青汁の原料「ケール」の成分・効果まとめ

青汁の原料「ケール」の成分・効果まとめ
ここでは、青汁の定番の原料「ケール」の栄養成分・カロリーやケールに期待できる様々な効果、ケールを原料にしておすすめ青汁をご案内します。

スポンサードリンク

 


もくじ


ふるさと青汁の効果【口コミ・評価】ダイエット・便秘には?味は?

神仙桑抹茶ゴールドの効果を試してみた私の評価

やずや養生青汁の効果と味は?麦特有の独特の香りが強い

青汁三昧【口コミ】味や効果は?飲んだ感想

ケールとは?

青汁の成分として注目されているケールとはどのような植物なのでしょうか?
ケールはキャベツと同じアブラナ科の植物です。和名は緑葉甘藍(りょくようかんらん)や羽衣甘藍(はごろもかんらん)といいます。

温暖な気候の土地であれば一年中栽培することが可能で、原産地は地中海沿岸部です。

旬は、晩秋から冬にかけてが一番甘くおいしく食べられる時期です。栄養面で言えば、夏のケールのほうがビタミンの含有量が多くなるようです。

ケールの葉はキャベツに似ていますが、見た目の一番の違いは球状にならないことです。
キャベツは結球しますが、ケールは結球しません。茎が直立した状態で円形から長円形の葉を付けます。高さが1~2mになることもあります。

ケールの品種

ケールとひとくちに言っても、複数の品種があることをご存知でしたか?
ケールの主な品種についてご紹介します。

・ジューシーグリーン…搾汁量が多く、青汁の原料になっていることが多い品種です。
・スウィートグリーン…葉の幅が広く、青汁の原料になっていることが多い品種です。
・カーボロリーフ グリーン…イタリア野菜としても使われており、黒キャベツより葉の幅が広いのが特徴です。
・キッチン…葉が波状に湾曲し、縁に細かな縮みがあるのが特徴です。
・サンバカーニバル…葉が柔らかいのが特徴です。

これらが主なケールの品種で、品種ごとに特徴が異なり用途もそれに応じた用途になります。

ケールの味は?

青汁に使われているケールの「ジューシーグリーン」や「スイートグリーン」という品種名を聞くと、なんだかフルーツのような甘そうな味をイメージしてしまいますよね。
ところが、ケールの味は「苦い」です。
青汁が「まずい、苦い」という印象を持たれがちなのも実はケールの苦味のせいなのです。

ケールに含まれる成分

ケールは緑黄色野菜の王様といわれるほど栄養価に優れています。その栄養価が認められているから青汁の原料にもなっているのですね。それでは、ケールに含まれる栄養成分をみていきましょう。

ケールの基本的なカロリー・栄養成分は?

生のケール100gあたりの基本的な栄養成分についてご紹介します。

カロリー…28Kcal
蛋白質…2.1g
脂質…0.4g
炭水化物…5.6g(食物繊維…3.7g,糖質…1.9g)
コレステロール…0

ケールのカロリーはとても低くヘルシーなのがわかります。
また、食物繊維が豊富で糖質も少なめです。なことがわかりました。
食物繊維はぶなしめじと同じくらいの量が含まれています。野菜なのに、きのこと同じくらいの食物繊維量というのは驚きですよね。

スポンサードリンク

ケールに含まれるビタミン

生のケール100gに含まれるビタミンについてご紹介します。

カロテン(ビタミンA)…2900μg
ビタミンE…2.4mg
ビタミンK…210μg
ビタミンC…81mg
ビタミンB1…0.06mg
ビタミンB2…0.15mg
ビタミンB6…0.16mg
葉酸…120μg
パントテン酸…0.31mg
ナイアシン…0.9mg

カロテン(ビタミンA)、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンCが豊富に含まれていることがわかります。わかりやすく身近な野菜と比較すると、ビタミンAに関しては人参の約2倍、ビタミンEはブロッコリーと同程度、ビタミンKは小松菜と同程度、ビタミンCは小松菜の2倍程度の量が含まれています。

ケールに含まれるミネラル

生のケール100gに含まれるミネラルについてご紹介します。

カリウム…420mg
カルシウム…220mg
マグネシウム…44mg
ナトリウム…9mg

ケールにはカリウムやカルシウムが豊富に含まれていることがわかります。身近な食品と比較すると、カリウムはプルーンの約2倍、カルシウムは牛乳の2倍以上含まれています。なかなか摂取しにくいカルシウムが乳製品である牛乳の2倍以上も含まれていことからいかにケールがカルシウム豊富かがわかりますね。

ケールに含まれる注目の成分

ケールの栄養は食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富なだけではありません。

・リブロース-1,5-ビスリン酸カルボキシラーゼ/オキシゲナーゼ(ルビスコ)
・ルテイン
・メラトニン

といった成分が含まれています。聞いたことのない成分もあるかもしれませんが、その効果は、ケールの効果のところでご紹介します。

ケールの効果

ケールは栄養豊富であることから美容や健康に役立つ様々な効果があります。その効果についてご紹介します。

ケールの美肌効果

ケールにはビタミンが豊富に含まれています。ビタミンといえば美容には欠かせない栄養素ですよね。特に美肌にとって重要なビタミンは、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、合わせてビタミンACE(エース)と言われています。

なぜなら、このビタミンACEには抗酸化作用があり、過剰に発生した活性酸素を取り除いてくれる働きがあるからです。

活性酸素は私たちの身体が生命活動を行う上で生み出されるものですが、ストレスや生活習慣、加齢などによって体内に過剰に活性酸素がたまってしまうと細胞の老化、つまりシワやたるみ、しみなどの色素沈着といった原因になることもあるのです。

ビタミンACEがとても豊富に含まれれているケールを摂ることは、結果的にお肌の老化を防ぐことにつながります。

ケールの生活習慣病予防に効果的

ケールの豊富なビタミンACEが美肌によいことは、ケールの美肌効果のところで説明しましたが、もちろん健康にも大きな利益があります。お肌の老化は体内の余分な活性酸素によってひきおこされることがあることはわかっていただけたと思いますが、余分な活性酸素はお肌だけでなく私たちの血管や内臓をも傷つけていきます。

特に、血管が傷つけられると、動脈硬化や高血圧といった生活習慣病へと繋がることもあります。こういった生活習慣病にかかると、心疾患や脳梗塞など突然の死を招くリスクが高くなるため生活習慣病の予防や改善はとても大切になってきます。

抗酸化作用のあるビタミンACEをケールで積極的に摂取して、余分な活性酸素を除去することで生活習慣病の予防に役立てたいですね。

ケールで万病の元「便秘」を改善

便秘はいわば老廃物を体内に溜め込んでいる状態です。なかなか排出されない老廃物は、再吸収され、血管を通って全身に…考えただけでも恐ろしくなりますよね。

その結果、お肌が荒れてしまったり、血液がどろどろになって高血圧や動脈硬化といった生活習慣病にも繋がることがあります。ケールには食物繊維が豊富に含まれており、便秘解消に役立つと考えられます。

食物繊維を摂ることで排便を促し、腸の中を綺麗に保つことで血液やお肌をもキレイに保つことに繋がるのです。

ケールがコレステロールを下げる

現代において高コレステロールに悩む方が多いのではないでしょうか。ケールは気になるコレステロール値を下げることがわかってきました。その秘密はケールに含まれるビタミンCと食物繊維にあるようです。

コレステロールが上がってしまう原因として、余分なコレステロールが胆汁酸になって体外へ排出されなかったり、便秘によって腸から吸収されることが挙げられます。

余分なコレステロールを胆汁酸に変換する際にはビタミンCが欠かせません。ビタミンCが不足すれば胆汁酸への変換がうまくいかずコレステロール値が上がってしまうことがあります。ですので、ビタミンCはコレステロール値のコントロールには欠かせない栄養といえます。

また、食物繊維は便のかさを増して排出しやすくするので体内の老廃物とともにコレステロールも排出すれば腸から吸収されるぶんが少なくて済みます。その結果、コレステロール値を下げることに繋がるといえます。ケールの青汁を飲み続けるとコレステロールが下がるという研究結果も出ているようです。

ケールで血糖値を改善

ケール自体に血糖値を改善する成分は含まれていませんが、ケールの食べ方によっては血糖値を下げることができるかもしれません。ケールは、糖質が低く食物繊維が豊富な野菜です。そのため、ケール自体は血糖値を上げにくい食べ物だといえます。

食事をするときに、はじめに食べるものはよく吸収されます。例えば、糖質の多い白米を最初に食べるよりは、野菜をはじめに食べたほうが血糖値は上がりにくいのです。食物繊維は糖の吸収をおだやかにする作用があるので、ケールのような食物繊維が豊富で糖質の低い野菜をごはんよりも先に胃に入れることは血糖値を急激に上げないことに有効だといえます。

ケールで不眠症対策

私たちが眠たくなるのは、メラトニンという睡眠に導くホルモンのおかげです。日が沈んで暗くなるとこのメラトニンが分泌されはじめ、睡眠を促すのですが、メラトニンがうまく分泌されないと眠れない、眠りが浅いといった不眠症になってしまいます。

ケールにはメラトニンが含まれているため、不眠症の改善にも効果があるのではないかと言われています。

疲労やストレスにもケールが効果的

忙しい現代社会において避けがたい疲労やストレスに悩まされている方も多いのではないでしょうか。さほど疲労感もストレスも感じていないと思っていても、騒音やタバコ、ちょっとした不安や緊張、睡眠不足でも身体の中ではストレスとなっているのです。

わたしたちが疲労やストレスにさらされると、体内では大量のビタミンCが消費されます。もし、ビタミンCが足りなくなると、うまくストレスに対処できず心や身体の不調となって現れることが少なくありません。ケールはビタミンCを豊富に含んでいるので、疲れやすくストレスの多い生活を余儀なくされている人にとっても強い味方になってくれるはずです。

ケールが目にいいのはなぜ?

ケールにはルテインという成分が含まれています。ルテインは「天然のサングラス」とも呼ばれており、紫外線などのダメージから目を守ります。ルテイン自体は私たちの目の黄斑という部分に存在しています。

また、人がものを見るのに欠かせないロドプシンという網膜にある光を感じるためのたんぱく質があり、ロドプシンを生成するためにはビタミンAが必要になります。
ケールにはカロテン(ビタミンA)が豊富に含まれており、眼精疲労の予防にも役立ちます。

ケールで骨粗しょう症予防

ケールにはカルシウムがとても豊富に含まれています。体内のカルシウムのうち99%は骨や歯に存在しており、骨の中のカルシウムが不足すると骨折しやすくなってしまい、いわゆる骨粗しょう症になってしまうことがあります。特に、女性は妊娠や出産、授乳、ホルモンの関係でカルシウムが失われやすいのです。わかっていても意識して補うのが難しかったり、乳製品が苦手だとどうしてもカルシウムが不足しがちになります。ケールは牛乳の2倍ものカルシウムがあり、カルシウムを補給して骨粗しょう症を予防するのに役立ちます。

ケールで免疫力アップ

ケールに含まれるリブロース-1,5-ビスリン酸カルボキシラーゼ/オキシゲナーゼ(ルビスコ)という成分には、免疫機能成分の生産を促進する効果があることがわかっています。
また、ケールに含まれているカロテンやビタミンCには、免疫力を高める効果があります。カロテンやビタミンCには皮膚や粘膜を健康で丈夫に保つ作用があり、皮膚や粘膜が丈夫だと菌やウイルスが体内に入りにくくなり、免疫力が向上します。

万が一、体内に菌やウイルスが入ってしまっても、ビタミンCはそれらの病原体と戦う白血球の働きを強くするため病原体による症状がでにくくなります。
もちろん全ての病気が防げるわけではありませんが、人より風邪をひきやすいなど免疫力が弱っていると感じたらケールで免疫力アップを狙ってみては!?

ケール100%の人気青汁

せっかくならケール100%の青汁を試してみたいという方のために、ケールの効果がしっかりと実感できそうな商品をご紹介します。

ファンケル 本搾り青汁

ファンケル青汁 本搾り青汁ベーシック

国産100%のケールを使用した青汁です。余計な添加物などを入れず、ケールの栄養がまるごと摂れます。ケールの青汁を飲むことを考えている方は、カルシウム不足に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ファンケルの本搾り青汁は、カルシウムの吸収を助ける植物性ツイントースが配合されており、吸収率を1.4倍にまで高められています。

ファンケル本搾り青汁を一杯飲むだけで、みかん1個分のビタミンC、ピーマン2個分のビタミンE、ニンジン1個分のルテイン、牛乳50ml分のカルシウム、レタス葉4枚分の食物繊維、その他、βカロチン、などなど一食分の緑黄色野菜量を補えます。

青汁の原料「ケール」の効果・効能 - 青汁部 より引用

せっかくケールの青汁でカルシウムを摂るのなら吸収率が高いほうが嬉しいですよね。骨粗鬆症予防のために青汁を飲みたいと考えている方は特におおすすめです。

気になる安全性も、輸送や洗浄、搾汁や乾燥など青汁が作られる過程で何度も厳しいテストをして徹底した品質管理がなされているので安心して毎日飲むことができると思います。

また、ケールの青汁というと味が心配ですよね。おいしくなければ続かないし…と迷っている方も、ファンケルの青汁は独自の製法(ファンケルマイルドテイスト製法)によって青臭さを抑え青汁が飲みやすくなるよう工夫されています。

粉末タイプのものでも粉っぽさがなく、冷凍タイプのもでも苦味がなく飲めるのは、毎日微妙に変化するケールのコンディションに合わせて搾る力を変えているからのようです。ケールの青汁について徹底的に研究されてきたファンケルだからこそできる青汁なのかもしれませんね。

増田採種場 マスダの冷凍青汁グリーンジュース・旬搾り青汁ケール

増田採種場はケールを種から育てて研究している、いわば「ケールのプロ」です。青汁やジュースに使われるケールの品種である「ジューシーグリーン」を開発したのも実は増田。採種場なのです。そんな増田採種場が提供する青汁は、冷凍タイプと粉末タイプのケールの青汁です。

ケールの旬である冬に採れたものだけを使用し、新鮮な美味しさと風味だけでなく栄養もしっかりとることが出来ます。

有機栽培で育てられ、冷凍タイプであれば収穫後にすぐ搾汁して冷凍されているので解凍するだけでフレッシュなケール青汁を楽しめますよ。もちろん、粉末タイプも同様に育てられ収穫後すぐに粉末化されています。ケールを知り尽くしジューシーグリーンの生みの親であり育ての親でもある増田採種場の冷凍青汁を一度は試してみたいですね。

キューサイ キューサイ青汁 冷凍タイプ・粉末タイプ

青汁といえば「まず~い、もう一杯」というだいぶ昔のCMが有名ですよね。このCM、キューサイの青汁のCMなんですよね。キューサイの青汁は冷凍タイプと粉末タイプがあり、ケール100%です。農家と契約し、種を育てる段階から収穫までずっと農薬や化学肥料は使わずに育てられた国産のケールは、低酸素状態で鮮度を保ちながら搾汁され急速冷凍されます。味は上級者向けのようですが、ロングセラーの「元祖青汁」ともいえるキューサイ青汁も要チェックです。

ケールが使われている青汁

いきなりケール100%の商品は勇気がいる…という方のために、ケールが入っている青汁の商品をご紹介します。ケールの効果だけでなく、他に配合されているものとの相乗効果も実感できるかもしれません。

青汁三昧

青汁三昧
国産で無農薬のケールにこだわって作られているのが青汁三昧です。ケールの産地は広島県なのですが、肥料の代わりに牡蠣殻を使うなど工夫されています。寒暖差があり、大きく肉厚で栄養たっぷりのケールが使われています。ケール以外には沖縄県産のゴーヤ、宮崎県産の大麦若葉が含まれています。甘味料などが含まれているため飲みやすいですが、甘味料などの添加物を気にされる方には不向きかもしれません。

グリーンハウス レモンの青汁

ケールが75%、レモンが25%の割合で配合されている青汁です。この青汁の特徴はビタミンCが他の青汁と比較しても多いことにあると思います。ビタミンCは、抗酸化作用があり美肌や健康維持のためにも欠かせない成分であるほか、ストレスや疲労に負けない身体をつくるためにも必要な栄養素です。お肌を美しくしたい、疲れている…そう感じる方にはおすすめのケール青汁です。


めっちゃたっぷりフルーツ青汁って本当にダイエット効果があるの?

エバーライフ バランス30選 飲みごたえ野菜青汁の効果は口コミどおり?

やわたのおいしい青汁の効果は?口コミとレビューした私の評価

ファンケル本搾り青汁ベーシックの味・効果をレビュー
スポンサードリンク

PAGETOP