理ですし、自分の味覚に合わないものを食べ続けるのはストレスを生む原因にもなります。そのため減塩をずっと続けるのはなかなか難しいのですが、血圧に対して最も効果が出やすいのが減塩でもあります。薄味に慣れられるよう、急に塩分をカットするのではなく少しずつ塩分を控えめにしていくのが長続きさせるコツです。

摂取カロリーはコントロールし、適切な体重を保つ

肥満になると血液量が増加することから、高血圧につながりやすくなります。また、内臓にたまった脂肪からは血管を収縮させ血液をドロドロ状態にするアディポサイトカインが分泌されることもわかっています。肥満の方の中でも特に内臓脂肪が多い方は危険度が高いと考えられるので、摂取カロリーを減らして適切な体重までダイエットを行いましょう。一説によると1キロのダイエットは血圧を2mmHg下げるとも言われています。

肥満になると高血圧だけでなく糖尿病や脂質異常症を合併する可能性も高く、血管にとっては非常に危険なメタボリックシンドロームの状態になります。逆に言えばダイエットすることでこれら全ての生活習慣病を予防・改善できることにもつながるわけです。

脂分は質のいいものを使用し、摂りすぎないようにする

毎日使う食用油の中にはコレステロール値を上昇させ、血管に付着して血管を狭くするとともに弾力を失わせる原因を作るものがあります。これは高血圧にも直結するので要注意です。

ラードやバター、マーガリンなど動物性のものは基本的にコレステロール値を上昇させやすい傾向にあります。またリノール酸が含まれるサラダ油(紅花油、コーン油、ひまわり油など)も酸化しやすいため、高血圧対策には不向きです。

お勧めできるのはω3系の亜麻仁油やえごま油などですが、ω3系の油は高価な上、熱に弱いという弱点があります。その点、ω3系ではないもののオレイン酸を豊富に含むオリーブオイルなら使いやすく、純度の高いエクストラバージンオイルであれば血圧を下げる作用も十分に期待できます。

食物繊維をしっかり摂って便秘を解消する

便秘は血圧を上昇させる原因となりますし、健康にとっても何ひとつ良いことはありません。便秘を解消するためには食物繊維をしっかり摂るのが効果的。そのためにも毎日野菜を十分に食べ、水分もしっかり摂るようにしましょう。

水溶性食物繊維にはコレステロールなどの体内の不要物を包み込んで体外に排出する働きもあります。コレステロール値が高めの方もぜひ野菜を積極的に摂るようにしてください。

過度な飲酒は控える

アルコールは少量なら血管を広げる作用があるため、血圧が下がります。ところが飲酒が習慣化すると、量に応じて血圧が上昇してしまいます。少量のお酒はまさに百薬の長。でも量を過ごせば毒薬になってしまいます。お酒は摂取カロリーを増やしてしまう原因にもなりますし、飲み方にはくれぐれも注意が必要です。

以上、食生活の改善を中心にまとめてみましたが、高血圧対策としてはこれだけでは不十分。

・有酸素運動を習慣化する
・ストレスをためない
・禁煙する
・睡眠不足にならないよう規則正しい生活を送る

などのことをトータルで行う必要があります。

酵素ドリンクで高血圧を改善するには

このように、高血圧対策には食生活の改善が大きなポイントとなります。そのためにぜひ役立てたいのが酵素ドリンクなのです。
酵素ドリンクには次のような働きが期待できます。

野菜やきのこ、海藻などの成分が効果的に摂取できる

野菜成分を摂取するなら野菜ジュースでもいいのでは?という意見もあるかもしれません。でも多くの野菜ジュースには、血圧対策としてあまり摂取したくない塩分が入っています。酵素ドリンクには塩分はほとんど入っていません。野菜自体を発酵させているので栄養成分が凝縮されて、少量でたくさんの栄養素を摂取できるところもすぐれています。

老廃物や不要な水分の排出

酵素ドリンクには利尿作用のあるカリウムや毒素を排出する亜鉛、便秘を解消する食物繊維などといったデトックス成分が豊富に含まれています。体から不要なものが排出されることで血圧が下がります。

抗酸化成分が脂肪の酸化を防ぐ

ビタミンやポリフェノールなど酵素ドリンクには抗酸化作用を持つ栄養素がたくさん含まれています。脂肪が酸化することで起こる動脈硬化を防ぐ働きにすぐれているため、効果的に高血圧を予防することができます。

血行促進

代謝が高まることで血行の促進が期待できます。ただし酵素ドリンクの原材料となる野菜の中には体を冷やしてしまうものも少なくありません。体を温める素材を多く使用している商品(優光泉などがあります)を選ぶか、熱くない程度に温めたホットで飲めば、冷え対策になります。

ダイエット効果にもすぐれる酵素ドリンク

コレステロール対策と同様に高血圧対策にもダイエットは欠かせません。酵素ダイエットは置き換えでもファスティングでも成功率の高いダイエット法。ダイエットにつきもののストレスも少なく、健康的に減量することができます。

酵素ドリンク選びで注意したいのは、無添加のもの、もしくはできるだけ添加物の少ないものを選ぶこと。特に糖分はダイエットを考えればできるだけ少ないに越したことはありませんし、混ざりものが多ければ多いほど肝心の成分が少なくなって効果が出にくくなる可能性もあります。

ただ、高血圧対策としてのダイエットは続けることが大前提なので、味や価格についても十分に考慮する必要があります。ぜひいろいろな商品を試してみて、自分の好みやライフスタイルも考え合わせながら自分のための1本を選んでみてください。

スポンサードリンク

PAGETOP