酵素ダイエットで頭痛・めまい・吐き気・下痢は副作用?好転反応とは

酵素ダイエットで頭痛・めまい・吐き気・下痢は副作用?好転反応とは
酵素ダイエットを始めると、いわゆる「好転反応」が起こることがあります。

好転反応とは治療が進んでいく過程で、一時的に本来の作用とは別の症状が起こるものをいいます。摂取した成分が引き起こす副作用とは別のもので、「瞑眩反応」と呼ばれることもあります。

好転反応は主に東洋医学の考え方に基づいたもので、現代医学にはこの概念はありません。しかし漢方薬を飲んだり鍼灸、按摩治療を受ける際にはよく起こり得る反応ということで、事前に注意事項として説明されることも多いようです。

スポンサードリンク

もくじ

<酵素ドリンクの口コミ・レビュー>


ベジライフ酵素液の原料や効果、味や飲み方をレビュー

ピュアネス酵素レビュー!空腹感対策成分の効果は?

優光泉☆無添加酵素ドリンクの味や効果を試した結果

酵素ダイエット!効果的な酵素ドリンクの飲み方

ごちそう酵素のダイエット効果は?7日間で検証してみた

お嬢様酵素 ダイエットと美容の効果を24日間検証した

ベルタ酵素口コミ 効果は?3日間酵素ダイエットした感想

好転反応としてよく起こる症状

酵素ダイエットの場合に起こりやすい症状には次のようなものがあります。

・頭痛
・めまい
・吐き気
・腹痛、胃痛
・下痢、便秘
・おならや体臭が強くなる
・尿の色が濃くなる
・倦怠感
・眠気、目覚めの悪さ
・吹き出物、肌荒れ、肌のかゆみ
・歯痛
・肩こり、腰痛、関節痛
・発熱、発汗
・喉が痛む、たんが出る、咳や鼻水が出る
・生理痛、不正出血(女性の場合) ……など

このように、起こり得る反応は多岐にわたります。どのような症状が起こるのかは人によって異なりますし、反応の出方には一定の傾向はあるものの、やはりこれも人それぞれ。非常に軽いケースもあれば、複数の症状が同時に出て非常につらい思いをするケースもあります。また原材料との因果関係などもよく分かっていません。

ではこうした好転反応はなぜ起こるのでしょうか。今回は好転反応とその対処法を詳しくご紹介していくことにします。

ファスティングするとなぜ好転反応が起こる?

酵素ダイエットにおける好転反応は、体の中に溜まっていた毒素や老廃物が血中に流れ出ることが原因で起こるとされています。

この反応は鍼灸治療などをイメージするとよりわかりやすいでしょう。鍼灸治療を受けると凝り固まっていた筋肉がほぐれたり血行が改善されることで体のだるさや眠気などを引き起こします。さらに神経が正常に働き始めるため、痛みを感じやすくなるというわけです。

これらの反応は人間の体に本来備わっている治癒力が起こすものです。不健康な体が健康を取り戻すための通過点であるため、非常に多くの人に見られる反応だと言われています。それどころか、好転反応が現れなければ十分な効果は期待できないとまで言う専門家も少なくありません。

好転反応が強く出やすいのはどんな人?

好転反応のほとんどは不快な症状ですが、それがずっと続くわけではありません。あくまでも一時的なものでであり、一般的には症状が現れてから数時間から3日程度で軽快します(皮膚系の症状は完治までにもう少し日数がかかります)。酵素ドリンクを使用するファスティング(断食)の場合にはスタートして2日めに症状が強く現れることが多いようです。

基本的に体の中にたくさんの毒素や老廃物が溜まっている人は好転反応が強く出やすい傾向にあります。例えば次のような方は、排出すべきものが体内に多く溜まっていると考えられるため、どうしても好転反応が強く出てしまうというわけです。

・ファスティングを初めて行う人
・便秘がちな人
・血行が悪い人
・頭痛や肩こりが出やすい人
・むくみがよく出る人
・食生活が乱れがちな人
(外食が多い、肉や脂っこいものを好む、添加物が多く含まれるものをよく食べるなど)

頭痛、めまい、吐き気が起こる症状の原因

頭痛やめまい、吐き気は酵素ダイエットの際に比較的起こりやすい症状です。これらは好転反応以外にもいくつかの原因が考えられます。

血液の酸性化(アシドーシス)

ファスティングを始めて2日から3日程度の間、血液が酸性に傾く時期があります。その際に現れるのが頭痛やめまい、吐き気、倦怠感などの症状。場合によっては持病が悪化したり呼吸が苦しくなったりと、ありとあらゆる不快な症状に悩まされることになります。

このアシドーシスという現象を、毒素や老廃物が血液中に流れ込むことから起こる、つまりこれこそが好転反応の正体として説明する専門家も少なくありません。

アシドーシスはファスティングによって体質を改善するためには避けられない現象とされ、症状の軽減化には酵素ドリンクやミネラルの摂取が有効です。期間が過ぎればつらい症状はなくなりますが、症状が重度の場合や長期にわたるようであればファスティングを中止し、医師の診断を仰いだほうがいいでしょう。

血糖値の異常

血糖値とダイエットというと、ほとんどの場合で食後の血糖値の急上昇が注目されます。もちろん高血糖は良くありませんが、それと同様に低血糖もトラブルを起こす危険性があります。

酵素ダイエットに限らず、糖質の摂取をできるだけ抑えるのはダイエットの常識のように捉えられています。しかし、ダイエットをしていて摂取する糖質の量があまりにも少なくなった場合、低血糖症を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

低血糖で起こり得る症状は、比較的軽度のものから順に、次の通りです。

空腹感、あくび、吐き気、めまい、腹痛、頭痛、倦怠感、脱力、眠気、判断力の低下、動悸、ふるえ、発汗、意識障害、痙攣、昏睡状態

酵素ダイエットの場合であれば、次のような場合に血糖値の異常が起こると考えられます。

1.ダイエット中、酵素ドリンクを用法通りに飲まなかった
2.酵素ドリンクに十分な量の糖質が含まれていなかった
3.酵素ドリンクを一気に飲んだ
4.水分を摂る量が少なすぎた

質の良い酵素ドリンクにはある程度の糖が含まれています。ファスティングを行う場合に一定の酵素ドリンクを少しずつ飲むのには、

・食事で摂れない糖分を補い、低血糖を防ぐ
・血糖値が急上昇するのを防ぐ

という2つの理由があります。

ところが「カロリーを摂りたくない」などの考えから酵素ドリンクの摂取を怠ったり、酵素ドリンクを飲んでいても糖質が効果的に摂取できていなかったりすると、低血糖に陥る可能性があります。酵素ドリンクに含まれる糖質については、市販品であれば十分な質を満たしていなかった場合、手作りなら砂糖が少なすぎた場合に起こり得ます。特に普段の食事で糖質を多く摂っている人ほど、落差からトラブルが起こりやすいと考えられます。

代謝に糖を使えない状態になると、わたしたちの体は脂肪を代謝させ、エネルギーを生み出そうとします。その際に作られるのがケトン体という物質なのですが、このケトン体は体を酸性に傾かせたり脱水症状を引き起こしたりする性質があります。そのため、様々な体調不良が起こるのです。

また、反対に酵素ドリンクを一度にたくさん飲んだり水分の補給量が少ないと、血糖値の異常な上昇につながります。これが後の血糖値の急降下を招く可能性があり、このケースでも頭痛やめまい、吐き気などの症状を引き起こします。

血糖値の異常によって起こる症状は好転反応のそれとほとんど同じですが、何も手当せず放置すると重症になり、最悪の場合には死に至る可能性があります。おかしいなと思ったらできるだけ早い段階で酵素ドリンクやフルーツジュース、はちみつなどで糖分を摂って様子を見てみてください。それで症状が和らぐようであれば、好転反応ではなく低血糖状態である可能性が高いと考えられます。

水分不足

水分補給というとミネラルウォーターやスポーツドリンクなどを飲むことをイメージしがちですが、実は通常の食事から摂取している水分は少なくありません。そのため、ファスティングを行うと水分の摂取量が不足しがちになります。

ファスティングの際には酵素ドリンクのほかに1日2リットル程度を目安に水分を摂るようにしてください。ミネラルウォーターでもいいですし、カフェインを含まないハーブティーやルイボスティーなどもお勧めです。

水分摂取が減ると、喉の渇きや尿量の減少のほか、めまいや頭痛、吐き気、下痢、脱力などを、重症になると痙攣や意識障害などを引き起こします。場合によっては生命に関わる状況に陥るため、できるだけ早い水分補給が必要です。

ダイエット中は体重を減らしたいあまり水分補給を怠る方もいらっしゃいますが、それは大変危険です。体内の毒素や老廃物を排出するデトックスには水分は不可欠です。ぜひ意識的に水分を摂るようにしてください。

塩分、ミネラル不足

こちらも主にファスティングを行う場合に起こり得ることで、塩分やミネラルが不足することで頭痛やめまい、吐き気などを起こす可能性があります。特に塩分は酵素ドリンクから摂取できないため、必ず意識して摂るようにしましょう。

塩分の不足を補うのにおすすめなのは具のない味噌汁やスープ、昆布茶、少量の漬物、梅干しなど。これらを飲み食いすることで症状は治まります。カリウムなどのミネラル成分は酵素ドリンクでもある程度摂れるとは言え、足らなくなる可能性は皆無ではないため、サプリメントなどで効果的に補うようにしてください。

ちなみに体内の塩分が不足することで水分を保持しにくくなるため、脱水症状も起こりやすくなります。普段の食生活で減塩を意識されている方には意外な現象ですが、ファスティング中にはくれぐれも注意してください。

酵素ダイエットで下痢が起こる症状の原因

下痢も酵素ダイエットでは比較的起こりやすい症状です。水溶便になったり、下痢までは行かないまでも腹痛を起こしたり普段とは違う色の便が出たり、逆に便秘になるケースもあります。どういう症状になるかは、酵素ダイエットを始める前の状態や体調によって変わってきます。

下痢が起こるのはまさに毒素や老廃物を体から追い出そうとしている反応です。下痢が続くのは非常につらいのですが、自然の反応であれば数日で治まるはずです。また、ファスティングを行っている場合には食べていない分、単純に便の量が減って便秘になってしまっていることがあります。下痢の場合にも便秘の場合にも水分をしっかりと補給し、薬は使用せずに数日の間は様子を見てください。

下痢症状がひどい場合や長期間続く場合には好転反応ではなく、酵素ドリンクが体に合わないケースが考えられます。飲むのを休止し、それでも症状が続くようであれば医師の診察を受けましょう。

酵素ダイエットで吹き出物、肌荒れ、かゆみが起こる場合の原因

吹き出物(大人ニキビ)、肌荒れ、かゆみなどの症状は、好転反応の一種で、まさに毒素が肌から排出されている状況であると説明されることもあります。

ただ、肌に出るこれらの症状は植物材料に対するアレルギーや添加物の副作用であるケースも皆無ではありません。もしそうであれば酵素ドリンクを飲み続けることで症状を悪化させる恐れがあります。

酵素ドリンクを購入する際に原材料をしっかりチェックしなければならないのは言うまでもないのですが、非常に多くの原材料から作られている酵素ドリンクの場合にはそれも難しいかもしれません。アレルギーが疑われる場合には無理をせず、飲用を中止してください。

生理痛や不正出血が起こった場合

酵素ダイエットを始めて生理痛が重くなったり周期が乱れたり、まれに不正出血が起こる場合があります。これは酵素ドリンクが原因というより、ダイエットやファスティングによってホルモンバランスに変化が起こったり、ストレスが原因で起こったりするケースが多いようです。

生理中のダイエット、特にファスティングは影響が大きく、症状を重くすると言われています。生理中のファスティングは避けるようにしてください。

ファスティングで好転反応が出たらどうしたらいい?

好転反応の中には風邪のような症状から起きていられないような重いものまで実に様々です。明らかにアレルギー反応や副作用であることが分かる場合や日常生活に差し支えるような症状の重い場合には酵素ドリンクの飲用を一旦休止すべきですが、そうでない場合には好転反応が落ち着くまでダイエットを続けながら様子を見てください。もちろん、無理は禁物です。

下痢や頭痛などがつらいと薬を飲みたくなってしまうこともありますが、できれば薬は控えましょう。また、入浴は血行不良からくる一般的な頭痛や肩こりなどの緩和には効果的なのですが、ファスティングを行っているときの頭痛などには長時間の入浴は逆効果になることがあります。入浴する際にはしっかり水分を摂って、長時間にならないように心がけましょう。

好転反応は2~3日で治まるのが普通です。もしそれを超えて不調が続く場合には使用した酵素ドリンクが合っていないか、ダイエット方法がきつすぎることが考えられます。別の酵素ドリンクに変更するか、ダイエット法をもう少し軽いものにしてみてください。

例えばファスティングなら1食だけを置き換えるダイエットに、1食を完全に置き換えるのが重すぎるなら間食をやめて酵素ドリンクにするなどといった方法から始めてみましょう。

体調がすぐれない場合、酵素ドリンクのメーカーのサポートセンターで相談するという選択肢もありますが、対面ではない電話やメールでの相談ではどうしてもアドバイスが一般論になりがちです。

ダイエット法などに関する相談はもちろん有益ですが、もし症状が重い場合には医師の診察を受けることをお勧めします。

なお、ファスティングを切り上げる際にもいきなり通常食に戻すのは禁物です。1~3日程度は回復食で体をならすようにしてください。

スポンサードリンク

PAGETOP