シアバターの効果は?使い方と手作りコスメのレシピ

シアバターの効果は?使い方と手作りコスメのレシピ
ここでは、保湿やシワなどシアバターのお肌への様々な効果の解説や、シアバターの使い方、シアバターを使った手作りコスメの作り方、アレルギー、副作用などシアバターを使う際の注意点などを掲載しています。

スポンサードリンク

 


もくじ

シアバターとは?成分について

 
シアバターは、アカテツ科のシア―バターノキの種子から採取できる植物性脂肪です。シアの木が自生するガーナでは、1,000年以上も前から食料、薬品、燃料など、万能薬として使われてきました。

日本では、ロクシタンを始めとする人気化粧品ブランドが保湿クリームの原料としてシアバターを取り入れた事により、美肌効果に優れた成分として知られるようになりました。

美容効果に優れたシアバターの成分

シアバターには、脂質を構成する「脂肪酸」が豊富に含まれています。脂肪酸は、人間の体にとって大切なエネルギー源となる重要な成分で、ビタミンの吸収を助けたり、ホルモンバランスを整える働きがあります。

脂肪酸には、「不飽和脂肪酸」と「飽和脂肪酸」がありますが、シアバターには不飽和脂肪酸のオレイン酸と飽和脂肪酸のステアリン酸を中心に、健康な素肌に導く美肌成分が微量に含まれています。

オレイン酸

シアバターの主成分は、約40%の含有量を誇る「オレイン酸」です。オレイン酸は、一価(単価)不飽和脂肪酸の一種で、最も酸化しにくく過酸化脂質の発生が少ないため、生活習慣病を防ぐ健康に良いオイルです。オレイン酸は、人の皮脂成分にも約40%含まれているため、肌への馴染みが良く、潤いを与える保湿効果に優れています。

ステアリン酸

シアバター成分の約30%を占める「ステアリン酸」は、飽和脂肪酸の一種です。牛肉、バター、チョコレートなど、身近な食材にも含まれている脂肪酸です。ステアリン酸には、抗酸化作用、抗菌作用、保湿効果があるため、健康で若々しい肌へと導くオイル成分ですが、食品として過剰に摂取すると、生活習慣病を引き起こしやすくします。

カロテノイド

優れた抗酸化作用があるカロテノイドは、紫外線による活性酸素の発生を抑えて、肌の細胞を保護します。また、皮膚や粘膜の再生を促し、肌を丈夫に保つ働きを持っています。

トコフェロール

天然のビタミンE成分であるトコフェロールは、血行を促進して、肌のターンオーバー機能を整えます。エイジングケアの美容成分として化粧品に使用される事も多く、若々しい肌を保つためのサポートをしてくれます。

アラントイン

傷を回復する作用に優れているアラントインには、古い細胞を剥がれ落とし、新しい細胞への生まれ変わりを促進する働きがあります。湿疹、ニキビ用の軟膏クリームの成分としても使われています。

スポンサードリンク

 

シアバターの美肌成分とは?女性に嬉しい美容効果

 
シアバターは、美しい素肌に導くための美肌成分含まれています。自然の恵みがもたらすシアバターの驚くべき美容効果をまとめました。

乾燥肌・敏感肌を守るシアバターの保湿効果

シアバターは、オイル成分が豊富に含まれているため、肌に塗る事で油分が皮脂膜を作り、水分蒸発を防いで潤い肌へと導きます。シアバターの主成分であるオレイン酸は、人の皮脂にも含まれている成分です。アレルギーなどのリスクが低く、子供やデリケートな肌質の方にも安心して使用する事ができます。

また、肌の乾燥を防ぐ事により、外部刺激に強いバリア機能を高められるため、敏感肌の予防・改善にも効果的です。

シアバターのアトピー・ニキビ肌への効果

アトピーやニキビによる炎症でダメージを受けてしまった肌は、外部刺激に弱いデリケートな肌質になっています。そのため、使用するスキンケアは、肌負担が少ないものを選ぶ必要がありますが、シアバターには保湿作用に優れたステアリン酸、オレイン酸に加え、抗炎症作用のトリテルペンアルコールなど、アトピー、ニキビ肌の改善に効果的な成分が豊富に含まれています。

傷口の回復を促すアラントインやビタミンE含まれているので、炎症を鎮めて健康な素肌へと導きます。ただし、シアバターには精製、未精製の製品があります。有効成分は、未精製シアバターに豊富に含まれていますが、不純物が混ざりやすく、アレルゲンとして反応してしまう方もいるため、アトピーの症状がヒドイ方はパッチテストによる肌チェックを行ってから、炎症部分に使用するようにしてください。

天然のUVケア対策!シアバターの日焼け止め効果

シアバターは、天然の日焼け止めとして使用する事ができます。シアバターには、紫外線吸収剤として、市販の日焼け止め製品にも配合されているケイ皮酸エステルが含まれているため、紫外線B波を吸収します。

紫外線B波は、細胞遺伝子にダメージを与えて、シミや皮膚ガンの原因を作り出します。また、真皮コラーゲン線維を壊してしまうため、シワが出来やすくなり、肌の老化スピードを速めます。

シアバターの日焼け止め効果はSPA3~6です。約1~2時間紫外線から肌を守る事ができます。長時間の外出時には、日焼け止めとしての効果が不十分ですが、添加物が含まれていないので、肌負担を与える事なくUVケアを行えます。

エイジングケアに!シアバターのシワ対策効果

肌のシワには、「表皮性のシワ」と「真皮性のシワ」があります。シアバターには、パルチミン酸というビタミンAを安定させる成分が含まれています。ビタミンAは、皮膚の再生を促す働きがあるため、2つのシワ対策に有効です。

小ジワ、ちりめんジワと呼ばれる表皮性のシワは、主に”乾燥”が原因です。保湿効果に優れたシアバターを塗ることで、肌に潤いを与えて小ジワを目立たなくします。

真皮性のシワは、肌の奥にある真皮線維がダメージを受ける事で、深いシワを作ります。1度出来てしまうと改善が難しいのですが、シアバターは真皮線維のダメージ原因の1つである紫外線から肌を守ります。ほうれい線のような深いシワを防ぐ働きがあるため、エイジングケアのシワ対策に効果的です。

シアバターでシミ&黒ずみ対策!美白効果

肌のシミや黒ずみ原因は、外部刺激による肌ダメージを受けた際の活性酸素です。活性酸素が発生すると、色素沈着を引き起こすメラニンが過剰に生成されます。シアバターには、活性酸素の発生を抑える抗酸化作用があるため、シミや黒ずみの予防に効果的です。

肌のターンオーバー機能を促進する働きもあるため、すでに色素沈着を引き起こしてしまった肌の改善にもおすすめです。ハイドロキノンのような強い美白効果はありませんが、紫外線から肌を守り、明るい素肌を保つためのサポートをしてくれます。シアバターは、酸化しにくい植物オイルのため、油やけの心配もいりません。

シアバターの妊娠線予防効果

妊娠線は、肌が急激に伸びることで皮膚が断裂し、ヒビ割れのような跡が出来てしまう肌の症状です。肌の乾燥は、妊娠線を出来やすくするため、保湿力に優れたシアバターをボディケアに取り入れる事は、妊娠線の予防に効果があります。

妊娠線は、痛みやかゆみはありませんが、見た目の印象が悪く、1度出来てしまうと元の肌の状態に戻す事が難しいため、妊娠が判明したら、早めにボディケアを取り入れましょう。お腹、太もも、お尻など、肌の柔らかい部分に出来やすいので、保湿成分の浸透性が高まるお風呂上りに使うのがおすすめです。

髪の毛から全身のケアに!シアバターの使い方

シアバターは、顔、体、髪の毛の全身ケアとして使えるため、毎月のコスメ代の節約をしたい方にもおすすめです。自然が生み出した万能なクリームで、美しさに磨きをかけましょう。

シアバターで美肌に!フェイスクリームとしての使い方

シアバターは、保湿力に優れているため、乾燥肌、ニキビ肌、年齢肌のケアにおすすめです。毎日のスキンケアに保湿クリームとして、シアバターを取り入れる事でハリのあるキメ細かな潤い肌へと導きます。

1回の使用量

シアバター1回の使用量

シアバターは、肌馴染みが良いため、フェイスクリームとして使う時は少量でも十分です。指先に付ける程度で、顔全体に伸ばすことができます。シアバターを付けすぎるとベタつきやテカリの原因となります。

使い方

シアバター使い方

シアバターをフェイスクリームとして使う時は、洗顔後のキレイな肌に使用します。洗顔をして水分を拭き取り、化粧水で肌を整えた後にシアバターを顔に塗っていきます。シアバターは、使用前は固形ですが体温ですぐに溶けるため、手のひらで柔らかく温めてから使うようにしましょう。

油分が多いので、朝のメイク前に使用すると化粧崩れを引き起こしやすいため、夜のスキンケアとして取り入れるのがおすすめです。

シアバターをクレンジングに!メイク落としに使う

シアバターは、植物性オイルです。ホホバオイルオリーブオイルのようにメイク落としのクレンジングとして使えます。

使い方

シアバターを少量手に取り、手のひらでこすり合わせるように温めると液体状になります。液体状になったシアバターを顔全体に伸ばし、マッサージをするようにメイク汚れを浮かせます。

メイクが濃い部分は、クルクルと指先で円を描くように撫で洗いすると汚れが落ちやすくなります。メイク汚れが浮いてきたら、ぬるま湯で「乳化」をさせてから洗い流します。しっとりとした肌に仕上がります。

シアバターをクレンジングに!メイク落としに使う
こちらは、手の甲にアイシャドー、マスカラ、リップ、アイラインを塗ったものです。

シアバターを肌に付け、ティッシュで拭き取るだけでメイク汚れが落ちる
シアバターを肌に付け、ティッシュで拭き取るだけでメイク汚れが落ちます。力を入れる事なくメイク汚れが落とせるので、クレンジングをする時は肌摩擦を加えないように優しく洗顔しましょう。

唇ケアに!シアバターでリップクリームに使う

 
保湿力に優れたシアバターを唇のケアに使用すれば、ふっくらとツヤのある唇に仕上がります。シアバターは、食用にも使われているため、口の中に入ってしまっても安全です。

使い方

シアバターをリップクリームに

シアバターをリップクリームとして使う時は、メンタムケースなどに入れておくと外出先でもケアできるため便利です。指先にシアバターを付け、唇に乗せてクルクルと指先でマッサージをしながら伸ばしましょう。体温でシアバターが溶け、唇に馴染むとウルウルとしたツヤ唇に仕上がります。

唇の乾燥が強くなる冬の時期は、シアバターを唇全体に塗ってから、ラップを重ねて5分程度置いておくと、簡単な唇パックのトリートメントケアが行えます。

シアバターで全身ケア!ボディクリームに使う

肌に優しいシアバターは、腕や脚など、全身のボディケアクリームとして使えます。使い方のコツを抑えて、美肌効果をアップさせましょう。

使い方

シアバターをボディクリームとして使う時は、体が温まる事で毛穴が開き、保湿成分の浸透力が高まっているお風呂上りに使用するのがベストです。カサつく肌の乾燥を抑え、しっとりと柔らかな肌に仕上がります。

肌に付着した水分が蒸発することで、乾燥が進みやすくなりますので、お風呂から出た後はタオルで軽く水分を拭き取り、出来るだけ早く保湿ケアを行うと潤い効果が高まります。シアバターを手のひらに取り、薄く肌全体に伸ばしていきます。

1度に沢山の量を使用すると過剰な油分が毛穴を覆ってしまうため、かゆみ、湿疹などの肌トラブルになります。ボディクリームとして使う時は、500円玉大程度の量で充分です。塗りすぎに注意し、マッサージをするように肌にシアバターを馴染ませましょう。

シアバターでツヤ髪&濡れ髪に!ヘアケア&アレンジに使う

シアバターは、オリーブオイルやホホバオイルと同じ植物オイルのため、髪の毛のヘアケア&ヘアワックスとして使えます。ツヤのある美髪に導くだけではなく、トレンドの濡れ髪ヘアも手軽に作れるので、髪に優しいオシャレを楽しみましょう。

ヘアケアとしての使い方

シアバターでヘアケア

シアバターをヘアケアとして使う時は、お風呂に入る前に行うのがおすすめです。まず、軽くブラッシングをしてから、髪の毛に付着している余分な汚れを落とします。その後、シアバターを手のひらに取り、柔らかくしてから乾いた髪の毛に付けていきます。

ダメージが強い毛先を中心に、揉みこみながら髪の毛にシアバターを馴染ませていきます。しっとりとツヤが出てくるので、そのまま放置してシアバターの有効成分を髪の毛に浸透させます。約15分ほど放置したら、いつも通りシャンプーをしましょう。

髪の毛をドライヤーで乾かすとサラサラに仕上がります。パサつきが気になる方は、ドライヤーで乾かした後に、少量のシアバターを髪の毛に付けるとパサつきのないしっとりヘアに仕上がります。

ヘアワックスとしての使い方

シアバターは、保湿力が高いため、髪の毛をまとめるソフトなヘアワックスとして使えます。1度に沢山使うとベタっとした印象になるため、ソフトワックスとして使う時は、1円玉大くらいの量で十分です。シアバターが固まったまま使うと髪の毛が白っぽくなるので、手のひらでワックスを溶かしてから使うようにしましょう。

トレンドの濡れ髪を作るウェットスタイルにしたい時は、多めの量を使ってください。毛束をまとめるようにシアバターを付けると艶っぽい濡れ髪ヘアが作れます。香料や保存料が含まれていないので、髪の毛にダメージを与えずヘアアレンジのオシャレが楽しめます。

ガサガサをなめらかに!シアバターをかかとケアに使う

冬の時期は、古い角質が蓄積しやすいかかとがガサガサになりやすいため、保湿力が高いシアバターをかかとケアに使いましょう。

使い方

かかとケアは、肌が柔らかくなっているお風呂上りに行いましょう。保湿成分が浸透しやすいので、潤い効果が高まり、なめらかなかかとに仕上がります。かかとの状態に合わせてシアバターの量を調節し、角質に塗り込むように肌に馴染ませます。

シアバターでかかとケア

かかとは角質が厚く乾燥しやすいので、100円玉大くらいの量を付けるのがおすすめです。古い角質が固く蓄積している方は、軽くヤスリなどでこすり、角質を落としてからシアバターを塗ると保湿成分が浸透しやすくなります。
008sheabutter

乾燥で白っぽくカサついていたかかとが、潤いのあるなめらかなかかとに仕上がります。

手荒れを改善!シアバターをハンドクリームに使う

シアバターは保湿力に優れ、抗炎症作用があるため、水仕事で荒れがちな手にも安心して使えます。乾燥、ひびきれ、あかぎれなどの改善に有効です。

使い方

シアバターをハンドクリームに使う

シアバターを少量指先に付け、乾燥しやすい手の甲から指先に向かってシアバターを伸ばしていきます。ハンドマッサージをしながら、指と指の間にも潤いを与えましょう。揉みこむように丁寧に肌に馴染ませるとキメが整ってきます。爪先も潤うので、ハンドケアをしながらネイルケアも同時に行えます。ほんのりとピンク色になるのは、血行が促進され浸透力が高まっているサインです。

格安の手作り用シアバターを使ってみた感想

010sheabutter

シアバターは色々なメーカーから販売されていますが、手作りコスメ用のシアバターをスキンケア&ヘアケアに使用してみたので、使い心地や効果についてレビューします。

ベタつきはある?シアバターの使い心地

シアバターは、固形の時は堅そうに見えるため、使用前は伸びが悪そうなイメージでした。しかし、実際に使ってみるとフワフワと柔らかいクリームで、肌にスーッと浸透するように溶け出します。

011sheabutter

クリームを手のひらで伸ばすと液体のオイルに変化します。馴染みが良く、嫌なベタつきもないサラッとした使い心地は、ココナッツオイルとよく似ています。

スキンケアとしての使用感

私は乾燥肌タイプなので、保湿力が高いシアバターでスキンケアを行うと、肌が潤ってくることをすぐに実感できました。ただし、塗りすぎるとかゆみが出てきてしまうので、薄く伸ばして使うようにしています。顔用、ボディ用と分ける事なく全身に使えるので、とても便利です。

ヘアケアとしての使用感

シアバターでヘアケアを行うと、付けた時はしっとりとしていますが、洗い流すとサラサラに仕上がります。とてもツヤが出るので、髪の毛が若々しくキレイに見えます。

ヘアワックスとして使う時は、ハードワックスではないのでヘアデザインの持続性は低いのですが、トレンドの濡れ髪を手軽に作れます。市販のオーガニックヘアワックスよりも、シアバターを使えば大幅にコストダウンできるので、経済的な面が魅力的です。

どんなニオイ?シアバターの香り

天然の状態を活かした未精製シアバターは、ナッツのようなニオイがあると言われています。私が購入したのは、精製シアバターのため、ほんのりと植物オイルの香りがするだけでした。無臭に近いので、使用中に不快な香りで気分が悪くなる事もありません。

未精製の植物オイルは、これまでクセがあるものが多かったので、香りに敏感な方はニオイが気にならない精製シアバターをおすすめします。

簡単手作り!シアバターを使った万能クリームの作り方

シアバターにプラスαの材料を加えてアレンジするだけで、美容効果に優れた万能クリームを簡単に作る事ができます。作り方を覚えてしまえば市販のシアバターに負けない手作りコスメに仕上がるので、是非挑戦してみましょう。

手作りシアバタークリームの作り方

シアバターで作る万能クリームのレシピを紹介します。ほぼ材料を混ぜるだけなので、不器用な方や初めての手作りコスメに挑戦する方にもおすすめです。

手作りシアバタークリームの材料

手作りシアバタークリームの作り方

・シアバター10g
・みつろう4g(小さじ2)
・植物オイル15ml(大さじ1)
・精油5~8滴
・耐熱ビン

013sheabutter
耐熱ビンに、シアバター、みつろう、植物オイルを入れます。みつろうを加える事で、保湿効果や品質の安定性が高まります。

014sheabutter

弱火で湯せんにかけて材料を溶かします。沸騰するとお湯が容器に入りやすくなるので、水分が入らないように注意します。

015sheabutter

材料がキレイに溶けると固体から液体に変わります。

016sheabutter

精油は熱いうちに入れてしまうと香りが飛んでしまうので、粗熱が取れてから入れます。

017sheabutter

熱が完全に取れ、クリームが固まれば完成です。

フェイスクリーム、ハンドクリーム、ヘアクリーム、ボディクリーム、クレンジングクリームなど、幅広い美容ケアに使えます。

お好みの精油で!アロマ入りシアバタークリームの作り方

精油には、心身をリラックスさせる効果があります。体調や気分によっても使い分ける事ができるので、お好みの精油でオリジナルのアロマ入りシアバタークリームを作りましょう。

作り方は、耐熱容器にシアバターを入れて湯せんで溶かし、粗熱が取れたらお好みの精油を加えるだけで完成です。精油の中には、光毒性があるものや妊娠中の使用は控えた方が良いものもあるので、精油の特徴や注意点をチェックしてから使用するようにしてください。

ホホバオイルの高保湿シアバタークリームの作り方

 
手作りのシアバタークリームを作る時は、植物オイルを加えると高保湿のクリームに仕上がります。植物オイルには、オリーブオイル、ココナッツオイル、アーモンドオイルなど色々な種類がありますが、ホホバオイルは非常に酸化しにくい高品質なオイルのため、手作りコスメの材料に適しています。

ホホバオイルを加えたシンプルな材料で作る高保湿のシアバタークリームは、「シアバター8:ホホバオイル2」の割合で作ります。2つの材料を耐熱容器に入れ、湯せんで溶かして熱を冷ますだけの簡単レシピですが、美容効果は抜群です。ホホバオイルを入れすぎるとクリームが柔らかくなりすぎるので、緩くなり過ぎた時は、シアバターを加えて固さを調節してください。

人気が高い市販のシアバタークリームブランド

シアバターは色々なメーカーから販売されています。人気商品をピックアップしたので、購入する時の参考にしてみてください。

ギフトに人気!ロクシタンのシアバター

 
ロクシタンは、1980年頃から西アフリカのブルキナファソにて、フェアトレードによる輸入をスタートさせました。伝統的な製法によるシアバタークリームの製造にこだわり、ひとつひとつ丁寧に拾い集められたシアの種子から採取されたシアバターは、100%自然由来の高品質なクリームとして世界中で人気を集めるコスメブランドに成長しました。

日本では1997年にロクシタンのショップがオープンすると口コミで人気が広がり、ベストコスメ大賞に輝くなど、現在はシアバターと言えばロクシタンというほど高い知名度を誇っています。

ハンドクリーム、ボディクリーム、アロマ入りクリームなど、幅広い種類のシアバタークリームを販売しているため、ギフト用の贈り物としても人気があります。

ハーブの香りが漂う生活の木のシアバター

1950年代から日本でのハーブのある生活を目指し、商品開発をスタートさせた生活の木は、オーガニックやハーブ製品のコスメを取り扱うブランドです。生活の木では、「ハンドクリーム、ボディクリーム、化粧下地クリーム」の3つのシアバター製品と手作り用の精製シアバターを販売しています。

ハーブを配合したハンドクリームは、精製シアバターが25%配合されているため、口コミでは手荒れの改善に効果が高い製品として高い評価を得ています。ローズ、カレンデュラ、プレーン、ラベンダーの4種類から選べるので、お好みのハーブの香りが楽しめるところも魅力的なポイントです。

高品質&低価格ママバターのシアバター

ママバターは、赤ちゃんや妊娠・出産をしたママのためのコスメブランドとして誕生しました。ナチュラルコスメを販売しているため、安心&安全な製品作りはもちろんの事ながら、リーズナブルで継続して使いやすい価格での販売を目指しています。そのため、高品質で安いシアバターのブランドとして、多数の雑誌に取り上げられています。

ママバターのフェイス&ボディクリーム用のシアバターは、純度100%のシアバターです。防腐剤や添加物が一切含まれていないので、敏感肌の方にも安心して使えます。

練り香水としても使える香彩堂のシアバター

京都生まれの香彩堂は、お線香やフレグランスを取り扱うショップです。香彩堂のシアバターは、持ち運びに便利なミニサイズの容器となっています。和をイメージした花柄のイラストが、女性心をくすぐるオシャレで可愛いデザインパッケージのため、プチギフトとしてもおすすめです。

「サクラ、ユズ、フジ、ツバキ、ホワイトローズ」5つの香りの中から選べ、スキンケアはもちろんの事ながら、練り香水としても使用できます。しっかりと香りがあるシアバターですが、香水が苦手な方でも落ち着く香りとして評判です。

大容量でコスパが良いnow foodsのシアバター

Now foods(ナウフーズ)は、オーガニック認定の海外コスメブランドです。100%のピュアシアバターは、日本製品は10g、30gなど少量で販売されていますが、ナウフーズのシアバターは輸入商品らしく200gを超える大容量で販売されています。

非常にコストパフォーマンスが良い商品のため、ボディクリーム、フェイスクリーム、ヘアケアなど、シアバターをマルチに活用したい方や家族全員のスキンケアに使いたい方におすすめです。海外製のシアバター商品のため、通販サイトか輸入コスメの専門ショップで購入する事ができます。

シックのイントゥイションのシアバター入りカミソリ

シェービングブランドとして人気のシックでは、カミソリの保湿成分としてシアバターを配合したイントゥイションシリーズを販売しています。水に濡らしてムダ毛を処理すると、モイスチャーソープが肌に潤いを与えながらシェービングできるため、肌ダメージを抑えたお手入れが行えます。

口コミでは、カミソリ負けしにくく、スムーズにムダ毛ケアが出来ると評判です。価格も手ごろなので、肌に優しいシェービングをしたい方におすすめです。

シアバターに関するQ&Aコーナー

シアバターに関する気になる疑問をまとめました。使用上の注意点や購入時の参考にしてください。

シアバターの精製と未精製、どちらを選べば良い?

シアバターには、精製方法が異なる「精製」と「未精製」があります。それぞれにメリット、デメリットがあるため、特徴を踏まえて自分に合ったシアバターを選びましょう。

精製シアバター

精製シアバターは、品質の安定性を保つために不純物を取り除いて精製します。不純物を取り除く際に、有効成分が減ってしまうというデメリットがありますが、ニオイがなく無色のため、クセがないので手作りのアレンジコスメを楽しむ材料に適しています。

未精製シアバター

伝統的な製法で作られる未精製シアバターは、自然なまま抽出しているため、微量な成分が丸ごと含まれています。クリーム色でナッツのような香りがするため、ややクセがありますが、シアバター本来の有効成分を活かせるのがメリットです。精製シアバターよりも融点が低く、人間の体温に近い35~37℃で溶けるので、肌馴染みが良くサラっとした使い心地です。

シアバターの使用期限の目安は?

シアバターの使用期限の目安は、未開封のシアバターは約1年。開封済みのシアバターは、約半年です。開封後は、空気に触れる事で少しずつ酸化が始まりますので、肌への安全性を考えるなら3カ月程度で使い切るのがおすすめです。特に、保存料が入っていないシアバターは、できるだけ早めに使い切るようにしましょう。

酸化してしまったシアバターは、油やけの原因になるため注意してください。シアバターが溶けてしまったり、粉っぽくなる事もありますが、こちらは品質に問題はありません。古い油のようなニオイ、色の変化が起きている場合は、使用期限に関わらず使用を控えてください。

シアバターの保管・保存方法は?

シアバターを保存しておく時は、置き場所に注意して保管するようにしましょう。シアバターは、「空気、直射日光、高温多湿」の場所を避けて保管します。

市販の精製・未精製シアバターは、1袋に沢山の量が入っていますので、使用する分だけ保存容器に詰め替えて使うようにしましょう。保存容器は、フタが閉まる密閉タイプを選んでください。光が当たらない遮光ビン、アルミ缶などがおすすめです。固形で詰め替えにくい時は、1度湯せんにかけて溶かし、液体状にしてから詰め替えるとキレイに保存容器に移す事ができます。

夏の時期は、36度以上の高温日になるとシアバターが溶けてしまうため、冷蔵庫に保存しておくようにしましょう。

シアバターでアレルギーは起きる?

シアバターは、敏感肌の方にも使用できる安全性が高い製品ですが、アレルギー症状が出てしまう方もいます。シアバターのアレルギー症状は、かゆみ、かぶれ、赤みです。万が一、シアバターの使用後に症状が現れた場合は、すぐに使用を中止しましょう。

シアバターは赤ちゃんにも使える?

シアバターは、乾燥から肌を守る働きに優れているため、陽射しが厳しいアフリカでは、乾燥から赤ちゃんの肌を守るための保護クリームとして使われてきました。純度100%のシアバターなら、デリケートな赤ちゃんの肌にも安心して使えます。また、妊娠・授乳中のママの肌にも使用が可能なので、親子でシアバターを使えます。

※アレルギー等の心配もありますので使用前に必ず医師に確認を!

シアバターでまつ毛が伸びるって本当?!

シアバターは、まつげ美容液としても使用できます。まつげに塗る事で、ハリを与えて抜けにくくします。ただし、まつげに使用する時は、目に入らないように十分注意しましょう。指先に少量のシアバターを取り、溶かしたシアバターの油分をまつげに付けるようにしてください。

シアバターは化粧下地にも使える?

シアバターは、保湿、日焼け止めとしての効果がありますが、油分が多くメイクが崩れやすくなるため、化粧下地としての使用は不向きです。シアバターを化粧下地として使いたい方は、市販の化粧下地用シアバターを使いましょう。

シアバターでイボが取れる?

シアバターは、肌の代謝を促進し、傷口を回復させる作用があるため、皮膚が角化してしまう老人性イボが改善する事があります。しかし、ウイルス性のイボもあるため、必ずしもシアバターで全てのイボが除去できるわけではありません。

シアバターの副作用は無いの?

シアバターは、食用にも使われているため、アレルギー以外の副作用リスクはありません。
万が一、口に入ってしまっても体に悪影響を及ぼす恐れがないため、小さなお子さんがいるご家庭でも安心して使えます。

シアバターはどこで買える?

シアバターは、専門コスメショップ、ドラッグストア、ディスカウントショップなどで販売されています。手作り用の精製・未精製シアバターは、オーガニック製品の取扱いショップや通販サイトにて購入する事ができます。

どう使い分ける?シアバターとミツロウを比較

手作りコスメの原料として人気が高いシアバターとミツロウ。どちらも天然由来の成分のため、敏感肌の方にも使える肌への安全性が魅力的ですが、どのように使い分ければ良いのでしょうか?特徴を比較してみました。

美肌力が高いのは?シアバターとミツロウの効果

シアバターは保湿力が非常に高く、ミツロウは抗菌作用、殺菌作用に優れています。乾燥肌や敏感肌の方はシアバター。ニキビ肌の方はミツロウの方がおすすめです。どちらも美肌をもたらす成分なので、肌の状態に合わせて使い分けると効果を実感しやすくなります。

ただし、シアバターは製品の劣化が速く、ミツロウはテクスチャーが固いというデメリットがあります。そのため、2つを組み合わせると双方のデメリットを解消しながら、成分の相乗効果が期待できます。

シアバターとミツロウのアレルギーリスク

シアバターの原料はシアの木の種子ですが、ミツロウはミツバチの分泌液が原料となっています。基本的には、どちらも安全な製品ですが、ミツバチアレルギーがある方はミツロウにも反応しやすくなります。特に未精製のミツロウは、不純物が混入しやすく、アレルギーが出やすいため、体質的にアレルギー症状を引き起こしやすい方は注意しましょう。

シアバターは、人の皮脂成分と似ているため、アレルギーが起こりにくく、安全性の高さで選ぶなら、不純物が取り除かれた精製シアバターがおすすめです。

シアバターとミツロウの保存期限

シアバターは、未開封の製品であっても保存期限は約1年と短く、長期保存には適しません。一方、ミツロウは抗菌作用があるため保存期限が非常に長く、未開封のミツロウは半永久的に保存が可能とも言われています。

開封済みのシアバターは、ミツロウよりも非常に劣化が速いため、すぐに使い切る必要があります。シアバターを1度に沢山購入してしまうと保存期間中に劣化し、使用する事ができなくなってしまうため、長期保存を望む方、品質の安定性を望む方はミツロウがおすすめです。

スポンサードリンク

PAGETOP