青汁の原料「長命草」の成分・効果まとめ

青汁の原料「長命草」の成分・効果まとめ
ここでは、青汁の原料として使われる「長命草」の成分や効果について説明しています。長命草を原料にしているおすすめの青汁も紹介していますので、長命草の効果を試したい方は是非、ご覧ください。

スポンサードリンク

めっちゃたっぷりフルーツ青汁って本当にダイエット効果があるの?

エバーライフ バランス30選 飲みごたえ野菜青汁の効果は口コミどおり?

やわたのおいしい青汁の効果は?口コミとレビューした私の評価

ファンケル本搾り青汁ベーシックの味・効果をレビュー

もくじ

長命草とは?

一般名を牡丹防風(ぼたんぼうふう)といい、別名で長命草(ちょうめいそう)と呼ばれています。沖縄県与那国島に自生するセリ科の多年草で、地元では「サクナ」「チョーミーグサ」と呼ばれています。夏になると白い花を咲かせます。

また、ビタミンやミネラルを豊富に含み、高血圧、動脈硬化、リュウマチ、神経痛、喘息、風邪に効くと言われ、民間薬として親しまれてきました。
その効果から、”命薬(ぬちぐすい)”とも言われ、「1株食べると、1日長く生きられる」という言い伝えもあります。

栄養価の高さからパワーベジタブルと呼ばれることもあり、最近の研究では抗酸化作用や排尿促進効果、血流改善効果があることが明らかになっています。

天ぷら、味噌和えなどの料理や、お茶として食べられていたようですが、セリ科のセロリが強い芳香をもつように長命草も独特の芳香を持っているため好き嫌いが別れる味ということができそうです。

長命草の成分と効果

万能薬のような効果があるといわれている長命草にはどのような成分が豊富に含まれているのでしょうか。
その成分とともに効果をご紹介します。

様々なポリフェノールと抗酸化作用

長命草の成分で注目すべきなのがポリフェノールです。長命草のポリフェノール量はゴーヤの7~8倍ともいわれています。長命草の青汁には他の青汁と比べてもポリフェノールがたくさん含まれていますので、ポリフェノールを摂りたい方にはおすすめです。

ポリフェノールにはどのような効果があるのかという疑問をお持ちの方もみえると思いますのでご説明します。

私たちの体内では代謝の過程やストレスなどにより活性酸素というものが常に発生しています。活性酸素が発生すること自体はごく自然なことなのですが、余分に発生した活性酸素は、細胞を傷つけお肌の老化や血管など内臓器官の病気の原因となることがあります。
余分な活性酸素を除去してくれる働きのことを抗酸化作用といい、ポリフェノールにも強い抗酸化作用があるといわれています。

長命草に含まれているポリフェノールには
・クロロゲン酸
・ルチン
・ビスナジン
・イソサミジン

といったポリフェノールがあります。

クロロゲン酸はコーヒーに、ルチンは蕎麦などに含まれるポリフェノールです。長命草に含まれる量はそれらの2倍以上にもなります。

クロロゲン酸やルチンにはポリフェノールの中でも強力な抗酸化作用をもち、クロロゲン酸は脂肪を燃焼しやすくする働きもあるため肥満予防やダイエット効果も期待できます。
ルチンには血管を強くして動脈硬化を予防する働きやビタミンCを吸収しやすくする働きがあります。

ビスナジンは血行を促進する効果が、イソサミジンには血管拡張作用があるため、血流をよくしてくれる効果が期待できます。

血流をよくすることで高血圧や冷え性の改善が期待できます。
冷えを解消することで生理不順や不妊といった女性特有のトラブルの回避にも役立てることが出来そうですね。

また、血流をよくすることで代謝が上がることから痩せやすい体質になりダイエット成功に導いてくれるかもしれません。

ポリフェノールの抗酸化作用、特にルチンのビタミンC吸収を助ける作用やビスナジンやイソサミジンによる血流をよくする働きのおかげで、お肌の毛穴を引き締める・シミやシワの予防などの美肌効果も期待できます。

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEで抗酸化作用

長命草100gあたり、βカロテン(ビタミンA)が4800μg、ビタミンCが83mg、ビタミンEが3.5mg含まれています。
ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは、ビタミンACE(エース)とも呼ばれ、ポリフェノール同様に抗酸化作用があります。

ビタミンAは粘膜や皮膚、視力を正常に保つはたらきがあります。
また、ビタミンCやビタミンEは抗酸化作用が特に強く、お肌や血管などを健やかに若々しく保つのに役立ちます。

ビタミンCはしみを薄くしたり、コラーゲンの生成にも必要な栄養素であることから美容には欠かせません。ビタミンEは血液をサラサラにしたり、女性ホルモンの分泌を正常にする働きがあります。

豊富なカルシウムで骨粗しょう症予防

長命草100gあたりカルシウムが240mg含まれています。カルシウムは骨や歯に存在しており、カルシウムが不足すると骨がもろくなり折れやすくなります。

骨粗しょう症を予防するためにも必要不可欠な栄養素です。特に、女性はホルモンの関係で男性よりも骨粗しょう症になりやすいといわれているので積極的に摂るようにしたいですね。

鉄分で貧血予防

長命草にはプルーンの6倍ほどの鉄分が含まれていると言われています。
鉄分は、身体中に酸素を運ぶために必要な赤血球(ヘモグロビン)をつくるのに欠かせない栄養素です。

鉄分が不足すると鉄欠乏性貧血となり、立ちくらみや疲れやすいといった身体的な症状だけでなく顔色が悪い、お肌が荒れる、むくみがちといった美容面でも悪い影響が出てしまいます。

長命草の青汁ではポリフェノールやビタミンといったお肌を健やかに保つ働きのある成分が含まれていますが、鉄分もその一つです。

特に生理中や妊娠中・産後・授乳中は鉄分が不足しがちになるため、カルシウムと同様に女性はしっかりと摂りたい栄養素のひとつでもあります。
鉄分を積極的に摂取することで貧血を予防し、美しく健やかなお肌を保ちたいですね。

食物繊維で便秘改善

長命草100gあたり8.4gの食物繊維が含まれています。食物繊維は便のかさを増し、体外へ排出しやすくしてくれる働きがあるため便秘改善に効果が期待できます。

便秘を改善することにより、ダイエット効果のほか老廃物を外に出すことで吹き出物やニキビの改善など美肌効果も期待できます。

便秘が原因で血中にも老廃物が滞っている場合、高コレステロールや高血圧の原因になることもあります。

コレステロールを下げたい、血圧を下げたいと思っている方は、便秘がちでないか一度確認してみてください。

イソサミジンでむくみ・尿トラブルの改善

長命草には排尿促進効果があるといわれています。排尿を促進する栄養素といえば、ミネラルの一種であるカリウムが思い浮かぶかもしれません。たしかに長命草には100gあたり710mgのカリウムが含まれています。排尿を促すことで体内の余分な水分を排出し、むくみの改善を期待することができます。

しかし長命草の排尿促進効果はそれだけではありません。
長命草だけに含まれる成分であるイソサミジンには、膀胱や前立腺の筋肉を緩める働きがあり、1回の尿量を増やして排尿回数を抑える効果があります。その結果、残尿感や頻尿の症状の改善が期待できます。長命草は品種ごとに成分が少し異なるようで、屋久島原産の長命草にだけ含まれる成分があります。それがイソサミジンです。イソサミジンは奄美、沖縄地方、他地域原産の長命草には含まれていませんので注意が必要です。

スポンサードリンク

長命草の青汁4選

ポリフェノール豊富な長命草の青汁をご紹介します。長命草100%の青汁は種類がさほど多くないですが長命草が配合された青汁は何種類かあります。長命草以外の素材が配合されているものは、配合された素材の栄養も摂ることができるというメリットもありますのでお見逃しなく。

エイブリー 長命草青汁

沖縄県産の長命草100%の青汁です。30包入税抜き3800円です。混ぜもの一切なしの長命草100%青汁を見つけるのはなかなか大変なのではないでしょうか。16時までの注文で即日発送、土日や祝日も注文を受付けているのですぐに長命草の青汁を試したいという方におすすめです。

資生堂 長命草パウダー

長命草の青汁で最もメジャーなものが資生堂の商品です。
30日分で2700円です。与那国島のカルシウムやミネラルがたっぷり含まれた土壌で自生に近い形で無農薬栽培された長命草を使用した青汁です。

栽培から収穫まで全て手作業で行われ、新鮮なうちに加工されています。長命草のほかに、マルチトール、トレハロース、リン酸Caが入っています。
毛穴の改善に効果があったという口コミが多く見られます。
パウダーのほかに、タブレットタイプやドリンクタイプもあります。

ステラの贅沢青汁

タブレットタイプの青汁です。国産のクロレラ、長命草、ケールが配合されています。
1ヶ月分で4743円ですが、定期購入の場合は3320円(いずれも税抜き)で購入することが出来ます。タブレットタイプなので飲みやすく続けやすいというメリットがあります。便秘の改善を実感しているという口コミも見られます。

酵素青汁111選セサミンプラス

モリンガをベースに長命草をはじめ明日葉やケール、スピルリナ、日本山人参などがブレンドされています。年齢とともに不足しがちな酵素を補い、ダイエットのサポートや体型の維持などにおすすめの青汁です。こちらもステラの贅沢青汁と同様にタブレットタイプなので飲みやすく続けやすそうです。1ヶ月分3300円ですが、定期購入の場合は初回購入が500円になります。

イソサミジンを青汁で摂ることはできないの?

さて、こうして長命草の青汁をご紹介すると、長命草の産地が沖縄県ばかりということにお気づきかと思います。

長命草の青汁をはじめようか考えている方の中には、尿トラブルを抱えていてイソサミジンを摂りたいと思っているかたも多いのではないでしょうか。

イソサミジンは、屋久島産の長命草のみに含まれている成分であり、市販されている長命草の青汁の原料がほとんど沖縄県産であることから青汁で摂取することが難しいといえます。

そんな方には、青汁ではなくイソサミジンが配合されたサプリメントがおすすめです。
TaKaRa健康通販では、ノコギリヤシとイソサミジン、かぼちゃ種子とイソサミジンを配合したサプリメントが販売されています。
また、DHCからモレスキュットというイソサミジンが配合されたサプリメントも販売されています。

現段階では屋久島産の長命草を原料とした青汁を探しても見つからないので、イソサミジン摂取を目的に考えている方はサプリメントで摂取することをおすすめします。


ふるさと青汁の効果【口コミ・評価】ダイエット・便秘には?味は?

神仙桑抹茶ゴールドの効果を試してみた私の評価

やずや養生青汁の効果と味は?麦特有の独特の香りが強い

青汁三昧【口コミ】味や効果は?飲んだ感想
スポンサードリンク

PAGETOP