酵素ドリンク 食物アレルギーがある方は注意が必要?

酵素ドリンク 食物アレルギーがある方は注意が必要?
食物アレルギーをお持ちの方なら酵素ドリンクに食物アレルギーを発症する可能性があるかどうかについては大いに気になるところなのではないでしょうか。

「体にいいもの」として紹介されることの多い酵素ドリンクですが、果たして食物アレルギーが起こる可能性はあるのでしょうか。また、一部で言われている「酵素ドリンクに食物アレルギーを治す効果がある」という話は本当なのでしょうか。

スポンサードリンク

もくじ

食物アレルギーとは?

食物アレルギーとは特定の食べ物を食べた際、免疫の仕組みを介して肌や粘膜、各器官などに不利益な症状が起こるものを指します。食中毒や特定の食物が消化できない食物不耐症は、食物アレルギーとは別のものとして考えます。

比較的子供に多く見られる食物アレルギーですが、最近では大人になってから発症するケースも増えてきています。特に花粉症や喘息など他のアレルギーを持っている場合に、発症する確率が高い傾向にあります。

食物アレルギーの症状

食物アレルギーの症状の中で最も多く見られるのは蕁麻疹やかゆみ、皮膚が赤くなるなど肌に現れるもの。このほか、くしゃみが出る、口内や喉が腫れる、涙が止まらなくなるなどの粘膜に出る症状、激しく咳き込んだり呼吸が困難になるなどの呼吸器系の症状、嘔吐や腹痛、下痢といった消化器系の症状などがあります。

これが重度になると、全身にアレルギー症状が起こることがあります。これをアナフィラキシーといい、意識障害や血圧の低下を伴うものをアナフィラキシーショックといいます。アナフィラキシーショックを起こした場合には生命への危険もあるため、すぐに適切な処置を行うか救急車を呼んでください。

なお、食物アレルギーというと食べてすぐ症状が出るものをイメージされることが多いのですが、中には1~2日経ってから発症するものもあります。

酵素ドリンクに食物アレルギーを起こしやすいものは入っている?

酵素ドリンクには非常に多くの原材料が使用されています。商品によっては百数十種類もの原材料を使用しているものもあるほどです。

それだけの原材料が使用されているとなると、これまでに食べたことのないものはもちろん、見聞きしたことすらない野草が使用されていたりすることも珍しくありません。まずはどんなものが食物アレルギーを起こしやすいのかを知っておきましょう。

スポンサードリンク

アレルギーを発症しやすい食物

日本では平成14年4月より厚生労働省(平成21年からは消費者庁)の指導のもと、食物アレルギーが起こりやすいかどうか、起こった際に重篤な症状になりやすいかどうかを基準として、原材料表示を義務付けている食物が7種、表示を勧めているものが20種定められています。

・特定原材料(表示義務があるもの)
卵、乳、小麦、落花生、えび、そば、かに

・特定原材料に準ずるもの(表示を推奨するもの)
いくら、キウイフルーツ、くるみ、大豆、バナナ、やまいも、カシューナッツ、もも、ごま、さば、さけ、いか、鶏肉、りんご、まつたけ、あわび、オレンジ、牛肉、ゼラチン、豚肉

酵素ドリンクに関して言えば、えびやかになどが入っているものはほとんどないでしょうが、落花生などのナッツ類や果物、きのこ、大豆などが原材料として使用されているケースが考えられます。

これらの表示はアレルギーをお持ちの方にとってはとても有益な情報でしょう。ただし、食物アレルギーは個人差が大きく、上記のものが使用されていても全くアレルギーを発しない人が多いですし、逆に上記のもの以外の食物でアレルギーを発症する方も少なくありません。

現時点でご自身に上記のものに対してアレルギーがないのであれば、酵素ドリンクにこれらの食物が使用されていてもいたずらに怖がるものではないと言えます。

酵素ドリンクで食物アレルギーは起こるのか

すでに特定の食物に対してアレルギーがあることがわかっている場合には、酵素ドリンクを購入する前に公式サイトなどでぜひ原材料をチェックしてみてください。もしその中にアレルギーを起こすものが入っているのなら、残念ですがそのドリンクの購入は見合わせたほうが無難でしょう。

酵素ドリンクの場合、非常に多くの原材料が使用されています。逆に言えば1回分のうちに含まれている特定原料は非常に少量だとも考えられるため、酵素ドリンクを飲んでただちに食物アレルギーを起こすケースは少ないかもしれません。

とは言え、置き換えダイエットであればある程度の分量を毎日飲み続けることになりますし、ファスティングで利用する場合にも1日につき相当の量を飲むことになります。この点をよく考えておく必要があります。

「原因となるものは入っているけれど、どうしてもそのドリンクを購入したい!」という場合には、担当のお医者様に相談した上で判断なさってください。自己判断は禁物です。

中には全ての原材料を記載していないメーカーもあるようですが、きちんとした商品なら堂々と全部の原材料を公開しているはずです。原材料に限らず不明な点がある商品は安易に購入しないようにしましょう。

発酵によって食物アレルギーは起きなくなる?

酵素ドリンクのメーカーの中には、「たとえ食物アレルギーを引き起こす原材料を使用していたとしても、その原材料は長期発酵させることによって(または加工することによって)完全に分解され元の性質を失っているため、食物アレルギーは起こらない」との説明をしているところもあります。これは本当なのでしょうか?

食物アレルギーを引き起こすものの正体は蛋白質。発酵や加工によってその性質が変化するのは事実なので、基本的にこの説明は正しいと言えます。ですが、だからと言って「絶対にアレルギーは起こらない」とまでは言い切れません。

というのも、発酵や加工による変化の度合いや変化にかかる時間はそれぞれの食物や加工方法によって異なるからです。

その酵素ドリンクの中に原因食物がどのくらい使用されていて、どのように変化しているのかはわたしたち消費者にはわかりません。もちろん飲んでも問題のないケースは多いでしょうが、やはり問題になるものが入っていてその分量も不明というのなら、避けたほうが無難だと言えるのではないでしょうか。

添加物によるアレルギーが起こる可能性も?

もうひとつ見逃してはいけないのが、添加物によるアレルギーの可能性です。酵素ドリンクの中には保存料や香料、着色料などの添加物を使用している商品が少なくありません。
含まれていてもごく少量であるため問題ないとする見解が一般的ですが、念のため、酵素ドリンクに使用されているものの中で特にアレルギーを起こしやすいとされる添加物をご紹介しておくことにします。

・安息香酸Na(安息香酸ナトリウム)【保存料】
着色料の黄色4号(タートラジン)と同時に添加されていると喘息などのアレルギーを引き起こす可能性が指摘されています。

・パラオキシ安息香酸ブチル(パラベン)【保存料】
かゆみ、吐き気などを起こす可能性があります。化粧品などに含まれるパラベンでアレルギー症状を起こす方は特に注意が必要です。

・カラメル色素【着色料】
下痢を起こす可能性があります。カラメル色素は醤油やソース、コーラ、お菓子など広く用いられているおなじみの色素。IからIVまで4種類あり、問題となるのはIIIとIVの2つだけですが、単に「カラメル」もしくは「カラメル色素」とだけしか記載されていないことがほとんどのため、わたしたちには判別がつきません。

・エリスリトール【天然由来の甘味料】
蕁麻疹、喘息、下痢、嘔吐などが起こる可能性があります。エリスリトールは発酵食品に含まれている天然の糖アルコールで、基本的には安全性が高く、ダイエット系の食品に広く用いられています。が、その一方で甘味料の中で最もアレルギーの症例が多いと報告されています。この項でご紹介していますが、実際には添加物ではなく食品のくくりのため、表示義務がないところがかえって厄介です。

・キシリトール【天然由来の甘味料】
虫歯になりにくいため、ガムなどで使用されることの多いキシリトール。野菜や果物などにも含まれている成分ですが、下痢やかゆみなどを引き起こす可能性があります。エリスリトールに次いでアレルギーの症例が多い甘味料です。

・ステビア【天然由来の甘味料】
南米原産のステビア草から抽出される甘味料。抗酸化作用やアトピーなどのアレルギー症状に効果があることも報告されていますが、その一方で体質に合わず下痢になる方も少なくないようです。

・スクラロース、アセスルファムK、ネオテーム、アスパルテームなど【人工甘味料】
リスクについて取り沙汰されることの多い人工甘味料ですが、それとは別に蕁麻疹、喘息、下痢などのアレルギー症状を起こすことがわかっています。特にスクラロースでの症例が多く報告されています。

・ガラクトオリゴ糖
砂糖と比べてカロリーが低く、腸内環境を整える作用にすぐれていることからダイエット系の食品によく使用されているガラクトオリゴ糖。野菜や果物など自然の食品にも含まれており、体にやさしいのですが、アレルギーにより下痢などを引き起こすことがわかっています。

酵素ドリンクと食物アレルギー「まとめ」

現在販売されている酵素ドリンクの中には「食物アレルギーを改善する効果が期待できる」としている商品も見かけられます。

ただ、確かに子供時代の食物アレルギーに関しては年齢とともに耐性ができるものもあるのですが、大人になってからの食物アレルギーの改善はなかなか難しいというのが実際のところです。あまり過大な期待はできませんし、無理に飲んでもむしろアレルギーを悪化させる恐れがあるため、お勧めしません。

もちろん食物アレルギーの治療の中には「原因となる食物も食べられる範囲で食べて耐性をつける」という方法もあります。

しかしこれは専門医や栄養士の指導のもとで行うべき治療法であって、決して自己判断で行うものではありません。治療の目的についても、栄養不良を起こさないこと、生活のクオリティを下げないこと、食事の負担を軽減することなどが主なものとなります。

恐らく酵素ドリンクを飲む方の多くは成人、またはそれに近い年齢の方なのではないでしょうか。もしそうであれば、ご自身がどの食物に対してアレルギーがあり、どの範囲を超えて食べたらどんな症状が出るのかをある程度理解されていることと思います。

そしてその症状がごく軽いものでない限り、繰り返したくないとお考えのことでしょう。自分の身を守るのは自分です。決して「ちょっと試しに」と安易に摂取されないようにしてください。

酵素ドリンクも最近では様々なものが登場しています。良質な酵素ドリンクはたったひとつしかないわけでもありません。明らかに食物アレルギーを起こすものが含まれているのなら、その商品は避けて別のものを選ぶようにしてください。

スポンサードリンク

PAGETOP