酵素ダイエットはなぜ痩せる?仕組みを教えて?

酵素ダイエットのなぜ痩せる?仕組みを教えてください
酵素ダイエットは正しく行いさえすれば非常に成功率の高いダイエット法です。では、酵素ダイエットはどのような仕組みで痩せることが可能なのでしょうか。今回はその「なぜ」に迫ることにします。

酵素ダイエットによって痩せる仕組みは、大きく分けて2つの方向から説明づけることができます。まずは多くの酵素ドリンクメーカーやショッピングサイトで説明されている、非常に分かりやすい説からご紹介してみることにしましょう。

スポンサードリンク

もくじ

<酵素ドリンクの口コミ・レビュー>


ベジライフ酵素液の原料や効果、味や飲み方をレビュー

ピュアネス酵素レビュー!空腹感対策成分の効果は?

優光泉☆無添加酵素ドリンクの味や効果を試した結果

酵素ダイエット!効果的な酵素ドリンクの飲み方

ごちそう酵素のダイエット効果は?7日間で検証してみた

お嬢様酵素 ダイエットと美容の効果を24日間検証した

ベルタ酵素口コミ 効果は?3日間酵素ダイエットした感想

【1】不足する酵素を補って代謝を上げる

痩せる仕組みの1つめは、「酵素ドリンクや酵素サプリなどで消化酵素を補うことで、体内の酵素を代謝に回し、代謝を上昇させ痩せやすい体を作る」というものです。詳しく見てみることにしましょう。

1.消化酵素と代謝酵素

人間の体内で生成される酵素には、食べ物の消化の際に使用される「消化酵素」と体内で起こる代謝に使用される「代謝酵素」の2種類があります。人間の一生のうちに体内で生成される酵素(全てをひっくるめて潜在酵素と呼びます)の量は決まっているため、ジャンクフードや酵素の活性が失われた食べ物ばかりを食べていると体内の酵素が消化酵素としてどんどん消費されることになり、その結果、代謝酵素までもが不足してしまう事態に陥ります。

代謝酵素が不足すると基礎代謝量が落ちて、脂肪の燃焼しにくい体になってしまいます。いわゆる太りやすく痩せにくい体になってしまうわけですね。こうならないために、酵素が含まれるものを食べて、不足分を補う必要があるのです。

2.酵素を補って代謝を上げる

酵素の多くは熱によって活性を失ってしまいますので、有効な酵素が含まれているのは生野菜などの加熱されていない自然の食べ物がほとんどです。そのため、慢性的に不足する酵素を効果的に補うためには、食事するごとに大量の生野菜を食べなければなりません。

でもこれは忙しい現代人にとってはとても難しい話。ただでさえ野菜不足の食生活を送りがちなのに、酵素の不足分まで補おうとするのは、多くの人にはあまり現実的ではないでしょう。

そこで酵素ドリンクの出番です。自然のものから作られる酵素ドリンクにはたくさんの酵素が含まれていることから、不足しがちな酵素を効果的に補うことができます。また発酵食品にはアミラーゼやリパーゼなどが含まれているものもあり、これらは直接的に消化酵素としても活躍してくれます。

こうして食品から補充した酵素が消化をサポートしてくれるため、体内で作られる酵素は代謝酵素に回せるようになります。代謝酵素の十分な働きによって痩せやすい体が作られる、これが酵素のダイエットで痩せられる仕組みです。

3.酵素の力でアンチエイジングも

酵素の生成は年齢を重ねるとともに衰える傾向にあるため、酵素を補充するメリットはダイエットだけのものではありません。生活習慣病やアンチエイジングにも有効です。

また酵素自体にもエネルギーがあり、酵素の多い食べ物をよく食べることが病気を予防したり長寿に繋がったりするという説もあります。

酵素の性質について否定する意見も

酵素の働きは現時点で全て解明されているわけではありませんが、酵素ドリンクメーカーやショッピングサイトでは以上のように解説されているものが多いように見受けられます。その論理のベースとなっているのはアメリカの学者、エドワード・ハウエル氏が提唱した「酵素栄養学」です。

(エドワード・ハウエル氏の著書は日本でも『キラー・フード あなたの寿命は「酵素」で決まる(1985年)』『食物酵素のbaka力(1994年)』『医者も知らない酵素の力(1994年)』の3冊が手に入ります。)

独自の健康法で知られる新谷弘実医師もまたハウエル博士と共通した理論を展開し、著書『病気にならない生き方』はミリオンセラーとなっています。また、ブロッコリースプラウトの効果で大いに話題となった鶴見隆史医師も、酵素栄養学に取り組む第一人者として知られています。

他にも酵素栄養学を支持する専門家は少なくなく、ネット上には現役の医師の記名のもとに酵素ダイエットを解説しているページがいくつも見つかります。

しかし、この酵素栄養学を真っ向から否定する意見も少なくありません。

エドワード・ハウエル氏の説は70年も前(1946年)に発表されたもので、主張の中には現在では否定されているものが数多く存在しています。例えば、一般的な栄養学では酵素を栄養素のひとつとしてみなしてはいません。また、潜在酵素の概念や、一生のうちに作られる総量が一定であるといった論理の基礎となる部分自体が根拠のないものとして否定されているのです。

そもそも酵素はたんぱく質でできています。酵素は分解されたのちに、体内に吸収されることになります。それらは一旦分解された後で酵素として再構成されるわけではありません。つまり、いくら食べ物の中に酵素が含まれていたとしても、それがそのまま体内で「消化酵素」「代謝酵素」として働くわけではないんですね。

これはよく話題になる「コラーゲン鍋を食べても、そのままそれが体内でコラーゲンとして定着するわけではない」という話に似ています(ただしこれに関しては、低分子のコラーゲンペプチドなら吸収されるとして研究が進められています)。

また、酵素には非常にたくさんの種類があるのですが、各酵素はそれぞれにたったひとつの決まった働きしか行わないというのが現在の生物学、生化学の常識です。あるひとつの酵素が体内の事情によって消化酵素になったり代謝酵素になったりすることはないわけです。

酵素栄養学否定への再反論

こうした意見に対して、「大根に含まれるジアスターゼやパパイヤ、パイナップルに含まれるパパインなどの酵素は消化を助けるのに役立っている」との反論も聞かれます。消化のための処方薬があるのは事実ですし、アメリカなどでは消化酵素のサプリメントが販売され人気を博しています。

ただ、これらの酵素が効果を発揮するのは胃で消化されるまでの短期間に限られます。強い酸性である胃酸に接することで、摂取した消化酵素が失活してしまうからです。そのため、「食べ物から摂る酵素の中には一部消化酵素として働くものもあるが、その働きはきわめて限定的である」とするのが正しいと言えそうです。

「酵素で痩せた」プラシーボ効果?

このように、摂取した酵素の働きを説く酵素栄養学とそれを否定する現代の生理学・生物学との間には大きな溝があります。それでは現在たくさんの種類が発売されている酵素ドリンクは全く意味のないものなのでしょうか? 多くの人が酵素ダイエットによって結果を出しているのは、単なるプラシーボ効果によるものなのでしょうか?

酵素ダイエットの方法を今一度見なおしてみる

ここで今一度、酵素ダイエットのやり方をおさらいしてみましょう。
酵素ダイエットには2つの方法があります。ひとつは1食~2食を酵素ドリンクに置き換えるという方法。もうひとつは酵素ドリンクを飲みながらファスティング(断食)を行うという方法です。

つまり酵素ダイエットは、「カロリー摂取量を減らす」のと「酵素ドリンクを飲む」のとがセットになっていることが多いんですね。そもそも酵素ドリンクには多くの糖分が含まれています。ですので、食事はこれまでと同じだけ食べながら、それに酵素ドリンクをプラスして飲んでいたのでは痩せません。それどころか、逆に太ってしまうこともあり得ます。酵素ドリンクはさっき食べたものをなかったことにする魔法のドリンクではないのです。

もちろん、健康のためや栄養補給のために酵素ドリンクを活用することもできますので、そういう飲み方でもいい場合はあるのですが、ダイエットが目的であるのなら、それでは効果は期待できません。「酵素ドリンクでダイエットしたのに失敗した!」「全然効果がなかった!」という人の中には、元からその点を間違えているケースが実は少なくなかったりします。

【2】ダイエットのトータルサポートを行う酵素ドリンク

「摂取カロリーを減らしさえすればダイエットはできるんだから、じゃあ酵素ドリンクを飲む意味はないんじゃない?」

そんな声が聞こえてきそうですね。でもダイエットをするときにただ摂取カロリーを減らすだけではなく、同時に酵素ドリンクを飲むべき理由はちゃんと存在しているんです。ここで酵素ダイエットで痩せる仕組みを、酵素栄養学の流れを汲まないもうひとつの方向からご説明します。

スポンサードリンク

1.摂取カロリーを減らしても栄養がしっかり摂れる

食べないダイエットが危険だと言われるのは、生命を維持するのに必要な栄養素までもが摂れなくなってしまうことにあります。ダイエットをしてたとえ痩せられたとしても、健康を損なってしまったのでは意味がありません。

その点、酵素ドリンクにはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。しかもその栄養成分は天然のものを原材料とした良質なもの。ダイエット中に必要な栄養素もある程度はカバーすることができます。

酵素ドリンクには糖分が含まれていますから、もちろんそれなりにカロリーはあります。それでも減らした食事のカロリーを埋めてしまうほどではありませんので、安心して決められた分量を飲んでください。

2.空腹が紛れるからダイエットが続けやすい

単純に「食べない」だけではダイエットは続きません。空腹感に耐え切れず、恐らくほとんどの人が挫折してしまうことでしょう。しかし酵素ドリンクは腹持ちがよく、「飲んでいたら意外とがんばれた」「ファスティングしてるのにそれほどつらくなかった」という人が少なくありません。中には「もどかしさがある分、全然食べていなかったファスティング期間中より、通常の食事に戻す過程の復食期間のほうが苦しく感じた」という人もいるくらいです。

これも酵素ドリンクに多くの栄養素が含まれているからこその逆転現象だと言えそうです。酵素ドリンクの中には非常に味のいいものもありますので、この点からもダイエットで起こりがちなストレスの軽減につながります。

3.低血糖に陥るのを防ぐ

これは特にファスティングを行う際のリスクなのですが、食事を取らない時間が続くと体内の糖分が足らなくなり、低血糖症を起こす恐れがあります。しかし酵素ドリンクには適度な糖分が含まれていますので、ファスティング中にも規定の量をしっかりと飲むことで低血糖状態になるのを防ぐことができます。

また、もしも低血糖の症状が現れた場合にも、酵素ドリンクを飲むことで状態を改善することができます。
(ただし人工甘味料では十分な効果が期待できないものもあります。白砂糖ではない天然の糖を使用している酵素ドリンクを選ぶことをお勧めします。)

4.体が省エネモードに入るのを回避する

食事の置き換えやファスティングを行って摂取カロリーが少なくなると、体は危機感を感じ、少ないエネルギーでも生命活動に支障が出ないように省エネ状態に入ります。これをホメオスタシスといいます。しかしこれは、少しの摂取カロリーでも痩せにくい、つまり太りやすい状態になることでもあり、ダイエットの観点ではあまり喜ばしいことではありません。

しかし置き換えやファスティングを行っている際にも酵素ドリンクを飲んでおけば、必要な栄養素を補給できるため、体が省エネモードに入るのを和らげられます。脂肪が燃焼しにくい体になるのを防ぐことができるのです。

5.リバウンドを回避する

上記の「省エネモード」は置き換えダイエットやファスティングを終えたあとにもしばらく続きます。それはおよそ1ヶ月ほど続くと言われていますが、その期間にダイエット前の食事状態に戻すとどうなってしまうでしょうか。たちまち太ってしまうのは火を見るより明らかです。ダイエットをやめてすぐにリバウンドする人が多いのはこのためです。

しかしその省エネモードが元から緩いものであれば、その分リバウンドもしにくくなります。よく「酵素ダイエットはリバウンドの起こりにくいダイエット」だと言われていますが、それにはこうした理由があるのです。

6.腸内環境改善・デトックス

酵素ドリンクには食物繊維が豊富に含まれています。その食物繊維が腸内環境を整え、デトックスに大いに役立ってくれます。

酵素ドリンクには不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方が含まれているので、便秘の幅広い原因に働きかけます。食物繊維は水分を含んでお腹の中で膨れ、腸内に長時間とどまる性質があるため、水などで割って飲む酵素ドリンクの腹持ちの良さは大いに頷けるところです。

腸内環境が改善されることで起こる効果は便秘解消だけに終わりません。
腸が綺麗になれば免疫力がアップします。体内の毒素がスムーズに排出されるようになれば肌もみるみる綺麗になります。酵素ダイエットを始めて、痩せられた以外にも「なんだか肌が綺麗になった」「体調が良くなった」「風邪をひきにくくなった」と実感する方は多いことでしょう。

7.筋肉の原料となり代謝を上げる

筋肉量が増えると基礎代謝量(寝ているときなど、何もしなくても消費されるカロリーの量)が増えるため、太りにくく痩せやすい体を作ることができます。

ところが、食事を減らす(摂取カロリーを減らす)ダイエットをすると多少なりとも筋肉が落ちる可能性があります。せっかく食べずに頑張って一時は痩せたとしても、基礎代謝量が落ちたのでは後々リバウンドしたり、前よりも太ってしまう可能性が大きくなってしまうのです。ダイエッターとしては、これだけは避けたい事態です。

それを防ぎ、基礎代謝を上げるためには筋肉量を増やすに尽きます。それには筋トレももちろん効果的なのですが、それと同時に筋肉の材料となるもの、良質な栄養成分を摂取して新たに筋肉を作っていく必要があるわけです。

さて、酵素ドリンクによって摂取した酵素は分解され、アミノ酸として体内に取り入れられるのはお話した通りでうす。そしてそのアミノ酸こそ、筋肉をつくのに欠かせない材料のひとつになるのです。

8.体内酵素の原料になる

さきほど「酵素を摂取しても分解してから吸収されるため、体内でそのまま酵素として働くわけではない」ことをご説明しました。確かに摂取した酵素はそのままの形で活動するわけではないのですが、しかし分解されて吸収された酵素はそのまま無駄になってしまうわけではありません。

消化吸収された酵素の一部は良質なアミノ酸として、新たに体内で作られる酵素の材料にもなってくれるのです。少し遠回りではありますが、酵素として体内で生まれ変わる酵素もあるにはあるんですね。

9.体内酵素の働きをサポートする

体内で作られる酵素の中には特定の条件を満たさないと働かないものがあります。そうした働かない酵素と結びついて本来の働きをさせるものを補酵素といいます。

酵素ドリンクに含まれる栄養成分の中には、その補酵素として働くものも多く含まれています。それらは直接酵素として体内で活躍するわけではありませんが、酵素を支える存在としてダイエットなどに役立ってくれるのです。

酵素ダイエットの痩せる仕組み「まとめ」

酵素ダイエットにおいて酵素ドリンクが果たす役割を中心に、痩せる仕組みを2つの方向からご紹介しみした。

残念ながら酵素そのものに、脂肪を燃やしたり、摂取したカロリーを相殺してくれるなどの働きがあるわけではありません。またご紹介した中には、少々遠回りをして役に立っているケースもあります。

しかし酵素ドリンクと、置き換えダイエットやファスティングといった摂取カロリーを減らすダイエット法との相性が非常にいいことはおわかりいただけたのではないでしょうか。

ファスティングによって体内をリセットしつつダイエットをしたい方、健康を損なうことなくダイエット効果を上げたい方に、酵素ダイエットはとても良い方法です。ぜひ良質な酵素ドリンクをお供に、酵素ダイエットにトライしてみてください!

スポンサードリンク

PAGETOP