酵素ドリンクは糖尿病の人・血糖値が高く糖質制限してる人は飲めない?

酵素ドリンクは糖尿病の人・血糖値が高く糖質制限してる人は飲めない?
血糖値が高く、糖尿病であったり糖質を制限している方にとっては、どの食物に糖分が多く含まれているのか、またいないのかについて大いに関心があることでしょう。

酵素ドリンクは甘い味がついているものが多い一方で、ダイエットにいいという相反する性質を持っています。では糖尿病の方、糖質制限をしている方は酵素ドリンクを飲んでもいいのでしょうか。それとも控えたほうがいいのでしょうか。

スポンサードリンク

もくじ

<酵素ドリンクの口コミ・レビュー>


ベジライフ酵素液の原料や効果、味や飲み方をレビュー

ピュアネス酵素レビュー!空腹感対策成分の効果は?

優光泉☆無添加酵素ドリンクの味や効果を試した結果

酵素ダイエット!効果的な酵素ドリンクの飲み方

ごちそう酵素のダイエット効果は?7日間で検証してみた

お嬢様酵素 ダイエットと美容の効果を24日間検証した

ベルタ酵素の効果は?3日間酵素ダイエットに挑戦した感想

酵素ドリンクには糖分が含まれている

糖尿病は血糖値がある一定の基準を超えて高いものをいいます。基準値より少し高めといった程度であればほとんど自覚症状はありませんが、病状が進行していくにつれ、やたらとのどが渇いたりトイレが近くなったり、疲れやすくなったりといった症状が見られるようになります。

でも本当に怖いのは糖尿病は生命にもかかわる合併症を起こしやすいということ。肥満や高血圧などが重なると動脈硬化のリスクを高めることになりますし、神経障害や失明、腎不全などを引き起こす恐れもあります。

そもそも血糖値というのは血液中にどの程度のブドウ糖が含まれているのかを表すもので、糖尿病ではない方でも食事をするとある程度の血糖値の上昇は見られます。しかし糖尿病の方の場合にはインスリンが不足している、もしくは働きが十分でないため、食事をすると血糖値が急激に上昇し、なかなか下がってきません。その血液中の過剰な糖が尿の中に漏れ出るために「糖尿病」になってしまうのです。

糖尿病には遺伝的な要因が少なからず関係していると見られている「1型糖尿病」と、生活習慣が大きな原因であると見られる「2型糖尿病」の2種類があり、日本では後者の2型糖尿病が約9割を占めています。1型糖尿病の方の多くは10代に発症し、その治療はインスリン製剤を注射することで行われます。

一方、2型糖尿病の治療では、

・食事療法
・運動療法

が2本の柱となり、これで改善しない場合には、さらに併せて薬物治療などが行われることになります。

このうちの食事療法に関しては、カロリーや糖質を摂りすぎないことが大きなポイントとなります。肥満もしくは太り気味であるのなら当然、ダイエットする必要も出てくるでしょう。となると酵素ドリンクを飲んでダイエットするのは悪くないことのようにも思えるのですが、実際のところは問題はないのでしょうか?

糖尿病の方には酵素ドリンクはおすすめできない?

糖尿病を患っている方、もしくは糖質制限が必要な方が果たして酵素ドリンクを飲んでもいいのか?

率直に言うと、血糖値に問題がある方の酵素ドリンクの飲用はお勧めしません。

スポンサードリンク

確かに酵素ドリンクは栄養価が高く、生活習慣病対策に役立つ成分がたくさん入っています。でも同様に糖分も含まれています。血糖値を上げる元になっているものが原材料として使用されているのです。

糖尿病の治療で重視されるもののひとつがカロリーや糖類摂取のコントロールです。酵素ドリンクのカロリーに関しては高いものから低いものまで様々なタイプの商品があります。が、糖類に関してはほとんどの商品が原材料を発酵させる際に砂糖を使用していますし、飲みやすくするためにあえて糖分をプラスしているものも少なくないため、それらが問題となってくるのです。

甘味成分の性質

まず、酵素ドリンクによく使用されている甘味成分を中心に、糖分・甘味料にはどのような種類のものがあり、どんな性質を持っているのかをご紹介します。

甘味料には天然由来のものの他に人工的に作り出されるものもあります。天然の甘味料の多くは血糖値を上げ、カロリーも高め。それに対して人工甘味料は血糖値が上がりにくくカロリーが低いものが多いのですが、安全性を疑問視する声も少なくありません。

1.食品に分類されるもの

1-1.糖類

ブドウ糖(グルコース)、果糖、麦芽糖(マルトース)、ショ糖(スクロース)、乳糖(ラクトース)、オリゴ糖など

ブドウ糖は自然界に最も多く見られる糖で、吸収が良いため血糖値が上がりやすい性質を持っています。
果糖は血糖値を上げにくい糖なのですが、脂肪を増やしやすい、つまり太りやすいという性質を持つため、糖尿病の方にも糖質制限している方にもあまりおすすめできるものではありません。

ショ糖は砂糖の主成分となるもの。麦芽糖は砂糖に比べると低カロリーですが、こちらも血糖値を上昇させるため、ともに糖質制限している方にはNGです。

乳製品に含まれる乳糖は血糖値を上昇させにくい糖ですので、これは摂取しても大きな影響はないでしょう(ただしどの程度の上昇になるのかは個人差があります)。

難しいのがオリゴ糖。血糖値を上昇させるものとさせないものとがあるからです。要注意なのがイソマルトオリゴ糖、大豆オリゴ糖で、これらを摂取すると血糖値が上がります。酵素ドリンクの原材料名を見ても単に「オリゴ」としか記載のないものはメーカーに確認するか、摂取を控えたほうが無難でしょう。

1-2.自然のものを精製して作られた甘味料

砂糖(上白糖、黒糖、甜菜糖、メープルシュガー、ココナッツシュガーなど)、水飴、ブドウ糖果糖液糖、シロップ(メープルシロップ、デーツシロップなど)、ハチミツなど

これらの多くはカロリーが高く、血糖値を上げてしまいます。健康にいいと言われる黒糖にはミネラルが豊富なのですが、血糖値を上昇させることに関しては上白糖と変わりありません。同じく健康に様々な恩恵をもたらすハチミツにもブドウ糖やショ糖が含まれています。アカシアハチミツなど一部血糖値を上げにくい種類のものもありますが、酵素ドリンクに使用されているものは単に「ハチミツ」としか記載されていないため、やはり摂取には慎重になるべきです。

この中で血糖値の上昇が緩やかで摂取してもそれほど問題がないと考えられるのは甜菜糖とココナッツシュガーの2つ。ただしカロリーは砂糖と変わらないので、過剰摂取してしまったのでは元も子もありません。

2.人工甘味料(添加物)

人工甘味料には自然のものを原材料に加工・合成して作られる「糖アルコール」と、文字通り人工的に合成して作られる「合成甘味料」の2種類があります。

安全性が高いものとして認められている糖アルコールは体に吸収されにくく、総じて虫歯になりにくいメリットを持っています。ただ、カロリーの高いもの、血糖値を上げてしまうものも少なくないため、摂取していいものかどうかはよく確認する必要があります。

合成甘味料にはカロリーゼロで血糖値に影響を与えないものも多く存在しています。安全性は確認されていますが、一部健康リスクに対して疑問を抱く声もあります。

2-1.糖アルコール

エリスリトール、イソマルト、ラクチトール、マルチトール(還元麦芽糖)、ソルビトール、キシリトール、ステビアなど

人工甘味料に分類はされるものの、カロリーゼロで血糖値を上昇させず、しかも安全性が確立されている甘味料があります。それがエリスリトールです。果物や発酵食品などに多く含まれる希少糖のひとつで他の甘味料に比べて下痢を起こしにくいというメリットもあります。エリスリトールは糖尿病の方が摂取されても問題はありません。

マルチトールは麦芽糖(マルトース)から作られる糖アルコールです。砂糖に似た味わいで甘味も砂糖の9割程度あり、熱に強いため、酵素ドリンクをはじめ多くの食品に使用されています。カロリーは砂糖の4分の1程度なのですが、血糖値は砂糖の半分程度上昇させてしまうため、摂取に注意が必要です。

イソマルト、ラクチトール、ソルビトール、キシリトールは、カロリーは砂糖の約半分。血糖値も砂糖の半分程度上昇すると考えて差し支えありません。これらも要注意の糖アルコールです。

ステビアに関してはノンカロリーで血糖値はほとんど上昇しないため、血糖値が高い方にもお勧めすることができます。ただしステビアには重い甘味があり、味にキレがありません。風味に違和感を覚える方も多いことから、よく砂糖など他の甘味料と併せて使用されています。併用される甘味料の性質をしっかり確認するようにしましょう。

2-2.合成甘味料

スクラロース、ネオテーム、アスパルテーム、アセスルファムカリウム、サッカリンなど

安価に合成できて砂糖の何倍もの甘みを持ち、しかもカロリーゼロ。血糖値を上昇させたくない糖尿病の方には夢のような甘味料ですが、その反面、腸内環境を悪化させたり耐糖能に異常をきたしたりする可能性が取り沙汰されています。特にアスパルテーム、スクラロース、サッカリンは糖尿病の発症リスクを高めるとの研究結果も発表されています。摂取には慎重になることをお勧めします。

人気の酵素ドリンクに使用されている糖分は?

酵素ドリンクの中でも人気の高い商品をピックアップして、具体的にどんな糖が使用されているのかを調べてみました。上記の甘味成分の性質と併せてご覧ください。

記号:
◎血糖値を上昇させないもの
○血糖値の上昇は緩やかなもの
△血糖値をやや上昇させるため要注意のもの
×血糖値を上昇させるので勧められないもの
!合成甘味料
お嬢様酵素
マルチトール(△)/スクラロース(◎!)/ネオテーム(◎!)

ベルタ酵素
ハチミツ(×)/果糖ブドウ糖液糖(×)/イソマルトオリゴ糖(△)/エリスリトール(◎)

エッセンシア酵素
なし

優光泉
なし

酵素八十八選
甜菜糖(○)/オリゴ糖(△)/黒砂糖(×)/ハチミツ(×)

ベジライフ酵素液
黒糖(×)/砂糖(×)

ベジーデル酵素液
黒糖(×)/果糖ぶどう糖液糖(×)/オリゴ糖(△)

毎日酵素
ハチミツ(×)

いかがでしょうか。調べてみたところ、原材料の中に糖分が見当たらなかったのはエッセンシア酵素と優光泉の2つのみ。あとは血糖値を上昇させやすいものが使用されていました。

甘味料はゼロでも糖質ゼロではない!

ただしエッセンシア酵素も優光泉もいわゆる「糖類ゼロ」ではありません。野菜の中でも芋類、かぼちゃ、とうもろこしなどや果物にはもともと糖分が多く含まれているからです。

「そこまで言うと食べるものがなくなってしまうじゃないか」と言われるかもしれません。実際、食事をしたら血糖値が上がるのは至って普通のことで、これは酵素ドリンクを飲む場合に限ったことではありません。ですので、ダイエットのために糖質を控えたいなどの場合であれば、野菜に含まれている糖質まではそれほど深刻に考える必要はないでしょう。

ただ、糖尿病やその予備軍である方が治療の一環として食事を考える場合には、やはり血糖値のコントロールについては厳格に捉える必要があります。注意しましょう。

優光泉に関しては、公式ブログに「糖質制限の厳しい糖尿病の方が飲んでも問題ないという特許を取得している」との記載がありますが、血糖値の状態には個人差があります。自己判断せずかかりつけの医師にご相談の上で飲用を決められることを強くお勧めします。

低血糖にも要注意!

血糖値に問題のある方がダイエットをするのはとても良いことです。ファスティングも断食療法として糖尿病の治療に数々の成果を上げています。ただし、やはり自己流は危険。効果は正しい方法で行ってこそなのです。

リスクのひとつに低血糖があります。血糖値に問題のない人がファスティングを行った場合にも低血糖を起こすことがありますが、血糖値を下げる薬を飲んでいる方やインスリン注射をしている方はさらに低血糖状態になりやすくなっています。しかも起これば非常に深刻な事態を招きかねません。ファスティングは必ず医師や栄養士の指導を受けて取り組むようにしてください。

糖尿病の予防には効果的な酵素ダイエット

糖尿病の治療を目的とした酵素ドリンクの飲用に関しては疑問のあるところですが、「糖尿病を予防したい」「生活習慣病対策のためにダイエットしたい」という場合には酵素ドリンクは大いに効果を発揮してくれるはずです。

1日1~2食を酵素ドリンクに置き換えるダイエットもファスティングも、カロリーを的確に減らす方法としてはきわめて優秀で、確実性があります。普段から間食が多い方なら、その間食を酵素ドリンクに置き換えるだけでも大きな効果が見込めます。

酵素ドリンクの中には野菜や果物、野草などに含まれるビタミン、ミネラル、ポリフェノールなどがギュッと凝縮され、消化吸収のいい状態でたっぷりつまっています。何よりいいのは使用されている原材料が非常に幅広いことから、サプリメントのように特定の成分に特化するのではなく、様々な栄養素が同時に摂取できる点です。また食物繊維も摂れるため、血糖値とともにコレステロール値の異常や中性脂肪が気になる場合にも有効です。

そして糖尿病対策には食生活の管理とともに運動も大切。酵素ダイエットと運動を組み合わせて、上手に糖尿病の予防をしていきましょう。

スポンサードリンク

PAGETOP