ビーグレン大人ニキビ改善プログラムの口コミ・評判と私の評価

ビーグレン大人ニキビ改善プログラムの口コミ・評判と私の評価
ビーグレン「大人ニキビ改善プログラム」は、その名のとおり何度も繰り返す大人ニキビを根本から解消するためのラインです。ビーグレンは高級化粧品ブランドと言っても良いと思いますが、今回購入したのは敏感肌でも使えるプチプラトライアルセット!

複雑な原因が絡まりあってできてしまう大人ニキビを本当に撲滅することができるのか、実際に使ってみて感じた効果や感想をまとめます。

また、ビーグレンの「大人ニキビ改善プログラム」を使っている方の口コミ・評判や、全成分表示、ビーグレンがなぜ優れいてるのかなど、ビーグレンを徹底的に検証していきますので、よろしければご覧下さいね。


もくじ

ビーグレン「大人ニキビ改善プログラム」とは

ビーグレンの大人ニキビ改善プラグラムは、
・クレイウォッシュ(洗顔)
・クレイローション(化粧水)
・Cセラム(美容液)
・QuSomeモイスチャーゲルクリーム(保湿液)
の4つでニキビを改善し、繰り返しニキビができにくくなる肌を目指すプログラムです。
ビーグレン独自のテクノロジーで、今炎症を起こしているニキビにアプローチするだけではなく、「にきびができにくい肌」を目指せることが大きな特徴です。

他の大人ニキビケア化粧品との違いは?

ビーグレンのニキビケアは「肌に効果がある成分をビーグレンの浸透テクノロジーを用いて肌の奥まで届ける」ことが他の製品との違いです。

◇QuSome(キューソーム)がビーグレンのテクノロジー
QuSome(キューソーム)
テクノロジーってなんだかおおげさ・・・という感じですが、ビーグレンと他のメーカーの違いを知る上で、これは本当に重要ですよ。
ビーグレンはQuSome(キューソーム)という浸透技術を使用しているのですが、このQuSomeがビーグレン独自開発のテクノロジーなんです。

QuSomeのことはぜひ知っていただきたいのですが、かなり長くなるので、まずは「ニキビケア」のセット内容などをご紹介しますね。
ここでは「QuSomeによってニキビケアに必要な成分が必要なところに届く」と覚えておいて下さい。

◇「Cセラム」はビーグレンの代名詞
セット内容の前にもうひとつだけ!「Cセラム」も超重要なので、ご紹介させてください。

Cセラムは球状のQuSomeにピュアビタミンCを包み込んだ美容液です。ビタミンCなので、ニキビだけでなく、シワ、しみ、肌のたるみ、にきび跡、毛穴の開き、くすみなどにも対応しています。

ピュアビタミンCは化粧品に配合するのが大変難しいのですが、QuSomeで包み込むことで成分を安定させたまま角質の奥に届けることができるんです。これもビーグレンと他の製品との違いです。

今回試してみるニキビケアトライアルセットの使用順に「大人ニキビ改善プログラム」の内容と、「なぜニキビに有効なのか」というところを掘り下げてみます。

<クレイウォッシュ(洗顔)>
「モンモリロナイト」という天然クレイを使用した洗顔剤です。モンモリロナイトは超微粒子のクレイで、古い角質や肌の汚れ、酸化の始まった皮脂などを吸着する性質があるため、肌に必要が潤いを残したままやさしく洗い上げることができます。
5種類の美容成分が配合されていて、大人ニキビ肌をなめらか肌に整えてくれます。

<クレイローション(化粧水)>
ニキビ肌は二次トラブルを起こしやすい状態になっているため、炎症をすみやかに抑える必要があります。クレイローションにも天然クレイの「モンモリロナイト」が配合されていて、肌表面にうるおいの膜を作りだすことで紫外線などの刺激から肌を守ってくれます。

また、肌を保護し抗炎症作用のある「グリチルリチン酸ジカリウム」によって炎症を抑え、肌荒れ、乾燥、にきびの原因になる毛穴の詰まりなどを防ぎます。

<Cセラム(美容液)>
QuSome使用。肌悩みの改善に効果的なピュアビタミンCをQuSomeに包んで角質層の奥に届けます。皮脂バランスを整えながら透明感を引き出します。とても穏やかなピーリング効果もあるので、肌の生まれ変わりをサポートします。

<QuSomeモイスチャーゲルクリーム(保湿液)>
QuSomeハイドレーションコンプレックス使用。肌自身が水分を生み出して蓄える力に着目した保湿ジェルです。アリスチン、アクアタイドなどの4種類の有用成分がQuSomeにギュッと詰まっています。角質の奥に成分が届き、ニキビや肌トラブルの原因になる繰り返す乾燥をストップさせてくれます。うるおいが不足してゴワつきがちな肌もやわらかくなります。

アクネ菌のケアはしないの?

以前はとにかくアクネ菌を取り除けばにきびが治るようなイメージがありましたが、アクネ菌は常在菌なので、取り除くことよりも上手に付き合える肌を作る方が結果的に良いんですよ。

ビーグレン「大人ニキビ改善プログラム」は、アクネ菌の殺菌だけに注目せずに、ニキビができにくい水分と油分量が整った状態を肌みずからが作り出せるように考えられた製品です。

アクネ菌は皮脂が多い毛穴が大好きなので、肌が整えばアクネ菌が増殖してニキビが大量発生!なんてこともなくなります。

アクネ菌を殺菌するタイプの製品もありますが、刺激が強かったり乾燥をまねくこともあり、ニキビが気になる敏感肌さんは使えないこともあります。ビーグレンは肌が弱い方のニキビケアのことをも考えて作られているため、殺菌を優先していないのです。

◇それでもアクネ菌が気になる・・・という方のために
モンモリロナイトは汚れと一緒に毛穴に入り込んだアクネ菌も落としますし、CセラムのピュアビタミンCにはとても優れた抗炎症作用があります。菌と言われると気になると思いますが、毎日ちゃんとスキンケアをしていればアクネ菌もケアできます。

ビーグレン「大人ニキビケア」トライルセットを試します

ビーグレン「大人ニキビケア」トライルセットを試します
ビーグレン「大人ニキビケア」トライルセットが届きました。高級感のある箱に入っています。

7日分のトライアルセット
7日分のトライアルセットになっていて、左からスキンケアに使用する順番に並んでいます。

とってもありがたいことに、次回使える1,000円オフのクーポンも入っていましたよ!
ビーグレン1,000円オフのクーポン

さっそく洗顔から試してみます。

ビーグレンニキビ洗顔「クレイウォッシュ」を体験

ビーグレンニキビ洗顔「クレイウォッシュ」
朝晩使用する洗顔料です。泡で汚れを落とすのではなく、汚れを吸着するタイプの洗顔剤なので、泡立てが要りません。

クレイウォッシュの全成分

【有効成分】グリチルリチン酸ジカリウム
【その他の成分】精製水/イソノナン酸2-エチルヘキシル/ベントナイト/1,3-ブチレングリコール/N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸ナトリウム/N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液/尿素/ソルビット液/ヒアルロン酸ナトリウム液/スクワラン/カモミラエキス(1)/カッコンエキス/アロエエキス(2)/クロレラエキス/グリセリン脂肪酸エステル/フェノキシエタノール

クレイウォッシュレビュー・正しい使い方

クレイウォッシュは泡立てが要りません。顔と手のひらを濡らしたら、さくらんぼ大を手に取り両手で軽くなじませます。
両手で顔をくるくるとマッサージするように汚れとなじませて、お顔に白いクリームが残らなくなるまで丁寧に洗い流したら洗顔完了です。

これがさくらんぼ大のクレイウォッシュです。
bglenacne_claywashdai
もっと固いテスクチャーを想像していたのですが、一般的なチューブタイプの洗顔剤よりも柔らかいと思います。無臭ではありませんが、気になる匂いはありません。

両手のひらを湿らせてなじませてみました。
手のひらクレイウォッシュをなじませる
泡立ちの目安がないのでこれで良いのかちょっと不安ですが、顔を洗ってみます。

お顔にクレイウォッシュをなじませてクルクルマッサージしている途中の状態です。
bglenacne_claywachu
写真の取り方の問題もあるのですが、ほとんど泡が無いんです!
洗えているのかどうかかなり不安ですが、あごのあたりのザラつきが少しなめらかになった気がします。古い皮脂が落ちたのかもしれません。

bglenacne_claywaend
洗い流して、タオルでぽんぽんと水分を取った直後の状態です!
触れてみると、鼻の頭と小鼻のザラザラとフェイスラインのゴワゴワがすっきりしているのがわかりました。

汚れはちゃんと落ちているのに洗い心地が軽くて、この感じはとても気に入りました。本当に肌に負担のない洗顔ができると思います。
ただ、気になるところもありましたので、クレイウォッシュの良いところと悪いところをまとめてみます。

クレイウォッシュの良い点

泡立てが要らないのに汚れがちゃんと落ちるところはかなり好きです。朝の洗顔がラクになりそう。
クルクルマッサージをしているとごわつきが無くなるのがわかるところも良いですね。

クレイウォッシュの悪い点

あまりにも泡立ちが少ないので、初めて使ったときは、ちゃんと洗えているのかわかりませんでした。洗い流すときも同じで、何度顔をすすいでも成分が残っているような気がしていつも以上にすすぎを行いました。
クレイウォッシュの使用感に慣れるまでは鏡を見ながら洗顔した方が良いかもしれません。

ビーグレン化粧水「クレイローション」を体験

ビーグレン化粧水「クレイローション」を体験
化粧水のクレイローションです。肌にうるおいの膜を作って、炎症を抑える成分が配合されています。ニキビができにくい水分バランスの良い肌を目指します。

クレイローションの全成分

【有効成分】グリチルリチン酸ジカリウム
【その他の成分】精製水/ヒアルロン酸ナトリウム液/濃グリセリン/ソルビット液/納豆エキス/オウゴンエキス/ベントナイト/カモミラエキス(1)/イリス根エキス/クインスシードエキス/グリセリン脂肪酸エステル/1/2-ヘキサンジオール・1/2-オクタンジオール混合物/ソルビン酸カリウム

クレイローションレビュー・正しい使い方

クレイローションレビュー・正しい使い方
手のひらに直径3cmくらいをとって、両手になじませてから顔全体につけます。
少しとろみがある化粧水なので、普段さっぱりタイプをお使いの方は違和感があるかも。

お顔にクレイショーションをのせるとふわっと香りがするんですけど、温かみを感じる香りで、とても安心します。

手のひらで馴染ませて、お顔にのせてみたのですが、予想どおり肌にすーっと入っていく感覚はありません。密着感はあるのですが入っていく感じがないんです。

うーん、イマイチかなーと思っていたまさのその瞬間!手のひらとお顔に感じていたペトッとした感じがスッとなくなったんです!
さっきまであったはずの水分はどこに行ったの?という感じで、この使用感には本当にビックリしました。

何度か使いましたが、毎回こんな感じでしばらく肌の上に残ってるなーと思っていると、スッと入っていきます。すごく不思議な使用感です。これが浸透テクノロジーなのかな?
bglenacne_clayloato

こちらはクレイローションを馴染ませた直後です。肌がサラッとしているのがわかりますか?

クレイローションの良い点

個人的に気に入ったのがクレイローションの香りです。香料は入っていないので何の香りなのか不思議なのですが、とてもあたたかい香りがするんです。

それから、肌にピタッと密着したあとにスーっと入っていくこの使用感はぜひ使ってみて実感していただきたい!こんな使い心地の化粧水は初めてです。
肌に馴染んだあとはベタつきがないのもすごく良いです。

クレイローションの悪い点

わたしはクレイローションをかなり気に入ったので、悪いところは特にありませんでした。
ただ、とろみがちょっと強めなので、手のひらにきちんと広げてからお顔にのせないと部分的なケアになるかもしれません。
最初に手のひらに馴染ませる工程からきちんとやった方が良いと思います。

ビーグレン美容液「Cセラム」を体験

ビーグレン美容液「Cセラム」を体験
これですよ!これ!このCセラムを使うためにトライアルセットを試したと言っても良いくらい楽しみにしていた美容液です。
肌にのせた瞬間にほんわりと温かくなるらしいですよ!

Cセラムの全成分

PG/アスコルビン酸/レシチン/ポリアクリルアミド/ (C13,14)イソパラフィン/ラウレス-7

Cセラムレビュー・正しい使い方

Cセラムもお顔全体に使います。手のひらに直径2cm分くらいをだして両手に馴染ませたあとにお顔にのせて軽くおさえます。手のひらが肌に吸い付くようになるまで馴染ませます。
Cセラムレビュー・正しい使い方

Cセラムはチューブに入っているので、クリームかと思っていたのですが。透明の液体がでてきました。少しトロッとしていますがクリームやジェルっぽさは全くないです。

手のひらに伸ばしてお顔にのせてみると、ほわーっとあったかい!お顔全体がポカポカしてきます。効いてるという感じがハッキリわかって嬉しくなります。
気持ち良さを感じながら両手でお顔を押さえて馴染ませていると、手のひらが肌に吸いつくのがわかりました。初めての使用でもとてもわかりやすい感覚です。

Cセラムの良い点

いちばん気に入ったのは、ビタミンC配合だけど刺激がないところ!わたしは敏感肌で、合わない化粧品を使ったら数分後には肌がとても痒くなるんです。ビタミンCにはとても弱くて、これまでビタミンC配合で肌に合うスキンケア剤を使うことができず、これもひとつの肌悩みなんです。そんな肌質でもCセラムは大丈夫でした!使えること自体嬉しい!
ニキビ肌、年齢肌などを積極的にケアしたいけど、できなくて諦めかけている敏感肌さんにシェアしたい情報です。

Cセラムの良さは翌朝にわかります。試しにCセラムを使わずにスキンケアを済ませてみたのですが、翌朝のふっくら感が全然違うんです。特に口周りや目元などの乾燥でしぼんだ感じになりやすいところは違いがわかりやすいので、乾燥を感じるところにはしっかりつけてあげましょう。

Cセラムの悪い点

個人的に期待値が高かったCセラムなので、あえて辛口で!
肌にピタッとなじむまでにちょっと時間がかかるところはマイナスです。スキンケアの効果を引き出すには、ひとつひとつのアイテムをちゃんと馴染ませる必要があるのですが、早く寝たい日などには面倒に感じるかも。

馴染ませた後もベタつきがちょっと残る感じがするのも気になりますね。この後の保湿液でカバーできれば問題ないのですが。

それから、Cセラムをお顔にのせるとちょっと鉄っぽい匂いがするんです。一時的なものでずーっとお顔が鉄臭いわけではないのですが、これも気になりました。
Cセラムに期待する気持ちは変わりませんし、翌朝に効果がわかるのはスゴイですが、使用感が良い美容液とは言えないかも。

ビーグレン「QuSomeモイスチャーゲルクリーム」を体験

ビーグレン「QuSomeモイスチャーゲルクリーム」を体験
最後のスキンケアアイテム、「QuSomeモイスチャーゲルクリーム」です。
肌が自分で水分を生み出す力・水分を蓄える力をサポートしてくれるそうですよ!

QuSomeモイスチャーゲルクリームの全成分

水/スクワラン/グリセリン/BG/ジグリセリン/ジミリスチン酸PEG-12グリセリル/ジステアリン酸PEG-23グリセリル/トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン/シクロペンタシロキサン/プロパンジオール/ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12/デカルボキシカルノシンHCl/乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液/乳酸桿菌/ローヤルゼリー発酵液/加水分解ローヤルゼリータンパク/ナンキョウソウエキス/加水分解コラーゲン/ヒアルロン酸Na/アルギニン/トコフェロール/PCA-Na/ラムノース/グルクロン酸/マルチトール/グルコース/ヤシ油/キサンタンガム/エチルヘキシルグリセリン/ペンタイソステアリン酸ポリグリセリル-10/ステアリン酸ポリグリセリル-10/カプリル酸グリセリル/(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー/(PEG-10/ラウリルジメチコン)クロスポリマー/(PEG-15/ラウリルジメチコン)クロスポリマー/ポリグリセリル-3ジシロキサンジメチコン/フェノキシエタノール/ソルビン酸K/水酸化K

QuSomeモイスチャーゲルクリームレビュー・正しい使い方

QuSomeモイスチャーゲルクリームレビュー・正しい使い方
QuSomeモイスチャーゲルクリームは軽い感じのクリームで、ノズルからチュルンと出てきました。

使用量の目安はパール1粒~2粒です。これを指先でおでこ・ほほ・あご・鼻に置いて顔の内側から外側にむかって伸ばします。目の周りは円を描くように伸ばしてあげます。最後に手のひらでお顔全体をおさえて肌が吸い付くようになるまで馴染ませます。

bglenacne_creten
お顔の5点にQuSomeモイスチャーゲルクリームを置いてみました。早くも体温でとろーっと溶けてきましたよ。
bglenacne_crechu
指の腹で馴染ませている途中なのですが、この時点でQuSomeモイスチャーゲルクリームの肌なじみの良さがわかりました。スーッと伸ばしたクリームがそのまま入っていく感じがします。
初めて使ったときはパール1粒分にしてみたのですが、本当にあっという間に馴染むのでこの量だと物足りなさがありました。保湿力はすごいんですけど、お顔全体に使えているかちょっと不安だったんです。

パール2粒分をお顔にのせて、馴染ませた後の状態はこちら!
bglenacne_creend
スキンケア直後なのにベタつきがないのがかなり嬉しいです!気のせいかもしれませんが、顔色がパーッとキラキラしたような。

QuSomeモイスチャーゲルクリームの良い点

こんなにスッと入っていく保湿液は本当に珍しい!ゲルクリームなのに化粧水みたいに肌に入っていくんです。
3つのアイテムを塗り重ねたのにサラっとしているのはビーグレンの実力だと思います。
こってりしたクリームを塗って、肌をテカテカにしなくてもちゃんと肌を守れるんだなーとしみじみ感じました。

QuSomeモイスチャーゲルクリームの悪い点

肌に入っていきすぎるのかな?ちょっと多めに使わないと冬場は物足りない感じがするかも。わたしの顔の大きさの問題かもしれませんが、2粒分をしっかり使って顔全体をカバーできる感じだったので、毎日朝夜使うのはコスパが気になりますね。

ビーグレン「ニキビケア」トライルセットを使ってみた感想・私の評価

4つのアイテムを毎日使ってみて思ったことをまとめます。
ビーグレン「ニキビケア」トライルセットは無添加ではありませんが、今のところトラブルはありません。

クレイウォッシュの使用感にもかなり慣れてきて、鏡を見なくても汚れ落ちや泡切れがわかるようになりました。

ただ新たに気になることもでてきました。オイルタイプのメイク落としを使ったあとにクレイウォッシュを使ってみたのですが、メイク落としがきちんと落ちているか不安があります。

クレイウォッシュの洗い上がりはかなり優しいので、メイク落としの後にクレイウォッシュを使うときはちょっと多めに使ってクルクル洗顔をしっかりやった方が良いかも。

クレイローションは朝も夜も気持ち良く使えています。手のひらでピタピタしているうちにスッと入っていく感じは、肌なじみのタイミングがわかりやすいという発見もありました。

Cセラムは夜だけ使っています。なぜかというと、説明書にCセラムを日中使う場合は日焼け止めなどを使ってね、と記載があったから。紫外線と相性が悪いのかな?コスパも気になるし、美容液なので夜だけでいいか!と思っています。

翌朝にわかるモチモチ感はがとても気持ち良いですが、鉄っぽいにおいは相変わらずです。Cセラムを使うならこのニオイに慣れる必要がありそう・・・。

QuSomeモイスチャーゲルクリームは、ちゃんと馴染ませたら肌表面がサラッとなるところがとても好きです。肌表面はサラッとしているのに内側には水分がしっかりある感じがわかります。

自分の肌が水分不足とは思っていなかったのですが、ビーグレン「ニキビケア」トライアルセットを使ってみたら、確かに肌の水分キープ力が上がるかもと思えてきます。

ビーグレン「ニキビケア」がおすすめな人・おすすめでない人

ビーグレン「ニキビケア」は、ひとつひとつの製品がとても良くできていて、肌の水分量アップに本当に期待できる製品です。わたしがビーグレン「ニキビケア」をオススメしたい方は、乾燥肌だけどニキビができてしまうタイプの方です。

じゃあ脂性の方には合わないかというと、そうではありません。
ただ、クレイローション、Cセラム、QuSomeモイスチャーゲルクリームをラインで使うと少し重さを感じると思うんです。

あぶら取り紙が手放せないくらい皮脂でお困りの方は、ビーグレン「ニキビケア」トライアルセットを試してみて、Cセラムをニキビにだけつけてあげるとか、必要なアイテムだけ使うなど、肌の様子を見ながら調節してあげると良いと思います。

ビーグレン「ニキビケア」巷の口コミ。評価と私のコメント

ビーグレン「ニキビケア」トライアルセットを試した方の口コミに私のコメントをつけてご紹介します。

<口コミ1>
・Lさま 20代 脂性肌
大人ニキビに数年悩んでいて皮膚科にも通っていますがニキビがゼロになることはありませんでした。いろんなニキビケアアイテムを試してみましたが、ビーグレン「ニキビケア」は効果がありました。トライアルセットでニキビが小さくなったので現品購入しました。
気に入っているのはクレイウォッシュです。すっきり感がないのですすぎが終わっているかわからない感じはありますが、ニキビでお悩みの方に使ってみていただきたいです。

<私のコメント>
この方のお悩み、すごくよくわかります~。皮膚科で処方されたお薬を塗ってもすぐにニキビが良くなるというわけではないんです。良くなったかな?と思ったらいつの間にかニキビができて・・・という波のような状態がしばらく続くんです。

ビーグレン「ニキビケア」トライアルセットは7日分なので、たった1週間で効果を実感したということになります。やはりニキビケアに対する実力はすばらしいですね!
クレイウォッシュの使用感にもとても共感しました。すすぎはしっかり行った方が良いと思います!

<口コミ2>
・Tさま 20代 敏感肌
ビーグレン「ニキビケア」トライアルセットを試してみました。何度も同じところにニキビができるのが気になっていてなんとかしたかったのですが、効果はあまりわかりませんでした。数日間使ってみてちょっと減ったかな?と思ったらすぐにまたできていました。乾燥や刺激を感じることはなかったのでその点は良かったですが、安くはない製品なのでリピはありません。

<私のコメント>
繰り返しニキビに効果を感じられなかった方の口コミです。確かにビーグレンの製品は安くはありません。ニキビに効果が実感できなかったらこういう感想になるのも当然だと思います。
ちなみにビーグレンの製品は、肌に合わなかったり効果を実感できなかったら返品することができます。覚えておきたいサービスですね。

<口コミ3>
・Fさま 30代 敏感肌
ビーグレン「ニキビケア」を使ってみて、肌が綺麗になったように感じています。クレイウォッシュは毛穴の中もキレイになる気がします。Cセラムはニキビだけでなくニキビ跡にも良いようですよ。
クレイローションとゲルクリームはほど良いとろみがあって重くないのに乾燥しません。トライアルセットを使ってみて、Cセラムだけリピしました。

<私のコメント>
こちらの敏感肌さんもビーグレン「ニキビケア」でトラブルがなかったようです。これも朗報ですね。
ビーグレンにはニキビ跡向けのラインもあって、Cセラムはそちらでも使われているので、ニキビ跡にも効果的なのでしょうね。Cセラムはビーグレンを代表するアイテムなので、コレだけリピするという方法はとても上手な使い方だと感じました。

<口コミ4>
・Aさま 20代 混合肌
何度もできる大人ニキビ改善のためにトライアルセットを購入してみました。浸透力がすごくて、肌にのせた瞬間から馴染んでいく感覚は初めてです。肌が明るくなる気もします。
でも、ニキビケア効果はよくわからず、使った翌日にはニキビができてしまいました。毎日増えているので、わたしには合わなかったのかも。乾燥も気になります。

<口コミ5>
・Sさま 20代 乾燥肌
肌に合っていなかったのか赤みが増えてしまいました。トライアルセットが無くなる前に使用をやめてしまいました。

<私のコメント>
口コミ4も口コミ5も肌に合わなかったことを実感している方の口コミです。お2人とも20代前半の方なのですが、ビーグレン「ニキビケア」が合わなかったと感じている方は若い方が多いように思います。年代による肌質が関係しているのかもしれませんね。

<口コミ6>
・Hさま 30代 混合肌
トライアルセットを使い始めて肌のゴワつきがなくなってきたことを実感しました。メイクののりも変わってきたのでリピしました。今1ヶ月くらい使い続けているところです。生理前などにはニキビができますが、炎症になってもすぐに落ち着きます。少しずつですがキレイになってきてますよ。肌色も明るくなって毛穴の目立ちも少なくなってきました!

<私のコメント>
ニキビケアトライアルセットから現品購入して、継続なさっている方の口コミです。わたしも肌のゴワゴワが少なくなったことは使ってみてすぐに実感できたので、この効果は本物だと思います。肌が整ってくると肌色や毛穴まで変わってくるんですね!とても励みになる口コミです!

※口コミはアットコスメ様より引用させていただきました。

ビーグレンのニキビケアは思春期ニキビにも効果はある?

ビーグレン「ニキビケア」は思春期ニキビにも使うことができますが、使い方にちょっと注意が必要です。

クレイウォッシュでの洗顔とクレイローションでの保湿の2つが基本ケアで、Cセラムを使うなら夜だけ、QuSomeモイスチャーゲルクリームは使わなくても良いんです。10代の肌は違いますね~!

確かに、Cセラムは紫外線に弱いため紫外線ケアをこまめにできない10代にはちょっと向いていないのかな?という気がしますし、大人同様にQuSomeモイスチャーゲルクリームまで使ってしまうと過剰ケアになりすぎます。

この年代のニキビケアは清潔な肌を保つこと、しっかり保湿することがとても重要で、この2つをかなえるのがクレイウォッシュとクレイローションなんです。あせらずにシンプルケアを心がけましょう。

ビーグレンにはニキビ跡ケア専門のプログラムもある

繰り返すニキビではなく、ニキビ跡のケアをしたいなら「ニキビケア」よりも「ニキビ跡ケア」のトライアルをおすすめします。

どんなニキビ跡に効果がある?

ニキビはもう治っているけどニキビ跡が赤くて目立つ、ニキビ跡が色素沈着を起こしてシミみたいになっているなど、赤みや茶色みのあるニキビ跡にはかなり期待できるようですよ。

さすがにクレーターには効果がない?

クレーターを完璧に治すのはさすがに難しいと思いますが、肌質がアップしたり肌色が明るくなることで少しずつ肌の質感が良くなることは実感できると思います。

トライアルセットのお値段は「ニキビケア」と同じですので、まずは1週間しっかり使ってみて効果を観察してみることをオススメします。

草花木果どくだみVSビーグレンニキビケア

草花木果は自然派の方に人気があるブランドで、「草花木果どくだみ」は大人ニキビケア向けのラインです。

ビーグレンのような独自のテクノロジーが使われているわけではありませんが、ちゃんと洗ってちゃんと潤すというニキビ肌対策の基本を忠実に行えるような作りになっています。

わたしも使ったことがあるので、ビーグレン「ニキビケア」と比較してみます!

◇洗顔剤

ビーグレン:クレイウォッシュ
草花木果どくだみ:整肌洗顔石けん

整肌洗顔石けんは固形石けんなので泡立てて使用します。樹木を思わせる落ち着いた香りで、香りは整肌洗顔石けんの方が好きです!

泡立てネットを使えばしっかりした泡が簡単にできるのですが、クレイウォッシュを使ってみると、泡立てナシでもしっとりと洗いあがるこの使い心地にイッパツでハマってしまいました。

汚れ落ちをしっかり実感したいなら整肌洗顔石けんの方がオススメですが、ニキビの炎症がひどく肌を優しくいたわりながら洗いたい方にはクレイウォッシュの方が合っていると思います。

◇化粧水

ビーグレン:クレイローション
草花木果どくだみ:整肌化粧水

わたしが使用した整肌化粧水はさっぱりタイプでしたが、目安量をお顔にのせると乾燥もしないけどベタつきもないという理想的な状態に仕上がりました。
保湿力に関してはビーグレン クレイローションの方が上だと思うので、保湿重視の方はクレイローションの方が良いかも。

◇美容液

ビーグレン:Cセラム
草花木果どくだみ:なし

Cセラムのピュアビタミンはニキビケアにも年齢肌の悩みにも効果的なので、ビーグレンと草花木果どくだみを比較したときに美容液の差はかなり大きいと思います。

正直なところ、ビーグレンがお財布的に厳しい方は、Cセラムだけを単品買いして草花木果どくだみと組み合わせても良いんじゃ?と思えるくらい、ニキビケアにおいてCセラムの存在は大きいんです。

◇保湿液

ビーグレン:QuSomeモイスチャーゲルクリーム
草花木果どくだみ:整肌保湿液

整肌保湿液はサラッとしていて化粧水のような保湿液です。使用感も本当にサラサラでベタつきとは無縁!という感じ。
肌を甘やかさずにニキビケアができそうな印象でしたが、乾燥の季節はさっぱりタイプじゃ物足りないと思います。

QuSomeモイスチャーゲルクリームはサラッとしているのに水分を感じられる保湿液です。しっかり浸透するから肌表面はサラサラに感じられるのだと思います。使用感はQuSomeモイスチャーゲルクリームの方が好きです。

草花木果どくだみ、ビーグレンニキビケア どっちがいいの?

このふたつは価格帯が全く違うので、お財布事情によるところが選択をわけると思います。

・本格的にニキビケアがしたい!→ビーグレンニキビケア
・自然な成分で経済的にニキビケアがしたい!→草花木果どくだみ
・ビーグレンを使ってみたいけど、価格的に厳しい!→ビーグレンニキビケアトライアルセットを使ってみて必要なアイテムだけ単品買いして草花木果どくだみと組み合わせる

こんな感じ?
ビーグレンは独自の技術が満載で、ニキビケアに必要な成分を必要なところに確実に届けることを目的として作られているので、効果に関してはビーグレンの方が上なんです。

だけど、ビーグレンのプレミアム感がみんなのニキビに有効かというとそうではないですし、草花木果の「自然成分によるニキビケア」という理念にわたしも共感しています。

どちらにもトライアルセットがあるので、両方使ってみて自分の肌に聞いてみるのがいちばん良いですよ!

b.glen(ビーグレン)ってどんな会社なの?

ビーグレンはコマーシャルでも見かけないし、メディアもそんなに積極的に取り上げているわけではないので、名前は知ってるけどよくわからないという方も多いと思います。

ビーグレンは、アメリカ カリフォルニア大学のブライアン・ケラー薬学部教授が、毎日スキンケアに勤しむ自分の奥様のために美容液っぽいものを作ったことがきっかけで生まれました。

教授は、遺伝子やがんの治療薬を患部に確実に届けるための研究を行っていたので美容液は専門外だったのですが、奥様が使っているスキンケア剤の成分を見て、使うことに意味があるのか疑問に思ったのだそうです。

そこで教授はこれまでに培ってきた「浸透テクノロジー」を用いた美容液を作りました。半信半疑の奥様に使ってみてもらったところ、奥様ご自身が効果を実感したのだそうです。これがビーグレンの始まりです。

たまに、「ビーグレンはアメリカ製だから」とか「国産じゃないから・・・」といった口コミをみかけますが、正確には違います。

たしかに本社はアメリカにあり、以前はアメリカで製造したものを日本国内で販売していたのですが、現在ではCセラムも含めてほとんどの製品を日本国内で製造しています。日本人女性の肌に合わせて開発製造されているので、その点は安心して大丈夫ですよ。

QuSome(キューソーム)という独自の浸透技術

QuSomeはビーグレン生みの親のブライアン・ケラー博士が開発したビーグレン製品の要となる浸透テクノロジーです。
QuSomeを簡単に言うと、「有用成分をカプセルに閉じ込めて角質の奥まで届けるテクノロジー」なのですが、これがものすごいんです!

カプセルは皮脂に近い成分で作られていて、大きさは髪の毛の太さの1000分の1という超微小なので、肌表面で留まることなく角質層の奥までしっかり入ります。

このカプセルに有用成分を閉じ込めることで必要な成分を必要なところに届けて、長時間留まらせることができるんです。

肌に良いとされている成分が配合されている化粧品はありますが、その成分が必要なところに届いているかどうかはとても大きな問題です。

難しいお話のようにも思えますが、

ニキビ肌改善に有効な成分をQuSomeに詰め込んで角質層の奥に浸透させる
↓↓↓↓↓
有効成分が必要なところに届く
↓↓↓↓↓
だからニキビ肌に効果を発揮する!

こう考えると効果を実感できる理由に納得できます。

ビーグレンには19種類の肌悩みに対応したラインがあり、そのうち8つにトライアルセットが用意されています。

これはわたしの個人的な考えですが、QuSomeを使えば有効成分を確実に角質の奥に届けられるということは、どんな肌悩みであっても効果を期待して良いのではないでしょうか?
本当にすごい技術だと思います!

しつこい電話セールスはない?

セールスどころか「使ってみていかがでした~?」みたいな電話がかかってくることも一切ありません。
公式サイトにも明記してありますし、これは100%安心して大丈夫です。

b.glen(ビーグレン)の実店舗はどこにあるの?

残念ながら、ビーグレンの製品はドラッグストアやデパートなどの実店舗では販売しておらず、唯一購入できるところは東京都港区にある「the Salon by b.glen」というサロンだけなんです。

「the Salon by b.glen」はビーグレン製品を愛用している方だけが利用できるサロンです。こちらで施術した方だったらその場でビーグレン製品を購入してお持ち帰りすることができます。

ビーグレン「ニキビケア」のお得な購入方法

実店舗で販売していないとなるとネット購入するのが確実です。
わたしもトライアルセットを購入するときはいろいろ調べまくってから最安値で購入できるところを探すタイプなので、実は今回も探してみたんです。

楽天やamazon、ヤフオクでも売ってる?

楽天市場、Amazonでは見つけることができませんでした。
このふたつがダメとなると次に思いつくのはヤフオクですが、ビーグレン「ニキビケア」をヤフオクで購入することは絶対にやめて下さい。新品・未開封でもダメですよ。

なぜかというと、肌に合わない場合などに返品することができないから。
ビーグレンの返品・返金ポリシーにも購入者本人からしか受け付けないこと、ネットオークションや個人取引、アウトレットでの返品は対象外であることが記載されています。

ヤフオクに出品されているトライアルセットはビーグレン公式オンラインショップよりも価格が数百円お安く設定されていることが多いのですが、送料を加算するとそこまで値段は変わりません。数百円のために返品不可のオークションで購入するのはあまりにもリスキーです。
ご自分の肌のためにも安心できるところで購入することを強くオススメします。

オススメはビーグレン公式サイト

コレが結論なのですが、ビーグレン「ニキビケア」トライアルセットはビーグレン公式サイトから購入してください。

☆ビーグレン公式サイト ニキビケアトライアルセット購入方法☆
価格:1,800円(税抜)
送料:無料
お支払い方法:クレジットカード、代引き、NP後払い
配送方法:クロネコヤマト、佐川急便
その他:1,000円オフクーポン付き、ポイント制度あり、返金保証あり、セールスなし、スキンケア相談可能

わたしも公式サイトから購入しましたが、注文した翌日に発送してくれました。これだけの品質で、これだけのサービスが揃っていて、お値段は1,800円(税抜)です。

最初から公式サイトで買えば良かったと思っています。
調べた時間がもったいない(笑)

365日返金保証について

ビーグレンの製品は、トライアルセットでも購入後365日以内なら返金してもらうことができます。

返品時の送料と振り込み手数料は利用者負担になりますが、トライアルセットにも返金制度があるのは本当に珍しいですよ。しかも返品期限は1年!自社製品に自信がないとできないことだと思います。もちろん使用済みの商品でも返金対象です。

返金手続きの流れを簡単にご紹介します。

1. 返金規約をしっかり読む。
あまり難しいことは書かれていませんが、返送方法など大切なことが書かれています。

2. 返品依頼フォーム、または電話で返品希望を伝える。
電話よりも返品依頼フォームを利用した方が簡単です!

3. メール、または電話で返品受付番号と返送先住所の案内を受け取る
4. 指定の方法で返送する
5. 返品物到着確認後に入金があるので確認する!

これだけです。
ビーグレンの製品は、他メーカーのニキビケアラインと比較するとお値段は高めだと思います。ただ、トライアルセットはプチプラですし、セールやポイント制度など継続利用を希望する方にも利用しやすい仕組みもあります。

長々とレビューしてきましたが、本当に言いたいことは「まずトライアルしてみて!マジで良いから!」ということだけかも(笑)

特にCセラムを気に入っている方はとても多かったのですが、わたしも口コミに納得しました。本当にオススメのアイテムなので、ぜひご自身の肌で効果を実感してみてください。

スポンサードリンク

PAGETOP