酵素ダイエットすると筋肉が落ちる?

酵素ダイエットすると筋肉が落ちる?
単純に摂取カロリーを消費カロリーが上回れば人間は痩せていきます。それならダイエットはとにかく食べる量さえ減らせばいいのかということになりますが、それでは健康を損なうことになりかねません。減るものが脂肪だけならいいのですが、それ以上に筋肉量や骨量を落としてしまうことに繋がるからです。

このところ注目されているダイエット法のひとつに、酵素ダイエットがあります。酵素ダイエットには酵素ドリンクを飲みながらファスティング(断食)を行う方法と、1日に1~2食を酵素ドリンクに置き換えて行う方法の2種類があるのですが、いずれを行うにしても摂取カロリーを減らすことには変わりありません。

酵素ドリンクを飲みながらのダイエットを行ったときにも、食べないダイエットと同じように筋肉が落ちてしまうものなのでしょうか。

スポンサードリンク

もくじ

<酵素ドリンクの口コミ・レビュー>


ベジライフ酵素液の原料や効果、味や飲み方をレビュー

ピュアネス酵素レビュー!空腹感対策成分の効果は?

優光泉☆無添加酵素ドリンクの味や効果を試した結果

酵素ダイエット!効果的な酵素ドリンクの飲み方

ごちそう酵素のダイエット効果は?7日間で検証してみた

お嬢様酵素 ダイエットと美容の効果を24日間検証した

ベルタ酵素口コミ 効果は?3日間酵素ダイエットした感想

食べないダイエットが筋肉を減少させるメカニズム

人間が生きるために必要なエネルギーの多くは糖質から生み出されます。ところが食事の量が減って体内の糖質が十分でなくなると、体や脳が飢餓状態に陥ります。
こうした状態になったとき、わたしたちの体には糖質以外のものからエネルギーを生み出す仕組みが備わっています。

その際に糖質の代わりを務めるのは中性脂肪。体内に溜め込まれた内臓脂肪と言ってもいいかもしれません。つまり、ダイエットの際に誰もが望むような内臓脂肪の燃焼を起こすためには、糖質を使い切って飢餓状態を作ればいいわけです。

これが食べないことで脂肪が減る理屈なのですが、この方法を特化させたのがファスティング(断食)であったり一時期ブームとなった糖質制限ダイエット(低炭水化物ダイエット)なんですね。もちろんそこまで極端な方法ではなくても、摂取カロリーを減らすことでゆるく飢餓状態を作り、脂肪を燃焼させることができます。

さて、中性脂肪は分解されるとケトン体が作られ、これが糖質の代わりのエネルギー源として使用されます。そしてもうひとつ、体内のもので糖を作り出す「糖新生」という仕組みもあり、その材料のひとつとして筋肉が分解されてしまうことがあるのです。非常にざっくりとした説明になってしまいましたが、食べないダイエットで筋肉が落ちてしまうのはこういった理由からです。

筋肉が落ちるとどうなるの?

わたしたちは起きて活動しているときだけでなく、眠っているときにも常にエネルギーを消費しています。じっと横になっているときにも肝臓や心臓、脳などを活動かしたり、体温を維持していたりと、体のあらゆる場所でエネルギーが必要とされているのです。この生命を維持するための必要最低限のエネルギーのことを「基礎代謝」と呼んでいます。

基礎代謝量は成人男性で1日に平均1,500kcalほど、成人女性で1,200kcalほどなのですが、これには少なからず個人差があります。基礎代謝量は年齢を重ねるごとに少なくなるのが一般的で、体重などによっても左右されます。特に筋肉の保持については基礎代謝の中でも最もエネルギーを必要とするため、筋肉量が多くなれば基礎代謝が高く、少なくなれば基礎代謝は低くなります。

つまり筋肉が落ちると、それだけで消費カロリーが減ってしまうことになるんですね。筋肉が落ちると脂肪が燃焼しにくい体になるとよく言われるのはこのためです。1日だけなら消費されるカロリーの差はわずかなものですが、それが1ヶ月、半年、1年と積み重なっていけばかなりの大きな違いとなって現れてしまいます。何もしなくても減るはずだった脂肪が、逆に体に蓄積されていくことになるわけですから、これは見過ごせません。

酵素ダイエットなら筋肉は落ちない?

最初にご紹介したように、酵素ダイエットには酵素ドリンクを飲みながらファスティング(断食)を行うダイエット法と、1日に1~2食を酵素ドリンクに置き換えて行うダイエット法の2つがあります。どちらにしても摂取カロリーを減らすことには変わりないのだから、食べないダイエットとさして変わらないようにも思われそうですが、実際のところはどうなのでしょうか。

スポンサードリンク

残念ながら酵素を摂取しても、摂取カロリーが減る以上、筋肉に全く影響を与えないというわけにはいきません。ダイエットの内容が厳しければ厳しいほど、また長期にわたればわたるほど、筋肉の落ちる量も多くなる可能性があります。ファスティングを自己流で長期間行ってはいけない理由のひとつが、これです。

しかし、酵素ダイエットと食べないダイエットとでは、筋肉の落ちる量は全く同じではありません。酵素を摂取することで、筋肉の落ちる量を緩やかにすることができるのです。それには次の2つの理由があります。

1.酵素ドリンクで糖が補給できる
2.酵素が筋肉を合成しやすくする

酵素ドリンクには十分な量の糖質が含まれています。そのため、酵素ダイエット中に食事量が減っても完全な糖の枯渇状態を長時間にわたって招きにくくなりますし、糖質からケトン体へのエネルギー源のバトンタッチをスムーズに進めることができます。

エネルギーの原料として筋肉が使われることはご説明したとおりですが、筋肉が使用される優先順位は比較的低いため、筋肉の減少を最小限に留めることができるのです。

それと同時に、酵素ドリンクに使用されている酵素は非常に優秀なたんぱく質、アミノ酸で、筋肉を作る材料にもなってくれます。ダイエットによって筋肉が落ちても、新たに合成するためのサポートが期待できるというわけです。

ただしこれらの働きが期待できるのは、ダイエット中に決められた分量のドリンクをしっかり飲んでいた場合に限ります。摂取カロリーをできるだけ減らしたいがゆえにドリンクをあまり飲まなかったりすると、せっかくの効果も十分なものではなくなってしまいます。

また、酵素ドリンクによっては多量の人工甘味料が使用されていることには注意が必要です。人工甘味料は酵素ドリンクを甘くて飲みやすくしてくれますしドリンクのカロリーを抑えてはくれますが、体内で糖として働かない分、低血糖を招く可能性があるからです。特にファスティングの場合にはリスクが増加するため、無添加(天然の糖が使用されている)商品を選ぶことをお勧めします。

筋肉を落とさないためには運動を組み合わせて

酵素ドリンクを飲みながらのダイエットは通常の飲まないダイエットよりも筋肉の減少を抑えることができます。それでも全く落ちないわけではありませんし、筋肉の量が増えればそれだけダイエットの効率が良くなります。

そこでお勧めなのが、酵素ダイエットに運動を組み合わせる方法です。

運動で一番にお勧めしたいのは筋トレ。特に大きなパーツである大腿筋を鍛えるスクワットは手軽に行なえて効果も抜群です。もちろん美しいボディラインを作るのに欠かせない腹筋運動や、大胸筋と二の腕を鍛えられる腕立て伏せも有効。腹筋は体を丸めて頭を上げるだけのクランチでも十分な効果を上げられるので、普通の腹筋ができない方や腰痛が心配な方もぜひチャレンジしてみてください。

1食のみを置き換える通常の酵素ダイエットなら、以上のような筋トレをメインに、そのあと20分程度の有酸素運動を行うのがベストです。有酸素運動は20分以上続けないと脂肪を燃焼させる効果がないとの説がありますが、先に筋トレを行った後であれば、短時間でも効果が期待できます。

ただ今回のように筋肉を落とさないことが第一の目標である場合、あまり体力のない方や普段運動する習慣のない人は、ダイエット中の有酸素運動についてはあまり無理をしないようにしましょう。運動の習慣がない人なら散歩から始めてもいいですし、段差によって負荷が調整しやすい踏み台昇降もいいでしょう。踏み台昇降は自宅でテレビを見ながらでも行えるので、三日坊主になりやすい方には特にお勧めですよ!

ファスティング中の運動の注意点

通常の酵素ダイエットの際にはほとんど問題はありませんが、ファスティングを行っている場合には少々注意が必要です。運動そのものには空腹を紛らす効果もありますし、ダイエットの効果を上げるためにもぜひ取り入れたいのですが、それと同時にリスクもはらんでいることを忘れてはいけません。特に初めてのファスティングの場合には、運動は体調と相談しながら行うのが鉄則。くれぐれも過度な運動は避けるようにしてください。

元々運動の習慣がある人ならいつもの6~7割程度が適切でしょう。こちらも筋トレは非常に効果的ですが、ファスティング中は場合によっては低血糖を起こす可能性が皆無ではないので、ジョギングなど路上を移動するものはあまりお勧めしません。

普段運動の習慣がないのならなおさら無理は禁物です。ストレッチなど屋内でできるものやラジオ体操など軽い運動を行ってみてください。筋肉を取り戻すための本格的な運動は、ファスティングが終わってからで構いません。

あまり縁がないと思われがちな酵素ダイエットと筋肉との関係ですが、筋肉の量が多いほうが酵素ダイエットの結果が出やすいという調査結果が実際に出ています。今後酵素ダイエットを予定している方も準備段階として筋トレを始めておくといいかもしれませんね。

酵素ドリンク+運動で美しいボディラインを

「サルコペニア」という言葉をご存知でしょうか。これは筋肉量が減ることで起こる様々な身体機能の衰えを指す言葉です。サルコペニアの最も多い原因は加齢によるもので、筋肉量の減少は30歳ごろには始まり、40代からはその減少率も徐々に高まっていくとされています。

年齢を重ねることで筋肉量が減少していくのは自然の摂理である程度はしかたのないことなのですが、間違ったダイエットが原因で平均よりもずっと若いうちからサルコペニアが始まったり、筋肉の減少するスピードが早まったりするケースがこのところ増えてきているのだそうです。

サルコペニアはロコモティブシンドロームと同様、老後の寝たきり状態を招きやすく、生活のクオリティを著しく下げることにつながります。また、そこまでに至らないまでも、筋肉量の減少がさらなる運動の機会を減らしたり、基礎代謝量の低下を招くことから、肥満、メタボリックシンドロームを起こしやすいというデータがあります。

痩せるためにがんばって摂取カロリーを減らしたのに、それが原因で肥満を招いてしまったのでは、何のためにダイエットを行ったのかわからなくなってしまいます。

たとえ体重が減っても、脂肪ではなく筋肉ばかりが落ちてしまったのでは決して美しいプロポーションにはなりえません。メリハリのない、どこか緩んだボディラインで満足できる方は、きっとほとんどいないでしょう。美容の観点から言っても、食べないだけのダイエットは決して効果的だとは言えないのです。

食べないだけのダイエットはもうそろそろ卒業しましょう。美しく健康的な体を作るためにはダイエットには酵素のチカラと運動の合わせ技で。ぜひチャレンジしてみてください!

スポンサードリンク

PAGETOP