酵素ダイエットで生理不順になるって本当?

酵素ダイエットで生理不順になるって本当?
成功率が高くリバウンドしにくいということで、このところますます人気が高まっている酵素ダイエット。酵素ドリンクにも非常にたくさんの種類のものが登場していますね。
しかしその一方で、「酵素ダイエットで生理不順になる」という噂があるといいます。果たして酵素ダイエットが原因で生理不順になるといったことが起こり得るのでしょうか?

スポンサードリンク


もくじ

<酵素ドリンクの口コミ・レビュー>


ベジライフ酵素液の原料や効果、味や飲み方をレビュー

ピュアネス酵素レビュー!空腹感対策成分の効果は?

優光泉☆無添加酵素ドリンクの味や効果を試した結果

酵素ダイエット!効果的な酵素ドリンクの飲み方

ごちそう酵素のダイエット効果は?7日間で検証してみた

お嬢様酵素 ダイエットと美容の効果を24日間検証した

ベルタ酵素の効果は?3日間酵素ダイエットに挑戦した感想

知っておきたい、そもそも生理不順って何?

一般的には28日程度とされている生理の周期ですが、それより前後することは決して珍しいことではありません。しかし、正常範囲のサイクル(25日~38日)を超えていたり、サイクルがまちまちである。もしくは出血量が多すぎたり少なすぎたりすれば、それは生理不順であるということになります。

一般的に生理不順には次の4つがあります。

1.周期の異常
・頻発月経
生理が24日以下ときわめて短い周期で来るもの

・稀発月経
生理が39日以上と非常に長い間隔で来るもの

・不正周期月経
生理周期が7日以上の変動を伴い安定しないもの

2.期間の異常
・過短月経
生理が2日以下ときわめて短い期間で終わるもの

・過長月経
生理の期間が長く、8日以上続くもの

3.無排卵月経
定期的に生理現象は見られるものの、排卵を伴っていないもの
(※基礎体温を測定することで判別可能)

4.無月経
生理と生理の間隔が3ヶ月以上開くもの

初潮を迎えてしばらくの間、周期が安定しないのはごく一般的な状態なので、生理不順とは呼んでいません。また、そろそろ更年期を意識し始める30代後半ごろから40代にかけて、サイクルや出血量が不安定になるのも不自然なことではありません。しかし、それらにあたらない期間に上記のような状態が起こることがあります。それを生理不順と呼んでいます。

生理不順はなぜ起こる?

生理は健康状態を如実に反映します。女性の体はとてもデリケートなので、トラブルとまで言えない事柄によってもバランスを崩してしまうことがあります。生理不順は例えば次のようなことが原因で起こるとされています。

・ホルモンバランスの乱れ
・冷え性、血行不良
・ダイエットなどによる体重の減少
・慢性的な栄養不足
・肥満
・ストレス
・寝不足など不規則な生活
・風邪などの病気
・薬による副作用
・運動不足
・激しい運動 など

この中でも生理不順の直接的な原因となるのがホルモンバランスの乱れです。
女性ホルモンであるエストロゲンの分泌はちょっとしたことにも影響を受けやすく、不安定になりがち。その量が減少することによって男性ホルモンとのバランスが取れなくなり、様々な体の不調を引き起こします。

その最も顕著な例が更年期に起こる不快な症状ですが、若年層でも頭痛や肩こり、ほてり、倦怠感などの不定愁訴に悩まされる例は少なくありません。生理不順もそのような不調のひとつとして起こってくるわけです。

酵素ダイエットで生理不順になることはあるの?

率直に言うと、酵素ダイエットを行った結果、生理不順になることはあり得ます。しかしそれは酵素ドリンクそのものが原因であるとはまず考えられません。というのも、酵素ドリンクの中身は植物由来の酵素にビタミン、ミネラルなどがほとんど。中には女性向けの成分が配合されている酵素ドリンクもありますが、基本的にホルモンバランスに影響を与えるようなものは入っていないのです。

つまり、もし酵素ダイエットで生理不順になることがあるとすれば、それはダイエットのやり方に原因があると言えるでしょう。考えられる原因としては、次のようなものが挙げられます。

原因1:減量が急激すぎた

極端に摂取カロリーを制限するなどして急激に体重を減らすと生理が不順になることがあります。適正な体重減少の目安は1ヶ月に体重の5%まで。50kgの体重であれば、1ヶ月2.5kg以内に留めるようにしましょう。

急激な減量は生理不順や婦人科系の病気だけでなく、肝臓のトラブルや貧血など健康に重大なリスクを呼び込む恐れがあります。それに肌荒れやしわ、くっきりしたほうれい線など、美容の面でもありがたくない結果を招きがち。リバウンドの可能性も非常に高くなってしまいます。

原因2:ファスティングのタイミングを誤った

酵素ドリンクと水分以外の飲食を断つファスティング(断食)はいつ行ってもいいというものではありません。特に生理前2週間から生理中にかけてのファスティングは生理周期に影響を与えてしまう可能性があります。ファスティングを行うなら生理が終わった後のタイミングがお勧めです。

このところブームと言っていいほどポピュラーになったファスティング。酵素ドリンクを飲みながら行うことで比較的取り組みやすくなると言われることも多いのですが、ハードなダイエット方法であることには変わりありません。酵素ドリンクは栄養価が高いとはいえ、またたんぱく質として酵素が摂取できるとはいえ、通常の食事から摂れる栄養価と同じではないことに注意が必要です。

原因3:ダイエットがストレスになった

酵素ダイエットには数日間食事を摂らないファスティングと、1日1~2食を酵素ドリンクに置き換えるダイエット方法の2種類があります。ファスティングはもちろんですが、長期にわたる置き換えダイエットも酵素ドリンクを飲みながらとは言え、ストレスと完全に無縁のものではありません。

ストレスが生理に与える影響は小さなものではなく、むしろ生理不順の半数はストレスによるものとする説もあるほどです。いかにストレスなく続けられるかはダイエットをする上の大きなテーマとなりそうです。

スポンサードリンク

生理不順を改善する?酵素ドリンクに期待できる働きとは

このように酵素ドリンク自体には女性の体調に悪影響を及ぼすものが入っているわけではありません。それどころか、酵素ドリンクを飲むことによって、むしろ不順になりがちな生理サイクルを整えてくれる働きが期待できます。

その鍵は、酵素ドリンクは非常に多くの原材料から作られているところにあります。良質のビタミンやミネラルが豊富に含まれているのはもちろん、普段の食事では摂りにくい微量のミネラル、必須アミノ酸なども効率よく摂取することができるからです。

では生理不順対策として、酵素ドリンクにどんな効果が期待できるのかをご紹介してみることにしましょう。

1.貧血の改善
毎月の生理により女性はただでさえ貧血を起こしがち。ダイエットをしている方なら、なおさらそのリスクが高まります。貧血があるとスムーズなサイクルを生み出す妨げとなるため、まさに悪循環。さらには貧血は生理を重くする原因にもなります。

酵素ドリンクには植物だけでなく海藻なども原材料として使用されているため、貧血の改善に必要となる鉄やビタミンB群、ビタミンC、造血のビタミンと呼ばれるビタミンB12や葉酸などがしっかりと含まれています。鉄はミネラルの中でも体内に吸収されにくい性質を持つため、普段の食事でも意識して摂取するようにしましょう。

2.冷え性改善
貧血が改善されても血行が悪いままでは肝心の血液が体の隅々に届きません。酵素ドリンクには毛細血管を拡張するとともに血液をさらさらにする働きのあるビタミンE、代謝を上昇させエネルギーを生み出すビタミンB1やB2などが豊富に含まれています。温かな血液が体中に運ばれることから冷え性が改善され、生理不順になるのを防止します。

3.ホルモンバランスの改善
乱れがちなホルモンバランスを整えるのに効果的な栄養素といえばビタミンE、ピリドキシン(ビタミンB6)、パントテン酸(ビタミンB5)、亜鉛、マグネシウムなどが挙げられます。

これらの中で特に注目したいのはミネラルの亜鉛とマグネシウム。亜鉛は肉類や魚介類、ナッツ類に、マグネシウムは魚介類や豆類、ナッツ類、野菜などに多く含まれており、それぞれ極端に欠乏するものではありませんが、好き嫌いが多かったり長期間にダイエットをしていたりすると不足することがあります。くれぐれも食べないだけのダイエットは避け、酵素ドリンクを飲んでこれらの栄養素を補うようにしましょう。

4.免疫力のアップ
人の体の中で多くの免疫細胞が集まっているのは腸。なんとわたしたちが持つ免疫細胞の約6割が腸の中に存在しているのです。それだけに、免疫力をアップさせるためには腸内環境を整え、免疫細胞を活性化させることが欠かせません。

酵素ドリンクに含まれる豊富な食物繊維は腸の中の悪玉菌や老廃物を絡め取り、スムーズなお通じへと導きます。「酵素ドリンクを飲み始めてから風邪をひきにくくなった」「疲れにくくなった」という声がよく聞かれますが、それは免疫力が高まったから。体調不良から生理不順を招くことも少なくなることが期待できます。

ダイエットで生理不順を招かないために

1.置き換えダイエット中にはバランス良い食事を

置き換えダイエットを行っているときには、通常食である1~2食のバランスが非常に重要になります。ビタミンやミネラルを十分に摂るのはもちろんですが、酵素ドリンクにはあまり含まれていないたんぱく質や炭水化物、脂質は質のいいものをバランス良く食べるようにしましょう。

置き換えダイエットもファスティングも、普段の食生活を見直すいいきっかけになります。ぜひこの機会を活用しましょう。

2.ダイエット中も規則正しい生活を

睡眠時間が短すぎたり食事を取る時間がまちまちだったり……。そんな不規則な生活は体調を乱す大きな原因になります。

特にファスティングを行っているときには、普段とは違うリズムで生活を送ってしまいがち。体がだるくなったり好転反応がつらかったりする状況の中で、なかなかいつもと同じようにというのも難しいものですが、できる限りは普段通り、規則正しい生活を送れるよう心がけましょう。

3.酵素ダイエットと運動を併用して

酵素ダイエットは運動なしでも痩せられるダイエット法として人気があるのですが、運動を併用したほうが効果が上がりやすいのは言うまでもありません。ぜひ酵素ダイエットにも運動をプラスしてみましょう。基礎代謝量も体温も上昇して、痩せやすい体を手に入れられると同時に生理不順にもいい効果が現れるかもしれません。

ただ、ハードすぎる運動はお勧めできません。特にファスティング中は、運動をする習慣のある方もいつもの7割程度にとどめたほうがいいでしょう。普段運動する習慣のない方なら、軽めのものから始めてみましょう。スクワットはダイエットで筋肉が落ちるのを防ぐのに最適ですし、ストレッチやウォーキングなどでもOKです。また、ヨガならそれ単体でも生理不順の改善が期待できますよ。

4.酵素ドリンクは決められた用法を守って飲む

酵素ダイエット中は、決められた分量の酵素ドリンクをきちんと飲むようにしましょう。特にファスティングを行っているときには、酵素ドリンクが唯一の栄養源となります。酵素ドリンクを飲まなかったり分量が少なすぎたりすると栄養が不足し、生理不順を招く可能性があります。

女性ホルモン不足が気になる場合には、ややカロリーが高くなってしまいますが、酵素ドリンクを豆乳で割って飲むのもひとつの方法です。ただ、豆乳に含まれる大豆イソフラボン(女性ホルモンと似た働きをすると言われています)の働きには個人差が大きいと言われているため、様子を見ながら試すようにしてください。

ザクロが配合されているベルタ酵素のように、女性のリズムをサポートする成分を配合している製品もありますので、そういうものを選んでみてもいいでしょう。

酵素ダイエットと生理不順「まとめ」

生理不順はご紹介したようなことが原因となって起こるケースが多いのですが、生理不順の裏に婦人科系以外のものを含めた病気がひそんでいることもあり得ます。少しでもおかしいな、変だなと思うことがある場合には、躊躇せず婦人科を受診するようにしましょう。

生理不順をそのままにしていると、妊娠しにくい体質になったり、閉経が早く起こったりする恐れがあります。早期の閉経は多くの生活習慣病や骨粗鬆症などのリスクを高めることにもつながりますので、ぜひ早めに対処するようにしてください。

スポンサードリンク

PAGETOP