青汁で口臭予防・口内炎の改善ができる?

青汁で口臭予防・口内炎の改善ができる?
お口の悩み・トラブルと言えば、口臭や口内炎ですね。
青汁で口臭を予防したり口内炎を改善できるという情報があるようですが、本当でしょうか。

口臭や口内炎には原因によっていくつかの種類があるようです。
実は、ある種の口臭や口内炎には青汁に含まれる栄養が有効な場合があるのです。
果たして口臭や口内炎に青汁はどのような働きをしてくれるのでしょうか?

スポンサードリンク

もくじ


めっちゃたっぷりフルーツ青汁って本当にダイエット効果があるの?

エバーライフ バランス30選 飲みごたえ野菜青汁の効果は口コミどおり?

やわたのおいしい青汁の効果は?口コミとレビューした私の評価

ファンケル本搾り青汁ベーシックの味・効果をレビュー

口臭の原因と解決法

他人の口臭は自分の口臭以上に気になるものです。
口臭は時として円滑な人間関係を壊してしまうこともあり、決して軽視できる問題ではありません。

自分も口臭がしていないかエチケットとして気にしている方も最近では少なくないはずです。また、身近な人に口臭を指摘されてしまったり、話しかけたときに顔をそむけられたりして自分の口臭に気づきショックを受けている方もいるかもしれません。

口臭はデリケートな問題だけに、人に相談しづらかったり、どう対策していいのかわからないと一人で悩んでいる方もいるはずです。
口臭の原因と対策法についてご紹介します。

口臭の原因1:口の中の環境が原因で発生する口臭

口臭のほとんどは口の中の環境が原因で発生することが多いようです。
口の中には細菌がたくさん住んでいます。

この細菌は、唾液や古い細胞、歯磨きで取り除けなかった食べカスに含まれるタンパク質を分解します。タンパク質を分解するときに、揮発性硫黄化合物が発生して口臭となります。

このにおいの元となる揮発性硫黄化合物が発生しやすくなっている原因が口臭の原因とも言えます。

その原因は大きく分けて2つあります。

1つは、唾液が少なく口の中が乾いていたり、ストレスに長期間さらされている、舌のお手入れをしていないといった生理的な原因からにおいの元が発生しやすくなっている状態です。

もう1つは、病的な原因からにおいの元が発生しやすくなっている状態です。
歯茎からの出血や腫れがあったり、歯や詰め物の表面がザラザラしていたりグラグラと不安定な状態になっている、歯や詰め物が取れたままといった状態に心当たりのある方は、歯周病や虫歯など病的な原因で口臭が発生しているかもしれません。

口の中の環境が原因の場合の解決法

口の中の細菌が異常に増えてしまっている場合は、口の中の菌を正常な範囲の数に戻すことで口臭が落ち着くこともあります。青汁の中にはクロロフィル(葉緑素)という成分が含まれており、殺菌作用があるといわれています。

この殺菌作用から口内の細菌を殺菌することで口臭予防に効果があるといわれているようです。

ただし、口の中の環境が原因で口臭が発生している場合でも、青汁を飲んでいるだけでは口臭が改善しない場合も多々あります。そのときは、青汁で対処できないほど何らかの原因によって口の中の菌が増えてしまっていることも考えられます。

また、歯周病や虫歯などは青汁で治すことはできません。
この場合は、歯科や口腔外科で治療を受けない限り口臭も治ることはありませんし、何よりも歯周病や虫歯は全身の疾患にも関連してくるので早急に治療することをおすすめします。

口の中の細菌を増やさない・減らすためにも、歯周病や虫歯の予防や進行をさせないためにも丁寧なブラシングは欠かせません。これは青汁以前の問題ですが、「ちゃんと歯磨きしているよ!」という方がほとんどだと思います。

ただ、「磨いている」のと「磨けている」のとは全く違います。
「磨けている」人は意外と少ないようです。
歯科でブラッシング指導を受けて歯ブラシやデンタルフロスの使い方をマスターしましょう。その上で補助的に青汁を利用することで、上手に口臭をコントロールできるといいですね。

口臭の原因2:胃腸の環境が原因で発生する口臭

口臭の原因の中には、胃腸の環境によって発生する類のものもあります。

例えば、便秘の場合、腸内にたまった老廃物や腐敗したガスが口から出てきてしまうといったことが挙げられます。便秘でなくても、善玉菌より悪玉菌が多いなど腸内環境が乱れている場合、悪臭の原因となるガスが発生しやすくなり、口臭も発生しやすい状況であるといえます。

また、胃が荒れているときに口臭がきつくなったと感じたことのある方もいるのではないでしょうか。

胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍になってしまうと、消化不良を起こし、卵の腐ったような非常に強い口臭が発生することがあるようです。胃がんの場合にも強い口臭が症状として現れることがあるようです。

胃のトラブルは、胃に負担がかかる食生活やストレスなどさまざまな要因がありますが、とくにピロリ菌は胃の粘膜を損傷させるときにアンモニアを作り出すことから胃のトラブルと口臭の両方の原因になってしまいます。

胃腸の環境が原因の口臭の解決法

まず、口臭がするほどの胃腸の状態が悪いようであれば一度内科や消化器科の受診をおすすめします。

確かに胃炎や便秘といったよくあることでも口臭の原因になってしまうこともありますが、自己判断では重大な病気の発見が遅れる危険性もあります。
病院を受診し、適切な治療や指示を受けたうえで青汁を併用するほうが効果的に口臭を撃退することができるはずです。

便秘など腸にトラブルがある場合、食物繊維が足りていないことが多く、食物繊維を摂ることが便秘などの腸トラブルの解決に役立つことがあります。
青汁は野菜が主原料のため、食物繊維が含まれており便秘解消にも役立ちます。

胃炎など胃にトラブルがある場合は、胃の炎症を鎮めることが大切です。胃の炎症を抑えるためには、暴飲暴食をひかえ、炎症に対抗できるようビタミンなどの栄養をきちんと摂るようにしましょう。

青汁にはビタミンCなど炎症と闘うために必要なビタミンが含まれています。
ビタミン以外にも、クロロフィル(葉緑素)は胃薬の原料にも使われており、胃の粘膜を保護してくれる働きがあるといわれています。

胃の調子が悪いときに断食をして胃を休める方もいると思いますが、そのときの栄養補給としても青汁はおすすめです。

口内炎の原因と解決法

時々お口の中にできる痛い口内炎…ひどいときは1つだけでなく複数個できてしまったり、治ったと思ったらまたできたということもあります。
痛くて食事や会話が楽しめないと日々の生活にも支障が出てきてしまうこともあるかもしれません。

早く治したい、口内炎ができないようにしたい…と考えている方は必見の、口内炎の原因と解決法をご紹介します。

スポンサードリンク

口内炎の種類とそれぞれの改善方法

口内炎には4つの種類があることをご存知でしたか?
4つの口内炎の種類と原因についてみていきましょう。

アフタ性口内炎

みなさんが必ずと言っていいほど経験したことのある、よくある口内炎です。白い潰瘍に、周辺が赤くなる症状で、1個だけでなくいくつかできることもあります。
食べ物を食べたり歯ブラシが触れたりすることで強い痛みを感じますが、特に何もしなくても通常であれば1~2週間で治ります。

アフタ性口内炎は、何かの拍子に噛んだりして傷ができたところに細菌が入って発症する場合と、栄養不足やストレスによる免疫力の低下、それにともなって口の中の粘膜が弱っているため発症する場合があります。

カタル性口内炎

アフタ性口内炎のようにはっきりとした境界がなく、口の中の粘膜が赤く炎症を起こす、白くただれる、ヒビ割れるといった、一般的な口内炎とは少し症状の違う口内炎です。赤い斑点状の炎症が特徴的で、口臭が強くなる場合もあります。

カタル性口内炎の原因の殆どは、入れ歯や矯正器具などによる物理的な接触です。
特に、虫歯や歯周病などで口の中が不潔だと発症しやすくなります。
他にはやけどをしたときや、胃腸の調子が悪いとき、免疫力が下がっているときにも発症することがあります。

ヘルペス性口内炎

口内炎と言っても、ヘルペス性口内炎の場合は口の中の痛みや歯茎の炎症だけでなく、高熱が出たりリンパ節が腫れることもあります。しばらくすると口の中に水ぶくれができて破裂し、潰瘍になりますが、初期では目で炎症を確認するのが難しいので、ヘルペス性口内炎と気づかない場合があります。

単純ヘルペスウイルスに感染した場合にヘルペス性口内炎を発症することがあります。
アフタ性口内炎やカタル性口内炎とは違い、成人では重症化することが多いため医師の診断を受けた上で薬での治すことをおすすめします。

カンジダ性口内炎

白い苔のようなものが、口の中に付着する口内炎です。痛みがあり、苔のようなものがはがれると出血して炎症を起こします。

カンジダというカビ菌の一種が原因で発症しますが、実はカンジダは日頃から私たちの身体にいる菌です。
菌に感染することで発症するわけではなく、免疫力が低下することで普段は無害なはずの菌に身体が負けてしまって発症することが多いようです。

他の疾患でステロイド剤や抗生剤を服用しているときにも起こりやすく、その場合は薬の中止や減薬など検討する必要もあります。
カンジダ性口内炎においても抗真菌薬での治療が必要なので、疑わしい場合は病院を受診することをおすすめします。

青汁での口内炎の予防や改善

4つの種類の口内炎についてご紹介しましたが、ヘルペス性口内炎とカンジダ性口内炎では重症化したり服薬したほうが早くよくなるため病院へ行くことをおすすめします。
よくあるアフタ性口内炎やカタル性口内炎では病院へ行くほどではないけれど、なってしまうと食事に差し支えたりしてなにかと不自由ですよね。

口内炎は、傷に細菌が入り込んだり、栄養不足や免疫力の低下が発症の引き金になることがあります。口の中を清潔に保ち、栄養をしっかりと摂り、免疫力を落とさないことが口内炎予防につながると考えられます。

特に粘膜を健康に保つためにはビタミン類の不足は大敵です。
粘膜を丈夫にするビタミンB群やビタミンCを不足させないようにしたいところです。

青汁にはビタミン類が含まれているため、不足しがちなビタミンを補うのにおすすめです。
ビタミンを補うだけなら、マルチビタミンなどのサプリメントやビタミン剤で十分だと思うかもしれませんが、免疫力を整えるためには腸内環境をよくすることも大切です。

青汁には食物繊維が含まれており、便秘の解消など腸内環境の正常化に役立ちます。
ビタミン類と食物繊維を一緒に摂取できるという点においてはビタミン剤よりも青汁のほうが優れているといえそうです。

また、ビタミン剤の中にはビタミンの基準摂取量を上回る量のビタミンが入っている場合もあります。ビタミンB群は余剰に摂取した場合、尿などにより排出されますが、ビタミンB6を長期的に余剰摂取を続けると副作用が出てしまう場合もあります。

短期的な使用で基準量を超えてしまっても問題はありませんが、長期的に日頃の習慣として口内炎予防のために栄養補給を考えている場合は余剰摂取の可能性が少ない青汁のほうが安全性は高いといえるでしょう。

さらに、口内炎のなかにはカタル性口内炎のように口臭が伴うものもあります。
口の中が炎症を起こしていると考えると、口臭が発生してしまうのも不思議ではありませんよね。

口臭対策のところでもお伝えしたように、青汁に含まれるクロロフィルに殺菌効果があるため口内炎の炎症が起きているときの口臭対策と口内炎の増悪予防にもおすすめです。

すでにできてしまった口内炎については、青汁を飲むことで早く治せるというデータはありませんが、青汁を飲むことで口内炎を長引かせるといった逆効果になることもまずありません。

青汁を飲むことで栄養バランスが整えば、栄養不足のままよりも早く口内炎の炎症がおさまることが期待できるかもしれません。


ふるさと青汁の効果【口コミ・評価】ダイエット・便秘には?味は?

神仙桑抹茶ゴールドの効果を試してみた私の評価

青汁三昧【口コミ】味や効果は?飲んだ感想
スポンサードリンク

PAGETOP